自転車 パンク 修理 相場。 セオサイクルでパンク修理が5,800円もしました。騙されたのか、妥当...

原付のパンク修理の料金相場やかかる時間は?修理キットを使った方法も紹介!

自転車 パンク 修理 相場

自転車屋さんでのパンク修理の値段はいくら? 自転車がパンクしてしまった際には、自転車屋さんでパンク修理をしてもらう人が多いと思われます。 パンク修理は、持ち込んだ自転車がその店で購入した物でなくても依頼する事が出来ます。 自転車屋さんでのパンク修理にかかる値段は、平均1,000円~2,000円の間だと言われており、そこまで高額ではないのが特徴の一つです。 普通のママチャリなど、一般的にも手が届きやすい価格の自転車の場合には、この程度で済みますが、ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクといったスポーツ向けの自転車の場合には、3,000円位かかってしまう事もしばしばあるようです。 もしも、ロードバイクで使用されているようなチューブレスタイヤを装着していた場合には、パンク修理とはいえ、値段が一気に高くなってしまいます。 チューブレスタイヤの値段は高めなので、それにつれて修理の値段も高くなってしまっているのかもしれません。 簡易式の空気入れや予備のタイヤを持っているとしても、いずれ必要になるのがパンク修理なのかもしれません。 自転車タイヤのパンクの種類は一体どんなものがあるの? 自転車屋さんでのパンク修理の値段は、パンクの状態によって変わる場合もあります。 蚊刺しパンクと呼ばれるパンクは、画鋲や針・くぎ・針金・尖ったガラスなど、路上などに落ちている鋭利な物が刺さった事でチューブに穴が開き、空気が抜けてしまう種類のパンクです。 前輪よりも後輪の方が、蚊刺しパンクになる可能性が高いと言われています。 蛇噛みパンクは、横断歩道などの段差や大きな石、岩により、タイヤビード部が衝撃的に押し付けられて、小さな二つの穴が出来た事が理由によるパンクです。 タイヤの幅によって、穴と穴の間隔が異なるのが特徴で、片方だけに穴が開いてしまう場合もあります。 タイヤに十分に空気が入っていない場合や、タイヤが柔らかい場合に穴が開いてしまう事が多いようです。 破裂パンクは、バースト、ブローアウト、ブローオフとも呼ばれていますが、破裂パンクは、上記の二つよりは起きる頻度が低い現象です。 チューブが破裂した場合は、大きな破裂音がします。 何らかの原因でタイヤがリムから離れた時に起きるとされており、破裂したタイヤは元の状態に戻るため、タイヤの中で破裂したと感じます。 ニップルパンクは、ニップルの溝が劣化などにより亀裂が生じ、チューブが直接溝に当たってしまって内部パンクを起こします。 自転車タイヤのパンク修理で値段が高くなることがある? 自転車屋さんでパンク修理をする際に、思ったよりも値段が高くなってしまったというのはよくある事です。 パンク修理をするために、自転車屋さんに持ち込んだところ、チューブ交換が必要になってしまったというケースでこういった事が起きます。 何もお客さんに説明をせずに、勝手にチューブ交換をしてしまうような自転車屋さんは、それ以降利用するのをやめるべきです。 また、チューブの劣化が進んでしまっている理由から、チューブを交換する方が後々安く済むということで、チューブ交換を勧める自転車屋さんが多いようです。 チューブが劣化していると、パンクの修理をしてもすぐにパンクしてしまうため、チューブを新しく交換しなければ、いたちごっこになってしまいます。 自転車屋さんは、自動車屋さんと同じで整備士としての資格があります。 自転車技士や自転車安全整備士という資格がそれにあたります。 こういった資格を持ったプロが見極め、パンクしたタイヤのチューブが劣化していたら、チューブ交換をお客さんに勧めてくるというのが、通常のパターンとなります。 パンク修理は出張もしてくれる!? 