ゴヨウ ディフェンダー。 遊戯王OCGカード考察:ゴヨウ・ディフェンダー

【レア】 ゴヨウ・ディフェンダー

ゴヨウ ディフェンダー

【遊戯王 相場】《ゴヨウ・ディフェンダー》がマスタールールの改正で注目買取開始! 【遊戯王 買取情報】 新マスタールールにより息を吹き返したカードを募集します!!! ゴヨウ・ディフェンダー 50円買取!!! ゴヨウ・ディフェンダー 50円買取!!! ゴヨウ・ディフェンダー 50円買取!!! 規制は免れない感じはしますが、一部100円買取とかも存在しますし値上がりする可能性は十分にありそうです。 先行での新ルールでの改正でかなり重要なカードになると思うのでもし欲しい人は買っておくと良いかも?」 「やっと元の剣闘獣に戻った・・・!! もちろん今までの軸で戦ってもよく、セット融合からのガイザレスなんかの盤面破壊はかなり有用でしたが今の時代では融合モンスターをリンク召喚なしでは複数立てるのは困難になっており、ガイザレスからのヘラクレイノスを立ててしまうと追撃のガイザレスが出せない・・・などの不便さが残っています。 これを改善出来ているのは大きいです。 「 剣闘獣デッキとは、デッキに戻しつつ融合するという特殊な融合方法を持ち、盤面コントロールや除外戦法も交えつつ戦えるトリッキーなデッキです。 剣闘獣デッキに関しては環境トップに存在した時期もあったデッキで、マクロコスモスなどの『除外剣闘獣』や鳥獣族のみを採用した『鳥獣剣闘獣』などのアーキタイプがあったりと遊戯王を長年遊んでいたプレイヤーにとっては知らない人はいないはず。 剣闘獣デッキの現在は新規カードが登場したものの10期当初ではリンク環境の影響で盤面に同時に出せない問題があったりしつつも 今作より新規カードでその弱点がある程度解消される事になりました。 『リンクを使わないで展開できる』というメリットがあるのでカラクリ展開も含めてカラクリデッキ自身の動きとして蘇生カードが入った事やリンクを使用せずとも展開が可能になった『蘇生カード』の登場がかなり響いていてる印象です。 特にEXゾーンの依存を解決してたものの『キチンと昔のように展開』出来るしリミッター解除も無制限なので『非常に展開しやすくなってる』のも事実。 カラクリデッキは自身がEXゾーンに依存しきってるのが難点ではあったのですがその問題を克服する事が可能になっていますし、連続シンクロを蘇生カードで補えるのは利点でしょう。 幸いカラクリには専用のドローソースも多く、増殖するGやニビルに引っかからないくらいの展開で止めるという動きも視野に入れる事が可能になりました。 個人的には『カラクリパーツ』は早めに集めておくと良いかなぁという印象。 《カラクリ守衛 参壱参》 《カラクリ兵 弐参六》 《カラクリ忍者 九壱九》 《カラクリ小町 弐弐四》 《カラクリ参謀 弐四八》 《カラクリ商人 壱七七》 などは持っておくと便利かなぁというイメージ。 カラクリデッキも連続シンクロが基本なので今の内にシンクロモンスターを揃えておきましょう! >> >> 【マスタールール】まとめ• 遊戯王OCGにおいての変更点は「EX依存での展開がなくなる」事• 既存のデッキバランスにおいて様々なデッキが『環境参加』!• リンクは「リンク先指定」として活躍。 守護竜などのバランスも変化? 「マスタールールに関しての変更点や内容をザっと振り返りましたが、これに関して嬉しいと思える反面公式的に「リンクではサポートできなかった」という問題点や『TCGは常にインフレし続けて抑制させてはいけない』という独自のルールが存在してしまうという結果になってしまった事など簡単に喜んでいいわけではないという結果になっています。 リンクに関しては特に顕著で『この3年間はなんだったのか』という話も多いですがこれも結構間違いで様々なデッキの登場もあったりリンクという選択肢や恩恵を必要とするかが大事になります。 トマホークとかもリンクで強化されたのもありますが逆にマーカーがデメリットになった事やエクストラリンクで即積みな状況などの回避が出来たりしたものの『リンク自体が弱い』のではないので『わざわざリンクを挟まないと勝てない』問題が解決したと考えれば良いんじゃないかと感じました。 特に例として挙げたいのはTG。 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 自分の手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターをそれぞれ1体ずつ選んで、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「TG」モンスターしか特殊召喚できない• :相手はこのカードのリンク先の「TG」モンスターを効果の対象にできない。 【】とかは特にリンク召喚に成功した際にTGを展開できますが今回のシンクロ召喚の制限解除によってわざわざ出す必要がなくなりました。 しかしこのカードは簡単に出せる他に 『Tgだけでないハリファイバー』までで完結しているので『採用するかが大事』になるんですよね。 元々このリンク展開やマーカー指定に関してはファイアウォールの際に言ってましたが『展開するかどうかを決める新システムが出る』という結果になるのは分かり切ってたんでその準備段階と考えても良いのでしょう。 今後は『理想の遊戯王』にはなると思いますが『EXゾーンがある』事もあった事やユーザー離れをどうするのかが課題に。 なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

