おでこ で 測る 体温計 正確 性。 体温計|非接触型おすすめランキング!正確な測り方と種類や口コミも調査!

体温計、耳やおでこのやつは正確じゃないそうですが、口コミみ...

おでこ で 測る 体温計 正確 性

おでこで体温を測るメリット おでこ、ひいては額で体温を測るメリットは冒頭でも触れたように、 瞬時に体温を測れるという点にあります。 そうなると、さすがにこれよりは短縮できないだろうと思われがちですが、この額で体温を測る機器は 最速で1秒で体温の計測結果が出ます。 つまり体温計の中では最速を誇る機器になります。 これだけ素早く測定できるので、サーミスタ式体温計や水銀体温計のように安静状態を長く保つ必要はありません。 つまり 安静状態が保てない方、特に赤ちゃんの体温測定に適した方法となります。 耳式体温計は耳の中にプローブを挿し込まねばならず、自分で操作して測定する場合は手元が見えないので正しい使用方法になっていないことがあります。 それに対して額で測定する場合は、まだ 手元が確認しやすいので正確な操作がしやすいというメリットもあるのです。 おでこで体温を測るデメリット ただデメリットも存在します。 まず実測値を出す水銀体温計やサーミスタ式体温計の正確性には劣るということです。 技術の進歩によって改良はされるようになってきましたが、 額に汗をかいていると上手く測定できないことがあります。 これは額から出ている赤外線を検知して体温を測定しているためであり、額と機器との間に障害物などがあると計測結果に誤差が生じます。 また後述する機器の種類では接触型と非接触型があることに触れますが、非接触型の場合、額と機器との間に 空気を含む空間があるため、外気温の影響を受けてしまうのです。 つまり 夏場や冬場など外気温の影響が大きく反映していしまうことがあるのです。 そのため最近の非接触型のものは体温以外にも室温を測定できる機能も付いています。 機器の仕組みについては接触型も非接触型も内部構造はほぼ同じなので、関連ページも参考にしてみてください。 もう1つデメリットとして挙がるのは機器の価格です。 一般的に普及しているサーミスタ式体温計は電子機器ながらもお手頃な価格となっているのが要因で広く購入されています。 額で体温を測定できる機器は高機能であるがゆえに高額で、それなりの値段がします。 手軽でスピーディーに測ろうと思うとそれなりの対価が必要と言うことになるわけです。 おでこで測れる体温計の種類 額で体温を測定できる機器に 接触型と非接触型の2種類があります。 どちらも赤外線体温計になりますが、接触型は額に機器を触れさせることで、そこから出ている赤外線を検知し体温を測定します。 額で測定できる体温計はこの2種類になりますが、非接触型の方が商品数は多いです。 これは、接触を嫌がる赤ちゃんのことや、 接触による衛生的な問題を考慮されており、非接触型の方が安全という背景などがあることから、こちらの方が多く開発・製造されています。 また商品するとしては少ないですが、接触型で代表的な物はピジョン株式会社が販売する「 チビオンTouch」が挙がります。 いずれにしてもこのような専用の機器を使えば額でも体温が測れるということです。 まずは 非接触体温計での正しい測り方をご紹介してきます。 簡単に手順をまとめてあるのでそちらをご覧ください。 安静状態を保てるようリラックスして座る 他者に測定してもらう場合は安静状態で寝られる状態でも可能• ただ先述したように周りの影響も受けやすいので正しく測定するためのポイントが存在します。 正確に測るためのポイント 額に汗などが付着していると赤外線を上手く検知することができません。 まずは汗を拭ってから測定するようにしてください。 また極端な室温の場所はなるべく避けるようにしてください。 体温計をしっかりと室温に馴染ませてから使うようにしましょう。 また体温を測る時は安静状態が必要です。 この際、 飲食や入浴、運動などをした後および外出後の30分間は検温に適しませんので避けてください。 平常時はリラックスできる状態を、体調不良の時には体を動かさず静かにしていることを作るのが「安静状態」だと思っていただければいいです。 接触体温計での正しい測り方 続いて接触体温計での正しい測り方です。 とは言っても 非接触体温計とほとんど変わりません。 まずは手順を見てみましょう。 安静状態を保てるようリラックスして座る 他者に測定してもらう場合は安静状態で寝られる状態でも可能• 額の中心の辺りに体温計を軽く押し当てボタンを押す• 違いは 額に触れているか触れていないかだけですね。 方法は非常に簡単ですが、こちらも正確に測るためのポイントがあります。 正確に測るためのポイント こちらも安静状態が必要であり、飲食や入浴、運動などをした後および外出後の30分間は検温に適しませんので避けていただく必要があります。 汗を拭っておくのも同様に行ってください。 また 測定位置が毎回変わると誤差が生じやすくなるので、出来るだけ同じ位置で測定することが大切です。 大体の位置を決めてあまりズラさず測定することで誤差の少ない測定が可能となります。

