六 世 占星。 六星占術・水星人プラス(+)の2020年の運勢を徹底解説

六星占術・木星人プラス(+)の2020年(令和2年)の運勢と月運を完全紹介

六 世 占星

二十二年(1683年),仓央嘉措出生在藏南纳拉山下的宇松地区邬坚岭一信奉藏传佛教的家庭,父亲扎西丹增,母亲次旺拉姆。 仓央嘉措的本籍是。 仓央嘉措是唯一一位非藏族或出身的。 仓央嘉措原名计美多吉协加衮钦,自幼随母亲劳动。 桑杰嘉措一面欺瞒僧侣民众和康熙皇帝,一面迅速派人到民间寻找,这样,日后一旦真相败露,也能马上迎六世达赖入宫。 寻找转世灵童的地点,选在了西藏南部门隅纳拉山下,这里偏僻、安定,容易保守秘密,并且那里的人们大多信奉,即藏传佛教的,诞生一个黄教教主出来,将有利于黄教势力的扩大。 按照当时黄教的规矩,哪个婴儿抓取了前世达赖的遗物,即证明是达赖转生。 一名叫仓央嘉措的农奴之子就这样被选中,但桑杰嘉措的使者并没有把意图告诉孩子的父母。 仓央嘉措是藏族最著名的诗人之一,他所写的诗歌驰名中外,不但在藏族文学史上有重要的地位,在藏族人民中产生了广泛深远的影响,而且在世界诗坛上也是引人注目的一朵奇花异葩。 引起了不少学者的研究兴趣。 藏文原著有的以问世,有的以木刻版印出,有的以流传。 足见藏族人民喜爱之深。 汉文译本公开发表和出版者至少有十种,或用整齐的五言或七言,或用生动活泼的自由诗,受到国内各族人民的欢迎;英文译本于1980年出版,教授于藏文原诗下注以汉意,又译为汉文和英文。 汉译文字斟句酌,精心推敲,忠实准确并保持原诗风姿,再加上博士的国际音标注音,树立了科学地记录整理和翻译藏族文学作品的典范。 仓央嘉措在藏族诗歌上的贡献是巨大的,开创了新的诗风,永远值得纪念和尊敬。 [1] 在目前流行的版本中,拉萨梵式木刻本收录诗歌237句,印度人达斯(Das)在《西藏文法初步》附录中存诗歌242句,于道泉教授将前者分为54节,后者分为55节,两相对照,略有参差,合二本所有,又据西藏友人所说补充一节,共得诗歌62节66首;西藏自治区档案馆存诗歌59首;西藏自治区文化局本66首;青海民族出版社1980年整理本收74首;庄晶教授在中央民族学院藏语组的存书中发现的手抄本《仓央嘉措情歌》存360余首,整理后得120首;王务教授手头传抄有426首;此外据说尚有1000首的本子存在,只是无人得见。 另外,近些年来,民间口头流传的尚未见诸书面记载的所谓仓央嘉措诗歌偶有出现——如1962年5月,四川阿坝藏族自治州副州长索官赢先生向段宝林教授讲述过一首诗歌,称其乃仓央嘉措之手笔,却不在通行版本之内——更为仓央嘉措诗歌具体数量的确定带来一定难度。 目前学界较为通行的一种看法是认为七十首左右比较可信 马学良等,1994: 749 ,而超出的部分则很可能包括了一部分伪作(据传当时拉藏汗为达到污蔑仓央嘉措从而将其废除的目的曾命人创作了一些涉及男女爱情的诗歌)和一些混入的藏族民歌。 担心性命难保,无有良策以对。 若不如此,则我等势必被斩首。 仓央嘉措无限悲伤,话别之后,遽然上路,朝东南方向而去……此后,他经打箭炉至内地的峨眉山等地去朝山拜佛。 然后,又到前后藏、印度、尼泊尔、甘肃、五台山、青海、蒙古等地云游,讲经说法,广结善缘,创下无穷精妙业绩。 清圣祖康熙五十六年(1717年),游历北京,半年后返回蒙古,以此为驻锡地而活动于蒙古、青海一带。 乾隆十一年(1746年)圆寂 ,终年六十四岁。 [11] 姚敏小说《不负如来不负卿:六世达赖仓央嘉措的诗与情》 参考资料• .中国西藏网 [引用日期2015-05-19]• .新京报电子报 .2014-11-30 [引用日期2015-06-19]• .中国网 [引用日期2015-05-04]• .人民网 [引用日期2015-05-04]• 荣立宇. 仓央嘉措诗歌翻译与传播研究[D]. 南开大学, 2013. 白明琦. 仓央嘉措诗歌特点及其成因[J]. 辽宁行政学院学报, 2011, 13 06 :138-140. .南方农村报 [引用日期2015-05-19]• 西南民族大学学报:人文社会科学版, 1991, 01期 1 :69-74. .江西民族宗教 [引用日期2015-05-19]• 谈谈与《仓央嘉措情歌》有关的几个历史事实[J]. 西藏民族学院学报:社会科学版, 1990 03 :78-85. .人民网 [引用日期2013-07-13]• .凤凰网 [引用日期2015-12-05]• .木叶文学网 [引用日期2019-12-30] 展开全部 收起.