自転車屋さんにパンク修理を依頼する場合、わざわざパンクした自転車を自転車屋に持ち込む人が多いです。 しかし、パンクやその他の自転車の不具合を修理するために、出張でやってきて修理してくれたり、自転車を店の車で取りに来てくれる自転車屋さんも増えてきています。 自転車屋さんも、地域にホームセンターやショッピングセンターが増えてくれば、売上が減ってしまったりする事は避けられない場合が多いのです。 そのため、出張サービスなどを取り入れて生き残りを図っているショップもあります。 出張修理でも、値段がほとんど持ち込みと変わらないため、割と人気があります。 パンクした自転車を店まで持ち込むのは大変ですから、こういった出張修理や自転車を取りに来てくれる自転車屋さんを探すのも良いでしょう。 夜遅くまで対応してくれるショップも探せばあるので、交代勤務などなかなか時間がとれない人であっても、利用できるお店があるかもしれません。 もちろん、しっかりと資格を持っているプロが修理してくれますから、その点でも安心です。 自転車のパンク修理の値段を抑えるためにはメンテナンスをしよう 自転車に長年乗っていると、パンクは避けられないと言っても過言ではありませんが、パンク修理の回数は少ないに越したことはありません。 しかし、パンクをさせないで長年乗り続けるのは、なかなか至難の技と言えそうです。 パンク修理をしてくれる自転車屋さんに、お世話になりにくいようにするには、どうしたら良いのでしょうか? 実は、パンク修理は春先や初夏の頃に依頼が増えると言われています。 冬の間に乗っていなかった自転車に急に乗ったらパンクしたというケースも多く、パンクの原因を突き詰めていくと、自転車にしっかりと空気を入れずにいきなり乗っていたという事が多々あるようです。 長らく自転車に乗っていないと空気は自然に抜けていきます。 しばらく自転車に乗っていない場合には、まず空気をしっかりと入れてから乗るようにしましょう。 空気入れをサボって自転車に乗っていると、自転車を漕ぐ時に必要以上に力がいるので大変ですし、チューブが避けたりパンクの原因になってしまいます。 タイヤの空気入れは、値段も安く売っているので、手軽に扱える物を一つ買っておきましょう。 自転車屋さんでパンク修理を頻繁に依頼するより、空気入れ一つの方が安く済みますし、自転車の進みも良くなって楽に乗れます。 他にも気をつけよう!自転車タイヤチェック! 自転車屋さんでパンク修理の値段を総合的に抑えるには、何と言ってもパンクを回避する対策を普段から心がけておく事です。 タイヤやチューブを傷めないように走るのもそういった対策のうちの一つとなります。 速度をあまり落とさずに段差に侵入したり、頻繁に段差に侵入するとリム打ちパンクの原因になってしまうので注意しましょう。 また、小石やガラス、尖った物を極力タイヤで踏まないように心がけ、オフロード用以外のタイヤで砂利道を走るといった行為も避けるべきです。 タイヤに負担をかけないように気を付ける事で、随分とパンクのリスクを減らす事が出来ます。 路面をよく見て走る事も重要と言えるでしょう。 タイヤから妙な音がしたり、いつもとは違う振動を感じたら、タイヤに異物が付いている事が多いため、こういた物を発見したら、すぐに取り除く事で、より重度のパンクを防ぐ事にもつながります。 タイヤが劣化していたり、亀裂が入っている場合にそれを放置してしまうと、自転車が必要な時や、タイミングが悪い時にパンクが引き起こされてしまう事もあるので、要注意です。 自転車のパンクは未然に防げる 自転車のパンクは、いつか起こることです。 全ての路面が整備されて、ガラスや石が無ければ当然パンクはしづらくなります。 しかし、道には何かしらの異物が必ず落ちてます。 踏むこともありますが、取り除くことで寿命が延びます。 何度もパンクしていると、当然チューブも交換しなければいけません。 そうなるとパンク修理の値段も高くなるので、少しでも出費を抑えたいのであれば、日々のメンテナンスをおすすめします。 - , , ,.

