流山 市 コロナ。 【流山市】新型コロナウイルス、新たに流山市在住の会社員2名の感染を確認。(流山市内7〜8例目)(号外NET)

市内小中学校・附属幼稚園の通常登校・登園について|流山市

流山 市 コロナ

ページ番号1006717 更新日 平成26年7月1日 中小企業信用保険法第2条第5項 この制度は、取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業者について、保証限度額の別枠化等を行う制度です。 1号から8号までの認定制度があります。 詳細は下記または中小企業庁のホームページをご覧ください。 各号の概要と必要書類 1号認定 連鎖倒産防止 民事再生手続開始の申立等を行った大型倒産事業者に対し売掛金債権等を有していることにより資金繰りに支障が生じている中小企業者を支援するための措置• 申請書2通• 申請する売掛金債権額を証明する資料• 2号認定 取引先企業のリストラ等の事業活動の制限 生産量の縮小、販売量の縮小、店舗の閉鎖などの事業活動の制限を行っている事業者と直接・間接的に取引を行っていること等により売上等が減少している中小企業者を支援するための措置。 3号認定 突発的災害(事故等) 突発的災害(事故等)の発生に起因して売上高が減少している中小企業者を支援するための措置。 4号認定 突発的災害(新型コロナウイルス感染症) 突発的災害(新型コロナウイルス感染症)の発生に起因して売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置で、対象は次のいずれにも該当する中小企業者となります。 <対象> ・申請者が、流山市内において1年間以上継続して事業を行っていること。 ・新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、その事業に係る当該災害等の影響を受けた後、原則として最近1カ月間の売上高又は販売数量(建設業にあっては、完成工事高又は受注残高。 )が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2カ月間を含む3カ月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。 業歴3カ月以上1年1カ月未満の場合は、原則として以下のいずれかの基準をもって認定可能です。 また、1年以内に店舗数や事業内容等を変換したため、1年前と単純な比較ができない事業者についても運用緩和を利用できます。 (1)直近1カ月の売上高等が、直近1カ月間を含む最近3カ月間の平均の売上高等と比較して、20%以上減少していること。 (2)直近1カ月の売上高等が、令和元年12月の売上高等と比較して20%以上減少しており、かつ、その後2カ月間を含む3カ月間の売上高等が令和元年12月の売上高等の3倍と比較して20%以上減少することが見込まれること。 (3)直近1カ月の売上高等が、令和元年10月から12月の平均売上高等と比較して、20%以上に減少しており、かつ、その後2カ月間を含む3カ月間のの売上高等が令和元年10月から12月の売上高等と比較して20%以上減少することが見込まれること。 その他提出書類 1.法人の中小企業者の場合 確認内容 添付書類 備考 ・法人の実在性 ・所在地 ・資本金の額 ・事業開始年月日 法人登記簿の写し(履歴事項全部証明書) 直近の状況を示せるもの(コピー可) 直近の売上高等(右記いずれか) ・売上台帳 ・残高試算表 ・月次損益計算書 ・その他内部資料で売上高等を示すことができる書類 添付書類に会社名、代表者名を記入し、会社実印を押印願います。 過年度の売上高等 ・確定申告書別表一の写し(税務署の収受日付印等が確認できるものが望ましい) ・法人事業概況説明書 開業から1年未満の場合や、申請日が決算日後2カ月以内であり、法人税の税務申告を行っている最中であるなど、法人事業概況説明書の写しを提出するのが困難な場合は、売上台帳等により示すことも可といたします(添付書類に会社名、代表者名を記入し、会社実印を押印願います)。 過年の売上高等を示す書類 所得税青色申告決算書の写し 開業から1年未満の場合など、やむを得ない事情がある場合は、売上台帳等により示すことも可といたします(添付書類に氏名を記入し、押印願います)。 3.委任状(金融機関など代理の方が申請する場合)• <注意事項> ・流山市商工振興課の窓口に、認定申請書のほか必要書類を提出し、認定を受けた有効期間(発行の日から起算して30日)以内に、金融機関または所在地の信用保証協会に対し、経営安定関連保証の申込みを行うことが必要です。 ・認定書は融資を確約するものではありません。 また、本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。 