サン シティ タワー 神戸。 サンシティ

サンシティ

サン シティ タワー 神戸

プール開放感のある温水プールは通年ご利用いただけます。 スイミング、エクササイズ、また水中ウォーキング等も足腰に負担が少なく、健康のために最適です• レストラン遠くまで見渡せる海、六甲の山々、やがて広がる神戸の夜景。 34階のダイニングで、時間と共に異なる景色と旬の食材を使ったシェフの料理をお楽しみ下さい。 複数の日替わりメニューをご用意しています。 ヘアサロン専門技師による出張ヘアサロン(有料)。 同一建物内ですので、お気軽にご利用いただけます。 ライブラリーゆったりとした空間に洗練されたインテリア、中庭の木々に癒されるライブラリーで読書をお楽しみ下さい。 新聞や雑誌もご用意しております。 貸出サービスもご利用いただけます。 クラブルームご家族やご友人とのご歓談や、囲碁や様々なサークル活動の場として自由にご利用できる多目的スペースです。 ロビー明るく広々としたエントランスホールではフロントスタッフがお迎えいたします。 御来訪のご家族やご友人と、窓の外を流れる小川や折々の自然を楽しみながらご歓談いただけます。 介護居室• 庭タワーでありながら庭を抱く。 ここに緑豊かな空間が広がります。 一般居室 2介護保険の自己負担額/月額 (非課税) 要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5 5,660円 9,739円 16,853円 18,877円 21,059円 23,083円 25,233円 11,320円 19,478円 33,706円 37,754円 42,118円 46,166円 50,466円 16,980円 29,217円 50,559円 56,631円 63,177円 69,249円 75,699円• 詳しくは介護認定をお受けの方すべてに配布されております【介護保険負担割合証】をご確認ください。 地域や介護サービスごとに変わる換算率の詳細は各地域の介護保険・地域別単位加算表をご確認下さい。 1ヵ月に支払った負担額の合計がその方の上限金額を超えた場合、超過した額が払い戻されます。 介護度 要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5 自己負担額 /一割 205,580円 209,659円 216,773円 218,797円 220,979円 223,003円 225,153円 自己負担額 /二割 211,240円 219,398円 233,626円 237,674円 242,038円 246,086円 250,386円 自己負担額 /三割 216,900円 229,137円 250,479円 256,551円 263,097円 269,169円 275,619円 お二人入居(最低金額) 5,050万円 33. 介護度 要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5 自己負担額 /一割 342,800円 346,879円 353,993円 356,017円 358,199円 360,223円 362,373円 自己負担額 /二割 348,460円 356,618円 370,846円 374,894円 379,258円 383,306円 387,606円 自己負担額 /三割 354,120円 366,357円 387,699円 393,771円 400,317円 406,389円 412,839円 お二人入居(最高金額) 18,100万円 33. 7万円.

次の

サンシティタワー神戸

サン シティ タワー 神戸

入居時費用 [解説]入居時費用について 35,000,000円~ 165,500,000円 入居金 [解説]入居金について 29,500,000円 ~ 160,000,000円(非課税) 入居一時金をお支払いただくことにより、居室及び共用スペースを終身にわたってご利用いただけます。 居室の広さ・日当たり・階数・眺望等により価格は異なります。 所定の償却期間内に退去された場合は、入居月数に応じた返還金がございます。 詳しくはお問い合わせ下さい。 5人に対し、週38時間換算で看護・介護職員1人以上) 合計550万円 税込 として合理的な算定根拠に基づく。 15年を超えてお住まいになられた場合は、ご退去時に入居一時金の返還金はなく、追加徴収はおこないません。 15年を超えてお住まいになられた場合は、ご退去時に健康管理費の返還金はなく、追加徴収はおこないません。 但し、返還にあたり、入居日を起算日とした居室明け渡しまでの日割り計算に基づく施設の利用対価を差し引きます。 詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。 その他 入居時費用 [解説]入居時費用について 50,300,000円~ 180,800,000円 入居金 [解説]入居金について 34,500,000円 ~ 165,000,000円(非課税) 入居一時金をお支払いただくことにより、居室及び共用スペースを終身にわたってご利用いただけます。 居室の広さ・日当たり・階数・眺望等により価格は異なります。 所定の償却期間内に退去された場合は、入居月数に応じた返還金がございます。 詳しくはお問い合わせ下さい。 5人に対し、週38時間換算で看護・介護職員1人以上) 合計550万円 税込 として合理的な算定根拠に基づく。 その他 5,000,000円(非課税) 2人入居の場合は、追加入居一時金500万円が加算されます。 詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。 また、ご入居者が入院される場合や、事故にあわれたとき、亡くなられた場合などに、連絡・相談させていただくことがあります。 生活保護 受け入れ不可 お住まいの地域 [解説]お住まいの地域について 全国から受け入れ可能 その他条件 1. 年齢は満70歳以上であること。 お二人入居の場合は、いずれも満70歳以上であること。 両者の関係がご夫婦もしくは三親等以内の血族または一親等以内の姻族であること。 上記以外のケースについては個別にご相談ください。 入居一時金、健康管理費、管理費などの規定の費用をお支払いいただける方。 ご入居の際、ご自身で通常の日常生活を営むことができる健康な方。 日常生活動作に支障の無い限り、生活習慣病の方もご入居いただけます。 健康保険・介護保険に加入されている方。 当施設の運営主旨をご理解いただき、他のご入居者と協調した生活ができる方。 施設名称 サンシティタワー神戸 (さんしてぃたわーこうべ) 施設種別 [解説]施設種別について 介護付き有料老人ホーム 介護保険事業所番号 2875103687 土地面積 12,431.

