西宮 の メッシ。 新型コロナウイルス感染症関連情報|西宮市ホームページ

バルサも注目の天才少年「日本のミニメッシ」海外で報道される

西宮 の メッシ

サッカー界のスーパースターと言えば、FCバルセロナ所属のメッシは外せない。 今年のW杯でもアルゼンチン代表の中心選手として注目を浴びていたので、サッカーに詳しくない人でも名前くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。 今回紹介するのは、そんなメッシに遭遇して感動を抑えきれなくなった少年の様子だ。 動画はたくさんのファンに囲まれたメッシがサインをしているところから始まる。 数秒で問題の少年の眼前へと移動するのだが…… ・めっちゃ泣いてる もうすでに少年は泣いているのだ。 身体の大きな大人たちに混ざって泣きじゃくりながら必死にサインを懇願している。 よほどファンだということがうかがえ、差し出したユニフォームにメッシがサインし始めると、少年は顔を両手で覆ってさらに感情をあらわにする。 そりゃ世界的なスーパースターが目の前に現れたら、サッカー少年は誰でも感動してしまうよな! しかし、 少年の感動具合が半端ないので、見ているこっちが感動してしまうくらいだ。 あれ? おかしいな、目から汗が。 ・気取らない姿が素敵 心が揺さぶられたのか、再び少年の元へと戻って頭を撫でるメッシ。 そしてなんと少年と記念撮影まで始める神対応も見せた。 世界の舞台で活躍するスーパースターであるメッシだが、全く気取っていない。 そういう姿もまた、ファンを魅了し続けている要因だろう。 参照元:Twitter 執筆:.

次の

山崎翔空(とあ)サッカースクールや父親や母親と兄弟!ドリブル動画が凄すぎ!

西宮 の メッシ

略歴 [ ] 13歳でに加入し、17歳でトップチームデビューして以降、10度の優勝、6度の、4度のを含むバルセロナ歴代最多33回の優勝に貢献。 自身も歴代最多6回のを受賞し 、6回のチャンピオンズリーグ得点王と歴代最多6回の 欧州得点王 を獲得している。 同クラブの歴代通算最多得点(603ゴール の記録を保持しており 419ゴール 、ラ・リーガとヨーロッパのリーグの1シーズン 50 、 26ゴール の歴代最多ゴール記録ならびにチャンピオンズリーグ歴代最多ハットトリック記録 8 、ラ・リーガ 169 、 12 の歴代最多アシスト記録を保持している。 また多くのサッカー関係者、選手にサッカー史上最高の選手と呼ばれている。 では2005年8月から代表に選出され、2010年からはキャプテンを務めている。 同国代表の通算最多得点記録及び通算最多アシスト記録の保持者でもある。 に出場し、優勝するとともに自身もゴールデンボール賞 MVP 、ゴールデンシューズ賞(得点王)を受賞した。 2008年、に出場し、を獲得した。 ではアルゼンチンの準優勝に貢献し、大会MVPにあたるを受賞した。 南米全てのチームからゴールを奪った史上4人目の選手である。 W杯南米予選で通算21ゴールを記録しており南米予選歴代最多得点者でもある。 2012年、公式戦69試合に出場し91得点を記録した。 これは1972年にが作った公式戦年間最多ゴール記録85ゴールを40年ぶりに破った記録である。 更にこの年にまたがる、でシーズン37試合に出場し50得点を記録。 スペイン記録のみならず、1976-77シーズンにのでが記録した47得点を抜き、欧州のリーグシーズン最多得点記録を更新した。 この記録はギネス世界記録にも認定されている。 によるとメッシは2009年から2014年までの6年間のうち5年間世界で最高年収のサッカー選手であり、2019年にはによるランキングで1位に選出された。 2011年と2012年にはアメリカの雑誌が発表するに選出され 、世界で最も有名なの1人である。 メッシは2006年以来スポーツ用品メーカーであるとスポンサー契約を結んでおり会社の主要なパートナーとしての地位を確立している。 経歴 [ ] 幼少期 [ ] のロサリオにて、工場労働者である父ホルヘ・メッシとの清掃員の母であるセリア・クッチティーニの3人目の子供として生まれた。 父方の祖先アンジェロ・メッシはの沿岸出身のであり、にアルゼンチンに移住した。 母方の祖先も同じくイタリア人である。 5歳の時には父親がコーチを務めるクラブで本格的にサッカーを始め、1995年には地元のクラブであるに加入する。 当時敵なしで「La Maquina del '87」と称えられたニューウェルズのユースチームの一員であったメッシはプレーしていた6年間の間に約500ゴールを記録した。 しかし10歳の頃の分泌異常の症状()が発覚、成長ホルモン投与などの治療なしでは身体が発達しないと診断されたが低所得の家庭であったため治療費を払うのが困難になった。 最初ニューウェルズは治療費の工面に同意していたが払う金額があまりにも多すぎたため最終的に工面を拒否した。 その後メッシの憧れであったが所属しているがメッシをスカウトし一部の支払いを申し出たが ()治療費を払うのが困難になり少しずつクラブからの支払いも滞っていった。 バルセロナ加入 [ ] 人生の転機となったのは、13歳の時に受験し合格した・のの加入テスト。 当時の監督は彼のプレーを一目見ただけでその小さな身体に驚くべき才能と将来性が宿っていることを悟り、すぐさま合格を決めたが当時、ヨーロッパのクラブがメッシのような若い年齢の選手と契約することは珍しいことだったため会長がなかなか契約を前に進めなかったため交渉は難航した。 どうしても契約を逃したくなかったレシャックは自身の権限の下でFCバルセロナはメッシと契約すると約束した。 この時レシャックは契約書の代わりになるものを持っていなかったため紙ナプキンにこの契約を書き留めた。 その後FCバルセロナは家族揃ってのバルセロナへの移住を条件に治療費を全額負担することを約束し、家族もこれを快諾。 2001年2月、メッシは家族と共にバルセロナへ渡りバルセロナの本拠地であるカンプノウ近くのアパートで暮らし始めた。 2001年3月1日、正式契約を結びスペインでの生活を本格的に始めることとなった。 スペインでの最初の1年間、ニューウェールズとの移籍交渉が難航していたため親善試合とカタルーニャリーグにしか出場出来なかった。 サッカー外ではメッシはあまり喋らなかったためチームメイトと馴染むのに苦労した。 さらに母が兄弟と妹のマリア・ソルと共に故郷に帰り父と2人で生活している時、メッシはホームシックに苦しんだ。 スペイン在住となってからでもアルゼンチン時代の幼なじみや友人知人とはこまめに連絡を取り合っていた。 ユースチームで投薬治療を続けた結果、身長は170cmまで伸び、選手としても一流のテクニックを披露するまでに成長。 17歳となった2004年10月16日、第7節戦にて・デビューを果たすと、2005年5月1日の第34節戦で初得点。 17歳と10ヶ月7日で決めたこの得点は、後にメッシ自身のアシストからが17歳と51日で記録するまでクラブ史上最年少得点だった。 このシーズンはレギュラー定着とはならなかったが、その才能をのぞかせ、リーガ制覇を経験した。 世界最高の選手へ [ ] 2005年の戦にて バルセロナと2014年まで契約期間を延長し、スペインのを得て臨んだ2005-06シーズン、との右ウィングのポジション争い時にこののライバルを上回る活躍を披露。 ワールドユースも含めた質の高いプレーが人々に認知され、イタリアのスポーツ紙Tuttosportが選ぶゴールデンボーイ賞(U-21欧州最優秀選手賞)にやを抑えて選出された。 の対戦・1stレグをはじめ、相手左サイドをしばしば混乱に陥れるビッグプレーを見せたが、対チェルシー戦の2ndレグ中に右足の筋肉を故障し、その後のシーズンを棒に振った。 リーガでは17試合、チャンピオンズリーグでは6試合の出場に終わったが、チームはリーガ、チャンピオンズリーグの二冠を達成した。 戦でのメッシのゴールシーン 2006-07シーズンは故障による欠場が目立ったものの、右サイドから切れ込むドリブルが冴え渡り数々の印象的なプレイを披露する。 バルセロナ最大のライバルであるとのでは自身初のを達成(試合結果は3-3)し、準決勝1stレグ、ホームでの対戦においては、センターサークル付近から5人をかわして得点を決めた。 後者はアルゼンチンサッカー界の英雄のにおける伝説の5人抜きゴールとほぼ同じコースを辿った、同じ13回のタッチでのゴールであり、当時のリーガ最少失点チーム相手に繰り出した「マラドーナ2世」と呼ばれる彼の「後継者」たる所以を見せ付けたスーパープレーだった。 第37節のエスパニョール戦では、マラドーナばりの「」ゴールも記録した。 チームはリーガ3連覇とチャンピオンズリーグ2連覇のどちらも達成できずに終わったが自身はリーグ、カップ合計で36試合に出場し17得点と奮闘した。 2008-09シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の戦でプレーするメッシ 2008-09シーズンは、に移籍したロナウジーニョに代わって背番号10を背負ってチームを牽引。 これまで孤立しがちだった右サイドにという心強い相棒が加わったこともあって、前線のエトオ、アンリと共にゴールを量産。 初めて年間通して故障らしい故障もなく過ごし、チームはなどで優勝し見事に三冠を達成。 メッシは大会を通じて9得点を挙げ得点王に輝いた。 2008-09シーズンの総計38得点は、チーム得点王。 リーガ第21節、戦()では、バルセロナのリーガ通算5000ゴール目を決めた。 ラシン・サンタンデールは、リーガ初年度第1節(1929年2月12日、エル・サルディネーロ)でがバルセロナのリーガ初得点を記録した相手でもある。 バロンドール受賞以降 [ ] 2009年12月1日にはアルゼンチン出身の選手としては3人目(4度目)となるに選出された。 12月のでは負傷した状態での参加となったが試合には間に合い、準決勝の戦では途中出場し、決勝点を挙げる。 決勝の戦では先発出場し、延長戦の末にのクロスを胸で押し込み決勝点を挙げ、バルセロナの優勝に貢献。 メッシは大会選定のゴールデンボール賞(MVP)を受賞した。 胸でボールを押し込んだことに関してメッシは「相手GKが体勢を崩していて強いシュートを打つ必要がなかったので、確実にボールを押し込むために胸を使った」と話した。 12月21日にはアルゼンチン人としては初となるに選出された。 2007年、2008年と2年連続で次点となっていた ため、3度目の正直での受賞となった。 2010年1月16日の戦で、自身バルセロナ通算100得点を史上最年少で達成した。 3月6日の戦で決勝点を挙げると、14日の戦、21日の戦と2試合連続でハットトリックを達成するなど、バルセロナの得点を9連続で記録した。 4月6日のチャンピオンズリーグ準々決勝・アーセナルとの2ndレグで、大会史上6人目となる1試合4得点 を達成した。 