次の

自転車がパンクしてしまった!修理代はいくらかかる?

自転車 パンク 修理 相場

Contents• 原付のパンク修理の金額相場はどのくらい? 原付のパンク修理の相場ですが、 2,000円程度のところが多いかと思います。 結構 店によってバラバラなのでなんとも言えないのが現状なんですけどね。 原付に限らず多くのバイクは チューブレスタイヤですので、1,500円から3,000円くらいのところが多いようです。 スーパーカブなどが採用している チューブタイヤですと、ちょっと手間がかかりますので もう少し高い値段設定にしているところが多いですね。 この値段は釘が刺さった…なんてケースの話でして、タイヤの劣化でタイヤ側面に亀裂が入ってのパンクだとタイヤ交換も必要になります。 エアバルブ、空気を入れるところが劣化して空気が漏れる…なんてケースもありますね。 タイヤ交換をすると、タイヤ代がプラスで7,000円くらいとなりますよ。 スポンサーリンク 原付のパンク修理にかかる時間はどのくらい? 原付のパンク修理にかかる時間ですが、 30分程度となります。 もちろんお店の混雑具合やパンクの状況などにもよりますね。 一般的な釘が刺さったケースなどで、チューブレスタイヤであれば、 修理を始めてから30分くらいの待ち時間で終わるかと思います。 タイヤ交換やエアバルブの交換が必要になると…1時間以上かかってしまうかと…。 チューブタイヤですと、修理の工程が違ってひと手間かかりますので1時間くらいは待ち時間を見ておいた方がいいかもしれません。 ちなみにバイク屋さんに聞いたところ、原付の場合は パンクしていないケースが1番多いそうです! どういうことかと言うと、空気が 自然と抜けただけ…なんですね。 前回タイヤに空気を入れたのが半年以上前とか、覚えていない…なんてケースはほぼ間違いなく空気が抜けただけなんだそうです。 空気は自然に結構抜けますが、毎日少しずつ抜けるので結構気付かないものなんですよね。 ある程度まで抜けると、走っている時に タイヤがホイールのリムから落ちる現象が起きます。 小難しいことは置いておきますが、タイヤがリムから落ちるとその瞬間にほとんどの人が異常に気付くんですよね。 で、 「パンクしたかも!」となるようです。 この場合は 空気を入れるだけで直りますので、まずはガソリンスタンドなどで空気を入れてみて下さい。 それでも抜けるようでしたらパンクですし、大丈夫そうなら空気が減っていただけですよ。 良心的なお店ですと、空気を入れるだけで済んだ場合はサービスしてくれたりしますが…お店によっては検査代といって1,000円くらいかかることもあります…。 スポンサーリンク パンク修理キットで直す方法! パンク修理キットで直す方法ですが、 2パターンありますね。 先ほどちょっと紹介したように、バイクは チューブタイヤと チューブレスタイヤの2種類が存在します。 なので、自分のバイクがどちらなのかまずは確認しましょう。 原付ですと大抵のバイクがチューブレス、スーパーカブなどがチューブタイヤですね。 自転車みたいなスポークのホイールのバイクがチューブタイヤだと思っておけば大方間違いないですよ。 チューブタイヤの場合は、パンク修理もほとんど 自転車と一緒です。 ですが、タイヤをホイールから外して、また付けるのに力とコツがいるんですよね。 自信ない方はバイク屋さんにお願いした方が無難です。 ある程度誰でも修理出来るのはチューブレスですね。 こちらはチューブレス用の修理キットを、その説明書き通りに使えばOKですよ。 修理キットは色々とありますが、私はこれを使っています。 バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