5号認定 業況の悪化している業種(全国的) 全国的に業況の悪化している業種に属する中小企業者を支援するための措置で、対象は、国が指定する業種を営んでいて、且つ、(イ)(ロ)(ハ)のいずれかの要件を満たす中小企業者となります。 (各3種類) <対象> ・本店(個人事業主の方は主たる事業所)所在地が流山市となる方 ・指定業種に当てはまる方 <指定業種> 指定業種は3カ月ごとに見直しが行われます。 行っている事業が指定業種に属するかどうかについては、下記のリンクから中小企業庁のページに行き、 「セーフティネット保証5号の指定業種の検索方法」の欄をご確認ください。 ・新型コロナウイルス感染症の影響が顕在化している2月以降で、直近3カ月の売上高が算出可能となるまでの間は、直近1カ月の売上高等とその後2カ月間の売上高等を含む3カ月間の売上高等の減少でも可能とする時限的な運用緩和を行います。 ・業歴3カ月以上1年1カ月未満の場合は、原則として以下のいずれかの基準をもって認定可能。 (1)直近1カ月の売上高等が、直近1カ月間を含む最近3カ月間の平均の売上高等と比較して、5%以上減少していること。 (2)直近1カ月の売上高等が、令和元年12月の売上高等と比較して5%以上減少しており、かつ、その後2カ月間を含む3カ月間の売上高等が令和元年12月の売上高等の3倍と比較して5%以上減少することが見込まれること。 (3)直近1カ月の売上高等が、令和元年10月から12月の平均売上高等と比較して、5%以上に減少しており、かつ、その後2カ月間を含む3カ月間のの売上高等が令和元年10月から12月の売上高等と比較して5%以上減少することが見込まれること。 <注意事項> ・流山市商工振興課の窓口に、認定申請書のほか必要書類を提出し、認定を受けた有効期間(発行の日から起算して30日)以内に、金融機関または所在地の信用保証協会に対し、経営安定関連保証の申込みを行うことが必要です。 ・認定書は融資を確約するものではありません。 また、本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。 (イ)前年同期の売上高等と比べ5%以上減少している中小企業者 (1)指定業種に属する事業を1つ又は複数実施し、全て指定業種に属する場合• 2 主たる業種(最近1年間の売上高等が最も大きい事業)が指定業種であり、主たる業種及び全体の売上高等の双方が認定基準を満たす場合• (3)指定業種の売上高等の減少が、全体(非指定業種を含む)の売上高等に相当程度の影響を与えていることにより、全体の売上高等が認定基準を満たす場合• (ロ)原油価格の上昇により、製品等に係る売上原価のうち20%以上を占める原油等の仕入価格が20%以上上昇しているにもかかわらず、物の販売又は役務の提供の価格(加工賃を含む。 )の引上げが著しく困難であるため、最近3か月間の売上高に占める原油等の仕入価格の割合が前年同期の売上高に占める原油等の仕入価格の割合を上回っている中小企業者 (1)指定業種に属する事業を1つ又は複数実施し、全て指定業種に属する場合• (2)主たる業種(最近1年間の売上が最も大きい事業)が指定業種であり、主たる業種及び全体の売上高等の双方が、認定基準を満たす場合• (3) 指定業種に係る原油等の仕入価格の上昇等を指定業種及び企業全体の製品等の価格に転嫁できていないことによって認定基準を満たす場合• (ハ) 円高の影響により、原則として最近1か月間の売上高等が前年同月に比して10%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して10%以上減少することが見込まれていること。 (1)指定業種に属する事業を1つ又は複数実施し、全て指定業種に属する場合• (2)主たる事業(最近1年間の売上高等が最も大きい事業)が属する業種が指定業種であり、主たる事業及び全体の売上高等の双方が認定基準を満たす場合• (3) 指定業種の売上高等の減少が、全体の売上高等に相当程度の影響を与えていることにより、全体の売上高等が認定基準を満たす場合• その他提出書類 代理の方が申請される場合には、下記の委任状も必要となります。 また、申請をされる方は、 業種の分かる書類(決算書の表紙、履歴事項全部証明書、登記簿等の写し)かつ、試算表、売上台帳、その他売上が分かる資料を必ず添付してください。 6号認定 取引先金融機関の破綻 破綻金融機関と金融取引を行っていたことにより、借入の減少等が生じている中小企業者を支援するための措置。 金融機関の経営の相当程度の合理化に伴なう金融取引の調整 金融機関の支店の削減等による経営の相当程度の合理化により借入れが減少している中小企業者を支援するための措置。 申請書2通• 金融機関からの直近及び前年同期の借入金残高証明、または、それに代わるもの。 事業者の代理として、金融機関担当者が申請手続きをする場合には、委任状が必要となります。 金融機関の整理回収機構に対する貸付債権の譲渡 RCC(整理回収機構)へ買い付け債権が譲渡された中小企業者のうち、事業の再生が可能な者を支援するための措置.