決勝トーナメントでの1試合4得点は史上初であり 、この得点でチャンピオンズリーグ通算得点が25となり、を抜いてバルセロナ歴代1位となった。 チャンピオンズリーグは準決勝で敗退し連覇を逃したものの、リーガではその後も得点を挙げ続け、バルセロナの連覇に貢献。 メッシ自身は35試合に出場して34得点を挙げ、得点王、に輝いた。 リーグ34得点、シーズン公式戦通算47得点はと並び、バルセロナ最多タイ記録となった。 2011年1月10日、バルセロナの同僚でありワールドカップ優勝メンバーでもあるとを抑え、2年連続でを受賞した。 2年連続でバロンドールを受賞したのは史上6人目であり、複数回バロンドールを受賞するのは史上9人目の快挙である。 バロンドールがFIFA最優秀選手賞と統合され、となってからは最初の受賞者となった。 2010-11シーズンも、前シーズンと変わらぬ活躍を見せる。 チャンピオンズリーグではと並び大会史上最多タイとなる12得点を挙げ、3季連続の得点王を獲得。 バルセロナの2シーズンぶりの優勝に貢献した。 2011年8月25日には新たに設立されたの初代受賞者に選出された。 で優勝したことをチームメートと共に祝うメッシ 2011-12シーズンも開幕から得点を量産し、2011年9月28日のチャンピオンズリーグ・戦で2得点を挙げ、と並びクラブ史上2位タイとなる公式戦通算194得点とすると 、10月25日の戦で2得点を挙げ、単独2位となった。 2011年12月18日に日本で開催された決勝の戦ではブラジルの新星とのエース対決に注目が集まったが、試合は終始バルセロナがサントスを圧倒し、4-0のスコアで勝利した。 メッシ自身も2得点の活躍で大会MVPを受賞し、チームの2年ぶり2度目の大会制覇に貢献した。 2012年1月9日には男性部門の最優秀選手賞を受賞。 3度目の受賞は史上4人目、3年連続での受賞はに次ぐ史上2人目の快挙となった。 戦でチャンピオンズリーグ史上初となる5得点を挙げたメッシ 2月14日の1stレグの戦で1得点を挙げ、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント通算得点数を19とし、とを抜き歴代単独最多となった。 2月19日の戦では自身のリーガ通算200試合出場を、4得点を挙げて祝った。 同月26日の戦では決勝点を挙げたもののでシーズン5回目のを受け、自身初の累積警告による出場停止処分を受けた。 3月7日のレヴァークーゼン戦2ndレグではチャンピオンズリーグ史上初となる1試合5得点を達成し、バルセロナの大勝に貢献した。 3月20日の戦でハットトリックを達成してバルセロナでの公式戦通算得点数を234とし、の持つ記録を更新し歴代トップとなった。 3月24日のリーガ第30節の戦で自己最多となるシーズン35得点目を挙げ、8節を残してロナウドの持つリーガでのシーズン通算得点のクラブ記録を更新した。 4月3日のチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、戦で2得点を挙げチャンピオンズリーグでのシーズン通算得点を14とし、昨年の自身の記録を更新して大会最多得点記録を樹立した。 4月7日のリーガ第32節の戦で2得点を挙げ、1972-73シーズンの以来39シーズンぶりとなる、1シーズン公式戦通算60得点を達成した。 5月2日のリーガ第20節延期分のマラガ戦で3得点し、これでシーズン公式戦68得点とし、ゲルト・ミュラーの持つ、シーズン公式戦67得点の最多得点記録を更新し 、最終的にシーズン公式戦73得点を記録し、リーガ、チャンピオンズリーグの両方で得点王を獲得。 リーガでは史上最多記録となる50得点を挙げ、1976-77シーズンにのが記録した欧州リーグシーズン得点記録(47得点)を35年ぶりに更新した。 またチャンピオンズリーグでは前述の通り大会最多得点を記録し、史上初の4シーズン連続得点王となった。 2012年12月9日のリーガ第15節のベティス戦では2得点を挙げてゲルト・ミュラーの年間ゴール記録(85得点)を40年ぶりに更新し、最終的に年間91得点を記録した。 2013年1月7日、クリスティアーノ・ロナウドとアンドレス・イニエスタを抑え、バロンドールを4年連続で受賞。 4年連続4度目の受賞は共に史上初である。 2013年1月27日のリーガ第20節のオサスナ戦では4得点を決めてリーガ200得点を史上最年少(25歳217日)で達成し、の持つ記録(29歳352日)を大幅に更新した。 3月9日のリーガ第27節のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では第11節のマヨルカ戦から続く17戦連続27得点を達成。 その後、第29節から3試合負傷欠場するも復帰後は再び得点を続け、最終的に21戦連続33得点を記録しリーグ戦における史上最多連続得点を記録した。 また、この記録によってのバルセロナ以外の全19チームから得点を奪い、なおかつ得点を途切れさせずにリーグ戦を半周するという史上初の快挙を達成した。 シーズン終盤は負傷欠場の影響もあり記録更新はならなかったものの、リーガ46得点、公式戦60得点を挙げ2年連続得点王に輝いた。 また、これによって3度目の欧州得点王となり、の単独最多受賞者となった。 チャンピオンズリーグでは1回戦2ndレグの戦で2得点を決めてチームの逆転勝利に貢献するも、戦の1stレグで右足ハムストリングを負傷。 2ndレグでは途中出場となり、こちらも逆転勝利に貢献した。 準決勝での戦では1stレグには出場を果たしたものの、2ndレグでは出場機会はなく、ベンチからチームの敗退を見届けることとなった。 2014年3月、戦でのメッシ 2013-14シーズンは開幕当初から度重なる負傷に悩まされ、11月10日の戦では左足大腿の肉離れを起こし、1ヶ月半以上の離脱を強いられることとなった。 2014年3月16日のオサスナ戦ではハットトリックを達成して親善試合&公式戦含めて通算371得点を記録、これによっての記録を87年ぶりに更新しバルセロナ歴代最多得点者となった。 続く3月23日の戦でもハットトリックを達成してでの通算得点を21とし、を抜いてクラシコ単独最多得点者となった。 2014-15シーズンは9月27日の戦で2得点を決め、クラブ、代表合わせて公式戦通算400ゴールを達成した。 11月22日の戦ではハットトリックを達成してリーガ通算253得点を記録しテルモ・サラを抜いてリーガ最多得点記録者となった。 11月25日のチャンピオンズリーグGS、戦では2試合連続、CLでは5度目のハットトリックによっての71得点を抜いてCL累計74得点を記録し、CL歴代最多得点者となった。 12月7日のとのダービーマッチでは再びハットトリックを達成して、親善試合&公式戦含めてクラブ通算400ゴールを達成した。 シーズン後半からはの加入の影響もあり、かつてのように右ウィングで起用されることが多くなった。 2014年9月、グラナダ戦でゴールを決めセレブレーションするメッシ 2015年3月8日の戦では公式戦32回目(リーガでは24回目)のハットトリックを達成し、公式戦、さらにはリーガでのハットトリック最多記録を更新した。 4月18日の戦ではバルセロナでの公式戦通算400ゴールを達成した。 チャンピオンズリーグ準決勝ではかつての恩師、率いる、と対戦し、2ゴールを挙げ、前日にに抜かれたCL通算得点を77点とし、再びトップに立ち、決勝進出に貢献した。 リーグ戦では5月17日の戦、コパ・デル・レイでは決勝の戦でいずれも先制点を決め、 の戦では決勝点につながるシュートを打ちチームの史上初の2度目三冠達成に大きく貢献した。 チャンピオンズリーグではネイマール、クリスティアーノ・ロナウドと並びCL得点王に輝いた。 でセビージャのを抑えるメッシ 2015-16シーズン、8月27日にはを54票中49票(得票率90. では決勝の戦で先制点を挙げてチームの5冠達成に貢献し、2015年を出場した6大会全てで得点して締めくくった。 1月11日にはクリスティアーノ・ロナウドとチームメートのネイマールを抑えて5度目の受賞を達成し、バロンドールの受賞記録をさらに更新した。 2月3日の戦では34度目のハットトリックを達成し、キャリア通算500ゴールを記録した。 同17日の戦では2ゴールを決めリーガ通算300ゴールを達成した。 2016-17シーズン、10月19日のチャンピオンズリーグ、戦ではチャンピオンズリーグ単独最多の7度目のハットトリックを達成した。 11月6日のリーグ11節セビージャ戦ではクラブ通算500ゴールを達成した。 2017年3月19日のバレンシア戦では2ゴールを決め、8シーズン連続リーグ戦25ゴール、および公式戦40ゴール越えを達成した。 4月23日、とのでは決勝点を含む2ゴールを決めてクラブでの公式戦通算500ゴールを達成した。 2017年7月5日、メッシはバルセロナとの間で新たに4年間の契約を延長したことが発表された。 これにより税控除後の年俸は4000万ユーロになるとのことである。 2017-18シーズン、2017年10月1日、ラス・パルマス戦に出場し、公式戦594試合出場を果たした。 これによりカルレス・プジョルの記録を上回って、クラブ歴代3位の出場回数となった。 10月18日、チャンピオンズリーグ、グループステージのオリンピアコス戦で欧州カップ戦通算100ゴールを達成した。 11月1日にリーガのセビージャ戦に出場し公式戦600試合出場を果たした。 2018年3月14日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦の戦では2ゴールを決め欧州CL通算100ゴールを史上最速(123試合)で達成した。 2018年5月にキャプテンであったが退団したことで、メッシは次のシーズンにチームの新キャプテンに選ばれた。 2018-19シーズン、2018年8月12日、スペールコパでセビージャを2-1で下し、バルセロナのキャプテンになってから初めてタイトルを獲得した。 これによりバルセロナでの自身のタイトル獲得数が33個になり並んでいたイニエスタを抜き単独でチーム歴代最多記録となった。 グループステージ第1節戦でハットトリック 直接FK1本を含む を達成した。 10月20日、メッシはセビージャ戦でゴールとアシストをそれぞれ決めていたが26分に右腕から激しく転倒し負傷退場を余儀なくされた。 検査の結果、の骨折と診断され3週間の欠場を余儀なくされた。 12月16日、アウェイの戦で2アシストと2018年50ゴール目と同時に自身通算43回目であるハットトリックを決めた。 2019年1月13日、リーガ出場435試合目のホームのエイバル戦でリーガ400ゴール目を挙げチームも3-0で勝利した。 そしてメッシは欧州5大リーグにおいて1つのリーグだけで400ゴールを決めた最初の選手となった。 