鬼 滅 の 刃 189。 「鬼滅の刃」189話の茶々丸が大活躍過ぎて語りたいっ!~ネタバレ~【北海道でもジャンプは売ってます】

【鬼滅の刃】伊黒小芭内に痣発現!赫刀の発現条件も明らかに!決戦の189話!

鬼 滅 の 刃 189

『鬼滅の刃』第189 感想 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」の感想です。 〜簡単あらすじ〜 緩まることない無惨の猛攻に、確実に追い込まれる柱達。 重賞を受けた甘露寺蜜璃は伊黒小芭内に連れられ戦線を離脱。 小芭内の生い立ちと秘められた想いも描かれる。 それらを胸に秘め、再び戦場へと戻る小芭内。 鬼殺隊は残り柱4名、夜明けはまだこない。 極限の最終決戦編!! 最近の鬼滅の刃は本当に泣けすぎる。 この辺の無惨との最終決戦編は単行本で一気読みしたら確実に泣くな…。 とりあえず、小芭内さん死なないで…。 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」より引用 …もはや、千年にもわたる命の呪いとも言える執念です。 しかし、無惨という絶対的な強者を前に現実はそう容易くはないんですよね。 柱達もみな「死を意識する」どころか、数分後、或いは数秒後の確実な「死を確信して」戦っています。 加えて、義勇に喝を入れたのが不死川だというのも個人的には嬉しい展開でした。 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」より引用 心身ともに疲弊は頂点で、いつ心が折れて崩れ落ちてしまってもおかしくない状況で尚、仲間の命への責任や柱としての矜持と使命感を持って戦う柱たちの姿はもう…。 壮絶というか、痛々しいほどで…。 柱たちの執念とも言えるこの自己犠牲? は良くも悪くもまさしく日本人的な考え方と行動と言えそうですが…。 まあ、そういう考え方には賛否両論あるんでしょうが、個人的には素直に胸を打たれましたよ。 絶望的な残り時間。 珠世の残した起死回生の一手。 現在戦闘中の4人の柱も皆すでに満身創痍です。 しかも、無惨の血による細胞破壊を受けてしまっています。 全員が痣を発現した柱であるため即死こそ避けられていますが おそらく極めた呼吸法と痣のおかげで細胞破壊の速度を抑制している? 長くは持ちません。 無惨がいうには、全員持って後5分ほどだということで…。 その上で、さらに絶望的な事実が明かされます。 なんと、日の出までの時間はあと1時間14分!! なっが!! つまり、少なくとも後1時間14分もの時間、無惨を地上に拘束しなくてはならないのです!! すでに、皆が皆いつ死んでもおかしくない状況にこの絶望的な展開。 もはやどうにもなりません。 だって、数分後には皆どうしたって無惨の細胞の効果で死んでしまうのですから。 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」より引用 しかし、意外な起死回生の一手が舞い込みます。 あれは、珠世さん執念でしたね。 死して尚、無惨に一矢報いましたよ。 これもあくまでほんの数分の延命にすぎないのでしょうね。 しかし、この数分が別れ道です。 現在禰津子が炭治郎の元へと急いでいますから、鬼の血だけ燃やす爆血を持つ禰津子が間に合えばまだ可能性はあります。 とは言え、禰津子の血鬼術はあくまで上弦に効果があっただけで、本体である無惨の血にも完全に有効かはまだわかりませんが。 それにしても、今更だけど、禰津子に鬼の血を燃やす力を持たせてた伏線すごいな…。 命を燃やせ! 小芭内と赫刀。 そして、前回から注目度が急激に上がっている小芭内さんですが…。 今回のお話的にも、体の小ささや状況 本人曰く一番戦果を残せていない からも、どうしても無一郎の決死の特攻が頭をよぎってしまうのですが…。 来世でとか言ってないで、蜜璃のためにもちゃんと生き残れよ!! 前回の話で、すっかり小芭内さんのファンですよ 笑 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」より引用 それにしても、「赫刀」の発現ってそんな単純な原理だったの?? ちょっとシンプルすぎて逆に衝撃的でした。 というか、柄を思いっきり握ったくらいで刀が熱くなるなんてことあるんだろうか?いやないだろう。 笑 でも、まあそういう原理だというならそうなんでしょうね。 ただ、こんな単純なことを黒死牟を含めた400年前の柱たちやその後の強者たちが何故できなかったのだろうか??縁壱の性格でやり方を他の剣士たちに教えないなんてことはないでしょうし…。 多分、痣の発現も条件の一つなのだろうけど、それならそれは400年前の柱たちも満たしているわけで、それら以外で何か「赫刀」発現の条件があるのではなかろうか?? というわけで、『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」の感想でした。 では 『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!! 電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。 さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。 忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。 僕もで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です 笑.

