プリンセス コネクト 前作。 【プリコネR】ストーリーの世界観と序章のあらすじ/登場キャラまとめ【プリンセスコネクト】

前作『プリコネ』全メインストーリー動画が配信!

プリンセス コネクト 前作

前作ストーリーに関する情報 過去作「プリンセスコネクト」のストーリーが公開中 YouTubeで閲覧可能 プリンセスコネクトRe:diveの過去作である「プリンセスコネクト」のストーリーがyoutubeで公開。 前作のストーリーを確認できるため、Re:diveのストーリーをより楽しみたい方は閲覧しておきましょう。 配信場所 プリコネってどんなストーリー? 仮想世界をめぐるファンタジー プリコネRは前作プリコネの舞台である、 近未来に開発されたVRゲーム「レジェンドオブアストルム」の世界の物語。 前作の記憶を失った主人公がアストルム内で起きた変化の謎を追い求める。 Point! 前作では「レジェンドオブアストルム」は世界的に流行しているゲームでした。 クリアすると「願いが叶う」と噂され人気を博していたようです。 どんな世界観?前作との違いは?• VRオンラインゲーム 仮想世界 が舞台• 仮想世界を現実と思い込んでいる 例外あり• 前作の記憶を失っている 例外あり VRゲーム内の仮想世界が舞台 舞台はVRゲーム「レジェンドオブアストルム」。 ゲーム内が舞台なので、モンスターや魔法などが存在する世界となっている。 仮想世界を現実と思って生活している 前作のプリコネではアストルムはVRゲームの仮想世界として認知されていた。 しかし今作では、 ほとんどのキャラがアストルムが現実世界と思い込んで生活している。 これは前作とは異なる点だ。 前作で起きたことの記憶を失っている 前作ではラスボスである覇瞳皇帝を倒すため、主人公は様々なキャラと絆を深めてきた。 しかし今作ではお互いにその記憶はなく、この世界で新しく絆を結び直すことになる。 用語 解説 プリンセスナイト 前作では主人公が持つ不思議な力を指していたが、今作では王宮直轄のギルドを指す言葉に変わっている。 レジェンドオブアストルム オンラインVRゲームの名称。 アストルム VRゲーム「レジェンドオブアストルム」の略称。 今作ではゲーム内の世界を指すことが多い。 VR ヴァーチャルリアリティ Virtual Reality の略称。 仮想現実。 ランドソル アストルム内に存在する町。 ギルド 特定の目的を持った集団。 ほとんどの住民はギルドに所属しており、ギルドに所属することは戸籍登録と同等の効果がある。 七冠 セブンクラウンズ アストルムの制作に大きく関わった7人の総称。 アストルム内ではそれぞれ絶大な固有の能力を持っている。 主人公 CV. 阿部敦 前作の記憶を失った主人公。 私生活に影響を及ぼすほどの記憶喪失を起こしており、コッコロのサポートが必要な模様。 前作同様「プリンセスナイト」の力は問題なく発揮できるようだ。 ペコリーヌ CV. M・A・O 主人公となりゆきで出会ったハラペコ少女。 現在はコッコロに名付けてもらったあだ名「ペコリーヌ」として生活をしている。 ギルド「美食殿」の一人。 いつもハラペコなのはとある理由が…? コッコロ CV. 伊藤美来 アメスからの託宣を受ける巫女。 アメスの命令で主人公のガイド役を務める。 どのような生まれ、立場かなど謎の多い点も。 ギルド「美食殿」の一人。 キャル CV. 立花理香 ペコリーヌと一緒に出会った猫耳娘。 ペコリーヌに流され、ギルド「美食殿」のメンバーとなった。 始めは不満そうだったが、徐々に絆が深まっていく。 しかし… アメス CV. 相坂優歌.

