親族呼び名。 「親戚」「親族」「親類」の違いとは?

親族呼び名一覧

親族呼び名

「親族呼称についての説明」の前置き *結論を早く知りたい方は ここを飛ばして、本題からお読みください。 NHKに「チコちゃんに叱られる」という番組があります。 今回のテーマが「親族呼称」についてでした。 これはうれしい! 日本語教師になって、 「日本語の親族呼称は難しい」と ずっと心の片隅に引っかかっていました。 「いずれ、きちんと考えなくてはいけない」と 思うのはやまやま、他のことにかまけて 何もしてこなかったなあ・・・と深く反省。 こうした番組をやっていただくと、 本当に助かります。 日本語の「親族呼称」については 困っていらっしゃる方も多いと思いますので、 ここに書いておきます。 前置きが長くなってしまいましたが、 早速始めましょう。 「お兄さん、お姉さん」と呼ぶのに、 「弟ちゃん、妹ちゃん」と呼ばないのはなぜ? 答え:家族の呼び方は一番下の子を基準に決めるから。 <解説> 兄が妹を呼ぶときは 兄: 由美子ちゃん 妹が兄を呼ぶときは 妹:お兄ちゃん 兄は妹のことを 名前で呼びます。 「妹ちゃん」とは言えません。 妹の方は兄のことを「太郎君」などと、 名前では呼べません。 「お兄ちゃん」と言います。 これは一体どういうことなんでしょうか? ここからは慶応大学名誉教授 鈴木孝夫氏(92歳)のお話です。 鈴木先生は言語学の世界では とても有名な方です。 親族呼称の定義 親族呼称とは 家族を「お父さん」「お母さん」「お兄さん」「お姉さん」 などど、自分との関係で呼ぶことです。 日本では ふつう 目上の家族に対しては親族呼称を使う という風習があります。 具体例を見ていきます <例1> 上の<例1>のイラストを見てください。 まず、夫を基準にして考えます。 夫は 父親を「お父さん」 母親を「お母さん」 と呼びます。 これは両親が目上の家族だからです。 <例2> 次に <例2>のイラストを 見てください。 花子さんのお父さんが 家族をどう呼ぶのか 見ていきます。 父親は子供の花子さんを 「花子」 と名前で呼びます。 花子さんの子供、 つまり孫に対しても 「ゆり(ちゃん)」 と名前で呼びます。 <例1><例2>を見ると 上の世代が下の世代を呼ぶときには 名前を使っています。 下の世代が上の世代を呼ぶときには 「お父さん」「お母さん」のように 親族呼称を使っています。 ここまでのまとめ まとめ(1) 上の世代が下の世代を呼ぶときには 名前を使います。 まとめ(2) 下の世代が上の世代を呼ぶときには 「お父さん」「お母さん」のように 親族呼称を使います。 どうして目下の世代は目上の世代を 名前で呼ばないのか? そもそも日本では 「名前」を直接呼ぶのは失礼にあたる という考え方がありました。 その結果、親族呼称が使われるようになった という経緯があります。 名字と名前 ここで さらなる疑問が わいてきます。 まとめ(1) で 上の世代が 下の世代を呼ぶときには 名前を使うと書きました。 ところが、 母親が長女を呼ぶとき 「お姉ちゃん」という 親族呼称を使います。 なぜ、母親から見て 下の世代である娘に 「お姉ちゃん」という 親族呼称を 使うのでしょうか? 具体的に見ていきましょう。 (例1)第一子誕生 太郎さん夫婦に 子供が生まれます。 その子供は 名前で呼ばれます。 例2)第二子誕生 太郎さん夫婦に 二人目の子供が生まれます。 最初に名前で呼ばれていた 長女は「お姉ちゃん」と 呼ばれるようになります。 例3)第三子誕生 太郎さん夫婦に 三人目の子供が生まれます。 名前で呼ばれていた 長男は「お兄ちゃん」と 呼ばれるようになります。 一番下の次女は 名前で呼ばれます。 このように 家庭内に子供が生まれると 一番下の子供を基準にして 呼び方が 変化していきます。 常に一番下の子は 名前で呼ばれます。 一番下の子供を基準にするので、 その子から見た 「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」 はいても、 「弟ちゃん」「妹ちゃん」は存在しないことになります。 ですから、 「弟ちゃん」「妹ちゃん」という呼び方は 使われないのです。 どうして一番下の子供が基準になるのか? では、 どうして一番下の子供が 基準になるのでしょうか? それは 家庭内の混乱を避けるためです。 下のイラストを見てください。 この家族の場合 子供たちのお母さんと たろうさんのお母さんと 二人いることになります。 そのため、 一番下の子を基準にし、 その子のお母さんを家族の誰もが 「お母さん」と呼び、 混乱を防いでいるのです。 一番下の子にとって たろうさんのお母さんは 「おばあちゃん」です。 そこで 家族の誰もが一番下の子に合わせて 「おばあちゃん」と呼びます。 こうして 子供が生まれることによって 家族構成が変化しても 混乱しないようにしているわけです。 夫婦の呼び方 一番下の子を基準にすることで 変化していくのが 夫婦の呼び方です。 パターン1:恋人同士の場合 恋人同士の場合、名前で呼び合います。 パターン2:結婚した場合 結婚した二人は 「恋人」から「妻」と「夫」 の関係になります。 そこで 「あなた」「おまえ」などと呼び合います。 (新婚さんの場合、 名前で呼び合う人も多い のではないかと思うのですが・・・) パターン3:子供が生まれた場合 子供が生まれると 「妻」から「母」へ 「夫」から「父」へと変わります。 パターン4:孫が生まれた場合 自分の子供に子供が生まれる、 つまり「孫」が誕生すると 「母」から「祖母」へ 「父」から「祖父」へと変化します。 終わりに 今まで 何も考えずに、ごく自然に 家族に対して、こうした呼び方をしていました。 現代では 各々の家族によって、 呼び方を変えているケースも 多いのではないでしょうか。 核家族化が進んだため、 呼び方を変えることができるようになった とも言えるでしょう。 私の友人は もう結婚して三十数年ですが、 いまだにお互いを 「~さん」と呼び合っています。 また、子供が生まれても 「名前で呼んでください」とリクエストしている 家族もあるようです。 皆さんのお宅では どんな呼び方をなさっていますか? ではではニゴでした。

