節約 ol ブログ。 20代で1000万円貯金した元OLぞえちの副業のすすめ

毎月5万は貯金したい(*´ω`)底辺貧乏独女の節約生活 Powered by ライブドアブログ

節約 ol ブログ

もくじ• おしゃれをしながら貯金をする方法! まず、おしゃれにお金がかかるのは、 ・美容院代 ・ネイル代 ・洋服代 この3つだと思うんです。 いいところに行こうとすると、 カットだけで7000円くらいはかかりますからねー。 カラーとかパーマをしようものなら、 軽く1万円は越えてしまいます。 これは、すごい出費だ! と思うわけです。 で、この出費を浮かす方法ですが、 インターネットのちからをお借りします。 カットモデルは、基本的に無料です。 カラーの場合だと、 カラー剤だけ取られてしまう場合はありますが、 基本的にはほとんどお金がかかりません。 すごくないですか? わたしの場合は知り合いの美容師さんに、 カットしていただいているんですが、 腕もいいうえに、ただ!という素晴らしい恩恵をうけています。 [ad ] その2:ネイル代 お次は ネイルですねー。 もうね、ネイルは、 セルフネイルで乗り切りましょう。 無理!!! という方は、自分の周りで、 ネイルが上手い子に声をかけて やってもらうっていうのがいいです。 女子はネイルが好きなので、 自分で道具を揃えてやっている子は、 友達の友達くらいまで探せば高確率で見つかりますw で、なんとこちらも、 アプリがあるんですねー。 ネイルマツエク 無料deサロン まだまだ見習いのネイリストさんの、 練習台として、タダでネイルをしてもらえます。 カットモデルと同じ要領ですね。 見習いとはいえプロの見習いですから、 素人よりもはるかに上手です。 こりゃ使うしかない! その3:洋服代 最後に お洋服代ですが・・・・ 常にトレンドをおっかけたい、というのが乙女心です。 そうなんです。 ついに服もレンタルの時代がやってきましたよ。 月額6800円で、 スタイリストさんが選んだ服が送られてくる、というサービス。 というサービスです。 皆様、連日たくさんのお申込み、誠にありがとうございます。 ご登録いただいたサイズや好みの情報に基づいて、スタイリストがコーディネートした3つのアイテムが入ったairClosetBOXの配送を順次行っております! — airCloset airCloset すごくないですか? 大事なことなので、もう一回いいますね。 すごくないですか???? すごいですよね? これさえあれば、 タンスに洋服が増えるリスクもないですし、 新しい服に毎月出会えます^^ 最高ですね! まとめ いかがでしたでしょうか? いろいろな考えを駆使すれば、 節約しながらでもおしゃれは可能です。 その節約の方法を、 ・知っているか ・知らないか この2つの違いだけですからねー。 いやー、便利な世の中になったものです。 うまく活用したもん勝ちですよ!•