次の

『鬼滅の刃』第189話【赫刀顕現!!】刀を赫く染めるには…

鬼 滅 の 刃 189

ここからネタバレを含みますので注意してください。 茶々丸が柱の元へ駆け出す 無限城が地上に出たのは町の中でした。 そのため被害が広がらないように飲の人たちが住民が避難するように呼びかけていました。 地盤沈下なので避難してくださいと誘導します。 住民は警官なのかと怪しがりますが、調査隊だと隠のは答えて誘導します。 その時瓦礫の中から猫の鳴き声がしました。 隠が瓦礫から出してあげるとその猫は愈史郎の使い猫の茶々でした。 助けられるとすぐに駆け出していきます。 柱たちと無惨の戦い 伊黒は無惨の元へ走り戦いに戻ります。 無惨に向かい日輪刀を突いたが、避けられてそのまま蹴り上げられてしまいます。 伊黒は腕を折られて吹っ飛ばされてしまいます。 戦いながら無惨の背中を観察していると、触手についている口が甘露寺を吸い上げていたのだと気づきます。 その吸い込みの範囲も広く厄介な攻撃です。 その吸い込みを避けるには大振りな動作をしなければいけません。 避けるだけの動作でも体力が吸い取られます。 伊黒はなんとかして夜明けまで持たせて、無惨が弱体化するまでの時間を稼ごうとします。 義勇が体力の限界でも必死に無惨に挑む 義勇は無惨の攻撃を避けましたが、触手に刀をはじかれて手から放してしまいます。 これまでの戦いで体力が消耗し、無惨の毒も回ってきて顔、腕が侵食されてきています。 そのために刀を握る握力もなくなってきていました。 刀を奪われた義勇に無惨の攻撃が襲います。 そこに悲鳴嶼、伊黒、実弥が防ぎます。 実弥が義勇にボケっとするなと言い、義勇に刀を投げて返します。 義勇は毒にやられてきてつらそうな表情を浮かべますが、それでも無惨に必死に挑みます。 無惨は余裕を見せるものの、柱たちが予想以上に粘っているが、もう少しで毒に侵食されるだろう考えていました。 夜明けまでまだ1時間14分あり、細胞が破壊されるまで5分もかからないと思っていました。 茶々丸によって回復する柱たち そこに茶々丸が無惨の上を飛んできます。 透明になっていたためか無惨は茶々丸の気配に気づいていませんでした。 茶々丸は背中から注射のようなものが4本発射されて柱それぞれに刺さります。 すぐに無惨は攻撃し茶々丸はバラバラにされてしまいます。 いつの間に現れたと無惨は余裕の表情から一瞬焦ります。 急に刺さったために、無惨からの攻撃かと思った柱たちですが、刺さった液体によって無惨の血で激痛を起こし膨れ上がっていた脈が収まります。 柱たちは驚きますが、完全に回復とまではいかないようです。 珠世が死んでもなお邪魔してくることに無惨は腹を立て、攻撃をさらに加えます。 伊黒が痣発現し赫刀に! 伊黒は回復できましたが、自分が戦果を挙げていないことで自分を責めます。 昔牢屋に閉じ込められていた時は、ご飯を食べるときに箸を持つこと以外持つものがなく、箸以上に重いものを持ったことがありませんでした。 ですのでその頃の伊黒には体力や握力は全くありませんでした。 