あな 番 な な ちゃん 生き てる。 [あな番]ななちゃんは双子!妹は二階堂(どーやん)の母で翔太と不倫?

AIななちゃんとLINEで友達トークで「あな番」の犯人のヒント?|アレって気にならない?

あな 番 な な ちゃん 生き てる

スポンサーリンク 【あなたの番です】12話ネタバレ考察!黒島の彼氏役は水石亜飛夢 黒島の彼氏が登場したのは1回だけです。 翔太と菜奈がキウンクエ蔵前に引っ越してきた日、翔太がコンビニに行こうとしている場面で黒島と手をつないでいた男です。 亜飛夢(あとむ)という名前は16歳離れたお兄さんが「亜細亜(アジア)を飛ぶ夢になってほしい」という願いを込めて名付けられたとか。 23歳と若いので、 黒島の彼氏は大学の同級生や先輩といった役柄なのかもしれません。 視聴者の多くはこの彼氏から黒島がDVを受けていたからと考察していましたが、 黒島の話が本当なら合っていたということになります。 【あなたの番です】12話ネタバレ考察!黒島の彼氏が亡くなった経緯 木下が黒島のゴミ袋をあさって回収した 香典袋のゴミ。 これを翔太が疑って黒島に追及したところ、黒島はこんな風に答えました。 付き合っていた人が亡くなって、そのお葬式の時のです。 たぶん一度会ったことあると思うんですけど。 酔って知らない人と喧嘩して。 あんまりいい人じゃなかったんです。 あの人見た目は普通なんですけど、普段から暴力がすごくて私もよく殴られてて。 だから喧嘩でっていうのもすごい納得しちゃって。 もちろん死んじゃったことは悲しかったけど、彼氏から解放されて少しほっとしている自分がいて。 周りにも明るくなったって言われて。 黒島の彼氏はけんかで亡くなったんですね。 その喧嘩というのが、マンションゴミ置き場に捨てられていた雑誌の表紙にあった 【桜祭り乱闘事件 逮捕された32歳会社員と大学生の関係】という事件ではないかと言われています。 また、黒島の彼氏が亡くなったのなら【被害大学生】や【被害者】と表記するのが普通じゃないですか? それにいくら悪い彼氏だったからって、あまりにも 黒島が淡々と受け答えしていたのが気になります。 菜奈が細川朝男について告白したとき、翔太は【菜奈ちゃんが一度は愛した人だから】と言っていましたよね? そして細川朝男が亡くなった時には菜奈と翔太は二人とも涙を流していました。 黒島の彼氏が亡くなってから時間が経っているとはいえ、ちょっとあっさりしすぎじゃないでしょうか? 【あなたの番です】12話ネタバレ考察!黒島の彼氏が関係あるのは火事? 2話で藤井、久住、翔太、菜奈がシンイーの働くブータン料理屋で夕食を食べているときに、行方不明だった山際祐太郎の体が山中で見つかったというニュースが流れました。 そのニュースが流れる前にあるニュースが画面いっぱいに映し出されました。 それが 【目黒区で6棟が燃える火事】というニュースです。 6棟が燃えるってかなり大規模な火事ですね。 ほんの一瞬しか映らなかったニュース映像なのですが、わざわざ画面に大きく写し込んだことに何か理由があるのではないでしょうか? この火事もマンションで起きている交換ゲームに関係あるのかもしれません。 それなら、黒島の彼氏が放火などでこの火事をおこしたきっかけになり、黒島の香典袋はその火事で亡くなった人のお葬式に参列するためのものだったのかもしれません。 【あなたの番です】12話ネタバレ!黒島が嘘をついている理由を考察 私には黒島がすべて真実を語っているようには見えません。 まず、私は黒島は以下の点について嘘を言っていると思います。 ・黒島の彼氏は生きている ・黒島が交換ゲームで書いた名前は早川教授じゃなくて彼氏の名前 ・赤池美里の事件の犯人に心当たりがある まず、前述のとおり 黒島の彼氏は生きていると思います。 黒島をつけている怪しい黒い靴の人物は、黒島の彼氏だと思います。 黒島の彼氏は束縛がひどく、好きな人を自分の手元から放したくない人物ではないでしょうか? 翔太の菜奈に対する愛情と真逆にある人物で、愛すれば愛するほど相手を傷つけてしまう不器用な男だと思います。 それで黒島が離れようとする素振りを見せると、別れる不安からDVで黒島を押さえつけてしまいます。 黒島は本当は別れたいと思っていて、 交換ゲームでは彼氏の名前を書きました。 しかし彼氏が桜祭り乱闘事件や火事の事件に関わってしまい、自分との関係性を疑われたくない黒島は、【ゲームでは早川教授と書いた】と当たり障りのないことを言ったんです! そして黒島が引いた紙は【織田信長】ではなく、浮田が書いた 【赤池美里】だと思います。 交換ゲームで紙に書かれた名前を見るとき、黒島は目を細めていました。 これは、 浮田が書いた赤池美里という文字が枠線内に収まるくらい小さな字だったからです。 彼氏は交換ゲームのことを黒島から聞いて知っていたと仮定します。 彼氏は黒島が喜んでくれると思って、黒島の代わりに赤池美里を襲います。 そして警察に捕まらないように逃走しているので、黒島の体のあざが消えました。 浮田は菜奈、早苗、黒島に「かまをかけてくる」と言った夜、黒島は浮田になんとか取り繕って場をやりすごします。 そして彼氏に依頼し、浮田の始末をお願いしました。 浮田の名前が書かれたゲームの紙はないので、浮田は交換ゲーム外で犯人に襲われています。 そして、黒島の彼氏は黒島が口を割らないか、他の男と仲良くしていないか後をつけて見張ってるんだと思います。 スポンサーリンク まとめ 木下が見つけた黒島の香典袋のゴミから、黒島の彼氏の事情が明らかになりました。 しかし 私は黒島が嘘をついていると思います! 黒島の話を聞く二階堂も黒島の顔を凝視しながら聞いていました。 黒島はまだまだ翔太に内緒にしていることがあると思います。