次の

【六星占術】火星人プラス(+)の性格

六 世 占星

2020年(令和2年)木星人プラス(+)の運勢(総合運)は? 2020年(令和2年)木星人プラス(+)の運勢は「安定」。 2019年の好調な運気が2020年も続いていきます。 またかなり安定し、何事も順調に事が運んでいくことを感じられるでしょう。 心もとても落ち着き、平穏に過ごす事ができ、自分の内面を見つめたり、良い部分を発見し、それをさらに伸ばしていくことができるでしょう。 どのようなこともマイナスよりもプラスに捉えることができ、それによりまたステップアップできるので、確実に成長を感じることができます。 マイペースに自分のやるべきことをこなしていければ、必ず良い結果を残すことができるでしょう。 2021年からは運気が落ち込んでしまうので、2020年のうちにある程度の基盤を作ったり、結果を残すことが大切になるでしょう。 やることなすことがうまく行っているうちに、確実なものを手に残すことが重要です。 恋愛運は、安定した運気で、より良い発展が望める時期です。 片想いでも両思いでも着実に関係が進展し、さらにお相手とのより良い関係が築けるでしょう。 特にお相手との結婚を考えているのならば、早めに決定してしまう方がいいでしょう。 何よりも自分自身の気持ちに正直に、誠実であることが恋愛運そのものを向上させることに繋がります。 万人にモテるよりも、一人の特別な相手との関係を進展させていくことを心がけましょう。 仕事運は、とても良い流れがきているので、ストレスなく仕事に打ち込めることができるでしょう。 また周りや上司からの評価が高まり、自分が望んでいる企画が通りやすくなり、またより良い環境で仕事ができるようになります。 ストイックになり、根詰めて業績を上げようとするよりも、自然体でやるべきことをこなしていくと自然と良い流れに乗ることができ、また良い結果を残すことができるでしょう。 また転職や独立を考えている場合は、2020年のうちに行動し、早めに結論を出すことが大切です。 いまの自分の仕事を振り返り、もっと向上したいという場合には、思い切って自ら変化をするとより良い結果に繋がります。 金運は、ゆとりを感じることができるでしょう。 臨時的な出費が抑えられるので、自分の好きなものを購入したり、自分のためにお金を使うことで、さらに幸せな気持ちを味わうことができるでしょう。 金銭的な豊かさが精神的な安定とゆとりをもたらします。 また特にこれといって使う予定がない場合は貯蓄の額を多くするなど、工夫することも良い結果をもたらします。 使うよりも貯めることを心がけるとさらに豊かさを実感できる運気です。 健康運は、多少の無理をしたとしてもそれを乗り越える体力や気力を与えられる時期です。 心も体も快調で、フットワークの軽さを実感できる時期です。 もしストレスを感じている事柄があるならば小さい段階でそれを解決してしまうように心がけると良いでしょう。 小さな宿題であっても、残しておくとどんどん大きくなってしまい精神的に重荷を背負ってしまうこともありますので、早めの対処を心がけるといいでしょう。 落ち着いた運気の中、しっかりと将来を見つめ、それを行動に移していくことを心がけましょう。 人間関係運は、穏やかな人間関係のうちにストレスを感じることもなく、充実した関係を形成できるでしょう。 