金 商法。 中华人民共和国电子商务法_百度百科

e

金 商法

ブロックチェーンのビジネスコミュニティ「btokyo members」による初のオンラインイベント「『資金決済法・金融商品取引法』改正で何が変わるか?」が2020年4月27日、開催。 日本STO協会で監事を務めるなど、フィンテック領域を専門にする弁護士の斎藤創氏(創・佐藤法律事務所 代表弁護士)を招き、法改正のポイントの解説や課題などについて議論した。 カストディ規制がスタートアップの重荷に 5月1日に改正資金決済法と改正金融商品取引法が施行され、そのビジネスへの影響を解説するのが本オンラインイベントだ。 最初に、改正資金決済法についての解説があった。 まず一番大きな点として、「仮想通貨」から「暗号資産」への呼称の変更が挙げられる。 またビットコインなどの暗号資産の保管・管理を行うカストディ業務に対して、規制が強化された点も重要だ。 改正法では「他人のために暗号資産の管理をすること」が新たに規制対象となり、暗号資産のウォレットサービスを提供するような業者に対しても暗号資産交換業の免許が必要となった。 斎藤創氏のスライド資料より(以下同) その影響により、暗号資産交換業の免許取得が困難なスタートアップ企業がビジネスの変更や撤退を余儀なくされた。 暗号資産により株式のように個人の価値を取引できる「VALU」が2020年3月末によりサービスを終了したのが一例だ。 ただし、秘密鍵を預からないタイプのウォレットや、マルチシグのキーを一部のみしか保有していない場合などは原則カストディ規制の対象外となっている。 パブリックコメントの回答により明らかにされた点については留意が必要だ。 暗号資産交換業者への規制強化 改正資金決済法では、暗号資産交換業者の利用者である投資家がより安全に取引できるように、規制が明確化された。 たとえば、インターネットに接続されていないオフライン環境下にあるコールドウォレットで95%以上の暗号資産を管理し、5%以下のオンライン上にあるホットウォレットに関しても顧客資産と同種同量の暗号資産を保持することが求められる。 斎藤氏は「暗号資産の先物市場などヘッジ取引が未整備のまま、暗号資産交換業者が同種・同量の暗号資産を保持しなければならない状況では、当該リスクを交換業者がどう管理するかが課題だ」と指摘した。 また暗号資産の証拠金取引などデリバティブ取引については、FX(外国為替証拠金取引)などと同じように金商法による規制を受けることになった。 これにより自主規制で4倍に制限されていたレバレッジ比率は、個人向けには2倍までと定められた。 「電子記録移転権利」を規定 次に改正金融商品取引法について最も重要なポイントは、これまでセキュリティトークン・オファリング(Security Token Offering: STO)として市場の期待を集めていたデジタル証券が、「電子記録移転権利」として法令により明確化された点にある。 通常の株式や債券を発行するより低いコストで資金調達できることから、小口の調達も可能になると見られている。 これによりセキュリティトークン(ST)は暗号資産の定義から外れ、金商法でのみ規制されることになった。 ただし、ファンドの権利など従来は二項有価証券であったものがST化した場合に、より情報の開示義務が課せられる一項有価証券として規制されることになるなど、厳格な規制がなされる。 斎藤氏は「改正金商法により、従来の株式や社債のST化が禁止されたわけではないが、どのような仕組みでSTが発行できるかは民法や商法の議論になる。 たとえば株式のST化において株主名簿の記録はどうすべきか。 不動産のST化では不動産登記なく所有権移転が可能なのか。 今後もさまざまなスキームが考えられるだろう」と見通しを述べた。 オンラインイベントでは斎藤氏のスライドによる詳細な解説のほか、「フリマサイトで1ポイント1円の事前決済を行って、ポイントの出金を円ではなくビットコインで行った場合、カストディ規制に該当するか」「非金融がイシュアー(発行体)となる場合、法的観点から第二種金融商品取引業登録以外に必要な留意点は何か」など、オーディエンスからのより深い質問に答えるQ&Aセッションが行われた。 ブロックチェーンのビジネスコミュニティでは、今後もオンラインイベントを行っていく予定だ。 文:久保田大海 編集:濱田 優 撮影:N. Avenue.

