ウイニングポスト 9 セリ。 ウイニングポスト9 1周目 配合構想編

ウイニングポスト9 序盤のオススメ繁殖牝馬

ウイニングポスト 9 セリ

【一例】• スペシャルウィーク:国内牡馬3冠• セイウンスカイ:英国3冠• グラスワンダー:仏国3冠• エルコンドルパサー:米国3冠• ファレノプシス:国内牝馬3冠 贅沢プレイをしている場合、一気に飽きが来てしまうんじゃないかと心配になるくらい、とにかく国内の競走馬が充実している年です。 どの馬もが何かしらの3冠を狙えるポテンシャルを持っており、逆に言うと史実の結果からは想像も付かないくらいの駄馬が出現する可能性もあります スペシャルウィークとグラスワンダーが無双する傾向が強い気がする…。 銀札以下にも優秀な馬が結構いて、個人的にはキングヘイロー、エアジハード、エリモエクセルあたりも好きなんですけど、史実通りに勝たせるのは難しいような気もします 特にエリモエクセル。 海外馬で目ぼしいのはリアルクワイエットくらいでしょうか。 米国3冠が狙えますが、これに関してはエルコンドルパサーの方が狙いやすいです。 「リアルクワイエットで米国3冠、エルコンドルパサーで欧州3冠」などの贅沢プレイも可能なので、興味のある人はぜひどうぞ。 エルコンドルパサーが虹札だったので、グラスワンダーも虹札やむなしと思っていたのですが、こちらは金札止まりでした。 デビューがやや遅いのと疲労が溜まりやすいのがネックですが、スペシャルウィークの動向に気を付けながら、後は距離の合うレースを選んで走らせているだけで無敗のまま勝ち続けられるでしょう。 難易度やライバルのスウェイン、デイラミ次第では欧州3冠も可能です。 高難易度でプレイしている場合で3冠配合を狙いたいなら、仏国3冠の方がいいかも。 史実では2000年6月がラストラン。 普通に使っていれば5歳の年で劣化が始まりますが、これまでの財産を使って折り返しまでは最前線で戦えると思います。 11戦8勝という戦績で、凱旋門賞ではモンジューに負けての2着という結果でした。 連体率100%です。 ゲーム内では芝もダートも走れる最強馬という立ち位置で、この時代最強の一角を担っています。 前作までは金札だったのですが、今作からは虹札に昇格。 …産駒は走ってないんですけどね。 AMC完全制覇も狙えば獲れるでしょう。 史実では1999年10月がラストラン。 普通に走らせている分には競争寿命が余ってしまうはずですが、初年度産駒にビッググラス 根岸S がいるので消失に注意です。 グランプリはグラスワンダーに次ぐ2着、そして菊花賞もセイウンスカイに次ぐ2着と、かなり惜しいレースも多かったです。 僕の勝手なイメージでは「テイエムオペラオーの次でナリタブライアンよりも賞金を稼いでいた競走馬」という印象だったのですが、2019年4月現在、賞金のトータルランキングではホッコータルマエとタップダンスシチーの間の13位でした。 ゲーム内でも群雄割拠の世代というか、スペシャルウィークのみでプレイする場合は「いかにセイウンスカイとグラスワンダー あとたまにエルコンドルパサー をどうするか」だと思います。 下手するとどの3冠も獲れない可能性もありますが、何かしらの3冠を獲れる可能性は高いです。 史実では1999年12月がラストラン。 4歳一杯で引退しないとサンバレンティン、グリントウィークが消失してしまうので注意してください。 名前も線香がチラつくけどカッコ良い。 ゲームでは芝適正が海外向けで国内戦は苦戦するかも。 3歳戦はまだやれる感がありましたが、古馬になってからスペシャルウィークやグラスワンダーとやり合うくらいなら欧州に逃げた方がいいです。 凱旋門賞やキングジョージも獲れます。 上記データで負けた2回は4歳最後のジャパンカップと有馬記念です。 たぶん劣化が始まった影響があったり、海外に行っている間にスペシャルウィークが国内で無双していたことが起因していると思われます。 ウイポシリーズでは架空馬サードステージ 2016 の母親としても有名です。 史実ではエリモエクセル等に阻まれてしまった牝馬3冠もゲーム内なら十分に可能となっています。 AMC完全制覇も狙えるので、金札も回収できますしサードステージを産んでくれることも加味すると、虹札を消費する価値は十分にあると言えるでしょう。 史実では2000年11月がラストラン。 25戦でちょうど劣化が始まるか始まらないかくらいだったので、大事に使って3年連続でAMC完全制覇を狙ってみるというのも面白いと思います 2002年の産駒は収録されていません。 その他の攻略情報 【翌年】 【前年】.

