役 麻雀。 麻雀の役とは?麻雀プロが徹底解説!

役 麻雀

役とは何か?あがるための条件? 麻雀における役とは、 アガリ形がある特定の牌やルールに従って構成されていることを指します。 ここまでパズルを完成させること=アガリと説明してきましたが、実はパズルを完成させるだけでなく、この 役がないとアガリとはならないのです。 こちらの手牌は萬子と字牌のみで構成されています。 麻雀には混一色(ホンイーソー)という役があり、その条件は「 ある1色+字牌で構成されていること」です。 こちらの手牌は萬子・筒子・索子の3色でそれぞれ123の連番で構成された順子があります。 麻雀には三色同順(さんしょくどうじゅん)という役があり、その条件は「 同じ連番の3色の順子が存在すること」です。 このようにある特定の条件を満たすことで役がつき、アガることができるようになります。 補足 「役がないとあがれない?パズルを完成させるだけではダメなの?」と感じた方も多いか思いますが、ご安心ください。 麻雀にはリーチという役があり、この役の条件は「門前(鳴いていない状態)でテンパイ(あと1牌であがれる状態)していること」です。 つまりどんな手であっても、 鳴いてさえいなければリーチという役をつけられるのです! そのため、まず初心者の方は役を意識せず、テンパイの状態まで仕上げてリーチをすることを目指しましょう。 【初心者おすすめ】代表的な役の紹介 では、麻雀における役は全部でいくつあるのでしょうか。 基本的な役は 全35種類です。 「そんなに多くては覚えきれない!」という方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。 役は全て覚えなくても麻雀は打てます。 というのも、35種類の中にはほとんど出ない役も含まれており、 よく出る役さえ覚えておけば麻雀は楽しめるのです。 私は10年以上麻雀をしていますが、見たことすらない役もあります。 これさえ覚えておけば大丈夫!という役を以下にまとめておきますので、初心者の方はまずこの5つを覚えましょう!• 役については動画でも説明していますので、あわせてご覧ください。 これ以外の役も見てみたいという方は、以下の役一覧をご覧ください。

次の

【麻雀上達法】 初心者が初めに覚えるべき6つの役|麻雀上達.com―強くなるには―

役 麻雀

1役:、、、、、、、(、、、、• 2役:、、、、、、(鳴き1役)、(鳴き1役)、(鳴き1役)、• 3役:(鳴き2役)、(鳴き2役)、• 4役:(役牌込みで4役)• 6役:(鳴き5役)• 役満:、、、、、、、、、、、 初心者が麻雀役を覚える前に読むべき記事 まずは麻雀役とは何かという点を簡単に解説したのがこちらの記事。 役の覚え方をタイプ別に分類し、それぞれの人にあった覚え方ができるようにしました。 他にも変わり種としては役をタイプ別分類したり、相関図で覚えていくというのも個人的にはおすすめ。 こっちは復習用にも使えます。 麻雀役の点数別一覧まとめ!37種を復習するとき用 続いては麻雀役の一覧です。 ちょっとど忘れした役があって、というときはこちらから該当の役に飛んでいただけると。 それぞれの役の使い方とかコツとか雑学についてもまとめていきます。 役満役は麻雀の花形ですが、難易度が高くなかなか出ないので実戦では意外と学べない厄介なやつらです。 そんな役満役ですが、実は同じ役満でも最も出やすい四暗刻と最も出にくい四槓子では確率に100倍以上の差があったりと格差があります。 そんな役満の確率の話は以下の記事を参照ください。 英語の麻雀役まとめ!グローバルな打ち手になる必須スキル 続いては麻雀役の英語表記についてです。 実は麻雀は世界的なスポーツで、国際大会とかもあります。 しかし日本語名は世界では通用しないものもあるので、国際大会に打って出る人は、ベット英語名を学ぶ必要ありです。 そんな感じの英語役については以下の記事にまとめました! 麻雀役の別名一覧!2つ名に注意せよ! 続いては麻雀役の別名についてです。 実は麻雀では、正式名称で麻雀役を呼ぶことはほとんどなくて、役の複合や地域差などにより、別名や省略形で呼称されることが多いです。 そこで別名についても把握していく必要があって、その辺のよくある別名をまとめました! 教科書に載ってない謎ワードで申告されて困っている!という人は参考にしてください。 麻雀役の記事一覧 最後に麻雀役の記事一覧です。 確か60記事くらいあるので麻雀役に詳しくなりたい人はぜひどうぞ! ローカル役とか解説していたりします。 麻雀役は全部知っていると幅が広がるのでぜひマスターしていきましょう!.