次の

【あなたの番です】第2章はいつからで何話まで?ななちゃんは本当は生きてる?

あな 番 な な ちゃん 生き てる

スポンサードリンク あなたの番です あな番 尾野ちゃん怖い。 ウエハースの意味が判明で理由や証拠が?考察と黒幕はどうなのかをチェックしていきます。 第2話で見事「ウエハース女」の異名を取った怪しい尾野ちゃん🍀 素敵な笑顔のオフショット 尾野ちゃんを疑ってたのに手作りのウエハースを自ら「いいですか?」って食べる翔太くんは…どんな神経なのだろうか 笑 アレルギー表記だったりオーガニックにこだわるのは…今後何かあるのかな そしてあの表札は…何か意味ってあったのだろうか 「あなたの番です」今日は、どんな小説ネタが出てくるのか…ドキドキ。 ウエハース女尾野ちゃんがキレるそうで…そっちもドキドキ。 嬉しそうに手作りウエハース食べてるな😋🍴💕 — SAKURABABY SAKURABABY12 あなたの番ですの尾野ちゃん…常識が全く通用しないのが怖いというか気味が悪い…ウエハースも苦手になりそう 笑 尾野ちゃんは黒幕ではないと思うけど、嫉妬深すぎウエハース女やな 尾野ちゃん人として苦手だわ。 ちょっと無理。 病室のベッドをウエハースで汚す人間と仲良くしたいなんて誰も思わないだろ 個人的な意見ですがあなたの番です名シーン第1位は圧倒的にミキサー早苗 Dr. 山際みたいに言うな の集中してーーー!!!!!です第2位は尾野ちゃんのカバンから生ウエハースそして第3位であるケイタナカの最高な告白連鎖を脅かしにきたのが今回の早苗の代われ代われ代われェ! あなたの番ですの記事のまとめ• ウエハース めっちゃ美味しいよ〜! たしかに、尾野ちゃんどこで食べてんのかなぁ? 病院だとしたら、黒島ちゃんとこの? 尾野ちゃん絶対頭おかしいって…。 ウエハースの意味にネットの反応はどうなのでしょうか。 管理人さんからのネームプレートは手先の器用な尾野ちゃんの手作り。 自分で作ったからちゃんと玄関に吊るしてある。 というかそれはウエハースの時点で示唆されてた。 尾野幹葉ちゃんは黒幕なんかじゃない。 なぜなら、和子おばさんのことを殺せるわけがないから。 ウエハースの意味を振り返ってまとめていきます。 翔太はなんで尾野ちゃんとのことをななちゃんに言わないんだろう?普通に言えそうな1回目ウエハースをもらった時も言ってなかった。 ただ単にななちゃんを不安にさせたくないから?と思うと触れていないだけで他にもななちゃんに言っていないことがあるかもしれない。 尾野ちゃんはいつ翔太の名前を知ったんだろう…? ウエハースまでは手塚さんって呼んでるけど、3話から突然翔太さんって呼んでる。 もちろん全てのやり取りが映ってる訳でないのは承知だけど、ちょっと疑問。 尾野ちゃんのプレゼントについての考察。 ウエハース=上ハウス 駄洒落だけど、手塚家の上402号室は榎本家 雷おこし=雷門は本来、「風神雷神門」なのだけど世の中では風神は身を潜めてしまい「居候」してるかのごとく「雷門」が通称になった 続く 尾野ちゃん役の奈緒さんと蒼井優さんて似てるんじゃないの?って今日ふと気付いたんだけど、ググってみたら、それはずっと以前から言われていたネタだったことを知った とても気になる情報が満載ですね。