2019年1月17日、5回戦2ndレグのレバンテ戦でデンベレの2ゴールをアシストし自身もゴールを決めチームの準々決勝進出に貢献した。 レバンテ戦で決めたこのゴールは国王杯での通算49ゴール目でありバルセロナにおける国王杯でのゴール数でと並んで歴代2位に浮上した。 1月30日、国王杯準々決勝2ndレグのセビージャ戦では国王杯通算50ゴール目を決めクバラのゴール記録を抜きバルセロナにおける国王杯得点数で歴代単独2位に浮上した。 2月2日、リーガのバレンシア戦でチームの2点目をPKで決めた。 このPKでのゴールによってクリスティアーノ・ロナウド、に続いてリーガにおいてPKで50ゴールを決めた3人目の選手となった。 2月23日、アウェイのセビージャ戦でキャリア通算650ゴールを決めるとともに通算50回目のハットトリックを達成した。 3月17日、アウェイの戦で相手サポータからの喝采を浴びたループゴールを含むキャリア通算51回目のハットトリックを達成した。 4月16日、2ndレグのマンチェスターユナイテッド戦で2ゴールを挙げチームの準決勝進出に貢献した。 4月27日、レバンテ戦では途中出場から決勝点となるゴールを挙げその試合での勝利により自身10回目となるリーガ優勝が確定した。 2019年5月2日、1stレグの戦でクラブ通算600ゴールとなるFKゴールを含む2ゴールを決めた。 しかしその後の2ndレグで4-0の大敗を喫しチャンピオンズリーグで2年連続の逆転負けを味わうこととなった。 5月19日、ホームで行われたリーガ最終節となるエイバル戦でチームは2-2のドローに終わったが自身は2ゴールを決めリーガ通算34試合36ゴールの成績でテルモ・サラと並ぶ史上最多6度目のリーガ得点王になり同じく史上最多6度目のを受賞することが決定した。 2019-20シーズン、2019年8月5日、チームに合流直後に右足のヒラメ筋を痛めたため、プレシーズンのアメリカ遠征を欠場すると 、怪我の再発防止の為に開幕戦も欠場した。 9月23日、ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2019でを受賞した。 受賞はバロンドール時代も含めて6度目となり、C. ロナウドをふたたび抜いて歴代最多記録を更新した。 リーガ・エスパニョーラ第23節、ベティス戦ではチームの全てのゴールをアシストし3-2での勝利を引き寄せた。 6年振りに6試合ノーゴールが続いたが、第25節のエイバル戦では一人で4ゴールを決めた。 代表経歴 [ ] アルゼンチン代表でプレーするメッシ 2005年6-7月にオランダで開催されたにとして参加し、エースとしてチームを牽引した。 決勝の戦では自身がドリブルを仕掛け獲得したから先制点を、が獲得したPKから同点にされた後の勝ち越しゴールを決め、優勝に大きく貢献。 大会を通じて6得点、得点王と最優秀選手を獲得する大活躍を見せた。 この活躍がフル代表監督の目に止まり、同年8月17日の戦でフル代表デビューを果たした。 この試合では63分に途中出場したものの、そのわずか40秒後に相手選手に肘打ちを入れレッドカードを受け、涙を流しながら退場というほろ苦いデビューであった。 2006年夏にドイツで開催されたでは怪我の回復が危惧されたが、プレイ可能な状態にまで回復し、代表に選出された。 レギュラーとしての出場ではなかったが、グループステージの対戦にて、W杯でのアルゼンチン代表の最年少出場、最年少アシスト、最年少得点を記録する活躍をみせ、死のグループとも形容されたグループCの突破に貢献した。 チームは準々決勝で開催国に敗れた。 2007年夏に母国アルゼンチンで開催されたには出場資格を持っていたものの、既にフル代表に定着していた自身は辞退、フル代表が臨むへ出場した。 レギュラーを徐々に手繰り寄せていた彼は、準々決勝の対戦、準決勝の対戦で得点を決めるなどチームの決勝進出に貢献。 しかし、決勝の戦で敗れ、準優勝に終わった。 北京オリンピック準決勝のブラジル戦でプレーするメッシ 2008年夏に中国で開催されたではグループリーグ1試合目の戦で大会初得点を挙げチームの2得点目をアシストした。 準々決勝の戦では1得点を挙げ1-1の同点で延長戦に突入したが決勝点である2得点目をアシストしアルゼンチンが勝利した。 準決勝ではと対戦、3-0でアルゼンチンが圧勝して決勝へ勝ち進んだ。 決勝では戦では唯一の得点をアシストした。 最終的に1-0でアルゼンチンが勝利し金メダルを獲得した。 2010年夏に南アフリカで開催されたでは大会最大の注目選手として臨み、マラドーナと同じトップ下でプレー。 グループリーグ第3戦の戦では初めてキャプテンを務め、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せた。 チームはベスト4の座を懸けたドイツ戦で完敗し、自身も30本のシュートを打つも無得点に終わる。 では準々決勝で敗退し、自身も無得点に終わった。 大会後に新たにアルゼンチン代表の監督に就任したからチームの新キャプテンに任命され、9月3日の戦ではキャプテンとしてプレーした。 2012年2月29日のとの親善試合で、代表では初めてとなるハットトリックを達成した。 2013年6月14日にとの親善試合においてハットトリックを決め、これによって代表通算得点を35得点としの代表通算34得点を抜き、アルゼンチン代表の得点数でと並んで歴代2位タイに浮上した。 グループリーグのイラン戦で試合終了直前、自身が放った決勝弾となるシュートを見るメッシ 大会前、メッシはバルセロナで怪我に悩まされていたシーズンを送っていたため、コンディションが懸念されていた。 しかし大会が始まるとその不安は払拭された。 グループリーグ2戦目の戦では、ロスタイムにゴールから約23mの位置からミドルシュートを放ち、決勝弾となる得点を挙げた。 グループリーグ最終戦の戦では、キーパーが弾いたこぼれ球を、弾丸シュートでゴールに押し込み先制点を挙げ、逆転弾となるFKゴールを決めた。 2014 FIFAワールドカップ決勝でと対峙するメッシ トーナメント戦に入りベスト16の戦では、4人抜きのドリブルをして決定機を作り、延長後半にはディマリアの決勝弾をアシストした。 メッシはここまでの4試合全てでマンオブザマッチを獲得している。 準々決勝の戦では、決勝弾の起点となった。 アルゼンチンにとって1990年以来の準決勝となった 戦では、ドリブルやパスからいくつもの決定機を作るもPK戦に突入し、チーム最初のPKキッカーとしてPKを成功させた。 そしてチームもPK戦を4-2で制し決勝進出となった。 決勝のドイツ戦ではゴールへの起点となっていたが、ゴールは入ることはなく、延長の113分にが決勝弾を挙げ、アルゼンチンは準決勝に終わったがメッシは得点王ランキングで3位に位置する4得点と1アシストを挙げ、最も決定機を作り出し、最もドリブルを成功させた選手 として大会最優秀選手のゴールデンボール賞を受賞した。 では決勝で敗れ準優勝。 同大会最優秀選手の受賞が決まっていたものの受賞を辞退。 同賞は空席となった。 9月4日のとの親善試合では途中出場で2得点を決め、南米のチーム全てに得点した史上4人目の選手となった。 開幕前に負傷し臨んだでは、2016年6月10日に行なわれたグループリーグ第2戦の戦で61分から途中出場しハットトリックを達成。 6月18日の準々決勝・戦では先発に復帰し、1得点2アシストの活躍で勝利に貢献。 続く6月22日の準決勝戦では直接フリーキックを決めて代表通算55得点とし、アルゼンチン代表最多得点記録を更新した。 チームは3年連続で国際大会の決勝に進出するものの、因縁の再戦が実現したチリ戦では延長戦の末スコアレスドローで2大会連続でPK戦にもつれこむ。 PK戦では自身もPKを失敗して2-4で敗れ、3年連続で決勝で敗退しタイトルを逃した。 コパ・アメリカ・センテナリオ大会の終了後、代表引退を示唆するコメントを残した が、8月12日、母国への愛情を理由に引退表明を撤回。 引退騒動後最初の試合となったの戦では決勝点を挙げた。 自身のハットトリックでアルゼンチンをワールドカップ予選敗退の危機から救ったメッシ アルゼンチンがワールドカップ出場圏外の6位で迎えた同予選最終節の戦では、同点ゴール、逆転ゴールを含むハットトリックの活躍で全3得点を挙げ、アルゼンチンをワールドカップ出場に導いた。 さらにこの試合で南米予選21ゴールを記録し、南米予選最多得点記録を樹立した。 メッシがチームのワールドカップ予選敗退の危機を救った後の2018年3月アルゼンチン代表は親善試合でスペイン代表と対戦した。 メッシは怪我を負っていたため試合には出場しなかった。 その結果アルゼンチン代表はスペイン代表に1-6で敗れた。 この点差は代表歴代ワーストタイの最大差敗戦である。 ではグループリーグの第1戦戦で自身がPKを外してしまいチームは1-1の同点に終わる。 第2戦の戦では0-3でアルゼンチン代表が敗北した。 この状況について監督であるはアルゼンチン代表について「メッシの輝きを曇らせているのがアルゼンチン代表の現実だ」と語っている。 クロアチアのミッドフィールダーのも、「メッシは信じられない選手だけど、彼がすべてを1人でできるわけがない」と述べている。 のナイジェリア戦でゴールを決めたメッシ グループリーグ最終戦の戦では バネガからのロングパスを2回のタッチでボールをコントロールし、右足でゴールした。 この得点によりアルゼンチン人ではディエゴ・マラドーナ、以来3人目のワールドカップ3大会連続得点を達成し10代、20代、30代それぞれの世代で得点したワールドカップ史上初の選手となった。 決勝トーナメント1回戦の戦ではとへのアシストをして2アシストを記録した。 これによりワールドカップで4大会連続アシストをしたワールドカップ史上初の選手となった。 しかしアルゼンチンは3-4でフランスに敗北しワールドカップ敗退した。 大会終了後には過度な重圧から、年内の代表としての活動休止が報じられた。 2019年3月22日の国際親善試合の戦で代表復帰したものの、1-3で敗れた。 の代表メンバーに選ばれた。 開幕から低調なスタートを切ったが自身は戦でPKを決めそれ以降チームの組織力が上がりグループステージ最後の試合である戦、準々決勝のベネズエラ戦ではそれぞれ無失点に抑え2点を決め勝利を収めた。 しかし準決勝のブラジル戦では0-2の完封負け、試合後は協会、メディアなどと共に審判の曖昧なジャッジを批判した。 続く3位決定戦の戦では、アグエロへのアシストや共存不可能と言われていたディバラへチャンスメークを見せていたものの前半31分の場面で、と小競り合いを起こして一発退場となった。 試合にはアルゼンチンが勝利しアルゼンチンは3位で大会を終えたが 、メッシは抗議の気持ちを示すために試合後の表彰式に参加せずメダルを受け取らなかった 、この一連の行動は多方面から批判を浴びることになった。 