この 世界 の さらに いくつ もの。 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ネタバレあらすじと感想。前作との違いや追加シーンも解説

miniQ この世界の(さらにいくつもの)片隅に

この 世界 の さらに いくつ もの

2016年、こうの史代原作『この世界の片隅に』が映画公開されました。 主人公すずさんをはじめ、登場人物たちが戦時下という 過酷な状況ながらもいきいきと生きる姿に、時に笑い時に涙し、 言語や文化、そして思想を超えて多くの方々に届いた作品。 2019年、新たなシーンを追加し『この世界の(さらにいくつもの) 片隅に』として、再びスクリーンに帰ってきます。 どのアニメーション作品も、産声を上げる過程に 必要なのが「絵コンテ」の制作。 まだ色をつけず、勢いのある線で、生まれたての物語を1つひとつ紡いでいきます。 そんな未来にも残る名作の1コマを、 部屋のどこかに。 いまの時代を一生懸命生きる あなたへの贈りものです。 こうの史代の原作漫画を、片渕須直監督がアニメ映画化した『この世界の片隅に』。 同作は2016年に上映されると、多くの観客の共感を呼び、大きなムーブメントを巻き起こしました。 そして2019年12月、未アニメ化だったエピソードも加え、新たな映画として生まれ変わった『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開されます。 本作の主人公は、広島市から呉市の北條家に嫁いできた18歳のすず。 映画はすずの日常を描くと同時に、太平洋戦争の戦況の変化もまた浮かび上がらせていきます。 今回、リリースされたヴィネットは、このような大きな時代の流れの「片隅」にあった、ごく普通の人々の日常生活を描いた4つのシーンを立体化しました。 今回、劇中シーンの立体化にあたりご監修いただいた映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の片渕須直監督にお話を伺いました。 片渕須直 監督・脚本 アニメーション映画監督。 1960年生まれ。 日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品『名探偵ホームズ』に脚本家として参加。 『魔女の宅急便』(89/宮崎駿監督)では演出補を務めた。 TVシリーズ『名犬ラッシー』(96)で監督デビュー。 その後、長編『アリーテ姫』(01)を監督。 TVシリーズ『BLACK LAGOON』(06)の監督・シリーズ構成・脚本。 2009年には昭和30年代の山口県防府市に暮らす少女・新子の物語を描いた『マイマイ新子と千年の魔法』を監督。 2016年、映画『この世界の片隅に』を発表。 作品が高く評価されるだけでなく、自身も第90回キネマ旬報ベストテン日本映画監督賞、第59回ブルーリボン賞監督賞などを受賞。 その手腕もまた高く評価された。 立体化と『すずさん』というキャラクターの『らしさ』 この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ヴィネットコレクションが11月に発売になります。 監修をしていかがでしたか? 片渕:やっぱり、原作者のこうの(史代)さんが描いたすずさんって、普通のアニメのキャラクターとはポーズや体型が違うんですよ。 そこに特徴があって。 それが今回、最初にテストで作られていたすずさんって、もっとスラっつと立っていたりして(笑)。 それでこちらからは「すずさんはもっと猫背なんです。 猫背にすると、もっとすずさんになると思います」というお願いをしました。 そうしたら、いい感じで出来上がってきましたね。 すずさんというキャラクターはその姿勢がポイントなんですね。 片渕:そうです。 逆に姿勢ぐらいで、あまり細々したことは言いませんでした。 姿勢についてはこうのさんが、当時の日本人ってこういう感じだったんだ、おっしゃっているんですよ。 だから単にすずさんというキャラクターがそうだっていうだけじゃなく、背中が曲がっていて、ちょっと首が前に突き出している人間を描くということは、その時代を描く上でとても大事なことなんです。 それはこうのさん自身が意識して描いているところでもあるんです。 ヴィネットだと立体ですから、背面側からも見ることができますが、背中側からこそ、すずさんの猫背の丸みがよくわかりますよね(笑)。 あとすずさんの頭の丸っこい感じも、よく出ています。 すずさんとのんちゃんのフィギュアが並ぶと、のんちゃんの頭がいかに小さいかが際立ちますね(笑)。 猫背以外に、すずさんというキャラクターのポイントはありますか? 