浜松市 雨雲レーダー。 気象庁

浜松市北区の1時間天気

浜松市 雨雲レーダー

6 2 東北東 1. 5 0 03時 22 3 東北東 2. 5 0 02時 22. 2 4 東北東 3. 5 0 01時 22. 5 3 東 1. 5 0 24時 22. 9 3 東 0 0 23時 23. 2 3 東北東 0 0 22時 23. 2 4 東北東 0 0 21時 23. 6 3 東 0 0 20時 23. 7 4 東南東 0 0 19時 23. 7 3 東南東 0 0 18時 24. 7 4 南東 0 12 17時 25. 5 3 南東 0 29 16時 26. 4 4 南東 0 59 15時 27. 9 5 南南東 0 60 14時 28. 1 4 南南東 0 60 13時 29. 3 5 南 0 60 12時 28. 5 4 南南西 0 56 11時 28. 3 2 南西 0 60 10時 26. 5 2 西 0 48 09時 25. 8 3 西南西 0 45 08時 24. 7 2 西 0 11 07時 23. 5 3 西南西 0 0 06時 22. 3 2 西南西 0 12.

次の

静岡県浜松市南区の雨雲レーダーと各地の天気予報

浜松市 雨雲レーダー

中区(なかく)は、浜松市を構成する7つの行政区のうちの1つ。 浜松市中心部を区域としている。 浜松駅周辺などの中心部は官庁や企業のビルなどが立ち並び、富塚・上島・広沢・住吉などの郊外には住宅街として大小の住宅が密集している。 2007年4月1日に浜松市が政令指定都市に移行した際、条例の施行により中区が設置された。 政令市移行前の2006年、行政区画および区の名称等が浜松市行政区画等審議会により審議され、決定にあたって同協議会は浜松市民を対象に投票(意向調査)を行った。 その結果では中央区が1位であったが、旧来より「中央地区」という地区名や「中央」が付いた町名があったことに配慮され、「中区」が妥当であると答申した。 1873年 - 第一番小学校(現在の浜松市立元城小学校)が開校する。 1873年 - 浜松城が廃城になる。 1876年8月21日 - 浜松県が廃止され、静岡県と合併した。 支庁が置かれる。 1882年 - 測候所が開設する。 1887年 - 日本楽器(現・ヤマハ)の創立者、山葉寅楠が初めてオルガンを製造する。 浜松市中区に関するYouTube動画 浜松市中区に関するYouTube動画を表示します。 雨雲レーダーの見方・使い方 地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。 雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。 雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。 拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。 降水量の見方 雨雲は色によって降水量を表示しています。 0~1• 1~2• 2~4• 4~8• 8~12• 12~16• 16~24• 24~32• 32~40• 40~48• 48~56• 56~64• 64~80• 80~• 地図(雨雲レーダー) 検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。 Yahoo! 地図では雨雲レーダーも見ることができます。 住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー).

次の

静岡県浜松市西区の雨雲レーダーと各地の天気予報

浜松市 雨雲レーダー

雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 活動度4は、「激しい雷」で、落雷が多数発生していることを意味します。 活動度3は、「やや激しい雷」で、落雷があることを意味します。 活動度2は、「雷あり」で、電光が見えたり雷鳴が聞こえる。 または、現在は、発雷していないが、間もなく落雷する可能性が高くなっていることを意味します。 活動度1は、「雷可能性あり」で、1時間以内に落雷の可能性があることを意味します。 活動度2~4が予測された場合は、落雷の危険が高くなっていますので、建物の中など安全な場所へ速やかに避難して下さい。 また、避難に時間がかかる場合は、雷注意報や活動度1が予測された段階から早めの対応をとることが必要です。 なお、雷注意報や活動度1~4が発表されていない地域でも雷雲が急発達して落雷が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。 竜巻発生確度ナウキャストについて 発生確度2となった地域で、竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%程度です。 発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。 このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~7%程度と低くなります。 竜巻などの激しい突風は、人の一生のうちほとんど経験しない極めて希な現象です。 従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。

次の