僕の心のヤバいやつ。 僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ) 6.8よりトート/マグ/コースター等 予約受付中!

マンガ『僕の心のヤバいやつ』の更新ペースが隔週に!

僕の心のヤバいやつ

このシーン見て学園ラブコメディだと思わないよね! 「僕の心のヤバイやつ」を読んで 山田はスクールカーストの頂点に君臨している美少女なのにちょっとバカ。 山田はいつもお菓子を食べていて、ただ校則でお菓子は禁止だし、仲の良い友達はアレルギーだし、けどどうしても食べたいお菓子を食べるために京太郎となんとなく仲良しになってしまう、と。 文章にすると簡単なのですが、この2人のやりとりがとても面白いのです。 あとがきで『この作品は「距離」「変化」「気付き」を丁寧に書いていきたいと思っています。 』と書かれている通り、一気に近づかない微妙な距離感とか変化などがとても微笑ましい。 中学生の自意識ってめんどくさいなあと思いつつ京太郎がたまに見せる男らしさなど、作品内に入り込んでしまいます。 山田がどれくらいバカかというと、学校でねるねるねるねを作るくらいのバカです。 けどそんな山田のことが好きだと気づく京太郎の気持ちの変化の描写が素晴らしくてギャグ漫画にしておくのはもったいないくらいです。 山田のことが好きだと気づいたからといって積極的な行動に出るわけでもなく、ああ中学生。 山田も憎からず思っているようで・・・ この先の2人がどうなっていくのか、気になります! 「僕の心のヤバイやつ」見所! 1. すべて市川京太郎目線で物語が進んでいる ラブコメマンガは今までにたくさんありましたが「僕の心のヤバいやつ」はかなり変わった描き方をされています。 それはヒロインの山田杏奈の気持ちが一切わからないようにされている点です。 通常ラブコメマンガは登場人物達の心の中が描かれていて誰が誰を好きなのかがわかるようになっています。 しかしこのマンガではすべて主人公である市川京太郎の目線で物語が進んでいてヒロインの山田の心の中がわからないのです。 この点が他のラブコメマンガと大きく違っています。 マンガの世界では主役クラスの登場人物の心の中は読者にわかるように話が進んでいくのが当たり前ですがよく考えてみると現実社会では相手の気持ちがわからない事が普通。 相手の気持ちがわからないという部分が現実社会のようでとてもリアルです。 このリアルさがこのマンガがファンから絶大な支持を受けている理由の一つなのでしょう。 それにしても作者の桜井のりおさんの巧みな心理描写に脱帽です! 2. 山田杏奈がかわいすぎる! 2つ目の見所は山田杏奈がかわいすぎるという点です。 モデルとして活動しているだけあってスタイル抜群。 しかも顔も超カワイイとくれば人気が出ないはずはありません。 しかし山田の人気が高いのはスタイルや顔が良いだけではないのです。 山田の本当の魅力はその性格です。 山田の性格をまとめると・・ 素直で嘘がつけない 明るい 天然 感情が豊か 相手へ気遣いができる と言ったところでしょうか。 当初、市川は山田の魅力に気づいておらず「底辺男子を見下す嫌な女」くらいにしか思っていませんでした。 しかし山田と触れ合うにつれ彼女の本当の魅力に徐々に気づいていきます。 さらに山田は抜群のスタイルと超カワイイ顔をしているので完璧な女性だとつい思ってしまいそうですが実はちょっとおバカ(笑)。 他のマンガでもこれほどかわいくて魅力的なキャラはあまり見られません。 ぜひ一度「僕の心のヤバいやつ」を実際に読んでみてください! 3. 山田の市川に対する気持ちの変化がお菓子で描かれている 山田の市川に対する気持ちの変化がくれるお菓子で表現されている所も「僕の心のヤバいやつの」面白いポイントの一つとなっています。 時系列的に山田の気持ちの変化をお菓子でまとめてみました。 1話・・ゴミのみ。 っていうか蔑(さげす)んだ目で見られる(笑) 7話・・食べかけのお菓子を少しだけ 16話・・パピコを半分 20話・・自分のアメをくれた 以上のように話数が進むにつれ徐々にお菓子がグレードアップしています。 これは山田の市川に対する気持ちの変化にも比例していて「好き」という感情も大きくなっていることがわかります。 そしてついに27話で山田は市川のことが好きだということを自覚します。 自分自身の本当の気持ちに気づいた山田も超カワイイです。 ちなみに主人公の市川が山田のことを好きだと自覚したのは14話。 「近頃の違和感はなんだ!?」と悩みますが実はその違和感は山田に対する好意でした。 お互いが好きだという事を意識し始めた二人の恋の行方が今後どのように進展していくのか本当に楽しみです。 山田のヤキモチ 山田がマクドナルドに行った際、偶然市川と出会います。 しかし市川の隣にはカワイイ女の子が一緒でした。 市川とその女の子は市川のことを「京ちゃん」と呼んでいてとても親密な雰囲気。 その様子を見ていた山田は今にも泣きそうな表情になってしまいます。 これは山田がヤキモチを焼いていると考えていいでしょう。 好きな男の子が他の女性と仲良くしていると胸がしめ付けられるように感じますがその心の動きが山田の表情からよく感じ取れます。 その後市川と一緒にいた女の子はお姉ちゃんだとわかり山田はホッとします。 その安堵した表情もまたかわいい!山田の表情の変化は必見です。 僕の心のヤバいやつの見所まとめ マンガ僕の心のヤバいやつの見所をまとめてみましたが他にも見所がたくさんありすぎて紹介しきれません。 あとは実際に本編を読んでご自分の目で確かめてみてください。 作者の桜井先生は「距離、変化、気づきについて丁寧に描いていきたい」とコメントされているようにこのマンガは登場人物達の心の動きについて本当に細かく描かれています。 つい山田の可愛さに目がいってしまいますがキャラクター達の生き生きとした表情や気持ちの変化にも注目して読んでいくとさらに面白さ倍増でしょう!.

