固い もの を 噛む と 歯 が 痛い。 噛むと頭が痛い!こめかみの部分が痛む場合に考えられる病気とは?

噛むと歯が痛い!その原因はこの4つ!

固い もの を 噛む と 歯 が 痛い

先日、比較的やわらかい魚の骨を奥歯で噛み砕いた後に、左下7番(被せがあり。 神経は抜いていません)が痛くなりました(上の7番も若干痛いですが下7番の方がはるかに痛い)。 翌日はそうでもなかったのですが、二日後くらいから痛み止め(ロキソニン)を飲まないと辛いくらいの痛みがでたため(何もしなくても痛いし、食べ物を噛むとすごく痛い)、近所の歯科医院に行ったところ、噛みあわせを2回ほど調整してもらい、ようやく痛み止めを飲まなくとも我慢できる程度の痛みにはなりましたが、食べ物を噛むと痛い状態は続いています。 なお、最初の3日くらいは、熱いもの、冷たいものだけでなく、冷めた珈琲など一部の食べ物もしみていましたが、今はしみる症状はありません。 レントゲンも撮ってもらいましたが、被せの下に虫歯はなく、歯も折れていないとのこと。 ただ、最近(2回目の通院)その歯科医院に行った際、次の診察で良くなっていなかったら抜歯しましょう、と言われました。 本当に抜歯しないといけないのでしょうか?(自然治癒しないものでしょうか?) ちなみにこの歯は、3年ほど前、被せを外してその下に出来ていた虫歯を治療して再度被せをしています。 その後、たまに食べ物を噛んだときに弱い痛みを感じることはありました。 どうぞよろしくお願いします。 診てみないとなんとも言えませんが、抜歯は最終手段です。 なぜ抜歯をしなければならないのか?文面だけからではわかりません。 担当医とよく相談の上治療を進めていってください。 担当医からは、噛みあわせ調整を2回やっても「噛んだときの痛みが消えないなら、 その歯はもうだめなので抜きましょう」と言われました。 痛みが消えないということは、神経が痛んでいてもう治らない、 という意味かと勝手に解釈しましたが、固いものを噛んで歯が折れたわけでも、もともと虫歯があってそれが悪化したというわけでもないのに、神経が痛む理屈がよくわからず、正直困惑しています。 痛みのある歯を触ると、わずか(1~2ミリ程度)ですがグラつきますが、神経が切れかかっているということでしょうか。 ちなみに「奥歯は抜歯しても入れ歯の必要ないし、手前の歯で食べ物は噛めるから大丈夫。 抜歯すると、その奥にある水平埋伏智歯が出てきて、その歯で噛めるようになるかもしれない」ということも言われました。 そうですね、診ていないので何とも言えませんが いきなり大丈夫というか、噛み合わせを調整していて、割れてもいないし虫歯になってもいないのに、いきなり抜歯しましょうと言われたのでしょうか? あり得ないなので、本当に抜歯か聞かれた方がいいと思いますよ。 何かの間違いかもしれませんしね^^。 固いものを噛んだしまった日の2日後に最初に受診、その3日後に2回目の受診をした際に、 次の3日後の受診時に抜きましょう、と言われました。 私もあり得ないと思うのですが、先生もそう思われるとのことで、 私の感覚がおかしくないとわかり安心いたしました。 担当医にもう一度確認してみたいと思います。 今晩は、噛んだときに痛い、破折なし、は動揺から考えられるのは咬合性外傷です。 痛い方の歯が低いことが多々あります。 診査診断をきちんと出来る歯医者は数少ないです。 理由は全身と調和の取れた顎位の設定は残念ながら保険診療の範疇外にあるためです。 すぐに削るのではなく、どれだけ削る必要があるのか、逆に低いのか、きちんとした測量をしてくれる歯医者を見つけましょう。 増悪する前にやたらに触ることは避けましょう。 きちんとした説明を受けて納得されて進めていくことをおすすめします。 ご検討あれ! 今まで、削る量を測って削るような歯医者さんには当たったことがありません。 どこの歯医者さんも赤いフィルムを挟んで歯ぎしりして、色のついたところを削るというやり方です。 すでに2回も噛みあわせ調整して、それなりに削っているので、若干低くなってしまったかもしれません。 近くであれば田中先生のところに伺うのですが、あいにく遠方のため、近くでそのような歯医者さんを探してみます。 幸い、痛くなってから2週間経過し、当初、夜中に起きるくらいの痛みでしたが、やわらかいものなら噛んでも痛まない程度に回復しました(固いものはまだ少し痛みがあります)。 もう抜歯というレベルでは明らかにないと思います。

次の

奥歯が痛むのですが、もしかしてむし歯でしょうか?

