フィリピン 親子 留学。 親子留学 :フィリピン留学・セブ島留学|語学・英語留学ならフィリピン留学センター

【留学準備】ロングステイ長期親子留学できる国 <1年半前にしたこと>

フィリピン 親子 留学

1.保護者の同伴が必須です お子様1人の留学ではなく、親子留学をすすめる理由、それには安全面のこともありますが、そもそも 小学生の年齢では、フィリピンへの入国では法律により保護者の同伴が必須となっています。 単身や親以外の人との入国に関しては所定の書類(宣誓供述書)を提出して認められないと入国を拒否されてしまいますので、保護者の方も付き添う方がよいでしょう。 2.小学生がフィリピン留学するなら、親子留学を活用しよう 小学生のお子様のただの付き添いではなく、せっかくなら親御さんも一緒に英語を勉強できる親子留学に挑戦してみませんか?別々に留学するよりも、親子でまとめての方が費用もお得です。 親子留学のよさをいくつか解説していきます。 子供だけでなく親も英語を勉強できる 子供の将来のために英語を勉強させたならば、やはり日本の英語教室に通うより、英語を話さなければならない環境に身を置く留学がおすすめです。 子供たちは遠い将来のために、親御さんは趣味のほか、今やっている仕事のために、近い将来のためにという目的でも英語を勉強できます。 1週間といった短期間も可能 子供たちは夏休みで1か月以上の休みがあっても付き添う親御さんは、長期の休みをなかなかとらない環境の方も多いのではないでしょうか。 親子留学は1週間からでも留学が可能なので、長期のお休みの取得が厳しい方でも挑戦しやすいです。 勉強とともに夏休みの思い出も作れる 長期の夏休みは子供としては、親御さんにどこかに遊びや旅行に連れて行ってもらいたいものです。 親御さんとしても子供たちを楽しませたいという気持ちもあれば、ゆっくり休みたいという気持ちもあるのではないでしょうか? フィリピンはセブ島などのリゾート地にも語学学校が豊富にあるので、旅行気分を味わいながら、子供たちに忘れられない思い出を作ることも期待できます。 異文化交流ができる 親子留学のよさは、親子で勉強できるだけではありません。 学校内にはフィリピン人の先生だけではく、日本人以外のほかの国の留学生もたくさんいます。 その人たちとのコミュニケーションはやはり英語、うまくお互い喋れなくも少しでもわかったときの喜びを親子で感じることができます。 また、学校外でホームステイをするという選択肢もありますので、現地の人との交流も可能です。 3.親子留学にかかる費用とは?期間別に解説 子供1人、親と1人の寮の滞在費(2人部屋)、授業料、食費のだいたいの平均費用をまとめてみました。 ちなみに 航空券や海外旅行保険などは基本的に、自分で手配することが一般的なので含まれていません。 不安な方は留学エージェントに代行してもらうことも可能ですので、相談してみましょう。 親子留学といっても各学校によって授業数や部屋の内容が異なります。 また、 電気代や空港送迎代、入学金などが追加で必要になる学校もあります。 高級ホテル利用ならば25万円前後になるところもありますが、短期のお休みだからこそ贅沢に親子でゆったりと楽しむこともおすすめです。 3週間もあれば学校内でのアクティビティの参加も楽しめそうです。 このころなら学校の授業や生活にも、親子で馴染んでいるころではないでしょうか。 英語を話すことにも抵抗がなくなってくることが期待できます。 だいたい3か月くらいにもなるので、親子で英語の成長が感じられる時期といえそうです。 時間があれば、親子でフィリピン国内への旅行も計画もできそうです。 半年にもなるので、英語に慣れ、親子同士の会話も日本語より英語を使う機会が多くなりそうです。 帰国後に、英語の授業を受けたり、英語の番組を見たりすると成長を確認できるでしょう。 4.小学生連れにおすすめな語学留学5選 小学生のお子様と一緒に語学留学をするためにおすすめの学校を5校、特徴を含めて紹介していきます。 また 小学生専用のカリキュラムもあり、簡単なプレゼンテーションや実践的なアクテビティを取り入れたレッスンもおこなっています。 費用は1週間14万~(2020年1月現在)です。 親子プランでは、6時間のマンツーマンに2時間のグループレッスンがついており、お子様と隣同士(ブースは別)で学習することができます。 お子様には学研と共同開発した、特別教材で英語力を伸ばしていきます。 1週間13万2千円~(2020年1月現在)です。 (ユニバースイングリッシュ) 「責任担任制」という同じ教師が毎回担当となり、親身に親子の英語をスキルアップさせてくれます。 午前がマンツーマン、午後はコミュニケーション授業が主流で、メリハリのきいた学習ができます。 費用は1週間14万円~(2020年1月現在)です。 追加料金を支払うことでアレルギーに対応した食事を提供してもらうことも可能です。 費用は1週間15万円~(2020年1月現在)です。 親子留学コースでは、 お子様のマンツーマンに特化した授業が6コマ、親御さんは6コマの標準コースまたは、4コマのゆったりコースを選ぶことができます。 また、赤ちゃんがいるお母さまむけに、フィリピンでお子様をインターナショナルスクールに通わせながら、赤ちゃんをベビーシッターに預けて、ママは英語を勉強できる「ママ留学」も人気です。 詳しくはのサイトで紹介されています。

