リヴァイ。 進撃の巨人の登場人物

リヴァイとミカサの関係は?進撃の巨人でアッカーマン一族の二人は兄妹?

リヴァイ

リヴァイ兵長とは? リヴァイ兵長は、人類最強の兵士と言われている人物。 その戦力は、一人で一個旅団(約4000人程度)並みと言われています。 一般的な兵士では十数人でようやく1体倒せるか倒せないか、という戦闘力です。 リヴァイが兵団入りする前の戦力レベルでは30人は死ぬ前提で倒さなければならなかった巨人でしたが、リヴァイは2体相手にして瞬殺するほどです。 女型の巨人が身体を硬化する再生速度を上回る速さで切り刻むシーンもありました。 ジークの脊髄液を飲まされたリヴァイの部下が、30人一斉に巨人になってしまったシーンでも、一瞬で皆殺しにしました。 そんな その過去の名残もあるのか、目つきは常に威圧感が。 そんなリヴァイ兵長は、アッカーマン一族の末裔。 アッカーマン一族の力は巨人科学の副産物です。 リヴァイの強さは、アッカーマン一族という、その血筋が大いに関係しているのです。 ちなみに、エレンの幼馴染であるミカサもアッカーマン一族です。 だからあれだけ強いんですね。 >> リヴァイ兵長の性格 リヴァイの性格は、無愛想で冷静。 そして、粗暴です。 地下街で育ったというゴロツキ時代の名残か、下品な言葉遣いも多い。 >> その一方で、兵士長として相応しいほどに、仲間想い。 部下の死に際には血に塗れるのも構わず相手の手を取り、巨人を絶滅させると誓う姿が見られました。 エレンもリヴァイに殴る・蹴るという暴行を加えられながらも、ちゃんと信頼していることが伺えます。 >> その性格を逆手に、巨人化した部下は殺せないだろうと勘違いしていたジーク。 しかし、今まで死んでいった仲間や国の未来を考えると、今更数十人の命を惜しんでいる選択肢もありません。 その辺の判断力は、さすがといったところです。 リヴァイに怒られないように、エレンたちが掃除をするシーンも多々あります。 >> >> リヴァイ兵長は死亡したのか!? そんな史上最強のリヴァイ兵長が、115話で死亡したのではないか!?という描写がありました。 リヴァイ死んだってマ……. なぜこのような姿になってしまったのかというと、ジークに刺していた雷槍の爆破によるものです。 進撃の巨人114話で、ジークが自ら雷槍の信管を起爆させジーク自身とリヴァイ兵長を吹き飛ばしました。 で自分が死なないということに賭けて、リヴァイを道ずれにしたと考えられます。 ハンジの狙いは? ジークの自爆による衝撃に気づいて、ハンジたちがリヴァイの元に駆け寄ります。 その姿が、かなりショッキングですね。。 ハンジはこの姿を見て、「 死んでるよ。 訓練時に同様の事故を見てきたが 外傷以上に内蔵がズタズタになって即死だ」と言います。 【微ネタバレ 閲覧注意】 リヴァイ兵長死亡(? ハンジ以外の人が、ちゃんと脈を測って死亡を確認したとか、止めを刺した、というのがないのです。 そして、フロックが兵長の脈を計ろうとしたときに巨人の様子が変わります。 巨人から発生していた蒸気が吸い込まれるようになっています。 この隙を見て、ハンジはリヴァイを連れて川へ飛び込みます。 なぜハンジはリヴァイを連れて川へ飛び込んだのでしょうか? その答えは一つだけだと思います。 それはもう、 リヴァイが生きているからですよね。 リヴァイが生きている、もしくは生きている可能性が高いとハンジが判断した結果の行動だと思います。 >> リヴァイの生死に関して管理人の予想 ハンジが敢えて「死亡している」と伝えたのは、フロックたちにとどめを刺されたくなかったから。 そして、ハンジがリヴァイを連れて川へ飛び込んだのは、リヴァイが生きている、もしくは生きている可能性が高いとハンジが判断した結果。 それを考えると、 リヴァイはまだ生きている、と私は考えます。 その理由をまとめます。 死んだと断定しているのがハンジのみ ハンジはリヴァイのことを「死んでいる」と言いました、でも、「脈を計らして・見せてください」と言われたハンジはリヴァイを見せませんでした。 そしてみんなの気がリヴァイから離れた時にリヴァイ、ハンジは川に飛び込みました!!! またセリフとしても誰一人として「死んだ」とは言っていないのが気になります。 そしてトドメをさそうとする調査兵団たちに対して、リヴァイに近づかせようとしないハンジのセリフ。 これは死んだと思い込ませるための言葉なのではないかと考えられます。 ハンジはリヴァイの脈を計っていない 実際にはフロックがリヴァイの脈を計ろうとしていました。 ですがそのとき、ジークを体内に取り込み、回復させていた巨人の様子が変わったため、みんなでそちらに注目したのです。 計ろうとしたのに、計れなかった。 このことは、実はリヴァイが生きているのではないかと思わせる、作者の含みの表現だと思います。 ハンジはリヴァイを連れて川へ飛び込んだ これが一番決定的な判断ですね。 他の調査兵団が巨人に気を取られた際、ハンジは血だらけのリヴァイを抱え、川へと飛び込みました。 死んでいたら、自分もどのような目に合うかもわからない、このような行為をするでしょうか? これはリヴァイがまだ生きていて、少しでも回復させ、生き延びさせるための賭けに出た行為だと考えます。 そして思うのは、 エルヴィンが死んだあの戦いでも無心で血まみれになって戦っていた男、リヴァイがこんなにも簡単に物語から退場するのか?ということです。 >> ここからは考察ですが、リヴァイが巨人化しなかったのはジークの脊髄液入りのワインを飲んでいないのか、もしくはアッカーマン一族のため発動しなかったかのどちらかであると思います。 そしてかつて、ミカサは骨折をしていても戦い抜いていました。 痛みを我慢した、というよりは他の人よりも回復能力が高いのではないかと考えます。 つまり、これだけの重傷を負っているリヴァイでも、回復能力が高ければ怪我が良くなり、指を2本、爆発で失ったとしていても十分に戦えるようになるのではないかと思うのです。 ですが、問題はこの怪我を負ってから、最後の戦いまでその回復が間に合うかどうか。 そればかりはわかりません。 最後は願望ですが、リヴァイにはしっかりとこの世界の行き先を、エルヴィンの代わりにも見届けて欲しいです。 リヴァイ死亡の可能性に、ネットの反応は? リヴァイ兵長が死亡したかもしれない、という、このショッキングな出来事に、ネットの反応はどうだったのでしょうか。 え、え?リヴァイ兵長死んだの!? え、ほんとに?なんで?! 誰がやった! — www. りきん. しかし! まだ生きている可能性がありそうなので、希望を捨てずにいましょう! 続報:リヴァイ兵長が生きていることが確認された! 進撃の巨人115話以降、全く姿をあらわすことなくその生死が気にかかっていたリヴァイ。 つまり、 リヴァイ兵長は瀕死状態だけどまだ生きてはいる、ということが判明したのです。 これには、かなり安堵の反応が多くありました。 うん、生きてると思ってた。 それにあれはきっと寝たふりを しているんでは。