次の

新型コロナウイルス感染症対策に係る保育所等の対応について|流山市

流山 市 コロナ

ページ番号1024353 更新日 令和2年5月27日 新型コロナウイルス感染症対策に関する市の体制• 令和2年2月19日:流山市では、千葉県内でも患者発生が確認されるなど、今後、本市としての新型コロナウイルス感染症対策について、庁内の情報共有および適切な対応を検討し円滑に実施していくため、「流山市新型コロナウイルス感染症対策連絡会議」(会長:市長、副会長:副市長、構成員:教育長・水道事業管理者・各部局長)を設置しました。 令和2年3月25日:流山市内でも患者発生が確認されたことを受け、「流山市新型コロナウイルス感染症対策本部」(本部長:市長、副本部長:副市長、本部員:教育長・水道事業管理者・各部局長)に移行しました。 令和2年4月7日:政府対策本部の緊急事態宣言を受け、「流山市新型コロナウイルス感染症対策本部」は、新型インフルエンザ等対策特別措置法34条第1項の規定に基づく市町村対策本部となりました。 令和2年5月25日:政府対策本部の緊急事態解除宣言に伴い、特別措置法に基づく市町村対策本部ではなくなりましたが、引き続き対策本部の体制を維持していきます。 流山市新型コロナウイルス感染症対策本部 本部長:市長、 副本部長:副市長、 本部員:教育長・消防長・上下水道事業管理者・総合政策部長・総務部長・財政部長・市民生活部長・健康福祉部長・子ども家庭部長・経済振興部長兼農業委員会事務局長・環境部長・まちづくり推進部長・土木部長・会計管理者・議会事務局長・選挙管理委員会事務局長・監査委員事務局長・教育総務部長・学校教育部長・生涯学習部長、 事務局:健康福祉部健康増進課• 会議で決定した主な市の対応 流山市新型コロナウイルス感染症対策本部 第8回対策本部会議:令和2年5月19日 国の緊急事態宣言の解除を見込んだ今後の対応について、第8回対策本部を開催しました。 検討事項は以下の通りです。 国の緊急事態宣言解除後の各課等の対応等について、検討しました。 第7回対策本部会議:令和2年4月30日 国の緊急事態宣言の延長が強く見通せることから、第7回対策本部を開催しました。 決定があった事項は以下の通りです。 各施設の対応の継続・変更について 令和2年5月31日までの間の対応について、各施設等の状況に応じた対応とします。 詳細につきましては、各施設等のホームページをご覧ください。 第6回対策本部会議:令和2年4月27日 これまでの千葉県の緊急事態措置を受け、第6回対策本部を開催しました。 決定、報告があった主な事項は以下の通りです。 特別定額給付金について 5月11日からコールセンターを開設します。 詳細が決まり次第、広報やホームページ等でご案内します。 中小企業等支援策について 既存制度の融資資金総枠を拡大しました。 国や県が行う同様の融資制度と比べると、事業者側にとって有利なものです。 第5回対策本部会議:令和2年4月14日 千葉県知事の新たな緊急事態措置(施設の使用制限等の要請)を受け、第5回対策本部会議を開催しました。 決定した主な事項は以下のとおりです。 小中学校の対応について 預かり学級:保護者に対して、利用の自粛を強く要請した上で継続して実施します。 学校校庭開放:継続して実施します。 学童クラブの開所について 学童クラブ内での感染拡大防止のため、保護者に対して、登所自粛を強く要請した上で継続して実施します。 自治会館等の使用について 使用制限等に関する対象施設に集会場が含まれることから、自治会に対し緊急事態宣言が解除されるまで、自治会館等の使用停止の協力を要請します。 第4回対策本部会議:令和2年4月8日 国の緊急事態宣言の発令に伴う千葉県知事の緊急事態措置(外出自粛の要請等)を受け、第4回対策本部会議を開催しました。 決定した主な事項は以下のとおりです。 生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、不要不急の外出を控えること、買い占めを慎むよう市民に呼び掛けます。 小中学校、児童館・児童センターは、5月6日まで休校、休館とします。 保育所、学童クラブは、開所しますが、可能な限り家庭での保育をお願いします。 生涯学習施設や福祉会館等は、5月6日まで貸し館業務を中止します。 第3回対策本部会議:令和2年4月6日 本市では千葉県の学校再開方針に合わせ4月6日の始業日から、感染症対策を万全に行った上で、市内小中学校・市立幼稚園の再開を計画・準備してきましたが、4月5日、千葉県知事より4月中の県立学校の休校延長の措置が発表されたことを受け、第3回対策本部会議を開催し、以下のとおり対応することを決定しました。 市内小・中学校の一斉臨時休校について 1 休校期間 4月8日 水曜日 ~4月30日 木曜日 ただし、4月10日 金曜日 は給食を伴う登校日とし、給食後下校します。 なお、学童クラブを利用される児童については、学童クラブの始まる14時30分まで学校でお預かりします。 2 入学式について 参加者は、教職員・新入生・保護者とします。 なお、保護者は入学生1人につき2人までとします。 在校生は登校しません。 4月8日 水曜日 :中学校入学式 4月9日 木曜日 :小学校入学式 3 預かり学級 期間:4月13日 月曜日 ~4月30日 木曜日 対象:小学1年生から6年生、小学校特別支援学級の児童、中学校特別支援学級の生徒 (保護者が就労などやむを得ない事情のある児童・生徒とし、今回は学童入所者を含みます。 ) 時間:8時10分~14時30分 昼食:給食あり(小学校のみ) 内容:各自が自習課題を持参(授業は進めません) 4 学校給食 13日以降は、預かり学級申し込みと同時に、給食の申し込みをいただきます。 