かんあきチャンネル何歳。 かんなあきら(youtube)の本名!収入は?父親やお母さんの噂も!

かんなあきら(youtube)の本名!収入は?父親やお母さんの噂も!

かんあきチャンネル何歳

親子ユーチューバーとして国内屈指の影響力を持つアカウントを運営する一家が初めてメディアの取材に応じました。 スポンサーを受けない理由や、親子で動画作りをする意味について聞きました。 かんなさん(10)、あきらさん(8)が主に出演し、2人は「かんあき」などと呼ばれています。 最近ではあさひさん(3)、ぎんた君(1)も登場しています。 このほかにライブ専門チャンネルなど一家で計4チャンネルを持ち、新しい動画が投稿されたときに通知を受け取ることができるチャンネル登録者は計約240万人に達しています。 ファンだったブロガーが紹介したデジタルカメラの部品を買って「よかったですよ」とコメントしたところ、「僕も購入を考えます」との返答。 自分で買って紹介していたと思っていた忠昭さんはショックを受けました。 「子どもたちに同じ思いをさせたくない」と原則スポンサーを受けないことにしました。 あるメーカーのチョコレート味の即席焼きそばをライブ中継で紹介したとき、かんなさんは「焼きそばの味はしないし、スイーツとしても変な味がする」と辛口のコメントをしました。 商品の提供を受けないことは、子どもたちの自由な発言を守ることでもあると忠昭さんは考えています。 視聴者と電話で会話する様子をライブ中継する投稿では、通話を希望する人たちから忠昭さんが無作為に選びました。 選ばれた2人はともに千葉に住む15歳と17歳の女性でした。 「子どもやその親以外の世代にも見てもらえていることがわかり励みになった」と振り返ります。 このライブ中継では、複数のカメラを使いました。 視聴者との会話が始まったとき自分しか映ってないことに気づいたかんなさんは「(あきらさんと2人が映る)メインカメラにかえて」と忠昭さんに要求しました。 「娘は自分の作品だと認識してカメラに向かっている」と忠昭さん。 子どもの動画をめぐっては、意図しない形で公開されてトラブルになったケースも出ています。 もし、かんなさんに将来、「恥ずかしいから動画を消して」と言われたら? 忠昭さんは「隠し撮りした動画を投稿しているわけではない。 内容は子どもがやりたいことを聞いて家族で決めており、カメラを向けた瞬間に娘たちは自分の作品だと思って撮影に臨んでいる。 だからそれはないと思う」と語ります。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 出典: 朝日新聞 成長を感じるときも 撮影の場以外でも娘の成長を感じる瞬間があったといいます。 動画の投稿が始まったころ、かんなさんがはじめて受けたバレエ教室のレッスンでの出来事です。 他の子どもたちは保護者と一緒に教室の真ん中で恥ずかしそうにしていました。 一方かんなさんは「それじゃ、行ってくる」と一人で元気に教室に向かっていったそうです。 「動画制作で物おじしなくなった。 胸がキュンとなりました」と忠昭さんは語ります。 昨年は、親子で動画投稿をしていてよかったと思う時も。 「6歳の娘がいじめに遭ってご飯も睡眠もとれなくなり笑わなくなってしまった」という母親から「今日、かんなちゃんとあきらちゃんの動画をみて半年ぶりに笑ったのです。 これからも娘に笑顔を届けてください。 本当にありがとう」というコメントが届きました。 この投稿には、家族全員が喜んだそうです。 「ユーチューブは子どもたちや私たちが撮影を通じて成長する場。 スターになるためや収入を得るためだけじゃない」 「最初から全世界に発信せずに身近な人に限定公開するだけでもいい。 現在80カ国以上で数百万人が動画から収益を得ており、年間10万ドル以上を稼ぐチャンネル数は、昨年7月時点で前年比50%増えている。 ユーチューブでは13歳未満に対し、投稿に必要なアカウントの取得を禁じており、子どもは家族での利用が前提となっている。 「かんあきチャンネル」の動画は主に母親のめぐみさんが撮影する=熊本市内の自宅 撮影は業務用のデジタルビデオカメラを使う=熊本市内の自宅 クオリティの高い動画に仕上げるためには2台の照明が必要だという=熊本市内の自宅 撮影に使う机ではかんなさんとあきらさんが宿題もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」の(左から)、めぐみさん、かんなさん、あきらさん、忠昭さん=熊本市内の自宅 かんなさん(左)の将来の夢はファッションモデル。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは宿題も一緒にする仲良し姉妹だ=熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは専用チャンネルでライブ中継にも出演する=熊本市内の自宅 撮影や編集の技術はほぼ独学という忠昭さん=熊本市内の自宅 めぐみさんは動画の編集、コメントの返信もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」は海外からの視聴者が3割。 いつか交流するのが夢だ=熊本市内の自宅 かんなさん(右)、何のポーズ?=熊本市内の自宅 おすすめ記事(PR)•