初めて出会う相手でも緊張することもなく、自然体に付き合うことができます。 また自分に余裕があるからこそ、人に対して良いことをできるので、ボランティアなどをすることも運勢をアップさせることに繋がります。 華やかさよりも穏やかさの中に、自分の求めている人間関係が与えられるでしょう。 2020年(令和2年)木星人プラス(+)の月運 それでは詳しい月ごとの運勢を見ていきましょう。 2020年(令和2年)1月の月運「陰影 大殺界 」 年の始まりは、あまり良いスタートとは言えませんが、勢いを持って動くよりも、2020年の1年間の長期的な計画や見通しを立てたり、自分の将来などをしっかりと見つめると良いでしょう。 たとえそれがはっきりしたものではないとしても、考えることで自然とやるべきことが与えられます。 年始には飲み食いする機会が多いので、体重増加や筋力低下などに気をつけて、習慣的な運動を怠らないようにすれば体力もアップし、美容や健康を保つことができます。 2020年(令和2年)2月の月運「停止 大殺界 」 2020年のうちで一番運気が低迷する時期ですが、焦ってしまったり、感情的に物事を動かすことを控えた方が無難です。 あえて自分から動くよりは、人から言われたことをしっかりとこなしたり、流れに身を任せてしまう方がいいでしょう。 寒い時期で体調も崩しやすいので、しっかりと暖をとるようにしたり、風邪やインフルエンザなどを事前に予防することを心がけましょう。 ひとたび体調を崩してしまうと、回復するのに少し時間がかかります。 2020年(令和2年)3月の月運「減退 大殺界 」 少しづつ運気も回復し、今後の兆しが見え始めてくるでしょう。 ビジョンははっきりと浮かぶものの、それに対する手段はまだ全体像が把握できていないかもしれません。 ゴールが見えているけれども、どのようにしてそこにたどり着くかというシミュレーションをしっかりと考えることが大切です。 いくつもの方法ややり方が見えてくる中で、今の自分にならできそうなこと、分相応のあり方を見出すことを目指すと良いでしょう。 2020年(令和2年)4月の月運「種子」 春の訪れとともに、あなたの中で新しい希望を見出すことができるでしょう。 ふとした思いつきやアイデアの中に、今後のキーワードともなるべき重要なことが隠れているかもしれません。 それを見失わない感性が何よりも大切です。 心を敏感に、感性を豊かにするためには、感動する機会を多く持つことです。 映画や小説、絵画鑑賞などあらゆる芸術作品に触れ、自分がどのように感じるかということを大切にすると良いインスピレーションが与えられます。 2020年(令和2年)5月の月運「緑生」 気分的にも好調で、やることなすことが不思議と思い通りになるような出来事が多くなります。 体力も気力も充実しているので、何か新しいことに取り組んだり、温めてきたアイデアを形にすることも良い結果をもたらします。 また人からの好意を受け取ることも多くなりますので、感謝の気持ちを忘れずに恩返しをしていくことを心がけましょう。 ちょっとしたプレゼントなどをカバンの中にいつも常備しておくと、いざという時に役立つでしょう。 2020年(令和2年)6月の月運「立花」 自分の魅力と実力を発揮して、活躍することができます。 あなたの魅力に吸い寄せられるようにして多くの人が周りに集まってくるでしょう。 また新しい出会いや人間関係も拡大し、充実した毎日を過ごすことができるでしょう。 何か困っている人がいたり、相談を受けることがあれば、親身になって関わることをすると、大きな見返りを手にすることができるでしょう。 人とのネットワーク作りが今度の運勢をさらに強化させていきます。 2020年(令和2年)7月の月運「健弱(小殺界)」 仕事やライフスタイルを改めて見直し、構築し直すときです。 