ソフトバンク ワイ モバイル まとめ て 支払い と は。 ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えてみた!損しない解約方法まとめ

【初心者用】Yモバイルとソフトバンクとの違い11個!皆の疑問徹底解説!

ソフトバンク ワイ モバイル まとめ て 支払い と は

ソフトバンクの携帯電話には、携帯電話料金と合算して決済をおこなうことができるキャリア決済サービス、 「ソフトバンクまとめて支払い」が存在します。 継続課金コンテンツもソフトバンクまとめて支払いを使って登録することができますが、継続課金は名前の通り 継続して課金される仕組みのため、不要な継続課金コンテンツであっても解約しない限り料金は発生してしまいます。 解約するのを忘れているユーザーが多いので気をつけなければいけません。 不要な継続課金を解約することで、月々の料金を今より安く抑えることができるんですよ。 そこで今回は、ソフトバンクまとめて支払いの仕組みや不要な継続課金コンテンツの解約方法について紹介していきます。 ソフトバンクまとめて支払いとは? ソフトバンクまとめて支払いは、 ソフトバンクの携帯電話を契約している方が利用することのできるキャリア決済サービスです。 ソフトバンクが提供しているオプションサービスや、継続課金の支払い、ネットショップなどで使用することができます。 同じようなサービスで「ドコモ払い」、「auかんたん決済」がありますね。 携帯電話料金と合算して決済することができるので、手元にお金がない状態であっても欲しいものを購入することが可能です。 またゲームアプリの課金で使用することもできます。 ソフトバンクまとめて支払いを利用できるコンテンツ ソフトバンクまとめて支払いを含む大手携帯会社のキャリア決済サービスは、これまでオプションサービスや継続課金コンテンツへの支払いが主流でした。 ですが今現在、多くの場面でソフトバンクまとめて支払いを利用することができるんです。 ネットショッピングもその一つ。 キャリア決済に対応している代表的なネットショップとして挙げられるのは、 「Yahoo! ショッピング」、「Creema」、「dmm. com」。 これらのネットショップ以外にも、数多くのファッションや美容系のネットショップでソフトバンクまとめて支払いを利用することが可能です。 またゲームアプリに限らず、パソコンなどでプレイすることができる一部のオンラインゲームの課金に利用することもできます。 またジャンルは異なりますが、ふるさと納税や音楽配信サービスへの支払い、チケットの購入、出前の支払いなど、ソフトバンクまとめて支払いは様々な場面で便利に利用することができます。 ソフトバンクまとめて支払いの登録状況を確認する方法 不要な継続課金を解約する前に、まず 自分がどのコンテンツに登録しているのか確認する必要があります。 また現在登録している継続課金の中でも、 ソフトバンクが提供するオプションサービスと他社の継続課金とでは確認方法が異なります。 それぞれの継続課金の確認方法について見ていきましょう。 オプションサービスの確認方法 ソフトバンクが提供するオプションサービスの確認は、ソフトバンクユーザーがアクセス可能な 「My SoftBank」からおこなうことができます。 「My SoftBank」にログインし、 「契約確認」と表示されているボタンをタップしてください。 次の画面にあるオプションサービス欄に現在登録しているオプションサービスが表示されます。 他社の継続課金の確認方法 他社の継続課金コンテンツについても、 「My SoftBank」から確認することができます。 「My SoftBank」の料金案内画面に遷移し、 「月額課金情報照会」の 「登録中サービス」をタップしてください。 そうすることで他社の継続課金を確認することができます。 ただし他社の継続課金は、オプションサービス欄には表示されないので注意しましょう。 ソフトバンクまとめて支払いの継続課金の解約方法 様々な場面で便利に利用することができるソフトバンクまとめて支払いですが、使い勝手に優れているため管理をしっかりおこなわなければ、 不要なコンテンツを解約しないまま無駄に課金が続いてしまう可能性も十分考えられます。 またソフトバンクまとめて支払いの継続課金は、 ソフトバンクが提供するオプションサービスと他社が提供する継続課金コンテンツとでは解約方法が異なるため注意が必要です。 例えばオプションサービスを解約し、不要な継続課金をすべて解約したつもりでも、他社の継続課金コンテンツの解約を忘れていると継続して課金が発生してしまいます。 そんなトラブルを事前に防止するためにも、オプションサービスの解約方法と他社の継続課金コンテンツの解約方法をしっかり覚えておきましょう。 オプションサービスの解約方法 オプションサービスを解約するには、先ほど紹介した 「オプションサービスの確認方法」を参考に、オプションサービスを確認できる画面までアクセスしてください。 画面内に表示されている 「変更」ボタンをタップすることで解約することが可能です。 同様の手順で新たなオプションサービスに登録することもできます。 他社の継続課金の解約方法 他社の継続課金を解約する際、本来であれば実際に登録したサイトの解約手順に従って手続きする必要があるのですが、ソフトバンクの場合は 「My SoftBank」から簡単に解約することができます。 先ほど紹介した 「他社の継続課金の確認方法」を参考に、継続課金を確認することができる画面にアクセスしましょう。 そうするとすぐ横に 「解除する」というボタンが表示されています。 その解除ボタンをタップするだけで簡単に他社の継続課金を解約することができます。 また月額課金情報照会より、解除が完了したコンテンツを確認することも可能です。 継続課金が解約できないケース ソフトバンクまとめて支払いは、 「My SoftBank」内ですべての継続課金コンテンツを解約することができるため、悪質な継続課金コンテンツに登録してしまい、退会や解約ができなくなってしまう現象は基本的に発生しません。 しかしながら、何かしらの悪質な手口によって継続課金コンテンツを解約できなくなってしまう可能性もゼロではありません。 もしそのような場面に遭遇してしまった場合、 ソフトバンクカスタマーサポートへ連絡し解約手続きをおこなってもらいましょう。 ソフトバンクカスタマーサポートへ連絡すれば間違いなく解約手続きをおこなえます。 まとめ 今回はソフトバンクまとめて支払いの仕組み、また不要な継続課金コンテンツの解約方法について紹介してきました。 登録したまま放置していた不要な継続課金コンテンツを解約することで、毎月の携帯電話料金を安く抑えることができるようになります。 そもそも不要な継続課金に登録したまま対処しなければ、無駄にお金を払い続けてしまうことになるんですよ。 これを機に不要な継続課金を整理してみてはいかがですか?.

