お腹 の 脂肪 を 落とす 運動。 確実にお腹の脂肪を落とす筋トレの方法。自宅でも短期間で簡単に落とせる

男性がお腹の脂肪を取る方法5選!筋トレや食事など重要なポイントを徹底解説

お腹 の 脂肪 を 落とす 運動

お腹の脂肪を落とす食事と運動。 特にして欲しい運動とは? お腹の脂肪を落とす方法を紹介します。 お腹の脂肪を落とすには食事と運動です。 難しいことをする必要はありません。 そしてお腹の脂肪を減らすためにして 特にして欲しい運動があります。 それでは順番に説明します。 ぽっこりお腹が気になる 女性の体で一番気になるのは、 ぽっこりお腹ではないでしょうか。 お腹がぽっこりしている人は多く、 このお腹の脂肪を落とすのが難しいのです。 ではどうしたらこのお腹の脂肪を 落とす事が出来るのでしょうか? お腹の脂肪を落とすには? お腹の脂肪はなかなか落ちないので、 食事制限や運動をコツコツ頑張って 落とすしかありません。 ですがお腹の脂肪を落とすからと言って、 特別なダイエットは必要ありません。 一般的なダイエットと同じ 運動と食事制限をして下さい。 そして、お腹の脂肪は落ちにくいので、 長く続ける事がコツです。 無理なダイエットをせず、 長く続く簡単なダイエット方法がオススメです。 お腹の脂肪を落とす運動 運動は水泳やランニングなど 苦しくて、続かない事をしなくても良いです。 水泳やランニングをする時間を、 毎日、歩けば良いのです。 ランニングなど辛いことを するから長く続かないのです。 歩く方がずっと簡単で、長続きします。 お腹の脂肪を落とす特別な運動 お腹の脂肪を落とすのに、 特別な事をしなくて良いと書きましたが、 1つだけして欲しい運動があります。 それが腹筋運動です。 腹筋はお腹の脂肪を落とすのに良い運動です。 でも腹筋は長時間出来ません。 腹筋だけでお腹の脂肪を 落とそうとするから大変なので、 長く続ける事ができません。 そこで歩く運動を平行させます。 歩くことを平行する事で、 簡単にお腹の脂肪が落とせます。 お腹の脂肪を落とす食事 無理な食事制限は長続きしません。 糖質制限ダイエットや 朝食置き換えダイエットがお勧めです。 朝食置き換えダイエットは、 酵素ドリンクに豆乳を 混ぜると腹持ちがよくなります。 まとめ お腹の脂肪を落とすには食事と運動が大事です。 でも苦しい運動をする必要はありません。 歩くだけでダイエット効果はあります。 そして、お腹の脂肪を落とすのに、 やって欲しいのは腹筋です。 腹筋をする事で、ぽっこりお腹は解消します。 そして朝食置き換えダイエットを平行すると良いです。

次の

お腹周りの脂肪を落とす方法|食事+運動でダイエットを加速させよう

お腹 の 脂肪 を 落とす 運動

たるんだを引き締めたい。 できるだけ短期間で何キロか痩せたい。 が割れたらさらに理想的。 これらはとても健康的な願望。 何せと、2型糖尿病や心臓病のリスクも減少しますし、全体的にが作り上げられちゃうから。 つまりお腹周りの脂肪を減らすことは、健康的な生活への第一歩ということ。 これがなかなか難しい。 なぜってすぐにできるようなことなら、みんなこのようなを手にしているでしょう。 ですが、計画を練った運動プランを継続することで、理想の脂肪率とお腹周りを手に入れることだって。 まずは「部分減量」ができないということを知りましょう。 筋肉をつけたい部位を決めることはできても、お腹だけ、太ももだけを細くする…なんてことは生理的に不可能。 ある部位に効くエクササイズだけをしたからといって、その部分の皮下脂肪のみ取り除かれるなんてことはないのです。 100回腹筋すれば腹筋は鍛えられるかもしれませんが、上半身に溜まっている脂肪が減るとは限りません。 ではお腹の脂肪をなくすためにはどうすればいいのか。 まずは体重を落とすことです。 するとお腹からとれるお肉もあれば、その他の部位からとれるお肉もあるでしょう。 ただし「脂肪がつきやすい箇所」は否めないもの。 