自分にとって何か必要で、何が価値をおくことなのかということを中心に一度立ち止まって考え、修正するべき点を手直しするといいでしょう。 人からの頼まれごとも急に入ってくることもありますが、気負わずに引き受けることで自分のためになり、それがまたこれからの扉を開く突破口にもなるでしょう。 気候の変わり目で体調を崩してしまうと回復するまでに時間を要するので気をつけておきましょう。 2020年(令和2年)8月の月運「達成」 華やかな人間関係が繰り広げられる時期です。 人と積極的に関われば関わるほど、自分が磨かれ、成長することができるでしょう。 この時期に広がった人間関係は今後の時期にしっかりとした実りになっていきます。 あなたのことを助けてくれたり、またあなたが助けたりという絆を形成できるでしょう。 将来の財産とも言える人とのつながりを得ることができるので、楽しみながらも丁寧なコミュニケーションを大切にするといいでしょう。 2020年(令和2年)9月の月運「乱気(中殺界)」 人にも自分にもストイックになり厳しい視点や態度で接してしまうことがありそうです。 人間関係のトラブルに対処することもあり、疲れを感じることもあるかもしれません。 なるべく小さなことが気に留めず、あえて放っておくことが大切です。 マイペースで過ごすことにより、気難しさは薄れて、あなた本来の明るさや魅力を取り戻すことができるでしょう。 自分らしさを活かすのは自分にあった気分転換やストレス解消をしたり、自然豊かな場所に出かけると吉。 2020年(令和2年)10月の月運「再会」 しっかりと自分らしさを保ちながら、周囲と足並みをそろえ協調していくことを目指すと良いでしょう。 自己主張するよりは、普段の何気無いコミュニケーションが信頼感を得ることにつながります。 またちょっとしたおシャレや外見に気を使うことで、魅力がアップしたり、発言に説得力を持つことができるようになるので、TPOプラスアルファの遊び心と個性を大切に自分らしさを表現するといいでしょう。 2020年(令和2年)11月の月運「財成」 仕事でもプライベートでも何かと頼りにされたり、必要とされ、忙しい日々を過ごすでしょう。 年末年始のスケジュールもどんどん入ってきますが、忙しいのはそれだけ自分が良い運気に乗っていること、また自分の進んでいる道が良い方向だという証拠です。 暇を持て余すとせっかくの良い運気もくすぶってしまうので、どんどん外に出て自分から予定を作るようにするといいでしょう。 2020年(令和2年)12月の月運「安定」 引き続き良い運気が続いていますが、足りない部分があると感じたら、自分なりの工夫を加えたりマイナーチェンジをすることを心がけるといいでしょう。 華やかな人間関係の中、あなたの魅力や実力が正当に評価され、気分良く過ごすことができるでしょう。 勢いとタイミングがピタリと合うので恋愛も一気に進展する可能性が高く、今後の展開に大きな期待ができるでしょう。 ちょっとしたお誘いなら自分から気軽にすると良い結果を得られるでしょう。

次の

六星占術

六 世 占星

水星人プラス(+/陽)の性格や性質 基本的な性格や性質? 利己的でクール 水星人プラスの人は、どんな事象に対しても、どこか醒めた目で見ていることが多く、周囲の人からは「クール」な印象を抱かれます。 また、それが他者愛への感情を掴みにくいことから「利己的」とも思われがちです。 けれど決して冷酷なのではなく、人ともほどほどの距離間で付き合いますし、一緒に楽しむこともできます。 元々目立たないわけではないので、多くの人と触れ合う機会をもつことで、自分の立ち位置でコミュニケーションをとることにも長けていきます。 水星人プラスの人の中には、利己的を超えて自己愛の強さが人並み以上に感じられる人もいますが、そういう人は世間に迎合されないだけで、他の人もそうあるべきと感じているからでしょう。 基本的な性格や性質? 