初恋 性 ストックホルム 症候群。 ストックホルム症候群

初恋性ストックホルム症候群

初恋 性 ストックホルム 症候群

防衛機制(防衛)の一種かと。 先ず、通常、性行為は夫婦や恋人という、愛情で結ばれている特定の相手と、互いの合意の上に行われるものです。 それに対して、レイプ(強姦)は、通常、男性側が性欲にのみ動かされ、相手の女性に交際を申し込む事無く、女性側の了承を得る所か、拒絶を無視して、強引に一方的な性欲解消・発散をするものです。 レイプされた女性は、 「恋人でもない男に、無理矢理性行為を強いられ、陵辱を受け、性欲解消の道具として一方的に利用され、女性として人間としての尊厳を踏みにじられ、心身共に蹂躙された犠牲者」 です。 肉体的痛手もですが、精神的痛手も、回復には相当な月日が掛かります。 そこで、かなり珍しい事ですが、「犯人を好きになる」場合が起こり得るのです。 その際の深層心理を単純化して書きますと、 (犯人男性は、Aとします) 「性行為とは、本来夫婦や恋人等『愛し合っている者同士』がするもの」 「だから、私がAを好きになれば、あの時の性行為は『レイプ』ではなくなる」 「私がAを好きになれば、私は『男の性欲によって、一方的に蹂躙され、陵辱をうけた』事にはならない」 「私がAを好きになれば、『女性としての尊厳』が保てる」 ……という様な精神状態になっているのです。 他には、 「性行為は『愛し合っている者同士』でする事。 Aは私の事が好きだから、あんな事をしてしまったのだ」 「Aを好きになり、付き合って、『恋人同士』になれば、最初の事も『恋人との性行為』だった事になる」 等々も。 「意識してAを好きになる」の人もいるかも知れません。 しかし、 「無意識に、Aを好きになる」場合、 「自分が、レイプ被害者である」という事実・精神的苦痛に耐えきれない女性が、如何にすれば「自分は、レイプ被害者ではない」となるか考え続け、それが 「私はAが好きで、私がAにされた事は、『好きな人との性行為』で、ごく一般的な当たり前の事だと、思い込む事」という結論に、「意識下で」達したという事です。 要は、「レイプされた自分の抹殺」の一例です。 精神的苦痛に耐えきれず自殺する事例はよく知られていますが、例えば「覚醒時にレイプされた事実を、完全に忘れる・全く覚えていない(意識下に閉じ込める)」という事例も存在します。 これも「レイプされた自分の抹殺(記憶の抹殺・封印)」の一つと言えます。

次の

私はストックホルム症候群だったのでしょうか。私は過去に見知らぬ男2人...

