クレジットカード ステータス おすすめ。 クレジットカードのステータスは海外では重要。おすすめのカードは?

ステータスが高いクレジットカード5選!大人が持つべき最高級おすすめカードとは?|クレジットカード審査

クレジットカード ステータス おすすめ

ステータスの高いクレジットカードの選び方 ステータスの高いクレジットカードの選び方 ステータスの高いクレジットカードが気になる方の中には、おすすめのステータスカードを知りたい人も多いのではないでしょうか。 とはいえ、 クレジットカードの種類は多く、どれがステータスの高いクレジットカードなのか分からないですよね。 そのため、 社会的信用につながる条件を満たしていなければ、ステータス性のあるクレジットカードとは呼べません。 ステータスの高いクレジットカードを探している方は、まずは社会的信用につながる条件を確認した後、自分に合ったステータスカードを選択しましょう。 ステータスの高いクレジットカードの条件とは ステータスの高いクレジットカードとは、社会的に信用されているステータスカードのことです。 社会的信用の証明となる相応の条件を満たしていなければ、ステータスの高いクレジットカードとは呼べません。 なお、ステータスの高いクレジットカードには、以下の共通点があります。 【ステータスの高いクレジットカードの条件】• 質の高いサービスが充実している• ランクがゴールドカード以上である• インビテーションが必要である 条件が一致していればいるほど、社会的信用があると言えるため、ステータスの高いクレジットカードと言えます。 ステータスの高いクレジットカードを探している方は、それぞれの条件を確認しておきましょう。 質の高いサービスが充実している ステータスの高いクレジットカードの条件には、質の高いサービスが充実している点が挙げられます。 サービスが充実しているクレジットカードは、空港ラウンジやホテルなど、さまざまなシーンでステータス性を発揮できるからです。 なお、ステータスの高いクレジットカードのサービスには、以下の例が挙げられます。 【ステータスカードのサービス内容(一例)】 サービス クレジットカード 目安 特徴 プライオリティ・パス プラチナカード以上 世界1,200か所以上の空港ラウンジの利用が無料になる コンシェルジュサービス ゴールドカード以上 ホテルや飲食店の予約などを依頼できる電話サービス 飲食店の優待サービス ゴールドカード以上 提携飲食店の料理が割引価格になったり、1名分無料になったりする 宿泊施設の優待サービス ゴールドカード以上 ホテルや旅館の宿泊が割引価格になったり、部屋がグレードアップされたりする たとえば、 コンシェルジュサービスでは、レストランやホテルを優先予約してもらえます。 24時間対応となる場合もあるため、一流企業の秘書の様に利用できるコンシェルジュサービスは、ステータス性を感じられる質の高いサービスです。 また、 宿泊施設の優待サービスでは、ホテルや旅館に宿泊する際に優遇されます。 ホテルや旅館の宿泊が割引価格になったり、部屋がグレードアップされたり、外泊する際にステータス感を味わえる質の高いサービスです。 ステータスの高いクレジットカードを探している方は、コンシェルジュサービスや宿泊施設の優待サービスなど、質の高いサービスが充実しているクレジットカードを選択しましょう。 ランクがゴールドカード以上である ステータスの高いクレジットカードの条件には、ランクがゴールドカード以上である点が挙げられます。 通常のクレジットカードよりも審査基準が高いため、ゴールドカード以上のクレジットカードを所持することは社会的信用の証明になるからです。 なお、クレジットカードの審査基準は、カード会社が公表している申込条件から推測できます。 【クレジットカードの申込条件(一例)】 クレジットカード 申込条件 JCBカード 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方。 JCBカードゴールド 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。 学生の方はお申込みになれません。 一方、JCBゴールドカードの申込条件は、20歳以上の方 学生を除く)となっているため、通常のJCBカードよりも年齢に関する条件が厳しくなっています。 年齢に関する条件が厳しくなっているということは、その分求められる社会的信用が高くなっていることを意味しています。 そして、申込条件の年齢が高めに設定されているゴールドカードを発行できる方は、社会的信用の証明になります。 金色に光り輝くゴールドカードを発行できた方は、高い審査基準をクリアした証明になります。 ステータスの高いクレジットカードを探している方は、ランクがゴールド以上のクレジットカードを選択しましょう。 インビテーションが必要である ステータスの高いクレジットカードの条件には、インビテーションを導入している点が挙げられます。 発行条件にインビテーションが含まれているクレジットカードもあるため、ステータスの高さを証明する要素のひとつと言えます。 インビテーションとは、カード会社からの招待状のことです。 