ブレス オブザ ワイルド 海外 の 反応。 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」レビュー

【海外の反応】ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド2 続編発表 E3 2019 ニンテンドーNY編

ブレス オブザ ワイルド 海外 の 反応

そして今の私は30代となり、このような感覚を再び味わえるゲームを期待できるとは思わない。 これまでの『ゼルダ』が確立した手法を避けた豊かな新発見には毎度驚かされた。 ゲーム文化の中でも最高のフランチャイズ、そしてオープンワールドを採用したインタラクティブなゲーム性のための奥深い新たな方向性を指し示した作品だ。 ニンテンドースイッチのポテンシャルを見せるための最高の作品ではないかもしれないが、現時点で最高のゲーム性を持っている。 広大で美麗なオープンワールド• 奥深いゲーム性• 快適なゲームシステム• 美しいグラフィック• 歯ごたえがあるが理不尽ではないゲームバランス 悪い点• 声優の演技がイマイチ• 任天堂は、オープンワールドのゲームから新しい基準を設定しました。 NightCreate まだクリアしていませんが、全体のプレイ感はとても良いです。 オープンな世界は壮観で、クエストは楽しく、様々な要素があり幅広く楽しめます。 かつての古いゼルダのゲームのように、これを12時間あっという間ににプレイすることができます。 今回のハイラルの世界は素晴らしい• 豪華なグラフィック• ストーリー 悪い点• 最初の取っ付きが悪い• その点で、ブレスオブザワイルドは大成功です。 オープンな世界全体は、本質的にプレイヤーがそれを 開かなくてはならない巨大なパズルの1つです。 ブレスオブザワイルドはまた、Nintendoがリンク、ゼルダ姫 そして残りのハイラルをプレイヤーにどのように提示し どのように世界と交流するかという基本的な変化を表しています。 それは少し戸惑うファンもいるかもしれませんが 未知のものに大胆にチャレンジしそのために より良いもので、新しい方向性を打ち出して成功しました。 息を呑むほど美しいグラフィック• 広大なボリュームのダンジョン• 数多くの要素• 感動的で強烈なストーリー• あなたを試すゲームプレイ• ステルス要素は成功したとはいい難い 海外でも悪い評価はあまり見られ無かったですね〜 まだプレイしていないあなたは今からでもチェックを.

次の

[海外の反応]ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、米・AMAZONでの評価[90%以上が星5!]