次の

【人気エリア別】フィリピン親子留学でおすすめの語学学校6つ

フィリピン 親子 留学

旅行前の準備・学校について 青色の文字をクリックすると、その詳しい記事にとびます。 ママ・赤ちゃん留学専門の「Kredo Kids」 私たちが留学をしたのは、「Kredo」のママ・赤ちゃん留学専門のスクールです。 親子で英語短期留学するならどこの国? 親子で短期留学するなら、どこの国がいいのか調べました。 セブは治安が悪い? セブは、母と息子だけで行って安全な国なのか調べました。 セブって田舎?それとも都会? セブってどんなところ? 田舎? それとも都会? 実際のセブの写真・動画をまとめました。 海外留学前に用意すること 海外での病気やケガは心配ですよね。 加入する旅行保険がどこまで補償されるかも要チェックですよ。 セブの交通事情・オススメの乗り物「Grab」 セブでの移動は、Grabがオススメ( タクシーはオススメしません)! ジプニーは派手でかわいくて見ているだけでも楽しめます。 親子留学前に準備したもの・持って行ってよかったもの 実際に持って行ってよかった!持って行けばよかった!と思ったものをまとめました。 1ヶ月の留学で実際にかかった総額 1ヶ月間の留学でかかった費用をまとめました。 フィリピンにお金を送る方法 相手が銀行口座を持っていることが前提となりますが、TransferWise(トランスファーワイズ)が手数料も安く、送金スピードも早いのでオススメです。 留学前にオンライン英会話でフィリピン英語を体感 セブ留学される方は、留学前に セブのITパークと直接つながるオンライン英会話スクールで、英語を勉強するのがオススメです。 先生はITパークのオフィスに通えるところに住んでいるわけですから、近くのお店に詳しい方が多いですし、先生の経歴も見えるスクールだとセブの大学を出た先生を選ぶと、セブ滞在歴が長い先生のレッスンを受けることができます。 私はオンライン英会話のフリートークで、• セブの美味しいお店• オススメショップ• 観光地 のリアルな情報を留学前に集めることができました。 おすすめ!セブ島(ITパーク)のオンライン英会話スクール オンライン英会話スクールとして有名な、 DMM英会話は先生の自宅とつながるので、お値段は安いですが、通信・先生のレベルにバラつきがあります。 息子がお気に入りのスクールです(料金も安いので母も嬉しい)。 仁川国際空港(インチョン)第2ターミナルについて 今回、大韓航空利用だったため、仁川国際空港で乗り継ぎがありました。 いろいろあって、行きも帰りも8時間ほど空港で過ごしたんです。 そのため、無料で使える施設がたくさんあったのはたすかりました。 また、少しですが食事もしたので、カフェやレストランについてもまとめました。 そして、楽天ゴールドカードで入れるラウンジにも息子と2人で行きました。 大韓航空について 岡山空港からのセブへ行く場合、羽田を経由するか韓国を経由することになります。 新しくなったセブ国際空港 2018年7月1日に新しくオープンしたセブ国際空港を、オープン初日に利用しました。 注意事項(緊急情報)など 子供と一緒に行くので、「もしも」はある程度想定しておいたほうがよいと思います。 セブで病院(セブドク)へ行く場合 セブで病院へ行く場合の注意点をまとめました。 飛行機が遅延したときの補償(旅行保険) 今回の旅行で、飛行機が8時間遅延したため、旅行保険の保険金を請求しました。 その流れについてまとめています。 オススメ!子供と行くレストラン・カフェ・バー・屋台 すべて、私と息子が実際に行って食べた、• レストラン• カフェ• バー のみを紹介しています。 フィリピン料理のレストラン(アヤラセンター内) セブ市内のビジネスパーク内にある、なんでもそろう大きすぎて迷子になるショッピングモール「アヤラセンター」にあるレストランです。 