なお、インビテーションの有無は、クレジットカードのランクによって異なります。 【インビテーションの有無(目安)】 クレジットカードのランク インビテーションの有無 通常のクレジットカード なし ゴールドカード あり プラチナカード あり ラグジュアリーカード あり ブラックカード あり 通常のクレジットカードを持っている人は、カード会社から年間利用金額や年収が高ければ、優良顧客として認められる傾向があります。 優良顧客として認められれば、カード会社からインビテーションが届く可能性が高くなります。 また、インビテーションの条件はカード会社ごとに異なりますが、既存会員を上級会員に招待するものとなるため、インビテーションが届いた人は上位のクレジットカードにアップグレードできる可能性が高いです。 とくに、 プラチナカードやラグジュアリーカード、ブラックカードに関しては、インビテーションが届かなければ発行できないカード会社が多いため、ステータスの高いクレジットカードの代名詞と言えます。 ステータスの高いクレジットカードを探している方は、インビテーションを導入しており、選ばれた人のみ発行できるクレジットカードを候補に加えましょう。 カード会社ごとに業態や提携先が異なるため、ステータス性を発揮できる場面が異なるからです。 ステータス性を発揮できるシーンには、以下の例が挙げられます。 【ステータス性を発揮できるシーン】• ホテル• 飲食店• ビジネス ステータス性を発揮できるシーンは、高級ホテルや高級レストランなど、一流のサービスを利用できる場所です。 クレジットカードのステータス性を存分に発揮したい方は、シーンごとに活躍するおすすめのステータスカードを選びましょう。 空港でステータス性を発揮できるクレジットカード 空港でステータス性を発揮できるのは、空港ラウンジが無料になるクレジットカードです。 なお、空港でステータス性を発揮できるクレジットカードは、以下の通りです。 【空港でステータス性を発揮できるクレジットカード】 クレジットカード 年会費 特徴 ダイナースクラブカード 22,000円 税抜 国内外の空港ラウンジ国内外合わせて1,000ヵ所以上利用可能 JCBプラチナ 25,000円 税抜 世界1,200か所以上の空港ラウンジ利用可能 プライオリティ・パス 三井住友カード プラチナ 50,000円 税抜 世界1,200か所以上の空港ラウンジ利用可能 プライオリティ・パス ANA VISA プラチナ プレミアムカード 80,000円 税抜 世界1,200か所以上の空港ラウンジ利用可能 プライオリティ・パス たとえば、JCBプラチナを発行すれば、世界1,200か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスを無料で入手できます。 プライオリティ・パスを利用すれば、世界1,200か所以上の空港ラウンジでホスピタリティの高いサービスを受けられます。 また、ダイナースクラブカードでは、国内外合わせて1,000ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できます。 一般的なゴールドカードは海外の空港ラウンジを利用できない場合もありますが、ダイナースクラブカードは国内外問わず利用可能です。 フライトの待ち時間をストレスなく快適に過ごせるため、海外旅行や海外出張の機会がある方にとっては、空港でステータス性を発揮できるクレジットカードはおすすめのステータスカードと言えるでしょう。 おすすめはANA VISAプラチナ プレミアムカード 空港でステータス性を発揮できるクレジットカードでおすすめなのは、ANA VISA プラチナプレミアムカードです。 日本の航空会社「ANA」が発行元のANA VISAプラチナ プレミアムカードは、国内外問わず、さまざまな空港ラウンジを利用できるステータスカードです。 なお、ANA VISAプラチナ プレミアムカードには、以下の特典が付帯しています。 ANAラウンジの入室料金が無料になるだけでなく、ドリンクが提供されるため、定期的に国内線を利用する方におすすめのサービスです。 ANAラウンジを利用できるのはANAグループ便を利用したときだけですが、 ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードでもあるため、国内旅行や国内出張が多い会社員や個人事業主の方におすすめのステータスカードと言えるでしょう。 ホテルでステータス性を発揮できるクレジットカード ホテルでステータス性を発揮できるのは、宿泊料金の割引や優先予約など、ホテルや旅館の優待特典を受けられるクレジットカードです。 なお、ホテルでステータス性を発揮できるクレジットカードは、以下の通りです。 