お腹周りにつきやすいという人もいれば、太ももやお尻につきやすいという人もいます。 そのため、全体的に体重が増えているのになぜか一箇所に集中しているように見えてしまうわけ。 でも反対に体重を落とすと、その部分から脂肪が落ちてくれる…なんて嬉しい話も。 その代わり、胸、腕、脚、お尻、顔…全体の脂肪分も落ちてしまうでしょう。 とにかく「部分痩せ」という仮説は信じないことです。 脂肪を落としたいのなら、まずは全体の脂肪率を下げる必要があります。 つまりは、体重を落とす必要がある、ということ。 (ただしかなり運動を怠ったってしまっている場合、筋肉をつけるのはかなりの苦行です) 私がまとめたプランを継続すればそこまで体重を落とす必要はないはず。 なぜなら体が勝手に脂肪をエネルギーへと変えてくれる方法を伝授するからです。 とは言え、いくらか体重を落とす必要は出てきます。 体重を落とさず脂肪を落とせるとは思わないこと。 これが秘訣。 では早速始めていきましょう。 一日のなかにつくる 「断食タイム」 断続的な断食の詳しい取り組み方は、このに事細かく説明しています。 これは 「ダイエット」ではなく、食生活への取り組みを変えることと捉えたほうが正確。 もちろんカロリー減量プランと並行してやるのもOK。 すると、脂肪の燃焼率はアップ、さらには筋肉がつきやすい体づくりができるでしょう。 それでは早速やり方をご紹介します。 まずは、満腹と空腹の状態を想像しましょう。 食べ始めると、体は「満腹の状態」にシフトします。 完食後3〜5時間ほどはこの「満腹の状態」が続きます(何をどれくらいの頻度で食べたか、ひとりひとりの新陳代謝などにより個人差は生じます)。 この間、インシュリン量は自然と上昇。 インシュリン量が高いと、直近で摂取したものからエネルギーが差し引かれるため、蓄積されている脂肪は燃焼されません。 インシュリン量が下がり、消化器官が落ち着き始めるのは、食後3〜5時間経ってからです。 では、蓄積されている脂肪はいつ燃やされるのか? 答えは、食後8〜12時間経ってから。 (なんでもっと早く脂肪を燃やさないの?なんて思うかもしれませんが、そう上手くいかないもの。 なんて言ったって、体は脂肪にすがりたがるものなのです) つまり 満腹の状態では脂肪は燃やせないということ。 空腹のときこそ、体は脂肪を燃やし始めるのです。 しかし前述の通り、空腹の状態が得られるのは食後から8〜12時間後。 それでは朝7時に朝食を食べ、夜9時まで何も食べないということになりますよね。 だからこそ断続的に「16時間断食」をするのです。 すると運動法や食事法を変えずに、脂肪率が自然と落ちてくれます。 科学的見解をお教えしましょう。 とあるでは、被験者にこの食事法に8週間ほど挑んでもらったそう。 断食をせずに同じものを食べ、同じように運動した人はとくに減量しなかったものの、前述の彼らは1. 5キロほど脂肪分を落とせたと言います。 有名人を例に出すと、ウルバリンの役を演じるためにが断続的断食に挑んだそう。 そうして彼は9キロほど筋肉をつけると同時に体重を落とすことに成功したのだとか。 (彼は、体をスッキリさせると同時に筋肉をつけることが可能なことを証明してくれましたが、これはかなりの苦行) でもこれで断続的断食の効果がわかったでしょう。 ルールは簡単。 8時間食べたら、その後16時間は食べない。 これだけです。 (18時間断食する人もいるそうですが、そこまでお腹に何も含まないのは何がなんでも長すぎる気がします) いつ何を食べるかはあなたが自由に決めてOK。 あなたのライフスタイルに合わせて、断食を生活に取り入れましょう。 ほとんどの人は朝起きてしばらくしてから食べるそうですが、午後3時、4時くらいに食べたっきり夜まで何も食べないというよりかは、早めに食べておくほうが私は楽。 それに朝食べる前に運動するのが日課なら、でしょう。 ダブルで脂肪を燃やしたいのなら… 02. そして参加者の半数には、朝食前に運動をするよう指示を出しました。 