KUYA J(クヤジェイ) KUYA J(クヤジェイ)は味は濃いですが子供連れにもオススメです。 GoldenCowrie(ゴールデンカウリー) GoldenCowrie(ゴールデンカウリー)は、日本人男性に人気なようですが、ママや子供にはあまりオススメしないです。 Cafe Laguna(カフェラグーナ) Cafe Laguna(カフェラグーナ)は、デザートがリーズナブルで美味しかったです。 フィリピン料理のレストラン(セブ市内) アヤラセンター内以外の、セブ市内にあるフィリピン料理レストランです。 House of Lechon(ハウスオブレチョン) レチョンといえば「House of Lechon(ハウスオブレチョン)」です。 アヤラセンターから歩いて5分ほどのところにあります。 AA barbeque(エーエーバーベキュー) AA barbeque(エーエーバーベキュー)は、キレイ好きの方にはあまりオススメしません。 オシャレ系レストラン アヤラセンター内以外の、セブ市内にあるオシャレ系レストランです。 the PIG & PALM(ピッグ アンド パーム) the PIG & PALM(ピッグ アンド パーム)は、ミシュランの星付きシェフの創作料理レストランです。 アヤラセンターから歩いて5分ほどのところにあります。 Anzani(アンザニ) Anzani(アンザニ)は、セブでの夜景を一望できるトップスへ向かう途中にある地中海レストランです。 夜景が楽しめますし、バーが併設されていて、ワインがなんと1,200種類もあります。 フィリピン料理以外のレストラン(アヤラセンター内) アヤラセンター内にある、フィリピン料理以外のレストランです。 SIAM Thai Cuisine(サイアム) SIAM Thai Cuisine(サイアム)は、タイ料理レストランです。 HARBOUR CITY(ハーバーシティ) HARBOUR CITY(ハーバーシティ)は、飲茶系のお店です。 1品の量が少なくリーズナブルなので、子供と2人だけのランチにもオススメですよ。 ニューオリンズ(NEW ORLEANS) ニューオリンズ(NEW ORLEANS)は、ちょっとお高めのおしゃれなアメリカン料理のお店です。 Kpub BBQ(Kパブ) Kpub BBQ(Kパブ)は、韓国風焼肉食べ放題のお店です。 大画面でK-POPが流れているので、韓国好きの方にオススメ! フィリピン料理以外のレストラン(SMモール内) アヤラセンター以外にも、大きなショッピングモールがあります。 SMモールは、アヤラセンターから車で10分ほどのところにある小さいけれどアヤラセンターよりは少しリーズナブルなショッピングモールです。 Choobi Choobi(チョビチョビ) Choobi Choobi(チョビチョビ)は、シーフードレストランです。 シュリンプバッグなどがあり、比較的リーズナブルなので、海鮮系が好きな方にはイチオシのお店ですよ。 ファストフード 時間がない時はファストフードもオススメ! Jollibee(ジョリビー) Jollibee(ジョリビー)は、マクドナルドとケンタッキーを足したようなファストフード店です。 世界でも類をみないほど、国民に愛されているお店なんですよ。 Chowking(チョウキン・チャオキン)超群 Chowking(チョウキン・チャオキン)超群は、Jollibee(ジョリビー)系列のファストフード店です。 中華系ファストフードで、インドネシアやアメリカ、ドバイなどにも店舗があります。 カフェ・バー(アヤラセンター内) アヤラセンター内にある、カフェやバーです。 カフェでも充分食事できますよ。 ABACA(アバカベーカリー) 息子がセブで一番気に入ったお店がABACA(アバカベーカリー)です。 BRIQUE(ブリック) BRIQUE(ブリック)は、私がセブで一番気に入ったお店です。 