【ホテルでステータス性を発揮できるクレジットカード】 クレジットカード 年会費 特徴 JCBゴールドカード 3,000円 税抜 JCB経由の予約でポイント5倍、早割が受けられる セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カード 10,000円 税抜 国内ホテル宿泊の優待などが受けられる SPGアメリカン・エキスプレス・カード 31,000円 税抜 Marriott Bonvoy 加盟ホテル6,700軒以上で優待を受けられる Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格 アメリカン・エキスプレス・プラチナカード 130,000円 税抜 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員や「シャングリ・ラ・ゴールデンサークル」ジェイド会員になれる たとえば、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードでは、「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員や「シャングリ・ラ・ゴールデンサークル」ジェイド会員など、高級ホテルグループの上級メンバーシップやVIPプログラムの登録料が無料となります。 上級メンバーシップやVIPプログラムは、ホテルを利用する際に優遇されます。 宿泊先の滞在中にラグジュアリーな気分を味わいたい方にとっては、ホテルでステータス性を発揮できるクレジットカードはおすすめのステータスカードと言えるでしょう。 おすすめはSPGアメリカン・エキスプレス・カード ホテルでステータス性を発揮できるクレジットカードでおすすめなのは、SPGアメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)です。 SPGアメックスでは、リッツ・カールトンやマリオットなど、高級ホテルの優待特典を受けられる「Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格」を獲得できます。 なお、Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格では、以下の優待特典を受けられます。 【Marriott Bonvoy ゴールドエリート会員資格の特典 一例 】• 加盟ホテルで通常会員の25%増しでポイントが貯まる• チェックアウト時間の延長 14:00まで• 部屋のアップグレード• より高速な「プレミアムWi-Fi」に無料アクセス• 特典参加レストランやバーで飲食代金15%オフ• 世界中の加盟ホテルで無料宿泊特典 たとえば、 SPGアメックスは更新するたびに、Marriott Bonvoyに加盟しているホテルの1泊1室分の無料宿泊特典を獲得できます。 一泊3万円~5万円する「シェラトン」や「ウェスティンホテル」に無料宿泊できるのは、ステータスの高さを感じられる特典です。 Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格を獲得できるSPGアメックスは、ホテルでステータス性を発揮したい方におすすめのクレジットカードと言えるでしょう。 飲食店でステータス性を発揮できるクレジットカード 飲食店でステータス性を発揮できるのは、レストランや和食料理店など、加盟店割引を受けられるクレジットカードです。 なお、飲食店でステータス性を発揮できるクレジットカードは、以下の通りです。 【飲食店でステータス性を発揮できるクレジットカード】 クレジットカード 年会費 特徴 JCBゴールド・ザ・プレミア 5,000円 税抜 加盟店で飲食代金30%オフ ダイニング30 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円 税抜 国内200店舗以上の飲食店でコース代金が1名分無料 プラチナ・グルメ・セレクション アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 29,000円 税抜 国内外200店舗以上の飲食店でコース代金が1名分無料 ゴールド・ダイニング by 接待日和 たとえば、 MUFGカード・プラチナでは、加盟店のレストランのコース代金が1名分無料になる「プラチナ・グルメ・セレクション」を利用できます。 有名レストランの「IL PINOLO(イルピノーロ) 銀座店」や高級フレンチの「レストラン ドンピエール 銀座本店」など、プラチナ・グルメ・セレクションは、国内にある200店舗以上の加盟店で利用可能です。 友人や彼女との食事を豪華したい方にとっては、レストランや和食料理店などの加盟店割引を受けられるクレジットカードはおすすめのステータスカードと言えるでしょう。 おすすめはアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 飲食店でステータス性を発揮できるクレジットカードでおすすめなのは、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(アメックスゴールド)です。 アメックスゴールドでは、国内外にある200店舗以上のレストランのコース代金が1名分無料になる「ゴールド・ダイニング by 接待日和」を利用できます。 なお、ゴールド・ダイニング by 接待日和を利用できる加盟店には、以下の店舗が挙げられます。 