次の

【ウイニングポスト9】1995年産駒おすすめ競走馬データ一覧

ウイニングポスト 9 セリ

クラシックに関しても国内に実力が拮抗しているライバル馬が多いので、菊花賞以外で安定して勝てそうなレースがあまりありません 史実補正が効いているのか菊花賞は割と安定して獲れます。 史実では2000年の6月がラストラン。 がっつり走らせて4歳前半まで、持って5歳一杯が限界じゃないかと思うので、早めに引退させてもOKです。 当然本作でも非常に強く、同期のタイキシャトルとぶつかると勝ち負けになってしまうと思いますが、そこさえ避ければ負けなしでいけるでしょう。 AMC完全制覇も狙えますし、ジ・エベレストやペガサスワールドCTなどの高賞金レースも安定して勝てるので、出費分は余裕で返ってきますし、札も倍以上になって返ってきます。 史実では1999年6月がラストラン。 30戦くらい走らせれば、ちょうど5歳一杯で寿命を使い切れるはずです。 非常に強くて競争寿命が長いので、とにかくおすすめの1頭。 同期のタイキシャトルには敵わないので、3歳時は海外マイル3冠を狙うのがベストだと思います。 あとは海外スプリンターを荒らしながら、タイキシャトルと被らないようなレース選びをしているだけでOK。 成長して距離の上限が1700くらいになれば、難易度ノーマルならAMC完全制覇も狙えます 安田記念でタイキシャトルが来ると無理。 史実では2001年6月がラストラン。 結構レースを詰め込んで走らせても7歳一杯活躍できると思います。 上記データでは3歳で欧州牡馬マイル3冠を狙いましたが、最後でデイラミに負けました。 仏国3冠にもパントレセレブルが居たので厳しかったと思います。 成熟してからの凱旋門賞も4着だったので、凱旋門賞やキングジョージあたりは近付かない方が無難かも。 史実では1998年11月がラストラン。 オートにしていると4歳一杯で引退してしまうので注意してください。 天皇賞秋で予後不良となっているので、歴史を変えるのには持ってこいの1頭です。 ゲーム内では牝馬3冠は堅く、よほど失敗しない限りは桜花賞を落とすということは考えにくいです。 …が、牝馬3冠を達成した後で、1期上の牝馬・エアグルーヴにすら勝つのは難しい時点で、そもそも牡馬とは戦う気が起きませんでした。 というわけで4歳時は適当なところを拾い、5歳でAMC完全制覇狙い。 安田記念でグラスワンダーと当たりましたが何とか勝てたので、相手のコンディション次第では何とかなりそうです。 史実では1999年11月がラストラン。 2001年産駒は居ないので、走ろうと思ったら6歳も走ってOK。 数字だけ見たら惜しいですが、結構な差があるように感じたので、本気で取りに行くならドーピング&リセット必須だと思います。 海外のトップレースに行っても勝ち負けになりますが、スキップアウェイやシルバーチャーム相手に常勝というのはまず無理でしょう。 史実では2000年8月がラストラン。 35戦以上もすれば劣化が始まっているかと思いますが、2002年の史実産駒はいないので、7歳も走ってOKです。 ゲームではポテンシャルが高く評価されており、自己所有して勝ち続けることでとんでもない大物に化けます。 3歳の時に秋古馬クラシックを全焼するのは難しいかもしれませんが、連勝ボーナスで強くなったら4歳以降は手が付けられないです。 史実では2001年の12月がラストラン。 繁殖入りしてからはサンデーサイレンス産駒の一角として、ナカヤマフェスタ、ドリームジャーニー、オルフェーブル、ゴールドシップなどを輩出しています。 その他の攻略情報 【翌年】 【前年】.