次の

漫画「僕の心のヤバいやつ 」のアニメ化情報は?無料で読む方法も!

僕の心のヤバいやつ

でも1巻から3巻までまるで別の漫画みたいじゃない僕ヤバ?2人の距離が加速度的に縮まっていく過程を単行本1冊でワッと読んでしまうと……耐えられない。 というか 表紙絵がめちゃくちゃ最高なんですよ。 教室の1巻、図書室の2巻と来て下校中の3巻ですよ。 白色基調だったこれまでと違って夕焼けの赤みがかった空のグラデーションとか彩度高めの色の塗り方とかそれだけでもう口から砂糖なんですけど、ヤバいのはここからで特装版の差分がね……。 前髪の分け目から垣間見える右目、いつもよりも見開いた瞳孔、朱に染まった頬……。 ウワ~~~~~すごい。 世界一美しい差分イラスト。 というか漫画自体が熱を発してるんじゃないかと思ってしまう。 そう感じるくらいに……すごい。 2人の間に私が一切介入する余地がないのも素晴らしい。 2巻の表紙もめちゃくちゃ良くて、山田がこっちにじゃがりこの容器を向けている……と見せかけて後ろの窓を見ると実は市川がこの位置に立っていたと分かる構図も最高だったけど、如何せんあれは 「カップルの間に挟まる間男」状態だったのでこれで心置きなく存在を抹消できる。 どうか私のことなんて構わず2人で好きにしててくれ……。 今回インターミッション的にTwitterで掲載されていた短編漫画も合間合間に挿入されているけどこれもヤバい。 ほとんど本編みたいなものだから全然途中休憩の体をなしていない。 戦闘が継続しているよ?一冊丸ごとの殺傷力が半端じゃない。 タワーディフェンスで自軍をゴリゴリ削られていく感覚に近い。 どれだけ守りを万全にしても全く歯が立たない圧倒的な『殺意』を感じる。 ヤバい。 みなさん!僕ヤバ3巻はもう手に入れましたか?たくさんの購入報告や感想などありがとうございます。 情報そのものじゃん。 こんなの見せられたら誰だって原さんみたいな顔するよ?なにこれ、のりお先生2人のこと飼ってるの?? 「言葉にできない」、ツイヤバの中でトップクラスに好きなんだよね……。 矩形の「大丈夫? 保健室行く?」の殺傷力が……ちょっと尋常じゃない。 漫画の表現技法の極致だと思う。 他愛のない会話や体育の風景がどんどん遠ざかって、鈍化する時間の流れの中、視線は山田に注がれ続け、市川の心の独白だけが静かに響いていく……。 ヤバい、また口から砂糖を吐いてしまう。 危ない。 書き下ろしの「きずあと」もダメですよこれは。 もうどれだけ2人で秘密を共有していると思ってるんですか。 もう数え切れないくらい積み重なって地層みたいなもんになってますよ。 このまま押しつぶされて石灰岩かチャートになれって言うんですか。 生命を許されていない。 死んでしまう……。 表紙の丸コマがみんな山田な中、一人だけメイド服市川が混じってるの強すぎる。 アウトだと思う。 3巻のエピソードはだいたい更新の度に感想を書き殴っていたので今さら言葉を重ねることはしないけど、やっぱりKarte40から43の流れがめちゃくちゃ最高なんだよね……正直、市川と山田がイチャイチャしてるだけで楽勝で1巻2巻持たせられるのはツイヤバを読んでれば伝わってくるんだけど(というかのりお先生は何でもないケの日をハレに変えるのが上手すぎてめちゃくちゃビビる)、そこを変に引き伸ばさずに更に二人の仲が前へ進む展開へ舵を切ったのは、その先に描きたいものがあることが伝わってきてめちゃくちゃ信頼感がある。 そう、信頼感があるんですよ。 ちょっともう自分でも何が書きたいのか全然分からなくなったので晒して供養することにします。 「こいつだったら背中を預けてもいい」という意味での信頼なんですよね。 僕ヤバは読んだら口から虹色の砂糖がゲロゲロ出てくる致死性のラブコメ…… というかラブそのものなんですけど、初めから読み返しても話がちゃんと進展し続けていて、心地良い停滞に留まらないパワーを持ち続けていることが3巻を読んで再認識できたので、これで安心して渋谷デート編で死ねます。 のりお先生ありがとう。 (終わりです).