【ゴールド・ダイニング by 接待日和で利用できる加盟店 一部 】 エリア 店舗名 六本木・麻布近辺 焼肉 かのや リストランテ オステリア 鉄板焼 馨 エゴジーヌ 表参道・渋谷近辺 青山エリュシオンハウス 青山 牛彩 DOMINANT ドミナント 恵比寿・中目黒近辺 日本料理 杜若 かきつばた Onda Tokyo オンダ トウキョウ しゃぶ焼 ふくのや 新宿・市ヶ谷近辺 神楽坂 たんたか Chez MACIO シェ マシオ 新宿曙橋店 白金・成城 レストラン マーヴェラス パラディ白金 銀座 鮨 松葉屋 まつばや 銀座 黒尊 鉄板焼 しろや 銀座亭 たとえば、 ゴールド・ダイニング by 接待日和を利用できるコースの料金は、平均7,000円~20,000円です。 いずれの店舗も高級志向な飲食店のため、高級感のある食事を求める方におすすめのサービスと言えます。 高級レストランの1名分のコース代金が無料になるアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、飲食店で頻繁に外食する方におすすめのステータスカードと言えるでしょう。 ビジネスシーンでステータス性を発揮できるクレジットカード ビジネスシーンでステータス性を発揮できるのは、対応力の高いコンシェルジュサービス付きのクレジットカードです。 対応力の高いコンシェルジュサービスでは、仕事に関する用事を電話一本で対応してくれます。 なお、ビジネスシーンでステータス性を発揮できるクレジットカードには、以下の例が挙げられます。 【ビジネスシーンでステータス性を発揮できるクレジットカード】 クレジットカード 年会費 特徴 JCBザ・クラス 50,000円 税抜 国際ブランドJCBの最上級ランク、ザ・クラス・コンシェルジュデスク利用可能 Mastercard Gold Card 200,000円 税抜 国際ブランドMastercardの最上級ランク、ラグジュアリーカードコンシェルジュ利用可能 アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード 350,000円 税抜 国際ブランドAmerican Expressの最上級ランク、センチュリオン・パーソナル・コンシェルジュ利用可能 たとえば、 JCBザ・クラスでは、専任スタッフが付く「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」を利用できます。 24時間365日体制となるため、出張先のホテル予約や接待に利用するレストラン予約など、緊急性の高い用事を依頼することも可能です。 出張や接待の機会が多いビジネスマンにとっては、秘書のような存在に手助けしてもらえるクレジットカードはおすすめのステータスカードと言えるでしょう。 おすすめはMastercard Gold Card ビジネスシーンでステータス性を発揮できるクレジットカードでおすすめなのは、Mastercard Gold Cardです。 国際ブランド「Mastercard」の最上級ランクであるMastercard Gold Cardでは、ビジネスシーンで活躍するサービスを利用できます。 【Mastercard Gold Cardで利用可能なサービス 一部 】 サービス 特徴 センチュリオン・パーソナル・コンシェルジュ 飲食店予約、旅行相談、贈り物手配、重要情報のリマインドなど、365日24時間電話対応可能。 メール対応あり 各種トラベル優待 グローバルラグジュアリーホテル優待、スターウッドホテル&リゾートなどで部屋のアップグレードなどさまざまなサービス プライオリティ・パス 世界1,200か所以上の空港ラウンジを無料で利用可能。 チャーター機手配 プライベートジェットやヨット、ヘリコプターなど、国内外問わず依頼可能。 海外手荷物配達サービス 世界中のホテルにスーツケースなどの荷物を事前に発送可能。 特別優待・特典 リムジン手配、人気レストランでコース料理のアップグレードなど。 たとえば、 センチュリオン・パーソナル・コンシェルジュを利用すれば、取引先への贈り物の手配や重要情報のリマインドなど、ビジネスに関連する用事を依頼できます。 日頃の業務を手助けしてくれるため、仕事が忙しければ忙しいほど、センチュリオン・パーソナル・コンシェルジュは便利なサービスと言えます。 また、海外手荷物配達サービスを利用すれば、海外出張先のホテルに直接荷物を発送してもらえます。 手荷物を持ち運ぶ手間が省けるため、海外手荷物配達サービスは移動時にかかる負担を軽減できます。 仕事の用事を依頼できるMastercard Gold Cardは、仕事が忙しいビジネスマンにおすすめのクレジットカードと言えるでしょう。 ステータスの高いクレジットカードは年会費を考慮する ステータスの高いクレジットカードを発行する際は、必ず年会費を考慮した上で申し込みましょう。 ステータスカードと呼ばれるクレジットカードは、ステータス性の高さに比例して年会費が高額になるからです。 たとえば、ステータスの高いクレジットカードの年会費には、以下の金額が挙げられます。 