次の

サービス終了した『プリンセスコネクト!』メインストーリーをYouTubeで全て公開。動画はユーザーの提供によるもの

プリンセス コネクト 前作

プリンセス・コネクト!Re:Diveも稼働から半年がたち、メインストーリーもかなり進んできました。 今作のストーリーは前作の結末を知っていないと理解できないところも多く、言っている意味がわからないセリフもあるんですよね。 実際に私がその状態でした 汗 なので前作のストーリーを調べてみたのですが、これが結構面白いですよね。 しかも話を知った上でre:diveのストーリーを見返すと、いろいろと見えてくるポイントがあって楽しかったです。 そこで今回は前作のストーリーと結末を簡単に解説した上で、現状でのストーリー考察をお届けします! 2019年11月の状況に合わせて新しく考察してみました!よろしければことらもどうぞ。 Contents• プリンセスコネクト前作のストーリーとその結末 前作のプリンセスコネクトは約一年でサービス終了してしまいましたが、ストーリーはしっかり完結しています。 むしろ完結させるために終了日を1ヶ月伸ばしたくらいです。 しっかり「次回作」につなげたかったのでしょうね。 ストーリーは結構ボリュームがあるのですが、今回はおおまかな流れをご紹介。 re:diveのストーリーに大きく影響する話なので、チェックしておきましょう! これは近い未来のお話。 高度なVR技術で開発されたネットワークデバイス 「mimi」。 それを利用して作られたオンラインゲーム 「レジェンド・オブ・アストルム」。 このゲームには「クリアすると現実世界で何でも願いが叶う」という噂がありました。 ある日主人公は「模索路 晶」という女性に強引にアストルムを進められ、ゲームを始めることとなります。 実は彼 が操作するキャラ には 「プリンセスナイト」という能力が有り、一緒にいる少女たちの力を強くして、 「ユニオンバースト」と言う大技を発動させる能力があったのです。 ユイ、レイ、ヒヨリの三人と共にクリアを目指すことになった主人公は、途中いろいろな妨害を退けつつ、ソルオーブを全て集めて最終目的地の 「ソルの塔」に到着します。 そこにはアストルムの全てを管理する人工知能 「ミネルヴァ」を取り込み世界を自分のものにしようとする 「七冠」 ミネルヴァを生み出した国際組織のトップ集団 の一人 「覇瞳皇帝」の姿が。 ライバルであった 「ノウェム」や七冠 「跳躍王」との共闘の末、覇瞳皇帝とミネルヴァの分離に成功した主人公たちは彼女を倒し、アストルムのデータ崩壊による再起動に巻き込まれつつもなんとか無事現実に戻ることが出来ました。 ・・・かなり省略していますが前作の結末はこんな感じです。 太字の単語は今作でも関係しますのでチェックしておいてください。 ちなみに前作のラストでは選択肢があり、3人の中からメインヒロインを選択することが出来ます。 (展開も若干変わります) re:diveではユイのストーリーが正史になっていると思われますが・・・? より詳しく知りたい場合はのサイト様でストーリーの全てを見ることができますよ! スポンサーリンク 3つの考察で今作ストーリーの秘密にせまる!? さて前作のストーリーと今作のストーリーからいくつかの疑問点を考察してみましょう。 といっても今作は完結しているわけではなく、現在わかっている情報範囲 6章まで での考察になりますのでそこはご了承ください。 アストルムがVR. MMOの世界ではなくなっている? 前作のプリンセスコネクトではアストルムは「ゲーム」として描かれていました。 プレイヤーはゲームのなかに意識が入り込む形ですね。 ログアウトすると現代に戻って来ることができ、プレイヤー同士の現実での交流も描かれていました。 しかし今作では様子が一変しており、アストルムの人々はまるで実際にある世界で暮らしているかのように生活しているのです。 しかしそれはどこか不自然で、たとえ人の存在が突然消えても、その人がはじめからいなかったかのように振る舞いそのまま暮らしたりしています。 作中でロストといわれる現象 さらにキャラクターたちは前作でのことを覚えておらず、アストルムに昔から住んでいるように振る舞っています。 何故か主人公のことは覚えていますが、現代での記憶と混同している様子も見受けられます。 以上のことから何らかの力によって強引に現実の世界に近づけようとしていることがわかりますね。 目的はわかりませんが何者かがアストルムの世界に干渉しているのは間違いなさそうです。 ちなみに主人公に助言を与える「アメス」の姿が前作のナビキャラ「フィオ」にそっくりですが、正体はミネルヴァだと思われます。 覇瞳皇帝のセリフから見る今作の真実!? 正直まだ情報が足りないので推測も入りますが、今作の世界は前作とは違うものだと思われます。 それは覇瞳皇帝のセリフを見ても想像がつきますね。 「不自然な世界に違和感を感じないように調整され再構成された」とも言っています。 