ネトフリ ウィッチャー。 Netflixオリジナル! ドラマ版「ウィッチャー」が本日より配信開始!

Netflixドラマ『ウィッチャー』登場人物・キャストまとめ

ネトフリ ウィッチャー

ネトフリのドラマに夢中でずいぶん間が空いてしまいましたね! 目が覚めるとそこはトリスの家でした。 トリスは鏡の中の誰かと何やら話をしていましたが、「絶対にウィッチャーに気づかれてはダメよ」って何なんですか。 気になる! ゲラルトが寝ている間にヴィジマに重大な異変が起きたそうです。 タンのことは覚えてなかったのにね! リュヴァーデンの歓迎会に出席すると、市長やアダ王女など豪華な面々と話が出来ました。 このアダ王女、ぶっ飛んでる感じで割と好きかも。 ちなみにアダ王女のご機嫌を損ねないように会話を選択していくと、こういう仲になれますヨ! 会話の選択しだいで結末が大きく変わるのは相変わらずですが、この章は特に重要な選択が多かったように思います。 「源」というクエで、アルヴィン少年の預け先をシャニとトリスのどちらにするかという選択に迫られるわけですが、私はこれトリスちゃんを選びました。 するとシャニはもう激おこ状態で、もう話もしてもらえないような感じになってしまいました・・・。 「青い目」というサブクエでは吸血鬼の味方になる選択をし、 「」というクエではの味方になる選択をしました。 なんだかどんどん人間を敵に回していっている! そんなわけで 「許されざるもの」というメインクエではエルフのイエヴィン率いるスコイア=テル側につきました。 とうとう人間と対立してしまった!騎士団ののことも好きだったのに! その後、イエヴィンの協力も得て戦です。 アザーは教授を見捨てて一人で逃げてしまい、残された教授はキキモア・クイーンに襲われてお亡くなりに・・・。 このキキモア・クイーンは戦うとゲラルトでも即死するほどの強さなんですよ。 もう何度死んだかわからないんですよ。 なので戦わないでひたすら逃げるわけですが、逃げようとしても大量の雑魚キキモアに進路を塞がれて身動き取れなくなるー! キキモア多すぎるん!! そしてクイーンに追いつかれてまた死亡という惨劇が何度繰り返されたことか・・・。 を見ると広場まで出たら柱にアードを撃って逃げるという攻略法が書いてあったのですが、まず広場まで辿り着けないんですけど!! そこでキキモア・クイーンが追ってくるムービーが出たところの近くにある柱にアードを撃つと、柱がくずれてキキモア・クイーンを足止めすることができ、ついでに雑魚キキモアも消すことに成功!これでようやく広場にいけるー! 広場に出たら柱にアードを撃ってその場から逃げ、洞窟が揺れるイベントが起こり、無事キキモア・クイーンを倒すことに成功!!長かったーー! キキモア・クイーンの死体から発見された教授の文書から、アダ王女がと繋がっていたことが判明。 軍を引き連れたアダ王女に包囲されてピンチのところをトリスちゃんが魔法でゲラルトを飛ばしてくれてどうにか助かりました。 ありがとうトリス! 今回はここまでに。 Asami.