次の

Q.ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い

ソフトバンク ワイ モバイル まとめ て 支払い と は

ネットワークは同じでも、明確にソフトバンクが使用しているものとYモバイルが使用しているもので「仕様が異なる」もしくは「どちらも完全に同じ」とまで細かくは説明されていないからです。 また、速度は回線の仕様だけでなく、利用しているスマホの仕様にも影響されます。 ですから 一概に断言することができないんです。 ワイ吉 このように、セット購入できるスマートフォンにおける仕様上の速度は、ソフトバンクのほうが速いケースも逆にYモバイルが速いケースもあります。 ただ、一般的な利用者の意見としては、 ソフトバンクもYモバイルも体感値的には「速度は変わらない」という意見が多いです。 ソフトバンクからワイモバイルにMNP完了。 速度もほぼ変わらず。 格安SIM特有の回線混雑時の速度低下もほとんどありませんし、ソフトバンクと同じような感覚で通信ができるという口コミが多いんです。 母に至っては数ヶ月後にはYモバイルを使っていることを忘れていました(笑)• 最大毎月50GB• 3GBと50GBの料金が同じなので、3GB以上使うなら50GBのプランがお得(つまり小容量プランは割高)• プランは複雑気味• 1年目は1,000円割引 といった感じになります。 一方 Yモバイルのプランは非常にシンプルで、以下の表にまとめたとおりです。 Yモバイルのスマホベーシックプラン ~6ヶ月目月額料金 税抜 7ヶ月目~月額料金 税抜 プランS(最大4GB) 1,980円 2,680円 プランM(最大12GB) 2,980円 3,680円 プランR(最大17GB) 3,980円 4,680円 全てのプランに10分かけ放題が標準搭載、分数制限のないかけ放題「スーパー誰とでも定額」は月額1,000円 税抜 で利用できます。 通信量によって料金が変動するプランは、Yモバイルにはありません。 関連記事 ソフトバンクからYモバイルに乗り換える際、同じスマホを引き続き使う場合は、事前にSIMロックを解除しましょう。 それさえしっかりできれば、あとは心配いりません。 ただ、 中古で買ったソフトバンクやYモバイルのスマホは、自分でSIMロックを解除できないのでご注意ください。 手続きがどうしてもできない場合は、乗り換え時に新しいスマートフォンをセット購入すればOKとなります。 2019年9月までに申し込んだ方のみ、どちらも2年契約・自動更新となっています。 2年契約自動更新の旧プランを無料で解約できるタイミングは、2年契約の満了月~翌々月の3ヶ月間です。 旧プランで契約更新月を過ぎると、また2年契約がスタートしてしまうのでご注意くださいね。 なおソフトバンクはいつでも旧プランから新プランに無料変更可能、Yモバイルは旧プランの2年以上継続か機種変更時に変更できます。 旧プランで使っている方は新プランに切り替えれば、いつでも無料解約が可能になるので安心ですね。 2019年9月までに申し込んだ人が使っている「スマホプラン」では、最大1,000円 税抜 の割引額となっていますよ。 ただし、同じくおうち割光セットの対象であるNURO光を契約している場合は、セット割対象がソフトバンクのみとなっています。 NURO光ユーザーは、Yモバイルとのセット割を利用できないことにご注意ください。 Yモバイルとソフトバンクは使っているネットワークは同じ、速度は変わる可能性もある• 月額料金はYモバイルが割安、ただし50GBプランはソフトバンクにしかない• Yモバイルとソフトバンクは、どちらも契約期間なし(2019年9月までの旧プランは2年契約の自動更新)• どちらもソフトバンク光やSoftBank Airとのセット割対応、NURO光とのセット割はソフトバンクのみ• 月々17GB以内の通信量ならYモバイルへの乗り換えがおすすめ• 通信量が17GBをオーバーするなら、ソフトバンクのままの方が快適 こうして1つ1つ確認してみると、 ソフトバンクとYモバイルの間には意外と多くの違いがあることがお分りいただけたのではないでしょうか? 運営会社が同じだからといってサービス内容まで同じわけではないんですね。 ソフトバンクにもYモバイルにもそれぞれの良さがあります。 今回の記事を参考に「ご自身にはどちらが合っているか」を見極めていただければ非常に嬉しいです!.