アレルギー対応が必要な児童は、お弁当を持参してください。 給食の提供内容や費用については、後日ご連絡します。 5 学校開放 学校開放は学校の状況に応じて校庭・体育館の開放を行います。 学童クラブについて 通常どおり開所することとし開設時間は、以下のとおりです。 平日:14時30分~18時00分 土曜日:8時00分~18時00分 ただし、8日 水曜日 および9日 木曜日 は、8時00分~18時00分の間、開所します。 児童館および児童センターについて 小中学校の休校中は、児童館および児童センター全館を休館します。 第2回対策本部会議:令和2年4月1日 第2回対策本部会議を開催し、以下のとおり対応することとしました。 市内居住患者2例目の発生を受けて、施設の利用内容・条件や利用当日の感染症対策などについて「感染症対策チェックシート」で点検し、チェック項目の全てを満たす場合に限り利用を認めることとし、公共施設利用時の感染防止の一層の徹底を図ることとします。 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業者等への市独自融資支援策を実施します。 第1回対策本部会議:令和2年3月25日 これまでの「流山市新型コロナウイルス感染症対策連絡会議」から「流山市新型コロナウイルス感染症対策本部」(本部長:市長、副本部長:副市長、本部員:教育長・水道事業管理者・各部局長)に移行して、第1回対策本部会議を開催し、以下のとおり対応することとしました。 市内居住患者1例目の発生を受けて、市の体制を対策本部に移行し、各部課が部・班の役割分担に基づき全庁的に対応していくこととします。 安心メール・ホームページ等で正確な情報を迅速に市民に提供することとします。 引き続き、基本的な感染症対策を呼び掛け、感染予防と拡大防止に努めることとします。 3月10日に健康増進課(保健センター)内に設置した「流山市新型コロナウイルス相談専用ダイヤル」の対応時間を、3月25日から当面の間、平日は19時まで延長し、休日も17時15分まで対応することとします。 流山市新型コロナウイルス感染症対策連絡会議 第4回対策連絡会議:令和2年3月24日 令和2年3月19日に示された国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」を踏まえ、今後の市の対応等について、以下のとおり決定しました。 (今後の感染状況や国の感染症防止策等により必要に応じて見直し変更する可能性があります。 ) 1. 令和2年4月1日以降の市主催のイベント・集会等の取扱いについて• 流山市(流山市教育委員会を含む)主催(共催を含む)のイベント等については、2. を除き、最も感染リスクを高める環境である3つの条件が重なることを避けることが重要であること[注]を考慮し、 1 2 の感染症予防策を可能な限り講じたうえで開催します。 また、 3 の体制の確保を図ることとします。 注:ア. 換気の悪い密閉空間、イ. 人が密集している、ウ. 近距離での会話や発声が行われる、という3つの条件が重なった場を避けること。 1 事前の案内で、高齢者や基礎疾患等のある方の参加をご遠慮いただくことを呼び掛けること。 2 定期的な換気、人が密集しない環境づくり、近距離での歌唱・ダンス・大きな発声等を避けるなど、飛沫や接触による感染を予防する対策を実施し、参加者にも説明・呼び掛けること。 3 参加者の氏名・連絡先を把握するなど、感染が発生した場合に対応がとれる体制を確保すること。 高齢者や基礎疾患のある方などの重症化するおそれの高い方を参加対象とした市主催のイベント等については、引き続き4月30日までの間、原則中止又は延期とします。 流山市敬老バス(さつき号)についても、引き続き4月30日までの間、その使用を中止とします。 利用を中止していた公共施設等の取扱いについて• 1 公共施設 利根運河交流館、各児童館・児童センター、各図書館は、上記1. 1 2 に準じた対策を可能な限り講じたうえで開館します。 高齢者等市内移動支援バス、高齢者福祉センター森の倶楽部、高齢者趣味の家、福祉会館(下花輪福祉会館 ほっとプラザ下花輪 および流山福祉会館)の入浴施設、キッコーマンアリーナのトレーニング室、生涯学習センター 流山エルズ のフィットネスルームは、引き続き4月30日までの間、利用を中止とします。 2 健康増進課で実施する乳幼児健診等 3月中の実施を延期とした乳幼児健診等については、4月以降、上記1. 1 2 に準じた対策を可能な限り講じたうえで順次実施します。 新年度を迎える教育現場における感染症リスクの軽減策について ア. 密閉空間であり換気が悪い、イ. 手の届く距離に多くの児童生徒がいる、ウ. 近距離での会話や発声がある、という3つの条件が重なることを徹底的に避けることを基本原則として、以下の対策を行います。 学校生活での具体的な対応について• 1 登校前は各家庭で毎朝検温を実施し、発熱等の風邪症状が見られるときは自宅で休養させます。 早寝・早起き・朝ごはんを心がけ、体の免疫力を高めます。 2 校内では基本的な感染症対策を徹底します。 机は1つずつ単独にします。 全校や学年が一堂に会する機会を減らし、出来るだけ放送で済ませます。 学校給食での対応について• 1 調理場においては、手洗い・うがいを徹底するとともに、引き続き衛生管理基準に則り、徹底した衛生管理を行います。 2 配食や喫食については、全員、手洗い・うがい等を徹底し、全員一方向を見るような位置で喫食します。 小中学校の部活動対策について• 1 発熱等の風邪症状が見られる児童生徒は参加を見合わせ、自宅で休養させます。 