黒木 瞳 岡田 真澄。 黒木瞳

岡田真澄

黒木 瞳 岡田 真澄

57年(22歳)映画「幕末太陽伝」出演。 99年(64歳)舞台「ラ・カージュ」主演。 ・母親はデンマーク人。 ・兄がいる。 ・フランスのニースで生まれて第2次世界大戦勃発時に日本に帰国。 日本に帰国する3ヵ月の船旅の間に日本語を覚えた。 ・戦時中は台湾にいる父の弟の所に身を寄せていた。 ・戦時中は「スパイの子供」と陰口を叩かれた。 ・子供の頃、海軍に入って大佐になりたいと思っていた。 ・家が貧乏だったので兄と一緒に山で拾ってきた薪をパンと交換していた。 ・母親に「こんな顔だから英語くらい出来ないといけない」と言われて、 日本の公立小学校から横浜のミッションスクールに編入した。 ・日曜日に教会に行ってミサの手伝いをしていた。 14歳の時にカトリックの洗礼を受けた。 ・男子校に通っていた。 学校の劇で聖母マリアを演じた。 ・15歳の夏、友人と「今年の夏は童貞を捨てよう」と誓い合ってセックスを初体験。 クリスチャンだったので最中に罪悪感にさいなまされ、翌日教会で懺悔した。 その後7年間女性と無縁だった。 イチゴショートケーキ。 シュークリーム。 チョコレートパフェ。 ・05年頃に禁煙した。 ・妻(恵子)が作ってくれたお弁当を仕事場に持っていく。 ・健康法…金魚体操(左朴全に教えて貰った)。 ・食道がんを手術(=05年)。 ・美容師貰ったひげカット用のはさみで3日に1度ひげを切りそろえる。 ・ゴミ出しを手伝う。 ・「気」に興味関心がある。 禅寺に行った事がある。 ・何かあった時に備えてなるべく貯金する。 ・美術品、芸術品に対する関心が高い。 ・収集…ランプ。 アンティークゴルフクラブ。 美術品。 ・スーパーマーケットが大好き。 新聞のチラシをチェックして特売品を買いに行く。 ・日本人の心を学ぶ為に10日間禅寺で修業(若い頃)。 アメリカ人俳優に禅について聞かれて答えることができなかったので修業を決意、 その10日間は人生の大きなターニングポイントだった。 ・シャンパングラスの中に入れて出して貰った婚約指輪に相手がなかなか気がついてくれなかった。 ・妻(鎌田恵子)をブティックに連れていって「何でも好きなものを買いなさい」と口説いた。 ペラペラの生地でも値段が高いのでびっくりしたが平然を装ってカードで支払った。 ・妻(鎌田恵子)と「ケコタン」「マトゥミタン」と呼びあう。 ・妻(鎌田恵子)が自転車で転倒して流産(=97年)。 ・63歳で子供誕生に際して「私にはバイアグラは必要ない。 愛があるから」と発言。 交際を噂された。 ・石原裕次郎、南田洋子…友人。 若い頃によく一緒に遊んだ。 ・黒木瞳、中山秀征、小久保裕紀…子供が同じ小学校(有名私立校)。 ・越路吹雪…東宝ニューフェースの審査員として岡田を推した。 ・水の江滝子…日活と契約した時のプロデューサー。 「専属料2万円、1本の出演料7万円」という条件で契約するよう会社とかけあってくれた。 ・泉和助…芸能界の師匠的な存在。 ・平松あゆみ(フジテレビアナウンサー)…岡田のファン。 ・生田悦子…本番中に生田を口説いた事があるらしい。 ・E・H・エリック…兄。 タレント。 パーキンソン病で他界(=00年) ・岡田美里…姪(E・H・エリックの娘)。 ・ヨネヤマ・ママコ…タレント。 60年結婚、61年離婚。 ・藤田みどり…女優。 72年結婚、94年離婚。 ・鎌田恵子…元スチュワーデス。 29入籍。 26歳年下。 元々岡田のファン。 機内で3回偶然一緒になって仲良くなった。 ・子供: 長男…岡田真善。 16誕生。 年誕生。 年誕生。 05誕生。 モデル。 カキフライにあたって倒れた兄の代役として急遽出演。 ・最初のギャラは1日400円。 ・軽演劇のコントに出演。 ・芸名「ファンファン」でジャズコンサートの司会をしていた。 ・東宝から日活に移籍(=54年)。 ・ラブシーンを演じて良いか悩んで神父に相談すると「仕事なら構わない」と言われた。 ・カンヌ映画祭に招待された時、現地の芸能誌に「日本のジェームス・ディーン」と紹介された。 ・監督がゲイだったので映画「山猫」出演のオファーを断わった。 ・テレビ「みなさんのおかげです」の仮面ノリダーに悪役・ファンファン大佐役で出演。 ・デンマークの首都コペンハーゲンにある有名な銅像「人魚の像」のモデルは叔母。 ・ミュージカル「アニー」役作りでスキンヘッドにした(=03年)。 ・自宅を「情報ツウ」で公開(=03年)。 ・ミス・インターナショナル世界大会、東京国際映画祭、世界ダンス選手権の司会を務めた。 ・カルダンのモデルとしてパリコレに出演。 ・著書…「レディの条件」。 ・長女・岡田朋峰は18年ミス・インターナショナル日本代表。

