かず の すけ ブログ。 SNSで話題「 かずのすけ 」って何者? 美容化学者誕生のきっかけに迫る!

かずのすけさんおすすめ!市販で買える油脂系クレンジングオイル3選

かず の すけ ブログ

こんにちは、ゆりかです。 私は「化学者が美肌コスメを選んだら…」の著者、かずのすけさんのブログを4年くらい愛読しています。 もちろん書籍も読み漁りました。 きっかけは大人ニキビに悩んでいた時にかずのすけさんの「オフスキンケア」の考えに出会ったこと。 かずのすけさんは自身がアトピー肌で、敏感肌のスキンケアとの付き合い方も紹介してくれています。 「美肌のためには美容液よりも肌の負担を減らす」という考えは、それまでデパコスマニアで取っ替え引っ替えスキンケアを変えていた私には相当衝撃的で、一気にどハマりしてしまいました。 もうかずのすけ先生ラブ。 かずのすけさんのブログでコスメの成分解析を読むのが大好きで、それがきっかけで自分でも化粧品成分の勉強もするようになりました。 今回はそんなかずのすけさんおすすめの、ドラッグストアで買えるスキンケアコスメをまとめてみました。 かずのすけさんのおすすめポイントとは かずのすけさんは自身がアトピー肌であることから、肌に低刺激であるかということを一番にチェックされています。 高評価がついているものは敏感肌適正が高いものといえます。 私も肌荒れを繰り返していたころは肌のバリア機能が弱くなっていたので、アトピー肌でなくとも、肌荒れや乾燥肌に悩んでいる人も低刺激なスキンケアを使うことはとても大事です。 敏感肌の人や低刺激のスキンケアを選びたい人は 「BG」「グリセリン」ベースが低刺激。 「エタノール」は強靭な肌向き。 敏感肌は避けましょう。 多くの保湿成分は肌の表面で水分を保持する働きなのに対し、 セラミドは肌のバリア機能そのものとしてはたらく唯一の成分。 ヒト型セラミドは高価な成分のため、プチプラコスメにはあまり高濃度は望めないけど、ヒト型セラミドはごく少量でもかなりの肌改善効果がある成分です。 また、セラミドは複数の種類が入っているとより効果的です。 素肌しずく ぷるっとしずく化粧水/アサヒ研究所• 医薬部外品の乳液。 有効成分のグリチルリチン酸ステアリルは疑似ステロイド作用により炎症を沈静化。 ベースはBG、グリセリン、スクワラン。 セラミド3配合 ノブシリーズと言えば、敏感肌向けで皮膚科のお医者さんにも勧められるくらい、ドラッグストアで手に入るコスメの中では信頼感抜群なスキンケアシリーズ。 アルージェ/エクストラモイストクリーム(とてもしっとり)• 医薬部外品のクリーム。 有効成分は抗炎症成分• スクワラン、エステルオイルなどの安定性高いオイル配合• ビオセラミド(セレブロシド)、水添大豆リン脂質はセラミド類似物質 アルージェもドラッグストアで手に入る敏感肌向けシリーズ。 医薬部外品です。 30gで2500円とお高めな感じがしますが、これでも安いくらいの内容だそうです。 油剤の乳化に界面活性剤を用いない特殊な製法だそうで、その分肌への負担も低いそう。 かずのすけさんの評価はクリームの安全性や効能の高さはかなり高いレベルで、大手メーカーで購入しようとすれば数万円レベルだそうです。 でも医薬部外品のクリームですから、肌荒れしたときのスペシャルケアくらいにした方が良さそうです。 ロート製薬/ケアセラ高保湿ボディクリーム• ベースがBGのみ• 抗炎症剤のグリチルリチン酸2Kとアラントインが配合。 保湿効果は低いですが、抗炎症ローションということならば敏感肌の子どものスキンケアの他にも、「 ニキビ用ローション」としてもこれ以上安心な設計はないそう。 赤ちゃんの荒れ性、思春期の肌荒れ、大人ニキビにもおすすめの1品だそうです。 ナチュラルサイエンス/ママ&キッズ オリゴミルク• 肌なじみの良い「マガデミアナッツ脂肪酸フィトステリル」• ヒト型セラミド4種、疑似セラミドが配合• 環状オリゴをはじめとした糖類、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分• ビフィズス菌など常在菌環境の改善が期待できる成分も• リピジュア、ペリセアなどの高保湿成分• ベースにスクワラン、さらにヒト型セラミドまで配合してこのお値段はむしろ安いとのこと。 