次の

リヴァイ「バカ言え。俺は今から30年分の恋をする。」進撃の巨人 SS

リヴァイ

進撃の巨人:リヴァイアッカーマンとミカサとはどんな関係? まず、リヴァイとミカサはどのような人物なのでしょうか。 プロフィールをまとめておきましょう。 「人類最強」の異名を持つ、誰もが認める調査兵団の最強の兵士です。 エレンの監視役であり、兵士や民衆からは絶大な人気があります。 幼い頃、強盗に襲われ時に両親を殺害されますが、ミカサは エレンによって助けられ、エレンに対してとても強い執着が見られます。 第104期の訓練兵を首席で卒業し、とても高い戦闘能力を有しています。 進撃の巨人ファンの中でも、よね。 リヴァイとミカサの共通点 リヴァイとミカサには共通点が3つあります。 苗字が同じアッカーマン• 人間離れした戦闘能力• 身長に対して体重が重すぎる リヴァイとミカサの共通点1:苗字が同じアッカーマン。 アッカーマン一族とは? まず、アッカーマン一族とはどの様な一族なのか。 かつて アッカーマン一族は王を守る武家であり、王とは親しい関係を築いていました。 しかし、145代目のフリッツ王が、 始祖の巨人の力を使い、民衆の記憶を操作した際、アッカーマン一族の記憶は操作が出来なかったのです。 記憶操作が効かない事を危険視した王政から、命を狙われるようになったアッカーマン一族。 しかしその後、がレイス家に下り、王政はアッカーマン一族の根絶やしには失敗しています。 ミカサは物語の初期から、アッカーマン一族だと判明していましたが、 リヴァイはケニーの証言から、後からアッカーマン家だと明かされました。 アッカーマン一族は王族からの迫害を受けていたため、リヴァイとミカサは、悲惨な幼少期を過ごしています。 その為、 「2人は兄弟なのでは?」と噂される事になりました。 リヴァイとミカサの共通点2:人間離れした戦闘能力 2人は圧倒的な戦闘能力を有しています。 リヴァイは「人類最強」と呼ばれ、その戦闘能力は一人で一個旅団(約4000人程度)並みと言わる程。 一方、ミカサも訓練兵時代から多くの巨人を討伐し、ベテラン兵士も驚くほどの実力を誇ります。 実は、リヴァイとミカサは「ある日突然力に目覚めた感覚」を経験しています。 この経験によって、リヴァイとミカサは他の兵士と比べ物にならない戦闘能力を有しているそうです。 しかし、リヴァイとミカサはスリムな体型ですし、どう考えてもおかしな数字です。 本来人間が無意識に体を守っている「筋肉を制御するリミッター」を外せる能力。 リヴァイとミカサは、このリミッター解除能力を持っているという作者設定があります。 作者の諌山先生は、身長に対して重すぎる体重で、 「リミッターの解除でかかる負担を軽減する為、骨密度や筋肉量などが異常に高い」という事を表現したかったそうです。 リヴァイとミカサは同じアッカーマンとして兄妹なのか? 苗字が同じという事で浮上した、リヴァイとミカサの兄妹論。 ミカサの両親は強盗により殺害されたと、作中でしっかりと説明されています。 一方、 リヴァイの両親は、父については不明ですが、母の名前は「クシュル」だと判明。 そしてクシュルはリヴァイを残し、病死しています。 母の死んだ方法が異なる為、2人が兄妹という可能性はなくなりました。 リヴァイとミカサの関係は、同じアッカーマン一族であり、姓が同じことから「親戚」という事になるでしょう。 リヴァイとミカサの今後はどうなる? 同じアッカーマン一族のリヴァイとミカサ 2人には今後はどの様な展開が待っているのでしょうか? 実は、ウォール・マリア奪還作成の際、リヴァイについて少し気になる描写があります。 リヴァイを抑えつけたミカサが、リヴァイの力が弱まっている事に気付くシーンです。 もちろん、リヴァイはその前に何体もの巨人を駆逐したうえ、獣の巨人と対峙している訳ですから、単に疲労していたとも考えられます。 しかし、進撃の巨人では今まで多くの伏線が散りばめられており、この ミカサの反応も何かしらの伏線の可能性は否定できません。 >> 今後もリヴァイとミカサは、全力で戦い続けるでしょうし、常人離れした能力が体になにかしらの影響を与える可能性は、ゼロではないような気がします。 ウォール・マリア奪還後、。 リヴァイとミカサのツートップの力が弱まれば、調査兵団にとって大きなダメージとなってしまうでしょう。 そして、ミカサは東洋人とのハーフであるとも作中では説明されています。 マーレ人の存在が明らかになった今、東洋人というミカサの出生は、物語にどう関わってくるのか、少し気になりますね。

