スクール セクシャル ハラスメント 事例。 Be FLAT Q&A スクールセクシャルハラスメント

STOP!ザ・スクール・セクハラ

スクール セクシャル ハラスメント 事例

セクハラというと、会社で行われるイメージを持っている方も多いと思いますが、最近は学校でセクハラ被害も増加しています。 教師が教師に対して行うセクハラもありますが、生徒が教師からセクハラ被害を受けるというケースも増えてきているのです。 とくに教師が生徒に行うセクハラは、教師としての立場を悪用して、生徒を暴行・脅迫などの手段をつかい思い通りにコントロールしたい」という、教師の卑劣で身勝手で悪質な行為であり、絶対に許されない行為です。 セクハラ被害に遭った生徒は「これはセクハラではないか」と思っていても、親にも友達にも相談できず、たったひとりで悩みを抱え込んでしまっているケースがほとんどです。 しかしそのセクハラの悩みを解決する方法は、絶対にあります。 助けてくれる人は必ずいます。 絶対にひとりで悩みを抱え込んではいけません。 親や友達に相談しづらいのであれば、弁護士に相談してください。 1 学校でのセクハラは増えている 最近学校でのセクハラは増えてきていて、社会問題になりつつもあります。 先生によるセクハラは、生徒の心を傷つけるだけでなく、その後の成長に大きな影響を与えるものであり、決して許されるものではありません。 しかし学校でセクハラ被害に遭っても「友人に知られたくない」「成績に影響するのではないか」「単位を与えないと言われるのではないか」などの理由で、その被害を周りに相談できないという人が多いのが実情です。 しかし、学校でのセクハラ(スクールセクハラ)は、教師という立場を悪用して、自分勝手な性的な興味関心や、性的な欲望を満たそうとする、卑劣かつ悪質な行為で絶対に許してはいけません。 泣き寝入りをすることなく、勇気を出して声をあげましょう。 ここでは、先生からセクハラ行為を受けた場合の対応策についてご紹介します。 2 先生からのセクハラに多い事例 以下では、先生からのセクハラ事例について紹介します。 」と言って部屋に入り、居合わせた生徒に、「恋人はもういるのか。 」というような質問をする。 しっかりしなさい。 」と言って叱りつける。 先生からセクハラをされたら 先生からのセクハラは、教師としての優越的地位をちらつかせ、断りづらい状況の中で行われているケースがほとんどです。 なかには「成績に影響したくなければ、言うことを聞け」などと脅迫する、卑劣極まりない教師もいるようです。 しかしセクハラの被害は、声をあげて助けを求めれば絶対に解決できる問題です。 教師のセクハラに我慢していたら、いつまでもそのセクハラは続いてしまうかもしれないのです。 1 不快という意志表示をする セクハラの加害者である教師は、あなたが嫌だと感じていることに気付いていなかったり、逆に喜んでいると思い込んでいるかもしれません。 ですから、教師からセクハラ行為を受けた場合には、まずはっきりと「不快に思っている」という拒絶の意思を示すことが大切です。 3 教師、信頼できる友人に話す はっきりと拒絶の意思表示をしても、セクハラ行為は続くこともあります。 その場合には、親や、友達、信頼できる先生に相談してみましょう。 セクハラ被害を恥ずかしいことなどと思う必要は全くありません。 助けてくれる人は必ずいます。 4 弁護士に相談する 弁護士は法律のプロです。 労働問題に詳しい弁護士であれば、学校でセクハラが起こった際の解決方法を熟知しています。 もし親にも友達にも相談できない、と言う場合には、勇気を出して弁護士に相談することもおすすめします。 セクハラの被害者は、加害者や学校に対して慰謝料などの損害賠償請求を行うことができる可能性があります。 泣き寝入りしない!学校のセクハラ被害 学校でセクハラに遭ってしまった場合、「誰にも知られたくない」「恥ずかしい」などと思い込み、なんとかひとりでで解決しようとしてしまう人もいます。 しかし、恥ずかしいのはセクハラを行った加害者です。 被害者が恥ずかしいと思う必要はありませんし、ひとりで解決しようと頑張る必要もないのです。 あなたを助けてくれる人は必ずいます。 ぜひ勇気をだして、弁護士に相談してみてください。 1 証拠が重要 セクハラの裁判で、非常に重要になってくるのが証拠です。 現場を撮影した写真や会話の録音、先生から送られたメールのほか、現場を目撃した第三者がいれば、第三者の供述も有効です。 現場を撮影した写真や会話の録音、先生から送られたメールの他、現場を目撃した友達などの証言があると、交渉しやすくなります。 また、セクハラが原因でうつ病などの精神疾患を発症・発病した場合は、それを証明する診断書も準備しておきましょう。 3 早目に弁護士のアドバイスを受ける 早めに弁護士に相談すれば、どのような証拠をどのような方法で集めればよいのか、アドバイスしてもらうことができます。 「証拠がない」という場合も、すぐに諦めたりする必要はありません。 まったく証拠がなくても交渉できる場合もあります。 4 円満にやめさせることは可能か 「弁護士に相談すると、裁判になるのではないか」「周りに知られることになるのではないか」と考える人もいますが、円満に解決したいなら、むしろ弁護士に相談する方がよいのです。 セクハラの被害を解決する方法は、裁判だけではなりません。 むしろ、セクハラ被害の大部分は、和解、示談などの裁判外で解決しているケースがほとんどなのです。 弁護士なら、相談者の希望をじっくり聞いて、その希望に従った解決方法を提案してくれるはずです。

