ストレスが原因の病気。 【ストレス対策】原因、解消法と関連する病気[簡単セルフチェック]

寝ても寝ても眠い原因はストレス?怖い病気の可能性もあるって本当?

ストレスが原因の病気

筋肉量が減ると病気リスクが高まる 急に痩せる原因の全てが病気が関係しているわけではありませんが、筋肉量が落ちて痩せた場合は病気リスクが高まることがあります。 私の体で免疫機能を担う中心的な存在がリンパ球です。 リンパ球は、リンパ管や血管を介して全身を巡り、外部から侵入してくる病原菌に対抗しています。 筋肉を消費することで、アミノ酸の一種であるグルタミンを生成することができます。 Sponsored Links このグルタミンにはリンパ球を増やす働きがあり、体が病気になった時や病原菌が体内に侵入した時に、リンパ球を増加させて対抗することができます。 しかし、筋肉量が減って急に痩せる状態では、リンパ球を増やすことができずに、免疫機能が低下してしまいます。 その結果、様々な病気リスクが高まる原因になります。 急に痩せる時に疑いのある病気 しっかり食べているのに、なぜか体重が減っていくと、何か病気が原因では?と心配になることがあります。 ここでは、急に痩せる時に考えられる代表的な病気について紹介します。 糖尿病 糖尿病とは、インスリンというホルモンの働きが弱まることで、体内に入った栄養素を上手く利用できずに血液中のブドウ糖が多くなる病気です。 糖尿病になると、糖分をエネルギーとして利用できなくなるため、そのかわりに脂肪や筋肉中のタンパク質を分解して、エネルギー源として使うため急に痩せる原因になります。 また、血糖値が高くなると、血液中から糖を排出しようと尿や汗の量が増えることも急に痩せる原因と考えられます。 消化器疾患 胃や腸などの消化器に疾患があることで、消化・吸収が妨げられて急に痩せることがあります。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、消化器に炎症がある場合は、食欲不振や胃もたれ、吐き気などを伴うことが多い。 消化器に何らかの疾患があると、食欲が低下するとともに栄養の吸収不良が起こるため、体重が減少する原因になります。 Sponsored Links 悪性腫瘍(癌) 悪性腫瘍とは、遺伝子変異が原因で制御できずに増殖を行う細胞でできた腫瘍のことです。 この細胞は、周囲の組織への転移を起こる恐れがあります。 癌化した細胞は、体から栄養分を横取りして増殖していきます。 その結果、悪性腫瘍がある体重がどんどん減っていくことになります。 消化器に悪性腫瘍ができれば、食欲不振になることもあります。 悪性腫瘍ができた場所によって症状は異なり、全く初期症状があらわれないこともあります。 精神疾患 うつ病や自律神経失調症など、精神的な疾患が原因で急に痩せることもあります。 精神疾患が起こる引き金になるのは、強いストレスや不安感などです。 精神的ストレスを長期間、受け続けると、自律神経やホルモン分泌、免疫機能などに異常が起こり、体重が減少する場合があります。 多くの場合は食欲不振を伴いますが、うつ病によくみられるのは、何を食べても美味しく感じなかったり、味が楽しめないといった状態が起こり、義務感のように食事をするも体重が減少するという状態に陥る場合があります。 バセドウ病(甲状腺機能亢進症) バセドウ病は、免疫機能の異常から起こる自己免疫疾患の一種です。 バセドウ病の場合は、甲状腺を異常に刺激する抗体ができることで、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。 そのため、甲状腺の腫れや眼球の突出、動悸などの症状が起こります。 女性に多く発症する傾向があります。 甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで代謝量が異常に上がって、体重が減少する場合もあります。 急に痩せる原因には、他にも様々なことがあります。 心配な方は、一度病院で診てもらうことをおすすめします。 痩せ過ぎで悩んでいる方のためのサプリメントはこちらです。

