前川 喜平。 元文部科学省事務次官の前川喜平氏「新型コロナはアベ政権にとって神風」発言で批判|ニフティニュース

前川喜平前事務次官の家系図と経歴が凄い!父親と祖父が有名経営者で超お金持ち家族!?

前川 喜平

名前:前川喜平 まえかわきへい 出身地:奈良県御所市生まれ 生年月日:1955年1月13日 出身中学高校:麻布中学校・高等学校 最終学歴:東京大学法学部卒業 前川喜平さんは1979年の東京大学卒業後に、文部省に入省しました。 その後、要職を経て2014年7月から文部科学審議官、そして2016年6月には文部科学事務次官に就任。 しかし、その前に自主的に辞職を申し出ていたため退職金が支払われています。 文部科学省は二十二日、天下り問題で辞任した前川喜平前事務次官に、十七日付で退職金を支払ったことを明らかにした。 前川氏とほぼ同じ勤続三十七年で、事務次官を自己都合で退職した場合の支給額は約五千六百十万円になる。 文科省は、実際の支給額は「個人のプライバシーに関わるので答えられない」としている。 引用: 天下りは昨今始まったことではありませんが、上記の件は2017年1月に発覚した天下り事件です。 また2017年2月の国会における参考人招致では、前川喜平さんらが登場し謝罪。 「文科省、政府への信頼を損ねた。 万死に値する」。 7日に開かれた衆院予算委員会の天下り問題に関する集中審議。 文部科学省の前川喜平前事務次官(62)は硬い表情で謝罪を重ねた。 違法なあっせんの中心だったとされる同省人事課OBの嶋貫和男氏(67)は「認識不足を恥じている」と語る一方、 同省からの指示や依頼の存在は否定した。 祖父 前川喜作(前川製作所会長) 伯父 前川正雄(喜作の長男・前川製作所社長) 父 前川昭一(前川産業(現:株式会社前川)元社長) 妹 真理子(前川昭一の長女、中曽根弘文元文相、外相夫人) 妹 マヤ(前川昭一の次女、小泉和久東天紅会長夫人) 引用: 前川製作所は、前川喜平さんの祖父・前川喜作さんが1924年に創業した総合機械製造企業(産業用冷凍機等)で、世界各地に拠点を構える日本企業です。 実父が社長をつとめていた前川産業 前川 は、そのグループ会社に名前が存在します。 そして妹の一人は中曽根弘文夫人、そしてもう一人が東天紅会長夫人。 特に中曽根弘文さんとの関係は、今回の一連の騒動の中でも「政治家と太いつながりがあるのでは?」と疑惑の目が向けられるポイントでもありました。 中曽根弘文さんは二階派 また前川さん本人は、かつて与謝野馨さんの秘書官を勤めたことも。 1994年 与謝野馨文相(当時)の秘書官を務めたほか、中曽根弘文元文相と親類関係もあり、政界と太いパイプを持つことでも知られた。 ネットでは息子が二人で、そのうち一人が前川喜平さん同様役人をしていると言われているようです。 2012年に前川喜平さんの姪に当たる方が更新した内容です。 看護師さんに『ご家族は?』と聞かれキヘイおじは 『息子が2人で妻は1人です』と返事。 高熱でもおやじギャグ精神は健在はのです。 伯母曰く、『そこだけは譲れないのよね~』と呆れ気味。 類は友を呼び、キヘイ入院と知った友人から『ついに産まれた?男?女?』とお見舞いメールが。 臨月程のドラえもん体型とは思えませんが、、、。 ちなみにそんな 父親の姿を見て育った息子(私のイトコ25歳)も役人になりました。 その壮絶さを誰よりもわかっているはずなのに。 尊敬出来る姿だったのでしょう。 彼に先日久しぶりに会ったら『毎日死ぬかと思っている』と言っていました。 既に凄まじい日々が始まっているようです。 引用: またそれによると奥さんは、前川喜平さんの妹 小泉和久東天紅会長夫人 の親友だったそう。 結婚する時(お嫁さんは叔母の親友。 日本女子大卒ではない)、挿絵も自分で描いた詩集(結構良く出来ていると評判)を自費出版し「愛の証」としてプレゼントしたロマンティストぶり。 まぁ、妹達は『よくぞ兄の所などに来て下さった』とお嫁さんに大感謝したそうです。 引用: ブログにはその他、前川喜平さんに関する人柄・経歴なども記されています。 一躍注目を集めましたが、それだけに終わらず、2017年5月にも別の問題で再び脚光を浴びました。 加計学園問題とは 岡山県に拠点がある加計学園の獣医学設置を巡る問題です。 前川喜平・前文部科学事務次官が朝日新聞の取材に対し、昨年9~10月に和泉洋人・首相補佐官と首相官邸で複数回面会し、 「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」などと言われたと証言した。 