静岡 高校 野球。 鈴木 翔也(静岡)

鈴木 翔也(静岡)

静岡 高校 野球

来月11日開幕の「夏季静岡県高校野球大会」の組み合わせが27日、代理抽選によって決まった。 優勝候補の静岡商は2回戦から出場し、星陵対桐陽の勝者と対戦。 昨夏県王者の静岡高は、1回戦で三島北と対する。 両校はこの日、校内のグラウンドで練習試合を行い、静岡商のエース高田琢登投手(3年)が昨秋県王者の藤枝明誠戦に先発。 4回1安打無失点と好投した。 静岡は加藤学園と対戦。 7回に4番関宮楓馬捕手(3年)が犠飛を放ち、6-5でサヨナラ勝ちした。 序盤は、直球を主体とした投球を披露。 途中から変化球中心の配球へ変え、相手に的を絞らせなかった。 4回、2番から始まる相手の攻撃に「全部三振を狙った」とギアを上げ、3者凡退に仕留めた。 4イニングで4奪三振無四球。 許した走者は、味方エラーと左前打による2人だけだった。 この日、プロ6球団のスカウトが集まり「緊張するかと思っていましたが、そんなに気にならなかったです」とあっさりした様子。 「まだ球速も足りないし(この日最速は144キロ)、コースの使い分けができていなかった」と、冷静に反省点を述べた。 県独自大会の組み合わせも決まり、「やっと大会が始まるという感じ。 もっとモチベーションを上げて頑張りたい」と意欲を示した。 来月18日に迎える初戦は、星陵対桐陽の勝者が相手。 「相手は勢いを持って来ると思うが、自分の投球でその勢いを止めたい」と力を込めた。 1週間後の来月5日には、ライバル静岡との練習試合を予定している。 「絶対に負けたくないので、静高戦に向けて最高の状態に持っていきたい」。 高田の夏が、熱くなってきた。 【河合萌彦】 photo• 野球 矢野監督「波に乗れないな」一問一答 []• プロ野球 [6月28日 23:32]• コラム [6月28日 22:39]• プロ野球 [6月28日 22:29]• プロ野球 [6月28日 22:26]• プロ野球 [6月28日 22:26]• プロ野球 [6月28日 22:18]• プロ野球 [6月28日 22:13]• プロ野球 [6月28日 22:11]• プロ野球 [6月28日 22:10]• プロ野球 [6月28日 22:10]• プロ野球 矢野監督「波に乗れないな」一問一答 []• プロ野球 [6月28日 23:32]• プロ野球 [6月28日 22:29]• プロ野球 [6月28日 22:26]• プロ野球 [6月28日 22:26]• プロ野球 [6月28日 22:18]• プロ野球 [6月28日 22:13]• プロ野球 [6月28日 22:11]• プロ野球 [6月28日 22:10]• プロ野球 [6月28日 22:10]• コラム [6月28日 22:07]• 高校野球 明石商1年金岡ほろ苦デビュー 監督期待の主砲候補 []• 高校野球 [6月28日 21:01]• 高校野球 [6月28日 20:10]• 高校野球 [6月28日 18:56]• 高校野球 [6月28日 13:54]• 高校野球 [6月28日 13:53]• 高校野球 [6月28日 10:37]• 高校野球夏の地方大会 [6月28日 9:55]• 高校野球夏の地方大会 [6月28日 9:55]• 高校野球夏の地方大会 [6月28日 9:55]• 高校野球夏の地方大会 [6月28日 9:55]• 大学・社会人 BC神奈川の注目ルーキー杉浦、1回2失点デビュー []• アマ野球 [6月28日 8:48]• アマ野球 [6月27日 17:46]• アマ野球 [6月25日 15:58]• アマ野球 [6月24日 16:28]• アマ野球 [6月24日 16:27]• アマ野球 [6月23日 23:14]• アマ野球 [6月23日 18:51]• アマ野球 [6月23日 6:00]• アマ野球 [6月20日 19:19]• アマ野球 [6月19日 17:59]•

