頭痛 ツボ。 目の奥が痛いときは、この2つのツボを押せ。パソコン、スマホをよく見るあなたへ。

頭が痛い……。頭痛を和らげるツボ・9つ

頭痛 ツボ

梅雨の時期は連日降る雨で憂鬱になるのはもちろん、頭痛や肩こりなどに悩まされる嫌な時期でもありますね。 でも、なんで梅雨の時期にこういった症状が出てくるのでしょう? 知っておくと、症状緩和につながってくるので、梅雨時期の不調の原因や対処法、頭痛と肩こりに効くツボをまとめました! 梅雨時期の頭痛や肩こりの原因は何!? 悪天候時に体は少なからず気圧の変化を感じますが、自律神経の働きにより調整されその変化に体が適応できているのです。 自律神経とは、体の機能をコントロールしている、心身ともに健康でいるために重要な役割をしている神経です。 しかし、梅雨時期の急激な気圧の低下や気候の変化があると、 自律神経には大きな負担になるためコントロールしきれないことが原因で 頭痛や肩こり、倦怠感など体の不調となって表れてしまいます。 また、気圧が下がることで脳の血管が膨張します。 すると脳の血管を抑えていた圧力も下がるため、血管が膨張し、周囲の神経を刺激してしまうため、頭痛につながってしまいます。 そしてこの時期の湿気も様々な不調の原因となります。 湿気が多いと、余計な水分を排出できず体内に滞ってしまいがちです。 そのため、血行が悪くなり肩こりなどの症状が出てきてしまいます。 梅雨時期の頭痛と肩こりの対象法は何がある? 自律神経の働きを安定させる! 梅雨時期の頭痛や肩こりなど様々な症状に対処するためには、 自律神経の働きを安定させることがとても大事です。 そのためには、 しっかりと睡眠をとり、バランスの良い食事をし、 適度な運動をすることが一番です。 睡眠することで、脳や体の疲れを取ることはもちろん、ストレス解消のためにも必要です。 また睡眠中は人間が健康で居るために必要なホルモン分泌に欠かせない時間です。 睡眠不足は免疫力やストレス適応能力も低下させると言います。 しっかり睡眠をとって、脳と体の疲れを取りましょう! 自律神経のバランスを崩す要因の一つに、食生活の乱れがあります。 偏った食生活や不規則な食事を見直しましょう!毎日決まった時間に食事することも大切です。 筋肉を使うと血行が良くなり新陳代謝がアップします。 新陳代謝がよくなると余分な水分や毒素の排泄機能も高まります。 一番のおすすめはウォーキング。 日ごろ意識して運動する習慣がないとなかなか大変ですが、一日数十分程度ウォーキングするだけでも違います。 一番はじめやすく体の負担も少ないので、まずは1日30分くらいから始めてみましょう。 また、ウォーキングはうつ病予防にも効果的といわれている、 メンタル的な分野でも注目されている運動なのです。 自律神経とも深い関係があるストレス解消にも役立ちそうですね。 ウォーキングのほかにも、ストレッチやヨガなども良いですよ。 血行が良くなりますし、心身ともにリフレッシュできます。 ツボ押しは親指の腹の部分で少し強めぐらいでゆっくりと押してください。 自分で上手にツボ押しするのはなかなかコツが要ります。 定期的に指圧やマッサージなどへ通うのもおすすめです。 まとめ 梅雨時期の頭痛や肩こりなどの体の不調は気圧の変化による自律神経の乱れが大きな原因です。 しっかりと睡眠をとり、バランスの良い食事と適度な運動で自律神経の働きを安定させることで予防できるので、乱れた生活リズムをしっかり整えましょう! 頭痛と肩こりに効くツボもお試しくださいね。