強烈な個性を持ちやすい 水星人プラスの人は、殆どの場面において自分は自分、他人は他人という見方ができるため、自分の演出の仕方も独特です。 何か一つこだわりをもって取り組んでいるというよりは、自分流儀という姿勢が目立つでしょう。 水星人プラスの人は公私ともに自分アピールに必死さはなく、人にいい印象を与えるためだけに「頑張る」などの姿はありません。 追及するものがあるとしたら、「自分自身の納得のため」です。 それでも外に向ける時に肝心なことは心得ていて、自分の魅力的部分を出すのが上手い人が多いとも言えます。 ただ、どこか平然とした姿は、他者と溶け込んでいない、醒めた人柄に映ってしまうことも多いと言えます。 そのような雰囲気があいまって、個性的な印象も与えます。 基本的な性格や性質? 一時の情に流されることなく常に冷静 水星人プラスの人は、冷静に物事を考えることが出来る真面目な人で、一時の感情に流されることがありません。 情に流されることはないというと、少し冷たい印象を持たれるかもしれませんがそうではなく、本当に相手にとってプラスになることを推し量って行動できるので、実は誰よりも思いやりのある人です。 例えば、頼まれたらすぐ手伝ってあげたり、気持ちが動けばお金を貸してあげたりする人もいます。 一見情が深い優しい人に見えますが、それは相手が甘えてしまい努力を忘れやすく、本人の為とは言えないかもしれません。 水星人プラスの人はそうではなく、相手がまだ努力できる段階ではすぐに手は貸しません。 そういった軸のある冷静さを持っているので、周りからとても信頼される隠れた人望のある人です。 基本的な性格や性質? 計算高い 水星人プラスの人は、あらゆる状況で自分の立場や他者を客観的に捉えることが得意ですが、それを利己的な面だけに許した場合、周囲からは「計算高い」という認識をされてしまいます。 水星人プラスの人は誰が自分にどう働きかけてくるか、ちゃんとわかって物事を進めるので、身近な人は「してやられた。 」と思うことが多くなります。 それでも自分のことを信じて行動している意思の強さ、その働きかけはどこか純朴で、憎めない雰囲気もあると言えます。 計算高いと感じさせながらも周囲の力をまんまと借りて、状況を乗り切っていくことも多いでしょう。 それは水星人プラスの人の、うまく世渡りができない気質を感じさせてしまうからでもあります。 基本的な性格や性質? 独立心が強く事業に成功しやすい 水星人プラスの人は独立心が強く、困難なことが起きた時にも自分の力で乗り越えていくという力が強いです。 自分がこうしたいという信念に基づいて行動を起こしていき、決してあきらめることがなく突き進んでいきます。 そのために新しい事業を始めることにも向いていて、成功をおさめるために努力を続けていく力も持っています。 水星人プラスの人が始めた事業が何代にわたっても続いていくことがあるのですが、最初に行動を起こすのは水星人プラスの人というケースが多いです。 周りの人が言った意見を聞き入れにくく、自分勝手だと思われることがあります。 しかしそうした風当たりの強さを気にすることなく自分の道を進んでいけるのが、水星人プラスの人の長所とも言えます。 霊合星人の水星人プラスの性格や特徴 霊合星人の水星人プラスの性格・特徴として、「自分を貫く」「魅力的」の二つがあげられます。 何事も自分から始まり、何事も最後は自分で決断するのが特徴です。 群れを成すことは少なく、一匹狼になることも厭わないようです。 しかし、いかなる状況でも自己を見失うことなく、クールに行動することができるのは大きな武器になっています。 また、他者の意見に耳を傾けても、結局は自分の考えを尊重するようなマイペースさもあります。 たしかに一匹狼な気質ではありますが、華やかで親しみやすい雰囲気を漂わせています。 また、かなり個性的で目立つことも功を奏しています。 とにかく人たらしでカリスマ性があるので、人を惹きつける才能は群を抜いています。 