次の

静岡商エース高田「球速足りない」好投も冷静に反省

静岡 高校 野球

沿革 [ ]• 第1回・第3回は静岡県からの出場校はなし。 1916年(第2回)から1922年(第8回)までは• 1923年(第9回)から1930年(第16回)はとの• 1931年(第17回)から1935年(第21回)はと神奈川との• 1936年(第22回)から1957年(第39回)は山梨との• 1958年(第40回)以降は静岡単独となる。 使用球場 [ ]• (主会場。 開会式、開幕試合、決勝戦が行われる)• (2010年・92回大会決勝会場)• (2012年・94回大会決勝会場)• (準々決勝戦まで)• 焼津球場• 裾野球場• 磐田球場• 浜岡球場 かつては、、浜北球場も使用されていた。 大会結果 [ ] 年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考 全国大会 1958年() 58 11 - 0 掛川西 2回戦敗退 1959年() 11 - 0 静岡市立 2回戦敗退 1960年() 1 - 0 静岡商 準優勝 1961年() 5 - 1 東海大一 1回戦敗退 1962年() 2 - 1 静岡商 1回戦敗退 1963年() 静岡 4 - 2 東海大一 2回戦敗退 1964年() 4 - 1 2回戦敗退 1965年() 4 - 3 静岡 2回戦敗退 1966年() 静岡商 6 - 5 掛川西 2回戦敗退 1967年() 浜松商 1 - 0 清水東 1回戦敗退 1968年() 静岡商 4 - 0 準優勝 1969年() 静岡商 1 - 0 静岡 準々決勝敗退 1970年() 静岡 3 - 0 1回戦敗退 1971年() 6 - 0 浜松西 準々決勝敗退 1972年() 5 - 2 浜松商 準々決勝敗退 1973年() 静岡 5 - 1 準優勝 1974年() 静岡商 5 - 2 清水市商 準々決勝敗退 1975年() 浜松商 3 - 1 静岡学園 延長10回 3回戦敗退 1976年() 東海大一 2 - 1 3回戦敗退 1977年() 掛川西 1- 0 東海大一 1回戦敗退 1978年() 静岡 7 - 3 東海大工 2回戦敗退 1979年() 4 - 3 市沼津 延長10回 2回戦敗退 1980年() 浜松商 4 - 0 浜松西 準々決勝敗退 1981年() 3 - 0 東海大工 2回戦敗退 1982年() 静岡 5 - 1 富士 1回戦敗退 1983年() 東海大一 2 - 1 静岡 3回戦敗退 1984年() 浜松商 4 - 1 東海大一 2回戦敗退 1985年() 東海大工 5 - 2 静清工 2回戦敗退 1986年() 3 - 0 静岡商 1回戦敗退 1987年() 静岡 7 - 2 2回戦敗退 1988年() 浜松商 4x - 3 延長13回 準々決勝敗退 1989年() 9 - 8 1回戦敗退 1990年() 浜松商 6 - 2 2回戦敗退 1991年() 4 - 3 東海大工 2回戦敗退 1992年() 3 - 2 静清工 2回戦敗退 1993年() 掛川西 4 - 2 静岡商 2回戦敗退 1994年() 3 - 1 静岡 1回戦敗退 1995年() 14 - 2 興誠 3回戦敗退 1996年() 3x - 2 掛川西 1回戦敗退 1997年() 浜松工 3 - 0 興誠 3回戦敗退 1998年() 掛川西 2 - 1 浜松工 1回戦敗退 1999年() 静岡 15 - 1 常葉橘 3回戦敗退 2000年() 浜松商 4x - 3 常葉菊川 延長10回 2回戦敗退 2001年() 114 静岡市立 3 - 1 東海大翔洋 1回戦敗退 2002年() 114 6 - 4 浜松商 2回戦敗退 2003年() 116 静岡 4 - 0 3回戦敗退 2004年() 118 東海大翔洋 7 - 5 静岡商 3回戦敗退 2005年() 119 4 - 3 富士宮北 2回戦敗退 2006年() 119 静岡商 2 - 0 浜名 2回戦敗退 2007年() 120 常葉菊川 9 - 2 静岡商 準決勝敗退 2008年() 119 常葉菊川 9 - 1 静岡 準優勝 2009年() 119 10 - 0 浜名 3回戦敗退 2010年() 118 常葉橘 5 - 3 常葉菊川 1回戦敗退 2011年() 118 静岡 3 - 1 1回戦敗退 2012年() 119 常葉橘 4 - 3 静岡商 1回戦敗退 2013年() 117 常葉菊川 1x - 0 3回戦敗退 2014年() 113 静岡 3 - 2 掛川西 1回戦敗退 2015年() 112 静岡 5 - 1 1回戦敗退 2016年() 112 常葉菊川 12 - 0 2回戦敗退 2017年() 112 23 - 10 日大三島 1回戦敗退 2018年() 111 常葉大菊川 6x - 5 3回戦敗退 2019年() 112 静岡 3x - 2 1回戦敗退 放送体制 [ ]• で開会式と準決勝以降を中継(2018年までは4回戦以降、同局webでは地上波で中断される時間帯の試合が配信される。 2016年以降は地上波と同時配信も行う)、(・)で準決勝と決勝が生中継される。 放送では、NHK静岡放送局(準決勝以降、2018年までは準々決勝以降)、(準々決勝以降)、2009年よりが市内の高校の出場する試合を中継している。 が三島・田方地区の試合を中心に愛鷹球場から中継。 では、1回戦から3回戦まで愛鷹球場での試合を生中継する。 2014年からは2つのチャンネルを使い草薙球場の試合も同時に生中継する。 2016年は草薙球場の試合がメインとなり愛鷹球場の試合は中継を行うが生中継は一部の日程になる。 また同年は島田球場の1回戦から3回戦の全試合も録画中継する。 2017年からは草薙・愛鷹を生中継、清水庵原・島田の試合を録画放送、2019年は浜松球場の試合も録画放送する。 では浜松球場で開催される1回戦から3回戦までの試合を生中継する。 かつては、テレビ、からも中継されていた。 脚注 [ ] [].