【ステータス性の高いクレジットカードの年会費】 クレジットカード 年会費 3年保持した場合の維持費 JCBプラチナ 30,000円 税抜 90,000円 税抜 三井住友カード プラチナ 50,000円 税抜 150,000円 税抜 Mastercard Gold Card 200,000円 税抜 600,000円 税抜 ステータスの高いクレジットカードは、利用できるサービスの質や汎用性が高いため、あらゆるシーンでステータス性を発揮できます。 そのため、ステータスの高いクレジットカードは、高額な維持費が必要になるケースが多いのです。 また、高額な維持費を支払える返済能力自体が、クレジットカードのステータス性を担保しています。 高額な維持費が必要となるクレジットカードを所持しているということは、相応の返済能力を持っており、社会的地位がある証明になっています。 ステータスの高いクレジットカードを発行する際には、自分の返済能力を考慮した上で、無理のない年会費のステータスカードを選択しましょう。

次の

30代はステータスの高いクレジットカードを持とう!おすすめ10種+αを徹底比較

クレジットカード ステータス おすすめ

誰からも一目置かれるような高いステータスのカードを持ちたいと考えていませんか? 結論から言うと、今は 招待不要でも申し込みが可能でそんなに高い年収でなくても作れるプラチナカードを持つのが、多くの人に可能性のある最も現実的な方法です。 ただ、最高のステータスカードと言われるブラックカードや、今すぐ持てる中で最も高いステータスのゴールドカードについて知りたい方もいるでしょう。 この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を活かして、ステータスの高いカードについて以下の流れで紹介していきたいと思います。 本ページを全て読めば、ステータスの高いクレジットカードの選び方や手に入れる方法がわかるでしょう。 7月6日更新 『Mastercard Black Card』と『Mastercard Gold Card』の券面を最新のものへ更新しました。 ステータス重視ならプラチナカードがおすすめな3つの理由 日本で現在作れるクレジットカードには下図の4つのステータスに分けることができます。 それぞれのステータスカード保有率は次の通りです(弊社調べによる推定値)• ブラックカード:0. プラチナカード :1%• ゴールドカード:16%• 一般カード:82. 7% 上記数字から、 今ステータスを目的にカードを作るならプラチナカードが1番おすすめです。 以下でその理由をご説明していきます。 理由1. たくさん作られすぎてゴールドカードにあまりステータスが無くなった 一昔前と違って、今では「格安ゴールドカード」「ヤングゴールドカード」「年会費無料ゴールドカード」などたくさんのゴールドカードが作れるようになりました。 もちろん、クレジットカードを利用している全ての人の割合から見るとまだ数が少ないのでそれなりにステータスはあると言えなくはないですが、見る人が見ればそんなに感心されることはありません。 また、申し込みや作れた条件も以前と違って現在は下記のように多くの人が対象になり緩くなってしまい、希少性が無くなってしまいました。 数年前 最近 年齢 30歳以上 20歳以上 年収 500万円以上 300万円以上 そのため、ステータス性を求めるなら招待なしでも申し込めるプラチナカードを作るか、招待を受けられるゴールドカードを選んで持つべきです。 ステータスを求めてゴールドカードを作るのであれば、『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』が唯一おすすめです。 ステータスのある唯一のゴールドカード:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』 『』は1980年に 日本で最初に発行された元祖ゴールドカードです。 その後、競合他社がアメックスを真似てゴールドカードを発行したため、より高いステータス性を求める方向けに日本では1993年にプラチナカードを発行しましたが、これも真似されたため2003年にブラックカード(『センチュリオン』)を発行しました。 こうした背景があるため 他社のゴールドカードとは違ったステータス性が今でもあり、すぐにステータスカードが欲しい方は持つべき1枚です。 『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ: 理由2. ホテルや航空会社の上級会員資格を得られる 多くのプラチナカードには、高級ホテルグループや提携先など関係のある航空会社の上級会員資格を得られます。 期間限定であったり、「ステータスマッチ」という自分で関連する会員資格へ手続きが必要なことが多いですが、通常何十万円もそのサービスを利用していないと得られない上級会員資格をいきなり手に入れられます。 ホテルであれば、より広くてグレードの高い部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどが、航空会社であれば優先チェックインや航空会社専用の空港ラウンジが利用できるなど、快適な空間や時間を過ごせるのでステータスカードの恩恵を実感できるでしょう。 