次の

遊戯王カードWiki

ゴヨウ ディフェンダー

エクストラデッキから「ゴヨウ・ディフェンダー」1体を特殊召喚する。 2 :このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。 で登場した・の。 特定条件下でのをする、・のの数に比例したを行うを持つ。 1 は・ののみが存在する状況でからをする。 が非常に厳しいため、実質「他のがいるとできない」と見ていい。 がこののみの場合は続けて2体目もを使い、を3体並べることができる。 そのままでも 2 ので迎撃できるが、事前にを受ける危険が高いため、積極的に狙うべき戦略とは言えない。 並べた3枚で様々な展開を狙える。 そのまま3のを行える他、の+も全て賄える。 3のも可能であり、を経由する事で4にもつなげられる。 それ以外ではともが見込め、によるこちらの消費を補えるが可能。 持ちのと合わせてを狙うのも有効であり、を簡単に2体以上並べられるため、などのも簡単に行える。 ただし、このでの枠を2〜3枚埋めてしまうと、他の汎用の数が減り、自体の対応力が落ちる可能性がある。 活用法を考えると専門を組まざるを得ないので、この辺りの欠点は仕方ないと割りきって使うべきか。 1 のにされ、に・ののみの状態ではない場合でもは行える。 からをするを持つはの移行に伴い全体的に使い勝手が悪化していた。 このもと併用できれば従来の動きが可能なの1枚だが、類似の中でも再現の難度が高く、以前との使いやすさの落差が特に大きく、不遇の存在であると言えた。 になってようやく本来の動きが可能になった。 についてはリンク先参照。 やろうと思えばあちらでも3体展開は狙えた。 「ランサーズvs捕縛隊員3人」戦で捕縛隊員が使用したのが初登場。 とをとしてされ、からが2体された。 その後沢渡のでにされた際、自身のでを3000に上げて返り討ちにした。 そして他の捕縛隊員も同じでをそれぞれ3体し、9体の《ゴヨウ・ディフェンダー》が並んだ。 そのうち2体はと共にのとなり、別の2体はののでされ、他は共々に一掃された。 これ以降も、セキュリティが内外を問わず度々使用している。 時の口上は「お上の力を思い知れ!!現れろ!3、《ゴヨウ・ディフェンダー》!」。 アニメでのは以下の通り。 この効果で特殊召喚したこのカードはこのターン攻撃できない。 2 :このカードが相手モンスターに攻撃された相手のダメージ計算時に発動する。 3 :このカードが効果で破壊された場合に発動する。 自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 の上昇タイミングこそ早くなったが、 1 ののがのみから・に緩和され、制限やもなくなり、他のと異なり大幅に強化されている。 他のポリスと異なり、このは数十体のを実体化させて使用する事が多い。 2 のでをできるからと思われるが、 3 ので誘爆の危険もある諸刃の剣である。

次の

遊戯王カードWiki

ゴヨウ ディフェンダー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。 エクストラデッキから「ゴヨウ・ディフェンダー」1体を特殊召喚する。 君はこのカードをどう使う? 新たに登場したゴヨウシンクロモンスターです。 また同時に貴重な汎用レベル3シンクロモンスターでもあります。 アークファイブにおいて捕縛隊がランサーズ達に使用したカードであり、 それはもうワラワラと出てきてゴヨウ・キングの効果の補助として活躍しました。 アニメでは1体が効果で破壊された場合自分のモンスターが 全て自壊するデメリットが存在しましたがOCG化の際にそのデメリットが消え、 他にも様々な面で強化がされています。 この効果で出したゴヨウ・ディフェンダーも同じ効果を使える事から 条件さえ整っていれば3体並べて展開する事が可能になります。 あくまで「攻撃対象に選択された時」限定であり自分からの攻撃では上昇しない為、 基本的には攻撃力3000の壁としての運用となるでしょう。 同名モンスターを3体並べる事の出来る効果を持つかなり特殊なシンクロモンスターです。 このカード使い道は豊富に存在します。 まずレベル3を3体並べる事が出来る事からランク3のエクシーズ召喚に役立ちます。 素材3体を要求するトライエッジ・リヴァイア等も比較的楽に場に出す事が可能です。 またアニメの様にゴヨウ・キングやゴヨウ・エンペラーの効果を発動、適用する為の 地属性、戦士族シンクロモンスターを揃える目的としても重宝します。 比較的緩い条件でシンクロモンスターを3体並べる事が出来る事から アクセルシンクロに繋げる選択肢もあります。 この場合3体並べたゴヨウ・ディフェンダーの他にもう1体、 たつのこか波動竜フォノン・ドラゴンを展開する事が出来れば シューティング・クェーサー・ドラゴンやスターダスト・シフルに繋げられます。 ディフェンダー1体をアクセル・シンクロンのシンクロ素材にして アクセル・シンクロンを効果でレベル6にするのもいいでしょう。 どのような使い道にしても「エクストラデッキを相当に圧迫する」という点は このカードを採用する上で一番頭を悩ませる部分になってくるでしょう。 それでも比較的緩い状態でシンクロモンスターを3体並べられる点は 他に類を見ない非常に優秀な効果です。 様々な悪用が考えられるカードであり実に面白い1枚だと思います。 以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。 その効果の関係上ゴヨウ・ディフェンダーを3体並べられるのは 基本的に1回だけになってしまいます。 もしゴヨウ・ディフェンダーを並べる事を主軸にしたい場合、 エクストラデッキに戻す手段は確保しておくといいでしょう。

次の