箕面まごころ応援カード。 箕面まごころ応援カード取扱店に登録

あなたの街の出産育児助成制度(大阪府箕面市)

箕面まごころ応援カード

箕面市長として就任した翌年度に、慢性的な財政赤字を解消し、以後、連続黒字を継続。 2012年度決算では10年ぶりの完全黒字を達成し、箕面市財政のV字回復を果たす。 一方、緊縮一辺倒に陥ることなく、子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大、 小中学校の耐震化100%達成、図書館の新設、オレンジゆずるバス・ゆずるタクシー、 箕面川床の復活など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 そして、2014年には、国・大阪府・鉄道事業者との交渉の末、 ついに北大阪急行線の延伸を「決定」にもちこみ、半世紀にわたる課題も決着させた。 現在、箕面市の人口は年1%の伸びを示し、13万人を突破。 住みよさランキングで3年連続・大阪1位を達成している。 響いた言葉 John F. Kennedy "THE MOON SPEECH" at Rice University - 1962. 12 We choose to go to the moon... We choose to go to the moon in this decade and do the other things, not because they are easy, but because they are hard, because that goal will serve to organize and measure the best of our energies and skills, because that challenge is one that we are willing to accept, one we are unwilling to postpone, and one which we intend to win, and the others, too. これまでの仕事 箕面市長として就任した翌年度に、慢性的な財政赤字を解消し、以後、連続黒字を継続。 2012年度決算では10年ぶりの完全黒字を達成し、箕面市財政のV字回復を果たす。 一方、緊縮一辺倒に陥ることなく、子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大、 小中学校の耐震化100%達成、図書館の新設、オレンジゆずるバス・ゆずるタクシー、 箕面川床の復活など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 そして、2014年には、国・大阪府・鉄道事業者との交渉の末、 ついに北大阪急行線の延伸を「決定」にもちこみ、半世紀にわたる課題も決着させた。 現在、箕面市の人口は年1%の伸びを示し、13万人を突破。 住みよさランキングで3年連続・大阪1位を達成している。 2007年度、箕面市は市制施行以来、初めての経常赤字決算を記録していた。 その渦中だった2008年8月、倉田哲郎は箕面市長に初当選する。 就任の翌年度には慢性的な財政赤字を解消し、現在まで連続黒字を更新し続ける。 その後、2012年度決算では、ついに10年ぶりとなる完全黒字を達成し、まさに箕面市財政はV字回復を果たした。 その一方で、決して緊縮一辺倒に陥ることはなく、「子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大」、「図書館の新設」、「オレンジゆずるバス&ゆずるタクシー」、「箕面川床の復活」、さらには「北大阪急行線の延伸決定」など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 現在、箕面市の人口はおよそ年1%増という大阪府内最大の伸びを示し、すでに13万人を突破。 14万人への到達も目前に迫る。 東洋経済新報社「住みよさランキング」では、箕面市は4年連続・大阪1位の評価を得るに至っている。 【これまでの仕事】 /////// 豊中市と35メートル級はしご車の共同運用を開始 市役所庁舎や全小中学校など市内51公共施設の管理業務を集約した一括入札を実施、中小企業や地域の事業者などが参加できるよう全国初の「希望業務選択方式」を採用しつつ、管理経費を約3億2千万円削減(5年間) 全国トップクラスとなる子どもの医療費助成の拡大(通院・入院ともに中学校卒業まで、所得制限なし)を議会で可決 景観保全のために公有化した滝道の「旧・河鹿荘」がカフェレストラン「MINOH KAJIKASOU」としてリニューアルオープン 期日前投票の通勤時間帯(早朝・深夜)への時間拡大について国に制度改正を要望、あわせて開設時間規制を解除する構造改革特区を提案• 11月.

