いん けい せっしょう。 「しょう」の索引 1ページ目

腰部脊柱管狭窄症 (ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう) ::病気について:脊柱班

いん けい せっしょう

【数量が3つ以下の場合、日本郵便クリックポストにて発送可能(この場合、日時指定はできませんのでご了承ください)】 折衝飲(せっしょういん)【第2類医薬品】 【製造元】松浦漢方株式会社 【効能・効果】 体力中等度以上で、下腹部痛があるものの次の諸症: 月経不順、月経痛、月経困難、神経痛、腰痛、肩こり 【用法・容量】 次の量を1日3回、食前又は食間に水又は温湯で服用してください。 2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。 3)1 才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。 【成分・分量】 本品3包(6. 0g)又は6. 0gは ボタンピ………………1. 5g トウキ…………………2. 5g センキュウ……………1. 5g エンゴサク……………1. 0g シャクヤク……………1. 5g ゴシツ…………………1. 0g ケイヒ…………………1. 5g コウカ…………………0. 5g トウニン………………2. 5g 上記より製した折衝飲水製エキス5. 0g(乾燥物換算で約2. 5gに相当)を含有する細粒剤です。 添加物としてメタケイ酸アルミン酸Mg、 ヒプロメロース、結晶セルロース、乳糖、トウモロコシデンプン、香料を含有します。 【漢方薬剤師からの注意点】 折衝飲(せっしょういん)は血の詰まりや滞りからくる症状(お血と言われる症状)からくる生理痛や生理順、肩こり、神経痛、関節の強張りなどに使用する漢方薬です。 折衝飲は血の詰まりに使用する桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)と貧血気味に使用する四物湯(しもつとう)を合わせ、利水作用のあるブクリョウを除き、血流を促し、痛みを止める、エンゴサク、コウカ、ゴシツという生薬を加えたものです。 桂枝茯苓丸との違いは、折衝飲には冷えのぼせがなく、乾燥肌で関節の強張りが出やすいなどの特徴があります。 〓使用上の注意〓 次の人は服用しないでください。 生後3 ヵ月未満の乳児 相談すること 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 1)医師の治療を受けている人 2)妊婦又は妊娠していると思われる人 3)胃腸が弱く下痢しやすい人 4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 関係部位 症状 皮膚 発疹・発赤、かゆみ 消化器 食欲不振、胃部不快感 3. 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 2)小児の手の届かない所に保管してください。 3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。 ) 4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。 5)分包剤で1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2 日以内に使用してください。 6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。 ご希望にあわせて、各種ご利用ください。 代金引換はお支払い金額が300,000円(税込)を超える場合はご利用できません。 申し訳ございませんが、他の決済方法をご利用ください。 住信SBIネット銀行 法人第一支店 普通 1070599 株式会社ヘルシーライフ• 口座番号:14450-29249081 口座名義:カ)ヘルシーライフ•

次の

尚絅学院大学

いん けい せっしょう

【数量が3つ以下の場合、日本郵便クリックポストにて発送可能(この場合、日時指定はできませんのでご了承ください)】 折衝飲(せっしょういん)【第2類医薬品】 【製造元】松浦漢方株式会社 【効能・効果】 体力中等度以上で、下腹部痛があるものの次の諸症: 月経不順、月経痛、月経困難、神経痛、腰痛、肩こり 【用法・容量】 次の量を1日3回、食前又は食間に水又は温湯で服用してください。 2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。 3)1 才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。 【成分・分量】 本品3包(6. 0g)又は6. 0gは ボタンピ………………1. 5g トウキ…………………2. 5g センキュウ……………1. 5g エンゴサク……………1. 0g シャクヤク……………1. 5g ゴシツ…………………1. 0g ケイヒ…………………1. 5g コウカ…………………0. 5g トウニン………………2. 5g 上記より製した折衝飲水製エキス5. 0g(乾燥物換算で約2. 5gに相当)を含有する細粒剤です。 添加物としてメタケイ酸アルミン酸Mg、 ヒプロメロース、結晶セルロース、乳糖、トウモロコシデンプン、香料を含有します。 【漢方薬剤師からの注意点】 折衝飲(せっしょういん)は血の詰まりや滞りからくる症状(お血と言われる症状)からくる生理痛や生理順、肩こり、神経痛、関節の強張りなどに使用する漢方薬です。 折衝飲は血の詰まりに使用する桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)と貧血気味に使用する四物湯(しもつとう)を合わせ、利水作用のあるブクリョウを除き、血流を促し、痛みを止める、エンゴサク、コウカ、ゴシツという生薬を加えたものです。 桂枝茯苓丸との違いは、折衝飲には冷えのぼせがなく、乾燥肌で関節の強張りが出やすいなどの特徴があります。 〓使用上の注意〓 次の人は服用しないでください。 生後3 ヵ月未満の乳児 相談すること 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 1)医師の治療を受けている人 2)妊婦又は妊娠していると思われる人 3)胃腸が弱く下痢しやすい人 4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 関係部位 症状 皮膚 発疹・発赤、かゆみ 消化器 食欲不振、胃部不快感 3. 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 2)小児の手の届かない所に保管してください。 3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。 ) 4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。 5)分包剤で1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2 日以内に使用してください。 6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。 ご希望にあわせて、各種ご利用ください。 代金引換はお支払い金額が300,000円(税込)を超える場合はご利用できません。 申し訳ございませんが、他の決済方法をご利用ください。 住信SBIネット銀行 法人第一支店 普通 1070599 株式会社ヘルシーライフ• 口座番号:14450-29249081 口座名義:カ)ヘルシーライフ•