理由3. 全カード利用者の1%しか持っていないのに意外と作りやすい プラチナカードは持っている人の数が全カード利用者の1%とまだまだ少ないのに、下記のような申し込み条件なので意外と作りやすいという事実があります。 招待(インビテーション)が不要なカードが多い• 20歳以上でも申し込めるカードがある• カードによっては年収500万円以下でも作れたという口コミがある ブラックカードは作るハードルが非常に高いので、比較的作りやすいプラチナカードがおすすめです。 まとめ. プラチナカードを目指していこう! 最もおすすめなのは、招待不要でも作れてステータスの高いプラチナカードです。 また、ご自身の属性や社会的信用に自信のある方や、将来的に最高のステータスカードを持ちたいと考えている方は「」を参照してください。 招待不要で作れるステータスの高いプラチナカードおすすめ4選+1 この章では、招待不要で作れるステータスの高いプラチナカード4枚+1をご紹介します。 『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』• 『ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』• 『JCBプラチナ』• 『Mastercard Black Card』 『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』 『』は1993年に 日本で最初に発行されたプラチナカードです。 年会費が130,000円(税抜)と非常に高いですが、他社のプラチナカードに比べて、特に下記のような点が優れているので、利用する項目が多ければ多いほど年会費以上にメリットが得られます。 旅行時だけでなく、PCなど家電の故障やゴルフ・スキーといったスポーツ保険、イベントも含むキャンセル保険と広範囲にあなたの生活を守ってくれます 以前までの取得方法は原則インビテーション(招待)のみでしたが、2019年4月5日以降公式ページより直接申し込みができるようになっています。 また、このカードを使い続けることで日本でも推定8,000人ほどしか持ってないと言われるブラックカードの『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』の招待が来る可能性もあります(3章で紹介します) 『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』公式ページ: 『ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』 『』はANAとアメックスが提携して発行していて、プラチナカードの中で最も年会費の高いカードです。 3章で紹介する『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』の特典の一部を利用できませんが、直接申し込みができて、ANAのマイルを最高4. 5%の還元率で貯めることができるので、ANAを利用する機会が多い人に特におすすめです。 ANAをあまり利用しない人でもほとんどの『アメックスプラチナカード』の特典を利用できるので、最上級のハイステータスプラチナカードのサービスをいきなり利用したい人にも向いています 『ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』公式ページ: 審査が不安な方は『』などを先に作り、年100万円以上を使い招待を待つのも1つの手です。 『JCBプラチナ』 『』はJCBが直接発行しているプラチナカードで、2017年10月に発行が開始された招待不要で申し込みができるJCBの中でランクが2番目に高いカードです。 このカード自体の歴史は非常に短いですが、発行元であるJCBが世界に7つしかない国際ブランドの1つでありサービスの質が安定して高く、国内での利用では非常に便利なのでステータスがあると判断できます。 また、4章で紹介するJCBで最もステータスの高い 『JCBザ・クラス』というブラックカードの招待を1番受けやすいカードでもあるので、さらに上のステータスを目指す人はカードの利用金額と頻度を増やすと良いでしょう。 『JCBプラチナ』公式ページ: 『Mastercard Black Card』 『』は Mastercardの最上位クラスの「 WORLD ELITE」が付く富裕層向けクレジットカードで、招待なしで申し込むことができます。 まだまだ日本での知名度が低かったりカード会社の歴史は浅いですが、招待なしで申し込みができるプラチナカードの中では最上級に近いステータスがあります(特に海外) アメックスやJCBなどと比較しても最高と評価されることが多いコンシェルジュサービスの使い勝手の良さや、日本を代表する予約困難な名店や厳選したレストランと指定の場所をリムジンで送迎してもらえるサービスなど、他のカードとの違いを感じられるシーンが多くあるでしょう。 『Mastercard Black Card』公式ページ: 参考情報:『三井住友カード プラチナ』 『』は三井住友カードが発行している招待なしで申し込める年会費50,000円(税抜)のプラチナカードです。 