あざといとは。 「あざとい」とは本来どんな意味?ネットなどで使われている意味は少しズレてる? | ガジェット通信 GetNews

「あざとい」と「めざとい」の違いとは?分かりやすく解釈

あざといとは

1:「あざとい」の意味とは? 小学館デジタル大辞泉によると、「あざとい」の正式な意味は下記。 <1 やり方があくどい。 ずうずうしく抜け目がない。 思慮が浅い。 あさはかだ。 なんだかどれも悪そうな意味で、「あざとい」が悪口っぽく使われるのもうなずけます。 「あざとい恋愛テクを使う」などという使われ方をよくしますが、「やり方があくどい。 ずうずうしく抜け目がない」という意味でありますし、それでいて、そのやり方が周りに透けて見えている点で、「思慮が浅い。 あさはかだ」という意味も含んでいる気がしますね。 「あざとい」という言葉は、1と2、両方の意味を含蓄させたダブルミーニングの形で、うまーく悪口をオブラートに包める……とはいえ、包みきれてはおらず、「あの子、あざとい!」なんて言っちゃう子自体も、「あざとい」と言えるのかも? 2:女が嫌う「あざとい女」の特徴9つ (1)好きな人の好みに合わせる たとえば、Aくんのことが大好きなB子さんがいたとします。 Aくんはみんなの前で、「俺、おっぱい大好き。 巨乳の子が本当に好き」と言いました。 それを聞いたB子さんは、次の日、自分の胸を盛りに盛って、しかも胸元を開いて、登場して見せたのです。 (2)目標達成のために手段を選ばない 周りの子は、それを見て唖然としながら、ヒソヒソと「見た!? あざとーい……」とB子さんの悪口。 しかし、B子さんは胸を盛りに盛った甲斐があってか、そこまでやる根性が身を結んだのかは定かではありませんが、ついにAくんをモノにするのです……っ! (3)女の体という男の弱点をつく 「胸とか超押し当ててたらしいよ……」 「超盛ってるくせにね」 「よくそこまでするよね? 本当、あざとい」 周りの子はB子さんの悪口を陰で言いますが、勝ったのはB子さん。 手段は選ばず、大好きなAくんを自分のモノにしました。 (4)笑えない成功をおさめる もちろん、B子さんの勝利を周りは祝福できません。 もし、B子さんが胸を盛りに盛って、胸元まで開いて見せて、それでもAくんに見向きもされなかったら、 「本当、よくやるよねー(笑)!」 と笑い者になっていたことでしょう。 「周りから悪く思われる」という意味では、「思慮が浅い、あさはかな」戦略ですが、たとえそう思われても、「ずうずうしく、抜け目なく」Aくんをゲットしたのです! (5)イケメンの近くに座る C子さんは、合コンでいちばんイケメンのDくんにひと目惚れ。 でも、みんなだって絶対にDくん狙い。 熾烈な席取り合戦……、無残にも幹事に案内されたのは、Dくんの遥か遠く、いちばん奥。 しかし! ここで負けないのがC子さん。 「私、すぐ酔っちゃうから、こっち座るー」 と出入り口近くに座っていたDくんのとなりにちょこん。 「見た!? あれっ!」とほかの女性陣が目配せしあったのは言わずもがな……。 (6)思惑が透けて見える 「私、Dくん狙いだからとなりに座っていい?」なんて断りはもちろんありません。 でも、どう考えてもDくん狙いから生じたこの行動、 「あの子、お酒超強いよね!? 」 「あざと〜……」 なんて悪口を言われてしまうのはしかたのないこと。 思惑が透けて見えています。 しかし、やっぱり、ずうずうしくて抜け目なし。 (7)「酔ってきちゃった〜」 ほかの子だって負けていられません。 合コンで唯一のイケメンDくんのそばへ近づこうと、C子さん抜きのグループLINEでやりとりしながら、ほかの男子も味方につけ、「そろそろ席替えターイム」……と言おうとしたら? 察していたのかC子さん、「酔ってきちゃった〜」とDくんにふにゃっとしなだれかかり……。 (8)空気を読まないイイ子キャラ そこそこ可愛いC子さんにイチャつかれて、まんざらでもないDくん。 「大丈夫? いける?」 と性格もイケメン。 「あ……っ、すみません。 本当に。 大丈夫でーすっ」と急にイイ子キャラになって立ち上がったC子さんですが、「キャー」と豪快に、わざとらしくコケます。 (9)周りをおいてけぼりにし、完全に主役 「おいおい大丈夫ー?」と、周囲の男子は完全にC子さんに注目。 みんなに心配かけないよう、キャピっと元気に明るく振舞うフリをするC子さんに、女性陣は唖然……。 「あなた、酔ってもないですよね? その酒量じゃ……」 なんて言える空気ではなく、「C子さんておもろいねー」と人気者になった謎の知らないキャラを、ただただ生暖かい目で見守ることしかできませんでした。 3:男は「あざとい女」が好き?嫌い? というわけで、「女が嫌うあざとい女」の特徴を見てきましたが、男子から見て「あざとい女」はどんなイメージなのでしょうか。 好き? 嫌い? そもそも見抜けない? ダイレクトに「あざとい女は好きですか?」