次の

自転車のパンク修理について、相場とか、お店の対応とか…

自転車 パンク 修理 相場

Contents• ロードバイクやクロスバイクの修理料金・メンテナンス工賃の相場 以下、、修理代金、メンテナンス費用を公開しているサイクルショップ約20店舗の料金をまとめて平均的な価格を算出した金額です。 タイヤ周りの修理料金・メンテナンス工賃 パンク修理(パッチ) パンク修理 1,000円 チューブ交換 前輪チューブ交換 1,500円 後輪チューブ交換 2,000円 タイヤ交換 前輪タイヤ交換 2,000円 後輪タイヤ交換 3,000円 ホイールメンテナンス ホイールの触れ取り 1,000円〜(どこまで追い込むかで変わる) スポーク交換 1,500円〜(本数や状況による) 前輪ホイール組み 4,000円(本数や状況による) 後輪ホイール組み 5,000円(本数や状況による) ブレーキ周りの修理料金・メンテナンス工賃 調整 ブレーキの調整 1,000円 交換 ブレーキワイヤー交換 1,500円 ブレーキシュー交換 1,000円 ブレーキ交換 3,500円 変速機周りの修理料金・メンテナンス工賃 交換 変速機の調整 1,500円〜 交換 シフトワイヤー交換 2,000円 変速機の交換 3,000円 Fディレイラー交換 2,500円 Rディレイラー交換 2,500円 チェーン周りの修理料金・メンテナンス工賃 調整 チェーン調整 1,000円 交換 チェーン交換 2,000円 洗浄 チェーン洗浄 3,000円 ハンドル周りの修理料金・メンテナンス工賃 交換 ステム交換 1,500円 ハンドル交換 3,000円 グリップ交換 1,000円 カット ハンドルカット 2,500円 取り付け バーエンドバー 2,500円 クランク周りの修理料金・メンテナンス工賃 交換 クランク交換(BB) 5,000円 スプロケット交換 2,000円 ペダル交換 1,000円 フレーム周りの修理料金・メンテナンス工賃 交換 シートポスト交換 1,000円 サドル交換 1,000円 フロントフォーク交換 5,000円 圧入 ヘッドパーツ圧入 1,500円 取り付け ボトルゲージ 500円 スタンド装備 1,000円 点検整備・メンテナンス工賃 注油 500円 基本点検・整備 1,500円 オーバーホール 10,000円〜40,000円 ポジション調整 3,000円〜 メンテナンス講習 3,000円〜 ロードバイクやクロスバイクの修理料金、メンテナンス費の留意点 パーツ料金は除いた工賃 上記の料金にはパーツの料金は含まれていません。 純粋に作業料金としての金額で、この他に修理やメンテナンスに用いたパーツや部品の料金が掛かります。 パーツ料金が計算されていないのは、どのメーカーのチューブを選択するかで料金が変わるからだと思われます。 調整系はどれだけ追い込むかで料金が変わる ホイールの触れ取りやポジション調整などの調整系のメンテナンスは、実際問題でやろうと思えば際限がないくらいにどこまでも追い込めるので終わりがありません。 なのでどの程度まで追い込むかの区切りとして、 調整回数や調整時間で料金が変わる変動制を採用しているところが多いようです。 関連パーツによる料金加算に注意 単項目だけ見て安心していると、最終的な請求金額が大幅に違っていて「あれっ?」って思う事もあるようです。 例えば、ハンドルを交換した場合、交換したのはハンドルだけであっても、ハンドルの形状が大きく違う場合などは、元のワイヤーやケーブルなどが使えない場合もあり、調整も必要になることから、それぞれが加算されるというわけです。 例えばロードバイクのドロップハンドルを交換した場合、それまで使用していたSTIレバーなどは流用が出来ますが、バーテープなどは流用ができませんし、ワイヤーケーブルもあまり使いまわしをするようなパーツではないので交換になるかと思います。 そうなるとハンドルだけを交換するつもりでも、交換する必要のあるパーツはいろいろあり、全てが工賃に加算されるというわけです。 即日修理できない場合もある ママチャリなどを扱う街の自転車屋さんのイメージだと、持込んですぐ修理や調整をしてくれて、その場で乗って帰れることもあるかもしれませんが、スポーツバイクの場合は、即日修理ではなく、後日渡しというのも珍しくないようです。 ピンキリでバラツキの多い修理料金やメンテナンス工賃 約20店舗の工賃をまとめて、だいたいこのあたりの金額設定が多いな・・・というような感じで相場を出してみましたが、上記の料金よりも安いお店もありますし、もっと高い料金設定をしているお店もありました。 重要なポイントは、上記の金額よりも高い金額を設定しているお店がボッタクっているというわけではなく、サイクルショップそれぞれに、サービスや補償に関するポリシーが異なっているのです。 