片渕:耳の前に髪の毛がぴょんと飛び出しているところが、実はすずさんのポイントなんです。 そこは造形する上では、難しかったんじゃないかと思います。 すずさんは性格的に華奢な感じがある一方で、野太いところもあって、その両方ある感じは、今回のヴィネットでも造形的にちゃんと表現されています。 本編から4つのシーンが選ばれています。 片渕:こちらから「ここを選んでほしい」とリクエストしたわけではないんです。 でもすごく的確なシーンを選んでもらっていますね。 特に、防空壕の入り口で雨に濡れた髪の毛を絞っているシーンは、よくこのシーンを選んでくれたなと思いました。 例えば、すずさんが晴美と呉港の軍艦を見ているシーンなんかは選ばれるのがわかるんです。 あと、どういう料理を作ろうか献立を思案している部分も。 でも防空壕のシーンは、思っていなかったのでうれしかったですね。 献立を考えているすずさんは、指を立てる独特の仕草が造形されています。 片渕:そうなんです。 すずさんのお芝居のポイントのひとつが、この指を立てる仕草で。 そういう意味でも、すずさんらしさが出ているシーンを選んでくれたなと思います。 頭の中で段取りを考えたりする時に、指を立てて考えるというのがすずさんらしいと思ったので、映画では、原作に描かれたシーン以外にもこの仕草を取り入れています。 あとのひとつが、スケッチをしているすずさんなので…… 片渕:すずさんらしいところが一通り選ばれていますよね。 これ以外で、なにか選ぶとしたら(義姉の)径子さんに怒られているところになっちゃうんじゃないかな(笑)。 今回、白色をベースにした「絵コンテバージョン」もリリースされます。 片渕:通常バージョンのほうは「よくこれだけ色がついているな」という出来栄えで、アニメより多少華やかな雰囲気になっているのもよいと思いました。 逆に、絵コンテバージョンのほうは、逆に白の上に様々な色を想像する余地があるのがよいですね。 片渕監督と立体造形 ちょっと話題が変わりますが、片渕監督は中学校時代、プラモデルに凝っていたそうですね。 その後はいかがですか? 片渕:確かに中学時代はプラモデルに凝っていました。 アニメーターの大塚康生さんの名前も、最初は模型雑誌で「MAX模型の大塚康生」として知ったぐらいです。 でも模型を作っていたのは大学生ぐらいまで。 最後に作ったのは、自主映画のための巨大宇宙船です。 小さい模型だと細部にピントが合わないので、大きな模型を作ってそれを遠くから撮ろうとしていたんですが、完成させることなく、そのままアニメの現場で働くことになっちゃいました(笑)。 あとは海外に行くと、陶器でできた小さい家の置物を買ってくるぐらいですね。 並べるとちょっとした街のようになって楽しいんです。 アニメの制作現場で立体物を活用するようなことはあるのでしょうか? 片渕:作中に出てくる建物を把握するために、ダンボールで立体を作ったりはしています。 『名犬ラッシー』の時は、主人公ジョンの家をダンボールで仮組みしましたし、『アリーテ姫』の時も、アリーテの部屋のある塔や、彼女が閉じ込められる竪穴型の部屋を作ってみました。 『この世界の片隅に』でも、防空壕の入り口の構造を確認するため、ダンボールを使って入り口を作りました。 実際に作ってみると、建物のカーブの部分の曲率が実感できたり、空間の様子を体感することができるというメリットがあります。 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に続いて立体化になったらうれしいものというのはありますか? 片渕:『アリーテ姫』は公開後に、浦谷(千恵)さん(『アリーテ姫』の画面構成・作画監督補、『この世界の片隅に』の監督補・画面構成)が粘土をこねて、フィギュアを作ろうとしていたことがあるんですよ。 それは結局、完成しなかったんですが『アリーテ姫』関係の立体物は見てみたいです。 あと『マイマイ新子と千年の魔法』の世界が、ドールハウスのサイズで立体化されたらおもしろいんじゃないでしょうか(笑)。 完成したヴィネットを見ての感想を教えてください。 片渕:自分の場合、立体物を見ると、そのまわりになにがあるのだろうかと想像をしてしまうんです。 だから、すずさんの立体を見た時に「まわりに戦争があるんだな」となるかどうかが興味がありました。 それで、実際に出来上がってみると、むしろ「戦争がある」というよりも、「すずさんのまわりには、すずさんの世界があるんだな」ということが感じられて、それがよかったです。 それは本当によかったですね。 ヴィネットを手にした方も、そんなふうにすずさんのまわりになにが広がっているかを想像していただければうれしいです。 インタビュアー・構成・執筆 / 藤津亮太.