次の

2018年最新版!かんなあきらファミリーの年収や名前本名年齢誕生日!かんあき・あさひ・ぎんた

かんあきチャンネル何歳

2018年最新版! かんなあきらあさひぎんたとパパママ「かんなあきらファミリー」の年収や名前本名年齢誕生日は? 学校や家はどこ? ユーチューバー YouTuber 「かんなあきらあさひぎんた」。 子供を中心に大人気で、2018年になっても、いまだにユーチューバートップ10に入っています! そんな、 かんな・あきら・あさひ・ぎんたファミリーの2018年の最新の年収予想を分析・算出しました。 また、 かんな・あきら・あさひ・ぎんたや父親・母親の本名や名前の漢字、年齢、誕生日はいつなのか見ていきましょう。 かんあきが、チャンネルを始めた頃の動画は、 お誕生日系ではじまり、歌を歌ったり、七五三の撮影、 そして、アンパンマンやしまじろう、プリキュア、知育菓子など の動画をメインにアップロードして、人気が爆発しました。 例えば、こんな感じの動画をアップロードしていたりします。 これ、公開から3年もしないうちに、1億回を達成したお化け動画になります。 かんな・あきら +あさひちゃん がアンパンマンの玩具を、実況しながら紹介しています。 【年間・月間再生回数 視聴回数 と収入】かんなあきらあさひぎんたファミリーのユーチューブチャンネル かんなあきらあさひぎんたファミリーのチャンネルは、4つあります。 2018年は、低品質動画への広告配信が減り、広告単価が高まりました。 かんなあきらのように、高品質動画を配信しているチャンネルの ユーチューブの広告単価は特に良くなっています。 3~0. 4程度と推測されます。 企業案件は、ユーチューバーの人気度により、ピンからキリまでありますが、かんなあきらレベルですと、高い案件だと1案件数万円から数百万円、ものによっては1千万円超えの案件もあります。 しかし以前、パパ(父親)の苦い経験から、 【企業から商品をもらって紹介するスポンサー契約を結ばない】 と決めているのだそうです。 (あくまで商品についてはのようです。 池の平ホテルのCMなどはありますよね。 ) 自分たちが選び、思ったこと、素直な意見を自由に言えるようにしていきたいとのこと。 確かにスポンサー契約を結ぶと、悪い点は言えないし、お世辞でも面白かった、美味しかったなどと言わなくてはならないですからね。 そんな動画を見ても、視聴者としてもあまり面白くありませんよね。 看板屋さんの売上は大きく伸びたと思われますが、おそらく看板業よりもはるかに動画収入のほうが多いですよね。 ものすごい金額ですよね!すごすぎます。 さすが日本で10本の指に入る有名ユーチューバーですよね ちなみに、これ位稼いでいる場合、 税金がものすごい額(おそらく3割~半分くらい徴収)になりますので、 実質の手取りは2~4億円程度と思われます。 それでは、次はかんなあきらファミリーの本名や年齢、学校や家・自宅はどこなのか見ていきましょう。 かんなあきらファミリーの本名や子供たちの年齢と誕生日は? かんな・あきらというのは、芸名・ユーチューブネームと思う方もいらっしゃると思いますが、 実は本名とのことです。 