大学 入学 共通 テスト 日程。 【大学受験2021】共通テストは3日程、学習の遅れ等理由に第2日程選択可

大学入学共通テスト 実施日程や出題範囲の協議始める 文科省

大学 入学 共通 テスト 日程

2021年度(令和3年度)大学入学共通テストについて、高校3年生が希望する受験日程は「第1日程」が約43万1,000人、「第2日程」が約3万2,000人であることが2020年7月31日、文部科学省の調査結果から明らかになった。 2021年度大学入学共通テストは、当初から予定していた第1日程「1月16日・17日」のほか、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う学業の遅れを在学する学校長に認められた者および第1日程試験の追試験を受験する者を対象に第2日程「1月30日・31日」を設定。 第2日程の追試験として特例追試験を「2月13日・14日」に実施。 現役生は、第1日程と第2日程のいずれかを選択できる。 文部科学省では7月1日~20日、大学入学共通テストの第2日程を選択する受験生の数を把握し、試験会場を確保するため、全国の高校などを通じて高校3年生を対象とした意向調査を実施。 7月31日に会見した萩生田光一大臣は、意向調査の集計結果について、7月30日時点で「どちらかといえば受験する」を含めて、希望する受験生は「第1日程」が約43万1,000人、「第2日程」が約3万2,000人であったことを明らかにした。 調査結果について、萩生田大臣は7月豪雨の影響で回答が得られていない高校などもあるとし、「あくまで現時点における生徒の皆さんの意向」と説明。 「豪雨や新型コロナウイルス感染の罹患状況などの影響によっては当然その意向は変わり得るもの」としたうえで、「受験生がどのような選択をしても不利益がないよう試験実施に向けた必要な準備を大学入試センターと連携してしっかりと進めてまいりたい」と述べた。 第2日程の試験会場については、全都道府県で準備する方針で、離島やへき地の受験生にも可能な限り配慮した設定とする考えも示した。 《奥山直美》.

次の

共通テストについて理解しよう

大学 入学 共通 テスト 日程

大学入学共通テストの概要 大学入学共通テストは、従来の大学入試センター試験に代わって導入されることが決まった入学試験です。 2021年度大学入学者選抜のために、2021年1月に初めて実施されます。 試験自体の役割は大学入試センター試験と同じで、国公立大学・私立大学ともに、大学入学共通テストの結果を受験者の学力の指標として扱います。 日程は大学入試センター試験と同じ 大学入学共通テストが実施される日程は大学入試センター試験と同じで、1月中旬です。 令和3年度(2021年)は、1月16日(土)・17日(日)に実施されます。 試験内容 それでは、大学入学共通テストの試験内容について詳しくご紹介していきます。 試験科目は変わらず 大学入学共通テストの試験科目は、従来のセンター試験と同じです。 なお、志望する大学や学部により、受験が必要な科目は異なります。 配点 大学入学共通テストの各科目の配点は、以下の通りです。 しかし、採点システムの不備や、採点が公平性に欠ける可能性があることから、2020年度の試験では記述式の導入は中止となりました。 では、いつから記述式が導入されるのかというと、現時点では未定です。 少なくとも、2021年度の大学入学共通テストへの導入は見送ることが発表されているため、現在高3生・浪人生の方には影響はないでしょう。 大学入学共通テストは何が変わった? 大学入学共通テストの試験自体の役割や試験科目は、大学入試センター試験と同じです。 大きな変更点の一つであった記述式解答も、現時点では導入が見送られています。 どんなところが変わるのかというと、それは英語の試験内容です。 ここからは、大学入学共通テストで英語がどのように変わるのかについて詳しく知っていきましょう。 大きく変わるのは英語 大学入学共通テストは、英語の試験内容や配点が従来の大学入試センター試験とは異なります。 リスニングの比率が大幅アップ 従来の大学入試センター試験では、英語のリスニングの配点は50点。 リーディングの配点は200点なので、4:1でリーディングに比重が置かれていたことになります。 しかし、先にお伝えしたように大学入学共通テストでは「リーディング100点・リスニング100点」という配点に変わります。 当然、リスニングの出題ボリュームも増え、これまでの大学入試センター試験よりもリスニング力が重視されるのが大学入学共通テストの特徴です。 民間試験活用は導入延期 元々の予定では、英語に関しては民間の資格・検定試験が活用されることになっていました。 受験生が高校3年の4~12月に英語検定やGTECなど国が認定した民間の資格・検定を受験し、その結果が大学に提供されるという仕組みです。 この試験方法には、一斉試験では測ることができない「読む」「聴く」「話す」「書く」という4つの技能が見極められるというメリットがあります。 しかし、この民間試験活用も制度の整備が難しく、また、受験生によって民間試験を受験する回数に差が出て不公平となる可能性もあり、導入は見送られました。 現在、民間試験活用については2024年の導入が検討されています。 より思考力を問われる問題に 英語以外の科目でも、大学入学共通テストでは全体的に出題の傾向が変わります。 従来の大学入試センター試験では、「知識」「技能」の2点が必要とされる問題が出題されてきました。 しかし、大学入学共通テストでは、これに加えて「思考力」「判断力」を測る問題が出題されます。 例えば ・全教科で「すべて答えなさい」という解答形式が導入 ・英語の設問が英文になる ・英語で「発音・アクセント・並び替え」の問題がなくなる ・国語で「実用的な文章」が題材になる ・国語で複数の文章を関連付ける問題が出題される ・数学で会話文や長文が出題される など、科目ごとの知識だけではなく、それを応用するような問題が多くなります。 大学入学共通テスト対策はどうする? 最後に、大学入試共通テストにはどんな対策が有効なのかを解説します。 国語は「知識の活用」 国語は、出題の形式自体は従来の大学入試センター試験と変わらない「大問2問体制」と予想されます。 題材は「論理的な文章」「文学的な文章」「実用的な文章」の3種類です。 また、複数の文章を関連付ける問題も出題されると見られています。 例えば、プレテストでは「生徒会の部活動規約」と「生徒たちの会話文」が題材となり、2つの文章をそれぞれ読み、関連付けた上で解答するという形式になっていました。 このように、大学入試共通テストの国語では知識そのものの豊富さより「知識の活用」を測る問題が出題されます。 また、文章の読解力だけではなく、図・グラフ・絵などの資料から必要な情報を読み取る力も必要です。 大学入試共通テストの国語対策は、基本的には従来の大学入試センター試験への対策と大きな違いはありません。 問題文の中から重要な箇所を見つけ出し、事実と意見を区別したり、意見の論拠となる部分を探し出したりといった、「情報を精査する訓練」が大切です。 大学入試センター試験の過去問や、問題集の例題で演習を繰り返し、文章全体の流れや重要な要素を短時間で把握できるようになりましょう。 数学は「過程重視」 大学入試共通テストの数学の出題方針は、「数学的な問題過程を重視する」となっています。 問題文の内容を読み、数学を利用して解決の見通しを立てることや、考察結果を活用する問題が出題されるということです。 そんな数学の対策は、こちらも大枠は大学入試センター試験への対策と大きな違いはありません。 問題の解決方法を考えるという過程が増えますが、そこに計算力・処理力が必要なことは変わりありません。 従来の対策と同じく、素早く正確に計算する力を伸ばしていきましょう。 教科書や参考書の計算問題や、中位難易度の問題を早く正確に解けるように訓練していくのがおすすめです。 英語は「読む・聴く」 大学入学共通テストの英語は、リーディングで「早く正確に読む力」が求められます。 まずは文法や単語などの基礎力をしっかり身につけ、長文を正確に読み取る力をつけましょう。 そこから、過去問や演習を通じて読解のスピードを徐々に上げていくのがおすすめです。 文法や単語単体の出題は無くなりますので、長文の読解に力を入れて対策していく必要があります。 リスニングに関しては、従来の大学入試センター試験より出題・配点ともにボリュームが増えますが、あまり心配する必要はないでしょう。 というのも、大学入試センター試験のリスニング問題はもともと難易度が低いため。 リーディングでも重要となる、文法や単語力など英語の基礎力が身についていれば問題ありません。 心配な方は、通学などの移動中に参考書に付属するCDを聴くなど、耳を英語に慣れさせておくといいでしょう。 まとめ 大学入学共通テストは、2021年1月16日・17日に初めて実施されます。 計画の時点では、記述式問題や英語の民間試験活用など大きな変更が予定されていましたが、現時点ではこれらは見送りとなっています。 現高3生・浪人生に影響がある変更は、英語のリスニングのボリュームが増えることと、全体的に「思考力・判断力」が問われる問題が出題されることです。 とはいえ、基本的な対策方法は大学入試センター試験と大きな違いはありません。 各科目の基礎力をしっかり身につけ、知識の応用にも柔軟に対応できる余裕を持って大学入学共通テストに臨みましょう。