次の

黒木瞳

黒木 瞳 岡田 真澄

「東京タワー」あらすじ 夫 岸谷五郎 は売れっ子のCMプランナー、自身はセレクトショップを経営し事業も私生活も満ち足りていた浅野詩史 黒木瞳 の前に表れたのは、友人 余喜美子 に連れられて店にやってきたその息子小島透 岡田准一。 これが二人の秘密の恋の始まりでした。 世間の穢れから遠ざかるようにして、綺麗な音楽や文学に囲まれた暮らしの中、ただひたすら詩史 黒木瞳 からの連絡を待つ透 岡田准一。 そんな彼の恋愛を聞いて興味本位で人妻に手を出したのは透 岡田准一 の友人である大原耕二 松本潤 でした。 耕二 松本潤 はバイト先で出会った人妻、川野喜美子 寺島しのぶ と不倫の仲になります。 しかし、あくまで遊びの延長上だった耕二に反し、支配的な夫 宮迫博之 とその母との暮らしに息苦しさを覚えていた喜美子は、急速な勢いで若い恋人にのめり込んでゆくのです。 『恋はするものじゃなくて落ちるもの』そう呟き、自分こそが詩史にとっての運命の相手であると信じて疑わない透と、高校時代も同級生 平山あや の母に手を出して過程を崩壊させた過去を持つ耕二。 不倫とはいえ、相反する恋愛観を持つ二人の恋の結末は・・・? 「東京タワー」ネタバレ、最後のラスト結末は? 耕二 松本潤 は、喜美子 寺島しのぶ との関係を続けながらも、かつて家庭を壊してしまった同級生 平山あや が意味深に近付いてくることも、強く拒絶できないまま苛立った日々を送っていました。 そんな耕二を更に苛立たせるように常軌を逸した行動を見せる喜美子 寺島しのぶ。 喧嘩別れしてしまった二人でしたが、最後には喜美子 寺島しのぶ のフラメンコの発表会に耕二が花束を持って現れます。 結局その花束を直接渡すことはなく会場を後にして車で去る耕二でしたが、追ってきた喜美子 寺島しのぶ によって追突され二人は再会を果たすのです。 あっけにとられ怒った耕二 松本潤 でしたが、悪びれる様子のない喜美子 寺島しのぶ の顔を見ると、ついつられて笑ってしまうのでした。 一方、詩史 黒木瞳 からの連絡を待ち続けて一日が終わる透 岡田准一 は、積もり積もった想いを爆発させるように、彼女が新しくオープンさせる店のパーティーへと姿を現します。 彼の姿をみて動揺する詩史 黒木瞳 、薄々感じていた疑惑を確信に変えた浅野 岸谷五郎 は透 岡田准一 を外へと連れ出しました。 プールへと場所を変え話をする二人。 大人の男としての余裕を見せようとする浅野 岸谷五郎 でしたが、感情のままにぶつかってくる透 岡田准一 に理性を抑えきれなくなり、プールの高跳び台から彼を突き落としてしまいます。 ずぶ濡れになりながら、自分には力も経済力も何もない、あるのはただ彼女への想いだけだということに気付く透 岡田准一 … その頃パーティー会場では招かれていた透 岡田准一 の母親 余喜美子 が、詩史 黒木瞳 を罵り二人の仲を引き裂くように透 岡田准一 をパリへと留学させるのでした。 こうして離れてしまった二人。 詩史 黒木瞳 の過ちを許し、穏やかな生活を取り戻そうとする浅野 岸谷五郎 と一緒にいれば、この先も何不自由ない暮らしを送れることは分かっていました。 しかしそれでも…詩史 黒木瞳 の心はパリの透 岡田准一 へと走り出し、美しい街パリでの再会を果たす二人を最後にこの物語は終わります。 