お尻 周り 黒ずみ。 気になるお尻の黒ずみ…原因は? ケアは?

お尻エステの効果が凄かった!凸凹セルライト・黒ずみ・ニキビに

お尻 周り 黒ずみ

お尻にできる湿疹や皮膚炎は、どのような原因により起こるのでしょうか?なかなか人に相談できないお尻トラブルの原因と、その対処法について詳しく解説します。 お尻の湿疹・皮膚炎の種類と原因 お尻にできる湿疹や皮膚炎には、さまざまな種類があります。 以下に、その主なものをまとめました。 皮脂欠乏性皮膚炎 皮膚が乾燥しやすい時期や、高齢の方、アトピー性皮膚炎の素因がある方に起こりやすい皮膚炎です。 乾燥によって皮膚のバリア機能が低下し、角質がはがれることによってトラブルが起こります。 皮膚の表面がカサカサしたりひび割れたり、白い粉をふいたりするほか、湿疹が出てかゆみを感じることもあります。 接触性皮膚炎 外部の刺激物が肌に接触することで起こります。 原因によって、「アレルギー性皮膚炎」と「刺激性皮膚炎」に分類されます。 アレルギー性皮膚炎の原因は人によってさまざまで、多いものに植物、金属、化粧品、シャンプー、衣類、薬などがあります。 刺激性皮膚炎の原因は毒性のある植物や強力な洗剤などで、誰にでも起こります。 いずれの場合も、原因物質に接触することで赤いぶつぶつ(紅斑)が出ます。 皮膚の盛り上がり(丘疹)ができることもあります。 貨幣状湿疹 10円硬貨ほどの円形の湿疹です。 皮脂欠乏性皮膚炎などが悪化してかゆみが起こり、皮膚の掻き壊しをくり返すことでかさぶたになります。 扁桃腺炎や歯周病などの細菌が感染することで起こったり、金属アレルギーが原因になったりするケースもあります。 お尻のほか、腕や足の内側にもできます。 お尻の湿疹・皮膚炎の対処方法 お尻に湿疹ができたり皮膚炎になったりした場合には、どのように対応すればよいのでしょうか。 全ての症状の原因として当てはまるのが、乾燥と刺激です。 つまり、これを防ぐことで、改善を早めることが期待できるのです。 生活のうえで意識したい対処法をまとめました。 掻かない かゆくても患部をできるだけ掻かず、肌に傷をつけないよう注意することが大切です。 手足の爪は短く切りましょう。 保湿剤や軟膏などを使う 保湿剤は、肌の乾燥を防いで皮膚にうるおいを与えます。 また、軟膏には、かゆみや湿疹を抑えるものがあります。 ドラッグストアや薬局で薬剤師に相談し、症状に合った薬を選んでもらうとよいでしょう。 常に肌の清潔を保つ 汗をかいたらシャワーを浴びるなど、肌を清潔に保ちましょう。 刺激の少ない石けんでやさしく洗うのがポイントです。 また、熱いお湯に長時間浸かるのは避け、ぬるめのお湯での短時間入浴を心がけるようにしましょう。 肌に触れるものは刺激の少ないものを 刺激は肌に負担をかけます。 肌に直接触れる下着や、シーツなどの寝具は、肌触りがよい綿を選ぶことをおすすめします。 生活環境を見直す 部屋の空気が乾燥すると、皮膚も乾燥してかゆくなります。 エアコンの設定温度を調節するくせをつけましょう。 また、冬は加湿器などを使って湿度を保つのも大切です。 よくならないようなら皮膚科を受診 症状が軽い場合は薬剤師に相談し、自分の症状に合った市販薬を購入するだけでも改善が期待できますが、それでもかゆみが治まらない場合や重度の場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。 早期受診のススメ お尻の湿疹の中には前で紹介したような、貨幣状湿疹という病気もあります。 貨幣状湿疹は再発しやすいため早期診断・早期治療が肝心です。 皮膚科でステロイドの外用薬と内服薬を処方してもらうのが通常の治療ですが、必要に応じて他の外用薬やかゆみ止め、細菌やウイルス感染にともなうアレルギーが原因であった場合は抗アレルギー剤や抗生物質の薬物療法の手段をとることもあります。 湿疹・皮膚炎の種類と症状に合わせた対策で、早めの改善を目指しましょう。