換気を十分に行うとともに、できるだけ短時間での活動となるよう配慮します。 2 運動部:活動時間や曜日を分け、一度に集まる人数を制限します。 学校判断で行う練習試合・合同練習等は避けます。 3 音楽部:一斉での練習はできる限り避け、活動場所と人数を工夫します。 十分に室内の換気を行うとともに、児童生徒同士の間隔を1m以上とって行います。 4 文化部:マスクを着用し、人が密集しないよう個人での活動を中心に行います。 各校における感染症予防対策について アルコール消毒液を昇降口・職員玄関・各階の手洗い場等に常備し、使用を促すとともに、速やかな補充ができるようにします。 年度始めの学校行事への対応について 着任式・始業式は、各教室にて放送で実施するなど、感染症対策を万全にした上で実施します。 入学式は、卒業式と同様、感染症対策を万全にした上で、参加は新入生・教職員・保護者最大2名のみとし、内容を精選して実施します。 学童クラブの対応について• 3月3日からの学校一斉休業に伴い、朝からの開所を開始しています。 春休みおよび令和2年度1学期は、感染症予防策を可能な限り講じたうえで、通常通りに開所します。 第3回対策連絡会議:令和2年2月28日 公立小・中学校の臨時休校などについて、以下のとおり対応することを決定しました。 市内小学校 16校 、中学校 9校 、および幼児教育支援センター附属幼稚園 1園 について• 休校・休園期間 令和2年3月3日(火曜日)~令和2年3月23日(月曜日)• 卒業式・卒園式について 参加者は、卒業生、保護者、職員とします。 なお、保護者は卒業生1人につき2人までとします。 その他 休校期間中、学童クラブに所属しない小学1年生、小学2年生、特別支援学級に限り、どうしても保護者がやむを得ない事情で子どもを見られない(医療従事者など)場合のみ、学校に連絡したうえで、小学校で「預かり学級」として子どもを受け入れます。 その際は、教室を開放し、担任が対応します。 授業等は行いません。 休校期間に、新型コロナウイルス感染者が出た学校は「預かり学級」を中止とします。 学校開放は中止します。 学童クラブについて• 小学校の休校期間中も開所します。 開設時間は、原則として長期休暇中と同様とします。 保育所について• 公立および私立保育所ともに、これまで通り開所します。 なお、公立保育所では卒園式での保護者の列席をご遠慮いただきます。 児童館および児童センターについて• 3月3日(火曜日)から3月23日(月曜日)まで、児童館および児童センター全館を閉館します。 第2回対策連絡会議:令和2年2月25日 流山市(流山市教育委員会を含む。 以下同じ。 )が主催(共催)するイベント・集会等については、新型コロナウイルス感染症の国内における感染状況にかんがみ、以下のとおり取り扱うこととしました。 対象とするイベント・集会等は、令和2年3月31日までに開催を予定するものとします。 この取扱いは、今後の国が発出する感染症防止策の変更等により、必要に応じて、随時見直すこととします。 市が主催するイベント・集会等については、原則として、中止又は延期します。 対象とするイベント・集会等は、令和2年3月31日までに開催を予定するものすべてとします。 ただし、この期間に実施する必要がある、または実施日の変更が困難なものについては、次に掲げる感染症予防策を可能な限り講じたうえで開催します。 1 高齢者や糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患のある人や透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている人など、重症化しやすい人については、事前の案内において、参加をご遠慮いただくよう呼びかけること。 2 次のア~コに掲げる感染機会を減らすための工夫を可能な限り講じて、それを事前に告知するとともに、当日の会場において、参加者に対し、説明・アナウンスすることや、参加者に見えるような張り紙、チラシなどにより呼び掛けること。 ア)頻回な手洗いの実施や咳エチケットについて呼び掛けること。 イ)発熱などの風邪症状や体調不良の場合は、その方の参加をご遠慮いただくよう呼びかけること。 ウ)会場で入り口等にアルコール手指消毒剤を設置すること。 エ)支障のない範囲でドアを開放するなど、参加者がドアノブなどに触れないよう工夫すること。 オ)机など参加者が触れるものはできる限り取り除くこと。 カ)可能な限り参加者が密着しないよう席の配置を行うこと。 キ)握手や近距離(2メートル以内)で行う歌唱やダンス、グループワークなどのプログラムを避けること。 ク)休憩時間に窓や扉を開けて換気すること。 ケ)会議等終了後は、参加者が触れた手すり等はアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒を行うこと。 コ)ア~ケのほか主催者が会場の特性等を考慮して必要な感染機会を減らす工夫を講じること。 流山市敬老バスの使用について 流山市敬老バス(さつき号)については、その使用対象が重症化のおそれが高いとされている高齢者で構成される団体であることから、令和2年3月31日までの間、その使用を中止する取扱いとします。 第1回対策連絡会議:令和2年2月21日 令和2年2月19日に「流山市新型コロナウイルス感染症対策連絡会議」(会長:市長、副会長:副市長、構成員:教育長・水道事業管理者・各部局長)を設置し、2月21日に第1回対策連絡会議を開催しました。

次の

セブンイレブン流山おおたかの森西店でコロナ感染者!感染経路や行動経路は?