お店独自の特典があるなど、 一概に工賃だけで高い安いは決められないなというのが正直なところです。 よくあるパターンとしては、 修理やメンテナンスをお願いするお店で買った自転車については、基本的なメンテナンス費や点検、ポジション出しは無料にしていたりすることが多いようです。 また、パーツをそのお店で購入した後のカスタマイズに関してはパーツ代だけ請求して、取り付け費用は無料になったり割引になったりすることもあるようです。 余分な料金が掛かる場合もある 身体のの調子が悪くて病院に行くと他の悪い所も見つかった・・・なんてことがあるかと思いますが、自転車の場合も同じです。 タイヤの調子が悪いと思ってショップに行くと、タイヤの他にワイヤー類も調子が悪い事が判明したり、基本チェックをおこなった結果、ブレーキシューが摩耗しているので換えた方が良いなどで、新しいパーツに交換を奨められることもあります。 そうすると、予定していたよりも金額が高くなってしまうことがあるようです。 そこを修理するしないを決めるのは本人次第ですが・・・。 他店購入したパーツや自転車の持ち込みはお断り? ロードバイクやクロスバイクの修理やメンテナンスでウワサとしてよく聞くのが「他店購入の自転車の修理はお断り!」など、厳しい条件のお店も有るとか無いとか。 しかし、今回調べている中では「他店購入の自転車の修理はお断り!」と明言しているお店はありませんでした。 「あんまり気が進まないですけどね、普通よりちょと高くなっても良いですかねぇ」というような気の進まない感じをそれとなしにほのめかしているお店はありましたが・・。 要するに他店で購入したパーツや自転車の場合は追加料金をいただくとかで 割増料金を設定しているお店はいくつかありました。 ロードバイクやクロスバイクの修理料金・メンテナンス費を節約する方法 購入店のサービスを利用する 僕がクロスバイクのESCAPE Airを購入したのはGIANTストアでした。 GIANT社のESCAPEシリーズのクロスバイクなどはGIANTストア以外でも購入できます。 またGIANTストアは基本的に定価販売なのに対して、量販店で販売されている場合は値引き販売されていることもありGIANTストアで購入するよりも量販店で購入した方が安く購入できる場合がほとんどです。 しかし僕はあえてGIANTストアで購入しました。 理由はGIANTストアで購入するとシフトワイヤーの調整や空気圧チェックなどの基本的なメンテナンスはいつでも無料で受けられるという購入特典があるからでした。 このような独自のサービスを設けているサイクルショップも多いようなので、 自転車の購入の相談をするのと一緒に、購入した後のメンテナンスやサポートのことを確認しておくと良いかもしれません。 売値だけ見ると高く思えても、後々を考えると絶対お得!というようなお店もきっとあるはずです。 自分で修理やメンテナンスをする 修理費用やメンテナンス工賃を最も安くする方法は自分で全てやるという選択です。 自転車まわりの基本的なことを全て自分でおこなえるようになれば、必要な費用は道具類を揃える費用とパーツ代だけになります。 パーツはネットで安いお店から購入することができますから、トータルで考えればかなり出費を抑えられるようになります。 道具類は、こだわれば高い道具もありますが、自転車と長く付き合って行くつもりであれば、メンテナンスの頻度によらずで、それなりにしっかりしたメーカーのものを一通り揃えておいた方が良いと思いますし、修理やメンテナンスにかかる費用一回分で基本的なメンテナンス道具は買えてしまうことを思えば、けして高い買いものではないと思います。 また、自分自身でパーツの交換方法や調整方法を調べて作業することで、少しずつ自転車に詳しくなり、ちょっとしたトラブルが発生しても自力でどうにか対処できるようになります。 僕は基本的に全て自分でメンテナンスしてしまうので、お店のお世話になることはほとんどありませんが、それでもパーツや道具を買いにお店に立ち寄ることは多く、そこでショップの人の作業する光景を目の当たりにすると、手際の良さや仕上がりの正確さなど、さすがプロだなぁと思わずにはいられません。 流石にお金を払って作業をしてもらうだけの価値はあって、 お店に支払うメンテナンス費は確実で安全な整備をしてもらえるという安心料でもあるわけですよね。 交換するパーツによってはまとまった出費になってしまうこともありますが、自動車と同じで定期的に車検に出して、きちんと整備メンテナンスしてもらうこともすごく大切なことだと思います。 以上、自転車の修理料金、メンテナンス費の相場についてでした。

次の