南米サッカー連盟はこの一連の不適切発言と問題行動に対して、2019年8月2日、5万ドル(約550万円)の罰金と3か月の出場停止処分を科した。 プレースタイル [ ] 瞬発力と敏捷性、卓越したボールコントロールを生かした突破力やキープ力は他の追随を許さない。 加えて、シュートセンスも世界トップクラスであらゆる大会で得点王を何度も獲得している。 また、極めて高いパスセンスや展開力も兼ね備えておりアシストも量産する。 オフザボールの動きも秀逸で相手DFのマークを外すことも得意である。 メッシはMFとしても、左右のWGとしても、CFとしても対応できる世界最高峰のパサーであり、ドリブラーであり、チャンスメーカーであり、フィニッシャーでもある多才な選手である。 幼年時代の好きなポジションは、アルゼンチンのサッカーのエンガンチェと呼ばれるトップ下の役割だったが、バルセロナのユースでは左ウイングまたは左フォワードとしてキャリアをスタートさせた。 バルセロナのファーストチームのデビュー戦で、監督によって右ウイングを持ち場とされ、サイドを深くえぐってからのセンタリングや、ドリブルで内側へ切り込んでからのシュートを武器としていた。 グアルディオラ監督の采配により布陣の中央へ移動しシステム上はストライカー(=9番)だが、9番が本来いるべきポジションを無視して中盤やサイドへ流れて相手を引きつけチームメートが攻め上がるためのスペースを巧みに作り出しメッシの武器であるドリブルやアタッカー陣と連動して相手DFに全く的を絞らせない流動的な攻撃を実現するために 、センターフォワードよりも下がった位置で動き回る「ファルソ・ヌエベ(偽の9番)」の役割を会得。 2014-15シーズン途中からはの加入もあり、新しく監督に就任したがキャリア初期を象徴する右ウイングにポジションを移したが、試合中は右サイドに張ったポジショニングではなくやや中央に寄った位置でプレーし、ネイマールやスアレスらと強力なコンビネーションを見せ、メディアやファンからはMSNや南米トリデンテという呼び名でこのトリオは親しまれていた。 2017-18シーズンに新監督として就任したが基本フォーメーションを4-4-2に変更して以降、メッシは2トップの右CFで起用されている。 決して恵まれた身長とは言えないがバランス感覚に秀でており激しい当たりを受けても簡単に倒れない、そのため自分より大きなDFにも対応が可能。 こぼれ球の処理にも秀でている。 プレースキッカーとしても優れており、直接FKからの得点も彼の武器である。 でのとの1対1 メッシはタイミングの取り方が他の選手に比べ細かい。 どう細かいかというと、たとえば、ふつうの選手が「タン、タン、タン」と一拍のリズムで動くところを、メッシは0. 5拍で「タ・タン、タ・タン、タ・タン」と刻むように進む。 この細かいリズムにより、メッシは相手が1歩を踏み出している途中のタイミングでサッと逆に切り替えしたり、シュートを打つため、マーカーは付いていけない。 このリズム感こそが、メッシの最大の武器である。 このようなリズムを生む要素はいくつかあり。 一つは、歩幅の短さ。 二つ目は、ドリブルタッチの細かさ。 そしてもう一つ特徴的なのは、ドリブルをする際に、ボールタッチと歩みが同じ動きの中で行われていることである。 メッシはどんなボールが来ても確実に自分の足元(大概は左足側)にトラップすることができ、そのトラップによりドリブルなどの次の動作に移りやすくなる。 メッシが止めるボールの位置は相手が触れられない場所にあってパス、ドリブル、シュートどの選択肢も行動可能な状態となるため相手は迂闊にボールを取りに行けば交わされることが見えているので、相手はその選択肢を全て考えながら守備をしないといけなくなりメッシの次の動作を待つしかなくなる状態となる。 メッシは視野を広く保ち、味方と相手の選手の位置や距離感などが常に分かっている。 そのため自分の次の行動につなげる情報が豊富に揃い、さらにトラップテクニックを有することで、プレーの幅が増えている。 また、味方だけでなく、相手選手についても全体を通して見えており、相手選手がどのように自分に向かって来るのかも分かる。 このように視野を広く保ち状況判断がしっかりとしているため、数プレー先のことを考えながらプレーすることができる。 メッシはその視野を生かし、味方の動きを利用し、パスを出すフェイントをしたり、味方の作ってくれたコースにドリブルで侵入したりする メッシは2008-09シーズンから2018-19シーズン現在まで11シーズン連続でゴールを決めておりデビュー以来FKゴール数は年々増加している。 そのメッシのFKについてスペイン紙は「メッシはプラスチックの壁との練習で技を磨き、前よりも素晴らしい蹴り方を生み出した。 以前までのメッシは、右足の外側で全体重のバランスを支えており、それが安定感と正確性を失わせていた。 しかし、今の彼は軸足の角度を50度に保っている。 これによって蹴る前に右足全体がしっかりと地面に接地し、キックが安定するようになった。 また、ボールをより巧く叩けるように、肩と胸をアーチ状に曲げている。 さらに身体の捻りも初期の頃と比べると変化しており、動作がよりコンパクトになっている」と重要なのは軸足だと分析している。 決勝にてシュートのフォームを作るメッシ 近年では、加齢のため走行距離が少なく試合中の多くの時間を歩いてプレーしており、90分間で6〜7kmしか走っていない(平均的な選手の走行距離は10~11キロ程度である)。 しかし、前述にある瞬発力・俊敏性の高さを活かし歩いている状態から一瞬でトップギアに切り替えることが可能であり、これによってマークしているDFを置き去りにすることや油断した相手DF陣がボールコントロールをミスした際に即座にプレッシングしボールを奪い取ることもある。 メッシは2014年の試合で時速34. 47キロのスピードを記録。 メッシは自身のエネルギーを攻撃に集中させることで瞬時に爆発的なスピードを出せるようにしている。 メッシ自身は自らのプレーがFCバルセロナのユース組織で培われたバルセロナのスタイルに起因するところが大きいとし、直感を重視して本能的にプレーしていると述べている。 その正確無比なプレーはしばしば「の中の選手のようだ」と喩えられることがある。 評価 [ ] 史上最多となる6回のバロンドールに輝くなど、サッカー史上最高の選手の1人とされ、や 、 など、歴代最高の選手とする声も多い。 ジョゼップ・グアルディオラは「メッシを止められるディフェンスなど存在しない。 自陣を9人で守り、11人でハイプレスをかけても対応できない。 距離を詰めて、 ボールを受ける前にブロックしなければならないのは分かっているが、彼ほどの飛びぬけた才能の前には戦術も監督も関係ない」と賞賛している。 は教え子であるロナウドを世界最高の選手に挙げながらも、メッシの真面目さとサッカーへの愛情、ボールを奪いに行く勇気を高く評価し「ロナウドとは違うタイプの選手で、素晴らしい選手であることに疑いはない」と賛辞を送っている。 は「私はこれまで異なったチームでメッシと戦ってきた。 その中で色々なアプローチや目的を持ってやってきた。 試合に勝つため、時には負けないためや成績を維持するための方法も取ってきた。 彼のプレーを読み、どのように相手にダメージを与えるかを理解しようとした。 しかしそれでは彼を止めるのに時間がかかり過ぎる。 それには感動すら覚える。 彼は非常に素晴らしい選手であり、正真正銘のトップ中のトップだ。 我々は彼に考えること、研究すること、分析すること、そして決断を下すことを学んだ。 戦術も、守備組織も、監督という存在も意味をなさないんだ。 彼の巨大な才能はどのような対策も無効としてしまい、プレーを制御する方法などは存在しない」と述べている。 は「メッシと最初に会ったのは、彼が16歳の時だったが、驚かされたことを覚えているよ。 当時から今のようなパフォーマンスができていた。 なぜなら、彼は天才だからだ」と称賛している。 はCLでバルセロナに0-3で敗れた後「こういう選手は50年にひとりしか生まれない。 単独でこれだけの能力・スキルを持つ選手なんだ。 ファンタスティックのひと言だよ。 超、超、超トッププレーヤーだ。 彼なら年間60ゴールも可能だろう。 それも1シーズンだけでなく、毎シーズンね。 こうして彼を称える機会がもらえて嬉しかったよ。 素晴らしい選手だからね。 世界最高の選手だ」と述べている。 は「リオネル・メッシは2位以下を大きく引き離して世界のトップにいる」と世界最高の選手と評価し、トップスピードでありながら方向を変えることができるドリブル技術を「危険極まりない脅威」と表現した。 は個人技や創造性、両足での決定力に加え、チームのためにプレーする姿勢を高く評価し 、自らを魅了する選手の一人であるとしている。 アルゼンチン代表におけるキャプテン就任についても「数々のタイトルを獲得したメッシはプレッシャーに耐える術を知っている人間であり、彼に相応しい名誉だ」として支持している。 マラドーナとの比較については「時代が違う」として、必要のないことであると述べている。 は「私は、ペレの現役時代は知らないが、クライフなら知っている。 だが、メッシは私が知る限り史上最高だ。 ホーム、アウェイ、リーグ戦、カップ戦関係なくプレーする。 4年いいプレーするを選手がほとんどの中、彼は10年トップであり続けている。 私の見たベストプレーヤーだ」 と絶賛している。 は「メッシはどこでも望む場所でプレーすることができる。 メッシは他の誰とも違う。 色々な賞で彼を比べるのは馬鹿げたことだ。 彼のような選手は過去にもいなかった。 現在の選手との比較だけではない。 現在のどの選手も傷つけるつもりはないが、過去のどの選手とも比較できない」と述べている。 は「メッシを超える選手など有り得ない。 彼は生粋のフットボーラーであり、ライバルなど関係ない。 その一方で、彼はチームとはいかなるものかをしっかりと理解している。 常にチームメートやスタッフへの感謝の気持ちを忘れない、謙虚な青年だ」 と語っている。 は「すべての監督がメッシを止めるための策を講じる。 それは想像に難くない。 でも、メッシは絶対に止められない。 以前、の決勝でがメッシにマンマークをつけたことがあったね。 だけど、無駄だった。 メッシは違いをつくる選手だ。 僕たちがやっていたのは、メッシに時間とスペースを与え、ボールを受けてもらうこと。 メッシは世界一違いを生み出せる選手。 それは余りにも明快だ」とメッシの個の能力について高く評価している また「彼は毎日より良い選手になる。 信じ難いほどにね。 僕の意見では、彼が史上で最高の選手だよ。 この瞬間だけではなく、歴史上においてだ」。 彼がしていることは素晴らしいことだ。 全ての試合で違いを作る。 12年前から毎試合そうなんだ。 僕は彼と共にプレーしたけど、彼の技術…それはとてつもないものだ。 