目 大きく 整形。 【目の整形を検討中の方必見!】種類、費用、リスク…手術の全てを徹底解説!

目尻・目頭切開で目を大きく|韓国美容整形|ID美容外科

目 大きく 整形

ピッタリ合う 二重のタイプを選ぶには? どのような二重にするかは、どのような顔になりたいかで決まります。 カウンセリングで、「私にはどんなタイプの二重が似合いますか?」とよく質問されるお客様がいらっしゃいますが、似合う似合わないというのは、その人の感覚に左右されます。 メイクの仕方によってもその人に適した二重の幅や形が違ってきますのので、高須クリニックでは、充実したカウンセリングと、きちんとしたシミュレーションでお客様の理想を深く聴き出します。 例えば「こんな目になりたい!」というタレントの写真などをお持ちいただければ、できるだけ近づけるようにしていきます。 理想の目に向かって最大限の努力を行います。 埋没法なら何度でもやり直せますが、回数を重ねるのは避けたいもの。 切開法でもやり直しは可能ですが、微調整になってしまいます。 最初にしっかりとイメージを固めて、美容医療技術を備えた信頼できる医師を選んで進めましょう。 このサイトは、特定非営利活動法人日本美容外科医師会の適正医院として認定されています。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。 特定非営利活動法人日本美容外科医師会会員です。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。

次の

【男性も必見】超簡単!整形せずに自力で目を大きくする方法

目 大きく 整形

二重整形だけで目は大きくなると思いますか?? 2部に分けて目を大きくする方法について解説させていただいておりますが、 (前回) 理想の目とは 今回は、目を大きくする整形ということで、具体的に目を大きくする施術などについてご紹介したいと思います。 さて、目(眼球)の大きさは人種や体格の違いによって差はないそうです。 黒目の大きさも11~12mmで日本人みんなそれほど違いはありません。 けれども、目の大きい人、小さい人、人によって見た目の印象に差がありますよね。 何が違うのでしょうか。。。 その差の主な原因はずばり目の露出にあります! 目が隠されるほど目が小さく見え、目が隠されずに露出するほど目が大きく見えるようになります。 目を大きく見せる方法については詳細は下記サイトに書かせていただいたのでご参考ください。 整形で目を大きくする方法 美容整形で目を大きくするというと皆様は何を思い浮かべるでしょうか。。。 二重整形を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。 確かに二重整形は目を効果的に大きく見せる方法ですが、実は二重術は目を大きく見せるための一つの方法にすぎません。 二重ばかりにこだわってどんどん二重幅を広げようとしても逆効果になってしまうこともあります。 【参照】 二重術は目を上方向に大きくする施術でしたが、美容整形の進歩に伴い目を大きく見せる施術にはいろいろな種類があり、目の露出を上下左右に広げることが可能になっています。 上下左右の方向別にどのような施術方法があるのか図で見てみましょう。 施術方法には注射で簡単にできるプチ整形から、切らない手術、切る手術まであります。 プチ整形は注射ですぐ終わり簡単にできます。 目を開けやすくするヒアルロン酸、目を下方向に大きくするたれ目ボトックスや涙袋ヒアルロン酸があります。 切らない手術では、切る手術に比べて腫れや内出血が少ない、手術時間も短く負担も少ない、戻しやすく修正も比較的容易なので安心というメリットがあります。 切る方法より持続期間が短くなる傾向はありますが、きちんと手術をおこなえば長持ちすることも多いです。 以上のように切らない方法ではダウンタイムが短い、リスクが少なくて安心、心理的にやりやすいということで人気の施術になっています。 それでは、具体的に各方向に目の露出を大きくする施術についてみていきましょう! 上方向に大きくする施術 ヒアルロン酸(眉・コメカミ) 目の上方にヒアルロン酸を注入することで目の上のたるみを引き上げまぶたをリフトアップすることができます。 