次の

腰部脊柱管狭窄症 (ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう) ::病気について:脊柱班

いん けい せっしょう

二十四節気(にじゅうしせっき) 二十四節気(にじゅうしせっき)は、今でも立春、春分、夏至など、季節を表す言葉として用いられています。 1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、「節(せつ)または節気(せっき)」と「気(中(ちゅう)または中気(ちゅうき)とも呼ばれる)」が交互にあります。 太陰太陽暦(旧暦)の閏月を設ける基準となっており、中気のない月を閏月としていました。 二十四節気は、その年によって1日程度前後することがあります。 二十四節気 季節 二十四節気名 月 新暦の日付 春 立春(りっしゅん) 1月節 2月4日頃 雨水(うすい) 1月中 2月19日頃 啓蟄(けいちつ) 2月節 3月5日頃 春分(しゅんぶん) 2月中 3月21日頃 清明(せいめい) 3月節 4月5日頃 穀雨(こくう) 3月中 4月20日頃 夏 立夏(りっか) 4月節 5月5日頃 小満(しょうまん) 4月中 5月21日頃 芒種(ぼうしゅ) 5月節 6月6日頃 夏至(げし) 5月中 6月21日頃 小暑(しょうしょ) 6月節 7月7日頃 大暑(たいしょ) 6月中 7月23日頃 秋 立秋(りっしゅう) 7月節 8月8日頃 処暑(しょしょ) 7月中 8月23日頃 白露(はくろ) 8月節 9月8日頃 秋分(しゅうぶん) 8月中 9月23日頃 寒露(かんろ) 9月節 10月8日頃 霜降(そうこう) 9月中 10月24日頃 冬 立冬(りっとう) 10月節 11月7日頃 小雪(しょうせつ) 10月中 11月22日頃 大雪(たいせつ) 11月節 12月7日頃 冬至(とうじ) 11月中 12月21日頃 小寒(しょうかん) 12月節 1月5日頃 大寒(だいかん) 12月中 1月21日頃 また、二十四節気と同様に季節の移り変わりの目安となるものに雑節(ざっせつ)と呼ばれるものがあり、今でも行事などが行われています。 雑節 雑節 解説 社日 (しゃにち) 春分、秋分に最も近い戊(つちのえ)の日で、1年に2回ある。 春には豊年を祈り、秋には成熟を祝う行事をそれぞれ行う。 節分 (せつぶん) 元は四季にあったが、後に春だけについていわれるようになった。 立春の前日のことで、邪気を払う行事がなされる。 彼岸 (ひがん) 春分と秋分の前後の3日ずつの計7日のこと。 初日を彼岸の入り、当日を中日(ちゅうにち)、終日を明けと呼ぶ。 土用 (どよう) 立春、立夏、立秋、立冬の前18日間。 この期間は、土公神 どくじん が支配するといわれ、土を犯すことは忌むべきこととされた。 八十八夜 (はちじゅうはちや) 立春から数えて88日目をいい、種まきの目安の日。 入梅 (にゅうばい) 二十四節気のうち、芒種の後の壬(みずのえ)の日。 梅雨はそれから31日間とされる。 半夏生 (はんげしょう) 天より毒気を下す日という。 夏至より10日後とされる。 二百十日 (にひゃくとおか) 立春から数えて210日目の日。 必ず暴風雨があるとされる。 二百ニ十日 (にひゃくはつか) 立春から数えて220日目の日。 二百十日と同じ意味を持つ。

次の