次の

あなたの番です ドラマの感想(原田知世)

あな 番 な な ちゃん 生き てる

「なんで猫ちゃんを蹴ったんだ?」 「普通に育ってくれればいい。 何も望んでいない。 普通に…」 でもそれは、 普通ではない黒島にとっては苦痛以外の何者でもなかった。 普通になるために、彼女が取った方法の一つは、数学だった。 数学の難問を解いてる間は、余計なことを考えなくてよかった。 母は少し黒島がおかしいのではないかという疑問を持っていた。 心の病院に連れて行った方がいいのではないかと言う母に 父は、そんなみっともないこと、と言って同意はしなかった。 確かに何か、人に迷惑をかけているわけではない。 内山がまた男の子達にいじめられている。 「行こう」と手を差し伸べた黒島。 自分が普通じゃないということに気づいて、 普通にするべきには、どうしたらいいのか考えるようになっていた。 そんな時、豪雨になった。 家庭教師の松井先生は帰れなくなった。 また黒島の妄想が起こる。 隣にいる先生の首をペンで刺す。 そして次には、先生を椅子で殴る。 「ちょっとトイレに」といった先生を、 ドアで首を叩きつける妄想が起こる。 実際には、トイレに行こうと思ってドアノブを持った先生と 一緒に、 ドアノブを握っただけだった。 その瞬間 「ごめんなさい」と言って飛び出した黒島。 大雨の中、街をさまよう。 「お姉ちゃん、大丈夫?」 と声をかけたのが、ほのかちゃん。 「あそこで休もうか」と、農家の作業小屋に誘った黒島。 サイコパスが開花してしまった。 Sponsored Link ほのかちゃんは笑ってはいなかった。 でも、黒島は、 彼女の口元を上げて笑っているようにした。 一緒に楽しんで欲しかったのだ。 ほのかちゃんの命を奪った後、2年間は普通に過ごすことができた。 そして2年後の海。 松井先生と黒島は海に来ていた。 松井先生は、あの豪雨の日、黒島が何をしていたのか、気づいていた。 でも、知らないふりをし続けていたのだ。 黒島は 「普通のふりをし続けて、でも、もう限界だ」 自首を勧める先生に、「一人やったぐらいじゃ大した罪にならない」と、 先生の首にしがみつき、 一緒に海に落ちた黒島。 ところが、 黒島一人が、生き残ってしまった。 そこに、内山が訪ねてくる。 内山はすでに、救ってくれた黒島の下僕のような精神状態になってしまっていた。 そして、黒島が助かり、松井先生が亡くなったその日は、 牡羊座のラッキーデーだった。 南と翔太が話をする。 南が荷物をまとめていたのは、引っ越しのためではなく、 自分の命を絶つためだと気づいていた翔太。 「俺たちは、大切な誰かに生かされてきた」 これからも、大切な誰かのために、全力で生きましょうよ」という翔太。 一方、黒島の写真を削除しようとするも、どうしてもできない二階堂。 そこに、 AI菜奈ちゃんを消してくれと、翔太が来る。 「菜奈ちゃんは消えないから、だから AI菜奈ちゃんは消してくれ。 」 でも、二階堂は 「AI菜奈ちゃんは消しません」 「修士論文に出すつもりなので、もっと使ってください」と言う。 ひとり、ポーク南蛮を食べる翔太。 菜奈ちゃんがチキン南蛮を作ってくれた時、 「チキン南蛮がおいしいのは、チキンがおいしいのかな?それとも南蛮がおいしいのかな?」 「今度ためしにポーク南蛮を作ってみようよ」と言っていた翔太。 刑務所にいる、黒島。 そして、同じく刑に処している総一。 