セカオワ witch 歌詞。 Witch SEKAI NO OWARI 歌詞情報

セカオワラインライブ(LINE LIVE)「Eye」&「Lip」全曲解説まとめ

セカオワ witch 歌詞

SEKAI NO OWARI セカイ ノ オワリ が 2019年02月27日CDアルバム 『EYE』をリリースしました。 12曲目に収録されている 「Witch」 ウィッチ 意味:魔女 について。 今回は「Witch」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「Witch」の 歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 それでは、さっそく見ていきましょう。 SEKAI NO OWARI セカオワ 「Witch」 ウィッチ 歌詞 Witch 作詞 Fukase 作曲 Fukase・Nakajin 人が生まれて何万年? それは信じる光によって違う 光が生み出す強烈な影 正しい道を指す光はやがて 魔女を探すサーチライトへ それはまるで現代のアレみたい 人の不幸から垂れ流される 蜜に群がる働き蟻 魔女を探せ 魔女を捕まえろ 正義の名の下に焼き払え 僕等は何度も繰り返す 本能に眠る凶暴な正義 人の不幸から垂れ流される 蜜に群がる働かない蜂 昔の時代は良かったとか 今の若者は駄目だとか いつの時代にもよくいる大量生産型普通のオッサン 正論で殴られた人々 殺しよりも非難される人々 こんなの皆やってんj あ、間に合わなかった もうぐちゃぐちゃだよ頭ん中 頭空っぽで踊ろうよ それのが彼等と同じでしょう? この際、魔女も踊ったらどうだい? SEKAI NO OWARI セカオワ 「Witch」 ウィッチ 歌詞の意味を解説 想像も出来ない年月。 人が人として生きてきた時間。 その長い年月は、 人類が正しいと定めた 理論を形成する。 理論の下 もと では、 照らされた部分と、 同じ強さで、 影が生まれる。 正しさを示すためには、 悪が必要になるんだ。 理論を否定するものが 悪となり、 道を正すという名のもと、 否定する者を探そうと、 躍起になるんだ。 今の世でもそうだろう。 どうして、人の不幸を 自分の幸せと感じる事が 出来るのか? どうして、人の不幸を探すことで、 自分を満たそうとするのか? この時代を否定する者を探せ。 この時代に逆らう者を捕まえろ。 それが正しいことだ。 「悪は滅ぼせ」 繰り返される言葉。 それは、弱者に向けられた狂気。 凶暴な自分を、 呼び起こす呪文になる。 悲しんでいる人や、 悲しいニュースが溢れる世の中で、 その眼を閉じてしまう人達。 無関心が生み出す悲しみが、 また、増長し続ける。 昔の時代は良かったと、 自分の信じる時だけを肯定して、 今の若者は駄目だと、 自分の尺から外れた者を、 全て否定する。 形を変える術を知らない オッサン達が溢れる社会。 違う意見を持っただけで、 社会から叩かれる。 人を殺すことよりも、 悪であるかのように。 「みんな、やってる」を、 自分の砦にして。 それを間違いだと、 諭すことも、もう間に合わない。 本当は、何に従うべきなんだろう。 頭の中では、自問自答を 繰り返している。 逆らわず、 頭をからっぽにした方が 多分、楽なんだろう。 それで自分も、 この社会から浮き立つことは無い。 違う考えは殺して、 周りと同じ顔をしていく方が あなたも楽でしょう。 最後に 自分の周りには、 様々な社会が存在しています。 家族、友達、学校、会社… 社会が大きくなればなるほど、 小さな声は、消されてしまいます。 声を上げることすら、 疎 うと まれる社会。 整った社会とは、 皆が同じ考えを持った社会。 そんな社会で異分子は、 晒 さら され、責められ、 消されてしまいます。 いつか声を上げること自体、 人々は忘れていく。 そこに泣いている人がいても、 声を上げては、 自分の居場所を失ってしまうから。 それでも 人には良心があります。 社会で正しいとされている事、 良心が正しいと叫ぶ事。 苦しい選択です。 でも、その良心が、 あなたが上げたその声が、 泣いている誰かを、 救うかもしれない。 それは、勇気のいることですが、 現代には、 最も必要な事かも知れません。 関連記事.

