怖い話 まとめ 山。 山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

見えた人

怖い話 まとめ 山

山道の怪談 大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。 思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道に、くねくねと蛇のようにうねる山道を通った。 昼間は何度か通ったことがあったが、夜になると、これが同じ道かと思うくらい無気味な雰囲気だった。 ハンドルを握っていたのは俺だったが、わりとビビリのほうなので、運転を代わってもらったほうが気が楽だった。 しかし友人の山根は、ラーメン屋で勝手に一杯ひっかけていたので、助手席で無責任な軽口を叩くばかりだった。 「ここの峠って色々変な話があるよな」 急に山根が、声をひそめて囁いてきた。 俺は聞いたことがなかったが、『何なに?どんな話?』なんて聞くとヤツのペースだと思ったので、 興味ない風を装って、「ああ」とそっけなく返した。 山根はなぜか俯いて、しばらく黙っていた。 二車線だが対向車は一台も通らない。 申し訳ていどの電灯が疎らに立っていた。 無言のまま車を走らせていると、急に大きな人影が前方に見えた気がして一瞬驚いたが、道端に立っている地蔵だと気付いてホッとした。 このあたりに、なぜか異様に大きな地蔵があるのは覚えていた。 その時、黙っていた山根が口を開いた。 「なあ、怖い話してやろうか」 この野郎、大人しいと思ってたら怪談を考えてたな。 と思ったが、『ヤメロ』なんて言うのはシャクだったので、「おう、いいぞ」と言った。 山根は俯きながらしゃべり始めた。 「俺の実家の庭にな、小人が埋まってるらしいんだよ。 じいさんが言ってたんだけど。 俺の家、古いじゃん。 いつからあるのかわからない、へんな石が庭の隅にあってな。 その下に埋まってるんだと。 で、じいさんが言うには、その小人がウチの家を代々守ってくれている。 その代わり、いつも怒っていらっしゃるので、 毎日毎日水をやり、その石のまわりをきれいにしていなければならない。 たしかに、じいさんやお祖母ちゃんが、毎日その石を拝んでいるけど、そんな話ってあるのかなあと思って、小学生の頃、病院で寝たきりだった曽祖父に、見舞いに行った時に聞いてみた。 曽祖父も、ちゃんと小人が埋まってると教えてくれた。 それも、ワシのじいさんから聞いたと言っていた。 子供にとっては気が遠くなるほど昔だったから、こりゃあ本当に違いないと単純に信じた」 山根は淡々と話し続けた。 こんな所でする怪談にしては、ずいぶん変な話だった。 山根は言った。 「小人って、座敷わらしとかさ、家の守り神のイメージあるよな。 でも、埋まってるってのが変だよな。 俺、曽祖父に聞いてみたんだよ。 なんで埋まってるのって」 そこまで聞いた時、急に前方に人影が見えて、思わずハンドルを逆に切ろうとした。 ライトに一瞬しか照らされなかったが、人影じゃなかったみたいだった。 地蔵だ。 そう思ったとき、背筋がゾクッとした。 一度通った道? ありえなかった。 道は一本道だった。 「曽祖父はベットの上で両手を合わせて、目をつぶったまま囁いた。 むかし、我が家の当主が、福をもたらす童を家に迎え、大層栄えたそうな。 しかし、酒や女でもてなすも、童は帰ると言う。 そこで当主は、刀で童の四肢を切り離し、それぞれ家のいずこかへ埋めてしまった」 俺は頭がくらくらしていた。 道がわからない。 木が両側から生い茂る景色は変わらないが、まだ峠から抜けないのはおかしいような気がする。 さっきの地蔵はなんだろう。 二つあるなんて記憶に無い。 車線がくねくねと、ライトから避けるように身をよじっている。 山根は時々思い返すように、俯きながら喋りつづける。 「それ以来、俺の家は商家として栄えつづけたけど、早死にや流行り病で、家族が死ぬことも多かったらしい。 曽祖父曰く、童は福をもたらすと同時に、我が家をこんこんと祟る神様なんだと。 だからお怒りを鎮めるために、あの石は大事にしなければならん、と」 よせ。 「おい、よせよ」 『帰れなくなるぞ』と言ったつもりだった。 しかし、同じ道をぐるぐる廻っているような気がするのと、山根のする話とどうも噛み合わなかった。 最初に言っていた『この峠の色々変な話』ってなんだろうと、ふと思った。 山根は続けようとした。 「これはウチに伝わる秘密の話でな、本来門外不出のはずなんだけど・・・」 「オイ、山根」 我慢できなくなって声を荒げてしまった。 山根は顔を上げない。 悪ふざけをしてるようだったが、よく見ると肩が小刻みに震えているようだった。 「この話には変なところがあって、俺それを聞いてみたんだ。 そしたら曽祖父が、おまじない一つを教えてくれた」 「山根。 なんなんだよ。 なんでそんな話するんだよ」 「だから・・・・」 「山根ェ!車の外が変なんだよ、気がつかないのか」 俺は必死になっていた。 「だから・・・・こういう時にはこう言いなさいって。 ホーイホーイ おまえのうではどこじゃいな おまえのあしはどこじゃいな はしらささえてどっこいしょ えんをささえてどっこいしょ ホーイホーイ」 心臓に冷たい水が入った気がした。 全身に鳥肌が立ち、ビリビリくるほどだった。 ホーイホーイという残響が頭に響いた。 ホーイホーイ・・・・呟きながら、俺は無心にハンドルを握っていた。 見えない霧のようなものが、頭から去っていくような感じがした。 「頼む」 山根はそう言って両手を合わせたきり黙った。 そして気がつくと、見覚えのある広い道に出ていた。 市内に入りファミリーレストランに寄るまで、俺たちは無言だった。 山根はあの峠のあたりで、助手席のドアの下の隙間から、顔が覗いているのが見えたと言う。 軽口が急にとまったあたりなのだろう。 青白い顔がにゅうっと平べったく這い出て来て、ニタニタ笑い、これはやばいと感じたそうだ。 俺に話したというよりも、自分の足元の顔と睨み合いながら、あの話を聞かせていのだ。 彼の家の人間が危機に陥った時のおまじないなのだろう。 「家に帰ったら、小人にようくお礼言っとけよ」と、俺は冗談めかして言った。 「しかし、お前がそういうの信じてたなんて、意外な感じだな」と素直な感想を言うと、 山根は神妙な顔をして言った。 「俺、掘ったんだよ」.