次の

金融商品取引法について:金融庁

金 商法

ブロックチェーンのビジネスコミュニティ「btokyo members」による初のオンラインイベント「『資金決済法・金融商品取引法』改正で何が変わるか?」が2020年4月27日、開催。 日本STO協会で監事を務めるなど、フィンテック領域を専門にする弁護士の斎藤創氏(創・佐藤法律事務所 代表弁護士)を招き、法改正のポイントの解説や課題などについて議論した。 カストディ規制がスタートアップの重荷に 5月1日に改正資金決済法と改正金融商品取引法が施行され、そのビジネスへの影響を解説するのが本オンラインイベントだ。 最初に、改正資金決済法についての解説があった。 まず一番大きな点として、「仮想通貨」から「暗号資産」への呼称の変更が挙げられる。 またビットコインなどの暗号資産の保管・管理を行うカストディ業務に対して、規制が強化された点も重要だ。 改正法では「他人のために暗号資産の管理をすること」が新たに規制対象となり、暗号資産のウォレットサービスを提供するような業者に対しても暗号資産交換業の免許が必要となった。 斎藤創氏のスライド資料より(以下同) その影響により、暗号資産交換業の免許取得が困難なスタートアップ企業がビジネスの変更や撤退を余儀なくされた。 暗号資産により株式のように個人の価値を取引できる「VALU」が2020年3月末によりサービスを終了したのが一例だ。 ただし、秘密鍵を預からないタイプのウォレットや、マルチシグのキーを一部のみしか保有していない場合などは原則カストディ規制の対象外となっている。 パブリックコメントの回答により明らかにされた点については留意が必要だ。 暗号資産交換業者への規制強化 改正資金決済法では、暗号資産交換業者の利用者である投資家がより安全に取引できるように、規制が明確化された。 たとえば、インターネットに接続されていないオフライン環境下にあるコールドウォレットで95%以上の暗号資産を管理し、5%以下のオンライン上にあるホットウォレットに関しても顧客資産と同種同量の暗号資産を保持することが求められる。 斎藤氏は「暗号資産の先物市場などヘッジ取引が未整備のまま、暗号資産交換業者が同種・同量の暗号資産を保持しなければならない状況では、当該リスクを交換業者がどう管理するかが課題だ」と指摘した。 また暗号資産の証拠金取引などデリバティブ取引については、FX(外国為替証拠金取引)などと同じように金商法による規制を受けることになった。 これにより自主規制で4倍に制限されていたレバレッジ比率は、個人向けには2倍までと定められた。 「電子記録移転権利」を規定 次に改正金融商品取引法について最も重要なポイントは、これまでセキュリティトークン・オファリング(Security Token Offering: STO)として市場の期待を集めていたデジタル証券が、「電子記録移転権利」として法令により明確化された点にある。 通常の株式や債券を発行するより低いコストで資金調達できることから、小口の調達も可能になると見られている。 これによりセキュリティトークン(ST)は暗号資産の定義から外れ、金商法でのみ規制されることになった。 ただし、ファンドの権利など従来は二項有価証券であったものがST化した場合に、より情報の開示義務が課せられる一項有価証券として規制されることになるなど、厳格な規制がなされる。 斎藤氏は「改正金商法により、従来の株式や社債のST化が禁止されたわけではないが、どのような仕組みでSTが発行できるかは民法や商法の議論になる。 たとえば株式のST化において株主名簿の記録はどうすべきか。 不動産のST化では不動産登記なく所有権移転が可能なのか。 今後もさまざまなスキームが考えられるだろう」と見通しを述べた。 オンラインイベントでは斎藤氏のスライドによる詳細な解説のほか、「フリマサイトで1ポイント1円の事前決済を行って、ポイントの出金を円ではなくビットコインで行った場合、カストディ規制に該当するか」「非金融がイシュアー(発行体)となる場合、法的観点から第二種金融商品取引業登録以外に必要な留意点は何か」など、オーディエンスからのより深い質問に答えるQ&Aセッションが行われた。 ブロックチェーンのビジネスコミュニティでは、今後もオンラインイベントを行っていく予定だ。 文:久保田大海 編集:濱田 優 撮影:N. Avenue.