次の

ウィッチャー1 プレイ日記④ 第3章

ネトフリ ウィッチャー

天体の合〜ゲラルトの誕生まで 天体の合 「天体の合(Conjunction of the Spheres)」と呼ばれる現象が起きたことで複数の世界が結合し、世界に魔法や怪物、人間が出現します。 839年 ゴース・ヴェレンの沖合に浮かぶ島サネッド島に魔法学校アレツザが設立されます。 同時期に魔法協会も設立され、魔術師の「掟」が制定されます。 967年 ケィア・モルヘンにて最初のウィッチャーが作られます。 1160年 リヴィアでゲラルトが誕生します。 その後、母ヴィセーニャに捨てられ、ケィア・モルヘンでウィッチャーとしての修行を積むことになります。 スポンサーリンク ゲラルト誕生〜ニルフガードのシントラ侵攻まで 1192年 エイダーンの首都ヴェンガーバーグでイェネファーが誕生します。 彼女は人間の母親とハーフエルフの父親を持つ奇形児でした。 1206年 アレツザの学長ティサイアがイェネファーを買い取ってアレツザに入学させます()。 ここでイェネファーは、魔術を学ぶフリンギラやサブリナと出会います。 1210年 アレツザで各国王や貴族を相手に魔術師のお披露目式が行われます。 魔術によって美貌を手に入れたイェネファーはエイダーン国王ヴィルフリルに取り入ることに成功し、フリンギラはニルフガードに派遣されることになります() 1213年 日食が起こり、クレイデンにレンフリ王女が誕生すると、魔術師ストレゴボルは彼女を呪われた子どもとして弾劾します。 国を追放されたレンフリは生き残って盗賊となり、ストレゴボルの命を狙うことになります。 1216年 シントラ国でキャランセが誕生します。 1222年 ジュリアン・アルフレッド・パンクラッツことヤスキエルが誕生します。 1229年 テメリア国の王女アダが亡くなります。 彼女は兄王フォルテストとの子どもを身ごもっていましたが、子どもは怪物ストリガとなって母アダのお腹を破り、生まれ出て墓の中で育ちます。 1230年 シントラ国でダゴラド王が亡くなり、娘のキャランセが14歳で女王に即位します。 1231年 ブラビケンにやってきたゲラルトがレンフリとその仲間たちを殺し、「ブラビケンの殺し屋」と呼ばれるようになります() 1232年 シントラ国のキャランセ女王が、のちに「ホッケバスの戦い」と呼ばれるナザイルとの戦いで初陣を飾ります。 女王はその後エビング国のログネル王と結婚します。 ログネル王は戦いの最中、アーレンワルドのアーケイン卿に命を救われます。 アーケイン卿は報酬として「驚きの法」を要求しました。 1233年 シントラ国でキャランセ女王とログネル王の娘パヴェッタが誕生します。 1237年 テメリアでは、怪物ストリガが町を徘徊するようになります。 1238年 大陸南方のニルフガードが北方への侵攻を開始します。 スポンサーリンク ニルフガードの北方侵攻以降 1240年 ポサダで怪物退治を依頼されたゲラルトは、ヤスキエルと出会います() エイダーン国に仕えるイェネファーは、王妃の護衛に失敗します() 1243年 ゲラルトは怪物退治のためにやってきたテメリアで女魔術師トリス・メリゴールドと出会い、ストリガを退治してテメリア王の子どもにかけられた呪いを解除します() 1249年 ゲラルトはシントラ国で行われるパヴェッタ王女の求婚式に同席し、アーレンワルドのアーケイン卿ことダニーを助けると、報酬として「驚きの法」を要求します。 また、キャランセ女王とエイスト王、パヴェッタ王女とダニーが結婚します()。 1250年 シントラ国でパヴェッタ王女とダニーの娘シリラが誕生します。 1256年 リンデ付近の湖でジンを探していたゲラルトはヤスキエルと再会。 ジンに呪われたヤスキエルを救うためイェネファーと出会います() 1262年 ゲラルトとヤスキエルはドラゴン討伐隊に参加。 ゲラルトはイェネファーと再会しますが、イェネファーのゲラルトに抱く感情がジンの魔法だったことを知ったイェネファーは傷ついてゲラルトの元を去ります。 ゲラルトに八つ当たりされたヤスキエルも去って行きます() 1263年 ニルフガードがシントラ国へ進軍していることを知ったゲラルトは、シリラを救うためシントラ国へ向かいますが、キャランセ女王に捕らえられて投獄されます。 イェネファーがアレツザに戻り、魔法協会はニルフガードへの対処を決める会議を開きます() ニルフガードがシントラ国へ侵攻し、キャランセ女王とエイスト王が迎撃しますが敗北。 エイスト王は戦死します。 シントラ国は首都が陥落し、キャランセ女王は自害、シリラはゲラルトを頼って逃亡します() 逃亡中のシリラはエルフの青年ダーラに救われます() シリラはブロキロンの森に迷い込みます() マウスサックに変身したドップラーがシリラを連れに来ます() シリラはマウスサックの正体を見抜いて逃げ出します() イェネファーやティサイアはソドンの丘でニルフガードを迎え撃ちます。 イェネファーの魔法によってニルフガード軍に打撃を与えますが、イェネファーは姿を消します。 スケリッジ諸島を目指していたシリラはゾラと出会い、グールとの戦いで負傷したゲラルトはユルガに救われます。 ユルガの家に連れてこられたゲラルトはシリラと出会います() スポンサーリンク 関連情報 ここで紹介したエピソードのほかの配信回などは以下から参照できます。 以下ではドラマ「ウィッチャー」に登場する人物を紹介します。 以下ではドラマ「ウィッチャー」の世界地図を紹介します。 以下ではドラマ「ウィッチャー」のエピソードを年表形式にして時系列順に紹介します。 ウィッチャーを見る ドラマ「ウィッチャー」は、Netflixで視聴できます。 2019年12月現在、シーズン1が配信されています。 ウィッチャーの原作を読む 「ウィッチャー」はポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによって描かれたファンタジー小説です。 2019年12月現在、長編5編のほか、いくつかの短編が発表されています。 日本国内では、長編が早川書房より刊行されています。 おすすめドラマ Netflixドラマ「ウィッチャー」を楽しめる方には次のドラマもおすすめです。 ゲーム・オブ・スローンズ ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。 多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。 ザ・ボーイズ ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。 彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちがいました。 カーニバル・ロウ 人間と妖精たちが共存する架空の世界。 産業革命期のイギリスを思わせるバーグ共和国の歓楽街「カーニバル・ロウ」では、妖精を狙った連続殺戮事件が発生し、オーランド・ブルーム演じる捜査官ファイロが事件を捜査します。 ヴァイキング 〜海の覇者たち 伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。 ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