次の

【悲報】ワイ、山を舐めていた : うしみつ

怖い話 まとめ 山

山道の怪談 大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。 思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道に、くねくねと蛇のようにうねる山道を通った。 昼間は何度か通ったことがあったが、夜になると、これが同じ道かと思うくらい無気味な雰囲気だった。 ハンドルを握っていたのは俺だったが、わりとビビリのほうなので、運転を代わってもらったほうが気が楽だった。 しかし友人の山根は、ラーメン屋で勝手に一杯ひっかけていたので、助手席で無責任な軽口を叩くばかりだった。 「ここの峠って色々変な話があるよな」 急に山根が、声をひそめて囁いてきた。 俺は聞いたことがなかったが、『何なに?どんな話?』なんて聞くとヤツのペースだと思ったので、 興味ない風を装って、「ああ」とそっけなく返した。 山根はなぜか俯いて、しばらく黙っていた。 二車線だが対向車は一台も通らない。 申し訳ていどの電灯が疎らに立っていた。 無言のまま車を走らせていると、急に大きな人影が前方に見えた気がして一瞬驚いたが、道端に立っている地蔵だと気付いてホッとした。 このあたりに、なぜか異様に大きな地蔵があるのは覚えていた。 その時、黙っていた山根が口を開いた。 「なあ、怖い話してやろうか」 この野郎、大人しいと思ってたら怪談を考えてたな。 と思ったが、『ヤメロ』なんて言うのはシャクだったので、「おう、いいぞ」と言った。 山根は俯きながらしゃべり始めた。 「俺の実家の庭にな、小人が埋まってるらしいんだよ。 じいさんが言ってたんだけど。 俺の家、古いじゃん。 いつからあるのかわからない、へんな石が庭の隅にあってな。 その下に埋まってるんだと。 で、じいさんが言うには、その小人がウチの家を代々守ってくれている。 その代わり、いつも怒っていらっしゃるので、 毎日毎日水をやり、その石のまわりをきれいにしていなければならない。 たしかに、じいさんやお祖母ちゃんが、毎日その石を拝んでいるけど、そんな話ってあるのかなあと思って、小学生の頃、病院で寝たきりだった曽祖父に、見舞いに行った時に聞いてみた。 曽祖父も、ちゃんと小人が埋まってると教えてくれた。 それも、ワシのじいさんから聞いたと言っていた。 子供にとっては気が遠くなるほど昔だったから、こりゃあ本当に違いないと単純に信じた」 山根は淡々と話し続けた。 こんな所でする怪談にしては、ずいぶん変な話だった。 山根は言った。 「小人って、座敷わらしとかさ、家の守り神のイメージあるよな。 でも、埋まってるってのが変だよな。 俺、曽祖父に聞いてみたんだよ。 なんで埋まってるのって」 そこまで聞いた時、急に前方に人影が見えて、思わずハンドルを逆に切ろうとした。 ライトに一瞬しか照らされなかったが、人影じゃなかったみたいだった。 地蔵だ。 そう思ったとき、背筋がゾクッとした。 一度通った道? ありえなかった。 道は一本道だった。 「曽祖父はベットの上で両手を合わせて、目をつぶったまま囁いた。 