すると運動したグループのほとんどは摂取量を増やしたにも関わらず体重は増えず、インシュリンの分泌量も健康だったようです。 ですが、この結果は日中の運動量に左右されている可能性もあるため、正確性には疑わしさが残ります。 いずれにしても、空腹の状態で運動すると脂肪が燃えるという点は確かと言えるでしょう。 運動をしている最中も、日中を通しても、脂肪は燃え続けるものなのです。 つまり 今の体重を維持しながらもっと食べたいのなら、早めに起きて朝食前に運動することがオススメ。 さらにはためにも朝食前の運動は効果的です。 ヴァーモント大学での調べによると、中強度のエアロビをし、心拍数を平均で一分間に112回としたところ、参加者はエクササイズ後12時間ほど前向きな気持ちを維持できたそう。 気分が良くなるのに加え、減量ができるなんて夢のような話じゃありませんか?でもさすがに毎日は…と思っているかもしれません。 わかります。 それなら週1回はどうでしょう?それができるようになったら週2に増やしてみる…なんていうのもアリ。 週7を目指して、できたのが週4〜5回に20分程度だったとしても、やらないよりかは全然マシですよ。 強度を高めるエクササイズを 高強度インターバルトレーニング 以下:HIIT とは、中強度トレーニングと高強度トレーニングを織り交ぜたもの。 (最も効果的なHIITトレーニングはからチェック) 普通の有酸素運動よりも効果的なのがHIITです。 ずっと同じペースで運動をする「有酸素運動」だと、体が運動量に慣れてくるため、逆に体に蓄積されているカロリーにしがみつこうとするのです。 (体はあなたがどれだけの時間、どれだけ激しくワークアウトするのかを予期できませんからね) ですが、HIITはカロリーを積極的に消費していきます。 それしか選択肢がないからです。 ラバル大学の研究によると、HIITに取り組んだ人のほうが有酸素運動を続けた人に比べて9倍ほど脂肪燃焼率がアップしたそう。 ではHIITとはどのような運動を指すのでしょう? たとえば、2分間ジョギングをしたあと1分間ダッシュ。 これを繰り返すだけでOK。 強度を変えながら自転車で運動するのも効果的ですし、階段をダッシュで駆け上り、ジョギングしながら降りていく、なんていうのもOK。 つまり短い時間で高強度な運動をし、それよりちょっと長い中強度の運動で回復する。 このふたつを繰り返すだけ。 だから適当に自転車を漕いでいたり、楽しくエリプティカルで楕円形を描いたり、2キロのダンベルを12回持ち上げて片手でメールをチェック…これでは効果が生まれません。 「高強度」と呼ぶからには、全力で取り組む必要があります。 もちろん疲れます。 だって疲れるものだから。 全く運動していない状態なら、20分間のウォーキングに30秒間隔でジョギングを挟むだけでヘトヘトになって当然です。 バーピーというエクササイズを15回4セットやったら筋肉が悲鳴をあげるかもしれません。 でも継続して取り組むことで、さらに強度を高めた運動に挑めるようになるでしょう。 運動の楽しいところって、自分の器量を広めていけること。 スタート地点を知り、それを越えることを目指していけばいいのです。 そしてこの場合の「成功」は、脂肪を燃やすこと。 なんといっても0. 45キロの脂肪よりも、0. 45キロの筋肉のほうがカロリーを消費しますからね。 さらには筋肉の見えもよくなり、隠れ潜んでいた脂肪も徐々に消えていくでしょう。 何よりも強くなるのって、楽しいものです。 気分がよくなるのもひとつの利点ですが、体が動かしやすくなるので、自然と自信もついちゃうでしょう。 ジムに行きたくないのなら、ジムに行かなくても力と流動性を身につけられるも紹介しているので、興味のある人はチェック。 筋力トレーニングをしたり、ウェイトトレーニングをすると逆に体が大きくなってしまう…なって思っているのなら、心配不要。 これもただの仮説ですから。 体幹を鍛える 腹筋とは、体脂肪率が低いと割れてくるものです。 毎日腹筋をしたとしてもお腹周りに脂肪がついていれば腹筋は姿を現さないでしょう。 