次の

親族(「血族」「姻族」)のわかりやすい親等図がこちら

親族呼び名

タイ語にはそれぞれの立場によって変わる呼称が多く存在します。 これらはタイの礼儀作法にも深く関わってきますのでぜひとも覚えておきたい点です。 今回のタイラボでは日常生活で使う敬称呼称の説明と、ややこしい親族内での呼び方を分かりやすく図解でご説明したいと思います。 もしかするとそこそこ年齢の若い人が年上の人に使う言葉なのかもしれません。 大人同士は年齢が違っても敬意を払い合うものですからね。 年下や同年代の人を呼ぶときは基本的に名前だけで呼びます。 しかし初対面の人をいきなり呼び捨てにするのはちょっとマナーに欠けるところがあります。 また年下でも敬意をこめて呼びたい場合もあるのではないでしょうか。 例えば私だと「クンNobu」というふうになります。 英語で言う「Mr」や「Ms」、日本語の「さん」のような使い方です。 ただこの呼び方には敬意はこもっていますがどこか他人行儀なニュアンスも含まれておりちょっと距離のある呼称ですので、仲良くなってきたならぜひ名前で呼び合うよう意識できるかもしれません。 でもまぁ日本人にはちょっと不慣れな文化かもしれませんね。 続いて自分より年下に使う呼称です。 これは表にまとめるほどでもありません。 例えば私がまだ10歳だとしたら年上の人からは「ノーンNobu」と呼ばれることになります。 しかしいくら年下でもいい年した大人を「ノーン」とは呼びません。 そういう場合は前述したように呼び捨てで呼ぶことなります。 この「ノーン」は子供や若者、せいぜい使えて20代前半ぐらいまででしょうか。 しかしかなり畏 かしこ まった言い方ですのでほとんどの場合は「ノーン」で良いかと思われます。 日本でも見られる敬称ですがとても素敵な表現ですね。 タイでは父方か母方かで呼称に微妙な違いが出てきます。 こちらは少しややこしいので図解にしてまとめてみました。 この図で自分自身は 赤丸で囲った 「夫、妻」の立場にいるものとしています。 表にもまとめますので上の図と合わせてご覧ください。 まずは自分から見て父方の親族です。 上の図をプリントアウトでもして見ていればすぐに覚えれるはずです。 またこうして見てみると、 「 親族以外の人に使う敬称」は「母方の親族の呼称」に沿っていることも見えてきます。 面白い発見ですね。 覚えるまでは大変ですが、こうしたタイ語の敬称呼称を相応しく使い分けれるようになったら一人前のタイ在住者ですね。 きっとタイ人からも一目置かれることでしょう。 私自身このまとめを作って非常に勉強になりました。 このタイラボの記事が皆さんとタイ人との良い人間関係に役立てば幸いです。