流山 市 コロナ

ページ番号1024353 更新日 令和2年5月27日 新型コロナウイルス感染症対策に関する市の体制• 令和2年2月19日:流山市では、千葉県内でも患者発生が確認されるなど、今後、本市としての新型コロナウイルス感染症対策について、庁内の情報共有および適切な対応を検討し円滑に実施していくため、「流山市新型コロナウイルス感染症対策連絡会議」(会長:市長、副会長:副市長、構成員:教育長・水道事業管理者・各部局長)を設置しました。 令和2年3月25日:流山市内でも患者発生が確認されたことを受け、「流山市新型コロナウイルス感染症対策本部」(本部長:市長、副本部長:副市長、本部員:教育長・水道事業管理者・各部局長)に移行しました。 令和2年4月7日:政府対策本部の緊急事態宣言を受け、「流山市新型コロナウイルス感染症対策本部」は、新型インフルエンザ等対策特別措置法34条第1項の規定に基づく市町村対策本部となりました。 令和2年5月25日:政府対策本部の緊急事態解除宣言に伴い、特別措置法に基づく市町村対策本部ではなくなりましたが、引き続き対策本部の体制を維持していきます。 流山市新型コロナウイルス感染症対策本部 本部長:市長、 副本部長:副市長、 本部員:教育長・消防長・上下水道事業管理者・総合政策部長・総務部長・財政部長・市民生活部長・健康福祉部長・子ども家庭部長・経済振興部長兼農業委員会事務局長・環境部長・まちづくり推進部長・土木部長・会計管理者・議会事務局長・選挙管理委員会事務局長・監査委員事務局長・教育総務部長・学校教育部長・生涯学習部長、 事務局:健康福祉部健康増進課• 会議で決定した主な市の対応 流山市新型コロナウイルス感染症対策本部 第8回対策本部会議:令和2年5月19日 国の緊急事態宣言の解除を見込んだ今後の対応について、第8回対策本部を開催しました。 検討事項は以下の通りです。 国の緊急事態宣言解除後の各課等の対応等について、検討しました。 第7回対策本部会議:令和2年4月30日 国の緊急事態宣言の延長が強く見通せることから、第7回対策本部を開催しました。 決定があった事項は以下の通りです。 各施設の対応の継続・変更について 令和2年5月31日までの間の対応について、各施設等の状況に応じた対応とします。 詳細につきましては、各施設等のホームページをご覧ください。 第6回対策本部会議:令和2年4月27日 これまでの千葉県の緊急事態措置を受け、第6回対策本部を開催しました。 決定、報告があった主な事項は以下の通りです。 特別定額給付金について 5月11日からコールセンターを開設します。 詳細が決まり次第、広報やホームページ等でご案内します。 中小企業等支援策について 既存制度の融資資金総枠を拡大しました。 国や県が行う同様の融資制度と比べると、事業者側にとって有利なものです。 第5回対策本部会議:令和2年4月14日 千葉県知事の新たな緊急事態措置(施設の使用制限等の要請)を受け、第5回対策本部会議を開催しました。 決定した主な事項は以下のとおりです。 小中学校の対応について 預かり学級:保護者に対して、利用の自粛を強く要請した上で継続して実施します。 学校校庭開放:継続して実施します。 学童クラブの開所について 学童クラブ内での感染拡大防止のため、保護者に対して、登所自粛を強く要請した上で継続して実施します。 自治会館等の使用について 使用制限等に関する対象施設に集会場が含まれることから、自治会に対し緊急事態宣言が解除されるまで、自治会館等の使用停止の協力を要請します。 第4回対策本部会議:令和2年4月8日 国の緊急事態宣言の発令に伴う千葉県知事の緊急事態措置(外出自粛の要請等)を受け、第4回対策本部会議を開催しました。 決定した主な事項は以下のとおりです。 生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、不要不急の外出を控えること、買い占めを慎むよう市民に呼び掛けます。 小中学校、児童館・児童センターは、5月6日まで休校、休館とします。 保育所、学童クラブは、開所しますが、可能な限り家庭での保育をお願いします。 生涯学習施設や福祉会館等は、5月6日まで貸し館業務を中止します。 第3回対策本部会議:令和2年4月6日 本市では千葉県の学校再開方針に合わせ4月6日の始業日から、感染症対策を万全に行った上で、市内小中学校・市立幼稚園の再開を計画・準備してきましたが、4月5日、千葉県知事より4月中の県立学校の休校延長の措置が発表されたことを受け、第3回対策本部会議を開催し、以下のとおり対応することを決定しました。 市内小・中学校の一斉臨時休校について 1 休校期間 4月8日 水曜日 ~4月30日 木曜日 ただし、4月10日 金曜日 は給食を伴う登校日とし、給食後下校します。 なお、学童クラブを利用される児童については、学童クラブの始まる14時30分まで学校でお預かりします。 2 入学式について 参加者は、教職員・新入生・保護者とします。 なお、保護者は入学生1人につき2人までとします。 在校生は登校しません。 4月8日 水曜日 :中学校入学式 4月9日 木曜日 :小学校入学式 3 預かり学級 期間:4月13日 月曜日 ~4月30日 木曜日 対象:小学1年生から6年生、小学校特別支援学級の児童、中学校特別支援学級の生徒 (保護者が就労などやむを得ない事情のある児童・生徒とし、今回は学童入所者を含みます。 ) 時間:8時10分~14時30分 昼食:給食あり(小学校のみ) 内容:各自が自習課題を持参(授業は進めません) 4 学校給食 13日以降は、預かり学級申し込みと同時に、給食の申し込みをいただきます。 