水星人プラス(+/陽)の家庭運・結婚運の特徴 家庭や結婚の特徴? 家庭に恵まれにくい 水星人プラスの人は、家庭運に恵まれにくく、育ってきた家庭が安定していないという人が少なくありません。 家庭環境が複雑なのでどうしても幸せな家庭像を描きにくく、幸せな結婚生活をイメージすることができません。 結婚願望を抱いていたとしても、なかなか思うようにいかないところが水星人プラスの人の弱点でもあります。 水星人プラスの人は自由が必要で束縛されることが嫌いなので、結婚したとしてもあまり家庭の方に目を向けずに、独身時代のような自由を望んでしまいます。 結果としてパートナーとすれ違いが起きてしまうことが多いのです。 最初から結婚を考えずに、独身でいる気楽さを選ぶという人も多いのですが、これは水星人プラスの人に向いている生き方だとも言えます。 家庭や結婚の特徴? 幸せを得にくい 水星人プラスの結婚願望は特に大きく、結婚しても末永く幸せが続くと思い込んでいる節があります。 結婚後の生活でトラブルがあっても愛の力で乗り越えていけると信じているのも、水星人プラスの特徴なのです。 楽しいことばかりではない現実の家庭生活は、時として理想を打ち砕いてしまいます。 期待値が大きい分、こうしたトラブルに見舞われると立ち直れないほどのショックを受けることになります。 必ずしも打たれ強くない水星人プラスの人は、そのまま内にとじ込もって絶望感に苛まれることも多々あります。 現実を直視して、小さな幸せを掴もうとする努力ょ疎かにしがちなので、円満で平和な家庭環境を構築することがだんだん難しくなるのです。 家庭や結婚の特徴? 家庭の仲は冷えやすい 水星人プラスの人は、決して冷酷人間ではないのに、反応の薄さが災いして相手が感情を捉えにくく、例え「愛している。 」と言語として伝えても、その言葉に対する情熱の込め具合に、相手が不満を感じてしまうこともあるでしょう。 怒りや悲しみなどネガティブな面では冷静さを感じますが、歓び、感動、愛情表現などを意識して伝えないと、相手から受け取る感情も同化していく可能性もあります。 それはパートナーとの関係だけでなく、子供に対しても同様で、自分は愛されているのだろうか、と感じてしまうこともあるでしょう。 ただ、これも慣れてしまうと、家族全員が淡々として日常を送っていくことも予想されます。 水星人プラスの人が家族にいた場合、周囲がその人を理解していることや、うまく反応を引き出すことを怠らなければ、笑顔の絶えない関係性を築けるはずです。 恋愛運の傾向は恋愛下手で行動が鈍い マイペースでのんびりとした性格の水星人プラスは、自分の気持ちを大切にしすぎるあまり、相手から反感を買ってしまうことが多々あります。 優柔不断で行動も鈍いことから、相手は苛立ちを募らせ、信頼関係にもヒビが入りやすくなるのです。 明るい面が水星人プラスの長所ではあるものの、場の空気を読めず気分屋な面も出やすいことが玉に瑕です。 物事を深く考えるのが面倒で、短絡的な発想をしがちなことも嫌われやすいポイントです。 独自の楽観的な恋愛観を持っているので、相手が真面目なタイプであればあるほど相性は悪くなります。 気持ちの機微に思いをはせることも出来ず、ただただ狼狽えているうちに関係が終局を迎えてしまう結果になるのです。 セックスの傾向は主導権を握って攻める 水星人プラスのセックスは、自分本位であり、精神的な繋がりより肉体的充実を重視します。 水星人プラスは、つかみどころのない不思議な魅力があり、相手をとりこにしてしまう事が多いです。 そのため、セックスにおいても、主導権を握りやすく、自分本位に事を進める事ができます。 積極的にリードをし、好奇心も旺盛なので、相手によってはついていけなかったり、拒まれたりするのでその辺は冷静に見極めなくてはなりません。 