あさ いち 料理。 おさらいキッチン~テレビで紹介された料理のレシピ・作り方

九州料理&炭火焼き居酒屋 九州いち 北朝霞台店(朝霞/居酒屋)

あさ いち 料理

NHKのあさイチで紹介されていた「 」を参考に、豚バラのスライス肉でしょうが豚を保存食材として多めに作り置き、これを料理素材として応用料理を作ってみました。 NHKと見た目はそっくりさんですが、作り方が違うのがミソ! まず、今回の料理を作るにあたって、NHKの紹介レシピとは少し異なる点があります。 こんなことをしたら肉の旨味がなくなってしまうと、最初は抵抗のある人もきっといるかと思います。 が、この方法は、平山一政氏の長年の研究でたどり着いた、最も食材を美味しく衛生的に保つための手法だと提言されています。 私は、一足飛びにこの書籍に出逢ったわけではなく、最初は、水島シェフの「強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!( )」でした。 これで基本はおさえられたのですが、もう少し方法を分かりやすいレシピで説明があるとイイなあ、と思っていたら、続いて「水島シェフのロジカルクッキング 1ヶ月でプロ級の腕になる31の成功法則( )」が出版され、実はこれで一時落ち着きかけていました。 白状すると、お正月、実家で集まった親戚一同に、まるで私があみ出したかのようなドヤ顔で講習会さながらのクッキングタイムになってしまったのです。 はじめは、皆さんびっくり仰天のようなリアクションでしたが、いざ食べてみると絶賛されていて、信州牛ステーキが際立ったようでもありました。 この経験も手伝って、やはりここできちんと書いておかねばと、そう誰かに後ろから言われた気がしたのです。 そういうわけで、諸氏が提唱されている良い所を損なうことなく、美味しい料理の紹介はできないものかと試行錯誤していました。 今回のNHK紹介のお料理は特に難しいこともなく簡単な作り方ですが、それぞれの手法を使った料理としてイメージしやすいのではなかいかと思い、取り上げてみることにしました。 NHKの作り方は、次のように変更されます。 味付けのコツは、中火かそれ以下で炒め、火から下ろしてから調味料を和え、冷ましながら味を入れるという方法を使います。 具体的には以下に記して行きます。 お湯を用意する方法は、温度計は必須で、温度計でお湯の温度を見ながら水とお湯を混ぜあわせます。 私が使用しているのは。 もっと簡単な方法は、給湯器のコントローラーに付属している温度調節機能で予め50度に設定しておくと便利です。 下処理が終わった肉に酒(大さじ2)をまぶしてしばらく置く間に、野菜蒸しです。 キャベツの蒸し時間は10分で、もやしのほうがやや短いので、時間をずらしてキャベツと同時に蒸しあがるようにします。 蒸しあがったキャベツに軽く塩を振って冷まし、もやしはボールで甘酢をかけて冷まし、味を染み込ませます。 次、しょうが豚の作り方です。 また、合わせ調味料としょうが汁が煮立ったら肉を入れて炒り煮していましたが、肉に味が染み込むのは冷める時なので、これも逆です。 もし、出てくるようなら、それは火が強すぎるのかもしれません。 ですから、水島シェフの炒め方もしません。 ではどうするかというと、 鍋に油を引かずに冷たい鍋に肉を入れ、肉の色が変わったら合わせ調味料 (酒大さじ2,みりん大さじ2) としょうが汁をまわしかけ、調味料で温度が下がった分だけ少し加熱してそのまま冷まします。 豚の脂が十分出るので、油も引きません。 これでしょうが豚の出来上がり。 ここまでが下ごしらえですが、この三品は、冷蔵庫で数日保存できるし、料理別に多用途なので、多めに作りおくと便利です。 次、画像のしょうが豚とキャベツ、甘酢もやし丼の作り方です。 作り方 1) 保存容器から好きなだけしょうが豚と蒸しキャベツ、甘酢もやしを取り出し、温かいご飯に甘酢もやし、キャベツの順に散らす。 (冷たいのが気になるようなら、レンジで少しチン。 ) 2) 冷たい鍋に「しょうが豚」をほぐして入れ、中火で炒りつけ、肉が透き通ってきたら割り下を加えて肉に絡める。 5 割り下の配合 甘酢の配合.