締まった体じゃないと、どれだけ腹筋が鍛えられていてもキレイには割れてくれません。 こういった体型に身に覚えのある人は、体幹を鍛えましょう。 とくにやり過ぎる必要はありません。 たとえば棒からぶら下がり腹筋を使って脚を持ち上げるエクササイズを15回3セット。 これを週3〜4回ほどやれば十分。 正しい姿勢で取り組めば、体の中間部分をいっぺんに鍛え上げることができます。 ここまで回数がこなせないのなら、座ったまま腹筋を使って脚を持ち上げるエクササイズ器具があるので、これでコアマッスルを鍛えてみましょう。 それも難しければ、普通の腹筋でもOK。 ただし、難しさを基準にワークアウトを選ばないこと。 まずは棒からぶら下がって脚を持ち上げてみましょう。 それが本当に無理なら器具を使って、座った体制で取り組むこと。 そしてひたすら続けることで腹部をどんどん強化していくことです。 つねにチャレンジを課せることができれば、次第に腹部の脂肪は減ってくれるでしょう。 体幹が鍛えられていると、姿勢もよくなりますし、自然とお腹を引っ込めるようになります。 ウィンウィンですね。 それでは最後の点に進みましょう。 お腹の脂肪を落とすには 「減量する」ところからスタート まずは摂取量が燃焼量を下回るようにしましょう。 つまりは、健康的な食生活を送ること。 体にとって健康的な食事の取り方はすでにご存知なのでは?精白小麦粉や白砂糖は体にとって毒。 精白パンやクッキー、精白パスタや白米、そしてジャガイモもアウト。 (バターや脂肪分の高いチーズなどを含む精白脂肪もアウトです) これらを野菜、フルーツ、そして脂肪分の少ないタンパク質と置き換えましょう。 それだけで少なからずの減量に成功するはずです。 これは。 そうして毎食健康バランスに気を配ること。 必要なのは脂肪分の少ないタンパク質(魚、お肉、卵白、など)に野菜2盛り、もしくは野菜1盛り、果物1盛り。 ベジタリアンなら、タンパク質を欠かさないよう意識しましょう。 でもこのように健康を意識した食生活に切り替えるのには、ある程度計画する必要も出てくるでしょう。 そのため明日食べるものは、前もって準備しておくのが吉。 そうすればいざ食事の時間となったときに焦って決める必要もないはずです。 ダイエットとは、選択肢が多すぎると往々にして失敗してしまうもの。 できるだけ選択肢は絞っておきましょう。 きっともう何を食べるべきなのかはわかっているはず。 もし「知らない」と言うなら、ヘルシーな食生活を避けて通ろうとしているだけでしょう。 さて、正確性を追求するには、毎日同じ時間に体重を測ること。 (私は毎日起床後に計っています)体重とは毎日減るものではありませんが、徐々に減っていれば減量が成功しているサインです。 減っていなければ、食生活を見直しましょう。 食べたものやエクササイズ法を見返して、どこを直せばうまく減量できるかを探っていく作業に打ち込むのです。 自分に素直になれば、修正するべき点はすぐに見つけられるはずです。 そこで、食べたものを記録すると尚いいでしょう。 ホーソン効果が訴えかけるように、行動とは観察できれば変えられるものだから。 それに記録をしておくと、「無意識のうちに食べてる」なんてことがなくなります。 「これくらい平気」と甘くみないで、自制心を培うことができるでしょう。 私たちは、意外と気づかないうちに体に毒を入れているものですからね。 食べたものは全部書き出して、1日の摂取カロリーを計算しましょう。 記録をつけ始めると、記録する前に比べて1日の摂取量は平均で300〜400カロリーほど減ります。 つまり一ヶ月の終わりには、1. 5〜2キロほどの減量に成功しているということ。 ひょっとしたらこの1. 5キロはウエストから消えてくれるかもしれません。 さらには上記の5つを生活に取り入れることでさらに効果的な減量に取り組めるはず。 腹部の脂肪とは、もうさよなら。 これからは、健康的で体の引き締まったあなたを維持するだけです。

次の

脂肪を落とす運動やその方法、たった1週間で効果てきめん!