次の

この世界の(さらにいくつもの)片隅に 劇場情報

この 世界 の さらに いくつ もの

大人気、ロングラン上映中の、映画「この世界の片隅に」ですが、2018年12月に「この世界の(あさらにいくつもの)片隅に」になって公開が決定したと、7月25日に発表になりました。 【特報&ティザービジュアル解禁】 皆さまに支えられ、2016年11月12日から1日も途切れることなく上映が続いている映画『』。 本作に新規場面を追加したもう一本の映画が、今年12月に公開決定しました。 タイトルは 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』です。 この世界の(さらにいくつもの)片隅にとは この世界の(さらにいくつもの)片隅にとは、2016年11月からロングラン公演している、映画「この世界の片隅に」 約30分ほどの新カットが追加になった作品です。 追加された内容は・・・ すずさんとリンさんの交流を描く昭和19年秋と昭和20年冬~春のエピソードや、すみちゃんを案じながら迎える20年9月の枕崎台風などが追加されます。 追加される部分は、リンさんとの交流と、すみちゃんを案じる台風と言う事ですね。 遊郭の 遊女のリンさんと、 妹のすみちゃんですね。 たくさんの新規場面が加わることで、主人公すずさんだけではない「さらにいくつもの人生」が描かれ、すずさんたちの心の奥底で揺れ動く複雑な想い、も描き出されます。 より大人な印象となるすずさんにも、また劇場に会いに来ていただけると嬉しいです 【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】のタイトル通り、色々な人々のの生きざまで、揺れ動く主人公のすずさんを見れそうですね。 この世界の(さらにいくつもの)片隅に・評判 「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は 片渕監督が予算の都合で会議室のテーブルにこぶし大の穴をあけるぐらい悔しい思いでカットしたエピソードが復活した映画です。 — 新垣亘洋 wataruhiro テーブルにこぶし大の穴をあけるぐらい悔しい想いでカットしたエピソードが復活! 私はリンさんのくだりがこの漫画で一番好きだったので、本編でカットされたときには本当に悲しかった……だからすごく嬉しい!製作者の皆さま、ありがとうございます!リンさんパートの追加ですずや周作のイメージもまたさらに奥深いものに変わるんじゃないかな。 映画でもじっくり見れるとなると嬉しいですね。 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ねえ、すごくないですか?このタイトル😭 細かな説明がなくても、片渕監督が何を大切に描きだそうとしているのかがわかる。。 — さっさん sassan888 確かに、タイトルだけで充分表現していますよね。