目が開きやすくなり、目が大きく見えるようになります。 たるみがある方に有効です。 ヒアルロ酸なので半年ほどでなくなりますが、気に入らなければ溶かすこともできますので安心です。 二重術 二重術によって一重まぶたを二重にしたり、奥二重の幅を大きくすることで目の上のラインの幅が出て目が印象的になり、目を大きく明るくすることができます。 線を重ねて幅を出すことでボケ効果もあり自然で明るい目元になります。 二重が広くなることでメイクもやりやすくなります。 また、一重まぶたの方は、二重になって皮膚が織り込まれて目の上の皮膚のたるみが持ち上げることで、目の開きが改善し、眼瞼下垂もある程度改善し目がかなり大きく見えるようになります。 参考 このうち、メスを使わない二重術を埋没法といいます。 連結させた糸をまぶたに埋め込んで見えなくさせるため埋没法と呼ばれています。 ダウンタイムが少なく治療時間も数十分程度で、戻したり調整したりも切開法より容易で安心なため、まずは試しにやってみたいという方にも人気の治療です。 痛みに関してもあまり痛くないように工夫していますので最初は怖さがあるかもしれませんが、この程度なら早くやっておけばよかったと思われる方は多いですよ。 アイプチやアイテープ(目細工)をして二重を作り続けるのは毎日時間もかかりますし、まぶたの皮膚がただれてしまったり、たるんで将来ますます二重になりにくくなったり、加齢によって眼瞼下垂になりやすくなります。 アイプチを続けている方には二重術がおすすめです。 【参照】 二重術についておすすめのコラムを紹介します。 参考 眼瞼下垂治療(切らない眼瞼下垂、挙筋前転術) 眼瞼下垂とは、まぶたに黒目がかぶっている状態で、大雑把にいうと上まぶたと瞳孔中心までの距離(MRD)が約3ミリ以下しかないと眼瞼下垂と言われています。 黒目の露出が少ないため、当然白目の露出も少なくなり、目全体が小さく見えてしまいます。 実は日本人の70%くらいに、眼瞼下垂の症状があると言われています。 眼瞼下垂はまぶたが重く眠たく見えるだけでなく、慢性的な筋肉の緊張による頭痛や肩こりの原因ともなりますので、目の開きを改善することで、頭痛や肩こりも同時に改善することも可能です。 この黒目のかぶり(眼瞼下垂)を改善して目を大きく見せる方法を眼瞼下垂治療と言います。 眼瞼下垂治療では、黒目にかぶってしまう上まぶたを高く引き上げて、黒目を大きく見えるようにします。 眼瞼下垂の方では、目を大きく開こうとするため、瞼が引き込まれてくぼみ目になっている方も多いですが、治療によって目の開きが改善すること、目の開きが良くなって上まぶたの組織が凝縮されてボリュームが出ることなどでくぼみ目を改善させることも可能です。 くぼみ目が気になってきたと言う方は、本人も気づかないうちに眼瞼下垂が進行していることもありますので意識してみると良いかと思います。 さて、眼瞼下垂の治療には大きく分けて、まぶたの裏側から切らずに糸で縫い縮める方法と、二重整形術の切開法(切る手術)のようにまぶたの表側から切開する方法があります。 いずれにせよ、眼瞼下垂の治療の肝は「まぶたを上げる筋肉や腱膜(まぶたの裏側に付近にある)を縫い縮めること」です。 切る、切らないにかかわらず、伸びてしまった瞼を上げる腱膜を縫い縮めて目の開きを改善します。 切開する眼瞼下垂では二重の切開法に近いのでダウンタイムが非常に長くなりますが、切らない眼瞼下垂ではダウンタイムは短く、切る施術に比べハードルの低い施術ですので、黒目の露出が少なく目を大きくしたい方にはおすすめです。 なお、子供の頃から眼瞼下垂の方やまぶたを上げる筋力が弱い方など、眼瞼下垂の改善が難しい方の場合は、筋膜移植をおこなっておでこの筋肉の力を利用しないと眼瞼下垂を改善できない方もいらっしゃいます。 施術 内側方向に大きくする 目頭切開 目頭にある三日月状のヒダ(蒙古ヒダ)が発達している方は、赤い涙丘の部分が隠されて目の幅が狭くなって目が小さく見え、幼い印象の目になります。 また、目と目の間も広くなりバランスが悪くなります。 美人と言われる方は、目と目の間の幅は狭く、目の幅と同じか少し狭いくらいの方が多いです。 