かいがく。 【鬼滅の刃】かいがくの漢字の変換方法は?名前の意味もズルかった

鬼滅の刃で我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)が因縁の相手となったのはなぜ?|鬼滅の刃.info

かいがく

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】獪岳 かいがく は上弦の陸になぜなれた? 冒頭でも書いた通り、獪岳は上弦の陸として善逸の前に現れました。 他にも鬼はたくさんいたんでしょうが、なぜ獪岳だけ一気に上弦の鬼として出世できたんでしょうか? ここでは 新参者の獪岳が上弦の陸になぜなれたのかについて考えていきます! 呼吸で強さにブーストをかけられる 獪岳は元々鬼殺隊の1人で呼吸が使えます。 鬼になると超人的な身体能力や怪力を手にしますが、それが呼吸で飛躍的に向上するとなると当然強さも爆発的に上がります。 普通の鬼は当然ながら呼吸は使いませんから、 呼吸で強さにブーストをかけた獪岳が他の鬼をごぼう抜きして上弦の陸になった可能性は高いです。 呼吸が使える鬼が強いことは、上弦の壱である黒死牟を見れば明らかですからね~。 ただ、流石に上弦の伍だった「玉壺の後釜までの実力はない」と判断されて、上弦の陸止まりだったのかもしれません。 ちなみに、玉壺が生きているから獪岳が上弦の伍になれなかったという声もネットでは見かけました。 猗窩座と童磨の力関係からみても、人を沢山喰った方が鬼としてのパワーアップは早いみたいです。 それを踏まえると、獪岳も短期間で相当な人数を喰った可能性が非常に高そう。 鼓の鬼の響凱なんかは、人を食う許容量が限界になり十二鬼月から失墜しましたが、獪岳は沢山喰える体質というか素質があったのかもしれませんね。 もしかして獪岳は鬼に向いている存在だったのかもしれません。 関連: 関連: 鬼舞辻無惨に気に入られていた? 獪岳は鬼になって間もないですが、 鬼舞辻無惨に気に入られて上弦の鬼になった可能性も考えられます。 鬼舞辻無惨が気にいる鬼の特徴は、鬼滅の刃の公式ファンブックにて大体判明しており、 ・可哀想な境遇 ・貪欲な性格 ・忠実で真面目 というものが、鬼舞辻無惨のお気に入りに該当します。 とくに人間臭く努力を怠らない鬼が好きなようで、その特徴は獪岳に当てはまっていますよね。 獪岳はお寺に居たときからクズっぽい行動をしていますが、それがある意味人間臭さを醸し出しています。 また人を沢山喰ったりという努力も怠らないことから、鬼舞辻無惨に評価されて一気に上弦の陸まで昇進したのかもしれません。 そう言えば、善逸も嫌いとは言いながら、獪岳が努力の人だと評価していましたよね。 ちなみに、努力や貪欲さが少なかった下弦の鬼は、鬼舞辻無惨の手によって解体させられています。 関連: 関連: 関連: 【鬼滅の刃】獪岳 かいがく が鬼になった理由 上弦の陸になれたのは獪岳の努力もあったのでしょうが、逆になぜその努力を鬼殺隊で発揮してくれなかったのでしょうか? ここまでの努力家なら柱までに届かなくとも、かなり戦力になれたはずです。 ここではそんな 獪岳が鬼になった理由について考えていきます。 命が惜しかった 鬼舞辻無惨のように「生」への執着が強い獪岳は、 鬼になってでも生き延びたかった可能性はとても高いです。 獪岳の「生」への執着は、原作漫画の描写を見てもわかりますよね。 この行動がファンの間ではクズと評されていますが、現実の人間にかなり近い行動のような気もします。 強さがほしかった 獪岳は黒死牟や猗窩座と同じく 強さがほしくて鬼になったとも考えられます。 ただ、獪岳が強くなりたかったのは何かを守るためや武を極めるためというよりも、「誰かに認めてほしい」という欲求からくるものです。 それを考えると、強さが欲しくてというよりは「承認欲求を満たすため」というほうが合っていますね。 承認欲求のオバケである獪岳は鬼になりパワーアップすることで、鬼殺隊で満たされなかった承認欲求を埋めたかったのかもしれません。 師範や善逸への復讐? 獪岳が鬼になった理由は、 「自分の努力を認めてくれなかった師範」や「見下していた善逸が評価されたこと」への 怒りや復讐もありえそうです。 師範も善逸も獪岳をしっかり評価はしていたんでしょうが、承認欲求のオバケである獪岳はさらに最高級の評価が欲しかったのかもしれませんね。 獪岳は「2人に不当な評価を受けた」と被害者意識を持っていたことは原作漫画の描写を見てもわかります。 で、その妄想が逆恨みという形になり、獪岳が鬼になった理由の1つになった可能性は十分に考えられますね。 関連: 【鬼滅の刃】獪岳 かいがく が上弦の陸や鬼になった理由まとめ 「呼吸が使えて強いこと」「人を喰って強くなったこと」などで、他の鬼よりも 強さが突出していたことで獪岳は上弦の陸になれた可能性は高そうです。 また、努力家で人間臭いところが鬼舞辻無惨に評価されて出世に至った可能性もありますよね。 そもそも鬼になった理由に関しては「自分の命を守るため」というのは大前提としてあります。 しかし、それ以外で言えば「自分の承認欲求を満たしたかったから」というのが原作漫画からもみてとれます。

次の

鬼滅の刃考察|獪岳(かいがく)は善逸の兄弟子!!じいちゃんを食べて上弦の陸となった!?