「獣医学部新設を早く認めるよう求める趣旨だった」と語った。 昨年9~10月は国家戦略特区での獣医学部新設について、内閣府と文科省の担当者間で協議が続いており、 農林水産省などから新設に必要とされる獣医師の需給見通しが示されないとして、文科省が慎重姿勢をとっていた時期にあたる。 引用: 週刊文春や朝日新聞などが、加計学園問題とともに前川喜平さんの証言を報道。 また前川さんが記者会見を開くなどしてさらに騒動になりましたが、その前に彼自身のスキャンダルが報じられています。 それが出会い系のお店通いです。 引用: こうした形態の店は売春や援助交際の温床になっているとの指摘もある。 男性と女性が報酬で折り合った場合、ホテルなどに連れ出すこともある。 店はこうしたやり取りには関わらない。 読売新聞によると、前川氏は文科審議官だった2年前から、この店に通っていたという。 「しょっちゅう来ていた時期もあった。 値段の交渉をしていた女の子もいるし、私も誘われたこともある」という、店によく来ていた女性の証言を紹介していた。 引用: また、その後前川さんが実際に出入りしていたというお店に直撃した記事も。 疑いを向けられる中、前川喜平さんは実地調査と主張! その後の5月25日に行われた会見 加計学園問題にまつわる では、もちろん出会いカフェ通いの話題にも質問が飛びます。 そこでは出会い系のお店に行った事実を認めながらも、買春目的ではなく「実地の視察調査」のようなものだったと説明しました。 出会い系バーというものがありまして、読売新聞で報じられたが、そういったバーに私が行ったことは事実です。 いろいろなことが実地の中から学べた。 その中から、多くの人たちが親の離婚を経験しているなとか、中学・高校で中退や不登校を経験しているという共通点を見いだした。 ある意味、実地の視察調査という意味合いがあったわけですけれど、そこから私自身が文部科学行政、教育行政をやる上での課題を見いだせた。 ああいうところに出入りしたことは役に立った。 意義があったと思っている。 引用: 前川さんは出会い系バーにいった経緯について、ドキュメンタリー番組を見てその存在を知り、実際に話を聞こうと思ったと説明しています。 ただ実際に加計学園問題に関するものだけではなく、前川喜平さんの出会い系バー報道は大きくメディアで取り上げられる結果にもなっています。 前川さんはこうした政府内の行政に加え、メディアに強い危機感を持つ。 昨秋、警察庁出身の杉田和博官房副長官から、突然、こう言われた。 「君は新宿の女性のいる店に行っているらしいじゃないか。 注意したまえ」 なぜ、そんなことを知っているのか。 だから今回の読売新聞の報道には再び驚いた。 「今、一番恐れているのは、マスコミも官邸側に遠慮し、報じるべきことを報じないことだ。 これは国民の知る権利の大きな危機と考えます」 引用: 一部では警察の捜査対象に引っかかったのでは、という見方もありますが……。 「昨年から警視庁は東京五輪対策として『盛り場総合対策本部』を設置し、目を光らせています。 もちろん一連の騒動では政治的な何かが絡んでいるようなタイミングにしか思えませんが、出会い系のお店通いなんていうゴシップ的要素の強さは、周りが放っておきません。 もちろんネットの反応も、呆れ気味です。 <そもそも総理が圧力をかける必要があったのか。 慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんは「流出した議事録が書かれたのは去年9月です。 先日報道された、官邸の和泉補佐官からプレッシャーをかけられたというのは去年9月。 加計学園のライバル、獣医学部を新設しようとした京都産業大学から正式な提案が出されたのは去年の10月なんです。 9月の時点では加計学園だけなので、そもそも圧力をかける必要がない」と指摘しています。 > ごもっともです。 そうなると、「総理のご意向」は全く別の意味になりますね。 民進党は、どこから記録文書を受け取ったのか、出所をはっきりさせるべきです。 前川氏は、部下の誰にこの記録文書を書かせたのか実名で述べるべきです。 そこをはっきりさせないと、自民党も怪文書と言った手前、証人喚問ができないでしょう。 まあ、それが分かったところで、結局証拠なしとなるんでしょうけどね。 名無し•