お腹 の 脂肪 を 落とす 運動

10代の若い頃はなんともなかった。 20代も、前半なら特にお腹を気にすることはなかったと思う。 でも、 30代に差し掛かったあたりから急速にお腹に脂肪が!! そんな人は非常に多いです。 お腹に脂肪がついてはじめて、「あ、もう若くないんだ…」と感じてしまうのだとか。 服を着ているときはあまり気にならなくとも、脱げば(逆に)すごい体型。 お腹に脂肪が溜まっていると、年齢以上に老けて見られてしまいます。 お腹の脂肪を落としたいと思っても、なかなか体型が変わらずダイエットを諦めてしまう人も多いですよね。 でも、お腹の脂肪を落とす方法はたくさんあります。 そして、 意外と簡単にお腹の脂肪を落とすことはできるんです。 確かに1日や2日でお腹の脂肪が変わることはありません。 ですが、1ヶ月あれば確実にお腹の脂肪は落とせます。 このページでは、 お腹の脂肪に悩む男性のために、お腹の脂肪を落とす方法を徹底考察してみました。 お腹の脂肪が気になる方は、ぜひ自分にあった方法を見つけてくださいね。 お腹の脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪の2種類 一言でお腹の脂肪がヤバいといっても、実は お腹の脂肪は2種類に分けることができるってご存知ですか??お腹の脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があるんです。 どちらも問題のある脂肪なので、まずはその違いを見てみましょう。 内臓脂肪は男性に付きやすい まず、内臓脂肪は腹筋と内蔵の間につく脂肪のことで、腹部がぽっこりと膨らんだ体型になりやすいことが特徴です。 他にも 内臓脂肪は女性よりも男性に多く、短期間で蓄積されやすいという傾向もあります。 内臓脂肪がついてもなかなか気づくことが難しいです。 見た目に現れにくいので、気づかないうちに大量の内臓脂肪がついていた、なんてこともありえます。 自分でも意外と気づきません。 中年男性に多いような、パンパンに膨らんだお腹は皮下脂肪よりも内臓脂肪が蓄積されています。 皮下脂肪は女性に付きやすい 皮下脂肪はお腹の皮膚の脂肪のことです。 つまんでブヨブヨと感じる脂肪で、 皮下脂肪は逆に男性よりも女性に付きやすい です。 皮下脂肪は見た目に現れやすく、場所によっては少しの皮下脂肪でも体型に大きな影響があります。 お腹周りだけでなく二の腕や太ももにも付きやすいので、悩む女性は非常に多いです。 内臓脂肪とは違いパンパンに膨らむような太り方でなく、ぶよぶよとたるんだような太り方になります。 内臓脂肪は付きやすく、皮下脂肪は付きにくい お腹に脂肪が付きやすいと感じる人は多いかもしれませが、先程の2種類によって脂肪の付き方は異なります。 皮下脂肪はゆっくりと蓄積される傾向がありますが、 内臓脂肪は短期間で蓄積されてしまうという特徴があります。 内臓脂肪は男性は簡単に内臓脂肪を蓄えてしまうということですね。 しかも自分では気づきづらいのがやっかいな点です。 内臓脂肪は落としやすく、皮下脂肪は落としにくい 逆に、内臓脂肪は落としやすいのですが、皮下脂肪は落とすために時間が必要です。 ゆっくりと蓄積されるので、そのぶんゆっくりと分解されるということですね。 お腹の脂肪が落としにくいと感じるのはこのためです。 目につきにくい内臓脂肪から分解されま、目に止まりやすい皮下脂肪はあとになって分解される ので、お腹の脂肪は落としにくいと感じるのです。 お腹の脂肪を落とす方法 食生活の改善 お腹の脂肪の特徴がわかったところで、本題のお腹の脂肪を落とす方法について考えてみましょう。 まず第一に、お腹の脂肪を落とすために一番必要なのは食生活の改善です。 お腹の脂肪が気になる人は必ず食生活に問題があります。 あなたも思い当たるフシがありますよね。 食生活さえ完璧に改善すれば、お腹の脂肪を落とすことができるといっても過言ではありません!一つ一つ見てみましょう。 食生活のポイント カロリー制限 食べ過ぎの人はカロリー制限をしましょう。 極端に落とす必要はないので、 一日の適正摂取量範囲内にすることが目標です。 一日に必要なカロリーは年齢や性差、体格によって違います。 下のサイトで、あなたが一日に必要なカロリーが計算できるので参考にしてみてください。 例えば、一日3000kcalしか消費しないのに、毎日4000kcalキロカロリー摂っていたらどんどん太ります。 当たり前ですよね。 逆の場合だと、体はエネルギーを生み出すために脂肪を分解します。 