次の

ソフトバンクまとめて支払いの不要な継続課金は解約しよう

ソフトバンク ワイ モバイル まとめ て 支払い と は

購入するファッションアイテムを、ショッピングカートに入れて「レジに進む」のボタンを押した後の 「注文確認」の画面からの流れになります。 まだ、ショップリストの会員になっていなかったり、商品の注文方法から見たい場合は、このサイトのトップページを参照して下さい。 今回のお買い物の合計金額や、お届け先の住所が表示され、その下ぐらいに「お支払い方法」があるので、ここを 「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」に設定します。 「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」のところを、パソコンならクリック、スマートフォンならタップすれば、黒丸チェックがついて選択されます。 ほかの支払い方法になっている場合は変更する ショップリストでは、前回の支払い方法を記憶して、それを、最初に表示する仕組みになっています。 なので、クレジットカードなど、別の支払い方法が表示されている場合は 「変更」ボタンを押して、今回の買い物の支払い方法を「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」する必要があります。 「支払い方法の変更画面」では、いちばん下に「変更する」のボタンが出ているので、これを押して変更を確定させます。 支払い方法を「ソフトバンク」に設定したら決済へ進む 注文確認の画面で、お支払い方法を「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」に設定したら、商品の内容、金額なども、最終確認。 良ければ「決済へ進む」のボタンを押します。 購入内容の確認画面で「購入」ボタンを押す すると、ショップリストでの購入内容の確認画面になるので、内容を確認して、下の「購入」のボタンを押します。 マイソフトバンク(My SoftBank)へログイン 購入のボタンを押すと、マイソフトバンク(My SoftBank)へのログイン画面が表示されるので、• 携帯電話番号 と• パスワード を入力して、マイソフトバンクへログインします。 ログインすると、毎月の通話料金に上乗せして払う、今回の ショップリストの代金の支払い確認画面になります。 通話料金の支払いを、銀行の口座振替か、窓口支払いでやっている場合と、クレジットカードからの引き落としでやっている場合で、表示される画面が少し変わります。 通信料を口座振替か、窓口で支払ってる場合 通信料をクレジットカード払いにしてる場合 どちらの画面も「利用規約(必読)」は、初めて買う時にだけ表示されます。 2回目以降は、表示されず、ボタンも「利用規約に同意して購入する」から、単なる「購入する」に変わります。 「購入する」のボタンを押せば注文完了 上記の画面で「利用規約に同意して購入する」のボタンを押せば、以下のような画面が出て、注文完了です。 「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できない場合について 支払い方法を設定しても、エラーになってしまったり、うまく「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できない場合は、以下のような原因が考えられます。 利用可能な限度額を超えている 「ソフトバンクまとめて支払い」で支払える金額は、年齢によって上限が決まっています。 12歳未満 月に2,000円まで• 12歳~20歳未満 月に2万円まで• 20歳以上 月に10万円まで なので、1ヶ月の購入が限度額を超えてしまう場合は、ソフトバンクまとめて支払いが出来ません。 利用制限(ロック)されている ソフトバンクには、使いすぎの防止のため、パスワードで「ソフトバンクまとめて支払い」を利用制限できる機能があります。 この機能が設定されている場合も、ソフトバンクまとめて支払いが出来ません。 携帯電話の料金が支払えてない 銀行口座の残高が足りなくて、引き落としが出来なかった場合など、携帯電話の料金が支払えていない場合も、ソフトバンクまとめて支払いが出来ません。 この場合、料金を支払えば「翌請求月開始日から最大で8日間」の制限がかかることはありますが、その後は、利用の制限が解除されます。

次の