アレルギー対応が必要な児童は、お弁当を持参してください。 給食の提供内容や費用については、後日ご連絡します。 5 学校開放 学校開放は学校の状況に応じて校庭・体育館の開放を行います。 学童クラブについて 通常どおり開所することとし開設時間は、以下のとおりです。 平日:14時30分~18時00分 土曜日:8時00分~18時00分 ただし、8日 水曜日 および9日 木曜日 は、8時00分~18時00分の間、開所します。 児童館および児童センターについて 小中学校の休校中は、児童館および児童センター全館を休館します。 第2回対策本部会議:令和2年4月1日 第2回対策本部会議を開催し、以下のとおり対応することとしました。 市内居住患者2例目の発生を受けて、施設の利用内容・条件や利用当日の感染症対策などについて「感染症対策チェックシート」で点検し、チェック項目の全てを満たす場合に限り利用を認めることとし、公共施設利用時の感染防止の一層の徹底を図ることとします。 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業者等への市独自融資支援策を実施します。 第1回対策本部会議:令和2年3月25日 これまでの「流山市新型コロナウイルス感染症対策連絡会議」から「流山市新型コロナウイルス感染症対策本部」(本部長:市長、副本部長:副市長、本部員:教育長・水道事業管理者・各部局長)に移行して、第1回対策本部会議を開催し、以下のとおり対応することとしました。 市内居住患者1例目の発生を受けて、市の体制を対策本部に移行し、各部課が部・班の役割分担に基づき全庁的に対応していくこととします。 安心メール・ホームページ等で正確な情報を迅速に市民に提供することとします。 引き続き、基本的な感染症対策を呼び掛け、感染予防と拡大防止に努めることとします。 3月10日に健康増進課(保健センター)内に設置した「流山市新型コロナウイルス相談専用ダイヤル」の対応時間を、3月25日から当面の間、平日は19時まで延長し、休日も17時15分まで対応することとします。 流山市新型コロナウイルス感染症対策連絡会議 第4回対策連絡会議:令和2年3月24日 令和2年3月19日に示された国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」を踏まえ、今後の市の対応等について、以下のとおり決定しました。 (今後の感染状況や国の感染症防止策等により必要に応じて見直し変更する可能性があります。 ) 1. 令和2年4月1日以降の市主催のイベント・集会等の取扱いについて• 流山市(流山市教育委員会を含む)主催(共催を含む)のイベント等については、2. を除き、最も感染リスクを高める環境である3つの条件が重なることを避けることが重要であること[注]を考慮し、 1 2 の感染症予防策を可能な限り講じたうえで開催します。 また、 3 の体制の確保を図ることとします。 注:ア. 換気の悪い密閉空間、イ. 人が密集している、ウ. 近距離での会話や発声が行われる、という3つの条件が重なった場を避けること。 1 事前の案内で、高齢者や基礎疾患等のある方の参加をご遠慮いただくことを呼び掛けること。 2 定期的な換気、人が密集しない環境づくり、近距離での歌唱・ダンス・大きな発声等を避けるなど、飛沫や接触による感染を予防する対策を実施し、参加者にも説明・呼び掛けること。 3 参加者の氏名・連絡先を把握するなど、感染が発生した場合に対応がとれる体制を確保すること。 高齢者や基礎疾患のある方などの重症化するおそれの高い方を参加対象とした市主催のイベント等については、引き続き4月30日までの間、原則中止又は延期とします。 流山市敬老バス(さつき号)についても、引き続き4月30日までの間、その使用を中止とします。 利用を中止していた公共施設等の取扱いについて• 1 公共施設 利根運河交流館、各児童館・児童センター、各図書館は、上記1. 1 2 に準じた対策を可能な限り講じたうえで開館します。 高齢者等市内移動支援バス、高齢者福祉センター森の倶楽部、高齢者趣味の家、福祉会館(下花輪福祉会館 ほっとプラザ下花輪 および流山福祉会館)の入浴施設、キッコーマンアリーナのトレーニング室、生涯学習センター 流山エルズ のフィットネスルームは、引き続き4月30日までの間、利用を中止とします。 2 健康増進課で実施する乳幼児健診等 3月中の実施を延期とした乳幼児健診等については、4月以降、上記1. 1 2 に準じた対策を可能な限り講じたうえで順次実施します。 新年度を迎える教育現場における感染症リスクの軽減策について ア. 密閉空間であり換気が悪い、イ. 手の届く距離に多くの児童生徒がいる、ウ. 近距離での会話や発声がある、という3つの条件が重なることを徹底的に避けることを基本原則として、以下の対策を行います。 学校生活での具体的な対応について• 1 登校前は各家庭で毎朝検温を実施し、発熱等の風邪症状が見られるときは自宅で休養させます。 早寝・早起き・朝ごはんを心がけ、体の免疫力を高めます。 2 校内では基本的な感染症対策を徹底します。 机は1つずつ単独にします。 全校や学年が一堂に会する機会を減らし、出来るだけ放送で済ませます。 学校給食での対応について• 1 調理場においては、手洗い・うがいを徹底するとともに、引き続き衛生管理基準に則り、徹底した衛生管理を行います。 2 配食や喫食については、全員、手洗い・うがい等を徹底し、全員一方向を見るような位置で喫食します。 