次の

僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ) 6.8よりトート/マグ/コースター等 予約受付中!

僕の心のヤバいやつ

概要 『僕の心のヤバイやつ』とは、「」による漫画作品。 通称は「僕ヤバ」。 平成30年第15号から連載開始。 5話目以降秋田書店のweb漫画サイト「マンガクロス」に移籍し、現在も同所にて月に1~2話のペースで連載中。 既刊2巻。 ジャンルは。 「陰キャと陽キャは思考回路や行動様式が決定的に異なる」という設定を通底しつつ、陰キャの主人公・市川と、陽キャのヒロイン・山田の少しずつ変化する関係性や距離感を丁寧に描く。 特徴として内容は主に市川のモノローグによって語られ、ヒロインの山田をはじめ他の登場人物の心境は一切描写されない。 そのため一種のミステリー的な側面もあり、情報をあえて明示せず読者の想像に任せる手法が頻繁に用いられることに加え、さりげない描写が伏線となり、複数のエピソードをまたいだ後に回収されることもある。 そのため、Twitterを中心に読者による考察や議論が盛んに行われている。 同作者が平行してチャンピオンに連載しているではでも描かれていた下ネタやエロネタが中心に描かれているのに対し、こちらは、ラブコメ要素がふんだんに描かれている。 「次にくるマンガ大賞2019」ではWEB部門第5位を獲得。 また、「このマンガがすごい!2020」ではオトコ編3位にランクインする快挙を成し遂げた。 また、マンガクロス掲載の本編とは別に、一枚絵のイラストや2~4ページ程度の短編がに頻繁に投稿されている。 本編との時系列関係は明確にされていないが、二人の距離感が本編より明らかに近くなっているものが多い。 これらのショートエピソードは単行本には収録されていないが、Twitterでの発表後、 内容 学園カースト頂点の美少女・の殺害を妄想してはほくそ笑む、重度の中二病の陰キャ・。 だが山田を観察する内に、京太郎が思う「底辺を見下す陽キャ」とは全然違うことに徐々に気づいていき…!? 陰キャ男子・京太郎の初めて恋、始まる。 中学二年生。 背が小さく地味で陰気な印象を与える、学園カースト底辺の陰キャ男子。 常に前髪で右目を隠している。 成績は良いが重度の中二病を患っている。 当初は学園カースト頂点の陽キャ美少女モデルJC・山田杏奈の殺害を妄想してはほくそ笑む危ない男子……だった。 主に図書室に生息し、猟奇的な内容の本を読むことを日課としていたが、そこに山田がお菓子を隠れて食べに来るようになってから状況が一変。 山田が思っていたような存在でなかったことを知り、やがて自分が彼女に恋をしていることを知る。 中二病らしくクールを気取ってはいるが、実は底抜けに優しくお人よしな性格。 周囲の心の機微に敏感で、自分のことでもないのに勝手にハラハラし、裏からこっそり手助けしたり、時に自己犠牲をためらわずに突っ込んでしまうことも多い。 