THE SOCIAL(ソーシャル) THE SOCIAL(ソーシャル)はデートや女子会で行くようなバーでした。 屋台 セブにはたくさんの屋台がありますが、Sugbo Mercadoは日本並みにキレイなので子連れでも安心して行けます。 セブ島の観光地・ショッピング セブの大型ショッピングモールは、キッズスペースもあり、フードコート、映画館…と日本のショッピングモールとほぼ変わらない作りです。 穴場のショッピングセンター「Jセンターモール」 Jセンターモールは、6階にプール 「スカイウォーターパークセブ」、さらに上には東横インがあるビルです。 地元の人も行くようなショッピングモールで、とくにフードコートがオススメですよ。 高級ショッピングモール「アヤラセンター」 滞在していたコンドミニアムのすぐ隣りにあったので、ほぼ毎日利用していました。 ショッピングはもちろん、レストラン街が充実しています。 一度は行きたい「SMシティセブ」• SMシティ• SMシーサイド がありますが、大きいのはSMシーサイドです。 ただ、遠いので買い物メインでなければSMシティでもいいかな? お土産を買うのにオススメのショッピングモールです。 セブのスーパー・コンビニ・デパートで買ったもの お土産以外で、スーパーやコンビニ、デパートで実際に買ったものをまとめました。 ジプニーで行くカルボンマーケット(コロン地区周辺) ちょっと危険なローカルマーケット「カルボンマーケット」です。 小さなお子さん連れにはあまりオススメしませんが、なかなか楽しいところでした。 ジプニーでは驚きの体験もできましたよ。 お弁当屋さん(ビジネスパーク内) セブのコンビニやスーパーには、お弁当を売ってないんです。 屋台はちょっと注文が難しいかも…という人にはお弁当屋さんがオススメです。 サンペドロ要塞(Fort San Pedro) 歴史的な観光地です。 カルボンマーケットに行くついで、もしくはフィリピン料理レストラン 「KKD STK+BBQ」に行くついでなどに寄ってみると、いいかもしれません。 セブのお土産・エステ セブの中心地で過ごしていると、いわゆる「the 南国のお土産」というものはあまり売っていませんが、スーパーで買えるものの中にもオススメ商品がたくさんあります。 また、エステ、スパ、ネイル、マッサージは日本より随分安いです。 おすすめのお土産 人気のお土産や実際に買ったお土産、また、お土産を売っている人気ショップをまとめました。 留学中ママに人気のtree shade spa 私は行けなかったのですが、学割も効き、日本の半額ほどの値段で受けられると人気のスパtree shade spaについてです。 体験したツアー(アクティビティ) 留学中のツアーであれば、お友だちを誘って行くのがオススメです。 人数が増えれば割引が効くことが多いですし、学割が使えるツアーもあります。 恐怖の遊園地「スカイエクスペリエンスアドベンチャー」 ビルの上にあるコースターやビルの上を歩くツアーが人気の「スカイエクスペリエンスアドベンチャー」です。 オスロブ・トゥマログの滝 ジンベイザメと近距離で泳げるオスロブツアーは、泳ぐことができる年齢のお子さんならぜひ連れていってあげて欲しいツアーです。 パンダノン島 パンダノン島のビーチで泳ぐのはもちろん、途中の保護区でシュノーケリングも楽しめます。 モアルボアルで海がめと泳ぐ セブ市内から車で3時間ほどかかるところにあるリゾート地「モアルボアル」です。 オススメツアーは断然ココ! 日本人向けの雑誌に記載されているツアーの 半額ほどです! おすすめプールとホテルのデイユース 毎日プールで遊びたかったのですが、私たちが滞在したコンドミニアムのプールは工事が大幅に遅れていて、まだプールは完成していませんでした。 そのため、毎回出かけることになるのですが、セブ市内には、子供が楽しめる(スライダーとかがある)プールはほとんどありません。 