カロリー摂取量が少なければ少ないほど痩せやすいということになります。 ですが、カロリーは少なければ少ないほどいいというわけではありません。 カロリーとは活動するためのエネルギーのことなので、人間が生きていく上で絶対必用です。 慢性的なカロリー不足になると病気のリスクも高まりますし、栄養が不足しては元も子もありません。 そのため、 現時点で一日の必要カロリーに達していない人はカロリー制限をする必要はありません。 摂りすぎている人だけ制限するように心がけましょう。 単純ですが、実践するとなると難しいですよね。 しかし、継続することで確実にお腹の脂肪を落とすことができます。 食生活のポイント たんぱく質を取る もしあなたにカロリー制限が必要だとわかっても、必ずたんぱく質は摂取しましょう。 カロリー制限をしてエネルギーが不足すると、体は脂肪だけでなく筋肉も分解してしまいます。 筋肉が分解されると代謝が落ちて、一日に消費するカロリーが減るという恐ろしいスパイラルに陥ります。 お腹の脂肪を落とす時にも、筋肉はできるだけ落としてはいけません。 筋肉が落ちると基礎代謝が下がるので、将来的に太る可能性が高まります。 30代、40代の男性だと、一日の推奨摂取量は60グラムです。 例えば、1日卵2個、牛肉150グラム、アジ一尾で補うことが可能です。 下に、一般的な食品100グラムあたりのタンパク質含有量を記載してみました。 肉や魚だと、だいたい2割くらいがタンパク質量だということがわかると思います。 乳製品類のタンパク質含有量• カマンベールチーズ 19. 1グラム• クリームチーズ 8. 2グラム• ヨーグルト 4. 3グラム 食生活のポイント 食物繊維を取る あなたは野菜をしっかり食べていますか?お肉やご飯をしっかり食べる男性は多いと思いますが、野菜をしっかり食べる男性は思いの外少ないそうです。 食事の前に、食物繊維を摂取する癖をつけましょう。 食前に食物繊維を摂ることをオススメする理由は、食物繊維は食べ過ぎを防いでくれるから です。 食物繊維は胃の中で水分を吸って膨れ上がります。 そのためたくさん食べたような満腹感を感じることができ、食べ過ぎを防いでくれます。 糖は摂りすぎる脂肪の蓄積の原因になるのですが、食物繊維は糖の吸収を抑えてくれる効果もあります。 ご飯を食べる前にキャベツなどの食物繊維のたっぷりはいった食物を食べるだけも効果は抜群です。 男性が一日に必要な食物繊維の量は20グラム。 日本人の平均摂取量は14グラムです。 食物繊維は野菜に含まれる他、改装にも豊富に含まれます。 意識的に摂取しましょう。 食生活のポイント ビールを控える ビールには大量の糖が含まれており、お腹に脂肪がつく原因となります。 糖だけでなく、 肝臓がアルコールの処理に回ってしまうので、脂肪の分解が後回しになってしまう のです。 ビール腹のおじさんはボヨンとお腹が出っ張っていますよね。 お酒を飲むとおつまみも進んでしまうので、さらにお腹に脂肪がつく原因になります。 本気でお腹の脂肪を減らすのであれば、ビールそのものを控えましょう。 もし、どうしてもお酒が飲みたいのであれば、ビールではなくウィスキーや焼酎を飲むようにしましょう。 ウィスキーや焼酎に代表される蒸留酒はほとんど糖を含んでいません。 そのため、ビールほど飲んでも直接太る原因にならないのです。 また、糖は含まれているのですがビールよりもハイボールのほうがカロリーは少ないので、ハイボールにシフトするのも良いでしょう。 食生活のポイント 不飽和脂肪酸を摂る お腹の脂肪を落とすために、油には気を使いましょう。 普段使っている油をオリーブオイル、えごま油等の植物油に変更しましょう。 バターやマーガリンに含まれる油は飽和脂肪酸、植物性や魚類に含まれる油は不飽和脂肪酸と呼びます。 不飽和脂肪酸の特徴は、脂肪の増加に繋がりにくいこと です。 逆に飽和脂肪酸を摂りすぎると、コレステロールや中性脂肪の増加の原因になります。 一番オススメな油が「エクストラヴァージンオリーブオイル」とよばれるオリーブの実を絞っただけのオイル。 体内で脂肪細胞が増加することを防いでくれるので、ダイエットに最適です。 お腹の脂肪を落とす方法 漢方 お腹の脂肪を落とす漢方薬も高い人気があります。 有名なのは 防風通聖散ですね。 防風通聖散は18種類の生薬を使用した漢方薬です。 防風通聖散を飲むと脂肪細胞が活性化され、お腹についた余計な脂肪が分解されます。 