次の

Witch SEKAI NO OWARI 歌詞情報

セカオワ witch 歌詞

記事作成日:2015年09月08日 最終更新日:2015年9月18日 SEKAI NO OWARIの新曲「SOS」は「ANTI-HERO」に続き全編英語詩だ。 引き続き、実写映画「進撃の巨人」の後編の主題歌となっている。 セカオワの新たな挑戦ともいえるような「ANTI-HERO」と「SOS」という全英語詩のこの2曲。 「ANTI-HERO」ではFukaseのラップ調な歌声、LOVEはチェロを弾いていたり、テクニカルなSaoriのピアノやNakajinのギターが聴けた。 ダークな世界観を描き、セカオワのそういう部分が好きな人には受けた。 「SOS」は「ANTI-HERO」から一転、バラードになっている。 Fukaseの美しいファルセットが心地良く、まるで女性が歌っているかのようにも聴こえる曲だ。 Fukaseの歌声は元々女性的であり、過去の楽曲でも女性が歌っているように聴こえることもある。 そんなFukaseの歌声の良さを前面に出した楽曲が「SOS」だ。 こちらのシングルには日産スタジアムライブ「Twilight City」でも披露された「スノーマジックファンタジー」「ピエロ」のアコースティックVerが収録。 「ANTI-HERO」「SOS」は日産スタジアムライブで2曲とも披露された。 「SOS」を披露した際にはスクリーンに英詩がすべて映された。 「SOS」もすべて英語詩だが、作詞はSaoriが行っている。 作曲はFukase。 When sound all ceases to exist People think that means happiness And all the sounds that used to be... Are all hust noise to you and me The cries of help disappear The silence numbs all of our ears And when we stop listening Those screams stop meaning anything Doun't you ket your heart grow numb to everyone Oh child. listen to the "sound of silence" Saving someone else means sabing yourself It's true,and I'm sure you know it too When you hear an "SOS" Answering it becomes a test It can give the life you lead A meaning that you'd never seen So don't resist a call for help Cause in the end it will tell you How to treasure yourself And not be alone It might seem a little strange To share this song this way But I know waht i must do Is share the meaning with you All this i learned from someone Who spent his life among Peaple screaming out for help Doing everything to reach out Doun't you ket your heart grow numb to everyone Oh child. listen to the "sound of silence" Saving someone else means sabing yourself It's true,and I'm sure you know it too Doun't you ket your heart grow numb to everyone Oh child. listen to the "sound of silence" Saving someone else means sabing yourself It's true,and I'm sure you know it too Now I'd like to thank you for staying by my side... こちらが「SOS」の英詩だ。 2015年、9月18日に「SOS」のミュージックビデオがYoutubeに公開され、日本語訳も公開されている。 日本語訳を見てみると、作詞をしたSaoriが次の世代へ向けた強いメッセージを感じられる。 自分が誰かに与えられた想いや経験を詞にのせて、子供達へと伝えようとしている。 そんなメッセージ性の強い曲となっている。 それにしてもFukaseの歌声が美しい、心地良い。 Fukaseの歌声ってこんなだったっけ?とみんなが思うんじゃないだろうか。 「SOS」 日本語訳 作詞:Saori 作曲:Fukase 君にこの歌を歌うよ 少しの間、そばにいて聞いて欲しい きっと長い時間をかけて 大切な曲になると思うんだ 「静寂」について歌うよ 「無感覚」とも呼べるかもしれないことを そんな世界のことを歌うよ 君まで届けば良い 助けを求めてる人は毎日「助けて」と叫んでる でもその音が続くとどんどん聞こえなくなって 無感覚になっていく 一回目は「助けて」が聞こえる でもそれはそのうち「騒音」になる そして「騒音」は「静寂」になっていく こんな風に言うと難しいかもしれないけれど... 世界から音が消えたことを「幸せ」と呼び 消えてしまった音は「騒音」になる 世界から叫びが消えたことで僕らは「無感覚」になる 叫んでいた人たちは、まるで最初からいなかったように 子供たち、心が無感覚にならないように "静寂"に耳をすませて 誰かを救うことは自分を救うことと同じなんだって 本当はもう、知っているはずなんだ "SOS"に答えることは、 「自分は何の為に生きているんだろう?」 という疑問に答えることなんだ SOSに答えることは、 「自分自身を大切にするには?」 という疑問に答えることなんだ 「一人じゃなくなるには?」にも こんな歌を歌うなんて自分でも不思議なんだけど 自分が教えて貰ったことを 伝えられたら良いと思ったんだ 誰かのために一生懸命になれる人が 教えてくれたことを 子供たち、心が無感覚にならないように "静寂"に耳をすませて 誰かを救うことは自分を救うことと同じなんだって 本当はもう、知っているはずなんだ 子供たち、心が無感覚にならないように "静寂"に耳をすませて 誰かを救うことは自分を救うことと同じなんだって 本当はもう、知っているはずなんだ そばにいてくれてありがとう.