また、マクタン島にある高級リゾートホテルのデイユースはかなりのお値段がするので休みの日に1日楽しむために行くようなところでした。 「セブウエスタンラグーン」のドラゴンプール 「セブウエスタンラグーン」のドラゴンプールには2回行きました。 リーズナブルでオススメなのですが、清潔さを求める方には不向きです。 ビルの上にあるプール「スカイウォーターパークセブ」 Jセンターモール6階、東横インが入るビルの6階にあるプール「スカイウォーターパークセブ」です。 通常料金だとちょっと高いので、キャンペーン等を利用するのがオススメですよ。 Jセンターモルでのショッピングや食事もオススメです。 「プランテーションベイリゾート」のプール 高級リゾートホテル「プランテーションベイリゾート」のプール&プライベートビーチです。 デイユースという形で、宿泊しなくても利用できます。 ここはプールの数も多いですし、無料で楽しめるアクティビティもあるので親子で1日楽しめますよ。 Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク 大型リゾートホテル「Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク」です。 こちらもデイユース(ウォーターパークのみの利用)が可能です。 セブで一番大きなウォータースライダーがあるので、少し大きなお子さん(11歳以上・120cm以上)は、かなり楽しめると思います。 もちろんキッズ専用プールもありますよ。 7)のセブは雨期でしたが、1ヶ月間の滞在で傘を使ったのは1度だけです。 しかも日本より暑くなく、過ごしやすい日々でした。 最後まで慣れなかったのは、ネット環境だけです(現地でネットが必要な仕事をしないといけなかったため)。 シャワーの水圧の弱さ・トイレの不便さは、1ヶ月もあれば慣れました。 好きにはなれませんでしたが。 フィリピンは、中国や今どきの日本のように、 どこかで誰かが怒鳴っているような環境ではなく、• 子供は泣くのがあたりまえ• そんなに急いでどうするの• 困ったときは助け合えばいいじゃない といった感じで、のんびりしたオシャベリ好きな人が多いところでした。 とくに、小さいお子さんを抱えて、肩身の狭い日々を送っている親御さんにオススメの国です。 でもやっぱり日本が好き もちろん日本のほうが便利ですし、いいところもたくさんあり、私は日本が好きです。 でも、フィリピンで感じたフィリピン人の素敵な習慣は、私のこれからの生活に取り入れたいな。 と思いました。 外国で、 その国の人と多く触れ合うことで学べることは、言語以外にもたくさんあります。 せっかく留学するのであれば、どんどん現地の人と触れ合ってほしいです(ただ、危険な場所には近づきすぎないようにしてくださいね)。 息子が大好きだった警備員さん 学校の卒業式で泣かなかった息子が、警備員さんと別れるときは泣いたんです。 英語が第二言語として存在しているフィリピンでは、こちらが拙い英語で話しかけても、話し終わるまで優しく待ってくれます。 アメリカなどだと、こっちがあまりにつまると「もういいわ!」とさっさと消えてしまいますよね。 それがフィリピンではほとんどないんです。 なので、息子は警備員さんに、毎日今日あった出来事などを一生懸命英語で話をしていました。 学校で学ぶ英語は大切ですが、現地の人と触れ合って、そこで話した言葉・文章はずっと記憶に残ります。 親子でそんな貴重な体験ができたこと。 この経験は私たち親子の宝物です。 今回の留学に際し、力添えをくださった、俺セブ様、横田様、Kredo校スタッフの方々、先生方、生徒のみなさん、セブ島で知り合った方々、そして快く送り出してくれた夫に感謝です。 これを読んでくださっている方も、もし機会があったらセブ島へ行ってみてください。 きっと素敵な出会いがありますよ。