次の

ストレスが原因でなる病気の種類一覧

ストレスが原因の病気

この記事の内容• ストレスというと、何か身体に悪そう、、、というイメージってありますよね?でも、ストレスが身体にどう作用して、どのような病気につながるか、ちゃんとわかっていますか? ここでは、ストレスが身体を病気にするメカニズムについて見てみましょう。 ストレスが原因でかかる病気 ストレスは心だけでなく、臓器にも病気をもたらす! うつ病など、精神的な病気の原因の多くがストレスであるのは、感覚的に分かりやすいと思います。 しかし、ストレスは、その様々な影響を通じて、臓器自体に病気をもたらすこともあります。 例えば、呼吸器系の疾患。 息が苦しくなる、いわゆる 過呼吸の原因は、主にストレスと考えられています。 また、ストレスを感じると胃腸が痛くなるように、胃潰瘍、十二指腸潰瘍にとってストレスは大敵です。 突発的な下痢などを伴う、過敏性腸症候群も、ストレスによるものです。 心臓に影響が及ぶと命の危険も... そして、ストレスを感じると胸がドキドキするように、心臓への影響も無視できません。 酷い場合は、キラーストレスまでエスカレートしてしまい、虚血性心疾患や、心筋梗塞など、命に関わる症状となります。 では、ストレスを感じて様々な病気の症状が出るとき、身体の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか。 自律神経への影響 ストレスは自律神経に影響を及ぼす 自律神経というのは、自分の意思に関わらず、脳の指令を受けて臓器などを動かす神経のことです。 例えば心臓は、自分で「動け」と念じなくても動いていますよね(そうじゃなかったら、寝てるときに心臓は止まってしまいます!)。 ストレスは、この自律神経に影響を及ぼします。 流れとしては、脳がストレスを感じると、その刺激が交感神経を活発にさせて、副腎に伝わり、アドレナリンが出ます。 アドレナリンは、まさに興奮剤であり、身体中にエネルギーを送ろうと、血流を増やすため、 心筋のドキドキ 収縮力強化 などをもたらします。 ストレス状態が続くと自律神経のバランスが崩れる もちろん、これは通常の反応であり、それ自体に問題はありません。 しかし、その状態が長く、もしくは頻繁に続き、キラーストレス状態になってしまうと、アドレナリンが上手く作用しなくなります。 本来アドレナリンが出るべきときに出なかったり、その逆が生じたりと、 自律神経のバランスが崩れてしまいます。 胃が荒れるのもストレスの影響 また、交感神経が優位になると、てっとり早く体内のたんぱく質をエネルギー化しようと、胃粘膜の細胞などが使われることがあります。 これが度重なれば、当然胃壁が薄くなるので、 胃酸で荒れやすくなるわけです。 このように、ストレスから自律神経のバランスが崩れ、 心疾患や胃潰瘍に至ってしまうことが、実際に起こり得るのです。 免疫系への影響 病原体などから身を守ってくれる免疫系。 過度なストレスは、この免疫系にも打撃を与えます。 ストレスが過剰になると善玉菌もなくなってしまう ストレスを受けて交感神経が活発になり、アドレナリンが出ると、 血液の中の白血球、さらにその中でも、実際に 細菌などを食い殺してしまう働き 顆粒球 かりゅうきゅう が促進されます。 ストレスを受け続け、アドレナリンが過度に出る状態になると、顆粒球も必要以上に活発になってしまい、 体内の役に立つ菌まで食い殺してしまいます。 さらに、顆粒球が死んで活動を停止すると活性酸素を生み出すことから、顆粒球の過剰になることで、 活性酸素で体内の組織を傷つけることになります。 コルチゾールも分泌される そして、ストレスによって体内に出回るのはアドレナリンだけではありません。 ストレス状況に耐えるため、コルチゾールという物質もまた、分泌されます。 コルチゾールにも様々な機能がありますが、その一つとして、 免疫を抑える機能があり、具体的にはリンパ球の一つであるNK細胞の働きを抑制します。 継続的なストレスで免疫力が低下する アドレナリンやコルチゾールは、身体をストレスから守るために重要な役割を果たすのですが、継続するストレスや、キラーストレスなどの強いストレスを受けると、分泌のバランスが崩れ、 免疫力を低下させることになるのです。 免疫力の低下は、風邪やインフルエンザといった 感染症にかかるリスクを高めます。 深刻な場合は、 がん細胞の増殖を促すことにもつながりかねないのです。 ストレスでかかる病気の具体例 ストレスは、自律神経や免疫系に影響し、様々な病気の要因になります。 