次の

セカオワラインライブ(LINE LIVE)「Eye」&「Lip」全曲解説まとめ

セカオワ witch 歌詞

SEKAI NO OWARI 『サザンカ』とは SEKAI NO OWARIの最新曲! 「サザンカ」初オンエア!!!!!!! 見逃した方どうぞ! 言うまでもなくこれはまたいい曲だなぁ???? セカオワカーニバル???????? wacyyoukai 平昌オリンピックの公式テーマソングに選ばれた、SEKAI NO OWARI の『サザンカ』。 TVなどでも頻繁に流れていたので耳にしかことがある人も多いのではないかと思います。 山茶花の花言葉は、「困難に打ち勝つ」や「ひたむきさ」 であり、まさに夢を追う人に送る歌のタイトルとしてはぴったりです。 公式のコメントでも 夢を追いかける人、その側で見守り続ける人たちの物語を歌に出来たらと思い、今回の楽曲を制作させて頂きました。 オリンピック・パラリンピックに挑戦する選手たちや応援している方々に、この曲がそっと寄り添うことが出来たら光栄です。 (「」) このようにコメントされています。 僕はこのコメントの中の「その側で見守り続ける人たちの物語」というところに、すごく意味があるなと思いました。 これまでもオリンピックのテーマソングでは、ゆずの「栄光の架橋」やミスチルの「GIFT」などのいくつもの名曲がありますが、 基本的にはどの曲も「その夢を追っている人」にフォーカスを当てた歌だったはずです。 しかし、 今回のセカオワの『サザンカ』は、それに加えて「それを応援している人」の物語にフォーカスを当てているのです。 それは歌詞を見るだけでもわかるのですが、ミュージックビデオを見るとさらによくわかります。 参考: 「サザンカ」の歌詞に込められたストーリーとは ドアの閉まる音 カレンダーの印 部屋から聞こえる 君の泣き声 逃げる事の方が怖いと君は夢を追い続けてきた 努力が報われず 不安になって 珍しく僕に当たったりして ここで諦めたら今までの自分が可哀想だと 君は泣いた 夢を追う君へ 思い出して つまずいたなら いつだって物語の主人公は笑われる方だ 人を笑う方じゃないと僕は思うんだよ 誰よりも転んで 誰よりも泣いて 誰よりも君は 立ち上がってきた 僕は知ってるよ 誰よりも君が一番輝いてる瞬間を 夢を追う君へ 思い出して くじけそうなら いつだって物語の主人公が立ち上がる限り 物語は続くんだ 嬉しいのに涙が溢れるのは 君が歩んできた道のりを知っているから 夢を追う君へ 思い出して つまずいたなら いつだって物語の主人公は笑われる方だ 人を笑う方じゃない 君ならきっと いかがでしょうか。 オリンピックのテーマソングとしてはかなりナイーブな内容になっていると思いませんか?最初この曲を聴いた時には随分しっとりとした曲だなと違和感がありました。 オリンピックの曲ってもっと力強く壮大で疾走感ある感じがするじゃないですか。 実はこれには訳があるのです。 以下のブログを読んで「なるほど!そういうことだったのか」とわかりました。 Fukaseは今回のテーマで依頼を受けた時、「これは困った。 こんなテーマ、自分には書けないよ」と思ってしまったらしい。 というのも、自分はスポーツをやってきたわけでもなければ、ドロップアウトしてきた側の人間だから、夢に向かって努力と挑戦を続ける人の歌なんて書けないと思ったらしい。 そこで、自身の母親に相談したところ「あなた自身は違うかもしれないけど、周りの人から見てる心配だったり頑張れって応援する気持ちは似てるものがあるんじゃないの」とアドバイスをもらい、そこからイメージを作って歌詞を書いたらしい。 () この話が本当であるなら非常に納得がいきます。 なぜなら歌詞のところどころに、 「側で支えている人の視点にならないとかけない」歌詞があるからです。 それは「逃げる事の方が怖いと君は夢を追い続けてきた」という点と「ここで諦めたら今までの自分が可哀想だと君は泣いた」という点です。 このセリフの前には、支えている側の「無理をしなくてもいいんだよ」「あなたにはその道しかないわけじゃないんだよ」という声かけがあったと思われます。 