次の

節約・節約術 人気ブログランキングとブログ検索

節約 ol ブログ

食費の管理方法• 実際の食生活• 食費節約のポイント を順番にご紹介します。 面倒な家計簿は不要!電子マネーの残金で食費を把握 まずは私の食費の管理方法。 レシートを保管してアプリで記録して平均を出して… と真面目に家計簿をつけることにも挑戦したことはあるのですが、 面倒で続きませんでした! そこで私が辿り着いたのはズバリ 「WAONに10000円ぶっこむ!」 です(笑) WAONに10000円チャージして、食費はWAONで支払いする。 残高がなくなったらまた10000円チャージする。 レシートでたまにチラッと残高を見て、 「今月頭ぐらいに入金したから、まあまあ使ってんな~。 」とぼやっと思う。 私がやっているのはそのぐらいなもんです。 「食費の管理」というか、「食費の把握」。 自分が一体いくらぐらい食費に使ってるのか? それを確認するだけでも節約意識が高まりますよね。 家計簿が面倒でも、トータルでどのぐらい使っているかぐらいは手間ゼロで把握できます。 レジで「ワオ~ン!」するだけですから! ちなみにWAONを使っているのは最寄りのスーパーがイオン系列だからというだけです。 5ヶ月間のリアルな食費記録 WAONのサイトで使用履歴が見られるので、まとめてみました。 2月~6月の5ヶ月分の履歴があったのですが、 あまり変わり映えしないので詳細は例として4月分のみ。 買っているのはほぼ食材や調味料です。 たまに1000円超えているような日は大体調味料やお肉のまとめ買いをした日かな。 残高が少なくなったらこんな感じで10000円入金します。 あわせて読みたい ガッツリ毎日料理しなくても、一人暮らしなら 2,3日に1回の自炊で1ヶ月の食費は抑えられるんです! 節約のための「自分ルール」を決めよう! 毎日の食事の買い物をする時の判断基準として 「自分ルール」を決めておきます。 なんとなく食費を把握しながら、なんとなくそのルールに従うだけで 「節約習慣」が身に付きます。 私が実践しているのは下記のようなこと。 目標金額を決める 私は「平日は1日の食費500円以内」を目標にしています。 目標と言っても、達成のために食べたいものを我慢する!という訳ではありません。 日割り計算のクセをつけておくと、なんとなく感覚で調整しよ~という意識が持てます。 牛肉は滅多に買わない ケチか!(笑) でも牛肉って高いし、お安い鶏肉や豚肉や魚でも十分おいしい料理はできるので。 おいしい牛肉は、外食のときのお楽しみ! おかげで牛肉料理のレパートリーがいっこうに増えません(笑) お菓子やインスタント食品を買わない これはダイエットにもなりますね。 あったらあるだけ食べちゃうし、なければ買うしかないので。 買わないと決めたら買わない! ちなみに、 「酔っ払った帰り道はコンビニでアイス買って帰ってOK」 という裏ルールもあります。 値引き品を買う 数百円の食材やパン、おにぎりなどの1割引!2割引!なんて大した金額ではないですが、 塵も積もればってやつです!大事なのは 習慣化すること! 食材をまとめ買いしない 買って使わず悪くなって捨てる、これが一番もったいない! 自由な身の一人暮らし、毎日家でご飯を食べるわけじゃありません。 買い物する時にその週の予定を思い出して、 「今週は平日も飲み会があるから自炊はできないな。 野菜はまとめ買いせず1回分にしとこう!」 といった感じで、 計画的に買い物するのも大事です。 お肉はまとめ買いして冷凍 まとめ買いは基本しませんが、お肉は安い時に買って冷凍しておけばOK! 料理1回分(2食分)ずつジップ付き袋に入れて冷凍しておきましょう。 メインおかずに使うとして、私は 1回分200gぐらいを目安に冷凍しています。 冷凍する時はもちろんそのままでもOKですが、ひと手間かけて下味を付けてから冷凍しておくと後が楽ちん! 調味料類は量が多く安いものを選ぶ 自炊を継続する気持ちがあるなら、使う頻度の高い調味料は 内容量の少ないものよりも多いものを買った方が安くつくのは当然です。 これから自炊に挑戦してみようかな?と思い調味料を揃える場合• みりん• サラダ油、オリーブオイル、ごま油• コンソメ• 鶏がらスープの素• 小麦粉• 片栗粉 この辺りは沢山入ったものを買っても大丈夫かなと思います。 質の高いおいしい調味料もありますが、まずはグラム当たり一番安いものでOK。 料理に慣れてこだわりたくなってきたら良い調味料を揃えればいいんです! 自炊しない日のご飯はコンビニよりもスーパーで 仕事が長引いたり帰りに寄り道したりで、自炊したくない日もそりゃああります! でも自炊習慣がつくと、コンビニのお弁当が高く感じて仕方ないんです。 しかもコンビニは賞味期限が近づいたからと言ってあまり値引きしてくれませんよね。 帰り道にスーパーがあるなら、コンビニよりもスーパーに寄って まずは値引き弁当を狙いましょう! 外食の時は節約なんて気にしない 節約するんじゃないんかい!と突っ込まれそうですが(笑) このルールがあるから、日頃の節約も楽しめるんです。 友達に飲みに誘われて、お金ないからちょっとごめん… そんなんじゃ、自由な一人暮らし生活楽しくない! せっかくの楽しい時間、節約なんて忘れて食べたいものを思いっきり食べるべし! 節約=我慢じゃない!無理せず自炊を楽しもう! なんだかケチケチした生活のようですが。。 一応会社員として働いていますので、貧困を極めている!という訳ではありません(笑) 友達と3000円のホテルランチを食べに行ったり、 有名な焼肉店でとろけるお肉を味わったり。 たまにはそのぐらいの贅沢はします。 我慢してばかりじゃ楽しくない! たまの贅沢をおいしく楽しめるのは、日頃の節約習慣のおかげです。 自炊の目的には節約ももちろんありますが、 食べたい気分の時に食べたいものを食べられる、それも大きな魅力です。 「今日無性にピーマンの肉詰めが食べた~い!」 そんな気分の時、コンビニやスーパーのお惣菜に なかなかないですよね、ピーマンの肉詰め(笑) 売ってなければ、作ればいいんです!.

