夏目 アラタ の 結婚 最新 話。 『夏目アラタの結婚』全話ネタバレまとめ。最新話まで随時更新中です。

夏目アラタの結婚23話ネタバレ!真珠が本当に待っていたのはアラタではなく、誰?

夏目 アラタ の 結婚 最新 話

当記事の目次一覧• 【夏目アラタの結婚:21話】最新話ネタバレ 桃山から本当に結婚したことを指摘されたアラタですが、ぶっちゃけ何も嬉しくありません。 だって、相手はあの真珠だし。 一刻も早く情報だけを聞きだしたら、真珠とは離婚してしまいたいのが本音です。 そのために、今日は新婚ということを理由にして、真珠に会いに行き、情報を聞き出そうとしたことを桃山に伝えます。 真珠はアラタから事件について思い出したか問われた際、なんと思い出したことがあると告げたんです。 この情報を得たアラタは食い入るように真珠に迫りますが、彼女からは控訴審で話すとだけ言われ、煙に巻かれてしまいました。 つまり、言い方を変えたら、真珠から控訴審に来てねっていう話なんです。 アラタからしたら、なんでつまらない控訴審に行かなきゃいけないのかとも思うのですが、情報が情報なので行かなきゃいけない。 1人で百面相するアラタに対し、桃山は遠い目をしつつ励まし、そして行くことを促すのでした。 アラタは裁判所に来て並ぶことに 霞が関駅を降りた後、アラタがやってきたのは裁判所。 すんなり入れるだろうと思っていたアラタでしたが、整理券を配布するほどの人気な上、さらに入れるかは抽選次第。 ですが、持ち前の運の良さからアラタはしっかりと裁判の傍聴席に当選。 よっしゃ、ラッキーと思ったら、全く顔も覚えていない人から声を掛けられます。 彼からどこで会ったか説明された時、やっとアラタは誰かを思い出しました。 藤田と名乗る男と共に傍聴席へと入っていくアラタは、内心で藤田に対して真珠との結婚がバレたらめんどくさいことになりそうだと考えます。 藤田曰く、見どころは法廷ファッション 何度も足を通っている人間らしい話として、被告人のファッションは注目すべき部分だと、アラタは藤田から教わります。 藤田はどのようなファッションで真珠が入ってきてくれるかワクワクしていました。 一方、アラタは流し聞きしつつ、法廷に入ってくる真珠と前宮を待ちます。 先に入ってきた前宮と視線が合い、もうそろそろ真珠が入ってくると感じました。 もちろん、傍聴席にいる人々も真珠をひと目見ようと思ってここに来ています。 だからこそ、彼女の姿形はどんなものか。 ひどい姿なのか、それとも美しい姿なのか、可愛らしい姿なのか、老婆なのか、太って、痩せて・・・などなど様々な考えを巡らせます。 法廷に現れた真珠の姿 化け物。 それが全員の望んでいた真珠の姿。 しかし、目の前に現れたのは、無垢な少女をイメージさせる清楚なワンピースに身を包んだ真珠。 これには傍聴席にいる人々も目を丸くします。 裁判官が開廷を告げ、真珠に名前を尋ねます。 真珠はアラタを一瞬だけ振り返ったあと、旧姓は品川であることを名乗り、結婚して解明したことを告げました。 こうして『夏目』真珠の弁明が始まりを告げるのでした。 【夏目アラタの結婚】の最新刊の続きや最新話を今すぐ無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【ビッグコミックスペリオール最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 U-NEXTなら解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 アラタ、美人なお嫁さんをもらってうらやましいなぁ!! いや、実際は羨ましいは思えないけど・・・。 さて、これから真珠は法廷で何を語り始めるのでしょうか。 アラタに告げていた「思い出したこと」というのは、一体なんなのか。 さらに真珠はこのまま法廷で裁かれ、自分の判決を粛々と受け止めていくのか。 というか、何か前宮がニコッとしていたので、隠し玉を持っているのではないか。 たくさんのことが一気に描かれていくと思われるので、ますます次回のお話が楽しみで仕方ありません。