目頭切開術では、蒙古ヒダを減らして目の幅を広くすることで目を大きく見せ、離れた目を寄せてバランスを改善します。 ただし、蒙古襞がない方は目頭切開の適応はありません。 目頭切開は目元の印象が変わりやすい手術です。 蒙古ヒダを除去すると、子どもっぽいかわいらしい目もとから、大人っぽい印象的な目元に変わります。 他の手術にくらべて雰囲気がかなり変わる手術になりますので、バレたくない方や大きな変化は希望されない方の場合、控えめな切開にしてもらうか、ほかの方法を選択するのもありかと思います。 また、目の距離がもともと近い方では目がより過ぎてしまったり、大人っぽいお顔の方では老けてしまう・きつい印象になってしまう可能性があるためあまりお勧めできません。 目頭切開術には、 単純法、 W形成(内田法)、 Z形成、 リドレープ法などの方法があります。 大まかにいうと、控えめな切開に向いているのが単純法、 単純法より傷を少し目立ちにくくするのがW形成、 さらに傷を目立ちにくく工夫するのがリドレープ法、 そして二重ラインを平行型にしたい方や、 シャープな目頭をご希望の方におすすめなのがZ形成です。 それぞれの特徴に合わせて選んでいただいております。 施術 外側方向に大きくする 目尻切開 目尻を切開して目を大きく見せる方法です。 目尻切開を行うと切れ目になると想像される方も多いですが、実は目尻の横幅は正面から見てあまり広げることができず、斜めからみて広がったのがわかる程度です。 目尻切開の一番の効果は、上下のまぶたがリリースされて目尻側の目の上下の開きが大きくなることで、目の外側の白目の露出が大きくなり、目が大きく見えることです。 目尻側をリリースすると目尻側の下まぶたは下がりやすくなるため、後で説明するたれ目形成と同時におこなうと効果的です。 目尻切開は効果が出やすい手術ですし、手術直後でも縫った糸がまつ毛っぽく見えて目立たず、腫れや傷は少ないのでダウタイムは短いです。 あまりメジャーではないですがおすすめの施術なんですよ。 ただし、目尻切開が可能な人は、白目が目尻の皮膚で隠されている方です。 目尻を引っ張ると白目の端がすぐに見えて赤みが出てしまう方は、目尻切開すると目尻に赤い粘膜が見えて不自然な目になってしまいますので目尻切開はできません。 また涙袋は、若い時はふっくらしていて年を重ねるごとになくなってきますので、涙袋があるほうが 若々しく見えます。 涙袋形成の場合、直接目の下のラインを下げるわけではありませんが、二重術と同じように下まつげが見えやすくなり目の下のラインが強調されることと、 涙袋で目の下の幅が出て目の下の印象が大きくなり、より下方向に大きく見えやすくなる効果があります。 注意点としては、涙袋は眼輪筋の盛り上がりなので、ボトックスによって筋肉が少しやせてしまい、外側の涙袋が弱くなることがあります。 いずれの方法も、CPFという、上まぶたで言うと挙筋腱膜に相当する部分と目の下の瞼板を短縮して下まぶたの開きを改善しタレ目にします。 目を上方向に大きくする眼瞼下垂治療と上下正反対のことを行うことで瞼の下方向の開きを改善します。 切らないたれ目形成では糸で瞼の裏側から縫い縮めます。 切らない方法では切る方法より戻りやすさがありますが、ダウンタイムが短く修正はやりやすくなります。 切る方法ではまぶたの裏側(結膜)を切って下げる方法と、皮膚側のみもしくは皮膚側と粘膜側を併せて切って下げる方法があります。 下まつげが逆さまつ毛気味の方では、逆さまつ毛を悪化しないように皮膚側を切開して短縮します。 また、瞼の裏側を切って下げる方法には、眼輪筋下を深く剥離していく方法や浅く結膜下だけを剥離する方法などがあります。 いずれも下まぶたの皮膚側や結膜側を短縮することでたれ目効果を出します。 眼瞼下垂治療では黒目の中心を引き上げますが、たれ目形成の場合は目尻側を中心に引き下げて、より優しい女性らしいたれ目のラインをつくって行きます。 以上、目を上下左右に広げるための治療法でした。 目尻切開とタレ目術は相性が良い 目尻切開は目尻を外側にカットして目を上下に開きやすくする手術です。 ですので、タレ目形成(切らないタレ目、下眼瞼下制)と同時に目尻切開を行うことで下まぶたがさらに下がりやすくなりタレ目効果が増強されます。 