私の中で、彼が史上最高の選手だということは揺るがない」 と賞賛している。 は「リオネル・メッシは世界最高の選手であると同時に、私が知る限り最も腰の低いスター選手だ。 バルサで6年間彼と共にプレーしたが、彼の傍にいれたことが私の誇りだ。 彼の練習する姿や笑っているところを見るのは私にとって喜びだった。 彼がストレスを感じているように見えたことは一度も無い。 彼はフィールドで仲間を助けたり、人とは違ったプレーをすることができたがいつも他の選手たちに対してポジティブかつ控えめな態度で接した。 彼から学んだことは多い。 私はから彼と一緒にプレーしたが、年々彼のレベルが上がっていった。 彼ほど長い間才能を発揮し、記録を塗り替えて続ける選手はいない。 ずっとサッカーをやめないで欲しい。 あと10年間プレーし続けてほしい。 私だけでは無く他の多くの人々も同じことを思っているだろう」 とその態度と才能を称賛している。 は「誰もが彼の成功を確信していた。 最初からね。 それを知るために、エキスパートになる必要なんてなかった。 メッシは昔も今も特別な存在だ。 最高級の形容詞でさえ、彼を表現するには至らない」と述べ称賛している。 は「アルゼンチン代表はロシアで優勝候補の一角に入るか?」という質問に対して「もちろんだ。 それについては何の疑いも持っていない。 しかし、アルゼンチンを優勝候補にしているのはメッシだ。 メッシがいなければ、アルゼンチンはグループステージを突破できない。 アルゼンチンにはアグエロ、イグアイン、ディ・マリア、ディバラといった優れた選手がいるが、いずれも1人では試合を勝利に導けない。 だが、メッシにはそれができる。 そこに大きな違いがある」とメッシのアルゼンチン代表での影響力を高く評価している。 は「メッシは私が現役時代に一度もできなかったようなプレーを、1試合のうちに4、5回見せている。 信じられないよ。 私はマラドーナを見た時、彼を超える選手は出てこないと思った。 だがメッシは史上最高の選手だ」と述べている。 は「メッシが世界最高の選手。 彼は子供たちの憧れの的だ。 皆が彼のプレー、振る舞い、チームへの献身の姿勢を真似ようとしている。 メッシはチームのためにプレーをする。 それがどんな選手、人間であるかをよく表している。 メッシは8歳か9歳の子供ように試合を楽しむ。 まるで現役最後の試合であるかのように、各試合を心ゆくまで楽しんでいるんだ。 特別な選手だね」と述べている。 はグループステージ第5節の戦で2得点を挙げたメッシに対し、「私は彼が、歴代最高の選手だと思う。 彼のプレーを見ることが絶対的な喜びだよ」と語っている。 は世界最高の選手について尋ねられ「サラー?世界最高の選手はリオネル・メッシだよ。 」と答えている。 新たなトッティかメッシ、もしくは2人に肩を並べる偉大な選手が現れた時、受け継がれることになるだろう。 もしメッシがローマに来たら、間違いなく身に着けることになる。 は「メッシはより完璧だ。 彼はより低い位置からプレーを開始し、よりテクニカルのクオリティー、ゲームのビジョンを持っている。 フィニッシャーというよりはトレクアルティスタ(トップ下)だ と評価している。 はのインタビューに対して「オレが思うにメッシは唯一無二だ。 彼のようなプレーをできる選手が今後現れるか、分からないな。 なぜなら彼には自分のスタイルがある。 だから、あそこまでの選手になれた。 (第二のメッシの出現については)可能だとは思わない。 毎日彼のプレーを見られることは自分にとって幸運だ。 以前にも言ったけど、プレイステーションのようだ。 ボールを預ければ、全員抜いてくれる。 それがメッシなんだよ。 彼は他の国に移籍しても、どこでも活躍できる。 なぜならフットボールを愛する唯一無二の存在だからだ。 フットボールを本当に愛しているからね。 バルセロナでも世界のどこでも、パフォーマンス面でトラブルに陥るようなことなんてないんだよ。 みんな感謝しなければいけない。 特にアルゼンチンではね。 あんな選手が自分の国にいるんだから。 彼がプレーしている間は喜びを享受すべきだ。 なぜなら、彼は美しいのだから。 」とメッシの存在を唯一無二と表現している。 は「我々はロナウドやロナウジーニョのような素晴らしい選手を見てきたが、メッシは15年間もトップに立ち続けている。 彼は18歳の頃から常に最高の選手であり続けた。 信じられないようなものを見てきている。 彼は3日おきにゴールを決め、アルゼンチン代表でもプレーし、時差ボケのまま戻ってきてハットトリックを決めるんだ。 本当に普通じゃない、今後このようなクオリティーの選手が現れるのは不可能だろう」 と述べている。 は「いつの日か、僕が孫に『メッシと同じピッチに立ったんだよ』と伝えられる日が来るだろう。 彼らには繰り返し、その話をするだろうね。 なぜなら彼は、サッカー史上最も偉大な選手だからだ。 彼が成し遂げていることについてどう表現するべきか、いろいろな考えがあるだろう。 僕が思いついたのは、彼は『生ける記念碑』だということだ。 生きているうちに、誰もが一度は彼のプレーを見に行くべき存在だよ」と述べている は「(メッシが歴代最高の選手かどうかは)歴史が決めること」であるとしながらも、メッシのプレーを見ることが喜びであると語り 、メッシが史上最高の選手となることを望む旨を度々発言している。 マラドーナはメッシのプレーだけでなく、その人柄も高く評価している。 はロナウドとメッシ、どっちのほうがいい選手かという質問に対して「メッシだね。 前にも言ったと思うけど、2人はどちらも史上最高の選手だろう。 個人的にはメッシが史上最高さ」と答えている。 は「この世に2人の史上最高の選手は存在しない。 唯一の存在であり、それがメッシだ」と語りメッシを称えている はメッシがハットトリックを達成した第28節ベティス戦の後に「僕らはたくさん楽しまなければならない。 彼の才能は世界で二度と見ることはできないだろうからね。 彼はとても印象的な選手だ。 君たちはそれを今日見たと思うし、ピッチに行くたびに見ているんだ」 と称賛している。 はメッシが欠場したアルゼンチン戦の後に「メッシがいない時には全く違うものになる。 それが見られただろう。 ピッチにメッシがいれば、多くのことが変わる。 もしピッチにいなければ、リーダーを失う。 アルゼンチン人は、メッシはメッシだと知っている。 彼を人々が批判していることは聞いている。 しかし、メッシは優先的に扱われるに値する人間だ。 なぜなら、彼は最高だからだ。 メッシのような選手が批判されるべきではない。 神に感謝しなければいけないよ。 彼が存在することをね。 誰もが知っている。 メッシは何ができるかを。 彼がそこにいないことですべてが変わる。 メッシと対戦するチームは、何かを変えなければならない。 彼は違いを作れる選手だからだ。 」 と語っている。 は「メッシは4回見たって同じ場所にいる。 本当に変だよ。 また歩いて、歩いて、そしてゴールだ。 彼と何度か対戦してきて、彼は本当に小さなスペースを探し出すのがとても上手いと思う。 バルセロナがパスを回している間、彼はボールがどこに来るかをあらかじめ知っているみたいだ。 彼の賢明さは本当に素晴らしくて、歩いている時でも常に注意する必要がある。 本当に最高の選手だ」。 はのインタビューに対して「僕にとっては世界最高だ。 ピッチで対戦するときには、彼にとって最高の日ではないことを祈るしかない。 もし、そういう日であれば、彼のチームは相当に優位な立場となる。 彼を止めるのは難しい。 その動きをカバーをして、DF陣を助け続けなくてはならないし、そして、彼にとって最高の日ではないことを願うしかない…。 彼がプレーを開始することを意識し、それを阻止する心構えをして実際にそうしたとする。 でも、彼はいきなり何かしらのプレーを発明してしまうんだよ。 彼の創造性は凄まじい。 なぜ、身体を投げ出さないのか? そんなことしても、止めるのはほぼ不可能だからだ。 バルセロナでもアルゼンチンでも、メッシのチームは常に彼を探すことになる。 彼はゴールやパス、またチームをプレーさせることで試合を決定づけてしまう。 テレビで彼のことを見ていると、まるで急にギアを変えられるみたいだ。 自チームにメッシがいるならば、彼を探すことは当たり前だよ」と称賛している。 は「僕はメッシのような選手を人生で一度だって目にしたことがなかったし、今後も目にすることはないだろう。 彼はあらゆる種類のプレーをやってのけ、そのすべてが90点以上だ。 しかも、長年にわたってそうしたパフォーマンスを見せ続けているんだよ。 僕にとってはメッシこそが至高だ。 彼と比類する選手は存在しないし、似た選手を未来に見ることも疑わしい」 と語っている。 レオ・メッシ財団 [ ] 2007年、「レオ・メッシ財団」を設立。 難病の人々の救済や彼らの夢を叶え、平等の機会を与えるという信念の元に、自身と家族のアイデアから設立された。 財団のホームページは現在では5ヶ国語に翻訳されている。 他のと協力してイベントの実施や病院や施設などを訪れたり、施設環境の向上に尽力している模様はブログなどでも度々語られており、その活動が認められよりに任命されている。 2008年、財団のホームページとは別に日本でオフィシャルブログを開設した。 経緯としては、ファンへの情報配信と財団の協賛企業集めの一環である。 財団の存在や活動内容を周知するアンテナの役目も果たしている。 2009年には中国語版も開設されその後英語版やスペイン語版も開設された。 エピソード [ ] 詳細は「」を参照• ~2011まではウイニングイレブンシリーズのイメージキャラクターを務めていた。 2012年からはがメッシとレオ・メッシ財団と複数年契約を行い、FIFA16まででのイメージキャラクターを務めていた。 サッカー以外の私生活面では非常に寡黙で、酒席やパーティーに招かれても本人なりに気遣って隅の方で佇んだまま他の者らの談笑を黙って見ているだけで、談話の輪に入るよう料理を取り分けてあげると、メッシは「ありがとう」と小声で答え、そのまま大人しくしているという。 しかしカンテラ時代から一緒にプレーしているは「みんなは知らないだろうけど、メッシはシャイなんかじゃないよ。 本当に皮肉が効いたユーモアを持っているんだ。 デビューから数年はと契約しスパイクを着用していたが、からと契約した。 同社とは年間契約金1000万ドル(約11. 3億円)での生涯契約を締結と報じられている。 2010年、としてと契約し、のに協力。 の製品を愛用していることを自身のブログサイトで述べている。 2010-11シーズン中、フランスの 実質15部リーグに所属するFCボルヌが、メッシ獲得のオファーレターを提出した。 は「悪質な冗談」としてこれを阻止、FCバルセロナへ書簡が届くことはなかった。 