アザラシ カレー。 【アザラシカレー】流氷とともにやってくるアザラシを…カレーにしたってマジかよ! 実際に食べたらすんごいアザラシだった

アザラシカレーなるものを食べてみた

アザラシ カレー

数年に1度あるかないかのペースだが「 川にアザラシが現れました」的なほのぼのニュースが世間を賑わすことがある。 アザラシといえば、コアラやパンダとタイマンを張るレベルの超癒し系動物だから、もし流氷とともに流れてきたら、誰でも「はぁ~かわいい」とつぶやくことだろう。 だがしかし。 今回ご紹介する商品は「 流氷と供にやってくるアザラシをカレーにしました」という缶詰だ。 マジかよ……いきなりカレーにしないでえええええ! とは思いつつも、気になったので購入して食べてみることにした。 ・アザラシカレー 「アザラシカレー」を製造しているのは、北海道札幌市の株式会社北斗。 公式サイトを確認してみたところ、「熊カレー」や「えぞ鹿カレー」も缶詰スタイルで販売していることが判明した。 ただ、衝撃度で言えば圧倒的に アザラシがナンバーワン。 熊や鹿がかわいく見える。 ちなみに販売価格はそれぞれ1080円で、物産展では1200円で売っていた。 内容量が410グラムだから、1缶には約2人分の量が入っている。 個人的には半分、いや1口……なんなら買わずにスルーしようかなとも思ったが、 アザラシと目が合った気がして購入。 可愛らしい表情に負けてしまった。 ・ケモノ臭 しかし、可愛らしいのはパッケージまでだ。 なぜならフタを開けた瞬間……キツめの香りが放たれましたよぉぉおおお~。 いやもう完全に ケモノが入ってますぅぅう。 一応「 食べたら美味しい」という大逆転を信じて、アザラシカレーを鍋にドーンと全投入! やっぱりカレーは熱々が1番。 しっかり温めたら…… 完成である! ・もっさりした辛口カレー 意外というのも失礼だが、パッと見た感じは美味しそうじゃないか。 てか、カレーにすればだいたいウマいはず。 てことで、さっそく食べてみたところ……はいはいはいはい、なるほどぉぉおおお~。 決してマズくはありませんが、 鼻から抜ける香りがケモノですね~。 くぅ~。 全体的にはもっさりと粘り気のある辛口カレーで、食べ応えはアリ。 主役の赤黒いアザラシ肉はパサパサ食感だが、肉の旨味がギュッと凝縮されていて良い……しかし! 「あえて残した」という臭みが鼻から抜ける度に、 川に浮かぶアザラシが脳裏にも浮かぶのだ。 これぞリアルなアザラシカレー。 くぅ~。 ・リアルを感じられるカレー 家に居ながらにして、北海道の流氷とアザラシを感じることができるアザラシカレー。 1缶1080円~は少々お高い気もするが、カレーの味だけでなく、圧倒的な「リアル感」も込みの価格だから、むしろ安いと言える……かもしれない。 自宅でアザラシ、ぜひ! 参考リンク:株式会社 北都 「」 Report: Photo:RocketNews24.

次の

北海道産【アザラシカレー缶詰】カレーとアザラシのハーモニー

アザラシ カレー

「意外とうまそうな気がする」 北海道・札幌市にある食品加工会社「北都」が製造・販売を手がけたこの商品。 同社サイトや道内の土産物屋、アンテナショップなどで販売しており、410グラム入りで価格は1000円(税抜)だ。 北海道の先住民であるアイヌ民族の貴重な食料源として知られるアザラシ肉。 あるツイッターユーザーが2017年6月4日、この商品をツイッターに投稿したところ、 「一生に一度ぐらいは食べてみたい... 」 「意外とうまそうな気がする」 「普通に食べてみたい」 と、好意的なコメントとともに急速に拡散された。 そもそも、アザラシ肉とはどんな味がするのだろうか。 道内でも滅多に流通していない 「北都」の担当者は6月6日、J-CASTトレンドの取材に対し、 「赤身肉は、淡白で少し臭みがあります。 食感は、くじら肉にちかいですね」 と話す。 食べ方は、甘辛く煮た「大和煮」が一般的だといい、今回の商品のようにカレーで食べるのは珍しいようだ。 アザラシ肉は北海道でも滅多に流通しておらず、同社では、知り合いの漁師に駆除した個体の赤身肉をわけてもらっているそうだ。 商品でこだわった点を聞くと、 「臭みを消そうと思えば消せるんですが、あえて特徴である臭みを少し残してあります」 と明かす。 実際に、都内のアンテナショップで商品を購入して食べてみた。 辛口のルーに隠れた大きめの赤黒い肉片からは「けもの臭」をほのかに感じるが、食べごたえがありペロリといただけた。

次の

奇食 アザラシカレーは思った以上にアザラシが強かった!

アザラシ カレー

「意外とうまそうな気がする」 北海道・札幌市にある食品加工会社「北都」が製造・販売を手がけたこの商品。 同社サイトや道内の土産物屋、アンテナショップなどで販売しており、410グラム入りで価格は1000円(税抜)だ。 北海道の先住民であるアイヌ民族の貴重な食料源として知られるアザラシ肉。 あるツイッターユーザーが2017年6月4日、この商品をツイッターに投稿したところ、 「一生に一度ぐらいは食べてみたい... 」 「意外とうまそうな気がする」 「普通に食べてみたい」 と、好意的なコメントとともに急速に拡散された。 そもそも、アザラシ肉とはどんな味がするのだろうか。 道内でも滅多に流通していない 「北都」の担当者は6月6日、J-CASTトレンドの取材に対し、 「赤身肉は、淡白で少し臭みがあります。 食感は、くじら肉にちかいですね」 と話す。 食べ方は、甘辛く煮た「大和煮」が一般的だといい、今回の商品のようにカレーで食べるのは珍しいようだ。 アザラシ肉は北海道でも滅多に流通しておらず、同社では、知り合いの漁師に駆除した個体の赤身肉をわけてもらっているそうだ。 商品でこだわった点を聞くと、 「臭みを消そうと思えば消せるんですが、あえて特徴である臭みを少し残してあります」 と明かす。 実際に、都内のアンテナショップで商品を購入して食べてみた。 辛口のルーに隠れた大きめの赤黒い肉片からは「けもの臭」をほのかに感じるが、食べごたえがありペロリといただけた。

次の