しかし箸を使って牢屋から逃げた時は必死になって力が入ったことを思い出します。 無一郎が赫刀にしたとき、腕を負傷したために刀を強く握っていたと考えます。 それならば刀に強い力をかけて刀の温度が上がって赫刀になったのなら自分にもできるのではと思います。 そして伊黒は全身に力を込めると蛇のような痣が発現しました。 顔全体にも血管が浮き出て、目も血走ります。 そして伊黒は痣が発現し、赫刀も顕現させることに成功しました。 伊黒が死んでしまう? 伊黒は自分の汚い血が浄化されることを願い、無惨を倒したら自分も死ぬと思っています。 伊黒が無惨を倒す前に死んでしまうフラグのように感じてしまう人も多いのではないでしょうか? 実際まだ無惨を倒す糸口も見つからずに、伊黒は無惨の攻撃を受けて、毒が回ってきてしまっている状態です。 そんな伊黒は、甘露寺を他の鬼殺隊員に任して自分は無惨の元へ走ります。 ただ甘露寺への想いから、伊黒が覚醒する可能性もあるかもしれません。 まだ伊黒には痣が発現されていないと思われますが、このタイミングで出てもおかしくないですね。 痣が発現したものは力が向上する代わりに25歳を迎える前に死ぬと言われています。 伊黒はもう死ぬと決めているようなので、痣を発現させるのにためらいはないかと思います。 ですので、甘露寺を守るために痣を発現させて、無惨に対抗する力を得るかもしれません。 またまだ前話で過去が語られただけで、そこまで活躍といっていい活躍がないように思われます。 伊黒の過去の話が出またし、ここで活躍してくれるかもしれませんね。 伊黒には生き残ってもらって、幸せな日々を過ごしてもらいたいものです。 甘露寺は無惨の血によって操られている? 甘露寺は何かに引っ張られたような感じがして、攻撃を受けてしまいました。 顔や胸を見ると血管が浮き出ていて、鬼のようになっていることがわかります。 無惨の血が侵食している影響だと思われますが、このことから無惨の支配下に置かれてしまったという可能性もあります。 普通であれば無惨の血は毒で死んでしまうと無惨本人が言っていましたが、甘露寺は柱の中では一番早くに影響を受けていました。 しかし柱である甘露寺も、毒が回らないように血を操作していました。 そのことで毒が回るのが遅れて毒としてではなく、鬼化してしまうといった原因になるかもしれません。 その影響で無惨に操られて引っ張られたとも考えられます。 また鬼化して敵に回ってしまうといった可能性もあります。 伊黒と甘露寺が戦わなければいけないといった状況にもしかしたらなってしまうかもしれませんね。 そんな辛い状況を作ってしまうのでしょうか? 甘露寺が引っ張られたのは何が起こっていたのでしょうか? 無惨のまだ見せてない血鬼術だとしたら厄介ですね。 謎の引っ張られる現象を解決しないと、無惨を討つことも出来なさそうなのっで、見極めてもらいたいですね。 以下が188話を読んでの感想、予想ツイートの一部です。 馬鹿だなー。 口の傷とか実家のクソさとか気にするわけないやん。