次の

STOP!ザ・スクール・セクハラ

スクール セクシャル ハラスメント 事例

《京都地判 2006年 4月 27日》 被告 会社及び原告の直属の上司 原告 大手消費者金融会社に勤務する女性 本件は、被告上司が原告に対して、セクハラ(強制参加の食事会で、身体的接触や「単身赴任は寂しいものだよ。 」「家で待っている愛人が欲しい。 」などと言った)、パワハラ(「僕を誹謗中傷しているらしいな。 君の悪い噂がぽっぽっぽっと出てるぞ。 ここにいられなくなるぞ。 」などと原告を追いやる言動を行った。 )を行ったとして、同被告及び被告会社に損害賠償(慰謝料300万円、弁護士費用50万円)、被告会社に未払賃金(休業期間の賃金68万1997円)及びその遅延損害金の請求をした事案である(被告は、事実につき否認している)。 なお、原告は、セクハラ行為があったとされた日以降、体調を悪化させ、その4日後に医院で「心因反応」との診断を受けている。 セクハラ等によって休業した期間の未払い賃金(68万1997円)と遅延損害金、セクハラ及びパワハラによる損害110万円認定(慰謝料100万円、弁護士費用10万円) 一部認容 被告上司が上記セクハラ行為を行い、原告が不快な思いを募らせていたこと、及び病状の経過からパワハラの事実があったと認められる。 セクハラについて セクハラ裁判では、セクハラの言動の事実を証拠で立証できるかが重要となる場合が多いです。 また、セクハラ裁判の場合、セクハラ行為を直接証明してくれる証拠(直接証拠)がない場合が多いので、間接的にそれを証明してくれる証拠(間接証拠)をどれだけ集めることができるかがポイントとなります。 本判決は、どのような証拠を収集する必要があるかについて参考になると思います。 例えば、セクハラ行為者が同様の行為をしたという証言があれば有力な証拠になりうるだろう、などです。 パワハラについて 被告上司は、食事会であえて原告と隣の者の間に割り込み、原告の体と触れ合う状況になったこと、被告上司が隣に座っていた際で、原告が食事会の途中で席を立っていること、当時会社内で被告上司の食事会でのセクハラが話題となっていたことがあり、女性の間で注意が喚起されていたこと、現に別の食事会で原告と別の女性従業員に対して同様の事実があったことから、原告主張に沿う事実があったことが認められる。

