ゴルーグ。 【ポケカ環境】優勝デッキまとめ(2020年06月21日分)

第三の英雄 (だいさんのえいゆう)とは【ピクシブ百科事典】

ゴルーグ

2倍になる。 持っている道具の効果が発揮されない。 技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』『あなをほる』『ダイビング』『ゴーストダイブ』『シャドーダイブ』を使っている時でも命中する。 /野生のポケモンと出会いやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 なお、第7世代以降は相手が『ちいさくなる』を使っている時の必中2倍効果はない Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 交代しても効果は続く。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第6世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 なお、相手の道具を無効にする効果はない。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 [Lv. 25 ORAS〜BW ,Lv. 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 自分が場を離れると効果は消える。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 技『Gのちから』の威力が1. 5倍になる。

次の

ゴルーグ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ゴルーグ

Lv43で ポケモンずかんの説明文 、、 たいないで もえる エネルギーに よって かつどうしているが どんな エネルギーなのかは ふめいである。 漢字 体内で 燃える エネルギーに よって 活動しているが どんな エネルギーなのかは 不明である。 まぼろしの こだいぶんめいの かがくに よって うみだされた ポケモンと かんがえられている。 漢字 幻の 古代文明の 科学に よって 生み出された ポケモンと 考えられている。 、、 こだいの かがくりょくに よって ねんどから つくられた ポケモン。 すうせんねん うごきつづける。 漢字 古代の 科学力に よって 粘土から つくられた ポケモン。 数千年 動き続ける。 なぞのエネルギーによって かつどう。 こだいから うごきつづけているので そろそろ パワーが つきるとも。 漢字 謎の エネルギーに よって 活動。 古代から 動き続けているので そろそろ パワーが 尽きるとも。 こだいじんが しもべに するため ねんどを こねて こしらえたらしいが エネルギーげんは ふめいだ。 漢字 古代人が しもべに するため 粘土を こねて こしらえたらしいが エネルギー源は 不明だ。 ねんどから うみだされた こだいの ポケモン。 なぜか おおいわを ならべつづける ものも いる。 漢字 粘土から 生み出された 古代の ポケモン。 なぜか 大岩を 並べ続ける ものも いる。 ねんどから つくられた ポケモン。 なんぜんねんも まえの あるじの めいれいを いまも まもっている。 漢字 粘土から つくられた ポケモン。 何千年も 前の 主の 命令を 今も 守っている。 種族値 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 59 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 第八世代 その他の世代: , 遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP このポケモンにタマゴわざはありません。 太字のわざはタイプ一致です。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 B・W Lv. 30~33 Lv. 1 を捕まえ、を孵す。 1 を捕まえ、を孵す。 10 X・Y Lv. 19~21 Lv. 1 を捕まえ、を孵す。 におけるゴビット におけるゴビット• を参照。 関連項目 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ゴビット ゴーレム、ビット Golett Golbit Gringolem 골비람 泥偶小人 泥偶小人 Golett 「英語」に同じ.

次の

ゴルーグ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ゴルーグ

ゴルーグの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 89 124 80 55 80 55 タイプ タイプ1 タイプ2 じめん ゴースト 特性 てつのこぶし パンチ技の威力が1. 2倍になる ぶきよう 持った道具を使えなくなる ノーガード(夢特性) お互いの攻撃が必ず当たるようになる 長所・短所 鋼タイプにしか見えない外見に反し、 地面・ゴーストという珍しいタイプ構成のポケモンです。 このタイプは弱点こそ多いものの耐性も多く、 3タイプの技を無効化できるという強烈な強みがあります。 特に格闘タイプに対しては、 一致技無効の上にサブウェポンとして使われやすい岩が半減と滅法強い格闘タイプの天敵です。 種族値はゴーストタイプとしては珍しく高い攻撃を持ち、逆に素早さが低い 典型的な鈍足物理アタッカーです。 技も 特性と相性のいいものが揃っており、他のゴーストタイプとは 攻撃範囲が一線を画す広さを誇ります。 ですが、その代わりに 変化技は非常に少なく、どちらかと言えば地面タイプの方が近いと言えるでしょう。 特に ロックカットが無くなったのは大きすぎる痛手で、素早さを上げて行動順を逆転させる戦法がほぼ使えなくなったのは厳しいところ。 また、 弱点となるタイプが軒並み使用率の高いタイプなので弱点を突かれやすく、特に堅いわけでもないので 弱点を突かれたらそのまま倒されかねないのが最大の弱点です。 育成論 てつのこぶし型 努力値 HP:252(実数値196) 攻撃:252(実数値193) 特防:4(実数値101) 技構成 解説 特性をてつのこぶしにして、サブウェポンの性能を高めた物理型です。 てつのこぶしが機能するパンチ技を多く覚え、それらの技のタイプも多種多様なゴルーグ。 それらの技の弱点である威力不足をてつのこぶしで補い、さらに たつじんのおびで補強します。 多くのゴルーグは夢特性の ノーガードと ばくれつパンチを併用するので、この構成なら 相手の意表を突いて高い負荷をかけられるでしょう。 素早さは壊滅状態なので、もちろん 努力値はHPと攻撃に全振り。 余った分は特攻と素早さ以外のどこかに回しておきましょう。 この時 素早さの個体値0、性格ゆうかんなら素早さがかなり低くなるので トリックルームでの運用も可能になります。 技構成はメインウェポンとなる じしんとサブウェポン3種。 特に一致技の シャドーパンチと、この2つと相性のいい れいとうパンチは必須です。 最後の1つは今回 ほのおのパンチにしましたが、パンチ技に拘らなければ ストーンエッジという手もあるのでそこはお好みでどうぞ。 実演してみた では、このゴルーグが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 この構成なら、結構活躍はできるんじゃないかなと思います。 対戦、よろしくお願いします。 今回は途中からの登場。 初手がキリキザンとガオガエンの対面だったので、キリキザンでは厳しいと判断して交代したところからの出番となります。 初手のねこだましはノーマルタイプだったので、 タイプ相性で無効化。 次のターンのDDラリアットも耐え、返す刀でじしんを使います。 タイプ一致、弱点、たつじんのおび補正。 これだけ乗ったなら確1にもなりますよね。 その後のエルフーンは 特性・弱点・たつじんのおびの補正込みでれいとうパンチで確2でした。 ですが 不一致れいとうパンチ自体の威力の低さと エルフーンは大抵耐久に努力値を振っているという点を考えれば十分な威力は出ているかと。 対戦、ありがとうございました。 まとめ ある意味ポケモンという概念にケンカを売ったポケモン、ゴルーグの育成論でした。 無効化できるタイプが多く、交代で後から出しやすいゴルーグ。 そこから繰り出す高威力の物理攻撃で、大半のポケモンに大きな負荷をかけていけるポケモンです。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の