6月、米経済誌が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」のランキングを発表し、2010年の5月からの1年間で3,200万ドル(日本円で約25億6,000万円)を稼いで9位にランクインした。 元チームメイトのとはメッシとボージャンの曾祖父どうしが兄弟で遠縁の親戚である。 2012年11月2日、恋人との間に第一子となる長男が 、2015年9月11日に第二子となる次男が誕生した。 ちなみに、誕生した翌日の試合でいずれも子供に捧げるゴールを決めている。 のに所属するが、メッシのファンであることを公言したのに対し、メッシも「僕もステフのファンなんだ」と感謝の意を示している。 はメッシのファンであり自分の4人目の子どもの名前の一部をメッシから取っている• 2019年6月、アメリカの経済誌は最新のランキングを発表した。 メッシの年収は1億2900万ドルであり、サッカー選手、世界のアスリートの中で1位にランクインした。 2017年5月、のはを発表し、メッシは、に次ぐ3位にランクインした。 2017年7月、FCバルセロナはリオネル・メッシとの新たな4年間の契約延長を発表した、メッシの新しいサッカー年俸(1年分)は税金を引いた後の「手取り額」で約51億4100万円になるとのことである。 世界でも屈指の人気アスリートであり、のフォロワー数は2019年9月現在で約1億3000万人を超えており、世界中のアスリートの中でもに次いで2番目に多い。 2018年、メッシは自身のインスタグラムで「とパートナーシップを結ぶことが出来て光栄だ。 2019年に僕の人生やフットボールへの情熱を基にした全く新しいショーが誕生するよ」とコメント。 また、シルク・ドゥ・ソレイユは公式サイトで「レオ・メッシとポップアート・ミュージックと共同してこれまでにないショーを製作します。 我々は本当に感動しています。 このショーは信じられない才能と、偉業を成し遂げたフットボールの生ける伝説からインスピレーションを受けて描かれるものです」と説明している。 『メッシ10 by シルク・ドゥ・ソレイユ』というタイトルのショーは10月10日にスペイン国内では唯一の公演予定となっているでの公演が開始され、32回の公演が行われた後、2020年に世界中で公演が行われる予定である。 2017年にヨーロッパで最大のセンターの設立費用を集めるキャンペーンの大使に就任したメッシは自身の発信力やカリスマ性を利用してさまざまな活動を行った。 その甲斐もあってか2018年には目標額である3000万ユーロ(約39億円)が集まりこの病院は2020年後半に完成する見通しとなった。 そしてその後もレオ・メッシ財団による2016年から続くサン・ジョアン・デウ病院の研究プロジェクトへの貢献の一環として主に子供や青少年の発症率が高く、非常に生存率の低いの一種であるの研究に20万ユーロ(約2,500万円)を寄付している。 メッシはアルゼンチン国歌演奏の際、基本的には黙って聞いているタイプで、若き日はその姿勢を批判される向きもあった。 メッシも「僕は国歌を歌う必要はないと思っている。 愛国心は感じているし、歌っても何も変わらないだろう。 それが聞くことが僕のやり方なんだ」と語っていた。 しかし、戦の前には国歌を口ずさむ様子をカメラがとらえた。 それに色めき立ったメディアは「キックオフ前から見出しになることを作った!」と報じるほどだった。 フラッシュインタビューの際それに関して質問されメッシは。 「確かにそうだね。 そうしたいと感じたから歌ったんだ。 それだけだよ(笑)」と笑いながら語った。 のPK失敗があったアイスランド戦後、メッシはアルゼンチンのテレビ局『Telefe』で司会を務めるラマ・パントロットにお守りとして赤いリボンをプレゼントされメッシはそれを左足に巻いて次のナイジェリア戦に臨みその試合で大会初得点を記録した。 メッシはワールドカップ終了後のバカンスでも左足首にこのリボンを巻いていた。 翌シーズンの準々決勝、メッシは当時不調に悩んでいたにリボンを貸すとその試合でコウチーニョは2ゴールをマークしチームの勝利に貢献した。 3位決定戦でもメッシはにリボンを貸してディバラは試合で1ゴールをマーク、チームの3位入賞に貢献した。 この事からメディアはそのリボンを「幸運のお守り」と呼んでいる。 2019年7月、アルゼンチンは厳しい寒波に見舞われており、過去30年で一番の寒さとなった。 そこでメッシは、7月5日~19日の寒さが弱まる頃まで故郷ロサリオに所有するにを招き、温かい食事と一時的に雨露をしのぐ場所を提供している。 企画を提案したのは、メッシがオーナーを務めているレストランの『VIP』のスタッフたち。 寒波を受けているホームレスたちの身を案じての発案だった。 メッシはこの要請を快く承諾。 『VIP』のマネージャーであるアリエル・アルマダ氏は、「もう15日くらい続けているよ。 毎晩19時から21時の間にスープやコーヒー、ソフトドリンク、も提供している。 多くの人がやってきて、とても有難がってくれた」と語っている。 個人成績 [ ] 2019年6月28日現在 クラブ シーズン ディビシオン 背番号 リーガ シーズン 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 アシスト FCバルセロナB 2003-04 5 0 - - - - - - - - - - 5 0 - 2004-05 17 6 - - - - - - - - - - 17 6 - 通算 22 6 - - - - - - - - - - 22 6 - FCバルセロナ 30 7 1 1 0 1 0 - - - - - - 9 1 1 19 17 6 2 1 6 1 - - - - - - 25 8 5 26 14 2 2 5 1 2 0 1 0 - - 36 17 3 28 10 3 0 9 6 - - - - - - 40 16 15 10 31 23 8 6 12 9 - - - - - - 51 38 18 35 34 3 1 11 8 1 2 1 0 2 2 53 47 13 33 31 7 7 13 12 2 3 - - - - 55 53 24 37 50 7 3 11 14 2 3 1 1 2 2 60 73 30 32 46 5 4 11 8 2 2 - - - - 50 60 15 31 28 6 5 7 8 2 0 - - - - 46 41 14 38 43 6 5 13 10 - - - - - - 57 58 28 33 26 5 5 7 6 2 1 1 2 1 1 49 41 23 34 37 7 5 9 11 2 1 - - - - 52 54 16 36 34 6 4 10 6 2 1 - - - - 54 45 18 34 36 5 3 10 12 1 0 - - - - 50 51 22 通算 452 419 73 51 135 112 18 13 4 3 5 5 687 603 245 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-20• 2005年 - ( 優勝)• 2008年 - ( 優勝)• 2006年 - (ベスト8)• 2007年 - (準優勝)• 2010年 - (ベスト8)• 2011年 - (ベスト8)• 2014年 - (準優勝)• 2015年 - (準優勝)• 2016年 - (準優勝)• 2018年 - (ベスト16)• 2019年 - (3位) 試合数 [ ] 国際Aマッチ 138試合 70得点 2005年 - 年 出場 得点 2005 5 0 2006 7 2 2007 14 6 2008 8 2 2009 10 3 2010 10 2 2011 13 4 2012 9 12 2013 7 6 2014 13 8 2015 8 4 2016 11 8 2017 7 4 2018 5 4 2019 10 5 通算 138 70 ゴール [ ] 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会 1 2006年3月1日 、 2-1 2-3 2 2006年6月16日 、 6-0 6-0 3 2007年6月5日 、 2-2 4-3 親善試合 4 4-2 5 2007年7月8日 、エスタディオ・メトロポリタノ・デ・フットボル・デ・ララ 2-0 4-0 6 2007年7月11日 、ポリデポルティーボ・カチャマイ 2-0 3-0 コパ・アメリカ2007 7 2007年10月16日 、エスタディオ・ホセ・パチェンチョ・ロメロ 2-0 2-0 8 2007年11月20日 、 1-0 1-2 2010 FIFAワールドカップ・南米予選 9 2008年6月4日 、 2-0 3-0 親善試合 10 2008年10月11日 、 1-0 2-1 2010 FIFAワールドカップ・南米予選 11 2009年2月11日 、 2-0 2-0 親善試合 12 2009年3月28日 ブエノスアイレス、エル・モヌメンタル 1-0 4-0 2010 FIFAワールドカップ・南米予選 13 2009年11月14日 、 1-1 1-2 親善試合 14 2010年9月7日 ブエノスアイレス、エル・モヌメンタル 1-0 4-1 親善試合 15 2010年11月17日 、 1-0 1-0 親善試合 16 2011年2月9日 、 2-1 2-1 親善試合 17 2011年6月20日 ブエノスアイレス、エル・モヌメンタル 2-0 4-0 親善試合 18 2011年10月7日 ブエノスアイレス、エル・モヌメンタル 2-0 4-1 19 2011年11月15日 、エスタディオ・メトロポリタノ・ロベルト・メレンデス 1-1 2-1 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 20 2012年2月29日 、 1-0 3-1 親善試合 21 2-1 22 3-1 23 2012年6月2日 ブエノスアイレス、エル・モヌメンタル 3-0 4-0 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 24 2012年6月9日 、 1-1 4-3 親善試合 25 2-1 26 4-3 27 2012年8月15日 、 2-0 3-1 親善試合 28 2012年9月7日 、 3-1 3-1 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 29 2012年10月12日 、 1-0 3-0 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 30 3-0 31 2012年10月16日 、 0- 1 1-2 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 32 2013年3月22日 ブエノスアイレス、エル・モヌメンタル 