次の

共通テスト、異例の仕組みを再確認 試験日は選べる? 受験生が多い日程は?

大学 入学 共通 テスト 日程

第1日程の追試を兼ねる。 さらに第2日程の追試として、2月13、14日に「特例追試」を設定 ・第2日程は47都道府県に会場を設定(これまでは東京と大阪のみ) ・第2日程の受験は、病気やけがなどの理由のほか「学習の遅れ」が理由でも認める ・第2日程の難易度は第1日程と同じとし、得点調整はしない ・各大学の個別試験についても追試の設定を求める ・個別試験では、主に高3で学習する科目で発展的な学習内容から出題しないよう出題範囲の削減や、選択問題を増やすことを大学に求める ・総合型・学校推薦型選抜の出願時、調査書に高3の評定が記載できなくても可とする 日程については、新型コロナの影響で5月末まで授業がなかったり、不十分だったりした高校があり、予定通りだと一部の受験生が不利益をこうむるという指摘が出ていました。 全国高校長協会(全高長)が全国の高校に日程の希望を調査した結果、約7割は「予定通りの実施を」と答え、約3割は「延期を希望」と回答しましたが、全高長は「一番厳しい状況の地域に配慮をするべきだ」として1カ月の後ろ倒しを求める方針を示していました。 全高長のメンバーである私立高校の多くや大学側は混乱を避けるため、後ろ倒しには反対でした。 こうした中、17日夕の協議は文科省が対応案を示したうえで非公開で開かれました。 全高長は文科省案について、「1カ月後ろ倒しという要望もしたけれども難しいということであるならば(追試などで受験生に配慮した)この案はありがたい」と発言したといいます。 総合型選抜は、AO入試だった昨年までは8月1日からの出願でしたが、今年度の予定では9月1日からと、もともと1カ月遅くしていました。 背景の一つは、学生確保のため一部の大学が8月中に合格を発表するなど、AOの早期化が問題視されたためです。 それを今回、さらに2週間、遅らせることになりました。 ただ、合格発表は11月以降で変わりません。 また、学校推薦型選抜は昨年と同じ11月からの出願で、新型コロナの影響があっても日程は変えないと決まりました。 遅くすると、推薦型で不合格だった受験生が一般選抜に切り替えるのに時間が短すぎる、という理由からです。 合格発表は12月以降と決められています。

次の