次の

きょうの料理

あさ いち 料理

NHKのあさイチで紹介されていた「 」を参考に、豚バラのスライス肉でしょうが豚を保存食材として多めに作り置き、これを料理素材として応用料理を作ってみました。 NHKと見た目はそっくりさんですが、作り方が違うのがミソ! まず、今回の料理を作るにあたって、NHKの紹介レシピとは少し異なる点があります。 こんなことをしたら肉の旨味がなくなってしまうと、最初は抵抗のある人もきっといるかと思います。 が、この方法は、平山一政氏の長年の研究でたどり着いた、最も食材を美味しく衛生的に保つための手法だと提言されています。 私は、一足飛びにこの書籍に出逢ったわけではなく、最初は、水島シェフの「強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!( )」でした。 これで基本はおさえられたのですが、もう少し方法を分かりやすいレシピで説明があるとイイなあ、と思っていたら、続いて「水島シェフのロジカルクッキング 1ヶ月でプロ級の腕になる31の成功法則( )」が出版され、実はこれで一時落ち着きかけていました。 白状すると、お正月、実家で集まった親戚一同に、まるで私があみ出したかのようなドヤ顔で講習会さながらのクッキングタイムになってしまったのです。 はじめは、皆さんびっくり仰天のようなリアクションでしたが、いざ食べてみると絶賛されていて、信州牛ステーキが際立ったようでもありました。 この経験も手伝って、やはりここできちんと書いておかねばと、そう誰かに後ろから言われた気がしたのです。 そういうわけで、諸氏が提唱されている良い所を損なうことなく、美味しい料理の紹介はできないものかと試行錯誤していました。 今回のNHK紹介のお料理は特に難しいこともなく簡単な作り方ですが、それぞれの手法を使った料理としてイメージしやすいのではなかいかと思い、取り上げてみることにしました。 NHKの作り方は、次のように変更されます。 味付けのコツは、中火かそれ以下で炒め、火から下ろしてから調味料を和え、冷ましながら味を入れるという方法を使います。 具体的には以下に記して行きます。 お湯を用意する方法は、温度計は必須で、温度計でお湯の温度を見ながら水とお湯を混ぜあわせます。 私が使用しているのは。 もっと簡単な方法は、給湯器のコントローラーに付属している温度調節機能で予め50度に設定しておくと便利です。 下処理が終わった肉に酒(大さじ2)をまぶしてしばらく置く間に、野菜蒸しです。 キャベツの蒸し時間は10分で、もやしのほうがやや短いので、時間をずらしてキャベツと同時に蒸しあがるようにします。 蒸しあがったキャベツに軽く塩を振って冷まし、もやしはボールで甘酢をかけて冷まし、味を染み込ませます。 次、しょうが豚の作り方です。 また、合わせ調味料としょうが汁が煮立ったら肉を入れて炒り煮していましたが、肉に味が染み込むのは冷める時なので、これも逆です。 もし、出てくるようなら、それは火が強すぎるのかもしれません。 ですから、水島シェフの炒め方もしません。 ではどうするかというと、 鍋に油を引かずに冷たい鍋に肉を入れ、肉の色が変わったら合わせ調味料 (酒大さじ2,みりん大さじ2) としょうが汁をまわしかけ、調味料で温度が下がった分だけ少し加熱してそのまま冷まします。 豚の脂が十分出るので、油も引きません。 これでしょうが豚の出来上がり。 ここまでが下ごしらえですが、この三品は、冷蔵庫で数日保存できるし、料理別に多用途なので、多めに作りおくと便利です。 次、画像のしょうが豚とキャベツ、甘酢もやし丼の作り方です。 作り方 1) 保存容器から好きなだけしょうが豚と蒸しキャベツ、甘酢もやしを取り出し、温かいご飯に甘酢もやし、キャベツの順に散らす。 (冷たいのが気になるようなら、レンジで少しチン。 ) 2) 冷たい鍋に「しょうが豚」をほぐして入れ、中火で炒りつけ、肉が透き通ってきたら割り下を加えて肉に絡める。 5 割り下の配合 甘酢の配合.