次の

役が無いとアガれない

役 麻雀

あなたは麻雀の役をどれくらい知っていますか? 麻雀役というのは基本的な役のほかに、あまり知られていない役の ローカル役というのがあります。 そのローカル役というのは、一部の地域しか使われていなかったり役の定義があいまいだったりするので、あがり役として認めてもらえない場合が多いです。 このローカル役の中では、特別に扱う牌や他のものに見立てる牌があります。 例えば ウーピン(5筒)です。 ピンズの5ですね。 このウーピンの牌を使った役では、通常の役とは別に特別な役があります。 普段は何気なく使う牌でも、特別な意味を持つ場合もあるんですね。 そこでここでは、この ウーピンを使ったローカル役をご紹介したいと思います。 こちらは約8分の解説動画となっています。 たくさんの車輪が並ぶ「大車輪(ダイシャリン)」 まずはピンズで作る比較的有名な役 「大車輪」ですね。 大車輪はピンズの 2~8までの牌でリャンペーコーを作った形になります。 大車輪の牌姿は以下のようになります。 ここでは、ウーピンを含めそれぞれの牌を 車輪に見立てているんですね。 この役はメンゼンのみ成立する役ですが、牌の並びはすごくキレイですよね。 この大車輪の役は、一般でも チンイツ・タンヤオ・ピンフ・リャンペーコーとなり、11翻の三倍満となります。 大車輪はピンズで作る役ですが、同じような牌の形をマンズやソーズで作った時もそれぞれ役があり、萬子の場合を 「大数隣(だいすうりん)」ソーズの場合を 「大竹林(だいちくりん)」といいます。 このようにウーピンをチンイツの中で使うと、牌がキレイに並んで美しいですよね。 リンシャン牌で花が咲く「五筒開花(ウーピンカイホー)」 五筒開花という役は、嶺上開花(リンシャンカイホー)の特別な形となります。 嶺上開花はカンをした時、リンシャン牌のツモであがることですよね。 この嶺上開花をあがるにはカンをした時テンパイしていなければならず、そしてリンシャン牌であがり牌を引かなければならないとても難しい役です。 そして五筒開花という役は、 嶺上開花であがる時にウーピンをツモった場合に成立します。 つまり、ウーピンで嶺上開花をあがると五筒開花になるわけですね。 これはウーピンを 「花」に見立てて、ちょうどリンシャンで花が咲いた様子を表しているんですね。 美しい自然を表す「花鳥風月(かちょうふうげつ)」 麻雀のローカル役に 「花鳥風月」という役があります。 花鳥風月の言葉の意味は 「自然の美しい景色」のことです。 この花鳥風月にもウーピンが使われています。 この役ではウーピンが 「花」、イーソーが 「鳥」、風牌である東が 「風」、イーピンが 「月」をそれぞれ表しています。 それでこれ全体で、花鳥風月となるんですね。 スポンサーリンク ウーピンは先ほどの五筒開花と同じように、 「花」に見立てて表されているんですね。 四季折々の景色が美しい「風花雪月(ふうかせつげつ)」 そしてまたローカル役には先ほどの花鳥風月と似たもので、 「風花雪月」という役があります。 風花雪月の言葉の意味は、 「四季折々の自然の美しい景色のこと」を表しています。 この風花雪月の役は次のようになります。 この役は、風牌である東が 「風」、ウーピンが 「花」、三元牌の白が 「雪」、イーピンが 「月」を表しています。 この役の中でもウーピンは「花」の意味として使われてますね。 ウーピンを使った役をいくつか考えてみました 百の花が咲き誇る「百花繚乱(ひゃっかりょうらん)」 百花繚乱という言葉には 「いろいろな花が咲き乱れること。 また、秀でた人物が多く出て、すぐれた立派な業績が一時期にたくさん現れること。 」という意味があります。 この百の花が咲き乱れる様子をピンズを使って表します。 百花繚乱の役は次のようになります。 この役は百の花ということで、ピンズの牌の数の合計が 100になっています。 ローカル役に、マンズを使った 「百万石(ひゃくまんごく)」という役があるのですが、それのピンズ版になります。 この百花繚乱の役は、チンイツの中でウーピンを使うことでとても美しい花々を表現していますね。 紅い花と緑の柳が美しい「花紅柳緑(かこうりゅうりょく)」 花紅柳緑という言葉は 「人が手を加えていない自然のままの美しさのこと。 」という意味があります。 これは、春の美しい景色や色とりどりの華やかな装いを表すときにも用いる言葉ですね。 この花紅柳緑の役は次のようになります。 花紅柳緑の役ではウーピンが 「花」、字牌の中が 「紅」、ソーズの9が 「柳」、字牌の發が 「緑」を表しています。 手の届かない場所に花が咲く「高嶺之花(たかねのはな)」 高嶺の花という言葉には 「遠くから見るだけで、手に入れることのできないもの」という意味があります。 先ほど、リンシャンで咲く花としてウーピン(五筒開花)を紹介しましたね。 今回は、 ウーピンがドラ表示牌に出たときに高嶺の花とします。 麻雀では、ドラ表示牌にあるウーピンを手にすることはできません。 ですから 嶺上(リンシャン) 牌のある王牌(ワンパイ)を高嶺と見立てて、そこに咲く花をウーピンで表します。 ドラ表示牌のウーピンは、まさに高嶺に咲いている花のように見えますよね。 このように ウーピンがドラ表示牌になったときに嶺上開花をあがることを「高嶺之花」といいます。 なので高嶺之花は嶺上開花の特別な場合ということですね。 まとめ ここではウーピンを使う麻雀の役についてを解説しました。 <ウーピンを使う役> ・大車輪(だいしゃりん) ・五筒開花(ウーピンカイホー) ・花鳥風月(かちょうふうげつ) ・風花雪月(ふうかせつげつ) ・百花繚乱(ひゃっかりょうらん) ・花紅柳緑(かこうりゅうりょく) ・高嶺之花(たかねのはな) ウーピンはローカル役では「花」に見立てるものが多かったですね。 それだけウーピンは美しく、みんなに愛されている牌だということかもしれませんね。

次の