初恋 性 ストックホルム 症候群

「何度恋愛しても、いつも『ダメ男』ばかり選んでしまってる」「好きになる人が既婚者ばっかり…」 「次こそは」と思いながらも「ダメ恋愛」ばかりになってしまっていませんか? 問題のある男性ばかりを無意識に選んでしまう、極端に年齢の離れた男性ばかりに惹かれる… このような女性は『家庭内ストックホルム症候群』である可能性もあります。 今までのあなたの恋愛がうまくいかなかった理由、その根底には「親との関係」が影響していることもあるんです。 ここでは『家庭内ストックホルム症候群』について、その特徴や深層心理、対策についてご紹介していきましょう。 家庭内ストックホルム症候群とは? 『ストックホルム症候群』とは、強盗やテロ、誘拐等で人質になった人たち(被害者)が犯人に対して徐々に好意的な感情を持ち、後に恩赦や嘆願を行うこともある…という心理を指します。 『ストックホルム』という名前は、1973年にスウェーデンの首都・ストックホルムで起きた銀行強盗事件で人質が犯人と交流を交わし、解放後にも犯人をかばうといった行動を行ったところから付けられました。 加害者に対する同情・共感を被害者側が持つ—これは加害者側に好意的であろうとすることで、自らを護ろうとする防衛本能が影響しているとも考えられています。 『ストックホルム症候群』や誘拐・強盗といった事件を舞台にしたもの。 しかしこれと同じ心理的傾向が、実は家庭内にも起こっています。 父親に問題が見られる、父親から愛されなかった娘達。 幼い頃の彼女たちは、まさに「被害者」そのものです。 本来であれば加害者である父親を嫌って当然なのですが、娘達は深層心理の中で父親に対する同情心・共感・親愛を抱くことになります。 「親に嫌われる(大切にされない)」というのは子供にとって生命の危機的な状況。 「父親を好きでいる(好意的でいようとする)」ことによって、父親から愛され守られようするのですね。 この心理は大人になっても影響を及ぼし、 「父親と同じような問題を抱えた男性」を魅力的であると感じるようになります。 「家庭内ストックホルム症候群」になりやすい人とは? 1 父親・母親の仲が悪い(悪かった)、両親が離婚している 『家庭内ストックホルム症候群』となる女性の父親の多くは、DV、アルコール中毒、ワーカーホリック、女性蔑視等、家庭内において何らかの大きな問題を抱えています。 それらを発端にして夫婦仲は冷え込み、子供は両親がお互いに信頼し、愛し、支え合う姿を見た(記憶した)経験が殆どありません。 特に 「 父親からの無条件での愛情/庇護」の経験がほぼ無く、無意識に不安を感じる幼少期を過ごしてきた傾向を持っています。 2 母親が父親のことを悪く言うのを聞いてきた 母親は子供の中でも同性である「娘」を精神的な味方に付けようとし、父親の悪口を言います。 愚痴や軽蔑の言葉、父親を軽んじる態度など、そのパターンは様々です。 子供(娘)は母親による父親への悪口について、理論的には同調し父親を嫌うこともあります。 しかし深層心理では母親の悪口を「父への攻撃」と受け止め、どこか父親に対して同情することもあるのです。 3 父親に対して過度に冷淡/過度に良い子を演じてきた 『家庭内ストックホルム症候群』の女性は、幼少期以降の父親との関係性が良好なものとなっていません。 極端に物理的・精神的な距離を置いたり、反対に父親に好かれようと過度に良い子を演じることもあります。 「父親から無条件で愛される」という自信が無いために、最初から好かれるのを諦めようとしたり、反対に「好かれていないと不安」と感じて「父親好み」であろうとするのです。 4 成長期以降は父親のことを「嫌いだ」と思っている、無関心である 成長期以降、大人になってからは父親に対して「嫌いだ」「あんな風にはなりたくない」といった感情を持つ傾向にあります。 恋人についても 「父親のようではない男性」を表面的には好みのタイプとして探していくのです。 恋愛では「自分の父では無いような、理想の父性」を探し求めます。 そのため極端に年齢差のある恋愛、不倫といったパターンに陥ってしまうケースも少なくありません。 『家庭内ストックホルム症候群』から脱却するには? 1 父親との関係を冷静に振り返ってみよう 表面的な「嫌いだった」「もう関心が無い」という状態から一歩踏み込んで、父親との関係性を振り返ってみましょう。 あなたが言っている父親の悪口は、もしかしたら「母親のただのマネ」になっていませんか?そして、どこかで「父にも言い分はあったのでは」と、父親を擁護していないでしょうか。 もう一度「子供」としての自分の目線から、父親に対する不満を見なおしてみましょう。 「寂しかった」「きちんとこちらを見て欲しかった」—このような不満を子供が持つのは当然なのです。 「自分は愛されたかったのだし、愛されないことが不満だった」という点を自覚することが、父親との関係性を見直す第一歩となります。 2 「今までの恋愛」「今の恋愛」を見なおしてみよう 『家庭内ストックホルム症候群』の女性が恋人に求めているのは「愛されなかった父親の代用品」です。 そのため「父親のような男は選びたくない」と思いながら、結局父と同じような「問題を持つ男性」に強く惹かれます。 「問題を持つ父親」から愛されることで、幼い頃からの不安や愛情の枯渇を埋めようとしてしまうのです。 今までの男性との恋愛遍歴を書き出してみて「どこが魅力的だったのか」「何を好きだと思ったのか」を振り返ってみましょう。 「何かを埋めようとする恋愛」をしてきたと感じたら—「それは恋愛では埋められないのだ」と考えることが、今後の恋愛を変えるスタート地点となります。 おわりに 親との関係性を振り返り、過去の自分と向き合うことは時に苦しく辛く感じられるかもしれません。 「自分一人で向き合えない」「素直な気持ちで親のことを考えられない」そんな時には一人でその苦しい気持ちを抱え込まず、心の専門家であるカウンセラーの力を頼ってみるのも一つの手です。 連載 cotree• 関連する投稿 ライタープロフィール 恋サプリライター一覧• (3)• (40)• (31)• (12)• (40)• (12)• (49)• (12)• (45)• (10)• (12)• (18)• (226)• (11)• (23)• (22)• (14)• (23)• (101)• (12)• (174)• (25)• (12)• (9)• (15)• (73)• (108)• (64)• (12)• (11)• (12)• (31)• (30)• (39)• (8)• (101)• (10)• (13)• (9)• (30)• (4)• (14)• (7)• (5)• (4).

次の

初恋性ストックホルム症候群

初恋 性 ストックホルム 症候群

精神医学用語の一つ。 誘拐や監禁などにより拘束下にある被害者が、加害者と時間や場所を共有することによって、加害者に好意や共感、さらには信頼や結束の感情まで抱くようになる現象。 1973年、ストックホルムの銀行で2人組の強盗が4人の人質をとって立てこもる事件が発生した。 131時間に及ぶ監禁状況のなかで、人質は次第に犯人らに共感し、犯人にかわって警察に銃を向けるなどの行動をとるようになった。 また、人質のなかには、解放後に犯人をかばう証言を行う者や犯人に恋愛感情を抱く者まで現れた。 この事件をきっかけに、こうした極限状況で起こる一連の心理的な動きと行動が、ストックホルム症候群と名づけられた。 他者に支配された恐怖の感情を背景に、自らの生命を守るためにとる選択的で欺瞞 ぎまん 的な行動と説明されることもある。 これとほぼ対極にあると考えられるのが「リマ症候群」で、人質監禁の加害者が被害者に次第に親近感を抱き、攻撃的態度が共感へと変化していく現象である。 1996年(平成8)にペルーのリマで発生した日本大使公邸占拠・人質事件(ペルー事件)で、人質解放のために特殊部隊が突入した際に、人質監視役の加害者は、被害者との間に芽生えた親近感から人質に向けて発砲できず、特殊部隊に射殺される結果となった。 [編集部].

次の