このラストシーンをハッピーエンドと取るか、それとも新たな受難の道と捉えるかはご覧になった方の心象次第ではありますね。 個人的には、耕二 松本潤 のドロドロとした不倫と、綺麗なおとぎ話のような透 岡田准一 の不倫、両極端な二つの話を絡めながら物語を進ませることで、不倫を殊更に肯定も否定もしていない終わり方が素敵だなと思いました。 「東京タワー」見所ポイント! この作品の大きな魅力は、妙齢の女性たちの不倫相手がいずれも若く美しい大学生だった、という点ではないでしょうか? イケメンや男前といった形容詞ではなく、美形や麗しいといった言葉がふさわしい雰囲気の儚げな美青年岡田准一さんと、今以上にギラギラとした若いエネルギーを抑え込めず、野獣オーラムンムンの松本潤さん。 以前、同じくジャニーズタレントで俳優としても活躍される二宮和也さんが『ジャニーズは俳優としてもキラキラ要素を求められる』とおっしゃっていましたが、東京タワーのお二人はそりゃもうキラキラ輝いて、こんな青年と恋に落ちるなんて、というこちら側の期待感を否応なく高めてくれます。 特に岡田さん、役名の通り透明感のある美しい容姿に穏やかな声、劇中口々に『綺麗だ』『美しい』と評される人物像に遜色ありません。 そんな綺麗な綺麗な主人公が、ヒロインの夫と対峙するプールでのシーンは、その美しさと同居する脆さをうまく表現しているな、と感じました。 今でこそ、格闘家も顔負けの素早い動きでアクション俳優としての活躍が目覚ましい岡田さんですが、『10年前のあのころに戻ってくれ』というような願いが今でも届くことがあるそうです。 本当に、あの頃の彼は完璧なまでに美しかった…しかし、それでいて所謂アイドル映画になっていないのは、原作・脚本がしっかりしている事、描いているのがありがちな青春ではなく不倫をテーマにしたインモラルなものであるからでしょう。 デビューから10年はアイドルとしてのキラキラを保つ努力をしよう、と取り組まれていた岡田さんの、ちょうど節目となる2005年の彼を観るだけでも損がないです。 また、この共演の数年前には親子役でドラマ共演されていた黒木さんと岡田さんの役者の振り幅的にも見どころが多い作品だと思いますよ。

次の

【芸能】女優・黒木瞳、娘の実の父親は? まさか先日亡くなった超大物作家?

黒木 瞳 岡田 真澄

文学作品もどきの原作の映画で素っ裸になってアンアン~ やればみんな即大女優です。 黒木さんの場合は作家や業界人との枕の効果もあるようです。 あと、旦那が広告屋なので旦那ともグルですよ。 映画「失楽園」で過激な濡れ場をやってからなぜか大女優 笑 になっていました。 具体的には、失楽園公開後の1997年頃から10年ぐらいが最も ピークでしたね。 今後はもうダメでしょうからね。 芸能界ってところは裸になれば今後の生活保障してやるって 要素もありますからね。 黒木さんも当然「失楽園」で過激濡れ場やったら大女優として大々的に 売り出してやると言う話が前提で裸を引き受けているはずです。 だからその後は保障されていて安泰人生送らせてもらえます。 人気がなくても下手くそでもCMのギャラも5000万円クラスに 跳ね上がり、CM2~3本でも即、年収億超えそれを数年間続ければ 本業で仕事しなくても食っていける仕組みが日本の芸能界です。 だから、ファンとか関係なく大衆に睨まれたら終わりです。

次の