ブレス オブザ ワイルド 海外 の 反応

コンセプト: 『ゼルダ』シリーズの驚異的な新機軸であり、伝統的フォーミュラを進歩させている グラフィック: 他のオープンワールド・ゲームのようなリアリズムはないが、驚異的なアート・スタイルが素晴らしいビジュアルを生み出している サウンド: ピアノ中心のスコアは繊細だが、ここぞという場面では思いっきり感動させてくれる。 自然の環境音が、物寂しい自然世界を見事再現 プレー性: 新Switchコントローラーを使用するリンクの操作性は完璧な仕上がりで、飛行からクライミング、戦闘も容易にこなすことができる。 モーション操作に怖気づくべきではない。 弓矢のエイミングなどはモーション操作の方がやり易いほど エンターテイメント性: デザインと洗練の祭りである。 ハイラルは実在の土地に感じられ、リンクのゼルダの旅路には引き込まれる リプレー性: 高め 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、生きた世界のデザインにおいて、一つの偉業を成し遂げている。 ハイラルは広大で、複数の環境システムが折り重なって、壮大なアドベンチャーを生み出している。 私が遭遇した唯一の技術的な不具合は、木々の生い茂る森の中で複数の敵と戦った時のフレームレートの低下だけ。 壮大なスケールにもかかわらず、『ブレス オブ ザ ワイルド』は技術的不具合が楽しさを削ぐようなことのない、任天堂らしい完成度の高さを維持している。 今回のハイラルにはすっかり魅了されてしまった。 尽きない発見から過去作のお約束との決別まで、隅々に至るまで驚きに満ちている。 ゲーム史に残るフランチャイズにとって深遠な新機軸であり、オープンワールドのインタラクティブ体験にとっての新たな高みとなっている。 良い点: ・美しくロマンチックなオープンワールド ・多種多様な手の込んだパズルが満載 ・馬鹿っぽいが驚くほど人間的なNPC ・多彩なムードを見事に強調する繊細なサウンドトラック ・要求の高い戦闘 ・基本的な探索にやりがいをもたらすサバイバル・メカニック ・メイン・クエスト終了後も途切れることがない豊富な謎と発見 悪い点: ・稀なフレームレートの低下 環境がどれほどゴージャスであろうと、敵がどれほど賢かろうと、パズルがどれほど厄介だろうと、プレーを始めてから数十時間後にもまだ新たなルールと可能性でプレーヤーを驚かせるという事実こそ、本作の最も価値あるクオリティだ。 徐々に強くなる実感を味あわせると同時に、試練や謎が待ち受けるという感覚を維持することに成功しており、ゲーム全体を通して安定した充足感を得ることができるようになっているのである。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、『ゼルダ』シリーズにとっての決定打であるだけでなく、任天堂が生み出した最も驚異的なゲームである。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』には欠点が殆ど存在しない。 稀なフレームレートの低下、短いステルス・シークエンス、同じく短いエスコート、ポンテンシャルを生かしきれていないボスたち。 今後長きに亘ってゲームが分析されつくす過程で、そうした点が欠点として挙げられるはずだ。 しかし、スピーディな展開や魅力的な世界観のお陰で、そうした欠点はすぐに忘れてしまうのだ。 ダンジョンを360度回転させて天井を歩いたが、一度もイライラしなかった。 装備品を返してほしければ謎解きをしろと強要してくる神のいる島も発見した。 本作は、やることリストや作業で満載の、ありがちなオープンワールド・ゲームではない。 東洋と西洋両方の哲学にとってのフォーミュラの進化であり、新たな青写真なのである。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、フランチャイズと任天堂にとって記念すべきゲームとなるだろう。 現代的な意味でのオープンワールドというジャンルに、任天堂が初めて挑んだゲームであり、遅れてきただけあって、一流作品の強みを借用しながらも、独自の個性を生み出している。 そして生まれたのは、魅惑的な体験だ。 『ゼルダ』最高傑作になるだろうし、オープンワールド・ジャンルのリーダー候補として議論が交わされることになるはずだ。 任天堂は勇敢にも史上最大級フランチャイズを新しい方向に導き、見事な勝利を収めたのである。 良い点: ・美しいビジュアル ・広大で魅力的な世界 ・エキサイティングな戦闘とパズル ・100時間を超えそうなゲームプレー ・任天堂お馴染みの磨き上げ 悪い点: ・首を傾げたくなる一部ボイスアクト 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』については延々と語れてしまう。 任天堂が全てを注ぎ込んだゲームだ。 インタラクティブなジブリ映画のようで、思わず見惚れてしまうこともあるほど。 手応えのあるエキサイティングな戦闘は素晴らしく爽快だし、探索を通してプレーヤーは自然と世界の法則やメカニックを学んでいくのである。 『ゼルダ』の最高傑作であるというだけでなく、恐らくは任天堂の最高傑作でもあるだろう。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は文句なく傑作だ。 本作の問題点は非常に些細なもので、本作が成し遂げた偉業を前にすれば尚更ちっぽけに見えてくる。 任天堂は、『ブレス オブ ザ ワイルド』というスペシャルなゲームを作り上げた。 その名前が示唆するように、構造や予定調和の『ゼルダ』フォーミュラを捨て去ることで、息づく荒野に命を与えているのである。 と同時に、1987年の1作目で初めて遭遇したアイデアの、究極の頂点にも感じられる。 連動するシステムが生み出したのは、ひらめきの瞬間をプレーヤーに叩き付けるゲームなのだと思う。 私にとって『夢をみる島』は、一つのひらめきを活用して、ゲームの残り、そして他の『ゼルダ』を理解するための存在だった。 『ブレス オブ ザ ワイルド』で任天堂は、そうした瞬間を何度も何度も再現できるかもしれないゲームを完成させたのだ。 サンフランシスコで行われたGDCのプレゼンテーションで、『ブレス オブ ザ ワイルド』のテクニカル・ディレクター堂田卓宏氏は、「世界と触れ合いながら「俺は天才だ!」と思える瞬間をプレーヤーに与えたい」と語っていた。 それこそが常に『ゼルダ』の真髄だったし、『ブレス オブ ザ ワイルド』は、スクリプト制御ではなくプレーヤー自身がゲーム・システムと触れ合う中から自然と湧き上がってくるそうした瞬間を中心に、ゲーム全体を構築しているのである。 本作をプレー中に天才気分を味わったかどうか分からないが、11歳に戻って『ゼルダ』の魔法の秘密をアンロックしている気分は堪能している。 良い点: ・美しく作られた広大なオープンワールド ・驚異的な深み ・極めて満足感のあるゲームプレー ・美しいアート・スタイル ・手強いが常に公平 悪い点: ・そこそこの声優の演技 ・細かな技術的不具合 『ブレス オブ ザ ワイルド』よりも優れたゲームが存在するとしたら、私はまだプレーしたことがない。 私が思うに、任天堂は史上最高の傑作を作り上げた。 私がゲームに望むもの全てであり、史上最もやりがいのある体験だ。 驚異的なまでにバラエティ豊富なゲームプレーを考えると、任天堂が『ゼルダ』のためにSwitchのロンチを空けた理由は理解できる。 『マリオカート8デラックス』の発売まで、完全にのめり込んでしまう可能性が極めて高いからだ。 