次の

小学生の子供と親子でフィリピン留学に挑戦!期間別の費用はいくら?

フィリピン 親子 留学

この2つの費用を息子の宿泊費として計上。 LCCも検討しましたが、関空発着の便は深夜にマニラ着、早朝セブへ出発の乗り換え便で子連れにはハードルが高かったため断念。 成田出発の場合はバニラエアが午前出発の直行便を出しているのでLCCを利用して留学に来られる方をよくお見かけしました。 この他にもLCCのプロモを組み合わせて韓国や香港、中国などを経由して乗り継ぐ技があるようです。 毎週末どこかに出かけたり、アクティビティーに参加して楽しむことの出来る予算案ですので、上記金額を目途にしていただけるとセブでの楽しい思い出を作ることが出来ます。 私は昼食に関しては平日は語学学校のお弁当を、休日は外食をしていました。 学校のみんなとレストランで外食することもありましたが、休日は1人100ペソ程度で食べられるジョリビーやバーガーキング、マクドナルド、ケンタッキーなど、ファーストフードをよく利用していましたので、あまり外食費はかかっていません。 その逆で自炊は毎日していたので少し多くなっています。 家族で1週間のハワイ旅行へ行ってもこれ以上のコストはかかってきますから、3週間の海外生活と英語の学習が出来てこの価格、価値があったと満足しています。 ・語学学校&宿泊費:464,080円 ・航空券:195,200円 ・SSP:41,814円 ・生活・娯楽費その他:92,275円 合計:793,369円 おまけ もし、もう少し資金に余裕があるのならば…是非お試しいただきたい延泊プランがあります!空港のあるマクタン島には世界でも有数のリゾートホテルが建ちならんでいます。 せっかくセブに来たのだから、ご褒美にリゾートステイも楽しみたいところです。 <マクタン島のリゾートホテルに2泊3日でGO! キッズプールは幼児~小学生低学年くらいが楽しめるので小さなお子様がいる家庭におススメ。 子連れでアクティブに楽しみたいファミリーにおススメのホテル。 部屋から直接プールに入ることの出来るお部屋が用意されており、遊び心のある演出がぐっときます。 セブにいるからこそ、チェックイン時間になり次第ホテルへ出向いて、たくさんの時間を楽しむことが出来ます。 また、空港までのアクセスも良いので早朝の便での帰国の場合も、セブ中心地に宿泊するよりは30分~1時間程度ゆっくり過ごすことができます。 語学学校で学んだ英語力を実践で使うことが出来ますし、留学を頑張ったご褒美としてリゾートを楽しむのも良いですね。 また、日本で頑張って稼いでくれているお父さんをセブに招待して一緒に夏休みの思い出を作るのもおススメです。 最後に:親子留学は世界に視野を向ける1st Step 今回は数字の多い記事となりましたが、いかがでしたか?旅行だけに留まらずイベント、セミナー等で体験型に人気が集まる中、海外生活+英語学習の出来る親子留学は親にとっても子供にとっても、日本という枠組みだけにとらわれない広い視野を持つことの出来るチャンスです。 小学生前後になってくると考え方もしっかりしてくるので、子供自身が日本とフィリピンの違いを感じ、また自ら何が違うのかを考えていました。 特に小学1年生の娘は子供らしい柔軟性で日本という価値観の枠組みから一歩視野を広げることが出来たと、私は確信しています。 フィリピンの親子留学は1週間からも受け入れが可能な学校があります。 気になった方はお気軽にエージェントに問い合わせてみてくださいね。

次の