2-0 3-0 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 33 2013年6月15日 、エスタディオ・ナシオナル・マテオ・フローレ 1-0 4-0 親善試合 34 3-0 35 4-0 36 2013年9月10日 、 1-0 5-2 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 37 4-1 38 2014年6月7日 、 2-0 2-0 親善試合 39 2014年6月15日 、 2-0 2-1 40 2014年6月21日 、 1-0 1-0 2014 FIFAワールドカップ 41 2014年6月25日 、 1-0 3-2 2014 FIFAワールドカップ 42 2-1 43 2014年10月14日 、 5-0 7-0 親善試合 44 7-0 45 2014年11月13日 、 2-1 2-1 親善試合 46 2015年6月13日 、 2-0 2-2 47 2015年9月4日 、 5-0 7-0 親善試合 48 6-0 49 2015年9月8日 、 2-2 2-2 親善試合 50 2016年3月29日 コルドバ、エスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペス 2-0 2-0 51 2016年6月11日 、 2-0 5-0 52 3-0 53 4-0 54 2016年6月18日 、 3-0 4-1 コパ・アメリカ・センテナリオ 55 2016年6月21日 、 2-0 4-0 コパ・アメリカ・センテナリオ 56 2016年9月1日 メンドーサ、エスタディオ・マルビナス・アルヘンティナス 1-0 1-0 2018 FIFAワールドカップ・南米予選 57 2016年11月15日 、 1-0 3-0 2018 FIFAワールドカップ・南米予選 58 2017年3月23日 ブエノスアイレス、エル・モヌメンタル 1-0 1-0 2018 FIFAワールドカップ・南米予選 59 2017年10月10日 、 1-1 3-1 2018 FIFAワールドカップ・南米予選 60 2-1 61 3-1 62 2018年5月30日 、 1-0 4-0 親善試合 63 2-0 64 3-0 65 2018年6月26日 、 1-0 2-1 66 2019年6月7日 サン・フアン、エスタディオ・サン・フアン・デル・ビセンテナリオ 1-0 5-1 親善試合 67 2-0 68 2019年6月19日 ベロオリゾンテ、ミネイロン 1-1 1-1 69 2019年11月15日 、 1-0 1-0 親善試合 70 2019年11月19日 、 2-2 2-2 親善試合 タイトル [ ] クラブ [ ]• :10回 , , , , , , , , ,• :8回 2005, 2006, 2009, 2010, 2011, 2013, 2016, 2018• :6回 2008-09, 2011-12, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18• :4回 , , ,• :3回 , ,• :3回 , , 代表 [ ] U-20• :1回• 金メダル:1回 2008 個人 [ ]• :6回 , , , , ,• :6回 2009, 2010, 2011, 2012, 2015, 2019• :2回 2011, 2015• :13回 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019• :1回• ・ゴールデンボール:2回 2009, 2011• ・シルバーボール:1回 2015• :6回 2009-10, 2011-12, 2012-13, 2016-2017, 2017-18, 2018-19• :6回 2010, 2012, 2013, 2017, 2018, 2019• 得点王:6回 2008-09, 2009-10, 2010-11, 2011-12, 2014-2015, 2018-19• 得点王・最優秀選手• アルゼンチン最優秀選手 :11回 2005, 2007, 2008, 2009, 2010 ,2011,2012, 2013, 2015, 2016, 2017• 2006• :3回 2006, 2007, 2008• ワールドサッカー 歴代最高のイレブン ワールドサッカー誌選出 2013• FIFPro年間最優秀若手選手 3回 2006, 2007, 2008• 最優秀若手選手• 2007• :3回 2006-07, 2008-09, 2009-10• EFE賞 リーガ・エスパニョーラ最優秀アメリカ大陸出身選手賞 :2回 2006-07, 2008-09• 11回 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019• FIFAチーム・オブ・ザ・イヤー 2008• チーム・オブ・ザ・シーズン 2回 2014—15, 2015—16• リーガ・エスパニョーラ 月間最優秀選手 3回 2016 1月、2017 4月、2018 4月• :6回 2008-09, 2009-10, 2010-11, 2014-15, 2016-17, 2017-18• リーガ・エスパニョーラ最優秀選手:6回 2008-09, 2009-10, 2010-11, 2011-12, 2012-13, 2014-15• リーガ・エスパニョーラ最優秀FW:7回 2008-09, 2009-10, 2010-11, 2011-12, 2012-13, 2014-15, 2015-16• :2回 2009, 2019• 2008-09• :4回 2009, 2010-11, 2011-12, 2017-18• GOAL 50:3回 2009, 2011, 2013• ベストチーム 2014-15• UEFAゴール・オブ・ザ・シーズン 3回 2006—07, 2014—15, 2015—16• コパ・アメリカドリームチーム 4回 2007, 2011, 2015, 2016• FIFAワールドカップドリームチーム 1回 2014• リーガ・エスパニョーラベストイレブン 2014-15 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 成長ホルモンの分泌障害を抱え、その治療のための成長ホルモン投与によって現在の身長を得ている。 2010年から2015年まではとして表彰。 他の3人は、、• メッシ以前のアルゼンチン出身の受賞者は1957、59年の、1961年のであるが、当時は受賞資格が欧州国籍の選手にしか与えられておらず、ディ・ステファノはスペイン人、シボリはイタリア人としてそれぞれ受賞している。 そのためアルゼンチン人としてバロンドールを受賞したのはメッシが初である。 それぞれ、の次点である。 サラゴサ戦の4点目に、がメッシの得たPKを決めて記録は止まった。 1試合4得点は自身初めてのことである• リオ・ジョージ・ジェラードと名付けられており。 ファーストネームの「リオ」は、メッシのファーストネームにちなんで命名されていると見られる。 出典 [ ]• 2016年4月7日閲覧。 2011年5月29日閲覧。 2011年5月29日閲覧。 サッカーダイジェスト 2017年10月12日• 」ルーカ・カイオーリ著 東邦出版 2010年2月18日• Transfermarkt. 2020年3月21日閲覧。 Transfermarkt. 2020年3月21日閲覧。 com 2018年2月8日• com 2018年3月19日• livedoor NEWS 2017年10月12日• SOCCER KING 2018年3月22日• ゲキサカ 2012年5月6日• Guinness World Records 2012年• Time. 2020年4月22日閲覧。 Time. 2020年4月22日閲覧。 Carlin, John 2010年3月27日. London: The Independent. 2010年4月7日閲覧。 Veiga, Gustavo. 2009年5月31日閲覧。 London: Times Online. 2009年5月30日閲覧。 Carlin, John 2010年3月27日. London: The Independent. 2010年4月7日閲覧。 Veiga, Gustavo. 2009年5月31日閲覧。 「Messi. Bleacher Report• Outside the Lines, ESPN FC 2015年7月18日• Caioli 2012, pp. 31—35• The Times 2008年4月20日• The Guardian 2015年7月16日• PRESIDENT Online 2014年7月11日• Football tribe 2018年11月18日• Sport 2016年12月16日• Guardian 2015年7月18日• New York Times 2011年5月22日• 2009年12月20日 [ ]• 2010年5月18日 スポニチ Sponichi Annexニュース• UEFA. com 2011年8月25日• SOCCER KING 2011年9月29日• SOCCER KING 2011年10月17日• SOCCER KING 2012年2月17日• ESPN Soccernet• SOCCER KING 2012年2月28日• SOCCER KING 2012年3月8日• SOCCER KING 2012年3月21日• SOCCER KING 2012年3月25日• SOCCER KING 2012年4月4日• SOCCER KING 2012年4月8日• SOCCER KING 2012年5月3日• Goal. com 2012年5月6日• SOCCER KING 2012年05月20日• SOCCER KING 2012年12月10日• CNN. jp 2013年1月7日• SOCCER KING 2013年1月28日• フットボールチャンネル 2016年11月7日. 2017年3月21日閲覧。 the World 2017年3月20日. 2017年3月21日閲覧。 スポーツニッポン 2017年4月25日. 2018年3月25日閲覧。 FootballTribe 2017年10月19日. 2017年10月19日閲覧。 ゲキサカ 2018年3月15日. 2018年3月25日閲覧。 SOCCERKING 2018年9月19日. 2018年10月7日閲覧。 FC Balcelona 2018年10月21日. 2019年1月14日閲覧。 