次の

男だって気になる!おしりの黒ずみの原因と対策!【美尻ケアアイテム13選】

お尻 周り 黒ずみ

セルフケアでは難しいお尻も、エステだと短期間で美尻に! ぷるんと弾力があって、滑らかなお尻は素敵ですよね。 しかし、 お尻は冷えやすいため脂肪やセルライトが付きやすく、一度ついた脂肪とセルライトを落とすのが大変な箇所です。 また座り続けることによって、 黒ずみが出来やすくなり、ニキビが出来てしまうと治りにくい場所です。 お尻のケアやヒップアップは、普段の生活やセルフケアがとても大切な箇所ですが、下がったお尻や黒ずみ、ニキビがある状態から 綺麗なお尻にするのは、自力では非常に困難。 そこで、助けになるのがエステで行うお尻のコースです! 例えば、上記の写真は太もも~お尻にかけてエステで1回体験したものですが、 施術済みの右側のお尻はぷりっと上がり、 施術前の左側のお尻はセルライトと脂肪の重みで垂れています。 ダイエットやセルフケアでは、どうにもならないお尻でもプロの手に借りると非常に楽です。 かつて知りあいのエステティシャンに 「お尻がぶよぶよ垂れ下がっているの、気づいている?」とまで言われた私が、実際に行って効果を実感したエステを中心にお伝えするので、ぜひ参考にしてください。 お尻の悩みのうち、エステで効果が出やすいもの、効果が出にくいものはどれ? 悩み エステでの効果 使用機器や施術種類 セルライト ラジオ波、キャビテーション、エンダモロジーなど 黒ずみ ラジオ波、エンダモロジー、ハンド、ピーリング、パックなど ニキビ ピーリング、イオン導入、パックなど 形の悪さ(四角いお尻、ピーマン尻、扁平尻など) ラジオ波、キャビテーション、ハイフ、EMS、ハンドなど 肉割れ ラジオ波 以下、お尻の悩みに対する エステで行う施術です。 お尻のセルライト セルライトは代謝の悪さや血行不良によって出来ます。 女性の8~9割はセルライトがあると言われ、中でもお尻は座っている事が多い女性にとっては、セルライトが出来やすく、また解消しづらい場所です。 解消しにくいお尻のセルライトに良いのが、エステでのラジオ波、キャビテーション、エンダモロジー、ハンドマッサージです。 ラジオ波は、凝り固まったセルライトを溶かす機能があります。 身体の芯から温めるので施術中だけでなく、施術後も代謝が良くなり 冷えやすいお尻の施術にはぴったり。 また肌を引き締める美肌効果もあり、 セルライトで凸凹になった肌を滑らかにする働きもあります。 キャビテーションは、セルライトの原因になる脂肪細胞を細かく砕く施術です。 即効痩せ+リバウンドなしで、1回施術しただけで、お尻の形が変わることもあります。 エンダモロジーは、 セルライトで凸凹になった皮膚を滑らかにする吸引ローラー。 ひどいセルライトの場合は、エンダモロジーだけでなく、ラジオ波やキャビテーションと組み合わせるとより効果的です。 お尻の黒ずみ お尻の黒ずみは、下着や洋服の 摩擦、そして座っている時間が長いことによる、 血行不良や乾燥が原因で起こります。 他の部位の黒ずみと違って、圧迫時間の長いお尻は黒ずみを解消しにくく、かなりやっかいですよね。 ただ、黒ずみはエステでケアしやすい悩みの1つで、 血行不良や乾燥には、温められるラジオ波、リンパを流せるエンダモロジー、ハンドマッサージが効果的です。 また黒ずみ部分が固くなっている場合は、ピーリングで角質除去やパックを取り入れていきます。 お尻ニキビ お尻のニキビは一度出来ると直りづらくて困りますよね。 お尻は座り姿勢により角質が厚くなりがちでニキビが出来やすい部位です。 エステでは、 角質をとるためのピーリング、また余分な皮脂を除くビタミンCやニキビ跡に効くハイドロキノンやプラセンタなどでイオン導入をしていきます。 