次の

体温計|非接触型おすすめランキング!正確な測り方と種類や口コミも調査!

おでこ で 測る 体温計 正確 性

体温計の選び方 体温計はタイプによって熱を測る身体の場所や計測時間などがかわります。 赤ちゃんの体温を測る場合、大人と同じように脇に挟んで熱を測るのは大変ですよね。 そういった場合、おでこに一瞬つけるだけで測れる体温計が便利です。 また、今はもう使用している人は少ない「水銀」や、正確性に優れた「電子体温計」、計測する時間が早い「非接触」のものなど種類も豊富です。 それぞれの体温計の特徴を詳しく見ていきましょう。 体温計の種類で選ぶ 体温計を選ぶ際に大事なのは、 体温を測る身体の場所と計測時間、測る人の年齢です。 さまざまな種類の中から適した体温計を選ぶために、まずは種類をご紹介します。 詳しく見ていきましょう。 口や脇で測る「電子体温計」 出典: 体温計と聞いて1番イメージしやすいタイプは、この電子体温計のタイプではないでしょうか? 口や脇で測る電子体温計は、大人から赤ちゃんまで幅広い年齢の人が使うことができます。 電子体温計は計測に10秒以上かかるものが多く、一瞬で体温を測ることはできませんが、 正確な体温を知ることができます。 耳で測る「耳式体温計」 出典: 耳式体温計は、 遠赤外線で体温測定することができる体温計です。 人体からは体温に相応する赤外線が出ていて、その量を計測し、体温を測ることができます。 こちらは耳の中に入れて計測しますが、 電子体温計にくらべ短い時間で測ることができ 、動き回る小さなお子様や赤ちゃん用におすすめです。 触れずに測れる「非接触型」 出典: 耳式体温計と同じ 遠赤外線で測る体温計です。 こちらは、 人の身体に触れずに体温を測ることができるので非常に衛生的です。 計測する際は、おでこやこめかみに向けて使用してください。 また、こちらもあっという間に体温を測れるため、小さなお子様や赤ちゃんの体温を測るのにピッタリです。 女性の体調管理に「婦人用体温計」 出典: 体温計は主に体調不良のときに使用しますが、女性の場合、基礎体温をつけるために体温計を使用している方も多く、基礎体温専用の体温計があります。 ホルモンバランスのみだれや生理周期によって体調が大きく変化する女性の身体はとてもデリケートなため、 日々基礎体温をつけることにより、自分の身体の調子を把握することができます。 基礎体温は、 起床したと同時に身体をなるべく動かさない状態で測るのが正しい計測の仕方です。 なので、口で素早く計測できるものが多く、またスマホと連動し、Bluetoothなどでデータを転送し、アプリで管理できるものがおすすめです。 赤ちゃん・子供向けの商品を選ぶ 出典: 赤ちゃんやお子様の健康管理のために体温計を購入しようと考えていらっしゃる方も多いでしょう。 動いて計測が難しい赤ちゃんやお子様には、 非接触型の体温計や耳式体温計などの計測時間が短いタイプがおすすめです。 また、電子体温計でも先がゴム素材で柔らかく曲がるものもあるので、赤ちゃんの正しい体温を測りたい場合はそういった安全性の高いものを選ぶとよいでしょう。 計測方式で選ぶ 体温計は大きく分けて短時間でわかる予測式と、正確な体温を測れる実測式に分かれます。 それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。 短時間でわかる「予測式」 出典: 予測式は、多くの人の体温上昇データの統計をもとに開発された測定方式で、測定時間を短くすることができ、 早いものでは20秒程度で測定するものもあります。 早く測定することができるので、朝起きてゆっくりと体温を測る時間がない人におすすめです。 正確な体温を測る「実測式」 出典: 実測式の体温計は、 正確な体温を知ることができる体温計です。 口や脇に挟んでしっかりと時間をかけて体温を測るので、 5〜10分ほどの時間がかかります。 病気になった時の細かな症状を把握したいときや正確な体温を知りたいときに重宝します。 一家にひとつあると安心できますね。 機能で選ぶ ここまで体温計の種類や使用する人に適した体温計をご紹介してきました。 ここからは、あると便利な機能をご紹介します。 