ゼンリー フリーズモード。 ゼンリーの「ゴーストモード」がバレるって本当?詳細を徹底解説

位置情報をシェアできるアプリ Zenly(ゼンリー)が流行。使い方次第で便利│netNews|web広告、新サービスの解説

ゼンリー フリーズモード

そういった場合、位置情報の開示状況を個別に設定することでプライバシーを守ることができます。 この保護モードのことを 「ゴーストモード」と呼ぶのですが、ゴーストモードにはさらに2種類の設定があります。 そこで今回はZenly(ゼンリー)のゴーストモードについて• ゴーストモードは相手にバレる?• フリーズ設定の時の相手からの見え方• あいまい設定の時の相手からの見え方• 位置情報をオフにした場合の見え方 を解説していきます! 目次• ゴーストモードは相手にバレる? プライバシーを保護するため、Zenly(ゼンリー)で手軽に設定できるゴーストモードですが、設定していることが相手にバレると何となく気まずいですよね。 では、ゴーストモードにしていることが相手にバレるのか? 結論から言ってしまうと、• フリーズ設定 あいまい設定 位置情報 設定した場所で固定される 現在地から半径10m~1. フリーズにすると、スマホの電源を切ったり、GPSや携帯の電波が途切れたときと同じような状態になるので、一見するとフリーズモードとは分かりません。 あいまいでは、ピンにステータス表示されるので相手から分かるようになっています。 フリーズに設定していることが相手に通知されることはないので安心です。 フリーズにしている• 電源を切っている• 機内モード(電波OFF)にしている• 位置情報をオフにしている のどれかの状態になっているように相手からは見えています。 表示される位置は実際にいる場所の半径10mから1. 2kmの間でランダムに選ばれます。 また、相手が地図上であなたのアイコンをタッチすると居場所があいまいであることが分かるようになっています。 位置情報をオフにした場合の見え方 Zenly(ゼンリー)を利用中、位置情報をオフにした場合、相手からは自分がマップ上の同じ位置で停止したように見えます。 またピンに青い?(ハテナマーク)が浮かんだり、青いくるくるが表示されることがあります。 フリーズにしている• 電源を切っている• 機内モード(電波OFF)にしている• 位置情報をオフにしている のどれかの状態になっているように相手からは見えます。 これは意図的に位置情報をオフにする以外にも、電波の入らない場所に移動したときと同様の症状になりますので、Wi-Fiの無いような地下へ行くときは注意が必要かもしれません。 まとめ Zenly(ゼンリー)のゴーストモードとその2種類の設定「フリーズ」と「あいまい」について解説しました。 ゼンリーは使ってみたいけど、常に位置情報を共有するのはさすがに抵抗があるな、と感じる方も多いと思いますので、今回ご紹介したゴーストモードを上手に使って、アプリを楽しんでみて頂ければと思います。 今回の記事が少しでも役に立った!と思ったらシェアやコメントをお願いします。 また「こんな事にも困っているんだけど」とゼンリーについてお悩みがありましたら解決策を教えますので、お気軽にコメントまでメッセージくださいね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ~~~ この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます• 最近の投稿• 2020-07-26• 2020-07-25• 2020-07-20• 2020-07-18• 2020-07-17• 2020-07-16• 2020-07-14• 人気記事ランキング TOP10• アーカイブ• カテゴリー• 190•

次の

「Zenly ゼンリー」アプリの使い方!通知を減らす方法は?位置情報を一時的に共有できる?

ゼンリー フリーズモード

もくじ• もし位置を隠しつつ引き続きZenlyを使いたい方は、次の2つの方法をご参照くださいませ! 2.ゴースト機能で現在の位置情報を隠す Zenlyには位置情報をあいまいにする「ゴースト機能」が搭載されています。 ただ、あくまであいまいなので、完全に位置情報を隠せるわけではないことご注意ください。 「ゴースト機能」には以下の2種類の方法があります: 位置情報が変化しなくなる「フリーズ」 「フリーズ」機能を有効にすると、最後にONにした場所から位置情報がうごかなくなります。 定期的に最後の位置情報を更新して悟られないようにするのがお勧めです。 一定範囲内の位置情報がランダムになる「あいまい」 「あいまい」機能では、自身の位置情報が 1キロから500メートルぐらいの範囲でランダムに決定されます。 正確な現在地を知られたくない人にお勧めの機能です。 「あいまい」にした友達も確認できました!これで、 友達から見たあなたの位置情報は、あいまいで、はっきりしないものとなります。 名前の横に、水色シマシマの矢印が見えるでしょうか、この矢印アイコンが出ているのは、「あいまい」機能を使用している証拠です。 注意点 なお「あいまい」が有効な状態だと、そのことがGPS画面上でアイコンとして表示されるので、相手にバレてしまう可能性があるのでご注意ください。 どうしても相手に気づかれたくない場合の最終手段 相手を友達リストから削除する 友達に位置情報を絶対に知られたくない場合は、友達を削除する必要があります。 また、本アプリはAndroidスマホさえあればそのままGPS情報を偽装できるのでパソコンが不要なのもポイントです。 『Fake GPS location』のダウンロードリンク:.

次の

「Zenly ゼンリー」アプリの使い方!通知を減らす方法は?位置情報を一時的に共有できる?