これを使えば一気に肌がきれいになるというよりは、「適切な肌の保護剤としてバリア機能を高めて少しずつ肌を正常化していく」・・・という赤ちゃんにも安心でママにもうれしいスキンミルクです。 私的に、攻めの美容で肌が疲れちゃった女性なんかにも理想的なスキンケアだと思いました!昔の私に使わせたい~ 素肌しずく エイジングケア美白美容液/アサヒ研究所• 医薬部外品の美容液• コラーゲン、ヒアルロン酸系の成分がベースに入っておりかなり水分保持効果があります。 プラセンタエキス(美白成分)• グリチルリチン酸2K(抗炎症剤)• ヒト型セラミド3種、フィトスフィンゴシン(セラミド類似体)配合 低刺激でいて高い保湿効果、美白効果、抗炎症作用と、エイジング向けの効果を詰め込んだ美容液です!プチプラなのに高級化粧品などと比べても遜色ない成分構成で、お買い得美容液と言えそうです。 セラミド配合を推している商品ではないのでそんなに入ってないかもしれませんが、ヒト型セラミドが3種類も配合なんです。 「これ1本でお肌のケアはほぼ完ぺき」といえる高機能美容液です。 アスタリフト ジェリー アクアリスタR• グリセリンベースで低刺激。 しっとり感重視• 肌に塗るとしわに入り込んでハリを与えてくれる成分配合• 「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」はビタミンC誘導体• 抗酸化作用のある「アスタキサンチン」配合• 「 ビタミンC誘導体」と「 アスタキサンチン」のWの抗酸化作用と「 ヒト型セラミド」配合で、エイジングケアに欠かせない要素もしっかり盛り込まれています。 文句なしのアンチエイジング化粧品。 ドラッグストアで手に入りますが、高級ブランドということでかなりお値段は張りますが・・・。 内容的にけっしてぼったくりではなく、お値段的にも有効成分がそれなりの量が入っていることが期待できるかも。 攻めの美容は時に肌に負担をかけてしまうし、メイクやクレンジングで肌に負担をかけていればどんなにいい美容液を使っても無意味です。 これは私の経験で実証済みです。 今では 石けんで落ちるミネラルコスメを使ってクレンジングをやめたり、肌のバリア機能をアップしてくれる「セラミド」入りのスキンケアを使っています。 肌に負担をかけることをやめれば、スキンケアはプチプラのものをつかってもデパコスマニアだった以前よりも肌がきれいです。 長年悩まされた大人ニキビもすっかりできなくなりました。 肌にやさしいミネラルコスメのすすめ 私が使っているのは全て石けんで落とせるコスメです! クレンジングをやめるだけでお肌の負担はだいぶ違います!でも、私は肌へのやさしさも考えてベースメイクはを愛用しています。 肌荒れがひどくて化粧もできなかった時期があって、そんな時でもエトヴォスのミネラルコスメでは化粧をすることができて、それ以来ずっと愛用しています! エトヴォスのコスメは、敏感肌の人でも安心して使えるように刺激のある成分はできる限り使わない処方になっているんです。 エトヴォスのミネラルコスメはこんな人にオススメです• 敏感肌でニキビができやすい人• メイクで肌荒れしやすい人• メイクをやめるのは無理だけど、肌を休めたい人• メイクしながらスキンケアしたい人• 子育て中のママ 肌荒れの大きな原因の一つは、クレンジングです。 コスメやクレンジングで肌に刺激を与えてしまっては、どんなにいい化粧水やクリームを使っても意味がありません。 肌荒れがひどくなってしまっている時はメイクをしないのが一番だけど、メイクをしちゃだめってきついですよね。 ばっちりメイクは特別な日だけにして、普段のメイクはミネラルメイクにするなど使い分けするのもおすすめです。 メイクも楽しみたいし、お肌もケアしたいっていう人にぜひ使ってみてもらいたいです。