防風通聖散に使用されている生薬• 防風 ボウフウ• 黄ごん オウゴン• 大黄 ダイオウ• 芒硝 ボウショウ• 麻黄 マオウ• 石膏 セッコウ• 白朮 ビャクジュツ• 荊芥 ケイガイ• 連翹 レンギョウ• 桔梗 キキョウ• 山梔子 サンシシ• 芍薬 シャクヤク• 当帰 トウキ• 川きゅう センキュウ• 薄荷 ハッカ• 滑石 カッセキ• 生姜 ショウキョウ• 甘草 カンゾウ 防風通聖散は第2種医薬品に分類されます。 第2種医薬品とは、一般用医薬品のなかでも健康上のリスクが比較的高めな医薬品のことです。 防風通聖散はドラッグストアや薬局で購入できますが、WEBでも販売されています。 副作用は、下痢や食欲不振、発疹等や、肝機能障害を引き起こす可能性もあります。 参考 お腹の脂肪を落とす方法 サプリ 漢方薬ではなく、サプリメントでお腹の脂肪を落とす方法もあります。 お腹の脂肪に関する悩みに関する悩みを抱える人は非常に多いので、酵素サプリや、ブラックジンジャーのサプリなどいろんな商品が販売されています。 お腹の脂肪を落とすサプリは、葛の花サプリがオススメです。 葛の葉由来イソフラボンにはお腹の内臓脂肪、皮下脂肪を落とす効果が認められています。 なかでも人気なのが、葛の葉由来サプリメントの 「 シボヘール 」です。 シボヘールは機能性表示食品で、お腹の脂肪を落とす明確な根拠が消費者庁に届けられていて、30代40代の男性で使用する人が多いです。 公式のキャンペーンページから申し込むことで、初回980円で手に入れることが可能です。 もちろん、いつでも内容の変更・解約が可能です。 シボヘールは一日にかかるコストも100円以下なので、サプリメントでお腹の脂肪を落とすなら試してみて損はありません。 お腹の脂肪を落とす方法 筋トレ お腹の脂肪を落とすために、食事と合わせて筋トレをしてみましょう。 ダイエットというとランニング等の有酸素運動のイメージが強いですが、有酸素運動単体のダイエット効率はそれほど高くないんです。 そのため、ダイエットをする場合でもまずは筋トレをするのが正解です。 筋肉は体の中で最も基礎代謝の大きい部位です。 筋肉をつけることができれば、それだけ痩せやすい体になることができるんです。 お腹周りの筋肉は、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋の4種類に分かれます。 腹筋をガッチリ鍛えると割れた腹筋を手に入れることが可能ですが、体幹トレーニングも行い全身の筋肉をまんべんなく鍛えましょう。 スクワット 有名なスクワットですが、実は筋トレBIG3と呼ばれる複数の筋肉を鍛えることのできる超重要トレーニングの一つなのです。 基本のトレーニングのような印象ですが、筋トレの猛者にもキツい、ハードなトレーニングとしても有名です。 なぜお腹の脂肪を落とすためにスクワットをおすすめするかというと、 スクワットは全身の約70%を占めるといわれる下半身をまんべんなく鍛えることができ、基礎代謝の向上に役立つからです。 レッグレイズの正しいやり方• 両手を広げ、仰向けで寝転がる• 下半身を垂直になるまで上げていく。 膝を少し曲げてもOK• 垂直になるまで足を上げたら、2秒停止• 息を吐きながらゆっくりと足を戻す お腹の脂肪を落とす方法 有酸素運動 単体ではダイエット効果の低い有酸素運動ですが、筋トレと合わせて行うことでお腹の脂肪を効率的に落とすことができます。 有酸素運動を行うときですが、筋トレの後に行うようにしましょう。 通常、有酸素運動を始めた時「糖5:脂肪5」の割合でエネルギーに変換されます。 一方、筋トレの後に有酸素運動を行うと、「糖3:脂肪7」程度の割合まで脂肪の燃焼の割合が増えるんです。 筋トレと合わせて有酸素運動をすることで、効率よくお腹の脂肪を落とすことができます。 ジョギング、ウォーキング、サイクリング、水泳など、自分にあった方法であれば何でも構いません。 ある程度余裕をもって、長時間続けることができる運動を選ぶことがベターです。 キツすぎると、酸素が足りず脂肪を十分に燃やすことができなくなります。 お腹の脂肪を落とす方法 ヨガ 脂肪燃焼のためにヨガをやっている人も多いですよね。 女性のイメージの強いヨガですが、ヨガに取り組む男性も最近では少しずつ増えてきました。 ヨガを行う時は、通常の呼吸法は使わず腹式呼吸を使います。 腹式呼吸は胸式呼吸と違い、お腹周りの筋肉を使用するんであす。 福祉呼吸をし続けるとインナーマッスルが鍛えられ、徐々にお腹はスッキリしてきます。 筋肉質な体でなく、ほっそりした体を目指したいのであればヨガを試してみるといいかもしれません。 