ゼンリー フリーズモード

スマホとタブレット、両方にインストールしてあり、一方を自宅や職場に置いてきてしまった際も所在がわかるように相互に位置確認が出来るようにしてあります。 一方をゴーストモード(あいまい、フリーズのいずれを選んでも)、貼付のような表示は出ず、「あいまい」などと吹き出しが表示されている以外はでませんし、探索される方の位置表示(GPS)をOFFにしようが、電源を落とそうが、タイムリーに一が変化しないだけで、特に変わった表示は出ません。 貼付にあるような表示は経験がありません。 どんなときに出るのでしょうかね? もっと時間が経過すると何か違ってくるのでしょうかね? 貼付の表示は質問者さん自身がゴーストモードにして表示された物なのですか? 私の方ではそれを再現できません。 A ベストアンサー No. 1の方に補足です。 現にお使いの方ではないようで情報が古いようですので。 これの位置情報確認は、 ・互いにアプリを入れてあり、 ・かつ友だちとして相手を追加し ・追加を求められた相手がそれを承諾して初めて互いに位置情報がタイムリーに確認しあえます。 アプリを起動しますと、近隣エリアの地図と、そのエリア内にいる登録済みのお友達の居場所が表示され、エリア外のお友達については地図画面の下にアイコンが位置確認をした回数の上位3人がアイコンとして並んで表示されており、その3人のアイコン部分をタップすると、その他のお友達全員のアイコンが並んで広がります。 位置確認をしたい人をタップすればその人の居場所、移動中なら地図上をアイコンがタイムリーに動きます。 これを満たした後であっても、位置情報を今は確認されたくない側は、スマホのGPS機能をOFFにするか(当然この場合はナビなど他の位置情報を活用するアプリがすべて機能しなくなります。 )、アプリ「Zenly」の中で自分のページを開き、「ゴーストモードのアイコン」をタップして開く別画面で「設定を変更する相手」を選択した上で、その相手に「正確な位置」「あいまいな位置」「位置をフリーズ」のどの表示モードに指定するかを選択することになります。 「今はこの人には位置を確認されたくないなあ」という場合は、その人を選び「位置をフリーズ」にすることで実行できますが、このフリーズを選ぶにしてもその状態の持続時間「2時間」「8時間「24時間」「ずっと」を選ぶように画面が開きますのでどれかを選ぶようになります。 時間し手をした場合、その時間が経過した後は自動的に解除され、位置情報を確認されるようになります。 「ずっと」の場合のみ、設定で再び解除するまではずっと位置を探られません。 1の方に補足です。 現にお使いの方ではないようで情報が古いようですので。 これの位置情報確認は、 ・互いにアプリを入れてあり、 ・かつ友だちとして相手を追加し ・追加を求められた相手がそれを承諾して初めて互いに位置情報がタイムリーに確認しあえます。 アプリを起動しますと、近隣エリアの地図と、そのエリア内にいる登録済みのお友達の居場所が表示され、エリア外のお友達については地図画面の下にアイコンが位置確認をした回数の上位3人がアイコンとして並んで表示されており、その3人のアイコ... A ベストアンサー iPod touchは、iPhoneとちがって、GPSもデジタルコンパスもありません。 自分で通信する機能もなく、Wi-Fi経由での通信しかできません。 でも、iPhoneを探す という機能が、iPod touchでも使えます。 機能のオンオフに関わらず、あなたのiPhoneのAppleIDを知っている人は、iPhoneの位置を把握できます。 精度は田舎だと100メートルくらい、街中だと30メートルくらいだと思います。 この位置が分かる条件は、通信をしていること、です。 機能のオンオフは関係ありません。 盗難対応の機能なので、オフができたら意味がないからです。 ついでに書いておくと、特定のメッセージを表示させたり、大音量をならしたりもできます。 ケータイ機能の通信、通話をONにしている場合、その契約者は位置を把握でき(る契約にでき)ます。 当たり前ですが、そのケータイの位置を把握していないと、通信、通話はできませんから、常時、位置を把握しています。 契約者は、通話発信位置、通信利用位置は分かります。 お金を請求する限り、どこで使ったものかを支払う側が要求できるのは当然ですよね。 通話は基地局の住所であることが多いです。 通信は数メートル単位でわかるようですよ。 こっちは、iPhoneに限らない話です。 所有者が自分の所有物の位置を把握できるのは、ある意味で、当然だと思うのですが。 iPod touchは、iPhoneとちがって、GPSもデジタルコンパスもありません。 自分で通信する機能もなく、Wi-Fi経由での通信しかできません。 でも、iPhoneを探す という機能が、iPod touchでも使えます。 機能のオンオフに関わらず、あなたのiPhoneのAppleIDを知っている人は、iPhoneの位置を把握できます。 精度は田舎だと100メートルくらい、街中だと30メートルくらいだと思います。 この位置が分かる条件は、通信をしていること、です。 機能のオンオフは関係ありません。 盗難対応の機能なので、オフができたら... naver. nifty. html のANo. 2 ベストアンサー が真実だと思います。 とはいえ、 いわゆるケータイの「電源OFF」は、完全に電源を失ってる状態ではなく、 いわゆるスタンバイ状態にあります。 なのでその状況で何らかの電波を出すことは 不可能ではありません。 と、一応言っておきましょうか。

次の