衛生面も安心な洗える防水タイプ 出典: 体温計は、口や脇に挟んで体温を測るものが多いため、衛生面は気になります。 特に、家族以外の人も使用する環境だとなおさらですよね。 そこで水洗いできる防水タイプがおすすめです。 電子体温計でも防水機能がついた体温計は多く販売されているため、購入する際に確認してみましょう。 暗い部屋でも確認できるバックライト機能 出典: バックライト機能がある体温計は、暗い部屋でも液晶画面が光って体温を確認できるためとても便利です。 一緒に寝ている家族を起こさずにすみますよ。 メーカーで選ぶ 体温計といえば「オムロン」が頭に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。 医療機関の病院などでは「テルモ」の製品も多くみられます。 ここからは、体温計の主要のメーカー、3つを紹介していきます。 オムロン OMRON 出典: 万歩計や体重計などの電子機器を販売している会社で、1983年に「けんおんくん」を発売してから35年以上、体温計を売り続けてきている信頼と実績のある会社です。 検温の早さを売りにしている商品が多く、検温の早さと正確さが長年愛されている理由の一つ。 先端がゴム素材で柔らかく曲がる体温計や、体温の変化がある女性などに向けたユーザーを第一に考えた商品を多く出している会社です。 テルモ TERUMO 出典: 医療機器の製造や販売や医療機器に強い会社が「テルモ」です。 医療の現場のニーズを捉えた商品が多く、防水のものや正確で早い体温測定ができる体温計が人気です。 シチズン CITIZEN 出典: 時計や電子血圧計などの電子機器、精密機器を製造、販売している「シチズン」は、防水や抗菌などの機能がついているものが多く、赤外線で体温を測る耳式体温計では、表示画面にバックライトが付き、暗いお部屋でも温度が見やすい使用になっています。 体温計のおすすめ人気ランキング12選 体温計のおすすめ商品を電子体温計、耳式体温計、非接触型体温計をバランスよくピックアップしました。 前述で紹介した選び方を参考に、目的にあった体温計を選ぶことが大切です。 1位 オムロン 電子体温計 けんおんくん MC682 タイプ:おでこ専用 検温時間:1秒 おでこで測る赤ちゃん専用の体温計 赤ちゃんと体温の研究を重ねた「ピジョン」から発売されている、滑りにくい素材でできたおでこで測る専用の体温計です。 約1秒で測ることができてメモリー機能がついているので、手軽に赤ちゃんの体温の計測ができます。 薄暗いところでも見やすいバックライト機能やオートパワーオフ機能も搭載されとても便利です。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 1,683円 4. 42 1,608円 4. 42 2,909円 4. 13 2,500円 3. 99 1,960円 3. 79 1,331円 4. 02 930円 4. 3 1,390円 4. 31 1,935円 3. 71 2,190円 4. 53 398円 3. 99 7,940円 4. 1 正しく測定するためのポイント 出典: 体温を測定する際に気をつけるべきことがいくつかあります。 健康状態を把握するために正しい体温の測定は必須です。 日本では、脇に挟んで体温を測る方が多いため、 脇で測る正しい体温の測り方のポイントをご紹介します。 まず、脇で測る場合、 動脈(脇窩動脈)のそばの体温を測定しましょう。 そのためには、 脇の下の中央のくぼみの奥に体温計を深く挟み、 計測終了の音が鳴るまで体温計を動かさないよう固定しつづけることが大切です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 体温計は体調不良のときだけではなく、健康管理のために毎日体温を測っている方も多いと思います。 そんな方には数秒で測れる体温計は重宝しますよね。 体温計は目的にあったタイプ、機能を選ぶことが重要です。 この記事を参考に、ご自身にあった体温計を見つけくださいね。

次の

保育園児の毎朝の検温!オススメの体温計とは?毎朝の検温を楽にするコツ!