Switchであろうと他のゲーム機であろうと、私にとってこれ以上の体験は存在しない。 ビジュアル: 技術面では物足りなくとも、アート・スタイルは適切 サウンド: 音楽はソフトかつ繊細で、ピアノが中心だ。 テンションを上げるべきところでは、壮大な音楽が鳴り始める。 最高のサウンドトラックだ ボリューム: 広大な世界は探索し甲斐がある。 クリアしてしまったら再訪する気にはならないかもしれないが、クリアには相当な時間を要するはず 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、過去の『ゼルダ』から『Skyrim』や『The Witcher 3』といったゲームを参考にすることで、完全にユニークな作品を生みだしている。 面白い突発的なメカニックに支えられた、広大で美しい世界を作り上げている。 シリーズ最高傑作の一つであり、任天堂最新コンソールにとっても最高の幕開けとなるだろう。 グラフィック 5. 0: 文句なくゴージャス。 ディテールと実際に生きているように振る舞う生物に満ちている 操作性 5. 0: 操作は簡単で、武器とルーンの切り替え、料理やエリクサーの作成、探索は容易 音楽/効果音/ボイスアクト 5. 0: 一流の声優の演技とサウンドトラックを聞き逃さないために、ボリュームを上げよう バリュー 5. 0: ストーリー・クエストはボリュームたっぷりで、サイド・クエストは多彩、寺院は盛り沢山。 この素晴らしい世界には隠された秘密に満ちている 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、恐らく『ゼルダの伝説』最高傑作として語り継がれることになるはずだ。 私は本気でこれがシリーズ最高傑作だと感じている。 素晴らしいキャラクターたち、ゴージャスな世界、自分を強くしてくれる敵、そして周囲に注意を払うよう強いる寺院やダンジョン。 文句の付けようのない驚異的なゲームであり、Wii Uの終焉とSwitchの輝かしい幕開けに相応しい。 これほど強くセンス・オブ・ワンダーを感じたのは、7歳の時に『神々のトライフォース』を初めてプレーした時以来のことだ。 『時のオカリナ』も、私が10代の時に同じマジックを再現することに成功していた。 そして私も30代に入った今、同じような感情を呼び起こすゲームは不可能だろうと考えていた。 私がゲームのレビューを職業にしてから12年になるが、いつも同じやり方でゲームを評してきた。 「操作性が優れている」「メカニックが革新的だ」「息を呑むグラフィック」「息苦しく感じるスキル・ツリー」など。 そのような言語では、『ブレス オブ ザ ワイルド』に対する私の感情を適切に伝えることができない。 任天堂は『ゼルダ』フランチャイズ長年の伝統を大きく変えすぎたかもしれないが、年齢に関係なく、発見の精神は今まで以上に色濃く残っている。 『ゼルダ』のマジックをこれ以上強力に感じることは二度とないと思うが、前言撤回できたらこれ以上嬉しいことはない。 最後の『ゼルダ』がコンソールでリリースされてから、5年以上が経過した。 長すぎるという人も多いだろうし、それも事実かもしれないが、我慢した甲斐は十分すぎるほどあった。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はこれまでの『ゼルダ』とは比べ物にならないスケールで、これまで以上にやることが満載となっている。 1か月以上は余裕でプレーヤーの興味を引き続けるタイプのゲームであり、それまで興味のあったゲームの存在を一時的に忘れさせてくれる。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はただ良いゲームというだけでなく、史上最も優れたロンチ・タイトルでもある。 多くの人がこれだけのためにSwitchを購入するだろうし、299ドルという価格を考慮すれば、これは類稀な偉業だろう。 おめでとう、任天堂。 私が初めて満点を与えたゲームとなった。 良い点: ・寺院のチャレンジとパズル ・見事な探索 ・ハイラルのどこにでも行けるのが最高に楽しい ・一流の音楽と音 ・ユニークなストーリーテリング 悪い点: ・料理 ・インベントリー管理 ・印象に残るダンジョンがない 細かな不満は幾つかあるものの、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は多方面で素晴らしい出来だ。 ファミコン時代の『ゼルダ』の特徴的な本質を見事に再現しており、温かみと親しみやすさだけでなく、エキサイティングで斬新にも感じられるのだ。 傑作だらけのシリーズにおける、突出した見事な作品に仕上がっている。 『ゼルダ』スタイルを刷新しながらも、過去作の長所に忠実なのだ。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ほど素晴らしいゲームは久しぶりだし、新コンソールの幕開け(Wii Uにとっては終幕)にこれ以上のゲームはないはずだ。 良い点: ・魅惑的で広大なゲーム世界 ・膨大なコンテンツ ・フランチャイズを見事に進化させている ・手応えとやりがいのあるゲームプレー 悪い点: ・Switchのハードウェア上の限界がグラフィックとフレームレートの足枷に 他のオープンワールド・ゲームが陥りがちな落とし穴を避けることで、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は誕生と同時に古典となった。 Ubisoftや『Elder Scrolls』の『ゼルダ』版を作るのではなく、任天堂はその独自のノウハウを『ゼルダ』に活かし、フランチャイズを現代のトレンドに沿うゲームに仕立て上げている。 古典的な『ゼルダ』のフォーミュラが古臭いとは誰も言わないとはいえ、大きな進化が見られなかったら失望していただろう。 任天堂最新ハードの看板タイトルなのだから尚更だ。 細かな技術的不具合はあるものの、本作が見せ付ける驚きや冒険と比べたらなんでもない。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をSwitchのロンチ・タイトルにすることで、任天堂はキラー・ソフトと同時にSwitchをデビューさせた。 Nintendo Switchを買うなら、一番お得なのはどのゲームなのか、答えは明白だろう。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は今後末永く愛され、楽しまれるゲームであり、『時のオカリナ』をはじめとする任天堂の看板タイトルと同じような情熱と愛情をもって記憶されるのは間違いないだろう。 良い点: ・広大でゴージャスなオープンワールド ・探索を推奨するノンリニアな進行 ・直観的で楽しい寺院内のパズルとダンジョン ・狩猟、料理といった新たなアイデア ・素晴らしいサウンドトラック 悪い点: ・酷くテンポが悪く感じられることのある探索 ・カットシーンにおける不似合いな声優の演技 ・安定しないドック時のパフォーマンス 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、著名な人気シリーズを劇的にアップデートしており、盛り込まれた新たなアイデアはどれも、他のゲームを参考にしているようでいて、違和感なく組み込まれており独自性を決して失わない。 斬新さと馴染み深さを同時に感じさせ、史上最高のロンチ・タイトルであると同時にあらゆるコンソールが羨むほど優しいスワンソングにもなっている。