また、タレ目形成で外側の下まぶたが下方に引っ張られるため、目尻切開も後戻りしにくくなり、効果がしっかり長持ちしやすくなります。 目尻切開とタレ目形成を組み合わせておこなうと、よりデカ目効果を高めることができます。 二重幅が広いほど目は大きくなる?? 一重まぶたが二重になったり、狭い二重幅が広くなると目の上のラインに幅が出て目が大きく見えるのは上述した通りです。 では、二重幅が広くなればなるほど、目もどんどん大きくなるのでしょうか。 二重まぶたの幅が広すぎると、上のイラストのように眠そうな目になってしまい、逆にマイナスの印象になってしまいますね。 二重幅を広くしすぎると以下のデメリットがあります。 見た目も食い込んで不自然になりやすい。 当院にも、アイメイクが映えるようにと、割り切ってとことん広いラインを希望される方もいらっしゃいますが、本当は上の理由によってあまりおすすめはできません。 それでもどうしても広いラインを希望されるなら、埋没法は早いうちなら戻したりもできますので、切開法ではなく埋没法で行うようにしてください。 以上がそれぞれの方向に大きくするための施術方法の詳細でした。 どんな施術が適しているかは、ご本人の目が何が原因で隠されているのか、ご本人のご希望はどうなのかによって変わってきます。 また、施術を組み合わせるごとに効果は出やすくなります。 どうしたら良いかわからない方は多いかと思います。 そのような場合は積極的にカウンセリングなどを利用していただいてご相談いただければと思います。 料金:43,500~49,800円 リスク:一時的な内出血。 赤みや左右差のリスク。

次の

二重(ふたえ)・目もと(目元)・眼瞼 : 美容整形の高須クリニック

目 大きく 整形

『目が小さくて嫌』 『もっと大きくて可愛い目になりたい』 『一重を治したい!』 こんな風に悩んでいる中学生・高校生の女子の方、多いですよね。 確かに、 目というのは顔の印象を決める一番のポイントです。 目がパッチリして大きければそれだけでものすごく可愛くなりますし、反対に目が小さいと、可愛さが半減してしまいます。 でも、 『目の大きさは生まれつきだから…』と諦める必要はありません。 正しい方法さえ知れば、誰でも目を大きくすることは可能です! そこで今回は、 『中学生・高校生女子のための目を大きくする方法!』 を、ご紹介します。 『やってはいけないこと』も説明していますので。 目が大きくなると別人のようにかわいくなる! 最初に触れたように、人間の顔でもっとも印象に残るのは目です。 特に女性は、目が大きいと 『かわいい』『美人』と思われるようになり、目が小さいと 『あんまり可愛くない…』と思われてしまいがちです。 それくらい、目というのは人間の顔のなかで大事な部分なのです。 その証拠に、テレビや雑誌で人気のモデルさんなどは全員、目がパッチリしていて可愛いですよね? 実際、それまで目が小さくてあんまりモテなかったという女性が、 目を大きくしたら別人のようにかわいくなってモテまくったという話も世の中にはゴロゴロ転がっています。 それくらい、目が大きくなると印象が変わるのです。 逆にいうと、 目が小さいままだとどうしても可愛さが半減してしまいます。 ファッションやメイクなど、他の部分を磨いて可愛くなることはもちろん可能ですが、 『目が大きい上にファッションやメイクも努力している人』と勝負するとどうしても負けてしまいます。 クラスの男子たちにやけにモテる女子を見れば分かると思いますが、男子から 『可愛い!』と言われている女子はほぼ全員、目がパッチリしていて可愛い女子ですよね? このように、目の大きさというのは恋愛においても本当に大事なポイントなのです。 ですので、今から努力して目を大きくすれば、あなたも別人のように可愛くなり、モテるようになるのです。 一重でも大きくすることは可能? しかしこういうと、 『でも、私は一重だからどうしようもない…』 と諦めてしまうひともいますが、それは大間違いです。 一重でも目を大きくすることは可能です。 また、 『自分では一重だと思っていたけど、〇〇したら二重だったことが分かった』というパターンもあります。 (〇〇の部分はあとでご紹介します) 実は、一重だと思っている人のなかには隠れ二重の人も少なくありません。 