これは実際に僕が体験したこともあるのでよくわかるのですが、 夢を応援している側の人間には、「成功してほしい」「辛い顔をしている姿を見たくない」という感情があり、本人のためを思ってそういった声をかけてしまうことがあるのです。 しかし夢を追っている側からすると、それまで頑張ってきたプロセスがあるので、このタイミングで諦めてしまうとそれまでの自分の否定をすることになり、夢を諦めることがものすごい恐怖になるのです。 「成功もしていない、でもやめられない」時に、夢を追っている人はとても惨めな気持ちになります。 八方塞がりだからです。 でも、この時この歌詞の中の人は 「誰よりも転んで、誰よりも泣いて、誰よりも君は立ち上がってきた」ことを僕は知っているし、その瞬間こそが「君が一番輝いてる瞬間」だと言っています。 つまり、「 あなたは夢を叶えた時に輝くのではなく、夢を目指してなんども挑戦している時に一番輝いているんだよ。 」と言っているのです。 このメッセージ性こそ、これまでのオリンピックのテーマソングと一線を画すところなのです。 ミュージックビデオが胸熱! 画家を目指す神木隆之介さん(弟)と、それを側で支えるFukaseさん(兄)の日々の様子が描かれています。 注目すべきは、この物語の主人公が画家を目指す弟ではなく、それを支える兄である、という点です。 (兄の弟を支える姿があまりにも献身的で兄弟愛というには美しすぎるので、 腐女子にはたまらない多くの人の感動を呼んでいます。 ) 前述のように歌詞が「支える側の視点で描かれている」ので、当然MVもそのような視点になっています。 構成はシンプルで、「夢を目指してきた弟の夢がかなってよかったね」という話なのですが、大事なのは最後の最後のシーンに隠されています。 (以下、ネタバレを含むのでMVを観てからお読みください。 ) ミュージックビデオに隠されているメッセージとは サザンカMV。 神木くんと2人で撮影する前日 は緊張して眠れませんでした。 今回、ストーリーを僕が書かせて頂きましたが、花斗役は最初から神木くんのイメージで書いていたので、ご出演頂いてとても感謝しております。 — Fukase SEKAINOOWARI fromsekaowa 成功した弟の個展に展示されていた絵の中に、かつて弟がちゃぶ台返しした兄の作ったトンカツがあります。 その作品のタイトルが「後悔」。 ここめっちゃ「グッ」と来るところ。 その作品を見た後、 家に帰ってきた兄が「泣いている」背中が描かれてMVは終わります。 僕はこの最後のシーンにこそ、このうたが表現したい思いが隠されているなと感じたのです。 そしてその思いは、 「 嬉しいのに涙が溢れるのは、君が歩んできた道のりを知っているから」 という歌詞に現れているのです。 なんどもくじけそうになり、その度に立ち上がってきたその道のりを知っているからこそ、成功して嬉しいはずなのに涙が出てくるのです。 この2文があることによって、この歌詞の主人公が「夢を追う側」ではなく、「それを応援する側」であることを定義しているのです。 SEKAI NO OWARI 『サザンカ』は視聴者のための曲だった 冒頭の話に戻りましょう。 公式のコメントでは「 その側で見守り続ける人たちの物語を歌に出来たら」「 応援している方々に、この曲がそっと寄り添うことが出来たら」と発表されています。 つまりこの曲は、オリンピックの選手(及び夢を目指している人)に応援メッセージを投げかけながら、その実はその周りで支えている人たちへの応援メッセージを送っているのです。 サビに「夢を追う君へ 思い出して つまずいたなら いつだって物語の主人公は笑われる方だ」と書かれているので、ここだけ見ると「夢を追う君へ」向けられて歌われている曲のように見えますが(その面ももちろんありますが)、Fukaseさんが「周りの人の頑張れって気持ち」を想定してことも考えると、この歌自体は選手たちを応援している私たちに向けられて歌われていると考えるべきでしょう。 こういう「ちょっと違った視点」こそ、SEAKI NO OWARIの「らしさ」だなぁと思った次第です。

次の