ウルフヘア アレンジ。 ショートウルフのアレンジいろいろ!おすすめ髪型16選|feely(フィーリー)

ウルフヘアの魅力3つ!自分に似合うウルフヘアのポイントと長さ別特徴4選

ウルフヘア アレンジ

ウルフカットとは、皆さんどんな髪型か、分かりますか? 「ウルフ」とは、日本語にすると「オオカミ」です。 オオカミのたてがみに似ていることから、ウルフカットという名がつきました。 ウルフカットとは、トップや顔周りの髪を短くして軽さを出すためにレイヤーをいれ、襟足部分は長く残したスタイルのことです。 男性からも多くの支持を得ています。 どちらかというと、かっこいいスタイルで、男性向きと思われがちです。 最近では、ウルフカットは女性もチャレンジしやすい、おしゃれヘアの1つです。 特にロングヘアは、スタイルが似がちです。 そんなロングの人におすすめしたいのが、ウルフカット。 ここでは、ロングのウルフカットについて紹介していきます。 ロングのウルフカットの魅力は、どんな年代でもチャレンジできることです。 スタイリングで表情が変わるので、大人女子にも根強く支持されています。 スタイリングによっては、メイクや洋服の幅を広げてくれるので、おしゃれ女子にも、おすすめです。 ウルフカットの中にも、種類があります。 マッシュルームベースのマッシュウルフや、最近流行りのネオウルフ。 マッシュウルフは名前の通り、マッシュルームのような丸みのあるスタイルです。 ネオウルフは、頭の形をひし形のシルエット寄りにするのが、ネオウルフです。 ひし形シルエットは、どんな顔の形でも似合うヘアスタイルです。 女性らしいシルエットなので、イメチェンを考えている人は、ネオウルフにしてみてはいかがでしょうか? ロングのストレートでも、ウルフカットは十分かわいいですが、たまには巻き髪も楽しみたいです。 そんな時に、ハイレイヤーのウルフカットは、巻きにくいのが難点です。 その点、最初からパーマなら、アレンジに困りません。 その他にもロングのパーマスタイルは、輪郭カバーにも、おすすめです。 特に顔の形にコンプレックスを持ちがちな面長さん。 面長さんは、パーマをかけることによって、輪郭カバーが出来ます。 もちろん丸顔さんにも同じことが言えます。 ロングのウルフカットだけにこだわらず、パーマは最大の時短セットが完了するので、おすすめです。 ロングのウルフカットでパーマをかけるなら、ふんわりパーマで愛され女子を目指しましょう。