次の

一人暮らしOLが300万円貯めるブログ★一人暮らしOLが300万円貯めるブログ

節約 ol ブログ

節約OLの生活とは 日頃節約を心掛けていても、 思うほど貯金額が増えていかないジレンマ、感じたことはありませんか? 「具体的にはどうすればいいのか」これを知ることで、今よりももっと実のある節約ができるようになるでしょう。 そこで今回は、一人暮らしや実家暮らしなど、様々な立場別で見るOLの上手な節約術をご紹介します。 実際に節約されているOLさん達の素敵なブログも併せて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 節約OL(実家編) 油断禁物!毎月の出費を把握する まずご紹介するのは「実家暮らし」をされている場合です。 実家で出費の少ない生活をしていますと、 「気付いたら残金が残りわずかだった」なんて経験はありませんか?まずはそれをなくすことから始めましょう。 「家計簿をつける」これだけで、 日々の出費を把握し節約を心掛けられるようになりますよ。 毎月給料から貯金額を差し引く 貯金を増やせない人の多くは 「残ったお金を貯金する」という考えでいるようです。 しかし逆なんです。 最初に貯金額を決め、残ったお金で生活できるようにするようにしましょう。 「貯金にこれだけ入れるのだから今月はこれだけしか使えないわ」となることで、より節約するという意識が強くなるでしょう。 お弁当を持参する 毎日の昼食代も、月単位で見てみると馬鹿にならない金額になるものです。 昨夜の残りのおかずを入れるなどでもいいですし、最近では栄養のある冷凍食品なども安く販売されていますね。 それらを利用するなどして、 昼食代を節約するようにしましょう。 例えば2016年12月の手取り額は153,109円ですが、その内貯金や積み立てに111,109円回せていることがわかります。 他にも支出額の明細などが1円単位で記載されていますので、ぜひ参考にしてみましょう。 手取り17万!実家暮らしアラサーOLりりこが年間180万円貯金とHappyLifeを目指すブログ こちらのブログでも、 毎月の収入額や貯金額が公開されており、とても参考になりますよ。 2017年1月で見てみますと、手取りで234,000円、その内貯金することができた金額は120,000円となっています。 毎月の変動費や美容費、雑費なども詳しく記載されています。 日々是笑日~*実家暮らしOLの節約&貯金生活~ こちらの方のブログでは、節約しながらもおしゃれを楽しむ方法などが紹介されています。 どうしても節約するとなると、自分磨きなどは後回しになりがちかもしれません。 しかし わずかな金額でも、十分におしゃれを楽しめているこちらのブログは、女性であれば参考にしてみたい情報が満載ですよ。 節約OL(一人暮らし編) 自炊する お次に紹介する立場別は「一人暮らし」です。 1番貯金が難しい立場かもしれませんが、 一人だからこそ節約できる事も多いんですよ。 まずは自炊です。 1食1食を作っていると、意外とお金のかかる自炊ですが、作り置きなど 「まとめて作る」ことを心掛けると、食費を大幅に抑えることができます。 湯船は満タンに溜めない 湯船に使ったらお湯が溢れ出てしまう…そんな状況はもったいないですよね。 6分目から7分目くらい入れれば、十分温まることができます。 時間をかけて半身浴をすれば、もっと少ないお湯だけで済みますよ。 水道代やお湯を沸かす電力やガス代も馬鹿にできません。 お湯の量には注意するようにしましょう。 