かいがく

産屋敷輝利哉 父である耀哉の死によって新たな 当主となった輝利哉。 父、母、そして姉達の死を 悲しんでいる暇はありません。 無限城に取り込まれ圧倒的不利な 状況に置かれている鬼殺隊を 救うべく奔走しています。 残された2人の妹と無限城の形状を 把握しそれぞれの隊員の位置も 正確に把握しようとしています。 輝利哉は齢八歳です。 八歳にして産屋敷家当主としての重圧を 背負いながら冷静にここまでの仕事が できるということで輝利哉からも ただ者ではないオーラを感じます。 鬼側は鳴女の能力によって 全ての鬼殺隊の位置を 把握していると考えられます。 鬼殺隊側も愈史郎の目と烏を 組み合わせることで鳴女の能力に 対抗するできるようになったと 言うことができるでしょう。 そして珠世と共に愈史郎も鬼殺隊に 協力していることが分かりました。 鬼殺隊側も総力戦と言えそうです。 それは獪岳が鬼になったことで 2人の師範であるじいちゃんが 切腹してしまったからでした。 雷の呼吸の後継から鬼を出して しまったことにじいちゃんは 責任を感じていたようです。 かつて修行から逃げ出そうとする 善逸を根気強く指導してくれた じいちゃんを善逸はとても 慕っていました。 そのじいちゃんが苦しんで死ぬことに なったきっかけを作った獪岳に 善逸は激しい怒りを感じています。 しかし獪岳はかつての師範が自らが原因で 死んだことを何とも思っていないようです。 獪岳は当然自らが雷の呼吸の 後継になると考えていたようです。 しかしじいちゃんは獪岳と善逸を共同で 後継とし獪岳はそれを快く思っていないようです。 善逸は一の型しか使えませんが 獪岳は一の型だけ使えません。 じいちゃんは二人で雷の型が 完全なものになると考えたのでしょう。 しかし獪岳は自らが認められていない と感じていたようです。 かつての兄弟子である獪岳は善逸にとって 手強い相手となることが予想されました。 しかし勝負は一瞬でつく可能性があります。 攻撃を仕掛けた善逸を獪岳は 目で追うことができていません。 そしてこれまでとは動きが別人で あると感じています。 岩柱の元で修行中にじいちゃんが 自決したことを聞いた善逸は そこから人が変わったように 自分を追い込んできました。 その成果がこの戦いに表われ 善逸が獪岳を瞬殺すると予想しています。 そして始まった善逸と獪岳の対決。 善逸と獪岳の実力差は圧倒的なようです。 このまま善逸が獪岳を瞬殺して しまうのでしょうか? それとも獪岳が鬼となってパワーアップ した力を見せつけるのでしょうか? それでは145話楽しみにしています。

次の

鬼滅の刃考察|獪岳(かいがく)は善逸の兄弟子!!じいちゃんを食べて上弦の陸となった!?

かいがく

産屋敷輝利哉 父である耀哉の死によって新たな 当主となった輝利哉。 父、母、そして姉達の死を 悲しんでいる暇はありません。 無限城に取り込まれ圧倒的不利な 状況に置かれている鬼殺隊を 救うべく奔走しています。 残された2人の妹と無限城の形状を 把握しそれぞれの隊員の位置も 正確に把握しようとしています。 輝利哉は齢八歳です。 八歳にして産屋敷家当主としての重圧を 背負いながら冷静にここまでの仕事が できるということで輝利哉からも ただ者ではないオーラを感じます。 鬼側は鳴女の能力によって 全ての鬼殺隊の位置を 把握していると考えられます。 鬼殺隊側も愈史郎の目と烏を 組み合わせることで鳴女の能力に 対抗するできるようになったと 言うことができるでしょう。 そして珠世と共に愈史郎も鬼殺隊に 協力していることが分かりました。 鬼殺隊側も総力戦と言えそうです。 それは獪岳が鬼になったことで 2人の師範であるじいちゃんが 切腹してしまったからでした。 雷の呼吸の後継から鬼を出して しまったことにじいちゃんは 責任を感じていたようです。 かつて修行から逃げ出そうとする 善逸を根気強く指導してくれた じいちゃんを善逸はとても 慕っていました。 そのじいちゃんが苦しんで死ぬことに なったきっかけを作った獪岳に 善逸は激しい怒りを感じています。 しかし獪岳はかつての師範が自らが原因で 死んだことを何とも思っていないようです。 獪岳は当然自らが雷の呼吸の 後継になると考えていたようです。 しかしじいちゃんは獪岳と善逸を共同で 後継とし獪岳はそれを快く思っていないようです。 善逸は一の型しか使えませんが 獪岳は一の型だけ使えません。 じいちゃんは二人で雷の型が 完全なものになると考えたのでしょう。 しかし獪岳は自らが認められていない と感じていたようです。 かつての兄弟子である獪岳は善逸にとって 手強い相手となることが予想されました。 しかし勝負は一瞬でつく可能性があります。 攻撃を仕掛けた善逸を獪岳は 目で追うことができていません。 そしてこれまでとは動きが別人で あると感じています。 岩柱の元で修行中にじいちゃんが 自決したことを聞いた善逸は そこから人が変わったように 自分を追い込んできました。 その成果がこの戦いに表われ 善逸が獪岳を瞬殺すると予想しています。 そして始まった善逸と獪岳の対決。 善逸と獪岳の実力差は圧倒的なようです。 このまま善逸が獪岳を瞬殺して しまうのでしょうか? それとも獪岳が鬼となってパワーアップ した力を見せつけるのでしょうか? それでは145話楽しみにしています。

次の