次の

夏目アラタの結婚【最新話】19話ネタバレ!真珠の予想外の態度に調子が狂う!│シロカミエンタ

夏目 アラタ の 結婚 最新 話

漫画夏目アラタの結婚の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。 ちなみに23話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これから夏目アラタの結婚 のネタバレを含む内容をご紹介します。 もし文章のネタバレではなく絵付きで夏目アラタの結婚【第24話】 が読みたい!ということであれば U-NEXTで今すぐにビッグコミックスペリオールの2020年14号が無料で読めますよ。 夏目アラタの結婚【第24話】のネタバレ 前回のあらすじ 傍聴を終えた夏目アラタは、藤田に勘付かれたことを受けてある程度の情報を明かし、傍聴席確保のために仲間へ引き込む。 同じころ、宮前は品川真珠へ第一審で黙秘した理由を尋ねていた。 しかも真珠は前の弁護士へ「死刑覚悟ですぐにでも起訴されたい」と語ってもいた。 【殺人の動機を調べる夏目アラタ】 真珠の控訴審を見たアラタだが、真珠が犯人という考えは変わらない。 そこで未だ 不明な殺人の動機を知るために真珠が入っていた養護施設を訪れて、当時の様子を尋ねる。 園長の平井は、 他の児童にいじめられていたと明かす。 幼いころのアラタは、いじめる子を見下しつつ、いじめられる子も見下していた。 幼いアラタは 闘えない子も居るとは考えもしなかった。 だが、今は違い、仮に真珠が闘いたいと願った結果が事件へと繋がったのであれば 「赦してしまうかも」と思うのだった。 【真犯人は品川真珠の父親か】 真珠の過去を語った平井園長は、もう一点、 歌が上手かったと話す。 園の球技大会で熱を出して園に残った真珠の様子を身に戻った際、真珠が上手に 「赤とんぼ」を歌っているのを聞いた。 一方で真珠へ面会に訪れたのは母親のみであり、真珠が誰かを待っていたそぶりはなかったとのこと。 同時刻、宮前は桃山香と会っていた。 宮前は、死刑覚悟で起訴を望んだ真珠が、 誰かを庇っていると推測。 同時に その相手を父親だと思う。 自身の推理を語った宮前は、 桃へもう一度真珠と会って聞き出して欲しいと頼むのだった。 漫画夏目アラタの結婚の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。 U-NEXTを使えばビッグコミックスペリオール2020年14号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回の夏目アラタの結婚の最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! >>夏目アラタの結婚を無料で読める詳しい解説はこちら 夏目アラタの結婚【第24話】の感想と考察 実の母親から育児放棄され、養護施設でもいじめられる日々を過ごした真珠の幼少期。 幼い真珠は何を思いながら生きていたのでしょうか。 そこに事件の動機が隠されているように感じます。 一方で宮前の推理ですが、現所では何とも言えませんが可能性はあると思います。 果たして真珠の父親が真犯人、もしくは動機に繋がるのか、次回も楽しみです! 次回の夏目アラタの結婚【第25話】掲載のビッグコミックスペリオール発売日は7月10日になります! まとめ 以上、夏目アラタの結婚【第24話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

夏目アラタの結婚23話ネタバレ!真珠が本当に待っていたのはアラタではなく、誰?

夏目 アラタ の 結婚 最新 話

夏目アラタの結婚21話ネタバレ「バケモノが」 本当に結婚したんだね、と嘆く桃。 アラタは「妬いてるの?」と聞きますが、先をこされて悔しいと桃は言います。 事情は知っているものの、桃にとってはアラタが先に結婚を経験することで焦りを感じてしまっている様子。 するとアラタが、焦っているのはこっちだと言いました。 なぜなら、これからアラタの稼ぎは夫婦の共有財産になるから。 早く事件の情報を聞き出してわかれたい、でもアラタは踏みとどまっているような言い方をします。 桃がそれについて聞くと、アラタは籍まで入れたのだから褒美に事件の真相を話してくれるだろうと思って面会に行ったことを話しました。 新婚だね、と面会で話しかけるアラタ。 事件についてまた思い出したことはないか、夢を見ることはないかと聞いてみると、真珠は「見た」と言います。 しかし、それは控訴審で話すと真珠は言いました。 何度も話すのは面倒、だから控訴審で話すから見にきてねと笑顔を向けていた真珠。 アラタは平日の控訴審を、休みをとっていくつもりです。 すると桃は懐かしむような顔をして、自分もパール(真珠)に会いに行こうかなと呟きました。 桃は絶対に近づいちゃダメ!と全力で止めるアラタ。 そして控訴審の日。 アラタは裁判所まで来ました。 気づくと裁判所の前まで人が並んでいます。 もらった整理券の番号は389番。 まさかこの人数で抽選をするのかと焦ります。 真珠と結婚したとはいえ、被告人の親族だからといって特別扱いされるわけではありません。 裁判は人数次第で抽選となるのでした。 当選者は68人。 アラタはなんとか当選することができました。 すると、夏目さん?と声をかけられます。 声をかけてきたのは東京拘置所のロビーで会った、死刑囚アイテムをコレクションしているという藤田でした。 あ!と思い出したアラタ。 藤田は、自分も当選したと嬉しそうに話し出します。 やはりアラタは真珠の知り合いだったのかと言われ、アラタは思わず「まさか」と答えてしまいました。 自分が真珠と結婚したといえば、藤田には付き纏われてしまうだろう。 そう判断したアラタは、藤田から話を聞いて自分も興味を持ったということにしていました。 結局藤田の隣に座ることになったアラタ。 藤田はアラタにどんどん話しかけてきます。 藤田は、法定ファッションも見どころだと言います。 法定に上がる人間はほとんどはスーツや適当な格好。 しかし中には気合が入った服を着て主張してくる人間もいると言います。 派手な服は着れないものの、女性だと胸元を強調することもあると藤田は身振り手振りが大きくなりました。 パジャマで出てきた女性もいるという藤田。 しかし真珠には期待していない様子。 なぜなら真珠は一審の時は薄汚いスウェットで髪もバサバサだったからです。 どこまで汚くなるだろうかという方にむしろ興味があるという藤田。 それは周りの死刑囚コレクターも同じ気持ちだったようです。 すると弁護人が入ってきました。 弁護人は宮前。 アラタを見つめます。 真珠のことを地味ブスと言い、出てくるのを楽しみにしていました。 歯抜けのバケモノが来た! 藤田たちがそう思った瞬間、真珠を見て驚きます。 目の前に現れた真珠は、女性らしいワンピースを着て髪の毛も丁寧に整えていました。 思わず「かわいい」と口走ってしまった人間もいるほどでした。 そして開廷。 名前を聞かれた真珠は、一瞬後ろを振り向きアラタと目を合わせました。 そして正面を向くと、自分の名前は旧姓は品川で、先月結婚して今は「夏目真珠」だと答えるのでした。 真珠が先月結婚。 真珠の発言を聞いた傍聴席の人間は、ざわつくのでした。

次の