いわゆる 『奥二重』というやつで、努力すれば本当に二重になることもあります。 私の知り合いにも、中学までは一重だったのに高校生ごろから急に二重になった女性がいます。 また、完全な一重だったとしても、これからご紹介する方法を実践すれば目を大きくすることは十分に可能です。 大事なのは『自分は生まれつきだからどうしようもない…』と勝手に決めつけず、色々な方法を試してみることです。 『スマホやテレビによって目が小さくなる理由』 1、目が疲労してしまうから。 2、目を保護するために、目を開かないクセがついてしまうから。 まずテレビやスマホなどの強い光を発するものを見続けると、目は疲れてしまいます。 すると、十分に目を開けられなくなってしまい、気が付くといつも半目になっていたりします。 さらに怖いことに、 その状態が長く続くと、目に負担がかからないようにまぶたが下がってきます。 つまり、目が小さくなるのです。 この前も、テレビである有名なプロゲーマーの方が、 『子供のころはパッチリした目だったのに、ゲームをやり続けていたら目が小さくなってしまった』とおっしゃっていました。 目を保護するために、いつの間にかまぶたが厚くなり、下がってきてしまったそうです。 その人の子供のころの写真を見ると、確かにパッチリと大きな目でした。 しかし大人になった現在は、細い、いつも眠そうに見える目になってしまっていました。 このように 、スマホやゲーム、テレビ画面などをあまりにも長時間見続けると、目が小さくなってしまう危険性があるのです。 少しぐらくなら大丈夫ですが、寝る前や目が疲れているときなどにスマホを見続けるのはやめましょう。 どうしてもやめられない場合は、しっかりとマッサージしたり、休憩を挟むようにしましょう。 睡眠不足 睡眠不足も目を小さくします。 ちゃんと眠れなかった日や、睡眠時間が足りなかった日の朝などは、目がどんよりと眠そうで、可愛さが半減します。 これが毎日の週間になると、周りからは 『目が小さい人』というイメージを持たれてしまいます。 それだけでなく、睡眠不足はコルチゾールという 『デブホルモン』を増やしてしまうので、太りやすくなります。 すると顔に余計なぜい肉がついてしまい、まぶた頬の肉がふくれ上がってきて、目が埋もれてしまいます。 その結果、目が小さくなってしまいます。 『太っている人は大抵、不規則な生活をしている』 といわれるのはこのためです。 睡眠をおろそかにすると、眠気で目が小さくなるだけでなく、体重が増えて本当に目が小さくなるのです。 それだけでなく、肌も荒れますし、ニキビも増えます。 目のためだけではなく、健康や美容のためにも、睡眠はしっかり取るようにしましょう。 笑わない。 不機嫌 いつも笑わない人や、いつも怒っている人は目が小さくなります。 なぜなら、笑わないと顔の表情筋が衰えてしまい、目を大きく開くことができなくなってしまうからです。 また、怒ってばかりの人は目つきがキツく、つり上がっている印象を持たれてしまいます。 魅力的な目の形は、パッチリと開いたアーモンド型の目です。 いつも不機嫌だったり、笑わない生活をしていると目の大きさや形が悪くなってしまうので、注意しましょう。 塩分の摂り過ぎ これも多いです。 塩分を摂りすぎると、顔がパンパンにむくみます。 これは実際に自分で確かめてみれば分かりますが、塩分の多いものを食べ過ぎた次の朝などは、いつもより顔が大きくなっています。 血液中の塩分濃度を一定にするために、水分を溜め込んでいるからです。 顔がむくむと、当然、目が肉に埋もれて小さくなってしまいます。 それだけでなく、顔がデカくなってしまいます。 いつも目が小さい、顔が大きいというひとは、もしかしたら毎日の食事で塩分を摂り過ぎている可能性があります。 醤油を使いすぎたり、ポテトチップスなどを食べすぎたりしないようにして、塩分摂取量を減らしましょう。 ひとによっては、これだけで小顔になり、目が大きくなったと言われる人もいます。 塩分というのはそれぐらい、見た目にすぐ影響を与えるのです。 目を大きくする方法1(マッサージ) それでは、いよいよ目を大きくする方法をご紹介していきます。 まずは、 目を大きくするマッサージからご紹介していきます。 