次の

この世界の(さらにいくつもの)片隅に : 作品情報

この 世界 の さらに いくつ もの

2016年に公開された 『この世界の片隅に』は、クラウドファンディングで資金を集めたことで話題となりました。 そして、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で国民的女優となった 能年玲奈が、のんと改名してから初の主演作としても注目を集めました。 原作は、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、こうの史代の同名コミックです。 異例のロングランヒットとなった映画『この世界の片隅に』は、 戦争前から終戦後までの広島・呉でのひとりの女性すずの日常を描き、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞などさまざまな映画賞を受賞。 そして、2019年、こうの史代原作のマンガにはあるものの、映画内ではあまり描かれなかったエピソードなど250カットを加えた完全版として、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が制作されました。 前作で触れられなかったリンやテルとの会話シーンや終戦後の暮らしなど、 物語をより深く理解するためのピースとなるエピソードが加わり、前作でふわっとしていた部分の答え合わせができたような仕上がりとなっています。 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のあらすじとネタバレ C 2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 昭和8年。 広島市江波に暮らす浦野すずは、絵を描くことが得意なちょっとぼーっとした女の子。 ある日、少し年上の少年とともに人さらいにさらわれるも、機転をきかせ逃げ出すことに成功しました。 昭和10年8月。 お盆に草津の祖母の家を訪れたとき、すずは屋根裏に潜む少女を見かけます。 すずたちが食べたスイカの残りを口にする少女に、すずは新しくスイカを用意しますが、もうその姿はありませんでした。 昭和13年2月。 兄を海で亡くしたいじめっ子の水原が課題を終わらせず家に帰らない姿を見て、すずは代わりに海の絵を描いて渡しました。 昭和18年12月。 祖母の家で海苔すきの手伝いをしていたすずのもとに、呉からすずを嫁にほしいという男性が来ていると知らせがありました。 昭和19年2月。 よくわからないままトントン拍子に縁談は進み、すずは呉の北條周作の家に嫁いできました。 おっとりしたすずは、失敗をくり返しながらも徐々に嫁として受け入れられていきます。 ただ、娘の晴美を連れて出戻ってきた夫の姉、黒村径子は、仕事の遅いすずにきつくあたるのでした。 一度は嫁ぎ先に帰った径子でしたが、建物疎開で店が取り壊され、正式に離縁して戻ってきました。 ある日、砂糖を買うため闇市に出かけたすずは、道に迷い遊郭が立ち並ぶ区域に入り込んでしまいます。 そこで道を教えてくれた遊女の白木リンと仲良くなり、その場で彼女のために食べ物の絵を描きますが渡しそびれたすず。 周作の計らいで町へ出かけ、ふたりきりの時間を過ごしたすずは幸せを感じていました。 帰宅したすずは、リンのためにいろいろな食べ物の絵を描くのでした。 食欲のないすずは妊娠したかもしれないと思い病院に行きましたが、原因は栄養不足でした。 失意のままリンのもとへ向かったすずは、リンがいいお客さんに書いてもらったという名前と住所が書かれたメモを見せてもらいます。 後日すずは、周作が以前ある遊女を身請けしようとしていたことを知ってしまいます。 そして、周作の文机で見た裏表紙が破かれたノートとリンのメモの形が一致することに気づき、ふたりがかつてそういう関係だったと悟ったすずは、彼に抱かれることを拒むのでした。 12月。 重巡洋艦「青葉」の乗組員となっていた水原が、入湯上陸ですずの家にやってきます。 自分の知らない素の表情を見せるすずに内心おだやかでない周作は、水原を納屋の二階に泊め、すずをそこへ遣わして母屋の鍵を閉めます。 水原はすずを求めますが、今のすずの気持ちは周作へ向いていました。 水原は笑って寝転がり、お前だけはいつまでも普通でいてくれ、と言って朝早く出ていきました。 C 2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 周作がかつてリンのために用意したリンドウの絵の茶碗を持って、すずはリンのいる店を訪れます。 門前払いされたすずは、窓越しにテルという遊女と話し、茶碗をリンに渡してもらうよう託します。 入水心中から生き残ったテルは風邪をこじらせ、ただならぬ咳をしていました。 あたたかな南国に憧れる彼女のため、すずは積もった雪の上に南の島の絵を描いてみせるのでした。 3月下旬。 畑で空襲にあったすずたち。 しばらく空襲警報が出ては防空壕へ入るといった日々が続きました。 4月になり、呉の人々は満開の桜を楽しんでいました。 家族で花見に来ていたすずは、偶然リンと出会います。 周作とリンが顔を合わせたらどうしよう、とすずは落ち着きません。 そんなすずにリンは、テルが亡くなったことを伝え、その遺品である紅を渡しました。 リンは、心の秘密はしまったまま死んだら誰にもわからない。 それはそれで贅沢だと言って戻っていきます。 そのとき、周作とすれ違ったリン。 ふたりは軽く会釈するだけでした。 大規模な空襲があり、周作の父円太郎が帰らない日々が続きます。 そして周作は、訓練のため三ヶ月間家を留守にすることになりました。 不安がるすずは、周作に好きという気持ちを素直に伝え、出発の朝には紅をつけて見送るのでした。 6月21日。 円太郎が入院していることがわかり、下関に疎開する晴美を連れてすずは見舞いに行きます。 帰りに空襲にあってしまったふたりは海岸近くの防空壕からでたあと、晴美の希望で船を見に行きます。 そこで時限爆弾が爆発し晴美は即死、すずも右手を失ってしまいます。 最愛の娘を亡くした径子に人殺しと罵られ、リンのことで周作との関係は微妙なまま。 片手しか使えないすずは、自分の居場所はここなのだろうかと悩みながら日々を過ごしています。 焼夷弾の降った呉の市街地は焼け野原となり、見舞いにきた妹のすみは広島に帰ってくるよう勧めます。 