次の

ウイニングポスト9 2020 プレイ日記 1992

ウイニングポスト 9 セリ

このご時世でもあるので、自宅でゲームをして過ごす人も多いかと思います。 僕自身もゲームをして過ごすこともありますし。 今回は3月12日に発売された競馬である9 2020の主に初心者向けの序盤攻略法について書きたいと思います。 ゲーム開始前のポイント 前作であった9の序盤攻略について1年ほど前に記事にしたのですが、今作では変更点もあるので、また改めて書きたいと思います。 もちろん前作などの引き続きデータを使用することもできるのですが、今回の場合は引き継ぎなしで始める場合で記事を進めていきたいと思います。 まず出来ればしておきたいのは、の無料会員特典を利用することです。 数量限定(各ハード先着1000名)なのですが、金札3枚を獲得することができるので、序盤の攻略が楽になります。 競馬を趣味にしている人は、すでにnetkeibaを利用している場合もあると思いますが、無料なので、この機に会員になるのもいいでしょう。 あとは前作では牧場の開設地は種付けや、幼駒を購入する時に重要だったのですが、今作はあまり影響はないようです。 好きな場所を選ぶのがいいでしょう。 初期譲渡3歳馬の選び方 ゲーム開始直後に現役3歳馬を選べるイベントがあります。 前作ではとの二択だったのですが、今作では選択肢が多くなりました。 前作でも選択できた は史実でもを制していますし、能力は高い馬ですが、今作で選べるようになった と もオススメです。 僕自身の所有した時には94年のとを制しました。 は史実では香港国際を制したので、海外遠征のスキルがあります。 初期譲渡は好みで 91年3月5週に選択できる初期譲渡ですが、これといってオススメできるはいませが、この中では産駒の ダイナブリーズか、産駒の スイートラブを選ぶといいと思います。 金札でとベガを購入 もし、netkeibaの無料会員特典を手に入れることができれば、金札で と ベガを購入しましょう。 は史実でもなどを制したや、馬を輩出した名です。 種付け時にを配合すれば、やを生産できます。 もちろん2頭とも能力は高いです。 また91年3月5週以内に購入すれば、も所有することができます。 と同世代なのでクラシックは難しいですが、長距離重賞で活躍できる馬です。 またずっとを所有していれば、史実では2004年のなどを制したも生産することができます。 ベガは1歳馬ですが、史実ではとを制した馬ですし、繁殖になってからはダービー馬のやダート路線で活躍したを産みます。 ベガならば3冠を狙えるポテンシャルはありますから、序盤で所有していけば賞金を確実に稼いでくれるでしょう。 金札はもう1個余るのですが、そこはお好みの馬でも。 その他の序盤の攻略法 春にまた新たに2歳馬を譲渡してもらうのですが、この中ではディスコホールはオススメの1頭でしょう。 早熟で3歳春までしか活躍はできませんが、産駒なので繁殖としての価値はあると思います。 あと、史実ではでになったを救済するプレイも良いと思います。 他の攻略のポイントとしては所有した競走馬はレース後に1週放牧などを使ってコンディションを整えるのがこのゲームではセオリーです。 コンディショニングには気を使いましょう。 また、10月1週のセールではリファール産駒のサンダードームを購入するのがオススメです。 因子があるので、種付け時に爆発力を稼げます。 最後に牧場の建設ですが、を増やすことができる厩舎は早い段階で10頭を所有できる用にしたほうがいいでしょう。 生産頭数を増やすことでチャンスは広がると思いますし、厳しそうな馬はセリに出すことで牧場の資金になってくれます。 今回は特にゲーム開始年である1991年の攻略法について書きました。 攻略法としては他の人と似たような感じになるかと思いますが、netkeibaの無料会員特典は出来れば使いたいところ。 初期譲渡馬は3歳馬ではか、2歳馬ではディスコホール、そして金札がある場合はのと1歳馬のベガを購入することが重要です。 追記 2020年4月18日 序盤のオススメのについての記事も書きました。

次の