具体的には、以下のような病気に関係が深いと考えられています。 呼吸器系の病気 過呼吸(過換気)症候群 呼吸の回数が増えすぎて、息が苦しくなったり、手が震えたり、重大な場合は失神してしまう過呼吸症候群。 その主な原因も、ストレスと考えられています。 ストレスによって脳の呼吸中枢が刺激されると、必要以上に早いスパンでの呼吸(特に息を吸うこと)が繰り返されるため、血液の中の酸素濃度が過剰に高まり、その反面として、必要なだけの二酸化炭素の濃度を下回ってしまいます。 その結果、血液のアルカリ値が高くなり、様々な症状をもたらすわけです。 過呼吸の症状に対しては、呼吸によって必要分の二酸化炭素が逃げていかないようにすることが大切です。 そのため、慌てず、ゆっくりと呼吸することを意識しましょう。 また、周囲の落ち着いた対応も重要です。 なお、紙袋などで口を覆い、二酸化炭素が多い吐いた息を吸い込む方法(ペーパーバッグ法)がかつて有効と考えられてきましたが、窒息の危険もあることから、現在では、医師や医療従事者以外は避けた方がよいとされています。 消化器系の病気 過敏性腸症候群 通勤・通学の途中や、大事な会議・試験の前などにお腹が痛くなり、下痢などで、トイレに駆け込んでしまう過敏性腸症候群。 大腸がんや潰瘍性大腸炎と異なり、血液検査や内視鏡検査でも原因がわからないその病気の背後には、ストレスがあります。 意識する・しないに関わらず、身体や心がストレスを感じると、自律神経などの働きにより、腸のぜんどう運動(腸が収縮したり弛緩したりして、便を運ぶ運動)へ何らかの影響が見られます。 超過敏性症候群は、その影響が特に大きいケースです。 このとき、腸の内部ではセロトニンという物質が分泌されており、これが腸内のセロトニン受容体とくっつくことで、腸のぜんどう運動が異常をきたし、下痢などの症状が出るわけです。 過敏性腸症候群に対しては、脂っこいものや香辛料を避ける食事療法や、腸の動きを整え、ストレスを解消するための運動療法に加え、腸内でのセロトニンの作用を抑える薬物療法などがあります。 胃潰瘍 ストレスを感じると胃が痛くなる、そんな状況が続くと、胃潰瘍にかかってしまうことがあります。 そもそも潰瘍とは、皮膚や粘膜が深く傷ついて、えぐれたりただれたりしてしまうこと。 その程度によっては、皮膚や粘膜に穴が開いてしまうことだってあるのです! 原因としては、ピロリ菌の出す毒素や、非ステロイド系鎮痛薬の使用などによる、胃粘膜への攻撃因子の増加が挙げられていますが、やはりストレスの影響も無視できません。 ストレスによって自律神経のうちの交感神経が活発になると、胃酸の分泌も活発になります。 胃酸は強力な酸性の液体なので、胃粘膜を傷つけてしまうことになります。 また、ストレスで内蔵の神経が緊張し、胃への血流が悪くなることで、胃粘膜の再生が遅れ、胃が傷つきやすくなってしまうこともあります。 加えて、アドレナリンの分泌によって体内のエネルギーを消費する際に、胃粘膜のたんぱく質が分解されることがあり、このことも、胃が傷つく要因になります。 やはりストレスは胃潰瘍の大敵です。 循環器系の病気 心筋梗塞 心臓を取り巻く冠動脈。 その血流障害が続き、心臓の筋肉細胞が壊死してしまう、恐ろしい病気が、心筋梗塞です。 緊張したり、怒ったりしてストレスを感じた際、交感神経の動きが活発になることに加え、副腎皮質からは様々なホルモンが分泌されます。 ホルモンのうち、アドレナリンとノルアドレナリンは、ポンプのような心臓の働きにさらにアクセルをかけ、負荷を強くかけることになります。 加えて、それらのホルモンの働きなどにより、出血したときなどに止血の役割を果たす、血液中の血小板の濃度が上がり、流れにくいドロドロとした血液になります。 このように、ストレスによって心臓の負荷が高まる一方で、ドロドロとした血液になるため、血圧が上昇し、心筋梗塞のリスクが高まることになるわけです。 もちろん、心筋梗塞のリスクを高めるのは、ストレスだけでなく、食事や運動などの生活習慣という要因もあります。 ただ、規則正しい食事や運動はストレス解消にも効果があるとされており、常日頃からストレス解消を意識すれば、心筋梗塞のリスクを下げることができるでしょう。 「ストレスが病気をもたらすメカニズム」のまとめ• ストレスは、精神的な病気はもちろん、胃潰瘍や心疾患など、身体の病気の原因となりえます。 ストレスが原因となる病気の大きな原因は、自律神経のバランスが崩れることです。 自律神経のバランスが崩れることで、アドレナリンなどが適切に流れなかったり、免疫力が弱ったりするため、病気にかかりやすくなります。