二重マッサージ 『二重マッサージのやり方』 1、鏡を見つめ、大きく目を見開きます。 2、目の周りに美容液を塗ります。 3、マッサージする目の目頭の下を人差し指で押し、そのままこめかみの方へツボを押すように移動していきます。 (左右2~3回程度) 4、眉毛の下の骨に親指を入れるような感じで押していく。 こちらも2~3回程度。 5、最後に、クリームを指につけて、まぶたを目頭からこめかみに向けて優しくなぞる。 これだけです。 一日に何十分もやると肌を傷つけてしまうので、 1日5分~10分程度にしましょう。 これだけでも、ひとによっては二重になることもあります。 ただし継続が大切です。 おでこのマッサージ まぶたのたるみを取り、ぱっちりとした目にするためのマッサージです。 目を大きくするというと、多くのひとは目だけをマッサージすれば良いと思っていますが、実は他の場所をマッサージすることも大切なのです。 特におでこのマッサージは目の血行をよくするのにとても効果的なので、 『はれぼったいまぶた』を改善するのにとても効果的です。 短期間で目を大きくする方法2(トレーニング) 目を大きくするためには、なんといっても 目の周りの筋肉を鍛えるのが効果的です。 目の周りの筋肉が鍛えられれば、まぶたが自然と上がり、目が大きくなります。 ですので、目を大きくするためにも、目の周りの筋肉をしっかりと鍛えていきましょう。 では、どんなトレーニングがあるのでしょうか? まばたきトレーニング まぶたをスッキリさせて、目を大きくするトレーニングです。 やり方は簡単で、目を閉じてから、カッと大きく目を見開くだけです。 つまり、まばたきを大げさにするだけです。 すると、目がパッチリと大きくなるので、見た目の印象もまったく変わってきます。 キョロキョロトレーニング こちらも目の周りの筋肉を鍛える方法です。 『やり方』 1、口をできるだけ大きく『あ』の形にして5秒間キープします。 2、同じく、口を『い』の形にして5秒間キープします。 3、今度は『う』の形にして、できるだけ口を突き出します。 4、最後に大きく『え』の形を作りそのまま舌を思いっきり前に突き出します。 こんな感じで、 『あ、い、う、べー』という順番で口周りの筋肉を伸ばしていきます。 これをすると、顔の筋肉が引き締まり、小顔になるだけでなく目も大きくすることができます。 ダイエットすればさらに目が大きくなる! ここまで色々とご紹介してきましたが、さらに効果のある方法をご紹介します。 それは、 『ダイエットすること』 です。 すでにご紹介したように、 ダイエットをすると顔のぜい肉が取れてスッキリするので、目が大きくなるというメリットがあります。 しかも、他のマッサージやトレーニングよりもはるかに効果が大きく、目元だけでなく顔つきやスタイルも魅力が大幅にアップします。 正直にいって、目元のトレーニングをがんばるよりも、太っている人や平均よりもぽっちゃりしている人などは、ダイエットを頑張ったほうがはるかに目が大きくなります。 最初の方でご紹介した、 『ずっと一重だと思っていたけど、〇〇をしたら二重になった』というひとは、まさにこのタイプの人です。 そのひとは、自分は一重だとずっと思い込んでいたのですが、実は顔にお肉がありすぎてまぶたが埋もれていただけであり、 ダイエットをして顔がスッキリしたことにより、本来の二重が現れたのです。 このように、ダイエットは目を大きくするのに最高に効果があるので、太り気味なひとはぜひとも試してみてください。 目を大きくするのと同じく、ダイエットも正しい知識さえあれば簡単に痩せられます。 詳しいダイエット方法は『』でご紹介しましたので、この記事が読み終わったらぜひ目を通してみてください。 ダイエットに成功すると、生まれ変わったように可愛くなれます。 眉毛を整えれば目が大きく見える! 目を大きく見せたいのなら、眉毛を整えるのも非常に効果があります。 眉毛がキレイに整っていると、それだけで目がすごく大きく見えたり、モテ顔になれますので、ぜひ眉毛のお手入れにもチャレンジしてみましょう! 初心者でも失敗しない整え方は『『』』でご紹介していますよ! 必ず読んで!