むかし、我が家の当主が、福をもたらす童を家に迎え、大層栄えたそうな。 しかし、酒や女でもてなすも、童は帰ると言う。 そこで当主は、刀で童の四肢を切り離し、それぞれ家のいずこかへ埋めてしまった」 俺は頭がくらくらしていた。 道がわからない。 木が両側から生い茂る景色は変わらないが、まだ峠から抜けないのはおかしいような気がする。 さっきの地蔵はなんだろう。 二つあるなんて記憶に無い。 車線がくねくねと、ライトから避けるように身をよじっている。 山根は時々思い返すように、俯きながら喋りつづける。 「それ以来、俺の家は商家として栄えつづけたけど、早死にや流行り病で、家族が死ぬことも多かったらしい。 曽祖父曰く、童は福をもたらすと同時に、我が家をこんこんと祟る神様なんだと。 だからお怒りを鎮めるために、あの石は大事にしなければならん、と」 よせ。 「おい、よせよ」 『帰れなくなるぞ』と言ったつもりだった。 しかし、同じ道をぐるぐる廻っているような気がするのと、山根のする話とどうも噛み合わなかった。 最初に言っていた『この峠の色々変な話』ってなんだろうと、ふと思った。 山根は続けようとした。 「これはウチに伝わる秘密の話でな、本来門外不出のはずなんだけど・・・」 「オイ、山根」 我慢できなくなって声を荒げてしまった。 山根は顔を上げない。 悪ふざけをしてるようだったが、よく見ると肩が小刻みに震えているようだった。 「この話には変なところがあって、俺それを聞いてみたんだ。 そしたら曽祖父が、おまじない一つを教えてくれた」 「山根。 なんなんだよ。 なんでそんな話するんだよ」 「だから・・・・」 「山根ェ!車の外が変なんだよ、気がつかないのか」 俺は必死になっていた。 「だから・・・・こういう時にはこう言いなさいって。 ホーイホーイ おまえのうではどこじゃいな おまえのあしはどこじゃいな はしらささえてどっこいしょ えんをささえてどっこいしょ ホーイホーイ」 心臓に冷たい水が入った気がした。 全身に鳥肌が立ち、ビリビリくるほどだった。 ホーイホーイという残響が頭に響いた。 ホーイホーイ・・・・呟きながら、俺は無心にハンドルを握っていた。 見えない霧のようなものが、頭から去っていくような感じがした。 「頼む」 山根はそう言って両手を合わせたきり黙った。 そして気がつくと、見覚えのある広い道に出ていた。 市内に入りファミリーレストランに寄るまで、俺たちは無言だった。 山根はあの峠のあたりで、助手席のドアの下の隙間から、顔が覗いているのが見えたと言う。 軽口が急にとまったあたりなのだろう。 青白い顔がにゅうっと平べったく這い出て来て、ニタニタ笑い、これはやばいと感じたそうだ。 俺に話したというよりも、自分の足元の顔と睨み合いながら、あの話を聞かせていのだ。 彼の家の人間が危機に陥った時のおまじないなのだろう。 「家に帰ったら、小人にようくお礼言っとけよ」と、俺は冗談めかして言った。 「しかし、お前がそういうの信じてたなんて、意外な感じだな」と素直な感想を言うと、 山根は神妙な顔をして言った。 「俺、掘ったんだよ」.