子供達の名前の読みは全て3文字。 何か理由や意味があるかもしれませんね。 お父さんの生年月日が誤っており、訂正しました。 誕生日は1974年8月15日、45歳。 熊本県にて看板屋「有限会社 住吉工芸社」を運営。 ユーチューブネームは会社名から取った「kougeisha」。 誕生日・年齢不明。 ブログネーム「ぽてみ」。 ブログやツイッター、動画運営など。 女の子。 女の子。 女の子。 男の子。 かんな・あきら・あさひ・ぎんたの名前の漢字が気になる・・・ この4兄弟姉妹の名前の漢字、気になる方多いのではないでしょうか。 特定は難しそうです。 これまた特定は難しそうです。 少な目ではありますが、特定は難しそうです。 そのまま「銀太」とのことです。 かんなあきらファミリーの出身地や現在の家は?引っ越ししたの? かんなあきらファミリーの出身地は、熊本県です。 つい、2016年4月14日の熊本大震災の時には、かなりゆれて驚いたようです。 車で学校に避難したとのこと。 車の中で、無事を知らせる動画も撮影しアップしています。 家は、新しい新築のようで、家は崩れていませんが、家の中はぐちゃぐちゃ。 ほとんどの食器も割れてしまったりして大変だったようです。 実は、 2017年までに、3回引っ越しして、今の住まいは4か所目なんだとか。 小学校のこともあり、同じ学区への引っ越しなんだとか。 引っ越しの理由は、 子供が生まれたことにより家の部屋が狭くなったから なのだそうです。 かんなあきらファミリーのようにガンガン稼げるユーチューバーは一握り・・・ ユーチューバーって儲かるんだなーって思いますよね。 でも、今は手軽にスマホでユーチューブ動画を撮影してアップすることもできるようになり、 ライバルもかなり多くなっています。 また、ユーチューブ広告自体に大きな変化がありました。 2017年4月に、合計視聴回数が1万回以上でないと収益化プログラムに参加できなくなり、 2018年1月17日頃に、過去12か月間の総視聴時間が4000時間以上、登録者数が1000人以上という条件が発表され、 2018年2月20日にこの基準を達成していない場合は、収益化されなくなりました。 ちょっと稼いでみよう!というお気軽な気持ちで始めることは難しくなったわけなのです。 (以前は文字や写真が流れる簡単な動画や、普通に日常生活をとった動画などでも十分稼げましたが、今は難しいです) 高品質で人気の集まる動画をアップロードしている一握りのチャンネルしか大きく稼ぐことはできなくなってしまったのです。 ある程度経験があり、動画作成や、タイトル付け・説明欄・タグ付け・サムネイル作成などが 慣れていれば、この総視聴時間が4000時間以上、登録者数が1000人以上という条件は 簡単に達成できますが、始めたての方にとっては本当に大変厳しい状況なのです。 私は、どちらでも収入を得ていますが、今から始めるのであれば、ユーチューバーよりも 広告導入審査の楽なブログアフィリエイトをおすすめします。 ユーチュブ広告と違い、少しのアクセスからでも収入を得られるので、やる気が続きます。 もし、ブログアフィリエイトにご興味あれば、メルマガをお読みいただければと思います。