おでこ で 測る 体温計 正確 性

体温はどこで測るのが正確なの?-体温計の種類や測定時の注意点- 体温はどこで測るのが正確なの? -体温計の種類や測定時の注意点- 健康・医療の総合情報サイト >>体温はどこで測るのが正確なの? サイト内検索 最新記事、お役立ち情報をいち早くご覧いただけます。 どこで測るのが正確か 体温は、腋下(わきの下)、舌下、耳、肛門など人により測定部位は違います。 中でも腋下(わきの下)で測定している人が多いのではないでしょうか。 また、以前は水銀体温計が主流でしたが、最近は測定時間の短い電子体温計が使われることが多いようです。 では、体温はどこで測るのが一番正確なのでしょうか? 体全体の体温の平均が腋の下で測るものとほぼ同じものなので、腋下(わきの下)で測るのが一番正確なのではないでしょうか。 また、体温計によって体温が異なるのは、測定する部位の違いや、体温計の機能の違いによるものです。 例えば、腋下は耳の中に比べれば外気の影響を受けやすいですし、耳式体温計は測り方によって誤差が出やすい面があります。 また、短時間で測れる予測式の電子体温計は、予測値を計算して表示するため、10分以上測る水銀体温計や実測モードの電子体温計とはある程度の差は出るものです。 どの部位で測定しても、またいずれの体温計を使っても、正しい使い方で測定する限り正確といえるでしょう。 平熱を知っておくことが大切 平熱には個人差があります。 日頃から自分の平熱を知っておくことが大切です。 平熱を知るには、起床時、午前8〜10時の間、午後2〜4時の間、午後8時以降の計4回測定し、その平均が平熱と言われています。 平熱にも個人差があり、運動、時間、気温、食事、睡眠、女性の性周期、感情の変化に合わせて変動しています。 子供はやや高く、お年寄りはやや低めです。 さらに朝起きたばかりの時は低く、夕方になるとやや高くなる傾向があります。 また、運動した後や入浴後も高くなります。 通常、「熱がある」状態とは、平熱より1度以上高いときのことをいいます。 体温測定時の注意点 <腋下温> ・ 汗をよくふき取ってから測る。 ・ 体温計を下から差し込み、腋の下のくぼみに体温計の先端があたる ようにする。 ・ 腋の下に体温計を45度くらいの角度に差し込み、腕を密着させる。 <口腔温> ・ 舌の下の中央付近に体温計の先端をあて、口を閉じて測る。 ・ 冷たいものや温かいものを飲食した後は、30分以上時間をおいて から測る。 ・ 唾液がたまっても口を開けずに測る。 ・ しゃべらず、体温計を動かさずに測る。 <鼓膜温> ・ 測定に熟練が必要で、正しく測らないと正確な値にならない。 ・ 耳の穴をまっすぐにし、先端を鼓膜に向け測る。 ・ 耳あかを掃除してから測る。 <直腸温> ・ 体温計の先のほうから肛門に2〜3cm差し込む。 ・ 乳幼児の場合は肛門で測ることが多い。 体温計の種類 体温計には、昔ながらの水銀タイプのモノから、アラームつきで基礎体温を書かなくても自動で記憶してくれる電子体温計までいろいろとあります。 やはり値段の高い物は高機能なのですが、 自分にあった体温計選びが重要です。 < 水銀体温計 > 中に入っている水銀が温められて膨張し、体の温度と温度計の温度が同じになった時の目盛りが測定温度になります。 < 電子体温計 > 温度によって電気抵抗が変化するその値を温度に、さらに数字に変換して表示するものです。 < 耳式体温計 > 耳の中から出ている赤外線をセンサーが瞬時(約1秒)に検出し耳内温を測定します。 先にも言いましたが、 どの部位で測定しても、どの体温計を使っても、正しい使い方で測定する限り、正確な測定だと言えます。 検温で大切なのは、毎回同じ体温計で同じ部位の体温を測ることです。 ある時は水銀体温計を使い、ある時は耳式体温計を使うというのではなく、常に同じ体温計で測ればどれを使っても構いませんし、その体温計での正確な体温の情報が得られます。

次の