固い もの を 噛む と 歯 が 痛い

こんにちは。 初めて投稿します。 1年以上前から、固いもの(苺のツブツブやざらめの砂糖など)を右下ので噛むと、鋭い痛みがありました。 一番奥のか、2番目の歯、どちらかなのですが、はっきりとは分かりません。 ちなみに、どちらの歯も3年以上前にの治療済みで、銀色のをしています。 ごはんやパンなどの普通の食事では痛みはなく、固い物も左で食べるようにしていたので半年間は放っておきました。 しかし、半年前に、冷たい物や熱いものでしみるようになったのをきかっけにに行きました。 では異常なく、歯をコツコツと叩く検査でも痛みはなく、も虫歯もなし。 きれいな歯なので、様子を見るようにと言われました。 その後、ネットで調べてみると、女性は生理周期の排卵日近くに、女性ホルモンの分泌が多くなると歯の痛みが出ることがある、とあり、確かに排卵日近くだったので、様子を見てみることにしました。 その後、しみるという症状は軽減していたのですが、やはり固いものを噛むと鋭い痛みが走るというのには変わりなく、むしろひどくなっています。 食事の時以外は全く症状はないので、いつの間には半年が過ぎてしまいましたが、異常なし、と言われたので、また受診しても検査だけで治療無く帰らされてしまうのでは、と歯医者に行く気になれません。 私のような場合、どういう原因で歯が痛むのでしょうか? の下で何かが起こっているのでしょうか? よろしくお願い致します。 >私のような場合、どういう原因でが痛むのでしょうか? >の下で何かが起こっているのでしょうか? 症状が続くのですよね、困りましたね。 症状が続くのであれば何か原因はあります。 また先生によっては様子を見ましょうの繰り返しになることもありますから、他のにかかられて一度診て頂いた方がいいかもしれません。 特に銀歯は中の状態がでも把握することが難しく手遅れになることもありますから、なるべく早目に他の歯科医院へかかられてみてください。 お大事に おはようございます。 すでに回答されている先生に同意します。 それと、 >> また受診しても検査だけで治療無く帰らされてしまうのでは、とに行く気になれません。 >> とのことですが、歯医者に行って、若干の症状があるものの、検査していただき、すぐに治療が必要な病気がなかったとの診断をしていただくことは、良かったと思うのですが・・・。 ちょっと、極端な例を書きます。 ここからは、sanagi さんに対することというより、より一般的に、多くの方が、で治療なしの場合、治療をしてくれなかったと思われることが多いので、書きます。 sanagi さんの実情と違うかもしれないので、気にせずに読んでくださいね。 たまに動かすと肩が痛くて、リウマチかもしれないと思って、整形外科を受診して、リウマチでなく、何ら異常はない、しばらく様子をみるように診断していただいたということは、僕からすると、ほっとして安心します。 リウマチなどは、急性におこることも多いと聞きますが、少しづつ進むこともあります。 そこで、半年後に受診して、同じ検査をしてもらったけど、問題なかったら、さらに安心します。 なぜ肩が痛いんだ、絶対に病気があるはずだ、それを見つけて治療しろ!とは、僕は言う気になりません。 も同じでしょう。 受診したけど、治療が必要ないと診断されたら、良かったということでしょう。 といっても症状があるわけですよね。 それは、確かに困りますが、その症状の程度で変わってくると思います。 また、半年間様子をみたけど、症状に変化がない、また検査も変わらず正常というのは、半年間という期間も診断のための検査の一環となります。 今回の、sanagi さんの場合は、をはずして診た方が良いと思いますが、これは治療ではありません。 診断の一つです。 よって、何ら異常がなければ、良かったねということになり、再度、同じ冠を作り直しになります(治療的には、微妙な表現ですが)。 さらには、よくわからないので、とりあえずをやり直すこともあります。 それでも、やっぱり症状が残ることがあります。 最終的に、しないと診断がつかないことも多いです。 しかし、を診断のために取るのではなく、診断のためにを抜くことは行いません。 よって、診断もつかずに、症状も残るということもあります。 すべて、現在の、医療レベルでの限界であり、の能力不足ではないと言えます。 しかし、半年後の検査でも大きな病気がないとなると、さらに安心です。 たとえば、だったら、半年たつと、必ず大きくなるからです。 いけませんね、どんどん、sanagi さんの状況から離れました。 申し訳ありません。 ともかく、 >> また受診しても検査だけで治療無く帰らされてしまうのでは、と歯医者に行く気になれません。 >> そんなこと言わずに、受診されることを薦めます。 一般病院に勤務していて思うことは、一般の医師の先生と比較して、歯科医師は、すぐに、症状には、必ず原因があって、それを治療しなければないと思う傾向があるので、患者さんも、治療せずにつきあう症状もあるので、検査のみの場合でも良く、何が何でも治療しない方が良いとぐらいに思われた方が、バランスが良いと思います。

次の

硬い物など噛みすぎていませんか?

固い もの を 噛む と 歯 が 痛い

歯ぎしり食いしばりや硬いものをよく召し上がる方など、歯に持続的に圧力をかけることにより咬合性外傷を引き起こします。 なかでも多いのが、歯と埋まっている骨との間のクッションの役割をしている歯根膜が炎症を起こす歯根膜炎や、主に神経を取った弱い歯に起こりやすい歯が割れてしまう破折があります。 症状は歯根膜炎は歯が浮いたような感じ、噛むと痛かったり、歯が揺れるように感じたりします。 破折は噛むと痛みがあり、日に日に歯の割れ目が広がることが多いため、それに伴って痛みも大きくなってきます。 歯根膜炎の場合は、軽度の場合は食いしばりや歯ぎしりをやめ、安静にすることで落ち着くこともありますが、歯科医院で少し噛み合わせを調整してもらうだけで落ち着くこともあります。 また、細菌が入り込んで歯周病の悪化につながる場合もありますので、歯科医院での検査をすることをお勧めします。 また、破折は放っておくと悪化するためすぐに歯科医院にかかりましょう。 最後になりますが、歯の痛みにも様々な原因がありましたが、どの原因も共通して言えることは放っておいても良くならず、その歯は悪化する可能性があるということです。 食事するときに痛い側と反対側でいつも食事をしてごまかしていませんか?片方の顎だけを使っていると顎関節症や、全身では肩こり、頭痛にも繋がってきます。 また、上手く咀嚼が出来ないと胃腸障害とも関係がありますが、一番は、食事も美味しく食べられないですよね... ! 歯科医院に行けば原因も明確になります。 すぐに治療になる場合もあるかもしれません。 早く歯医者に行けばよかったとよく聞きますが、手遅れになる前になるべく早く歯科医院の受診をして健康なお口で美味しく食事をしましょう。

次の