次の

【超閲覧注意】洒落にならない「怖い話」まとめ…最強レベルの短編怪談

怖い話 まとめ 山

小学生の頃、近所で火事があった。 まだ朝薄暗いうちにけたたましいサイレンの音が鳴り響き、その音で目が覚めた。 パジャマのまま現場に駆けつけると、見知った顔の大人や子供が道路隔ててひしめいていた。 僕は同じクラスのKを見つけ、人混みをぬって近づいた。 木造二階建ての家屋は煙に包まれ、火柱も上がろうかという勢いだった。 先に着いていたKに詳しい状況を聞こうとしたが、お互いその様相に唖然として言葉もなかった。 すると突然背後にいたおばさんが騒ぎ始めた。 道路に面した二階の窓に誰かいると言っていた。 消防車は隣家への延焼を防ごうとして、放水はもっぱら家屋の側面に集中していたように思う。 ああ、早く助けてあげて、と指差して声を上げるので、周囲の人たちも一斉に注目するのだが、窓からは黒煙が噴出し、一向に人の姿は見えない。 誰もいないぞ、そんな声も漏れる中、少し離れた場所でも同じようにざわついている集団があった。 やっぱりおばさんみたいな人が窓を指して、誰かいると叫んでいた。 僕は思わずKに何か見えるか聞いてみた。 するとKは唇を紫色にしてガタガタと震えている。 どうしたんだよ、僕がさらに訊ねると、Kは怯えたようにその場から走り去った。 朝学校に着くと、クラスは火事の話で持ちきりだった。 僕は一緒に目撃したKを探した。 やっぱり死傷者が出たかどうかが話題の中心だったからだ。 Kはその日学校を休んでいた。 何でも熱を出して寝込んでいるらしい。 放課後、僕は給食のパンやプリントを持ってKの家を訪ねた。 Kの母親が出てきて、まだ具合が悪く寝ているとのこと。 仕方なく家に帰って、家族から火事のその後の話を聞くと、やはり死者が出たらしかった。 二階で寝ていた家の主が、逃げ遅れて亡くなったそうだ。 助けを求める姿を目撃した人もいるとのこと。 僕には見えなかった。 どうやらその姿が見えた人と、見えなかった人がいるらしかった。 Kは見えていたのか、僕はとても知りたかった。 いったい何が見えていたのか。 二日後Kは登校した。 休み時間になって、僕は待ちきれずにKに近づいた。 Kは話すのを嫌がっているようだったが、僕は無理強いした。 もう思い出したくない、とか、夜一人で寝られない、トイレも行けないなどと泣き言を並べたが、僕が誰かに話せば怖くなくなると説得するとKはようやく話した。 「最初おじさんが窓の方に逃げてきたんだよ」 「窓を開けようとしたら、急に真っ白い手がにゅっと伸びておじさんを煙の中に引きずり込んだんだ」 「それから、変なおばさんが窓辺に立って、火事を見物してる人たちを見回し始めたんだ」 「しばらく眺めてけど、僕と目が合った」 「すると、いきなり睨みつけたんだ」 Kはしゃべりながらがたがた震え始めた。 「わかった。 もういいよ。 このことは内緒にしよう」 僕はそれ以上聞いてられなかった。 一緒になって震えていたからだった。 ウチの従兄弟の叔母さん(母の姉)は、ちょっと頭おかしい人でね。 まぁ一言で言うと、「時々、昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ」って台詞を、 親族で飯食ってる時とかに平気... 「結」は二つに分けました。 こんな時間ですが、「結」上を投下します。 「結」下は今夜。 たぶん、いけると思う。 現在、変な改行に精を出しています。 もし起きている人... 俺にはNっていう友人がいるんだが、どういう訳かNは自分の家に人を呼ぶのを嫌う。 いや、嫌うというか親に友達を家に上げるな。 と言われていたらしい。 確か、家が片付... もうだいぶ前の話。 オカルト雑誌なんかが良く出てた頃、呪いの家だとして祖母の家が載った事がある。 祖母の家系は代々墓守なので、墓のド真ん中に平屋があるんだ。 俺は友人の影響でネットラジオをやっているのだが、第一回の放送の後聞いていた親しい友人にその感想を聞いてみた。 たまに他のラジオでは聞かない雑音が入ったり、途中途... 祖父の話を投稿させてもらうよ 祖父は関西で建築業をしていて交友関係も豊富だった。 その人付き合いからか、割と人から変わった物を買うのが多かった。 見栄っ張りな祖... 「なんとか願いを叶えたい!」、そう強く思いました。 想い人は15歳年上の会社の上司で、とても仕事が出来る人です。 私は勇気を持って告白し、その後にその人と結婚し... 俺、12階建てマンションの6階に住んでるんだけどこのマンション飛び降りの名所なんだよね、過去10年で12人飛び降りてそのうち9人が死亡。 知り合いに警官が居るん... カテゴリ• 103• 434• 153• 110• 236• 272• 4 オススメニュース記事.

次の