次の

スクールハラスメントとは?事例と対応策とは?署名活動について

スクール セクシャル ハラスメント 事例

スクールハラスメントが問題となった背景 スクールハラスメントが問題となった背景として、ニュースなどで取り上げられる機会が増加したことが要因といえます。 例えば、生徒に対するセクハラが原因で懲戒免職になった中学校教師の数が、1999年には3人であったと報告されています。 それが、なんと2012年には199人にまで増加してしまいました。 結果、10年ほどで、スクールハラスメントを犯した中学校教師の数が、およそ40倍になってしまったという計算になります。 これは、ニュースなどで取り上げられることが増加したことによって、その現状を学校や教育委員会が真摯に受け止め、詳しい調査を行うようになった結果、次々とその実態が明らかになったことが原因として考えられます。 つまり、学校や教育委員会が学校現場で起こっている問題を問題として見ていなかったため、発覚が遅くなっただけに過ぎず、ハラスメント行為は数多く存在していたと考えるのが自然といえるでしょう。 スクールハラスメントの例 ここでは、スクールハラスメントの例をハラスメント別にまとめてご紹介します。 セクハラの例• 容姿や身体的特徴をからかう、卑猥な冗談を言う• 身体を執拗に眺める、または業務や指導に関係のないボディタッチをする• 食事やデートの誘いを電話やメールで執拗に行う• 「異性関係がだらしない」などの性的な噂を流す セクハラの例として、男性から女性への例を挙げましたが、これは女性から男性の場合においても同じことがいえます。 スクールハラスメントの被害報告の中でも最も多く、世に知られているのが 「性的嫌がらせ」であるセクハラ被害となっています。 教師から生徒へのセクハラ行為が起こる原因として、 どうやら生徒が教師に対して抱いている敬愛や信頼を「一人の異性としての自分」に向けられていると勘違いし、恋愛感情を抱き始めることが大きく関係しているようです。 生徒からの教師に対する敬愛や信頼は、昔から存在するものであるのに、恋愛感情として受け取ってしまうほどに、教師自身の自己肯定感の低さがうかがえるのかもしれませんね。 セクハラの定義などの詳細に関しては、下記の記事をご覧ください。 パワハラの例• 大声で怒鳴ったり、周囲の物を殴ったり、投げたり、叩いたりする• 指導上または教育上、必要のないことを行うように強要する• 特定の生徒を攻撃することで、周囲に圧力をかけ、言うことを聞かせる• 期間内に終わらない業務を押し付けて、できなかったことを執拗に責める パワハラが行われる場所として多く報告されているのが、部活動ですよね。 特に、スポーツなどのように試合での勝敗により、大会の出場決定権が決まる部活動に多く起こりがちです。 中には、生徒たちに試合に勝ってもらって、大会で良い成績を残してもらうために、良かれと思って強く言いすぎてしまう場合や、高圧的な態度や行動につながってしまう場合も少なくありません。 悪気なく、むしろ良くしようと思ってした言動や行動がパワハラという嫌がらせ行為だと解釈されてしまうのはとても悲しいですよね。 普段から、自身の言動や行動が、相手にどんな印象を与えるのか考えて行うように意識することが、パワハラ被害をなくす第一歩かもしれませんね。 パワハラの定義などの詳細に関しては、下記の記事をご覧ください。 モラハラの例• 「お前なんか何をやっても無駄だ」などの人格を否定するようなことを言う• 特定の生徒に対して、必要な教育や指導を行わない(無視をする)• 好き嫌いによって、意図的に生徒の学習法や成績評価を変える• 特定の生徒が仲間外れになるように悪い噂を流す、洗脳する 相手の人格を否定したり、自身の趣向によって学習方法や指導法を変えることは、教師として行ってはいけない行為ですが、これは教師だけではなく、人として行ってはいけない行為だと思います。 