次の

静岡)高校野球の県独自大会 組み合わせ決まる

静岡 高校 野球

沿革 [ ]• 第1回・第3回は静岡県からの出場校はなし。 1916年(第2回)から1922年(第8回)までは• 1923年(第9回)から1930年(第16回)はとの• 1931年(第17回)から1935年(第21回)はと神奈川との• 1936年(第22回)から1957年(第39回)は山梨との• 1958年(第40回)以降は静岡単独となる。 使用球場 [ ]• (主会場。 開会式、開幕試合、決勝戦が行われる)• (2010年・92回大会決勝会場)• (2012年・94回大会決勝会場)• (準々決勝戦まで)• 焼津球場• 裾野球場• 磐田球場• 浜岡球場 かつては、、浜北球場も使用されていた。 大会結果 [ ] 年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考 全国大会 1958年() 58 11 - 0 掛川西 2回戦敗退 1959年() 11 - 0 静岡市立 2回戦敗退 1960年() 1 - 0 静岡商 準優勝 1961年() 5 - 1 東海大一 1回戦敗退 1962年() 2 - 1 静岡商 1回戦敗退 1963年() 静岡 4 - 2 東海大一 2回戦敗退 1964年() 4 - 1 2回戦敗退 1965年() 4 - 3 静岡 2回戦敗退 1966年() 静岡商 6 - 5 掛川西 2回戦敗退 1967年() 浜松商 1 - 0 清水東 1回戦敗退 1968年() 静岡商 4 - 0 準優勝 1969年() 静岡商 1 - 0 静岡 準々決勝敗退 1970年() 静岡 3 - 0 1回戦敗退 1971年() 6 - 0 浜松西 準々決勝敗退 1972年() 5 - 2 浜松商 準々決勝敗退 1973年() 静岡 5 - 1 準優勝 1974年() 静岡商 5 - 2 清水市商 準々決勝敗退 1975年() 浜松商 3 - 1 静岡学園 延長10回 3回戦敗退 1976年() 東海大一 2 - 1 3回戦敗退 1977年() 掛川西 1- 0 東海大一 1回戦敗退 1978年() 静岡 7 - 3 東海大工 2回戦敗退 1979年() 4 - 3 市沼津 延長10回 2回戦敗退 1980年() 浜松商 4 - 0 浜松西 準々決勝敗退 1981年() 3 - 0 東海大工 2回戦敗退 1982年() 静岡 5 - 1 富士 1回戦敗退 1983年() 東海大一 2 - 1 静岡 3回戦敗退 1984年() 浜松商 4 - 1 東海大一 2回戦敗退 1985年() 東海大工 5 - 2 静清工 2回戦敗退 1986年() 3 - 0 静岡商 1回戦敗退 1987年() 静岡 7 - 2 2回戦敗退 1988年() 浜松商 4x - 3 延長13回 準々決勝敗退 1989年() 9 - 8 1回戦敗退 1990年() 浜松商 6 - 2 2回戦敗退 1991年() 4 - 3 東海大工 2回戦敗退 