次の

【鬼滅の刃】189話のネタバレ微画バレあり【赫刀の顕現条件が判明】|サブかる

鬼 滅 の 刃 189

『鬼滅の刃』第189 感想 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」の感想です。 〜簡単あらすじ〜 緩まることない無惨の猛攻に、確実に追い込まれる柱達。 重賞を受けた甘露寺蜜璃は伊黒小芭内に連れられ戦線を離脱。 小芭内の生い立ちと秘められた想いも描かれる。 それらを胸に秘め、再び戦場へと戻る小芭内。 鬼殺隊は残り柱4名、夜明けはまだこない。 極限の最終決戦編!! 最近の鬼滅の刃は本当に泣けすぎる。 この辺の無惨との最終決戦編は単行本で一気読みしたら確実に泣くな…。 とりあえず、小芭内さん死なないで…。 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」より引用 …もはや、千年にもわたる命の呪いとも言える執念です。 しかし、無惨という絶対的な強者を前に現実はそう容易くはないんですよね。 柱達もみな「死を意識する」どころか、数分後、或いは数秒後の確実な「死を確信して」戦っています。 加えて、義勇に喝を入れたのが不死川だというのも個人的には嬉しい展開でした。 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」より引用 心身ともに疲弊は頂点で、いつ心が折れて崩れ落ちてしまってもおかしくない状況で尚、仲間の命への責任や柱としての矜持と使命感を持って戦う柱たちの姿はもう…。 壮絶というか、痛々しいほどで…。 柱たちの執念とも言えるこの自己犠牲? は良くも悪くもまさしく日本人的な考え方と行動と言えそうですが…。 まあ、そういう考え方には賛否両論あるんでしょうが、個人的には素直に胸を打たれましたよ。 絶望的な残り時間。 珠世の残した起死回生の一手。 現在戦闘中の4人の柱も皆すでに満身創痍です。 しかも、無惨の血による細胞破壊を受けてしまっています。 全員が痣を発現した柱であるため即死こそ避けられていますが おそらく極めた呼吸法と痣のおかげで細胞破壊の速度を抑制している? 長くは持ちません。 無惨がいうには、全員持って後5分ほどだということで…。 その上で、さらに絶望的な事実が明かされます。 なんと、日の出までの時間はあと1時間14分!! なっが!! つまり、少なくとも後1時間14分もの時間、無惨を地上に拘束しなくてはならないのです!! すでに、皆が皆いつ死んでもおかしくない状況にこの絶望的な展開。 もはやどうにもなりません。 だって、数分後には皆どうしたって無惨の細胞の効果で死んでしまうのですから。 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」より引用 しかし、意外な起死回生の一手が舞い込みます。 あれは、珠世さん執念でしたね。 死して尚、無惨に一矢報いましたよ。 これもあくまでほんの数分の延命にすぎないのでしょうね。 しかし、この数分が別れ道です。 現在禰津子が炭治郎の元へと急いでいますから、鬼の血だけ燃やす爆血を持つ禰津子が間に合えばまだ可能性はあります。 とは言え、禰津子の血鬼術はあくまで上弦に効果があっただけで、本体である無惨の血にも完全に有効かはまだわかりませんが。 それにしても、今更だけど、禰津子に鬼の血を燃やす力を持たせてた伏線すごいな…。 命を燃やせ! 小芭内と赫刀。 そして、前回から注目度が急激に上がっている小芭内さんですが…。 今回のお話的にも、体の小ささや状況 本人曰く一番戦果を残せていない からも、どうしても無一郎の決死の特攻が頭をよぎってしまうのですが…。 来世でとか言ってないで、蜜璃のためにもちゃんと生き残れよ!! 前回の話で、すっかり小芭内さんのファンですよ 笑 『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」より引用 それにしても、「赫刀」の発現ってそんな単純な原理だったの?? ちょっとシンプルすぎて逆に衝撃的でした。 というか、柄を思いっきり握ったくらいで刀が熱くなるなんてことあるんだろうか?いやないだろう。 笑 でも、まあそういう原理だというならそうなんでしょうね。 ただ、こんな単純なことを黒死牟を含めた400年前の柱たちやその後の強者たちが何故できなかったのだろうか??縁壱の性格でやり方を他の剣士たちに教えないなんてことはないでしょうし…。 多分、痣の発現も条件の一つなのだろうけど、それならそれは400年前の柱たちも満たしているわけで、それら以外で何か「赫刀」発現の条件があるのではなかろうか?? というわけで、『鬼滅の刃』第189話「心強い仲間」の感想でした。 では 『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!! 電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。 さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。 忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。 僕もで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です 笑.

次の