ただし、ヨガで消費するカロリーは少なく、筋トレ+有酸素運動運動よりも効率はよくありません。 なので、できるだけ早くお腹の脂肪を落とす人には向いていません。 どうしても運動をしたくない人、運動が苦手な人は選択肢として検討してもいいかもしれません。 お腹の脂肪を落とす方法 マッサージ 運動ではなく、マッサージでお腹の脂肪を落とす方法もあります。 マッサージで脂肪を落とす場合、リンパの流れを改善しむくみを解消することが目的となります。 リンパ管は主に体内の老廃物の処理の役目を果たしています。 体の緊張が長く続いたりして血行が滞ると、コリやむくみ、疲労の原因となります。 リンパマッサージと聞くと女性のイメージが強いですが、男性でも女性と同じようにリンパを改善すると体に良い効果があります。 お腹周りの脂肪をガシッとつかみ、上下にブルブルと震わせてみましょう。 背中側の脂肪も震わせて、リンパの流れを改善させることを意識してください。 筋トレや有酸素運動など、他のお腹の脂肪を落とす方法と併用することで効果もアップします。 お腹の脂肪を落とす方法 ダイエットアイテムの活用 お腹の脂肪を落とすために、ダイエットアイテムを活用してみましょう。 ダイエットアイテムのみだとお腹の脂肪を落とす効果はそこまで高くありません。 しかし、他の方法と組み合わせることによってお腹の脂肪を早く落とすことができます。 EMS EMSは気になる部分に貼り付け、電気を送って筋肉を刺激するタイプのダイエットアイテムです。 もともとは医療用の器具だったのですが、最近では一般の筋トレ器具として認知が高まってきました。 自分で筋トレをしなくとも、張っているだけで筋肉に刺激が与えられてトレーニング効果 を得ることができます。 トレーニングの時間のないときや、他のトレーニングに加えて使用することで早くお腹の脂肪を落とすことができます。 ただし、お腹周りの筋肉を鍛えることはできるのですが、お腹の脂肪を直接落とす効果はありません。 そのため、他の方法と併用しないとしっかり効果を実感することは難しいでしょう。 バランスボール 女性のイメージの強いバランスボールですが、男性が使っても同じように効果を発揮します。 体幹トレーニング、ヨガ、エクササイズ等、用途もたくさんあるので持っていて困ることはありません。 バランスボールを使ったお腹周りエクササイズ• 足を肩幅ほどに開き、膝が90度になるようにバランスボールの上に座ります。 両手を合わせ、上にピンと伸ばします。 腕を伸ばしたまま、息を吐きながら体を横に倒します。 倒し終えた後、ゆっくりと元の姿勢にもどります。 腹筋ローラー 腹筋ローラーを使って体幹、腹筋を鍛えることができます。 簡単そうにみえて、実はかなりキツイトレーニングです。 お腹周りだけでなく、腕や背中も鍛えることができます。 足を伸ばしたままだと初心者は持ち上げることができないと思うので、最初は膝をついた上体でトライしてみましょう。 ある程度筋肉量のある方や、お腹の脂肪がある程度落ちて体がスッキリしてきた方におすすめです。 加圧シャツ 加圧シャツはスパンデックスという特殊な素材を組み込んだシャツのことで、 着ているだけで加圧効果を発揮しお腹の引き締め、体幹トレーニングになります。 ですが、実際そんなに筋トレやダイエット効果を実感できないケースも多いそうです。 使用するときは、他の方法の補助程度に考えましょう。 お腹の脂肪を落とす方法 アプリを活用する Googleでお腹の脂肪を落とす方法と検索すると、【 お腹の脂肪を落とす アプリ】という予測キーワードが出てきます。 実は、お腹の脂肪を落とすためのアプリも意外と多く存在しているのです。 もちろん、アプリをダウンロードするだけでお腹の脂肪を減らせるわけではありませんので、アプリの内容に従ってトレーニングや食事制限をする必要があります。 トレーニング方法や食事方法をコーチングしてくれるので、一人で努力することが難しい人は試してみるといいかもしれません。 まとめ いかがでしたか? お腹の脂肪を落とすのにもいろんな方法があることがわかりましたね。 大事なのは、自分にあった方法を選び、それをきちんと継続することです。 方法もどれか一つだけでもなく、複数の方法を並行して行うことで効果は高まります。 筋トレ+有酸素運動+サプリメントや、ヨガ+漢方などまずは自分がやってみたいと思う方法から試してみることをおすすめします。 早ければ、1ヶ月程で目に見えて効果が現れてきますよ。 お腹の脂肪を減らす方法を実践して、理想のボディをゲットしちゃいましょう!•

次の