次の

[海外の反応]ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、米・AMAZONでの評価[90%以上が星5!]

ブレス オブザ ワイルド 海外 の 反応

過去のゼルダシリーズを好きだった人なら、すごいおススメ! 3. マップなんか信じられないくらいでかいから、すべての場所を確認するのは、まず不可能だね。 ストーリーそっちのけで、山登りしてるだけでも、数時間経ってた…でも、それだけでも楽しいんだ…もちろん、そんなことする必要ないんだけどね…ゲームプレイやシステムは従来のゼルダとほぼ一緒だけど、やっぱりオープンワールドってのが、新しい魅力になってる。 特に、行ってはいけないような場所に、何とか入り込むことに成功した時は、達成感半端ない!一つ不満を言うのなら、武器がすぐに無くなっちゃうことかな…常に次のを探してた…でも、武器探しが、フィールドを探索する言い訳にもなるから、まったく苦痛には感じなかったけどね! 4. フィールドを探索するだけでも楽しいし、壊れやすい武器の存在が、アイテム捜索の意味を深めている。 弱い武器にすら、強い武器の耐久率を下げないために、価値が生じる。 ストーリーや世界観も息を呑むほど精巧だ。 なにより美しい。 このゲームは今後長く、名作として語り継がれるであろう… 5. 9点を上げられる!たったひとつの欠点は、フレームレートが不安定だって事。 それ以外は完璧だよ。 スウィッチを持ってるのなら、買わない理由はないね! 6. ゼルダの伝統をしっかりと継承している。 そして、発売数日で…すでに伝説の仲間入りをした… 12. すべてのプレイが五感に訴えかけてくる。 開発者達の作り出した世界は美しく、ただ歩き回るだけでも楽しい。 こんな体験、ゲームで味わったことがない…絶対に買うべきだよ!!! 13. そりゃ… 16. とてもよかったよ。 完璧ではなかったけどね…特に操作性が悪かった…走ろうとすると、屈むんだよね…ジョイコンには、僕の手が大きすぎるのかな….

次の