家の近所で機銃掃射に狙われてしまったすずは、間一髪周作に助けられます。 さまざまな思いがあふれ、すずはその場で「広島へ帰る」と周作に宣言してしまいます。 いよいよ家を出る日。 すずのために新しいモンペを作りながら、思うように生きればいいと言う径子の言葉に、やっぱりここにいさせてほしいとすずは涙ぐみました。 そのとき、あたりが一瞬青白い光に包まれました。 広島に原爆が落とされたのです。 故郷を心配しながらも、けが人のすずがそこに行くことは許されません。 歯がゆい思いをしながら、8月15日、すずたちは玉音放送を聞きました。 最後のひとりまで戦うのではなかったのか。 やり場のない怒りを爆発させるすず。 秋には台風に見舞われ母屋は雨漏り、防空壕は土砂で埋まり、庭の木が倒れてくるなど踏んだり蹴ったりの北條家。 しかし、それでも日常は続いていきます。 10月。 周作を見送るため市街地にやってきたすずに周作は、遊郭があったあたりに行って確かめて来いと言います。 そこにかつての町並みはなく、土に埋まったリンドウの茶碗をすずは見つけました。 12月。 すずは海岸で大破した「青葉」を見つめる水原を見かけます。 そこは、晴美が亡くなった場所の近くでした。 すずは、亡くした人のことを笑って思い出す笑顔の容れ物になると心に誓い、水原に声を掛けることなく立ち去りました。 昭和21年1月。 すずは草津に身を寄せているすみを見舞います。 母は行方不明、父は死亡、すみは原爆症に苦しんでいることを初めて知ったすず。 得意の空想物語を話して聞かせ、すみを元気づけるのでした。 その後広島市内の惨状を目の当たりにしたすずは、そこで周作と落ち合います。 幼い日、ともに人さらいから逃れた橋の上ですずは、この世界の片隅で自分を見つけてくれた周作に感謝の気持ちを伝えます。 そして、偶然出会った孤児の少女を連れ、自ら選んだ呉の町へと帰っていくのでした。 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の感想と評価 C 2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 白木リンという女性 今回の作品で 追加されたシーンの多くは、リンについての描写でした。 描いた絵を渡しそびれたすずは、わざわざ新たに描き直してそれを届けに行きます。 その日、妊娠が勘違いだったとわかりしょんぼりしていたすずにリンは、どうしてそんなに子どもが欲しいのか尋ねます。 貧しい家庭に生まれ、売られてしまったリンには子どもを産むことが幸せなこととは思えないからです。 一方すずは、嫁の務めとして後継ぎを産むことが必須だと考えており、このシーンでの ふたりの会話の噛み合わなさはユーモラスでありながら、ふたりの立場の違いが明確に表現されています。 また花見で出会ったとき、ひらひらと蝶のように動くリンは軽やかで自由に見えますが、「逃げたと思われるから戻るね」と言うセリフにはドキッとさせられ、遊女という苛酷な状況が浮かび上がります。 明らかにされた周作とリンの関係 C 2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 前作でははっきり語られなかった 周作とリンの過去が、本作では仲人である小林のおばさんによって語られます。 荷物を整理したら出てきたきれいなリンドウの茶碗。 皆が何かを察しながらごまかしていると、小林夫人は余計な一言を発してしまいます。 そのときは気づかないすずでしたが、やがてパズルのようにピースがはまり、周作がリンをかつて愛していたことに気づいてしまいます。 せっかく夫婦として距離が縮まってきたのに。 せっかく同年代の友だちができたのに。 自分は「代用品」だったのかと傷ついたすずのもとに水原がやってきます。 この一連の流れが加わったおかげで、 水原と過ごした一夜の理由がわかりやすくなりました。 かつてはほのかに思いを寄せていたのかもしれない水原の誘いを、待っていたのかもしれないと言いながら受け入れなかったすず。 周作はなぜ自分を水原のもとへ来させたのだろう?自身の行いへの後ろめたさなのか、償いなのか。 その 葛藤が、あの布団をつかんで告白するという行動につながったのだと、この新作を見て腑に落ちました。 紅の持ち主テル 新キャラとして登場したリンの店の遊女、テル。 実はこのときすずは、リンときちんと話がしたかったのです。 竹やりを持っていたため、痴情のもつれと思われリンに会わせてもらえませんでしたが、窓越しに話をすることができたのがこのテルでした。 テルはどこか飄々と他人事のように自らの不幸な出来事を話し、すずの心は次第にやさしくテルに寄り添うようになっていきます。 前作では登場せず、花見のシーンもなかったので、すずの持つ紅の元の持ち主であるテルの存在はセリフで出てくるだけでした。 今回、 どうしてもこのテルの登場シーンが必要だという監督の強い意向で追加されました。 そして、 花澤香菜の繊細で儚くも明るい演技がこのシーンを引き立たせ、印象深いものにしています。 まとめ C 2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 初めてこの『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を見たとき、最初にこの作品が作られ、前作はそこから泣く泣くシーンをカットしたのだと思うくらい自然で、まさかあとから新規に場面が付け足されたものだとは考えてもいませんでした。 紹介したもの以外にも、 水原とすずの学生時代の教室のシーンや、終戦後の近所の知多さんの様子など、その人物を深く知るためのシーンが追加されており、より完璧な作品になっています。 前作を見た人も、見ていない人も、どちらも納得できる新しい作品です。 そして、複数の動画サイトにて『<片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事』が配信されています。 本作の制作過程を追ったドキュメンタリー作品で、驚くほど緻密な調査、こだわり、愛情によって作られたということがわかります。 こちらも併せて見てみると、より理解が深まるでしょう。 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は2019年12月20日より全国ロードショーです。

次の