自分の思い通りにならないからといって、自分の思い通りに周囲を動かすために、常識の範囲を超えた倫理に反する行動はしないようにしてほしいですね。 モラハラの定義などの詳細に関しては、下記の記事をご覧ください。 対象者は様々、下記の場合もスクールハラスメントになります 生徒から教師に対する嫌がらせ 生徒が一人の教師に対して、クラスや学年単位で無視をしたり、悪い噂を流したり、過度に不評を言うなど、集団で責め立てることも立派なスクールハラスメントに該当します。 最近では、生徒から教師に対する嫌がらせも数多く報告されるようになり、ハラスメントは大人から子どもに対してだけ行われることではなくなってきているのも事実です。 本来であれば、教育者として指導する立場であるはずの教師が、指導される立場である生徒からハラスメントの被害を被ることを考えれば、ハラスメントが起こってしまう現場の背景では、やはり学校の環境や指導方法等が大きく影響していると考えられます。 保護者から教師に対する嫌がらせ 義務教育の現場である小学校や中学校では特によく見られることですが、 保護者が学校側に対して、本来であれば問題のないことに対して過剰に反応したり、過度な要求を行うなどの行為も立派な嫌がらせであり、スクールハラスメントに該当します。 最近では、共働き世代が増えたこともあり、母親が子育てに十分な時間をかけることができなくなっているため、自分達ができないことを学校でやってもらおうと考える保護者が増えてきたように思います。 しかし、学校はあくまでも学問や道徳を身に付ける場所であり、家庭内で行う教育を補填する場所ではないことを改めて理解してもらいたいですね。 スクールハラスメントの対処法 ここでは、スクールハラスメントの加害者とならないために、効果的な対処法についてご紹介します。 過剰に反応せず、冷静に対応するよう意識する 大声で怒鳴ったり、叱責すること、または周囲の物を殴ったり、投げたり、叩いたりする行為はパワハラに該当します。 上記のような言動、行動が起こるのは、1つのことに対して過剰に反応してしまうことが原因であるため、過剰に反応しないように意識することが重要です。 感情が揺さぶられてもそれを当人にぶつけるのではなく、あくまでも冷静に対応することを常に意識するように心がけるだけで、パワハラを未然に防ぐことができます。 また、 自身の発言にどのような返答が返ってくるのかを事前に予測すること、どのような態度や口調で伝えるのが良いのか、どのような伝え方をしたら相手に正しく伝わるのかを考えてから伝えるようにすることを心がけるようにすると、冷静に対応できるようになります。 指導上または教育上、不必要なことはしない(言わない、行動しない) セクハラ、パワハラ、モラハラなどのハラスメント行為は、どれも指導上または教育上では不必要なことであるといえます。 それらの不適切な行為を行わないよう、教師として、教育を行う立場の人間として、常に正しい言動と行動を意識することが重要です。 また、生徒が不適切な行為をしてしまった場合には、間違った行動や認識を指摘し、正しい道に導いてあげることも欠かさず行うことが重要です。 不当な指導方法の変更や成績評価をしない 教師として当然してはいけないことですが、教師個人の好き嫌いによって、生徒への接し方や学習・指導方法を変えたり、成績評価を変えることは決して許されることではありません。 ただし、自閉症やアスペルガーなどの障がいや、その他に配慮すべき生徒に対しての適切な学習・指導方法の変更については除きます。 あくまでも教育上、不適切な対応だと判断される場合に限りますので、教師として、教育を行う立場の人間として考えた時に、当たり前のことを当たり前に行うことが一番大切ですね。 教師と生徒という立場を改めて理解する 上記に挙げたことと重複しますが、 教師と生徒という関係性を改めて理解し、教育を行う立場の人間として、生徒を正しい道に導くことが重要です。 