お風呂の水は洗濯に再利用 そして入った後のお湯は流してしまわず、再利用するのもおすすめの方法です。 よく「浴槽のお湯を使うのは抵抗が…」とおっしゃる方もいるようですが、 洗剤の力で1度使った浴槽の汚れ程度は掻き消してくれます。 しかもその後のすすぎで真水を使いますので、 洗濯に利用しても衛生的なんですよ。 これ以上かかるようですと、生活するのにギリギリになってしまい、 貯金額を増やすのは難しくなってしまいます。 通信費は月収の5%程度に抑える 最近では携帯を持っていないなんて方は少ないのではないでしょうか?携帯以外にもパソコン用の通信費やテレビの有料放送など、意外と通信費もお高いものですよね。 しかしその通信費も、 理想は月収の5%程度だと言われています。 もし手取りが16万円程度であるなら、8,000円程ですね。 節約女子の東京一人暮らし貯金ブログ こちらのブログでは、細かな金額などではなく、 日々楽しみながら節約をしている様子を知ることができます。 ここでは紹介しきれなかった節約の裏ワザなども紹介されていますので、参考にしてみましょう。 手取り14万円*ミミの貯金婚活一人暮らしブログ 「年間貯金額50万円」を目標にされているこちらのブログでは、 無理のない程度の節約を楽しんでいる様子を知ることができます。 クーポンを上手に使っておしゃれを楽しんだり、お小遣いサイトの活用など、ぜひとも 真似したい節約術が満載です。 手取り15万円!都内ぐーたらOLさくらの節約ブログ 「奨学金300万円を返済しながらでも貯金はできる」、それを教えてくれるのがこちらのブログです。 月々の収入額や支出額なども細かに知ることができますよ。 月収や支出額はもちろん、カードの明細額も公開されていますので、一人暮らしの方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。 節約OL(夫婦編) 妻の収入は基本貯金にまわす お次は結婚をされている「主婦」の立場のOLさんの場合です。 月々の生活費やご主人の収入にもよりますが、 妻の収入は「貯金するためのもの」と考え、基本的には貯金に回すようにしましょう。 こうすることで 「貯金額を減らさないための節約」を意識できるようになりますよ。 夫婦でミニマリストを目指す! 最近では断捨離など「物を持たない」ことを理想とする方々も増えてきました。 物を極力買わない・持たないことで、今ある物を大切に使う心も芽生えますし、何より 「なるべく物を買わない」ことで節約にも繋がります。 合理的な生活はそのまま貯金額の増加にもなりますので、1度家庭にある品々を見つめ直してはいかがでしょうか。 コストコを上手に利用 家庭の中で大きなウェイトを占めるのはやはり食費です。 こちらを節約することで、大きな金額を浮かすことができますよね。 そこで活用して欲しいのがコストコです。 まとめ買いをし、作り置きなどをすることで大幅に食費を節約することができるでしょう。 また 会員であればタイヤ交換が無料というサービスもありますので、冬のスタッドレスタイヤ交換代も節約できちゃいますよ。 ケチケチ主婦のチリも積もれば山となる!! こちらのブログでは、上手な 食費節約術を知ることができます。 手作りおやつや安く買うための秘訣など、主婦でなくても参考にしたくなるような裏ワザが満載ですよ。 オレンジさんちの家計簿。 お子様のいらっしゃる主婦がどのように家計簿をつけているのか、それを詳しく知ることができるブログです。 