次の

金融証券取引法(金商法)とは?対象範囲や事例、留意点を解説

金 商法

2 前項第一号から第十五号までに掲げる有価証券、同項第十七号に掲げる有価証券(同項第十六号に掲げる有価証券の性質を有するものを除く。 )及び同項第十八号に掲げる有価証券に表示されるべき権利並びに同項第十六号に掲げる有価証券、同項第十七号に掲げる有価証券(同項第十六号に掲げる有価証券の性質を有するものに限る。 )及び同項第十九号から第二十一号までに掲げる有価証券であつて内閣府令で定めるものに表示されるべき権利(以下この項及び次項において「有価証券表示権利」と総称する。 )は、有価証券表示権利について当該権利を表示する当該有価証券が発行されていない場合においても、当該権利を当該有価証券とみなし、電子記録債権(電子記録債権法(平成十九年法律第百二号)第二条第一項に規定する電子記録債権をいう。 以下この項において同じ。 )のうち、流通性その他の事情を勘案し、社債券その他の前項各号に掲げる有価証券とみなすことが必要と認められるものとして政令で定めるもの(第七号及び次項において「特定電子記録債権」という。 )は、当該電子記録債権を当該有価証券とみなし、次に掲げる権利は、証券又は証書に表示されるべき権利以外の権利であつても有価証券とみなして、この法律の規定を適用する。 五 民法(明治二十九年法律第八十九号)第六百六十七条第一項に規定する組合契約、商法(明治三十二年法律第四十八号)第五百三十五条に規定する匿名組合契約、投資事業有限責任組合契約に関する法律(平成十年法律第九十号)第三条第一項に規定する投資事業有限責任組合契約又は有限責任事業組合契約に関する法律(平成十七年法律第四十号)第三条第一項に規定する有限責任事業組合契約に基づく権利、社団法人の社員権その他の権利(外国の法令に基づくものを除く。 )のうち、当該権利を有する者(以下この号において「出資者」という。 )が出資又は拠出をした金銭(これに類するものとして政令で定めるものを含む。 )を充てて行う事業(以下この号において「出資対象事業」という。 )から生ずる収益の配当又は当該出資対象事業に係る財産の分配を受けることができる権利であつて、次のいずれにも該当しないもの(前項各号に掲げる有価証券に表示される権利及びこの項(この号を除く。 )の規定により有価証券とみなされる権利を除く。 ) ハ 保険業法(平成七年法律第百五号)第二条第一項に規定する保険業を行う者が保険者となる保険契約、農業協同組合法(昭和二十二年法律第百三十二号)第十条第一項第十号に規定する事業を行う同法第四条に規定する組合と締結した共済契約、消費生活協同組合法(昭和二十三年法律第二百号)第十条第二項に規定する共済事業を行う同法第四条に規定する組合と締結した共済契約、水産業協同組合法(昭和二十三年法律第二百四十二号)第十一条第一項第十一号、第九十三条第一項第六号の二若しくは第百条の二第一項第一号に規定する事業を行う同法第二条に規定する組合と締結した共済契約、中小企業等協同組合法(昭和二十四年法律第百八十一号)第九条の二第七項に規定する共済事業を行う同法第三条に規定する組合と締結した共済契約又は不動産特定共同事業法(平成六年法律第七十七号)第二条第三項に規定する不動産特定共同事業契約(同条第九項に規定する特例事業者と締結したものを除く。 )に基づく権利(イ及びロに掲げる権利を除く。 ) 3 この法律において、「有価証券の募集」とは、新たに発行される有価証券の取得の申込みの勧誘(これに類するものとして内閣府令で定めるもの(次項において「取得勧誘類似行為」という。 )を含む。 以下「取得勧誘」という。 )のうち、当該取得勧誘が第一項に掲げる有価証券又は前項の規定により有価証券とみなされる有価証券表示権利若しくは特定電子記録債権(次項及び第六項、次条第四項及び第五項並びに第二十三条の十三第四項において「第一項有価証券」という。 )に係るものである場合にあつては第一号及び第二号に掲げる場合、当該取得勧誘が前項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利(次項、次条第四項及び第五項並びに第二十三条の十三第四項において「第二項有価証券」という。 )に係るものである場合にあつては第三号に掲げる場合に該当するものをいい、「有価証券の私募」とは、取得勧誘であつて有価証券の募集に該当しないものをいう。 四 当事者が元本として定めた金額について当事者の一方が相手方と取り決めた金融商品(第二十四項第三号及び第三号の二に掲げるものを除く。 )の利率等(利率その他これに準ずるものとして内閣府令で定めるものをいう。 以下同じ。 )又は金融指標(金融商品(これらの号に掲げるものを除く。 )の利率等及びこれに基づいて算出した数値を除く。 以下この号及び次項第五号において同じ。 )の約定した期間における変化率に基づいて金銭を支払い、相手方が当事者の一方と取り決めた金融商品(第二十四項第三号及び第三号の二に掲げるものを除く。 )の利率等又は金融指標の約定した期間における変化率に基づいて金銭を支払うことを相互に約する取引(これらの金銭の支払とあわせて当該元本として定めた金額に相当する金銭又は金融商品を授受することを約するものを含む。 ) 2 その有価証券発行勧誘等(取得勧誘及び組織再編成発行手続をいう。 以下同じ。 )又は有価証券交付勧誘等(売付け勧誘等及び組織再編成交付手続をいう。 以下同じ。 )が次に掲げる場合に該当するものであつた有価証券(第二号に掲げる場合にあつては第二条第三項第一号の規定により多数の者から除かれた適格機関投資家が取得した有価証券に限り、第四号に掲げる場合にあつては同条第四項第一号の規定により多数の者から除かれた適格機関投資家が取得した有価証券に限る。 )の有価証券交付勧誘等で、適格機関投資家が適格機関投資家以外の者に対して行うもの(以下「適格機関投資家取得有価証券一般勧誘」という。 )は、発行者が当該適格機関投資家取得有価証券一般勧誘に関し内閣総理大臣に届出をしているものでなければ、することができない。 ただし、当該有価証券に関して開示が行われている場合及び内閣府令で定めるやむを得ない理由により行われることその他の内閣府令で定める要件を満たす場合は、この限りでない。 3 次の各号のいずれかに該当する有価証券(第二十四条第一項各号のいずれかに該当するもの又は多数の特定投資家に所有される見込みが少ないと認められるものとして政令で定めるものを除く。 以下「特定投資家向け有価証券」という。 )の有価証券交付勧誘等で、金融商品取引業者等に委託して特定投資家等に対して行うもの以外のもの(国、日本銀行及び適格機関投資家に対して行うものその他政令で定めるものを除く。 以下「特定投資家等取得有価証券一般勧誘」という。 )は、発行者が当該特定投資家等取得有価証券一般勧誘に関し内閣総理大臣に届出をしているものでなければ、することができない。 ただし、当該特定投資家向け有価証券に関して開示が行われている場合及び当該特定投資家等取得有価証券一般勧誘に関して届出が行われなくても公益又は投資者保護に欠けることがないものとして内閣府令で定める場合は、この限りでない。 4 有価証券の募集又は売出し(適格機関投資家取得有価証券一般勧誘(有価証券の売出しに該当するものを除く。 )、特定投資家等取得有価証券一般勧誘(有価証券の売出しに該当するものを除く。 )及び特定組織再編成交付手続を含む。 次項及び第六項、第十三条並びに第十五条第二項から第六項までを除き、以下この章及び次章において同じ。 )が一定の日において株主名簿(優先出資法に規定する優先出資者名簿を含む。 )に記載され、又は記録されている株主(優先出資法に規定する優先出資者を含む。 )に対し行われる場合には、当該募集又は売出しに関する前三項の規定による届出は、その日の二十五日前までにしなければならない。 ただし、有価証券の発行価格又は売出価格その他の事情を勘案して内閣府令で定める場合は、この限りでない。 5 第一項第五号に掲げる有価証券の募集若しくは売出し若しくは第二項ただし書の規定により同項本文の規定の適用を受けない適格機関投資家取得有価証券一般勧誘若しくは第三項ただし書の規定により同項本文の規定の適用を受けない特定投資家等取得有価証券一般勧誘のうち、有価証券の売出しに該当するもの若しくは有価証券の売出しに該当せず、かつ、開示が行われている場合に該当しないもの(以下この項及び次項において「特定募集」という。 )をし、又は当該特定募集に係る有価証券を取得させ若しくは売り付ける場合に使用する資料には、当該特定募集が第一項本文、第二項本文又は第三項本文の規定の適用を受けないものである旨を表示しなければならない。 6 特定募集又は第一項第三号に掲げる有価証券の売出し(以下この項において「特定募集等」という。 )が行われる場合においては、当該特定募集等に係る有価証券の発行者は、当該特定募集等が開始される前に、内閣府令で定めるところにより、当該特定募集等に関する通知書を内閣総理大臣に提出しなければならない。 ただし、開示が行われている場合における第四項に規定する有価証券の売出しでその売出価額の総額が一億円未満のもの、第一項第三号に掲げる有価証券の売出しで当該有価証券の発行者その他の内閣府令で定める者以外の者が行うもの及び同項第五号に掲げる有価証券の募集又は売出しでその発行価額又は売出価額の総額が内閣府令で定める金額以下のものについては、この限りでない。

次の