次の

梅雨につらくなる頭痛をツボで改善!3つの原因別に痛みをケアしよう

頭痛 ツボ

親指と人さし指の骨の付け根の交差する点の内側。 両手にあります。 頭痛だけでなく多くの症状にいいとされ、そのため合谷は「万能のツボ」と呼ばれます。 この反対側の手の親指で押すか、親指と人さし指の先で挟んで刺激しましょう。 一日中パソコンを使って仕事をしている、という人が増えていますから、皆さん肩が凝って頭痛になりやすいですね。 そんなときには上記のような経穴・ツボを刺激してみてください。 また、眼精疲労は頭痛のもとになります。 「1時間のデジタルディスプレイ機器の作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」と、厚生労働省のガイドラインでも推奨されています。 モニターを見続けたら少し休憩を取るなど、目を休めることも忘れないようにしましょう。 高橋モータース@dcp.

次の

二日酔いに効くツボ|3分でできる!お手軽ツボ百科【3】

頭痛 ツボ

前回は自律神経についてご紹介しました。 今回は頭痛のツボです。 以前、ブログ では、頭痛対策としての鍼灸治療について触れました。 今回はセルフケアでできるツボ刺激をご紹介します。 頭痛の種類 頭痛には様々なタイプがあります。 頭の血管が拡張して炎症を起こし拍動的に痛みを感じるもの、一般的に片頭痛と呼ばれる頭痛です。 また、ストレスや長時間の不良姿勢、パソコンやスマートホンの操作などで上半身の筋緊張がひどくなることでおこる、頭が締め付けられるような頭痛などがあります。 当院では体質や頭痛の種類によって、使うツボを変えることがありますが、今回は二種類の頭痛に使われているツボをご紹介いたします。 ご不明な点は鍼灸師にお尋ねください。 片頭痛に対するツボ(ずんずんと拍動する痛み) 片頭痛が起きている際、痛んでいる頭部や首回りなどを刺激すると痛みが悪化することがあります。 気軽にセルフケアができる、手足のツボをご紹介したいと思います。 【足臨泣(あしりんきゅう)】 薬指と小指の間を骨に沿って指が止まる所。 骨と骨の間になります。 【合谷(ごうこく)】 親指と人差し指の骨が交わる骨際にとります。 眼の疾患、耳鳴り、頚肩こりなどにも。 また、こめかみのあたりをくしでとかすように、爪を使ってやさしく刺激してみてください。 ごりごりするのではなく、耳の上から後頭部に向かって優しくさすってみてください。 片頭痛のあるときは、この場所がブヨブヨ、ごりごりしていることがあります。 強く刺激しすぎないよう注意しながら行ってください。 筋緊張からくる頭痛(締め付けられるような、きーんとした痛み) 頭部、首の後ろのツボはお灸は難しいので、指圧をおすすめします 【百会(ひゃくえ)】 左右の耳の一番高いところをつなぎ、頭のてっぺんにとります 心が落ち着かない、痔、頭痛、更年期障害、不眠、抜け毛など 【天柱(てんちゅう)】 後頭部中央の凹みから、左右に2センチほど。 首を前に倒して一番出ている首の付け根の骨から、肩先を線で結んでちょうど中間あたりにあります。 ここは硬くなりやすい場所です。 押して痛みやコリの強いところにとってみてください。 この場所は自分でお灸をされる際、十分にやけど等にご注意ください。 指圧のやり方 ツボの探し方 凹んでいたり、冷えていたり、特に硬かったり、痛みが強い場所にとってください。 ツボの押し方 おもに親指の腹で(お顔や頭部の場合は人差し指や中指の腹)3~5秒息を吐きながらで押して息を吸いながらゆっくり力を抜きます。 強く押しすぎたり、痛みが強いときに何回もやりすぎると筋を痛めることがあります。 気を付けて行ってください。 健美齢では現代医学併設の統合医療施設としてアロマ、カイロも合わせ、トータルに自律神経の調整に対する治療を行なっております。 ご希望の方はぜひお気軽にご相談ください。 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 健美齢 鍼灸(爽快鍼灸院) アロマ カイロ 〒272-0034 千葉県市川市市川1-4-10 市川ビル9階 ご予約はお電話 047-326-3520 またはまで ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: HN.

次の