次の

ウルフヘアの魅力3つ!自分に似合うウルフヘアのポイントと長さ別特徴4選

ウルフヘア アレンジ

レイヤーのヘアアレンジ1つ目は、くびれレイヤーです。 バックから見たときに、首元でヘアがくびれているように見えるくびれレイヤーは、女性らしい髪型になると人気のレイヤーアレンジです。 若い女性はもちろん、比較的年配の女性からも支持を集めていますよ。 街の中でもよく見かける髪型なのではないでしょうか? 髪の毛も上の方は丸くなっているのでキュートに仕上がります。 また、くびれより下の部分の長さは変えられるので、長くしたり短くしたりして、アレンジを楽しんでください。 しかし、このくびれレイヤーをするには、やはり美容師さんにしっかり切ってもらう必要があるので、セルフカットは難しいと言えます。 一見レイヤーカットしたようには見えないこのワンカールレイヤーは、髪の毛先周辺をよくみるとレイヤーカットされていて素敵ですよね。 このレイヤーカットは、ロングだからこそできる珍しいヘアアレンジになります。 これなら、レイヤーカットに挑戦してみたいけれどメリハリがつきすぎているのは嫌だという人にもチャレンジしやすいですよね。 毛先をワンカールだけすることによって、女の子らしいキュートなレイヤーカットを実現することができています。 あまり髪の長さを変えなくても大丈夫なので、ロングヘアの人にもおすすめですよ。 このレイヤーヘアは、20代以上の若い女性の間でも人気のヘアアレンジですよ。 他のレイヤーカットよりレイヤー下の毛先のハネが大胆になっているため個性的なヘアアレンジを楽しめますよ。 黒髪や茶髪によく似合うアレンジなので、比較的挑戦しやすいかと思います。 また、写真ではショートのレイヤーウルフになっていますが、実際にはボブやロング、ミディアムの人でもレイヤーウルフの髪型にカットすることはできるので、髪の長さに関係なくトライしてみてください。 ちなみに、髪の毛が長いほど個性的なヘアになることができますよ。 髪全体にハイライトを入れてレイヤーカットを施したこのミディアムヘアアレンジは、ハイライトが外国人のような髪が演出されています。 ハイライトは、若い女性にもかなり人気のカラーなのでレイヤーカットと一緒に取り入れるとさらに素敵な仕上がりになります。 また、写真のヘアアレンジのようにカールを流さごとに外巻き内巻きにすると、メリハリもついてレイヤーカットらしい見た目になりますよ。 ゆるく巻くとふんわりと優しい印象に、きつく巻くと個性的になど、カールの強さをゆるくしたりきつくしたりすることだけでも、印象が変わってくるので面白いですよね。 マッシュという髪型を知っていますか?キノコのような丸い形が特徴的なマッシュにレイヤーを入れると、写真のようなマッシュボブ風のレイヤーカットになります。 上の方は丸みを帯びていて可愛らしく、下の方はレイヤー感が出て個性的にな雰囲気がでています。 また、レイヤーカットの下の部分も、ハネがそこまできつくないのでマッシュらしさも出しながらのレイヤーカットができていると言えます。 柔らかい感じのレイヤーカットに挑戦したいという人は、このマッシュボブ風レイヤーカットにぜひトライしてみましょう。 お上品な雰囲気も出るのでおすすめですよ。 このレイヤーヘアアレンジはショートヘアで仕上げられているので、他のレイヤーヘアとはまた違ったおしゃれさが出ていますよね。 ショートヘアは、レイヤーカットが難しいと思われがちですが、下の髪の毛を残しながら切れば十分素敵なヘアが作れます。 うなじの部分もショートヘアだと普通は刈り上げることも多いですが、レイヤーヘアを合わせているので襟足も長く揃えられています。 見た目は一見ボーイッシュに見えますが、ショートヘアとレイヤーヘアの二つのいいとこ取りをした素敵なヘアアレンジだと言えます。 このヘアスタイルもぜひ検討してみましょう。 こちらは、先ほどお伝えしたマッシュボブ風レイヤーとはまた少し違って、ボブ風ではないのとこのヘアスタイルの方が全体的に軽くカットしています。 全体的にもですが、特にレイヤーの下の部分が軽めになっているかと思います。 自分でセットするときにも楽そうです。 このタイプのレイヤーカットは、前髪があってもなくても比較的に大人っぽく見える傾向があります。 しかし、前髪があるが少し可愛さも残せるのでおすすめですよ。 髪のセット自体は、写真のようにカールをきつめに重ねるととても素敵です。 髪の毛も少なくカットされているので、巻く時間も少なくて済みますよ。 今までとは違い、パーマやカールがされていないこちらのレイヤーカットは、ストレートだからこそ出せる魅力があります。 サイドのちょっと内巻きになっているところがレイヤーヘアの上の部分です。 前から見るのと後ろから見るのではまた印象も変わってきます。 レイヤーカットはどんなヘアカラーの人にも人気ですが、特に黒髪のストレートの場合は、重たくみられがちだからこそレイヤーを入れて、髪全体を軽くみせているのですね。 前髪を作ったとしても、レイヤーカットをして入れば重たさを出さずにおしゃれなヘアスタイルに仕上げられますよ。 レイヤーヘアの毛先のところを長くしたこのミディアムヘアは、メリハリがしっかりしていてレイヤー感が他の髪型よりもしっかり出ていると言えます。 特に、写真のミディアムレイヤーヘアは、毛量も多く残しているので今までのレイヤーカットとは印象も違います。 写真のように毛先を揃えたミディアムレイヤーカットは重く見えがちですが、しっかり上と区別がつけられているのでそこまで重たい印象は受けないですよね。 また、髪色も黒髪だとこのヘアアレンジは少し重たく見えてしまうかもしれませんが、茶髪に近い明るい髪色は明るさがあるので比較的軽く見えておすすめです。 レイヤーカットは普通一段しか入れないことが多いですが、このミディアムアレンジの場合、いくつかの段を入れてよりゴージャスな髪にしています。 レイヤーを重ねたカットもおすすめなので、ぜひ試してみてください。 次の記事は、30代ママにおすすめのおしゃれな髪型についてです。 子育てに毎日忙しいママでも、自分のおしゃれを楽しみたい時もありますよね。 次の記事では、そんな30代ママの参考になる簡単ヘアアレンジや楽なまとめ髪などが豊富に紹介されています。