次の

かんなとあきらの家族構成をチェック!!本名や年齢、父と母の職業は?|

かんあきチャンネル何歳

親子ユーチューバーとして国内屈指の影響力を持つアカウントを運営する一家が初めてメディアの取材に応じました。 スポンサーを受けない理由や、親子で動画作りをする意味について聞きました。 かんなさん(10)、あきらさん(8)が主に出演し、2人は「かんあき」などと呼ばれています。 最近ではあさひさん(3)、ぎんた君(1)も登場しています。 このほかにライブ専門チャンネルなど一家で計4チャンネルを持ち、新しい動画が投稿されたときに通知を受け取ることができるチャンネル登録者は計約240万人に達しています。 ファンだったブロガーが紹介したデジタルカメラの部品を買って「よかったですよ」とコメントしたところ、「僕も購入を考えます」との返答。 自分で買って紹介していたと思っていた忠昭さんはショックを受けました。 「子どもたちに同じ思いをさせたくない」と原則スポンサーを受けないことにしました。 あるメーカーのチョコレート味の即席焼きそばをライブ中継で紹介したとき、かんなさんは「焼きそばの味はしないし、スイーツとしても変な味がする」と辛口のコメントをしました。 商品の提供を受けないことは、子どもたちの自由な発言を守ることでもあると忠昭さんは考えています。 視聴者と電話で会話する様子をライブ中継する投稿では、通話を希望する人たちから忠昭さんが無作為に選びました。 選ばれた2人はともに千葉に住む15歳と17歳の女性でした。 「子どもやその親以外の世代にも見てもらえていることがわかり励みになった」と振り返ります。 このライブ中継では、複数のカメラを使いました。 視聴者との会話が始まったとき自分しか映ってないことに気づいたかんなさんは「(あきらさんと2人が映る)メインカメラにかえて」と忠昭さんに要求しました。 「娘は自分の作品だと認識してカメラに向かっている」と忠昭さん。 子どもの動画をめぐっては、意図しない形で公開されてトラブルになったケースも出ています。 もし、かんなさんに将来、「恥ずかしいから動画を消して」と言われたら? 忠昭さんは「隠し撮りした動画を投稿しているわけではない。 内容は子どもがやりたいことを聞いて家族で決めており、カメラを向けた瞬間に娘たちは自分の作品だと思って撮影に臨んでいる。 だからそれはないと思う」と語ります。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 出典: 朝日新聞 成長を感じるときも 撮影の場以外でも娘の成長を感じる瞬間があったといいます。 動画の投稿が始まったころ、かんなさんがはじめて受けたバレエ教室のレッスンでの出来事です。 他の子どもたちは保護者と一緒に教室の真ん中で恥ずかしそうにしていました。 一方かんなさんは「それじゃ、行ってくる」と一人で元気に教室に向かっていったそうです。 「動画制作で物おじしなくなった。 胸がキュンとなりました」と忠昭さんは語ります。 昨年は、親子で動画投稿をしていてよかったと思う時も。 「6歳の娘がいじめに遭ってご飯も睡眠もとれなくなり笑わなくなってしまった」という母親から「今日、かんなちゃんとあきらちゃんの動画をみて半年ぶりに笑ったのです。 これからも娘に笑顔を届けてください。 本当にありがとう」というコメントが届きました。 この投稿には、家族全員が喜んだそうです。 「ユーチューブは子どもたちや私たちが撮影を通じて成長する場。 スターになるためや収入を得るためだけじゃない」 「最初から全世界に発信せずに身近な人に限定公開するだけでもいい。 現在80カ国以上で数百万人が動画から収益を得ており、年間10万ドル以上を稼ぐチャンネル数は、昨年7月時点で前年比50%増えている。 ユーチューブでは13歳未満に対し、投稿に必要なアカウントの取得を禁じており、子どもは家族での利用が前提となっている。 「かんあきチャンネル」の動画は主に母親のめぐみさんが撮影する=熊本市内の自宅 撮影は業務用のデジタルビデオカメラを使う=熊本市内の自宅 クオリティの高い動画に仕上げるためには2台の照明が必要だという=熊本市内の自宅 撮影に使う机ではかんなさんとあきらさんが宿題もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」の(左から)、めぐみさん、かんなさん、あきらさん、忠昭さん=熊本市内の自宅 かんなさん(左)の将来の夢はファッションモデル。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは宿題も一緒にする仲良し姉妹だ=熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは専用チャンネルでライブ中継にも出演する=熊本市内の自宅 撮影や編集の技術はほぼ独学という忠昭さん=熊本市内の自宅 めぐみさんは動画の編集、コメントの返信もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」は海外からの視聴者が3割。 いつか交流するのが夢だ=熊本市内の自宅 かんなさん(右)、何のポーズ?=熊本市内の自宅 おすすめ記事(PR)•

次の