次の

家系図・親等数

親族呼び名

「親戚」「親族」「親類」はどれも意味として大きな違いはないように思えますが、 この中で、実は法律上きちんと意味が定義されているものは 「 親族」のみであり、 その他の「親戚」や「親類」は自分と血の繋がりのある(もしくは婚姻によって親戚となった)方々全般のことを言います。 では、親族とは具体的にどのような方々のことを言うのかというと 民法第725条では、親族は以下のように定義されています。 第七百二十五条 次に掲げる者は、親族とする。 一 六親等内の血族 二 配偶者 三 三親等内の姻族 引用元:民法 このうち、 血族とは実際にあなたと血の繋がりのある人物のことであり、 姻族とは血の繋がりはないものの、婚姻によって親戚同士となった方々のことを言います。 そこで今回の記事では、 その「親等」についても触れながら、親戚、親族、親類の違いについて具体的に解説いたします。 あなたから見た血族の親等を数字で、姻族の親等を〇数字で示しています。 実際には6親等の血族までが親族ですので、例えば「曽祖父母の曽祖父母」までは親族と呼ぶことが出来ますが、上の図は現実的に関わる可能性のある範囲で作成しています。 「いとこ」「はとこ」「みいとこ」の違い あなたから見て 親の兄弟姉妹の子供のことを 「 いとこ」 親の親の兄弟姉妹の子供の子供(親のいとこの子供)ことを 「 はとこ」 と呼ぶことは皆さんもご存知かと思いますが、 いとこやはとこは家系図的に見るとあなたと同世代となる親戚の方々であり、はとこまでが6親等となりますので、あなたといとこ、はとこは法律上お互いに親族と呼べる関係となります。 しかし、はとこよりさらに1つ遠い同世代の親戚は 「 みいとこ」と呼ばれ、 みいとこはあなたから見て8親等の血族ですので、法律上親族とは呼ばれません。 「いとこ」「はとこ」「みいとこ」とあなたの関係性については以下の図を参考にしてください。 お互いに全く知らない者同士でも、どこかで共通の祖先をもっているというのは面白いですよね。 最後に 今回の記事では親戚、親族、親類の 違いについて具体的に解説しました。 中々普段はそれらの違いを意識することはないと思いますが、親族の範囲というのは重要な手続きの際に関わってきたりしますので知っておいて損はありません。 例えばもしも何らかの理由で親戚の子引き取るとなった場合に、その関係性によってはその子を自分の税金や社会保険の被扶養者とすることが可能となります。 普段は親子間での扶養関係を結ぶことがほとんどなのであまり意識することもないと思われますが、実はそういったところで親族かどうかという関係性が関わってくるのですね。

次の