賞与や医療費、電気代に水道代など、 細かな項目ごとにその方法や金額などが紹介されていますので、これから家計簿をつけていく上で参考になるでしょう。 出費の内訳を事細かに設定していたり、日頃の買い物の品々が写真と金額共に紹介されていたりと、どのように日々節約しているのかをわかりやすく知ることができますよ。 節約OL(徹底版) ちょっと不便でも車を売却する 最後は立場別などではなく、「ここまでやるか!」なくらい 徹底して節約したい方にご紹介する情報です。 まずは車です。 ガソリン代や整備費、数年に1度かかる高額な車検費など、実は車にかかる維持費は相当なものですよね。 多少不便でも、交通機関を上手に使うことで長い目で見ると安く済んでいた…なんてこともあるのです。 会社の財形や定期預金を利用する 何も貯金は「自分の口座のお金を増やすこと」だけを言うわけではありません。 会社の財形制度などをご存知ですか?これは行っている会社と行っていない会社がありますが、 強制的に給料から引かれるものになりますので、「お金を残すのが苦手だ」「自分の口座にあると使ってしまう」なんて方にはおすすめの方法ですよ。 ボーナスには手をつけない! 会社員であればなんともテンションの上がる賞与ですが、「今年はうちの会社ボーナス出なかった!」そう考え、 全額貯金に回してしまいましょう。 「ボーナスが出たからちょっとくらい贅沢しても…」そんな考えではすぐに無くなってしまいかねませんよ。 洋服はバーゲンで買う 女性であればおしゃれは楽しみたいものです。 しかし洋服代ってすぐに万単位でかかってしまったりしませんか?そうならない為にも、 季節ごとのバーゲンや、お店のイベントなどを利用し、できるだけ安くお洋服をゲットできるように心掛けてみましょう。 化粧品はプチプラやキャンペーンを利用する 社会から当然のように化粧をしていることを求められがちですが、正直化粧品代って結構かかりますよね。 そんな時は自分のお肌に合う範囲で、 プチプラのものや試供品など、安く手に入れる方法を探してみましょう。 またブランドによっては「100%還元キャンペーン」などを行う場合もありますので、それらを利用すると更にお安く化粧品を手に入れることができますよ。 33歳一人暮らし 手取り16万で100万貯める。 こちらは2016年4月に、新着記事を更新することをやめてしまったブログですが、これまでの記事はとても参考になるものばかりです。 パソコンで作成された家計簿が公開されており、詳細な金額も知ることができますよ。 もちろん節約術も紹介されていますので、ぜひチェックしてみましょう。 写真の掲載率も高いブログですので、きっと参考になることでしょう。 非正規、低所得OLの貧乏暮らし節約生活 低所得でも貯金するにはどうしたらいいか、こちらのサイトでは徹底した節約ぶりを知ることができますよ。 フリマサイトを活用して自分の服を売ったり、副収入でお金を得たりと、 「減らさない」ことではなく「収入を増やす」節約術が紹介されています。 節約次第で給料が少ないOLでも貯金はできる! 立場別でご紹介する節約術はいかがでしたか?もちろんどの立場でも使える節約術もありましたし、参考になるブログもたくさんありましたね。 「残ったお金ではなく最初に貯金に回してしまう」ことや、 「減らさない節約ではなくお金を増やす節約」など、 少し観点を変えることが貯金額を増やすヒントになるかもしれません。 ぜひ今回ご紹介した情報を参考に、年間貯金額を増やせるよう、節約していきましょう。 関連する記事 ・ ・ ・.

次の