総一が読んでいた本の裏表紙に、紙が挟まれていた。 あなたもあなたの、生ききたいように。 やりたいことを、やりたいように、やっていい。 やっぱり何か、同じものを感じていたのかもしれません。 一生懸命、普通になろうと努力して、苦しんで、でも結局楽しいと思えることは 人の命を奪うことだった。 でもそれが、人格からというよりも、そもそも 脳から起こっていて、 自分でも防ぎようがない、というのも何か悲しいですね。 「あなたの番です」もこれで、お終い。 毎週の楽しみが1個終わってしまいました。 翔太は黒島が高知にいた時代のことを調べたいと思い、 南の部屋尋ねる。 南はすでに引っ越しの準備をしていた。 そして、翔太に これまで調べた資料を全てくれるという。 しかし当時、黒島は未成年だったこともあり、 あまり情報はないという。 そして、 ほのかちゃん事件で黒島のアリバイとなった家庭教師の松井。 一番新しい情報は、 彼は医学部の学生だったということ。 「医学部」が気になる翔太と南。 黒島の登校途中に、道 に駆け出してきて、転んで泣き叫ぶ女の子。 黒島は近づき、 その子の首を絞める。 その子の母親の声ではっと気づくと、 それは黒島の妄想だった。 そのまま黒島は、 赤信号の横断歩道に飛び出す。 トラックが来たが、それほど大きな怪我にはならずに済んだ。 両親に「何でそんなことしたの?」と聞かれると 「ぼーっとしてて…」と答える黒島。 母は 「もう、あんたは昔から、階段から落ちたり…」という。 退院してからも、 脳の再検査を受けた。 「問題ないです」と医者から言われる黒島。 だが黒島は 「本当に問題ないですか? 事故だけのことじゃなくて?」 とひつように食い下がる。 そして、医者に頼んで、 自分の脳の画像を持ち帰らせてもらった。 学校に登校する途中、 仲の良い友達たちが声をかけてくる。 楽しげに話す3人。 そこに、大きな石が飛んでくる。 内山が他の男子生徒たちにズボンを脱がされ、いじめられていた。 黒島は その石を手に取り、隣にいる友達の頭を殴る。 倒れた友達の頭からは、血が流れ出る。 次の瞬間、 我に戻ると、黒島は何もしていない。 黒島は 医学部の松井に自分のCT画像を見せる。 「何かおかしくはないのか?」と聞く。 松井は そのCT画像を持って、いろんな人にアドバイスを聞きに行く。 その後、黒島を訪れた松井。 どうしても知りたがる黒島に、とうとう事実を話す。 「紗和ちちゃんが、そうとは限らないんだけど…その前提で聞いてほしい」 「 反社会性パーソナリティとか、いくつかの精神疾患の人の脳に似ている。 そういう診断名はないけど、 ソシオパスとか、 サイコパスとか言われている人とか」 「そうとは限らないから」という松井に 「私それです」という黒島。 「昔から時々、ひどいことをしたくなるんです」 「それが悪いことだって、分かってるんです」 「私おかしいんだって思って、何度も何度も消えてやろうと思ったんです」 階段から落ちたのも、赤信号の横断歩道に飛び出したのも、意図的だったのだ。 「話してくれてありがとう。 ご両親にも相談して…」と言いかけた松井を 「いやだ!」止める黒島。 大きな声に、母親が様子を見に来る。 「ゴキブリが出た」という黒島。 松井「どうして嫌なの?」 黒島 「あの人たちは、私のこと何もわかっていないから」 「先生、助けて…。 私、普通になりたい」 だがその時、母親は、黒島の部屋のドアの外で、耳をそばだてていた。

次の