次の

ウルフヘアの魅力3つ!自分に似合うウルフヘアのポイントと長さ別特徴4選

ウルフヘア アレンジ

ウルフヘアとは? ウルフヘアとは、頭のトップ部分が短くえり足が長いレイヤーカットで、狼のようなヘアスタイルにすることです。 トップ部分を立たせたり持ち上げたりして狼のタテガミのようにしたり、長く伸ばしたえり足の毛先を狼の毛波のようになびかせたりすることから、ウルフヘアと呼ばれるようになりました。 毛先や毛の流れを工夫することで、ワイルドにもセクシーにもなれるおしゃれな髪型です。 ウルフカットとネオウルフの違い ネオウルフはウルフヘアのようにトップを立たせず、全体にもっと丸味を持たせてふんわりとしたカットにする髪型です。 ネオウルフの良いところは、レイヤーでしっかりカットを入れることで、顔の形がひし形に見える効果があります。 ひし形は黄金比の顔の形といわれていて、小顔効果が期待できるでしょう。 また、ネオウルフはウルフヘアよりもスタイリングがらくという特徴があります。 ウルフヘアの魅力3つ ウルフヘアの魅力を3つ挙げて、その特徴を紹介していきます。 ウルフヘアはどんな年代でも性別でも似合う便利なヘアスタイルで人気があります。 以下からその魅力に触れています。 小顔効果がある• ショートもロングも対応可能• どんなカラーリングにも相性が良い 小顔効果がある ウルフヘアはレイヤーカットが入る髪型なので、小顔に見える効果があります。 ウルフヘアは、段を入れた毛先が外や内側へ向かって跳ねるヘアスタイルです。 両サイドに動きがある髪型は顔の輪郭を覆い隠してくれるので、顔が小さく見えると言われています。 ショートもロングも対応可能 ウルフヘアはレイヤーカットが毛先へ向かってたっぷりと入っています。 髪の手入れがとてもらくなので、ショートヘアもロングヘアも対応可能です。 ウルフヘアの長さによって、ワイルドになったりキュートに見えたりと、変幻自在にデザインできます。 どんなカラーリングにも相性が良い ウルフヘアの髪色は、どのようなカラーとも相性がいいです。 ウルフヘアはレイヤーカットを跳ねさせてセットするので全体に軽さが出ます。 そのため、明るいカラーリングでも暗めのカラーリングでも、どちらにもよく合います。 カラーの明るさを変えるだけで、いろいろな印象のウルフヘアを作り出すことができます。 自分に似合うウルフヘアのポイント5つ 自分に似合うウルフヘアを作り出すためのポイントを紹介していきます。 前髪あり・なし• ストレート・パーマ• カラー• 雰囲気 以上の5つの観点から、似合うウルフヘアの作り方を詳しく見ていきましょう。 長さ ウルフヘアの長さに迷ったら、ショートがおすすめです。 ロングもとても素敵ですが、重めの雰囲気になりやすいので、暑い季節はアレンジしやすいショートの方がおすすめです。 ショートのウルフヘアは毛先がとても軽いので、好きな方向へ跳ねさせたり流したり伸ばしたりして、自由自在にイメージを変えていくことができます。 前髪あり・なし ウルフヘアは前髪がある髪型ですが、思い切って前髪を上げると大人っぽい印象になります。 ウルフヘアの前髪のトレンドは、軽めに仕上げるシースルー前髪。 抜け感を出してアンニュイな雰囲気になります。 レトロな雰囲気にしたい人はぱっつん前髪がおすすめです。 前髪なしにするとセクシーな大人の女性になります。 センターパートにすれば、余裕のある大人かわいいウルフヘアのできあがりです。 ストレート・パーマ ウルフヘアはストレートもパーマもどちらもすてきです。 ストレートのウルフヘアは、奥行きのあるキュートなフォルムが特徴です。 自然で立体的な丸味が出せるため、甘めにかわいく仕上げることができます。 ウルフヘアにパーマをかけて、動きのあるヘアスタイルを作り出すこともできます。 ウルフヘア全体をパーマでふっくらさせたり、顔まわりだけをパーマで跳ねさせるなど、個性的な髪型も演出できます。 カラー ウルフヘアの丸味のあるカットにハイライトカラーを入れると立体感が増します。 