あくまでも、大人と子ども、社会的立場として上下関係が必然的にできてしまっているだけであって、教師と生徒は決して主従関係などではありません。 そのため、生徒を見下したり、生徒を奴隷のようにこき使ったりすることも、不適切な行為であり、そういった認識をすること自体も間違っています。 ここを都合よく解釈するために、セクハラやパワハラ、モラハラなどの言動や行動に繋がると考えられるので、今一度しっかりと立場を理解しておくことが重要です。 スクールハラスメントの解決策 ここでは、スクールハラスメントの解決策についてご紹介します。 署名活動を行い、訴える スクールハラスメントの解決策として、自分の意志や考えを主張するために署名活動を行い、味方をつけた上で抗議するという方法があります。 教師の暴言を浴びせられたことで精神的な苦痛を受け、不登校となった経験を持つ大学生が7月17日、行政機関に対して教師によるハラスメント行為(スクールハラスメント)の相談窓口設置を求める署名活動を開始した。 署名活動の開始に先立ち、16日に文科省で記者会見した早稲田大学2年生の佐藤悠司さんは、かつて教師から受けた暴言が原因で不登校になっただけでなく、学校側はその事実を隠蔽(いんぺい)していると訴えた。 佐藤さんは中学2年生のときに通っていた東京都内の私立中高一貫校で、風邪をひいて学校を休んでいただけなのにもかかわらず、担任教師から執拗(しつよう)に電話で登校を促された。 その不信感から、その担任が顧問の美術部から退部する意向を告げたが、担任から「お前は離婚家庭の子供だからだめなんだ」と罵倒され、精神的なショックを受けて学校に行けなくなった。 その後、学校側からは出席日数が足りないことを理由に、複数回にわたり転校を勧告された。 佐藤さんや保護者が抗議すると、教師の暴言によって不登校になった事情が学校内で共有されていなかったことが発覚。 佐藤さんによると、校長は経緯の公表や再発防止に向けた対策を拒んだという。 佐藤さんは「いじめの相談窓口はあるが、教師によるハラスメントは想定していない。 現状では、ハラスメントを受けた子供は泣き寝入りするだけだ。 特に私立校は独立性が高く、外部から介入しにくい。 実効性のある機関が必要だ」と訴えた。 (教育新聞) 上記の記事は、過去にハラスメント被害を受けたことにより、教師によるハラスメント行為の相談窓口設置を求めるために、署名活動を行った事例です。 また、今回の署名活動により、ネット署名サイトの「Change. org」に専用ページを開設し、7月17日~8月17日の1カ月間で 8939人もの賛同者による署名が集まりました。 その後の動きについては記載されていませんが、学校でのハラスメント行為が黙認されず、学校側がしっかりと被害者の立場に立った対応を行うことが当たり前になるように、佐藤さんは一生をかけて訴えかけていくのだろうなと思います。 学外の相談窓口を利用する 都道府県の教育委員会に設置されている電話相談や相談窓口を利用し、 学校現場で起こっているハラスメント行為の実態を伝えることも重要です。 学校側に直接訴えるよりも、教育委員会にハラスメント被害の現状を訴え、具体的な対応や対策を求める方が、真摯に対応してくれる可能性が高くなります。 また、学校側にではなく、個人としてはどのように対処すれば良いのか、対応面や精神面のケアのために相談を行う場合は、 都道府県の保健センターやサポートセンターを利用するのも一つの手段といえます。 スクールハラスメントを防止するためには スクールハラスメントは、セクハラ・パワハラ・モラハラなどの嫌がらせ行為のすべてを含むハラスメントであるため、これらをすべてなくそうとするのは不可能に近いかもしれません。 しかし、ハラスメント行為が引き起こされないように、あるいは、すでに起こっているハラスメント行為を少なくするためにも、学校側も防止策を講じるべきですし、学校側だけではなく生徒、保護者もハラスメントの加害者となりうることを意識して防止するよう努めることが重要です。

次の