小中学校の部活動対策について• 1 発熱等の風邪症状が見られる児童生徒は参加を見合わせ、自宅で休養させます。 換気を十分に行うとともに、できるだけ短時間での活動となるよう配慮します。 2 運動部:活動時間や曜日を分け、一度に集まる人数を制限します。 学校判断で行う練習試合・合同練習等は避けます。 3 音楽部:一斉での練習はできる限り避け、活動場所と人数を工夫します。 十分に室内の換気を行うとともに、児童生徒同士の間隔を1m以上とって行います。 4 文化部:マスクを着用し、人が密集しないよう個人での活動を中心に行います。 各校における感染症予防対策について アルコール消毒液を昇降口・職員玄関・各階の手洗い場等に常備し、使用を促すとともに、速やかな補充ができるようにします。 年度始めの学校行事への対応について 着任式・始業式は、各教室にて放送で実施するなど、感染症対策を万全にした上で実施します。 入学式は、卒業式と同様、感染症対策を万全にした上で、参加は新入生・教職員・保護者最大2名のみとし、内容を精選して実施します。 学童クラブの対応について• 3月3日からの学校一斉休業に伴い、朝からの開所を開始しています。 春休みおよび令和2年度1学期は、感染症予防策を可能な限り講じたうえで、通常通りに開所します。 第3回対策連絡会議:令和2年2月28日 公立小・中学校の臨時休校などについて、以下のとおり対応することを決定しました。 市内小学校 16校 、中学校 9校 、および幼児教育支援センター附属幼稚園 1園 について• 休校・休園期間 令和2年3月3日(火曜日)~令和2年3月23日(月曜日)• 卒業式・卒園式について 参加者は、卒業生、保護者、職員とします。 なお、保護者は卒業生1人につき2人までとします。 その他 休校期間中、学童クラブに所属しない小学1年生、小学2年生、特別支援学級に限り、どうしても保護者がやむを得ない事情で子どもを見られない(医療従事者など)場合のみ、学校に連絡したうえで、小学校で「預かり学級」として子どもを受け入れます。 その際は、教室を開放し、担任が対応します。 授業等は行いません。 休校期間に、新型コロナウイルス感染者が出た学校は「預かり学級」を中止とします。 学校開放は中止します。 学童クラブについて• 小学校の休校期間中も開所します。 開設時間は、原則として長期休暇中と同様とします。 保育所について• 公立および私立保育所ともに、これまで通り開所します。 なお、公立保育所では卒園式での保護者の列席をご遠慮いただきます。 児童館および児童センターについて• 3月3日(火曜日)から3月23日(月曜日)まで、児童館および児童センター全館を閉館します。 第2回対策連絡会議:令和2年2月25日 流山市(流山市教育委員会を含む。 以下同じ。 )が主催(共催)するイベント・集会等については、新型コロナウイルス感染症の国内における感染状況にかんがみ、以下のとおり取り扱うこととしました。 対象とするイベント・集会等は、令和2年3月31日までに開催を予定するものとします。 この取扱いは、今後の国が発出する感染症防止策の変更等により、必要に応じて、随時見直すこととします。 市が主催するイベント・集会等については、原則として、中止又は延期します。 対象とするイベント・集会等は、令和2年3月31日までに開催を予定するものすべてとします。 ただし、この期間に実施する必要がある、または実施日の変更が困難なものについては、次に掲げる感染症予防策を可能な限り講じたうえで開催します。 1 高齢者や糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患のある人や透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている人など、重症化しやすい人については、事前の案内において、参加をご遠慮いただくよう呼びかけること。 2 次のア~コに掲げる感染機会を減らすための工夫を可能な限り講じて、それを事前に告知するとともに、当日の会場において、参加者に対し、説明・アナウンスすることや、参加者に見えるような張り紙、チラシなどにより呼び掛けること。 ア)頻回な手洗いの実施や咳エチケットについて呼び掛けること。 イ)発熱などの風邪症状や体調不良の場合は、その方の参加をご遠慮いただくよう呼びかけること。 ウ)会場で入り口等にアルコール手指消毒剤を設置すること。 エ)支障のない範囲でドアを開放するなど、参加者がドアノブなどに触れないよう工夫すること。 オ)机など参加者が触れるものはできる限り取り除くこと。 カ)可能な限り参加者が密着しないよう席の配置を行うこと。 キ)握手や近距離(2メートル以内)で行う歌唱やダンス、グループワークなどのプログラムを避けること。 ク)休憩時間に窓や扉を開けて換気すること。 ケ)会議等終了後は、参加者が触れた手すり等はアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒を行うこと。 コ)ア~ケのほか主催者が会場の特性等を考慮して必要な感染機会を減らす工夫を講じること。 流山市敬老バスの使用について 流山市敬老バス(さつき号)については、その使用対象が重症化のおそれが高いとされている高齢者で構成される団体であることから、令和2年3月31日までの間、その使用を中止する取扱いとします。 第1回対策連絡会議:令和2年2月21日 令和2年2月19日に「流山市新型コロナウイルス感染症対策連絡会議」(会長:市長、副会長:副市長、構成員:教育長・水道事業管理者・各部局長)を設置し、2月21日に第1回対策連絡会議を開催しました。

次の