次の

ストレスが原因の病気一覧!心臓や脳にも悪影響を及ぼします!

ストレスが原因の病気

ストレスはうつ病などの精神疾患に深く関わる はストレスによって発症する代表的な心の病気です。 交通事故や肉親との死別などの強いショック、職場の上司からのパワハラや学校でのいじめなど、慢性的なストレスによって、脳内のである『』や『』といった物質が不足する結果、様々なうつ症状が現れるようになります。 うつ病の他にも、不安障害や強迫性障害、適応障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)など、ストレスが原因で引き起こされることのある神経症や精神疾患は様々です。 依存症にもストレスが関係 タバコやアルコール、ギャンブル、薬物などの『 依存症』も、元をたどればストレスを発散するために始めることが依存への入り口になるケースがあるため、ストレスに関わりのある疾病とも言えます。 こうした依存症に陥る原因も、やはり脳内の神経伝達物質であるセロトニンの衰弱との暴走であると考えられます。 ストレスで起こる身体症状 身体に現れるストレス反応の代表例として、「 10円ハゲが出来た(円形脱毛症)」とか、「 緊張で胃が痛い(胃潰瘍)」と言った表現があります。 が増えたり、胃腸の炎症が起こることがあります。 その他にも、ストレスによって引き起こされる身体的な症状や疾病には以下のようなものがあります。 自律神経失調症と混同される事もあります。 また、脳内の神経伝達物質であるセロトニンは、血管を収縮させる作用があり、このセロトニンがストレスに反応することで、片頭痛が起こっていると考えられています。 パニック障害を持ち合わせている人に特に多く見られます。 その他にもストレス性の心身症として、肥満症、糖尿病、アトピー性皮膚炎、リウマチ、腰痛、夜尿症、眼精疲労、など様々な疾病がストレスからくる病気として挙げられます。 ストレスが病気を引き起こす理由 なぜストレスによって様々な病気を発症するのかと言うと、それはストレスに身体が反応して、自律神経のうち交感神経系が興奮することで、 ストレスホルモンが分泌されると、免疫機能が抑制されるためです。 ストレスホルモンが関与 自覚・無自覚に関わらず、脳が何らかストレスを感じると、ストレスに抵抗するためストレスホルモンを分泌します。 代表的なストレスホルモンは、やノルアドレナリン、などで、これらのホルモンはを緊張・興奮させて身体の覚醒を保とうとします。 呼吸は早くなり、瞳孔は拡大して、胃や腸などの 消化器官の働きは抑制されます。 ストレスによって働きが抑制されてしまった腸は「 腸管免疫」という作用を担っており、人の持つ免疫機能のおよそ6割もが集約されており、腸の働きが抑制されることで、この腸管免疫の機能が低下してしまいます。 同時に、白血球やのような免疫細胞の活動も抑制されるため、体全体の免疫機能そのものが弱くなります。 ストレスを受け続けると、切り傷や骨折が治りにくくなったり、インフルエンザや風邪に罹りやすくなるだけでなく、ガンや心筋梗塞などの重篤な疾病を含む、すべての病気への 免疫作用が損なわれる恐れがあります。 