お尻の形(四角いお尻、ピーマン尻、扁平尻など) お尻の形は生まれつきの遺伝にも左右されますが、お尻のコリや骨盤のゆがみで形が悪くなるケースも多々見られます。 当サイトの管理人のケースでいえば、 お尻のコリから来る冷えと、骨盤のゆがみで、お尻の形が悪くなりました。 具体的には、太ももとの境目やお尻の横側にセルライトがついてしまい、お尻が四角くなってしまったのです。 管理人の場合は、 セルライトや脂肪を砕くキャビテーションや、セルライトを温めて溶かし、血行をよくするラジオ波、またエステティシャンによるハンドマッサージで、丸みを帯びたお尻を手に入れることができました。 あと、お尻周りをほぐした後、 EMSという電気運動で腹筋(インナーマッスル)を鍛えると、お尻の形が悪くなりにくくなります。 猫背や腰痛のある人は、EMSも追加すると尚、効果的ですよ。 お尻の肉割れ 肉割れというのは、皮膚上に壁にひびが入ったように見える、白い線が複数現れる症状のこと。 肉割れの原因は、突然太ったり痩せたりと 体型の変化に皮膚が追いつかないこと、また 血行不良や乾燥、過度なスポーツなどが原因でも起こります。 エステのメニューでのおすすめは、ラジオ波。 脂肪やセルライトに働きかけるだけでけでなく、コラーゲンやエラスチンの生成を促す働きがあるので、肉割れやあまったシワなどにも良いからです。 さらに血行促進にも良いので新しい皮膚の再生も促します。 尚、一時期、エンダモロジーが肉割れによいという情報が出たのですが、エンダモロジー自体はセルライトなどで起きた凸凹肌には良くても、肉割れには効果が薄い、という事が現在では言われています。 管理人自身もエンダモロジーは何度か受けていますが、肉割れへの効果は正直期待できないと感じています。 ただ、肉割れへのアプローチは、どの施術でも時間がかかるので、ラジオ波を受ける場合も最低5回は計算に入れておきましょう。 おすすめポイント• 雑誌「美STORY」で、技術、接客、効果、店内の全分野で三ツ星のエステ!• ハイスペックラジオ波を所有。 1度の施術で効果を実感 口コミと内容 自分のお尻に どのくらいセルライトや脂肪があるのか、目視で確認が出来る、フェイバリクスはセルライト専門エステです。 ハイスペックラジオ波とハンドマッサージを取り入れた施術で、 施術後のお尻が「ふわふわ」! 私は太もも~お尻の施術をしたのに、マシンやハンドマッサージで 施術をしていないお腹周りやウエストまで細くなり、さらに腰痛まで良くなりました。 かなり絞られた感があり、来店時に履いていた靴が、帰宅時にはブカブカになるほど。 本気でヒップラインのケアをしたい方に、おすすめですよ! おすすめポイント• クリニックの女医、銀座クラブのママさんなど美意識高い人が通うエステ• 全国有数のハイスペックマシンを数種類揃えるエステ 口コミと内容 サーモシェイプという、理想のお尻に造型してくれる最新ハイスペックラジオ波を使った施術をしてもらえます。 ラジオ波のセルライトや脂肪を溶かす働きはもちろんのこと、加熱深度調整システムにより、決まった箇所をピンポイントで細く小さくすることが可能です。 太ももとお尻に境目を作りたい、格好いいお尻の形にしたい、といった細かい要望に応えてくれますよ。 私は、ブルームではキャビテーションとエンダモロジーでコースを組みましたが、プレゼントでつけてもらったラジオ波も3回経験しています。 身体がポカポカと温かくなったのち、肌がとても滑らかになるのがわかる施術でした。 ブルームは、ラジオ波だけでなく、キャビテーション、エンダモロジー、ハイフ・・・と、マシンが普通のエステよりワンランク上なので、他のエステで効果がなかった方にはぜひ一度、試して頂きたいサロンです。 