と聞かれれば、「あまり……」と答えるでしょうが、実際あざといテクニックを使われたら、メロメロ〜としてしまうのが男子という生き物。 たとえバレバレでも、一生懸命なその姿に、「そんなに俺のこと好きなのか……」とも思えますからね。 ですが、「自分を落とす」以外に「女のあざとさ」が発揮されたら……? きっと「あいつは最悪な女だな!」と怒りを爆発させることでしょう。 4:男が嫌う「あざとい女の」特徴3つ (1)権威に取り入る 出世競争などで、あざとい女が敵に回ると、男にとってこれほど恐ろしいことはありません。 なにせ、決定権のある上司に色仕掛けで取り入って、いいポジションをキープしつつ、ライバルの男を蹴落としまくりますから。 数字や結果で判断しないような会社だと、こういった「あざとい女」の独壇場に。 業績がガタガタになったころに、これまたあざとくほかの部署へ移り、前の部署の悪いところをケチョンケチョンに言いふらします。 自分がめちゃくちゃにしたくせに……。 (2)あざとい女気取り あざとい女になりたがり、あざとい女気取りの「あざといワナビー」も男に嫌われる存在。 「君には誰もあざとさとか求めていないから。 もっと優しさとか、そういうとこアピールしたほうがいいよ」と心から伝えてあげたいと思っています。 「顔が悪くて性格も悪かったら最悪だよ?」ということなのでしょうか……。 (3)本性があざとい 誰にだって、あざとい一面はあるでしょう。 でも、常にあざとかったら、それはもうその人の性格としか言いようがありません。 超好きになっちゃったから……とか、この仕事はどうしても欲しいから……とか、「よし、ここはあざとくいくべきだなっ」なんて考えられる女性は、(本気であざといですが)、まあ男性から見てかわいいもの。 ですが、常に自分の利益が最大になるように小賢しく振舞うような「あざとさ」があったら、さすがの男性も「いいかげんにしろ!」と怒るでしょう。 5:「あざとい男」の特徴5つ 次に、あざとい男の特徴も見ていきましょう。 (1)ブスに優しい 残念ながら、ブスに対して世の男性は冷たいもの。 そんな男の性を知っているから、世の女性たちはみな美しいのです。 ところが、あざとい男は、ブスにも優しくできます。 この、「本能に逆らってる」と言っても過言ではない行動が、いかに女性の人気を勝ち取ることができるか、よく知っているのです。 今まで優しくされたことのないブスが、彼を好きになってしまうことは明白なのに、ほかの女性の人気のために思わせぶりな行動をするなんて、まったくひどい。 (2)権力者におもねる いちばんえらいと思われる上司を狙い撃ちして、しっかりとお酌。 お世辞も言いまくり。 おもねられた権力者のほうもまんざらではないため、まさに「あざとく」出世していきます。 自分が権力を手に入れたらなんとでもできるので、周りの雑魚の評価なんて気にしません。 (3)勉強してないフリ ちゃんと勉強しているのに、周りには「全然勉強してないよー」宣言。 しかも自分は点数がいいから、本当は入っちゃいけないはずの、みんなの「マジ、むちゃくちゃだったわー」「完全にヤバい……」みたいな話にもちゃっかり参加。 「なんか部屋片付けとかはじめちゃってさー。 終わったころには、疲れ果てて寝てたわ」なんて作り話までする始末。 彼の点数を知らない周りが「わかる! それ!」と呑気に笑っているのを、心の中であざ笑うのです。 代表としてしっかり寝る毎日w」 ……みたいな。 言いたいことは「慶応大学経済学部主席入学」「博報堂入社」「NPO法人代表」なんだけど、自慢に思われたくないためか、なんかちっちゃな自分落としみたいのを必ずつけるプロフの人、周りにいませんか? (5)彼女いるのに「いたらこんなとこ来るわけないじゃん」 合コンに行くと必ずひとりはいますね。 本当は彼女がいるくせに、「彼女いるのー?」と聞かれると、「いたらこんなとこ来るわけないじゃん」と言う男。 本当に彼女がいない人は、まずこのセリフを言いませんから。 合コンを「こんなとこ」呼ばわりする根性もすごくて、「俺は彼女ができたら、合コンとか嫌いなタイプなんですわ」という軽くイイ男アピールになっているんですね。 6:あざとい女から学ぶこと 以上、「あざとい」について見ていきましたが、いかがでしたか? あざとい女はやっぱり悪いヤツだと思ったでしょうか? しかし、激しい競争社会を勝ち残っていくには、「あざとさ」だって大事。 「ああいうの、やだねー」と笑っている周囲なんて、「あざとい女」から見れば、ただの「負け犬の遠吠え」。 「口惜しかったら自分の手を汚してみれば?」なんて椎名林檎チックなことを思っているかもですね。 この記事を書いたライター 月島もんもん M. Tsukishima プロのゴーストライターとして、芸能人、医師、文化人の代筆を手掛けること10年。 各業界の裏話やぶっちゃけ話に精通している。 路上パフォーマーとしても活躍。