一人称は「僕」だが、人と話すときは「俺」に変えている。 ちなみに持っている財布は式。 山田杏奈 ヒロイン。 中学二年生。 学校一の美人として有名な陽キャ美少女であり、芸能事務所に所属するプロの雑誌モデルとして活躍している。 当然ながら学園カーストの頂点に君臨し、クラスメイトの男子はもちろん先輩からも言い寄られているが、男には興味がなく、いつも女子同士でつるんでいる。 芸名は秋野杏奈。 長身かつスタイル抜群であり、身長は市川(152cm)よりかなり高い(171cm)。 が、大人びた外見に反して性格はかなり子供っぽく、すぐ泣いたり笑ったりするなど感情表現が豊か。 何事も一生懸命に取り組むものの、とことん大雑把で不器用なため失敗も多い。 また非常に食い意地が張っており、いつもお菓子を持ち歩いて食べている(もちろん校則違反)。 お菓子をこっそり食べられる場所として図書室を訪れて以降、今までほとんど存在を認識していなかった市川との交流が始まり、やがて彼に興味を抱いて積極的に絡んでいくようになる。 その攻勢は慣れるにつれどんどん強火になり、最早積極的というレベルを超え…OK山田。 わかった。 ちょっと落ち着け、待て!やめろ!! 市川が壊れる!!! こうした積極性にも拘わらず、市川は 「山田のような美少女が自分に惚れるはずがない」「むしろ自分が近くにいると山田に迷惑がかかる」と固く信じ込んでいるため、二人の仲は一向に進展しない。 最近では市川が原さんといった他の女子と絡んでる姿を見て不機嫌そうな顔を見せたりしている。 前述の通り、彼女の内面は本作において一切語られない。 小林ちひろ 足立(画像右下右側) 市川・山田の同級生の男子。 ウェイ系のノリでセクハラトークを平然とかましてくるゲス野郎。 山田に言い寄るが、まるで相手にされていない。 市川からも内心で呆れられているが、時に市川を同類認定して親しげに話しかけてくる。 神崎(画像右下左側) 市川・山田の同級生。 市川からは「ブス専くん」と内心で呼ばれているが、別にブス専ではない。 比較的真面目でおとなしい男子だが、それだけではない。 原さんのことが好き。 南条先輩 市川や山田と同じ中学に通う先輩男子。 通称「ナンパイセン」又は「ナンパイ」。 手段を選ばず山田にしつこく言い寄るチャラ男で、山田グループ内ではクズと認識されている模様。 とはいえ、川に落ちた市川のチャリを引き上げるのを手伝ったりと、全面的な悪人ではない。 市川姉 京太郎の五歳年上の実姉。 現在大学生。 口は悪いがなんだかんだ付き合いのいい弟を溺愛している模様。 京太郎からは「おねえ」と呼ばれている。 冒頭3話及び最新3話、番外編が無料公開されている。 新着情報、本編の予告、補足情報の公開、ネーム公開等が随時行われている。 かなりの頻度で新作も投下されるため油断がならない。 このマンガがすごい!オトコ編第3位にランクインした記念に作成されたPV。 まさかの実写。 山田役は豊島心桜、市川役は原田暖之介が演じている。 関連記事 親記事.

次の