「今回」、「世界線」というセリフから今作のアストルムは別世界であることがわかります 都合のいい「前提」とは今作のOPで主人公たちに勝ったことを指しているのでしょうか? また「いくつもの世界線で不覚を取った」という言葉から、同じ世界を何度も繰り返している可能性もあります。 いずれにしろ再構築され歪んだ世界になっている「今回のアストルム」は彼女にとって都合がいいのは間違いなさそうです。 アストルムを「歪んだ世界」にしたのは誰か? では今回の歪んだアストルムを再構築したのは誰か?ということになるのですが、これに関しては正直まだわからない状態ですね。 覇瞳皇帝は世界の違和感に気が付いているもののそれを利用しているだけであり、現状ではこの世界の「登場人物」のままです。 現在この世界の違和感に気がついているのは、 覇瞳皇帝、ムイミ 前作のノウェム 、ラビリスタ 模索路 晶 の三人ですが、いずれも真実にはたどり着けていない様子。 この三人には前作の記憶をもっているという共通点もありますね。 今現在で真実を知っているのはアメスだけのようですが、主人公とは「夢」の中でしか会えないため、話しても目が冷めたら忘れてしまうようです。 そのアメスは幕間でこう語っています。 アメスはフィオとミネルヴァ両方を想像させるデザインですね。 背中の羽の部分がボロボロですね。 再生しきれていないことの現れでしょうか? 「現実」がアストルムを指しており、アメス=ミネルヴァであるなら運営管理している立場として関わる権利はあるはずです。 それが無いということで考えられるのは以下の2点• 何者かがアストルムを大幅に改変するため、中核をなすミネルヴァを封印して干渉できないようにしている。 そのそも今作のアストルムがミネルヴァとはまったく関係ないところで再構成されている。 私は今のところ下の可能性が高いと思っています。 羽がないだけですね。 ここらへんは新情報待ちというところです。 ところで何故アメスは干渉できない世界にいる主人公に関わることが出来るのでしょうか?これに対しては一つ仮設があります。 それは 主人公は今作のアストルムの「登場人物」として構成された存在ではない。 ここからは完全に私の考えになりますが、主人公は前作のアストルムの延長線上にいる存在であると思っています。 アストルムの異変に対処するために何者かの手で もしくは自らの意思によって 強制的にログインしているのではないかと。 記憶喪失は本来存在しないはずの場所にむりやり存在している弊害である可能性があります キャラとしての元データが無いため。 まぁ記憶喪失というよりは何もわからない子供に戻ってる感じがあり、軽くホラーになっているシーンもありますが 笑 ちなみにコッコロはアメスが主人公のナビのために送った存在ですが、コッコロ自体はこの世界の人物だと思われます。 アメスの声を「神託」として聞いているようですが、アメスができる精一杯の干渉といったところでしょうか。 前作の結末と今作のストーリー考察まとめ• プリンセスコネクトの前作は現実とゲームを行き来する内容。 最後は覇瞳皇帝を倒してハッピーエンド。 今作の世界はまるで現実のように再構成されており、前作とはあきらかに違う「アストルム」• 現状真実を知っているのはアメスだけ。 高度に発達したVRは現実と区別がつかないともいいますし、じつはこの世界はアストルムに形を替えた「現実」である可能性もありますね。 ストーリーが追加されれば新情報も出てきて、新しい展開もあるでしょう。 今後の展開が楽しみです。 今週の人気記事• あなたのスイッチコントローラー突然反応しなくなることありませんか? 私はProコンをメインに使っているのです... プリンセス・コネクト!Re:Diveも稼働から半年がたち、メインストーリーもかなり進んできました。 今作のス... プリンセス・コネクト!Re:Diveも稼働からもうすぐ2年近く、メインストーリーも佳境に入ってきました。 FF11をプレイする時にもはや必須といっていいほどの存在になったフェイス。 他プレイヤーとPTを組むことが少なく... 今作のゼルダでは武器防具の種類が格段に増えましたが、武器や盾は消耗品になっており、定期的に補充していかないとま... ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 以下ゼルダ はオープンワールドになり、今までとは比べ物にならないほど自由度... 広大なオープンワールドで作られたゼルダの世界は、驚くことに「〇〇を取り逃すと手に入らない!」というものが殆どあ... ゼルダの世界では小さな虫から巨大な龍まで様々な生物が生息しているのですが、そんな生物たちの中に一際強い、ケンタ... フェイスの登場でFF11のレベル上げは大きく変わりました。 以前は他プレイヤーとPTを組んでレベル上げをして... 今作のゼルダはオープンワールドになって自由度が高まったことにより、いままでと違う部分がかなり多くなっています。...