次の

前川喜平の現在!実家や家族・嫁と息子情報/出会いカフェや加計学園の騒動まとめ

前川 喜平

前川喜平・前文部科学事務次官が週刊東洋経済4月14日号で、貧困対策の一つとして、「高校中退をなくすには数学の必修を廃止するのがいい」と発言している。 前川氏の発言を引用しよう。 「高校中退を防ぐのも貧困対策の重要なテーマだ。 私が行っていた出会い系バーでも女の子はほとんど中退で、親のほうが学歴の高いケースがけっこうあった。 (中略)中退をなくすには数学の必修を廃止するのがいい。 (中略)数学は義務教育までで十分。 論理的思考力を養うために必要というが、それは国語の授業でやったらいい」 高校中退を防ぐという方向性はいいだろう。 低学歴者は低所得になりがちで、犯罪率も高いことは各種の調査で示されている。 せっかく「貧困調査」で出会い系バーに通ったのだから、前川氏には延べ何人の女の子を調査し、その中で高校中退の数は何人だったのかを示してもらいたかった。 さらに、高校中退の理由はどうだったのか。 これも貧困調査を行ったのならば当然示せるだろう。 そうした調査の成果が具体的に示されていないので、実のところ、前川氏が説く数学必修廃止論の理由はよく分からない。 高校の必修科目は、国語、地理歴史、公民、数学、理科、保健体育、芸術、外国語、家庭、情報である。 ここから数学を除くのは違和感がある。