水星人プラスは性欲が強い傾向にあり、自分の気持ちのままに相手を求めてしまうので、本来の冷静な自分を取り戻し、コミュニケーションを取る努力をする事も必要です。 セックスが終わると、急に冷めた態度もとりがちなので、その点は注意した方が良いでしょう。 水星人プラス(+/陽)の金運の特徴は強運で自然と貯まる 水星人プラスの人は、とても強い金運を持っており、特に意識せずに生活をしていても自然に貯金が出来る人です。 自分では好きなものを自由に買っていたり、特に節約に興味がない人でも、持ち前の金運の強さで衣食住に困ることはありません。 こういった強運の持ち主ですから、普段資産運用について気にしていない人は、意識してきちんと貯蓄を管理し、運用することで、更なる金運UPを望める可能性が高いです。 せっかくの強運を利用しなくては勿体ないので、周りで知識のある人に話を聞きに行ったり、専門家に無料で相談できる窓口もありますから、利用してみるのも良いでしょう。 水星人プラスの人が自然にお金を貯めることができるのは、やはり潜在的にきちんとした倫理観や経済観念が備わっているからとも言えます。 水星人プラス(+/陽)の仕事運の特徴は自分で事業を起こすと成功しやすい 自発的な行動をすることで大きな成果を得られるのが水星人プラスの特徴であり、自ら事業を起こせば成功の確率が大きく高められます。 自分自身が打ち立てた目標を達成するために、努力を惜しまないのも水星人プラスの長所なので、少しずつ前進していけるのです。 また、友人や知人もそんな姿を応援したいと思うようになり、力強いサポートをしてくれます。 目標を見据えて、自らの行動を律する精神力・理性も持ち合わせているため、途中で心が折れてしまわないのも強みです。 事業の計画を綿密にして、リスクを恐れず立ち向かう中で、様々な経験をすることが出来ます。 最終的に自分の思い描いた成功の形に近づける、起業家としての素養が備わっています。 水星人プラス(+/陽)の相性はどう?各星人との関係を解説 水星人プラスと土星人との相性は浮き沈みが激しく燃え上がるような関係 情熱的な関係を心の奥で望んでいる土星人に対して、危ない関係に憧れのある水星人プラスの気持ちが近づいていくと、ますます激しく燃え上がっていきます。 見境が付かなくなるほど、一直線にアプローチしていくる土星人を受け入れて、泥沼にはまっていくことを水星人プラスは待ち望んでいるのです。 周りからの反対を押し切ってでも成就させたい思いが芽生え、二人だけのディープな世界の中で生きていく選択をしがちです。 その中においては精神的な浮き沈みが大きくなり、喧嘩も絶えないでしょう。 そのような感情のぶつかり合いも、時間の経過とともにほどよいスパイスとなって感じられます。 一度燃え上がった情動は、留まるところを知らず、加速し続けるのです。 水星人プラスと金星人との相性は互いの良さを引き出しながら築きあうことができる 相手の性格を理解して、その魅力を引き立てることのできる水星人プラスは、金星人との相性が良く、素敵な関係を築くことが出来ます。 ゆっとりと丁寧に相互理解を深めていき、互いの良さを認識できるのがポイントです。 自分に足りないものを補うことの大切さを知っている金星人は、相手の持つスキルを分けてもらおうとしています。 その際、水星人プラスは自己顕示欲を示しつつも、しっかりと相手をサポートしようと努力し続けられるのです。 双方の利害の一致だけではなく、献身的な態度で関係性を構築できるようになっていきます。 どんな困難があっても、理論的に検討を深めて、互いの長所でフォローしあう中でしっかりと解決していけるでしょう。 水星人プラスと火星人との相性は当事者は幸せだが周りから非難にあいやすい 水星人プラスと火星人の相性は良いですが、周囲から反対されたり、否定的な意見を投げかけられたりする事があります。 水星人プラスは、恋愛において勝者であり、本人が何かせずともモテオーラが出ており、自然と好かれてしまう事が多いです。 