1992年() 3 - 2 静清工 2回戦敗退 1993年() 掛川西 4 - 2 静岡商 2回戦敗退 1994年() 3 - 1 静岡 1回戦敗退 1995年() 14 - 2 興誠 3回戦敗退 1996年() 3x - 2 掛川西 1回戦敗退 1997年() 浜松工 3 - 0 興誠 3回戦敗退 1998年() 掛川西 2 - 1 浜松工 1回戦敗退 1999年() 静岡 15 - 1 常葉橘 3回戦敗退 2000年() 浜松商 4x - 3 常葉菊川 延長10回 2回戦敗退 2001年() 114 静岡市立 3 - 1 東海大翔洋 1回戦敗退 2002年() 114 6 - 4 浜松商 2回戦敗退 2003年() 116 静岡 4 - 0 3回戦敗退 2004年() 118 東海大翔洋 7 - 5 静岡商 3回戦敗退 2005年() 119 4 - 3 富士宮北 2回戦敗退 2006年() 119 静岡商 2 - 0 浜名 2回戦敗退 2007年() 120 常葉菊川 9 - 2 静岡商 準決勝敗退 2008年() 119 常葉菊川 9 - 1 静岡 準優勝 2009年() 119 10 - 0 浜名 3回戦敗退 2010年() 118 常葉橘 5 - 3 常葉菊川 1回戦敗退 2011年() 118 静岡 3 - 1 1回戦敗退 2012年() 119 常葉橘 4 - 3 静岡商 1回戦敗退 2013年() 117 常葉菊川 1x - 0 3回戦敗退 2014年() 113 静岡 3 - 2 掛川西 1回戦敗退 2015年() 112 静岡 5 - 1 1回戦敗退 2016年() 112 常葉菊川 12 - 0 2回戦敗退 2017年() 112 23 - 10 日大三島 1回戦敗退 2018年() 111 常葉大菊川 6x - 5 3回戦敗退 2019年() 112 静岡 3x - 2 1回戦敗退 放送体制 [ ]• で開会式と準決勝以降を中継(2018年までは4回戦以降、同局webでは地上波で中断される時間帯の試合が配信される。 2016年以降は地上波と同時配信も行う)、(・)で準決勝と決勝が生中継される。 放送では、NHK静岡放送局(準決勝以降、2018年までは準々決勝以降)、(準々決勝以降)、2009年よりが市内の高校の出場する試合を中継している。 が三島・田方地区の試合を中心に愛鷹球場から中継。 では、1回戦から3回戦まで愛鷹球場での試合を生中継する。 2014年からは2つのチャンネルを使い草薙球場の試合も同時に生中継する。 2016年は草薙球場の試合がメインとなり愛鷹球場の試合は中継を行うが生中継は一部の日程になる。 また同年は島田球場の1回戦から3回戦の全試合も録画中継する。 2017年からは草薙・愛鷹を生中継、清水庵原・島田の試合を録画放送、2019年は浜松球場の試合も録画放送する。 では浜松球場で開催される1回戦から3回戦までの試合を生中継する。 かつては、テレビ、からも中継されていた。 脚注 [ ] [].

次の