サッカーキング 2019年1月14日• BBC 2019年1月13日• フットボールチャンネル 2019年01月18日• FC Barcelona 2019年 1月17日• AFP 1月31日• GOAL 2月3日• BBC Sports 2019年2月23日• GOAL 2019年3月18日• qoly 2019年4月17日• サッカーダイジェストWeb 2019年4月28日• サッカーキング(2019年5月2日)• フットボールチャンネル 2019年05月25日• サッカーダイジェスト 2019年08月05日• サッカーキング 2019年8月28日• サッカーキング 2019年9月24日• FOOTBLL CHANNEL 2020年02月23日• canchallena. com 2011年9月4日• SOCCER KING 2012年3月2日• SOCCER KING 2013年6月15日• Smyth, Rob 2014年7月21日. The Daily Telegraph• FIFA. 170—171. 閲覧日2019年12月1日• Jurejko, Jonathan BBC Sports 2014年7月1日• Ferris, Ken Reuters 2014年7月6日• Adam Bate. SKY Sports 2014年7月16日• フットボールチャンネル 2015年7月6日. 2016年6月29日閲覧。 SOCCER KING 2016年6月11日• SOCCER KING 2016年6月19日• SOCCER KING 2016年6月22日• SOVVER KING 2016年6月28日• AFPBB News. 2016年8月13日. 2016年8月13日閲覧。 SOCCER KING. 2016年9月2日. 2016年9月2日閲覧。 サッカーキング. 2017年10月11日. 2017年10月11日閲覧。 BBC. 2018年6月22日. 2018年8月15日閲覧。 Tribuna. 2018年6月22日. 2018年8月15日閲覧。 BBC. 2018年6月26日. 2018年8月15日閲覧。 The New York Times. 2018年6月26日. 2018年8月15日閲覧。 FIFA. com. 2018年6月30日. 2018年8月15日閲覧。 www. cbssports. com.. 2018年7月1日. 2018年8月15日閲覧。 ゲキサカ. 2019年6月9日閲覧。 The Answer 7月4日• ゲキサカ. 2020年4月22日閲覧。 Sport 2019年7月7日• 超ワールドサッカー 2019年7月7日. 2019年7月7日閲覧。 Football zone 2019年7月7日• goal. com 2019年7月9日. 2019年7月9日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年8月6日閲覧。 田邊雅之(2011年6月11日)"". Number web. 2013年3月4日閲覧。 浅野祐介、スコット・シールズ文協力(2011年10月14日)"". Livedoorスポーツ(SOCCER KING). 2013年3月4日閲覧。 Goal. com(2015年4月14日) 2015年11月15日閲覧。 FCBARCELONA. FCBARCELONA. フットボールチャンネル 2014年7月3日• サッカーダイジェスト 2018年12月17日• Activeる! 2018年12月29日• Livedoorスポーツ 2011年4月4日• Goal. com 2009年8月3日• Goal. com 2014年9月14日• Goal. com 2011年5月29日• SOCCER KING 2011年6月7日• Goal. com 2011年2月9日• AFP 2015年5月6日• Goal. com 2011年4月27日• スポルト 2019年12月24日• Goal. com. 2019年1月19日閲覧。 ゲキサカ 2019年3月15日• サッカーダイジェストWeb 2018年03月15日• Livedoorスポーツ 2010年4月7日• excite. ニュース、2013年2月20日• Goal. com 2011年6月11日• com 2011年10月31日• フットボールチャンネル 2016年11月15日• ゲキサカ 2016年12月25日• サッカーキング 2013年11月3日• GOAL. com 2017年12月27日• 超ワールドサッカー 2019年3月19日• スポルト 2018年05月06日• Goal. com、2018年7月20日• SOCCER KING 2018年2月1日• Goal. com 2011年7月17日• FOOTBALL TRIVE 2017年12月27日• SOCCER KING 2018年7月31日• Football ZONE web 2018年3月26日• Football ZONE web 2016年 12月30日• Football ZONE web 2019年9月8日• Football ZONE web 2019年11月16日• Livedoorスポーツ 2011年4月30日• Livedoorスポーツ 2010年4月8日• Livedoorスポーツ 2010年6月12日• Goal. com 2011年5月30日• FOOTBALL ZONE web 2019年3月9日• Qoly 2018年3月30日• Goal. com 2019年12月1日• ゲキサカ 2018年3月26日• 読売新聞2009年12月16日付(2010年5月27日閲覧)、「メッシのブログ 日本発」朝日新聞2010年5月27日付東京版夕刊• 2010年3月26日閲覧。 2011年10月30日閲覧。 コナミデジタルエンタテインメント. 2010年3月26日閲覧。 サッカーダイジェストWeb 2019年3月31日• Goal. com 2011年10月14日• Goal. com 2012年11月3日• Football ZONE web 2017年5月7日• ESPN. com. 2017年6月10日閲覧。 超ワールドサッカー 2018年 10月11日• スポルト 2019年02月01日• Mundo Deportivo JP 2018年10月19日• BlauGrana 2018年10月19日• SPORT 2019年3月28日• サッカーダイジェストweb 2019年6月30日• Football ZONE web 2019年6月30日• ライブドアニュース 2019年2月3日• ライブドアニュース 2019年7月8日• サッカーダイジェストWeb 2019年07月10日• Sport 2019年7月10日• UEFA. com. Union of European Football Associations 2015年6月9日. 2015年6月9日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (カタルーニャ語) (英語) (スペイン語)• for• - BDFutbolによる個人成績 (英語)• - Soccerwayによる個人成績• - Soccerbase• - National-Football-Teams. com• — 主催大会成績• - 主催大会成績• leomessi -• - チャンネル• 1928-29:• 1929-30:• 1930-31:• 1931-32:• 1932-33:• 1933-34:• 1934-35:• 1935-36:• 1939-40:• 1940-41:• 1941-42:• 1942-43:• 1943-44:• 1944-45:• 1945-46:• 1946-47:• 1947-48:• 1948-49:• 1949-50:• 1950-51:• 1951-52:• 1952-53:• 1953-54:• 1954-55:• 1955-56:• 1956-57:• 1958-59:• 1959-60:• 1960-61:• 1961-62:• 1962-63:• 1963-64:• 1964-65:• 1965-66:• 1966-67:• 1967-68:• 1971-72:• 1972-73:• 1973-74:• 1974-75:• 1975-76:• 1976-77:• 1977-78:• 1978-79:• 1979-80:• 1980-81:• 1981-82:• 1982-83:• 1984-85:• 1985-86:• 1986-87:• 1987-88:• 1988-89:• 1989-90:• 1990-91:• 1991-92:• 1992-93:• 1993-94:• 1994-95:• 1995-96:• 1996-97:• 1997-98:• 1998-99:• 1999-00:• 2000-01:• 2001-02:• 2002-03:• 2003-04:• 2004-05:• 2005-06:• 2006-07:• 2007-08:• 2008-09:• 2009-10:• 2010-11:• 2011-12:• 2012-13:• 2013-14:• 2014-15:• 2015-16:• 2016-17:• 2017-18:• 2018-19:.

次の

天才サッカー少年の山﨑 翔空くんを調査!西宮のメッシと呼ばれていた!

西宮 の メッシ

サッカー界のスーパースターと言えば、FCバルセロナ所属のメッシは外せない。 今年のW杯でもアルゼンチン代表の中心選手として注目を浴びていたので、サッカーに詳しくない人でも名前くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。 今回紹介するのは、そんなメッシに遭遇して感動を抑えきれなくなった少年の様子だ。 動画はたくさんのファンに囲まれたメッシがサインをしているところから始まる。 数秒で問題の少年の眼前へと移動するのだが…… ・めっちゃ泣いてる もうすでに少年は泣いているのだ。 身体の大きな大人たちに混ざって泣きじゃくりながら必死にサインを懇願している。 よほどファンだということがうかがえ、差し出したユニフォームにメッシがサインし始めると、少年は顔を両手で覆ってさらに感情をあらわにする。 そりゃ世界的なスーパースターが目の前に現れたら、サッカー少年は誰でも感動してしまうよな! しかし、 少年の感動具合が半端ないので、見ているこっちが感動してしまうくらいだ。 あれ? おかしいな、目から汗が。 ・気取らない姿が素敵 心が揺さぶられたのか、再び少年の元へと戻って頭を撫でるメッシ。 そしてなんと少年と記念撮影まで始める神対応も見せた。 世界の舞台で活躍するスーパースターであるメッシだが、全く気取っていない。 そういう姿もまた、ファンを魅了し続けている要因だろう。 参照元:Twitter 執筆:.

次の