一人でいる事も多く、思考も読みにくいのですが、それがかえって魅力的にうつったりします。 火星人は、自分のペースを崩さず、自意識が高いです。 そして、カリスマ的なセンスがあり、独自の嗅覚で相手を見定めます。 このような水星人と火星人が付き合うと、二人だけにしか分からない世界観が生まれ、一般的な価値観にとらわれず、自由なルールで関係を築こうとします。 それを周りは、やっかみ半分、老婆心半分で、諭したり、非難したりする事があります。 水星人プラスと天王星人との相性は2人だけで1から作り上げていくと良い まず、お互いに創業者的な気質を持っています。 まず水星人プラスは初代運で目上の恩恵を受けにくく、天王星人は両親と縁が薄く、どちらかといえば権威や目上に批判的です。 なので、何かを受け継いで、それを大きくしていくのではなく、自分たちで何かを始めて、自分たちのやり方でそれを大きくしていく方が成功するでしょう。 結婚したとしても、両親と同居するのではなくて、自分たちで一家を構える方が、両親や親類からの干渉もなくて、逆に心が落ち着くでしょう。 目上の恩恵が薄い代わりに、目下との縁は深いので、子供たちの教育もうまくいくはずです。 無理をして、誰かの後を継ぐよりは、自分たちで始めたほうが、成功するかしないかは別として、心理的負担も少ないでしょう。 水星人プラスと木星人との相性は相手の影響を受けやすいが上手く乗れると吉 水星人プラスと木星人の相性としては、相手の影響を受けやすいという事です。 具体的に言えば、木星人が水星人プラスの運気を持ち上げるといった感じです。 その際、気をつけたいのは、木星人はとても勢いのある星ですので、そのスピードに乗れるかという事なのです。 仕事においても、スピード感がありますから、水星人プラスのように、ゆっくりと積み上げていくタイプは、少しテンポがあわないでしょう。 それでも、意地になってでも、ついていく事によって、結果的に水星人プラスが大きく発展できるのです。 なので、疲れはしますが、ついていって損はない相手です。 そして、木星人の方も、水星人プラスから大きく発展するためのヒントを得るというのがこの相性です。 水星人プラスと水星人との相性は息が合い親しくなれるが安定には程遠い 水星人プラスの人と水星人の人との相性は息が合って親しくなれるのですが安定には程遠いというのがあります。 基本的に水星人プラスの人というのはあまり誰かと慣れないをしたくないと思っているので1人で行動をするのが好きなタイプの人です。 ですから水星人の人と息が合って親しくなれてもずっと一緒にいる事に疲れてしまう事が多いのでその関係は安定しないです。 ただお互いに水星人プラスと水星人は同じような生き方をしてきた事もあって親近感が持てるのですが、恋人同士で長く付き合っていくのは不向きで途中で破綻してしまう可能性があるので注意が必要になります。 ずっと円満な夫婦関係を保ち続けたいと思うなら無理なのでそこは諦めるしかないです。 水星人プラスの2020年運勢 水星人プラスのあなたは、2020年はできるだけ静かに過ごした方がよさそうです。 水星人プラスの方は、2020年は大殺界の2年目。 12年に一度やってくる一番辛しんどい時期です。 だからと言って自暴自棄にはならないようにしましょう。 この時期に堅実に歩みを進めていくことで、最悪の状態は避けられます。 開運のカギは目の前のことを着実に進めていくこと。 また、必死に頑張ることもあまりすべき時期ではありません。 運勢自体が悪いですから、頑張りすぎるとかえって体調面や人間関係での不調を招きやすくなります。 長く先を見据えて動こうと思っても運気に邪魔されることがあるので、目の前のできることからコツコツと、が大切ですよ。 この一年を内省のための期間とすることで、再来年の運気上昇後にあなたの魅力がさらに高まることでしょう。

次の