次の

元文部科学省事務次官の前川喜平氏「新型コロナはアベ政権にとって神風」発言で批判|ニフティニュース

前川 喜平

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中... あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。 森友学園の問題が、歯切れ悪く沈静化してきた矢先、一部では「第二の森友」と言われていた加計学園の問題が、ことの重大さを日に日に世に知らしめている。 文部科学省の元事務次官が、文科省の内部文書を流し、加計学園の獣医学部の新設にあたり、たしかに官邸の意向が働いていたことを明らかにしたのだ。 しかし、その文書について、政府は存在を否定。 告発した前事務次官の前川喜平氏は、読売新聞に「出会いバー」に通っていることを報じられるなど、多方面に問題が飛び散っている。 今回の記事では、週刊文春での前川喜平氏の告発内容と、政府の対応について、前川前事務次官を中心とした切り口で情報をまとめた。 Contents• 前川喜平元事務次官の経歴や人柄 前川喜平氏は、1979年に東大法学部を卒業して、旧文部省に入った。 部下からの人望は極めて厚く、若い頃からミスター文科省と呼ばれる有名人だった。 課長時代に、自らブログを開設し、当時の小泉純一郎首相が進める改革案に反対の意を示すなど、型破りでありつつも、芯の通った仕事ぶりが評価されていたようだ。 順当に事務次官まで上り詰めた前川喜平氏だが、彼の順風満帆な人生にひとつの影が落ちた。 天下り問題である。 文科省が昔から組織的に職員の再就職先を斡旋していたことが発覚し、その責任をとって辞任に追い込まれたのだ。 天下り問題に前川喜平氏が関わっていたかどうかは定かではない。 しかし、トップに立つ人間は、たとえ自分が関係していなくても、組織に不祥事があれば責任をとって辞任することが求められる。 文春での独白でも「この問題で処分を受けたことは反省している」と述べている。 そんな前川喜平氏が、官僚としてのプライドをかけて、告発に踏み切ったのが、加計学園問題の核心にせまる、文科省の内部文書だった。 前川喜平の加計学園告発内容 加計学園については、当初文科省は獣医学部の新設を認めない方針だった。 日本における動物の数は減ってきていて、獣医を新たに増やす必要性はそもそもなかったというのが文科省の認識だ。 過去に、獣医の新設を行う場合は4つの条件を満たす必要があると決められていた。 この条件は、実質的には満たすことのできない厳しい条件だった。 しかし、徐々に官邸や内閣からプレッシャーが強まってきたというのだ。 最終的には、文科省の責任ではなく農水省や内閣の責任で新設を認めたような形に丸め込まれ、加計学園獣医学部の新設手続きが認められることになったのだ。 その中で出てきたのが、朝日新聞から報道された「文科省の内部文書」だ。 当初官邸は、内部文書としては体裁も整っておらず、捏造の可能性があると否定していたようだが、前川喜平氏は文書が本物であると語る。 官僚時代に、あやしいと思った文書は、全て手元に保存してあるというのだ。 そしてそれをマスコミに流し、告発に踏み切ったのだという。 前川喜平のスキャンダルは報復?捏造? この文春の発売の数日前に、読売新聞で前川喜平氏のスキャンダルが報じられた。 前川氏が現役事務次官だった頃に、歌舞伎町の出会いバーに通っていたというものだ。 一部の報道ツウからすれば、極めて不思議な記事だった。 そもそも読売新聞は、こういった下世話なネタを記事にしない。 さらに、出会いバーに行くこと自体は違法ではない。 その先の違法行為の裏をとった記事でもなかった。 さらに元事務次官とはいえ、今は退任し、ただの一般人だ。 報道する理由が全くなかったのだ。 これは、官邸が前川喜平氏の話の信ぴょう性を下げるために、意図的に書かせた記事ではないかという憶測が広がっている。 また、一部ではこの報道自体捏造なのではないか、という説も出ていたのだ。 ただ、どうやら出会いバーに行ったことは事実のようだ。 これについても前川喜平氏本人が文春で認めている。 これについては、やはり教育行政の長が、青少年犯罪の温床ともいえる場にプライベートで行っていたということが信じ難い部分はあるが、加計学園の告発や文春の発売タイミングに合わせて仕込まれた記事という印象が拭えない。 加計学園はどう決着する? 森友学園の問題は、財務省が必死で守っているため、ところどころ苦しいと思わざるをえない答弁を繰り返しているが、野党は決定的な証拠をつかめずにいる。 掴むべきは、安倍首相の明確な関与の証拠であるから、「忖度」の証明程度ではあまり意味がない。 しかし、加計学園の問題については、「官邸の最高レベルの意向」という文言が記載されたペーパーが、明確に表に出てしまったのだ。 政府の対応としては、この文書は存在していない、ということを主張し続けることになるわけだが、前川喜平氏の登場でそれも至難の技となった。 また、森友学園の籠池理事長のケースと違い、安倍晋三自らが、加計学園の理事長の加計孝太郎氏と接点をとっているのだ。 これはかなり痛いだろう。 政府としては、なかなか逃げてに困っているのではないだろうか。 この問題、意外に尾を引くことなく、早期になんらかの決着がなされるかもしれない。 関連記事.

次の