目を大きくするための注意点 目を大きくするのは良い事ですが、 注意しなければいけないことがいくつかあります。 これを知らないと、たいてい失敗してしまいます。 また、無駄にお金を使ったりして損をしてしまうので、必ず読んでみてください。 やりすぎは厳禁 『絶対に目を大きくしたい!』 と思うのは良い事ですが、 だからといってやりすぎないようにしましょう。 一日に一時間も二時間もトレーニングしたり、マッサージするのは明らかにやりすぎです。 そして、そうして頑張りすぎてしまうと、目を傷つけてしまったりして、逆効果になってしまいます。 それだけでなく、 そうやっていきなりたくさんやろうとするとすぐに疲れてしまい、続かなくなってしまいます。 ダイエットでもそうですが、 『最初だけ燃え上がってがんばろうとする人ほど、すぐに燃え尽きてしまう』という法則があります。 そうではなく、一日5分~10分程度を毎日たんたんと繰り返した方が、はるかに効果がありますし、成功しやすくなります。 絶対にやりすぎないようにしましょう。 一度にあれもこれもやらない 同じく、 一度にあれもこれもやろうとするのは良くありません。 今回紹介した方法のなかから、簡単なものを1つ選び、それを最低でも2週間は続けてみましょう。 それで効果が出てくればさらに続け、ダメなら別のものを試す…という方が続きやすいです。 ひとによってトレーニングやマッサージは合う・合わないがありますので、ひとつずつ確かめて行ったほうが良いです。 また、一度にあれこれやると結局中途半端になってしまい、効果が感じられなくなってしまいます。 お金をかけすぎない 『目が大きくなるクリーム』 などのアイテムも世の中には売っていますが、 効果はほとんどないのであまりオススメできません。 あったとしてもほんの一時的なものなので、買う必要もありません。 それよりも、ダイエットしたりマッサージを続けた方が、はるかに効果は高くなります。 勉強でもダイエットでも、 『これを使えば楽して〇〇になれる!』 というのは、たいてい効果がありませんので、注意しましょう。 ついこの間も、 『着るだけで腹筋がバキバキになるシャツ!』というのが大ブームでしたが、国から 『まったく効果なし!でたらめ!』と指摘されて販売停止になりました。 本当に効果のあるものは、お金をかけずにコツコツ積み重ねるものばかりなのです。 整形はやってはいけないの? 整形は決して悪いことではありませんが、せめて大学生になってからにしましょう。 中学生、高校生で整形するのは、あまり良くありません。 というのも、そのぐらいの年齢ではまだ顔も成長途中なので、数年後にどうなるのか分からないからです。 また、簡単なものならともかく、本格的なものは 何十万円、何百万円もかかってしまうので、気軽にできるものでもありません。 さらに、整形して美人になって結婚しても、子供は元の顔に似た顔で生まれてくるので、夫や周囲の人にに整形がバレてしまいます。 世の中にはまだまだ整形を良く思っていない人もいるので、覚悟がないならやめておきましょう。 オマケ。 鏡を使えばさらに可愛くなれる! 最後に 、鏡を使って可愛くなる方法をご紹介します。 毎晩、鏡を見て 『あなたはかわいい』と声に出して言ってみてください。 これは自分に自信をつける方法として非常に有名な方法で、これを繰り返すと本当に自分に自信がつき、表情が明るくなって可愛くなっていきます。 さらに、 女性ホルモンが増えて本当に肌がキレイになったり、髪がツヤツヤになったりして可愛くなっていきます。 これは脳科学の本などでも良く紹介されている方法なので、ぜひ試してみてください。 コツは、鏡を見てにっこり笑い、子供を褒めてあげるように気持ちを込めて 『あなたはかわいい』ということです。 『目がかわいい』『口がかわいい』『笑顔がかわいい』など、具体的にほめるともっと良いでしょう。 一流のセールスマンなどもよく使っている方法なので、ぜひ試してみてください。 まとめ いかがでしたか? 『目を大きくする方法』 を、ご紹介してみました。 目の大きさは生まれつきだと思われてがちですが、実は日々の習慣や顔のお肉のせいで目が小さくなっているだけ、という場合も非常に多いです。 しっかりとケアして、ぱっちりと大きな目を手に入れましょう!.

次の