次の

オフスキンケアとは

かず の すけ ブログ

同じケアをしている方は一刻も早く、油脂系クレンジングに切り替えてみてほしい! かずのすけさんのブログによると 角栓毛穴の1番最初の原因は、前回の記事でも説明したように『毛穴周囲の炎症』です。 ーーー 毛穴を悪化させないためには炎症さえ起こさせなければOKなのです。 逆に言えば 毛穴周辺の炎症を誘発するようなアイテム(例えば角栓パックとか)を使うことが毛穴の状態悪化の第一歩ということになります。 より あぁ、毛穴パックをしていた過去を消し去りたい・・・ 毛穴パック乱用で肌が炎症 毛穴の角栓をばりっと剥がすパックを、20歳~29歳ごろまでなんと10年も使い続けていました。 でも、かずのすけさんのブログにも書かれてますが、 毛穴パックってやったあとにかゆくなったり毛穴から脂がやたらと出てきたりします。 これ、 明らかな炎症と皮脂を取りすぎたことによる皮脂の過剰分泌なんだそうです。。 全然よくないじゃん! 顔がくさい・・・みんなこのニオイ、どう対処してるんだ!? と不思議に思いながらも、まさか洗顔が足りないとは思いもしませんでした。。 クレンジングミルクだけで、メイクを落としきれない ダブル洗顔をしてみたら鼻の黒ずみも少しは改善したものの、 ときどき大きな角栓が詰まっては、盛り上がってました。 脂を落としすぎるのもよくないし、ミルククレンジングで十分メイクは落とせていると思っていたのですが お風呂上がりに、顔にまだ日焼け止めがついているような感覚が残る日もありました。 きっと、 きちんとメイクを落としきれていなかったのでしょうね! クレンジングミルクで落としきれていない汚れが、角栓や黒ずみになっていたのかもしれません。 固形石けんで肌が敏感に 体も顔も、ナチュラル系のアロマショップの固形せっけんで洗っていた時期もありました。 しかし使いはじめて半年ごろから、肌がとても敏感になってしまい。。 もともとハウスダストや花粉のアレルギーで顔に じんましんが出ることがあったのですが、 その頻度がかなり上がって、毎日顔がかゆいと思うようになりました。 さらに化粧水がしみる!! 今まで化粧水がしみると思ったことはなかったのですが、 エタノールが少しでも入っている化粧水はヒリヒリとしみる状態になってしまいました。 かずのすけさんによると、 固形せっけんはアルカリ性の成分なのでかなり肌刺激が強いそうです。 酵素洗顔でますます敏感肌に すでに肌が敏感でひりついていたのに、追い打ちをかけるように 酵素洗顔の洗顔料を使い始めてしまいました。 酵素洗顔って雑誌でもよく紹介されますよね。 たしかに毛穴の角栓も黒ずみも1度ですっきりきれいになるんですが、 成分をみると「タンパク質分解酵素」の文字が。 皮膚は全部たんぱく質なのに、分解しちゃって大丈夫なの!? と心配になり調べてみると、 酵素洗顔はやはり、肌全体のバリア機能を失う原因になるそうです。 よくよく考えてみれば老廃角質や角栓だけではなく 普通の皮膚そのものも同じタンパク質の固まりです。 実際には要らない角質だけ分解されるわけではなく 健常な皮膚も分解作用を受けてしまうため、このタイプの洗顔料などを毎日使用すると、 どんどん健康な肌が削られていって 正常な肌バリアを失ってしまうことも想起されます。 かずのすけさんブログより 実際に酵素洗顔の使用をやめたら、化粧水がしみることもなくなりました。 油脂系クレンジングが毛穴の角栓に効く理由 油脂系クレンジングって聞いたことがない言葉だったのですが、 「コメヌカ油、オリーブ油、マカデミアナッツ油、アルガンオイルなどの「油脂」が主成分」のオイルのことだそうです。 角栓や黒ずみ、いちご鼻などの毛穴改善に『油脂系クレンジング』は非常に効果的です。 特に 『マカデミアナッツ油』や『アルガンオイル』など皮膚柔軟効果を持った油脂を主成分にしたいくつかのクレンジングは、 使用しているだけでも徐々に毛穴角栓を目立たなくしてくれますし、 (固まった角栓や角質を軟化するため正常な角栓の排出を促すためと考えています。 ) かずのすけさんブログより.

次の

かずのすけさんおすすめセラミド美容液ってどう?夏向き?シェルシュール美容液

かず の すけ ブログ

『化学者が美肌コスメを選んだら・・・』という本。 美容界のカリスマらしく、ブログでも様々な化粧品の成分解析など ちょっと難しい所もありますがとても詳しく分析されています。 1%配合。 アトピーや赤ちゃん、お肌の弱い方におすすめ。 ) モイスチャーマトリックスIS(セラミド0. 2%配合。 マルチ植物エキス配合で、超敏感肌におすすめ。 ) モイスチャーマトリックスN(セラミド0. 6%配合。 ヒト型セラミドを高濃度配合。 乾燥肌におすすめ。 ) こちらが一番人気のノーマルタイプ モイスチャーマトリックスRS(セラミド0. 2%配合。 油分が多めのリッチなテクスチャー。 ) モイスチャーマトリックスES(セラミド0. 6%配合。 ビタミンC誘導体など4種類の美肌ビタミンが様々なお肌のお悩みのケアに。 ) モイスチャーマトリックスUV(セラミド0. 2%配合。 保湿スキンケアと日焼け止めが同時にできます。 ) モイスチャーマトリックスEX(セラミド0. 75%配合。 油溶性ビタミンC誘導体など4種の美肌配合のリッチな美容液) モイスチャーマトリックスNX(セラミド0. 75%配合。 エモリエント成分とビタミンB6誘導体やブドウ幹細胞エキスなどの美肌成分配合のリッチな美容液) モイスチャーマトリックスQ(セラミド0. 4%配合。 ヒト型セラミドを高濃度配合。 ビタミンAやビタミンB6の誘導体(整肌成分)配合で乾燥肌、ニキビ肌などのお悩みに。 ) 普段スキンケアで心がけていること。

次の