しかし、全く三井住友カードが発行しているカードを使ったことがない新規の申し込みだと、年収1,000万円はないと審査に通ったという口コミをほどんと聞きません。 ただ、三井住友カードは提携カードも多く発行しているので、次のようなカードの利用歴があれば比較的審査に通りやすいと言われています。 『』(提携カード)• 『』(提携カード) 日本のVISAカードを代表する会社が現在発行している最高峰のプラチナカードなので、その歴史の長さや信頼性から持っている人のステータスを間接的に証明できるでしょう。 また、自社グループ会社で行われているコンシェルジュサービスや、宝塚歌劇やUSJなどイベントチケットの優先販売や特典に定評があり、カードとしても優れています。 『三井住友カード プラチナ』公式ページ: 3. 絶対的なステータスの証明|ブラックカード4選 こちらでは持っているだけで、その人の社会的ステータスの高さをある程度証明できてしまうブラックカード4枚をご紹介します。 全て招待制になっているため、そのカード会社が発行するゴールドカードやプラチナカードなど下位のカードをたくさん利用していることが最低条件の1つとなります。 『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』 『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』(以下、『センチュリオン』)は アメリカで1999年に発行開始となった世界初のブラックカードです。 その後他社が真似をしてブラックカードを発行していますが、 現在でも世界一のステータスの高さを誇るカードで、サービスの質を保つために保有者の数を制限していると言われており、日本では推定8,000人ほどしかいません。 年会費は350,000円(税抜)で入会金に500,000円(税抜)かかります。 クレジットカードにこれだけのお金を払える生活水準の方が持つのにふさわしいサービスが揃っています。 『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』の作り方 『センチュリオン』への招待は、カード利用者の年収だけでなく職業や資産、利用している店舗や金額・カードの利用頻度などを総合的に見て審査して決めていると言われています。 また、上記招待条件に合致しても保有者数を決めてサービスの質を保っているため、ダウングレードや退会などで会員数が減らない限り、招待は出されません(タイミングが悪いとかなり待たされます) また、『センチュリオン』を取得するには『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』を高頻度かつ多額(年1,000万円以上)を継続して利用する必要があります。 『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』公式ページ: 『Mastercard Gold Card』 『Mastercard Gold Card』は2016年11月から募集開始した最も新しいブラックカードの1つです。 券面が金色で名前もゴールドですが、分類としてはブラックカードに相当します。 Mastercardの最上位ランク「World Elite(ワールド エリート)」が付き、表面に24金がコーティングされ、裏面にカーボン素材が使われている金属製のカードです。 サービスの内容は『センチュリオン』に引けを取らないほど充実していて、特にコンシェルジュサービスの利便性の高さは利用者から全カードの中でNo. 1という口コミが多くあるほど評判が良いです。 『Mastercard Gold Card』の取得方法 『Mastercard Gold Card』は同じラグジュアリーカードが発行している『』や『』をたくさん利用していると招待が届きます。 また、上記のラグジュアリーカードは新生銀行がオフィシャルパートナーを務めていて提携関係にあるため、新生銀行で大きな金額の取引があると招待が届くこともあります。 『Mastercard Titanium Card』公式ページ: 『Mastercard Black Card』公式ページ: 『ダイナースクラブ プレミアムカード』 『ダイナースクラブ プレミアムカード』はアメックス同様に2大ブラックカードのうちの1枚で、日本で最高峰のステータスカードです。 ダイナースクラブで特徴的なカードの利用可能枠に一律の制限がないことに加えて、カードの利用1件100円につき2ポイントたまり、1,000ポイントが1,000マイルに交換できるのでカードの利用で得をしやすい条件となっています。 最近マイルへの交換制限が下記のように厳しくなりメリットが少なくなってきました。 ANAマイルへの交換:年40,000マイルまで(2018年12月21日から)• ミッレミリア・大韓航空・ユナイテッド航空・デルタ航空へのマイル移行レート半減(2,000ポイント=1,000マイル)とまで(2020年2月1日から) カードとしての機能もコンシェルジュサービスを始め下記のような豊富な保険が付くので、旅行時を中心に安心して生活を送れます。 