次の

九州料理&炭火焼き居酒屋 九州いち 北朝霞台店(朝霞/居酒屋)

あさ いち 料理

NHKのあさイチで紹介されていた「 」を参考に、豚バラのスライス肉でしょうが豚を保存食材として多めに作り置き、これを料理素材として応用料理を作ってみました。 NHKと見た目はそっくりさんですが、作り方が違うのがミソ! まず、今回の料理を作るにあたって、NHKの紹介レシピとは少し異なる点があります。 こんなことをしたら肉の旨味がなくなってしまうと、最初は抵抗のある人もきっといるかと思います。 が、この方法は、平山一政氏の長年の研究でたどり着いた、最も食材を美味しく衛生的に保つための手法だと提言されています。 私は、一足飛びにこの書籍に出逢ったわけではなく、最初は、水島シェフの「強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!( )」でした。 これで基本はおさえられたのですが、もう少し方法を分かりやすいレシピで説明があるとイイなあ、と思っていたら、続いて「水島シェフのロジカルクッキング 1ヶ月でプロ級の腕になる31の成功法則( )」が出版され、実はこれで一時落ち着きかけていました。 白状すると、お正月、実家で集まった親戚一同に、まるで私があみ出したかのようなドヤ顔で講習会さながらのクッキングタイムになってしまったのです。 はじめは、皆さんびっくり仰天のようなリアクションでしたが、いざ食べてみると絶賛されていて、信州牛ステーキが際立ったようでもありました。 この経験も手伝って、やはりここできちんと書いておかねばと、そう誰かに後ろから言われた気がしたのです。 そういうわけで、諸氏が提唱されている良い所を損なうことなく、美味しい料理の紹介はできないものかと試行錯誤していました。 今回のNHK紹介のお料理は特に難しいこともなく簡単な作り方ですが、それぞれの手法を使った料理としてイメージしやすいのではなかいかと思い、取り上げてみることにしました。 NHKの作り方は、次のように変更されます。 味付けのコツは、中火かそれ以下で炒め、火から下ろしてから調味料を和え、冷ましながら味を入れるという方法を使います。 具体的には以下に記して行きます。 お湯を用意する方法は、温度計は必須で、温度計でお湯の温度を見ながら水とお湯を混ぜあわせます。 私が使用しているのは。 もっと簡単な方法は、給湯器のコントローラーに付属している温度調節機能で予め50度に設定しておくと便利です。 下処理が終わった肉に酒(大さじ2)をまぶしてしばらく置く間に、野菜蒸しです。 キャベツの蒸し時間は10分で、もやしのほうがやや短いので、時間をずらしてキャベツと同時に蒸しあがるようにします。 蒸しあがったキャベツに軽く塩を振って冷まし、もやしはボールで甘酢をかけて冷まし、味を染み込ませます。 次、しょうが豚の作り方です。 また、合わせ調味料としょうが汁が煮立ったら肉を入れて炒り煮していましたが、肉に味が染み込むのは冷める時なので、これも逆です。 もし、出てくるようなら、それは火が強すぎるのかもしれません。 ですから、水島シェフの炒め方もしません。 ではどうするかというと、 鍋に油を引かずに冷たい鍋に肉を入れ、肉の色が変わったら合わせ調味料 (酒大さじ2,みりん大さじ2) としょうが汁をまわしかけ、調味料で温度が下がった分だけ少し加熱してそのまま冷まします。 豚の脂が十分出るので、油も引きません。 これでしょうが豚の出来上がり。 ここまでが下ごしらえですが、この三品は、冷蔵庫で数日保存できるし、料理別に多用途なので、多めに作りおくと便利です。 次、画像のしょうが豚とキャベツ、甘酢もやし丼の作り方です。 作り方 1) 保存容器から好きなだけしょうが豚と蒸しキャベツ、甘酢もやしを取り出し、温かいご飯に甘酢もやし、キャベツの順に散らす。 (冷たいのが気になるようなら、レンジで少しチン。 ) 2) 冷たい鍋に「しょうが豚」をほぐして入れ、中火で炒りつけ、肉が透き通ってきたら割り下を加えて肉に絡める。 5 割り下の配合 甘酢の配合.

次の