申込みは、クリックした後、MENUの「サーモシェイプDeep」より行けます。 他、多数体験メニューあり。 セルライトやブツブツだけじゃない!お尻の悩みを解消すると良いこと 腰痛が気にならなくなった 管理人が体験した事なのですが、エステでお尻のケアをしたら、腰痛がすっかり気にならなくなりました。 特に腰に機械をあててもらったり、マッサージをしていないのに・・・です。 お尻は座り仕事が多いと、コリやすい場所なのですが、実はコリを自覚しにくい箇所なんですね。 どんなに整体やマッサージに通っても、痛みが消えなかった腰痛が、まさかエステの痩身コースで消えるなんて、驚きの効果でした。 姿勢、プロポーションが良くなった エステで施術後、丸みを帯びて形の良くなったお尻をキープするには、インナーマッスルを使用し、骨盤をたてて姿勢を崩さない事が大切です。 インナーマッスルを鍛えるというと難しそうに感じますが、私がやったのは、 100円ショップで買えるゴムボールを股下にはさんでお皿洗いをしただけ。 これだけで、太ももの内側を締めてお腹に力を入れるクセがつき、自然と腹筋を使えるようになりました。 エステで1度綺麗なお尻を手に入れたら!自宅での簡単ケアも取り入れましょう エステで綺麗なお尻を手に入れた後、維持するために定期的にエステに通えれば良いのですが、永遠に通い続けるのは難しいですよね。 ここで取り入れたいのが、自宅でのケア。 自宅でお尻のケアをする方法はたくさんあるのですが、続けられないと意味がないので、 すごく簡単だけれど続ければ効果大!なものをご紹介します。 お尻のコリをほぐそう~テニスボールを使った3分コリほぐし 何度かお伝えしているように、お尻のコリはセルライト、脂肪、形の悪さ、腰痛と良い影響はゼロ。 でも、デスクワーク中心の仕事をしていると、どうしてもお尻が凝りやすい状態になりますよね。 ここで、使えるのがテニスボール。 尾てい骨周りや、お尻の側面(横側)など、 凝っているな~と感じる箇所を、寝る前にお布団やベッドでゴロゴロ転がしながら3分くらいほぐしましょう。 お尻の側面が凝っている人は、骨盤が開いて体重が内側でなく、外側にかかっている状態です。 この状態が続くと、骨盤がますます開いてお尻の形が悪くなるので、次の項目を参考にインナーマッスルを鍛えるようにしてくださいね。 インナーマッスルを意識して、骨盤をたてよう~ゴムボールを使った引き締め 先ほど写真でご紹介した、太ももの間にボールを挟むだけの簡単な方法です!ゴムボールは、ダイソーなど100円ショップで売っているもので十分です。 私は、お皿洗いの時に挟んでいますが、歯みがきの時などでも行えます。 1日に1分でも続けるだけで違いますよ。 目的は、鍛えるというよりもインナーマッスルを意識するだけ。 インナーマッスルが意識できると、身体が勝手に骨盤を立てて綺麗な姿勢を維持するようになり、普段の歩き方が変わって姿勢が良くなり、お尻の形も良くなります。 黒ずみが気になる人は、締め付けない服を 服のサイズが合わず、身体をしめつけている事が原因で、お尻の黒ずみは起こります。 小さすぎる下着や服、しめつけるスキニーなどをやめるようにしてください。 また、肌に触れるものはコットン100%が一番、優しいです。 全ての洋服は無理でも、下着だけでもコットン100%のものに変える事をおすすめします。 エステ&セルフケアで美尻をキープ! お尻は、加齢と伴に皮膚がたるんでいたり、お尻と太ももの境目が無くなり形が崩れるなど、思いのほか年齢が表れやすい場所です。 現在、お尻が汚い、人に見せられないと悩んでいる方は、エステの力を借りてみるのも一つの手です! エステで綺麗になった後は、上記の3つを心がけ、美尻をキープしてくださいね。