外貨盗難保険:最高10万円• キャンセルプロテクション:最高20万円• ゴルファー保険:最高1億円• 『』で年間100万円以上利用する• カード会社や提携先(ANA、BMW)から優良な顧客と判断される• 既に『ダイナースクラブ プレミアムカード』を持っている会員からの紹介 一昔前までは年収1,000万円以上の経営者、芸能人、政治家、医者、弁護士、有名企業の管理職など社会的地位がある方で『ダイナースクラブカード』の年間利用金額が多い方にしか招待が届きませんでした。 現在では招待を受けられる条件がかなり易しくなっており、『』で年間100万円以上利用するのが一般的に最も確実でしょう。 『ダイナースクラブカード』公式ページ: 『JCBザ・クラス』 『JCBザ・クラス』はJCBが直接発行しているブラックカードです。 年会費は50,000円(税抜)とブラックカードの中では最も低いですが、招待を受ける条件は『センチュリオン』の次に難しいです。 このカードの大きな利点は業界最高レベルのコンシェルジュサービスを利用できることです。 コンシェルジュサービスは利用者からの要望に対してそれ以上の提案をしてくれたり満足の行く対応をしてくれると非常に好評です。 ただ、以下のようにJCBのプロパーカード(JCBが直接発行しているカード)をたくさん利用する必要があります。 上図のように、『』で2年連続で年間100万円以上の利用することで『JCBゴールド ザ・プレミア』の招待が届きます。 または、2章でご紹介した『』のどちらか1枚を持って次の条件を満たすと 『JCBザ・クラス』の招待が来ます。 JCBプロパーカードで累計1,000万円〜1,500万円の利用(これより少なくても招待が来ることがあります)• 年間100万円以上の利用 JCBのプロパーカードを継続的に多額の利用をしなくてはならないので、ブラックカードの中でもかなり難しい取得条件になっています。 『JCBゴールド』公式ページ: 『JCBプラチナ』公式ページ: 4. まとめ ステータスの高いクレジットカードについてご紹介しました。 ブラックカードが最もステータスの高いカードであるのは間違いないのですが、取得難易度の高さから 招待不要で申し込みが可能でそんなに高い年収でなくても作れるプラチナカードを持つのが、多くの人に可能性のある最も現実的な方法であることがご理解頂けたかと思います。 招待不要で作れるステータスの高いプラチナカードは下記の4枚です。 『』 また、ゴールドカードでも『』は元祖ゴールドカード的存在なので、このカードでも十分にステータスの高さを示せます。 最高のステータスを求める方は、下記のブラックカードを目指して招待に必要なカードをたくさん使いましょう。 ブラックカード名 招待に必要なカード 『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』 『』 『Mastercard Gold Card』 『』 『』 『ダイナースクラブ プレミアムカード』 『』 『JCBザ・クラス』 『』 『』 あなたが望むステータスの高いクレジットカードが作れることを願っています。 極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい).

次の

ステータスが高いクレジットカード5選!大人が持つべき最高級おすすめカードとは?|クレジットカード審査

クレジットカード ステータス おすすめ

あなたがお探しのクレジットカードはポイントがザクザク貯まるカードですか?それともサービスが充実しているカードですか?最適なカード選びはライフスタイルで変わります。 このページではクレジットカードを初めて作る方や比較検討する時間がない多忙な方に代わり、 2020年7月現在、当サイトに掲載されているカード509枚から人気がありおすすめできるカード10枚を選びました。 じっくり10枚目までご覧になり、令和時代にふさわしいカードをお選びください。 当ページはランキングではありません。 そもそもニーズは千差万別です。 デビットカードやQRコード決済も増えていますが、クレジットカードが決済の主流です。 20年9月から が始まります。 この制度から受けられる25%還元とクレジットカードの決済でもらえるポイントは別物です。 制度を活用してお得に買い物して、生活費の節約につなげましょう。 「楽天カード」は顧客満足度No. 1の年会費無料カード エポスカードはマルイはもちろん、VISAマークのあるお店で使える便利なクレジットカード。 マルイのカードは、「赤いカード」として長年、幅広い層に親しまれてきました。 とくに若い人からの支持は高く、今でも、「生まれて初めて作ったクレジットカードはエポス」という女性は多いです。 エポスカードでクレジットカードデビューを果たしカード生活に慣れてきたころ、ぜひ目指していただきたいのが、エポスのゴールドカードです。 エポスゴールドカードのサービスの中身は、高級ゴールドも顔負け。 エポスカードをメインカードとして利用しているうちに、招待状が届きます。 そのときに申込めばずっと年会費無料で持てるので、「初めてのゴールドカード」に最適です。

次の