次の

【レビュー】新作発表から1年半、遂に『プリンセスコネクト!Re:Dive』が始動…アニメとゲームの融合がここに極まれり

プリンセス コネクト 前作

Cygamesは、YouTubeの「プリンセスコネクト! チャンネル」にて、現在はサービスが終了しているゲーム 『プリンセスコネクト!』のメインストーリー全てを で公開した。 この動画はユーザーの提供によるもので、3分から25分ほどの合計63本にもわたる動画がアップロードされている。 【お知らせ】 サービスを終了しました「プリンセスコネクト!」ですが、みなさまに長くご愛顧いただいていた感謝の気持ちとして、メインストーリーをYouTubeで全て公開しました。 動画を提供していただいたユーザーの方、誠にありがとうございます。 未来世界のオンラインゲームを舞台に、主人公が「プリンセスナイト」として冒険して成長するストーリーだ。 ストーリーは完結を迎え、現在は運営終了にあわせてプレイすることができなくなった。 その後継作が、現在は稼働中である 『プリンセスコネクト!Re:Dive』である。 アニメーションをスマートフォン向けゲームに大々的に取り入れ、Google PlayやApp Storeのランキングの上位を維持するなど、人気を博している。 (画像はより) (画像はより) (画像はより) 『プリンセスコネクト!Re:Dive』は、前作『プリンセスコネクト!』をプレイしていなくてもストーリーは理解できるようにはなっているが、ストーリー、一部のキャラクター、世界観が踏襲されているほか、この世界がオンラインゲームであることが『プリンセスコネクト!Re:Dive』ではほとんど伏せられている。 現実世界の描写が少ないので、前作『プリンセスコネクト!』をプレイしたことがないプレイヤーには部分的に登場する現実世界の描写は、不思議なシーンに思えるはずだ。 また『プリンセスコネクト!』ではメインヒロインがヒヨリ、ユイ、レイだったが、『プリンセスコネクト!Re:Dive』ではコッコロ、ペコリーヌ、キャルという美食殿の3人組になている。 だが、前作から引き続きヒヨリ、ユイ、レイも登場するのも特徴だ。 プリンセスコネクト!Re:Diveは前作のストーリーを知らなくても楽しめる内容となっていますが、おかげさまでたくさんのユーザーの皆様に遊んでいただき、前作のストーリーを知りたいという声も多くみられた為、前作のストーリーを動画にて公開することになりました。 — 木村唯人 KimuraYuito 今回、『プリンセスコネクト!』のメインストーリー全てを動画で公開したことは、そういった込み入った世界観を理解する上でも助けとなるはずで、『プリンセスコネクト!Re:Dive』のプレイヤーにとっては朗報といえるだろう。 実は今回の動画公開はユーザーの提供によるもので、本作のプロデューサー木村唯人氏とやり取りしながら実現できたもの。 動画だけでも膨大な数に及ぶが、ファンの情熱が意義あるゲーム保存の役立った形だ。 動画提供した人です。 ストーリーが、あの頃やったことない人にも知られるようになってファンとして感無量なところです。 前作終わる前に全部キャプチャしようと思うほどのストーリーです。 前作をプレイしたことがない人はもちろん、ストーリー知ってる人も昔の記憶を呼び戻して楽しんでくださいね。 には日本ゲームシナリオ協会が、サービスを終了した 『レイヤード ストーリーズ ゼロ』の全シナリオをWeb上で公開した。 今回は、テキストではなく動画という形になり、観賞するのには時間がかかるが、グラフィックやデザイン、音楽や声などゲームの雰囲気を丸ごと保存できるのは大きな利点だろう。 ライター/.

次の