次の

【医師監修】お尻の湿疹・皮膚炎の原因と対処法

お尻 周り 黒ずみ

黒ずみの原因を知ることが出来れば、新たな黒ずみを作らずに済みますので、肌のターンオーバーの際に自然と改善していくかもしれません。 ショーツや補正下着、スキニージーンズなどの締め付けによって摩擦が増え黒ずみが作られてしまいますし、デリケートゾーンが圧迫され血流が悪くなり黒ずみが出来てしまうこともあります。 ショーツは「 サイズが合ってなくてキツすぎる場合」や「 締め付けの強いゴム」で血行不良を起こします。 Vラインだけではなく、なんとIラインにまで被害が及ぶことも。 そのため、ショーツはゆったりとした形のものを選ぶのが良いです。 また、補正下着は身体のラインを整える効果はありますが、長時間の使用は圧迫してしまうので黒ずみの原因になってしまいます。 ナイロンやポリエステル素材などの化学繊維のものではなく、綿や絹など肌に優しい天然繊維のものを使用した方がよいですね。 日常生活で黒ずみを予防する方法• キツイ下着ははかない• 合わない下着ははかない• 補正下着をはかない• 綿やシルクなど天然素材が理想• デニム生地や硬い生地は避ける また、隠毛の処理の際にカミソリなど陰部に直接刃が触れるもので処理すると摩擦により黒ずみやすくなります。 処理にはヒートカッターなど肌に触れない方法で処理すると良いですよ。 おすすめショーツはボクサータイプ!? サイズはもちろん自分の身体に合ったものを選ばなければなりません。 締め付けが強いと先程言ったように黒ずみの原因になります。 ボクサータイプのショーツは普通のショーツよりも面積が広く摩擦を起こしにくいですし、足の付け根までカバーしてくれるので、足の付け根の黒ずみを防ぐことが出来ます。 デリケートゾーンの黒ずみの原因は毛穴汚れ!? デリケートゾーンにももちろん毛穴があります。 毛穴汚れって気にしたことがありますか? デリケートゾーンの黒いブツブツの黒ずみもまた毛穴詰まりによる黒ずみなんですね。 毛穴は本来汚れや皮脂をしっかり取り除く働きをするのですが、正常な働きが出来なくなると毛穴が開いたままになりそこへ汚れが貯まって行きます。 それが空気に触れて酸化すると徐々にブツブツとした黒ずみに変化していくんですね。 デリケートゾーンをしっかり温めて毛穴を開いてから脱毛するなど、ひと手間加えるとダメージを減らすことが出来、デリケートゾーンの黒ずみを予防することが出来ますよ。 デリケートゾーンの黒ずみの原因は乾燥!? デリケートゾーンの肌は、他の部位よりもかなり弱い部位に当たるので「乾燥」は大敵です! 特に加齢に伴い乾燥も酷くなっていくので元々乾燥肌の方は年齢を重ねるごとに入念なケアが必要でしょう。 Vラインは特に黒ずみやすいのでデリケートゾーン専用ローションを使用しましょう。 その際、保湿だけではなく、美白成分も含まれているものを使用するとすでに出来ている黒ずみを改善することが出来、同時にケア出来ますね。 「 摩擦」・「 乾燥」・「 毛穴汚れ」この3点を気を付けることが出来れば、かなりデリケートゾーンの黒ずみを予防することが出来るのではないでしょうか? そのためにもデリケートゾーン専用の保湿クリームやローションで保湿ケアなど念入りに対策をしましょう。 デリケートゾーンの黒ずみって薄くできる? デリケートゾーンの黒ずみの予防や解消法には、自宅でケア出来るセルフケアとクリニックで行う治療の2種類があります。 しかし、黒ずみは、普段通りに暮らしているだけで出来るものです。 なので、除去したとしてもまた出来てきます。 毎日のケアを習慣づけていけば、黒ずみを出来にくくすることも出来ます。 デリケートゾーン専用美白クリーム 一番安心して使用できるのが、陰部専用クリームです。 陰部に優しい無添加で作られているため、肌を必要以上に傷つけることがありません。 陰部専用のクリームが激売れする一方で、「 全く効果がない!」と不評があるのも事実。 これは、使用者の大きな誤解のせいかもしれません。 そもそも、陰部専用クリームで「 黒ずみを全て消そう!」というのは、大きな間違いです。 デリケートゾーンと言うのは、常に摩擦が生じている部位になります。 つまり、常に黒ずみが作られる環境におかれているという考え方が必要です。 陰部専用クリームには、黒ずみを薄くする効果はありますが、クリニックで除去したような白い肌を取り戻す効果はありません。 クリニックで除去するには高額ですし、何もケアしないでいるのは黒ずみを濃くする可能性も高いです。 なので、陰部専用クリームには、毎日ケアすることで「 黒ずみ予防」として有効なのです。 黒ずみ効果 黒ずみが薄くなった ピンクとまではいかないが効果はある 肌色になった 全体的に色が明るくなった ビキニラインの黒ずみに効果あり 使用部位は、膣を除いた表面のデリケートゾーンに使用できます。 もちろん肛門部もOK!