ハイライトカラーとは、髪の毛の一部に明るめのカラーを入れることで、ヘアスタイル全体を立体的に見せるカラーリング方法のことです。 ハイカラーを入れる量や色のトーンで印象が変わります。 ウルフヘアのえりあしの内側にインナーカラーを入れるのも、おしゃれです。 雰囲気 ウルフヘアの現在のトレンドは、さっぱりとした男の子っぽいヘアスタイルから女性らしい丸味のあるデザインに変わっています。 ウルフヘアはレイヤーカットを利用して、ふんわりと軽くかわいく仕上げるのが今風です。 【長さ別】ウルフヘアの特徴4選 ウルフヘアの髪型別に特徴を紹介していきます。 以下の4つの長さ別に詳しく解説していきます。 ナチュラルウルフ• マッシュウルフ• ミディアムウルフ• ロングウルフ ナチュラルウルフ ウルフヘアにしたいけど、勇気がない方は、ナチュラルウルフがおすすめです。 今風ウルフヘアは、ナチュラル仕上げです。 無造作にふんわりと流したハネスタイルで、おしゃれ感をアップさせていきましょう。 前髪を自然に流して、全体をふんわりと女性らしくやわらかに仕上げるナチュラルウルフはセットが簡単にできるので、ウルフヘアの初心者向きです。 自然なテイストをたのしんでアレンジしていきましょう。 マッシュウルフ マッシュウルフには小顔効果があります。 今風のマッシュの丸味に、ウルフヘアのシャープさが加わっているため、誰にでも似合う髪型ではないでしょうか。 マッシュウルフは、パーマで軽めにふんわりとさせると、シャープな印象になります。 さらにセンターパートで前髪をアップにすると、大人っぽさが増します。 女性らしいマッシュウルフに仕上げたいときは、ぱっつん前髪とサイド長めのレイヤーカットで、全体を重めにセットします。 ミディアムウルフ ミディアムウルフは全体をレイヤーカットとパーマで軽めに仕上げることがポイントです。 前髪は長めがおすすめです。 シースルーやウザバング・センターパートで軽く仕上げてください。 肌が見える程度の透け感がトレンドです。 ミディアムウルフはワンカールやラフな毛先で、全体をふんわりと甘く仕上げましょう。 ロングウルフ ロングウルフは、軽く仕上げるのがポイントです。 ウルフヘアは裾や毛先がレイヤーカットで軽く跳ねるので、どんなに重い髪型も、動きをつけて軽快に見せることができます。 ロングウルフに大きめカールをつける、眉上前髪で個性的にアレンジする、グラデーションカラーで華やかになど、さまざまなアレンジで印象を変えることができます。 ウルフヘアのアレンジ方法3選 ウルフヘアのアレンジ方法を紹介していきます。 ウルフヘアを今風にアレンジした、以下の3つのヘアスタイルを詳しく説明していきます。 外ハネスタイル• ハーフアップ• お団子 外ハネスタイル ウルフヘアの外ハネスタイルとは、アイロンを使用して毛先を外へ跳ねさせて、こなれ感を出す髪型です。 ウルフヘアを今風にアレンジしたいなら、外ハネスタイルは欠かせません。 毛先を外側へ向けて遊ばせたら、全体にヘアワックスを揉み込み、表面に束感を作ります。 前髪はアップにするのがポイント。 アンニュイな雰囲気がトレンドです。 ハーフアップ ウルフヘアの毛先から全体をミックス巻きにして、両サイドの耳の上の髪をねじって後ろでくるりんぱをするハーフアップスタイルがおすすめです。 涼しげなハーフアップが、ウルフヘアを女性らしい髪型に変身させてくれます。 くるりんぱした髪を三つ編みにしてふんわりと崩して、ロマンチックに仕上げましょう。 お団子 ウルフヘアのお団子は、さまざまなアレンジがたのしめるトレンドヘアスタイルです。 ウルフヘアは裾の部分が長いので、高い位置でアップにするお団子にぴったりの髪型です。 違和感無く、上品なシニヨンヘアを作り出すことができます。 ウルフヘアは、毛先に向かってレイヤーがたくさん入っているため、お団子にするとボリュームがありません。 そんな時は、お団子を大胆にくしゅくしゅして崩してしまうのがポイントです。

次の