便秘や下痢、腸内環境の悪化 消化器官の働きが抑制されれば、食べたものの消化や吸収率が下がり、便秘や下痢を引き起こすなど、となります。 は、そこに住むにも悪影響を与えます。 また、血管への負担が増えることで、心筋梗塞や脳梗塞のリスクや、糖尿病をはじめとした 生活習慣病の罹患率も上昇します。 その他にも呼吸が過度に早くなった結果、 過呼吸を引き起こす場合もあります。 自律神経の乱れが長期間続いてしまうと、終いにはやうつ病を発症するかもしれません。 ストレスと病気は悪循環を起こす ストレスが私達の心身に与える影響は思いの外大きく、内臓機能、免疫機能、自律神経系、腸内環境、と言った体の部位もストレスによって損なわれる恐れがあります。 そして、ストレスによって何らかの病気を発症すると、今度はその病気自体がストレスの源になって私達の心身をさらに疲弊させます。 すると、その病気によるストレスが原因となり、また別の病気を発症する、ストレスが新たな病気を生み、病気が更なるストレスを生み出す、と言った形で、 ストレスと病気は相互に悪循環を生み出してしまいます。 こうしたストレスと病気の悪循環から抜け出すには、やはりストレスを日頃から溜めないこと、身近にストレスの原因がある場合は遠ざかること、などでストレスを解消する必要があるのです。 詳しくは、『』をご覧ください。 現代社会ではストレス自体を無くすことは難しい もしも自分が感じるストレスが、職場や学校、家庭などでの人間関係が絡んでいるものの場合、ストレスそのものを無くすには、仕事や学校を辞めたり、離婚をするなど、とても大きな決断を迫られることになり、必ずしも全てのケースでストレスを解消できるとは限りません。 しかも、現代社会におけるストレスの原因はこうした人間関係に起因するものが殆どです。 つまり、私達にとってストレスとは、常に隣りにあるもので、その全てを消し去ることは不可能なものです。 となると、ストレスそのものを消し去ることを目指すのではなく、ストレスに対して強くなること、 ストレスへの抵抗力を向上させることが、ストレスとの上手な付き合い方なのかもしれません。 ストレスへの抵抗力を高めるのにお勧めなのが、 という植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリメントです。 は、植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリメントなため、まず安心して口にすることが出来ます。 配合成分も心のバランスを整える作用のある神経伝達物質『 セロトニン』の合成に必要なトリプトファンとビタミンB6以外にも、抗ストレス作用のあるや葉エキス、さらに『ラクティウム』という抗ストレス作用に優れた特許成分と、夜間の良質な睡眠をサポートする『テアニン』という成分が豊富に配合されており、ダイエットなどで様々な栄養素が不足しがちな人や、ストレスが溜まりやすい現代人には、特に効果が期待できるサプリメントです。 photo credit:.

次の