効果の目安は、使用開始から3カ月〜4カ月が多いようです。 陰部専用石鹸(ソープ)は黒ずみに効かない!? 陰部専用石鹸で有名なのが、ジャムウをベースに作られた固形石鹸です。 ジャムウとは、天然ハーブのことで、日本人の肌質に合わせて作られた石鹸も販売されています。 黒ずみと臭いに特化した石鹸と謳われることが多いのですが、所詮、水で洗い流す石鹸です。 泡を立てて陰部をケアしても、最後はキレイに汚れを洗い流さなくてはいけません。 これでは、せっかくの黒ずみケアが台無しです。 しかし、臭いを解消する力は抜群!市販の石鹸よりも、はるかに刺激が少なく、臭いに特化した成分が含まれています。 陰部専用石鹸を使用する時は、黒ずみケアではなく汚れや臭いを除去するボディソープ感覚で使用すると良いでしょう。 黒ずみ効果 黒ずみ解消は期待できない 効果なし 気休め程度 普通の石鹸よりも安心できる 口コミでは、陰部の臭い対策に使用している女性が多いようです。 石鹸+クリームが理想 陰部の黒ずみを効果的にケアしたいなら、陰部専用石鹸と専用クリームを併用しましょう。 刺激が少ない無添加質の石鹸は、痒みや乾燥に効果が高く、ホルモンバランスが乱れやすい40歳以降の方にも、かなりオススメです。 また、若い世代の女性であれば、毎日ケアすることで黒ずみ対策や予防に効果的です。 最後は、専用クリームでしっかり色素沈着を抑えて、黒ずみを作らない対策をしていきましょう。 レーザー治療 陰部の黒ずみ除去法で一番効果が高いと言われているのがレーザー治療です。 陰部の黒ずみケアに限界を感じている女性は、クリニックのレーザー治療を視野に入れてみましょう。 この方法なら、美白クリームよりもはるかに高い効果を得られるはずです。 VラインやIライン、Oラインの粘膜部分までも照射をあてられるので、性器内側の気になる黒ずみを全体的に削り取ることができます。 保険適用外のため、保険適用外のため費用の負担が大きいことと痛みが強くでやすいことが難点。 加齢により黒ずみが増えてきたかな?と感じる女性は、専用クリームではなく、即効性のあるレーザー治療がおすすめです。 クリニックで陰部の黒ずみを治療する場合は、レーザートーニングとインティマレーザーの2種類があります。 レーザートーニング レーザートーニングは、黒ずみをレーザー治療で解消する場合の一般的な方法です。 シミや肝斑、タトゥー除去に用いられることもあり、皮膚の細胞にかかる負担を減らし、弱い出力で均等に照射をあてられるのが特徴です。 医師の判断にもよりますが、VラインやIラインなど表面に見える黒ずみに用いる除去法はレーザートーニングが多いようです。 気になる黒ずみに対し均等に照射をあてながら、メラニン色素に直接ダメージを与えて陰部の黒ずみを解消します。 刺激が少なく均等に照射があてられるというメリットがあります。 痛みは、輪ゴムで弾かれた痛みと答える人が多いので、決して我慢できないほどの痛みではありません。 価格相場10,000円〜/施術回数5〜6回/施術時間15〜20分 インティマレーザー 陰部の中でも特に敏感な部位と言われているIライン。 Iラインとは、性器の割れ目周辺のことで、内側へいくほど黒ずみやすく、脱毛時の痛みも生じます。 治療回数が圧倒的に少ない即効型なので、1回100,000円とかなりの出費を覚悟しなければいけませんが、1回で黒ずみ解消効果を実感できた人も大勢います。 痛みを和らげるために麻酔クリームや冷却を施しますが、多少の痛みはあります。 そして、施術中よりも術後に痛みを感じやすい人が多く、すり傷ができた時のように陰部全体がヒリヒリするようです。 ですが、切除手術ではないので誰にもばれることなく、短期間で解消することができます。 即効性を求めている人には、おすすめするレーザー治療の一つです。 価格相場100,000円〜/1回の施術で効果あり/施術時間15〜20分 レーザー治療をしても黒ずみは再発する レーザー治療で黒ずみを解消できたとしても、日頃のケアを怠ると黒ずみは増えて行きます。 レーザー治療というのは、黒ずみ削り取ることで一時的に陰部をキレイに見せることはできますが、メラニンが発生する仕組みを絶つわけではないので、治療後もケアを続ける必要があります。 陰部専用クリームを上手く併用すると、黒ずみができにくく肌の保湿としても効果的です。 食生活で予防! 食生活を改善すれば、身体の内側から黒ずみを予防することが出来ます。 肌のターンオーバーを正常化し、メラニンを早く排出してくれるような食べ物を意識して摂取するようにしましょう。 ビタミンCは「 メラニン生成を抑制し、黒ずみを予防」、鉄分は「 肌のターンオーバーを促進」、タンパク質は「 美肌づくりに重要」、亜鉛は「 すでに出来てしまった黒ずみに効果的」で、これらの栄養素は欠かせません。 デリケートゾーンだけではなく、もちろん他の部位にとっても健康や美容にも良いので、率先して摂取するようにしましょう。

次の