次の

MECHANICS|無限のリヴァイアス Official Web

リヴァイ

リヴァイとは、の登場人物である。 全を恨んでいるかのようなと、忌々しげにめられた口が特徴的な人物。 からの称は「リヴァイ兵長」、「」等。 : 概要 人物 調兵団の長を務める人物。 部下からはもっぱらとも呼ばれる。 初出はに掲載された『リヴァイ兵士長』より 単行本3巻に収録。 には第9話「左腕の」より登場。 人類のとして名高く、その実は、 1人で一個団 約00人 並みの戦を持つとされる。 つまり、「1人でな人に相当する」とされている稀代の逸材・人分のを持った人物ということになる。 具体的に言うと、一般的なでは十数人でまとめてかかってようやく1体倒せるか倒せないか、が兵団入りする前の戦では前提でかからないといけなかったを、 2体相手にして殺するほど。 実際、を上回る実の持ちであることが 劇中で明確に描写されているのはリヴァイだけである。 全人類のを集める調兵団の中でも特にで、として尊敬を集めている人物であるが、実際は小柄で質、潔癖症であり、言動も粗暴で、しかも常に人を威圧するような冷なをっており、実際に会ってみると理想とのギャップに失望する者もしくないとか。 と交戦した際に浴びた返り血を拭うほどひどい潔癖症だが、部下の最期を看取る時は一切わず血塗れの手を掴み、その遺志を引き継ぐことを誓うような想いな面もある。 名前の由来は、「ジーザス・」のリヴァイである。 またのは、「」の どちらもより。 の上では堂々のであり、が非常に多い。 体格について 先述にあるように、 、体重kgと思いのほか小柄だが、に対して体重が。 全のと体重に関してはがをもって考えたとのことだが、とリヴァイの体重に関してはやはり突っ込みが多く、のにて2人のな体重についての回答が載っている。 それによると、この2人は通常のが自分の身体を守る為に本来備えている「を制御するリミッター」を自ら外すことのできるを持っている。 に関しては作中でリミッターをに外せるようになったきっかけについて描写されているが、リヴァイに関しては未だである。 来歴 出身はウォール・内の王都。 そのでは有名なゴロツキだったという。 何があったかはになっていないが、に連れられて調兵団に入ったとのこと。 に対しては全幅の信頼を置いており、時には自分の考えを捨てて、の判断を信じることもある。 ちっ… 汚ねぇな チク• しよう は必ず!! をさせる!! よく喋るな …• …これは持論だが 躾に一番効くのは痛みだと思う 今に一番必要なのは 言葉による「」ではなく… 「教訓」だ しゃがんでるから丁度蹴りやすいしな• にはわからない ずっとそうだ… 自分を信じても… 信頼に足るの選択を信じても… 結果はにもわからなかった… だから…まぁ せいぜい 悔いが残らない方を自分で選べ• できそうかどうかじゃねぇだろ… やれ やるしかねぇだろ リヴァイ班 ネタバレ注意 この項は、成分を多く含んでいます。 ここから先はで立体機動に移れ 化にし、人類の反撃に重要な戦とみなされたは、審議の結果、調兵団の管理下に置かれることになる。 その際、が化しした場合に備えて、人類のであるリヴァイと行動を共にすることになる。 外調での有用性をに向けて明するために、この遠征のための特殊班を編成する。 これが調兵団特別班、通称リヴァイ班である。 はリヴァイ、、そしてリヴァイが直々に選んだ「方法を学んだ」4人の兵で構成されている。 でもリヴァイと行動を共にしていたため、以前から直属の部下だったと思われる。 リヴァイに対して深い尊敬と好意を持っているようで、故郷のには「自分の全てをげるつもり」だと、誤解を招きそうなを送っていた(実際のろけ話だと勘違いされていた)。 オルオには辛辣。 いつも彼のマヌケっぷりと似ても似つかないリヴァイのを酷評しづいている。 、体重kg。 単独討伐10体、討伐補佐体。 リヴァイに心酔する兵。 彼の口調や装(ーフや)をている。 しかし全く似てない中年のである上に乗中にぺらぺらと喋って盛大に舌を噛んだり、駄に自意識過剰だったり、新兵のに威り散らしたりと、マヌケな面が強い・のような存在。 そんな彼でもの討伐数ではリヴァイ班随一。 それまでのっぷりからは思いもよらぬ高い実を持つことが判明し、を驚かせた。 、体重kg。 単独討伐体、討伐補佐9体。 ド・ あげに後ろに結んだが。 落ち着いた性格をしており、リヴァイがいない場合の揮を任せられるなど、的な。 、体重kg。 単独討伐14体、討伐補佐体。 グンタ・シュルツ の頭で、後頭部がなんか長い男。 、体重kg。 単独討伐7体、討伐補佐体。 上記人物のほとんどがの襲撃によりしリヴァイ班は壊滅、彼は多くの部下を失うことになった。 この犠牲によって人類はのについて一歩前進したものの、このにおいて長としての彼が失ったものは計り知れない。 特にがした際に見せたリヴァイの表情は、ここに書くのをはばかられるほどの衝撃をに与えた。 ではさらに演出が追加され、を振り切るために捨てていくのなかにも入っており、それをリヴァイが見ているも加わった。 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 潔癖症• - 曲.

次の