次の

箕面まごころ応援カード取扱店に登録

箕面まごころ応援カード

市内約500店舗のお店で買い物をするときに提示するだけで、割引やプレゼントなど、各店舗独自のサービスが受けられる、とてもお得なカードです。 対象者 箕面市内に在住で、次のいずれかに該当するかた ・18歳未満のお子様のいる世帯のかた ・65歳以上のかた 必要書類 ・申請者のご住所が確認できる書類 ・18歳未満のお子様または65歳以上のかたの年齢が確認できる書類 (例)マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、子どもの医療証など 利用方法 取扱店ステッカーのあるお店でカードを提示すると、各店舗独自のサービスが受けられます。 なお、提供されるサービスは、すべて取扱店のご協力、ご負担によるものです。 予告なく、取扱店及びサービス内容が変更、廃止となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 注意事項 ・カード使用の要件に該当しなくなったときは、カードを破棄してください。 (有効期限を過ぎたとき。 市外へお引っ越しされるときなど。 ) ・カードに名前を記載している本人のみが使用できます。 ただし、18歳未満のお子様のいる世帯は、同一世帯のかたも使用できます。 カード発行窓口 〇箕面市役所 箕面営業室(本館2階210番窓口)、窓口課(本館1階)、子ども総合窓口(別館2階) 〇総合保健福祉センター 総合相談窓口(みのおライフプラザ内) 〇豊川支所 郵送での申請も受け付けています 「箕面まごころ応援カード」発行希望の旨と連絡のつく電話番号をご記入の上、上記必要書類の写しを必ず同封し、下記まで郵送してください。 郵便番号562-0003 大阪府箕面市西小路4-6-1 地域創造部箕面営業室まで 証明書類の写しを必ず同封 (電話番号もご記入ください サービスが受けられるお店について ・現在の取扱店やサービスの内容一覧は、からご覧ください。 ・みのおキューズモール加盟店の取扱店については店舗数が多いことから、をご覧ください。 ・取扱店の場所を調べたい方は「詳細はこちら」から地図をご覧ください。

次の

倉田哲郎 Web Site

箕面まごころ応援カード

箕面市長として就任した翌年度に、慢性的な財政赤字を解消し、以後、連続黒字を継続。 2012年度決算では10年ぶりの完全黒字を達成し、箕面市財政のV字回復を果たす。 一方、緊縮一辺倒に陥ることなく、子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大、 小中学校の耐震化100%達成、図書館の新設、オレンジゆずるバス・ゆずるタクシー、 箕面川床の復活など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 そして、2014年には、国・大阪府・鉄道事業者との交渉の末、 ついに北大阪急行線の延伸を「決定」にもちこみ、半世紀にわたる課題も決着させた。 現在、箕面市の人口は年1%の伸びを示し、13万人を突破。 住みよさランキングで3年連続・大阪1位を達成している。 響いた言葉 John F. Kennedy "THE MOON SPEECH" at Rice University - 1962. 12 We choose to go to the moon... We choose to go to the moon in this decade and do the other things, not because they are easy, but because they are hard, because that goal will serve to organize and measure the best of our energies and skills, because that challenge is one that we are willing to accept, one we are unwilling to postpone, and one which we intend to win, and the others, too. これまでの仕事 箕面市長として就任した翌年度に、慢性的な財政赤字を解消し、以後、連続黒字を継続。 2012年度決算では10年ぶりの完全黒字を達成し、箕面市財政のV字回復を果たす。 一方、緊縮一辺倒に陥ることなく、子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大、 小中学校の耐震化100%達成、図書館の新設、オレンジゆずるバス・ゆずるタクシー、 箕面川床の復活など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 そして、2014年には、国・大阪府・鉄道事業者との交渉の末、 ついに北大阪急行線の延伸を「決定」にもちこみ、半世紀にわたる課題も決着させた。 現在、箕面市の人口は年1%の伸びを示し、13万人を突破。 住みよさランキングで3年連続・大阪1位を達成している。 2007年度、箕面市は市制施行以来、初めての経常赤字決算を記録していた。 その渦中だった2008年8月、倉田哲郎は箕面市長に初当選する。 就任の翌年度には慢性的な財政赤字を解消し、現在まで連続黒字を更新し続ける。 その後、2012年度決算では、ついに10年ぶりとなる完全黒字を達成し、まさに箕面市財政はV字回復を果たした。 その一方で、決して緊縮一辺倒に陥ることはなく、「子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大」、「図書館の新設」、「オレンジゆずるバス&ゆずるタクシー」、「箕面川床の復活」、さらには「北大阪急行線の延伸決定」など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 現在、箕面市の人口はおよそ年1%増という大阪府内最大の伸びを示し、すでに13万人を突破。 14万人への到達も目前に迫る。 東洋経済新報社「住みよさランキング」では、箕面市は4年連続・大阪1位の評価を得るに至っている。 【これまでの仕事】 /////// 豊中市と35メートル級はしご車の共同運用を開始 市役所庁舎や全小中学校など市内51公共施設の管理業務を集約した一括入札を実施、中小企業や地域の事業者などが参加できるよう全国初の「希望業務選択方式」を採用しつつ、管理経費を約3億2千万円削減(5年間) 全国トップクラスとなる子どもの医療費助成の拡大(通院・入院ともに中学校卒業まで、所得制限なし)を議会で可決 景観保全のために公有化した滝道の「旧・河鹿荘」がカフェレストラン「MINOH KAJIKASOU」としてリニューアルオープン 期日前投票の通勤時間帯(早朝・深夜)への時間拡大について国に制度改正を要望、あわせて開設時間規制を解除する構造改革特区を提案• 11月.

次の