次の

「あざとい」とは本来どんな意味?ネットなどで使われている意味は少しズレてる? | ガジェット通信 GetNews

あざといとは

あざとい(混じり表記は「小聡明い」)とは、 抜け がなく貪欲 である。 あくらつ だ。 というのが本来の意味であり、一般的な「あざとい」の感としては、 「まずが考え及ばないような汚い手段で、相手の弱みをつき、陥れる形で的を達成する。 しかも相手が不利益を被ろうと自分は一切関知しない」、 といった具合に、その行為が人的にもされても仕方ない負のがつきまとうものであろう。 転じて、異性の下心を見透かして利用し、その相手を自分の都合の良い状態へと誘導する意図が感じられる行為をすことも多いので、この言葉の持つ負のはやはり受け入れがたいものであり、むやみに「あざとい」という言葉の使用は的なを穏便に済ませたい場合は避けるべきものであろう。 とはいうものの、においてはに的なかわいさを持つ対の作品に多く付けられるとしてされている状況にある。 においては、の関連ののひとつとして使われたがその始まりと見られる。 少々大げさに自らのかわいらしさをし、あからさまに相手の心をくすぐるするような振る舞いをしている状態を評した言葉であり、辞書的な意味を離れ、としては必ず話者にとっての不快感が伴う表現とは限らない。 ここで言う「あざとい」は、その人物による(の嗜好を見透かしたような)言動・行動が、(見透かされていることを自覚している)の心を的確に捕えて 、 感情を強く喚起させ好意的に受け入れられる状態のことである。 たいていは「」あるいは「」といった具合に受け手に理強いすることなしに許容されてしまうものをす。 等で「あざとい」という言葉がやり取りされる状況というのは、送り手側と受け手側の深い相互理解と寛容さが生み出したの一形態なのである。 また、結果的に「の心を捕らえる」ことになるといっても、そうなるよう意図的に計算された行動で成し得た成果なのか、それとも本人からに滲み出るかわいらしさ自体に起因する意図しない産物なのかといった区別はまた別途されるべきものであろう。 のにおいては、そのものに限らず、にそのようなさも狙ったかのような外観・振る舞いをさせるよう仕組んだ者側の人々に対して「あざとい」と評するもあり得る。 これが好意的な評価か否かはその場の流れ(文脈)にも依るのであるが・・・。 「あざとい」タグが多くつけられるもの• (系)• 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

あざといの意味とは?使い方を2つの具体例でわかりやすく紹介!! | 情報トレジャー

あざといとは

一方で、こちらにまったく興味を持っていない男性に対し、「あざとい」と思われる行動をしてしまうと、「うっとうしい」と思われることに……。 ここでは男性が不快に感じる女性のあざとい行動をご紹介します。 「うわ、あざとい!」と男性に思われてしまう行動は? 1: ボディタッチが多い あまり恋愛経験がなく、女性からボディタッチされるのに慣れていない男性は、ボディタッチされるとドキドキして、「あざといな」と感じるまでには至らない可能性があります。 むしろうれしくなることも。 一方で、ある程度の恋愛経験があって、ボディタッチされることにも慣れている男性にとっては、ボディタッチが妙に多い女性は「あざとい」以外の何物でもありません。 過去の経験をもって、これは計算してやっているな、意図的に触っているな、と判断するのです。 ベタベタと触りすぎるのは考えもの。 適切なタイミングに適量を心がけて。 ここぞというときにだけ繰り出すのが吉です。 言葉では褒めていても、態度にどこか「私のほうが上」という自信がにじみ出ているからです。 「ウソつけ」「そんなこと思っていないくせに」「女って怖い」などと思われてしまうのです。 さらに、「この子、あざといな」だけでなく「性格が悪いのでは?」と思われる可能性も。 見え透いたお世辞を言うのは避けたほうが良いでしょう。 本当に思ったことしか言わないのがベストです。 3: 距離が近い 「ちょっと、近くない……?」とびっくりしてしまうくらい、物理的距離を縮めてくる女性に対して、男性は「あざとい」と感じます。 他人に近づかれると不快に感じる「パーソナルスペース」の広さには、人によって個人差があります。 近づいてくる相手によっても、パーソナルスペースは異なります。 たとえば、恋人だと超至近距離にいても違和感がない一方、他人が同じ距離にいると「近すぎる……」と感じるように。 このパーソナルスペースを考えることなく、距離を詰めてくるのは不自然に感じられ、「あざとい女性」印象を形成してしまうことに。

次の