次の

神戸の脇浜海岸にある超高層マンション、タワーマンションの有料介護老

サン シティ タワー 神戸

介護付有料老人ホーム 「サンシティタワー神戸」 資本金120億円。 借入金のない安定経営を展開するハーフ・センチュリー・モアが運営する「サンシティタワー神戸」。 HAT神戸にそびえる地上35階のタワーで、入居者がアクティブに暮らしを楽しんでいます。 日本有数の眺望を日常に 人生100年時代を生きるシニアにとって、人生の第二幕はさらにいきいきと、自分らしい日々を送りたいもの。 だからこそ終(つい)の棲家(すみか)選びは、いざという時のサポート体制はもちろん、毎日を快適かつアクティブに過ごせる環境が整っているかどうかも、チェックしておきたい基準の一つです。 2017年にオープンしたサンシティタワー神戸が立つのは、神戸市の東部新都心として開発されたHAT神戸の中心部。 総合病院や大型商業施設、美術館などがそろうにぎやかなエリアを見渡すように、地上35階の建物がそびえます。 周囲に遮るものはなく、最上階のスカイラウンジからは北に六甲山、南に神戸港と、日本屈指の夜景と眺望を「日常」にできるぜいたく。 取り巻く人も街も活気にあふれ、住む人の心も体も伸びやかになりそうなロケーションです。 サンシティタワー神戸のスタッフすべてに共通する願いです。 そのための働きかけやアプローチも徹底しています。 例えば、日々多彩なジャンルで活発にされているサークル活動。 囲碁、気功、社交ダンス、シャンソン、絵画など、入居者同士が共通の趣味で親交を深め合い、はつらつと輝きます。 四季折々に様々なイベントも開催しています。 毎日の楽しみである食事には、特にこだわっています。 毎食2~3種類の日替わりメニューが用意され、その日の気分や体調に合わせ、予約なしで利用することができます。 アラカルトメニューも含め、専属のシェフが旬の食材を使用したできたての料理を、神戸の街と海、六甲山までを一望できる34階のレストランで。 プールやフィットネス、大浴場、カラオケルームなど、まるで上質なホテルのようなアメニティー空間も「自宅の一部」の感覚で自由に使え、入居者の毎日にうるおいと活気をもたらしてくれます。 もしもの時も、看護スタッフが24時間常駐。 日々の健康管理や相談には、かかりつけ医の役割を果たす館内併設のクリニック(別法人)が応じ、きめ細かな医療サービスを提供します。 将来、介護が必要になった場合も、要介護者1. 5人を1人以上のケアスタッフが支えます。 フレイル予防にスタッフが一丸 近年は、「フレイル予防」に注力したサービスを重視しています。 フレイルとは、加齢することで生じやすい運動機能や認知機能の衰え全般を指し、自立状態から要支援・要介護状態へと移行する「中間の段階」といわれています。 予防するには、運動の機会を増やすこと、また社会的な交流の機会を常に持つことなどが有効とされています=下図参照。 サンシティタワー神戸では、定期的な体力測定を通じて入居者の体の状態を知り、その情報をもとに生活上の注意点を個別にアドバイス、健康状態の維持をサポートします。 また理学療法士の指導によるレクリエーションで、運動を習慣づけてもらうようにアプローチします。 毎日の小さな〝気づき〟をスタッフが共有する 生活面のフレイル予防で重要な役割を果たすのが「アシストサービス課」のスタッフたち。 入居者一人ひとりが自分らしい生活を送るためのお手伝いをする専門チームで、毎日のコミュニケーションで心を通わせながら見守ります。 ただあいさつを交わすだけではなく、食事量や顔色、身だしなみなど、フレイルの発端となりかねない入居者の少しの変化も察知し、全スタッフ間で共有します。 最近では、スタッフが企画した「名刺交流交換会」を実施。 例えば「昔大阪に住んでいた」「仕事場が大阪だった」など、大阪にゆかりを持つ入居者を募集した上で一人ひとりの名刺を作り、共通のテーマで名刺交換しながら交流の機会を持ってもらおうというもの。 積極的に他者とかかわる仕掛けを用意し、フレイル予防につなげようとするスタッフのアイデアが光ります。 美しい眺望が広がる日常に、こまやかに行き届くスタッフの思い。 サンシティタワー神戸で、自分らしい人生の第二幕を開きませんか。 サンシティタワー神戸の.

次の