次の

Netflixオリジナル! ドラマ版「ウィッチャー」が本日より配信開始!

ネトフリ ウィッチャー

あらすじ 1話 敵対的な町民とずる賢い魔術師が、ブラビケンの町でゲラルトを待ち受ける。 ネルフガードはシントラに侵攻し、シリは自国の支配がひっくり返ったことに気付きます 2話 虐待されたイェネファーは、偶然ポータルを発動させる。 ゲラルトは地獄の悪魔と対決し、シリは安全な場所を探して放浪します。 3話 凶暴な魔物がうごめくテメリアでゲラルトはトリスと出会う。 ゲラルトは別のウィッチャーがやっていた未完の仕事を引き継ぐ。 イェネファーは魔法学校で勉強するが うまくいかず自信を失う。 4話 ゲラルトは、ヤスキエルに頼まれて王室の晩さん会に同行。 シリは、魔法の森に迷い込む。 イェネファーは、リリアのカリス女王と赤ん坊の護衛役を任せられます。 5話 警告にもかかわらず、イェネファーは失った能力を取り戻すための治療法を探す。 ゲラルトは不本意にも、ヤスキエルの命を危機にさらしてしまう。 6話 謎の男から竜殺しの旅に誘われたゲラルト。 その旅の同行者の中に、懐かしい顔を見つける。 逃避行を続けるシリの行く先々で危険が待ち受ける。 7話ニルフガードが大陸制覇を目論む中、イェネファーは自らの過去に向き合う。 8話 残虐な敵に襲われ傷を負ったゲラルトは、しばし身を横たえる。 イェネファーと仲間の魔法使いたちは敵の襲撃に備え、シリは親切な女性に助けられる。 よく分からなかった場所解説 4話 ハリネズミ男がお姫様を嫁にください、驚きの法をください。 みたいな感じで現れて、「え?」となってたら お姫様も 「私も好き」みたいになって「ええっ!?」となった回 ・驚きの法って? 風習の一つ。 命を助けられた恩人は 救い主に贈り物をしないといけない。 ただし贈り物は 送り主と受け取り手が両方とも知らない(あるいは片方が知らない)「驚きの何か」というならわし。 大抵の場合 王の第一子であることが多い。 原作の場合、この驚きの法というのは ゲラルトとシリの関係にも絡んでくる要素だったりします。 ・パヴェッタ王女が吐いて ゲラルトがクソッと言うシーン ハリネズミ人間のダニーはゲラルトを命の恩人だと言い、なにか礼をさせてくれといいます。 ゲラルトは立ち去ろうとしますが、ダニーがしつこいので 「じゃあ (命を助けたし)俺も伝統にしたがって驚きの法をもらおう」と言う。 この時に 女王が「ダメだ。 どういうつもりだウィッチャー」というのがポイントで、パヴェッタ王女はこのあと嘔吐して妊娠している事が分かるわけです。 ウィッチャーは 妊娠は知らなかったらしく 将来的に 王女の子をもらう可能性が出てきたので「クソッ」と言ってるわけです。

次の